ペナルティのヒデ☆プロデュースする「秀久」2号店 (府中店) 開業支援ローン

  •  最初に働いた店が池袋のダイニングバーでした。
    入ったときの店長(Tさん)がめちゃくちゃ恐い人でした。
    そのあと、社長と大ゲンカをして、店長が辞めました。
    そのあとの店長に、僕に親身になってくれていた先輩(Mさん)が店長になりました。
    前の店長の店の雰囲気は、その恐怖感が店に漂っていました。
    新しい店長は、変えてくれました。

    まず、僕らが生き生きと働く環境を作ってくれました。 よって、店の雰囲気も居心地がよくなり、お客様の笑い声が圧倒的に増えました。前と比べると、単価も上がり、売上も1.5倍に増えました。
    その店長の下で、料理、接客等を学んでからは、飲食業一筋です。 強いて飲食業についた理由をひとつ挙げるなら、今、流行りの「ノルウェイの森」を僕が高校生の時に初めて読んで、衝撃を受けました。
    それから村上春樹の作品を読み漁り、村上春樹がジャズ喫茶を経営していたという過去を知り、飲食業に対する憧憬の念を高校時代に抱いたのも大きかったと思います。

  •  池袋のダイニングバー「Alcomeal」で約3年間、ホール、厨房で働く。 2002年、六本木のレストラン「casita」で約1年、ホールスタッフとして勤務。
    その後、母親の入院のため、実家のある富山に帰郷。 富山のイタリアンレストランの厨房で1年勤務。 その後、再度上京。
    下北沢のバー「DUKE」で3年勤務。
    その後、エムグラントフードサービス入社、五反田「ふくのかみ」に配属。 2009年、会社の独立制度を使わせていただき、独立。今に至る。

  •  きっかけは、知り合いからの紹介でした。
    今伸びている会社があるということで、力になれればと思い、井戸社長と面接させていただきました。
    井戸社長が僕の一つ年上だと聞き、驚きました。
    面接でいろいろ話をさせてもらい、
    この会社で働くのが、わくわくしてきました。
    その後、歓迎会を開いていただき、店を出た後、井戸社長から、「こうしたほうがいいとか、あったら連絡くれよ」と言われ、
    僕が「言えるような立場になったら、言わせていただきます」と言ったところ、「それじゃ遅いよ、明日からでもいいから」と言われました。
    その一言が、今も胸に残ってます。それがあったから、店舗の売り上げを上げる意識が高まったような気がします。

  •  現状、280円の均一価格業態の焼鳥屋「にわとりしんすけ」をやらさせていただいてます。
    府中に開けたのが、今年の5月で、「しんすけ」二号店目です。
    6月ぐらいから、エリア内の大手チェーン店がこぞって均一価格帯の店に業態変更をして、 当店の売り上げがなかなか上がらないことになり、今年の10月、業態を変えることに決めました。

     我々のセールスポイントを社員で集めたところ、まずは吉本興業のペナルティのヒデさんと一緒に取り組んでいる五反田の「秀久」という店があるところ。
    テレビによる店舗の紹介は非常に大きく、メディアに放映された日から、予約の電話が増えるといったことが、おかげさまで何度もありました。
    そこで、府中の店名は「秀久」で決めたいと思い、ヒデさんに相談したところ、協力していただけるとのことで、
    次は、料理なんですが、五反田の「秀久」はしゃぶしゃぶ屋なんですが、しゃぶしゃぶだとどうしても、夏場が弱いし、
    しゃぶしゃぶから派生できる他の一品料理がなかなか的を得ないので、フックとなるアイテムが限られてしまいます。

     同じく五反田にもう一店舗ありまして、水炊き屋なんですが、夏場の売り上げと冬場の売り上げの差がありすぎ、マネジメントが大変でした。 今年の8月から、業態を追加しまして、コラーゲン焼き鳥と和牛つくねを追加しました。
    もともと博多水炊きでうたってたのもあり、九州料理を全面的に出していきました。
    成果は、ありまして、今年の夏の猛暑も利益を出すことが出来ましたし、今月も300万ぐらい利益を出すことができそうです。
    この2点が、秀久 府中店のセールスポイントです。

  •  2011年、法人化ならびに年商3億 利益3000万  2012年 年商4億 利益4000万 2013年 年商5億 利益5000万が当面の目標です。
    我々だけではなかなか新しいフードビジネスを構築するのは、難しいので、多くの方の意見を聞き、
    全く新しい海外でも通じるフードビジネスを展開していきたいと考えています。

  • 「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」 は24年前にオープンし、2006年に営業権を 譲り受けた『リーズナブルでお腹一杯』を コンセプトにしたステーキレストランがモデルとなっております。

    ステーキとハンバーグという極めて普遍的 な商品ではあるものの、メインの商品の 注文でサラダバー、ライス、スープ、カレー、 フルーツが時間無制限で食べ放題という お客様にとって非常にコストパフォーマンス が高い価格設定となっており幅の広い世代 に支持をされております。

    「食」というサービスの提供を通じ、世代を 超えて体験する感動を伝えることのできる 素晴らしさから、家族三世代に愛されその 地域で長く愛されるレストランを作りたい、 そして全国にその感動を広げることこそが 存在意義であると考え、出店を加速すべく フランチャイズ形式での全国展開を開始致しました。

    現在では、「けん」以外にも「ステーキ&ハンバーグ いわたき」、業務委託を受けて運営している「ステーキと焙煎カレー ふらんす亭」、「けん」で培ったノウハウを投入した新業態「とんかつ&サラダバー よしかつ」といった新たな業態にフィールドを広げています。

  • 「秀久」2号店 (府中店) 開業支援ローンに投資をご希望の方は、以下のローン詳細へボタンをクリックしてください。

    「秀久」2号店 (府中店) 開業支援ローンに投資をご希望の方は、以下のローン詳細へボタンをクリックしてください。

    1. サービスの特徴とリスク
    • (A) maneo社のサービスは、お金を借りたい方(借り手)とお金を貸したい方(投資家)を、maneo社を通じてマッチングするサービスです。
      フランチャイジー向けローン(保証なし)とは、特定のフランチャイザーのフランチャイジー又はフランチャイジーになろうとする借り手に対して、その開業資金ないし運営資金を貸し付けるものです。
      お客様は、maneo社との間で匿名組合契約を結んでmaneo社にお金を出資し、maneo社がお客様の指定する借り手に対して、そのお金を貸し付けるということになります。
      このように、お客様は、maneo社にお金を出資していただくことによって投資家となり、借り手に対してお金を貸し付けるのと同様の経済的効果を得ることになります(ただし、お客様は借り手に対して直接お金を貸し付けるわけではなく、maneo社が借り手に対して貸し付ける原資となるお金を出資することになりますので、直接お金を貸し付けるのと異なる点がいくつかあります。)
    • (B) 本サービスについては、次のような特徴があります。
    • (a) お客様ご自身で、出資したお金を、誰に貸し付けるのかを選択していただきます。
    • (b) お金を貸し付けたけれども、その借り手が返済をしなくなった場合には、お客様が当社にお支払いいただいた出資金の元本額が全額返ってこないおそれがあります。
    • (C) 借り手・投資家共にIDを使用し、相互に本名の開示を行うことはありません。
    • (D) 借り手からの返済が滞った場合であっても、お客様自身が、借り手に対して返済の督促を行うことはできません。万一このような行為が行われた場合には、刑法上の強要罪等に該当する可能性があります。
    2. maneo社およびmaneoマーケット社の倒産リスク
    • お客様には、借り手への出資申込みに先立って、maneoマーケット社に資金を預け入れていただきますが、maneo社およびmaneoマーケット社が倒産した場合、お客様が預けたお金が返ってこないおそれがあります。
    3. 借入申込人の信用力の調査
    • お客様が、maneo社にお金を出資されるかどうか、誰に対して貸し付けることについて出資されるか、出資にあたりいかなる貸金の利率を求めるかについては、すべて最終的にはお客様ご自身の判断です。お客様のかかる判断の材料とするため、maneo社では、以下の審査を行っております。
      maneo社では、まず借り手の信用力について、外部信用情報機関に照会して一次審査を行い、その審査をクリアした方のみを貸付の対象とします。また、お客様の参考に資するために、maneo社が独自の基準に基づいて借り手の信用力を判定し、その全部もしくは一部をお客様に開示いたします。
      以下、詳細についてご説明いたします。
    • (A) maneo社による借入申込人の審査
    • お客様に対して借り手自身の作成する借入申込情報を提示する前の段階で、maneo社は、以下のプロセスを経て、借り手の信用力について審査を行います。
    • (a) 借り手からの本人確認資料や収入証明資料の徴求
    • (b) maneo社の加盟する外部信用情報機関に対する借り手の過去・現在の債務履歴の照会
    • (c)借り手からの事業計画およびキャッシュフロー計画の徴求
    • 上記の審査の結果、maneo社の本商品に対する基準を満たされない方につきましては、審査を不合格とさせていただいております。
    4. お客様ご自身による出資判断のための資料
    • (A) お客様の出資の意思決定にあたって判断の目安となるのは、上記のmaneo審査の他、『投資家自身による借り手に対する質問』があります。
    • (B) お客様ご自身が『借入申込人に対する質問機能』を利用して、出資の判断をするための参考情報を収集していただくこともできます。
    • ただし、この質問機能に対する借り手の回答についても虚偽の内容が含まれている可能性は十分考えられます。借り手が記載した内容が真正なものであるかについてmaneo社は独自に確認しておらず、借り手による開示内容の真正性について保証することはできません。また、『質問機能』を利用される際に借り手個人を特定するような、氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった内容に関して質問をすることは、トラブルの元になりますので、ご遠慮下さい。
    5. 一人の借り手当たりのお客様の投資額の上限について
    • maneo社では、フランチャイジー向けローン(保証なし)につきましては、お客様が一人の借り手についてご出資いただける上限を設定いたしておりません。但し、複数の借り手に対する出資をご検討いただくことにより、借り手の信用リスクを分散させる効果を得ることができる可能性がありますので、一人の借り手に対して、過度のご出資をされることの無いようにご留意ください。
    6. 借り手からのお金の返済が滞った場合
    • フランチャイジー向けローン(保証なし)に係る貸付が実行された後に借り手からのお金の返済が滞った場合には、maneo社は借り手に対して、返済残額について支払ってもらうように請求し、借り手からその支払を受けることとなります。但し、借り手が倒産等する場合には、上記の支払を受けることはできないこととなります。
      貸付が実行された後に、借り手からのお金の返済が滞った場合には、お客様に対する配当もできなくなります。借り手に対しては、当社が返済の督促を行いますので、お客様から直接督促をすることはできません。借り手の返済延滞から60日間が経過した場合には、当社は借り手に対して貸付元本及び利息の全額を返済するように督促いたします。また、返済延滞から90日間が経過した場合には、当社は、外部の債権回収会社(サービサー)に対して、借り手に対する債権を売却することを検討いたします。
      サービサーに対して何らかの代金額で債権を売却できた場合には、その売却額をお客様へ分配させていただきますが、その金額は相当低いものとなり、お客様が当社に出資いいただいた金額の全部又は大部分が回収不能となることが予想されます。なお、maneo社は借り手に対する債権を出資金の返還に代えてお客様に譲渡することはいたしませんので、返済が延滞した債権をお客様がmaneo社に代わって取り立てることもできません。

    maneoでは、提携FCを募集いたしております。開業資金の調達先を検討中のFC企業さまはこちらをご覧ください。

    投資家のお客様:maneoマーケット株式会社 電話:050-3185-6833 (営業時間:平日 10:00~15:00 時間外のお問い合せはこちらまで)

    金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第2011号

    借り手のお客様:maneo株式会社 電話:050-3155-5918 (営業時間:平日 10:00~15:00 時間外のお問い合せはこちらまで)

    貸金業登録番号:東京都知事 (5) 第30795号

    Copyright ©2022 maneo market Inc. and maneo Inc. All Rights Reserved.