開業の夢をみんなで支援!京つゆしゃぶ 田なか屋 本店 開業支援ローン

  • 中学生のころ、父が不況煽りを受け、希望退職というなのもと、25年勤めた会社を退職した 時、 サラリーマンはいやだ、絶対自分で会社を興して社長になるという夢を持っておりました。 経営学を学ぶため大学に進学、渇望していたほど、大した授業もなく、 そんなつもりではなかったと 注ぐエネルギーの矛先が大学1年生の時に、飛び込んだのが飲食業でした。 当時九州でチャージ1000円1杯1200円~というアッパーなバーのバーテンダーだったのですが そこに集う、大人の方々、きらびやかな女性。普通の学生生活を送っていては絶対出会うことのできない方々との出会い。 そんな方々をもてなす先輩バーテンダー人間力の高さ。 社会を支えている人々の楽しむ場所が飲食店だと感じました。 飲食業は最高の仕事だ 一生の仕事にしようと心に誓いました。

  • ・大学2年生の時 北九州の名店BAR柳で3年間バー業務に従事しておりました。 学生最後の年には北九州カクテルコンペティションに出場する機会にもめぐまれました。 ・新卒で株式会社ちゃんとで入社。2003年4月~2009年7月の約6年間勤めました。 同社は創作料理のパイオニアであり、カリスマ経営者 岡田賢一郎氏に惹かれ 入社いたしました。 新卒時代 軽井沢のレストランに2年配属されました。  1流のカウンター越しの接客に自信をもっていましたが、レストランサービスの奥深さ 飲食店はチームプレイの難しさを体験し、 同期が店長に抜擢され、マネジメント力をつけている、一方 なかな芽がでず悔しい思いをしながら サービス力をつけた2年間でした。 ・店長時代  銀座・新宿の店舗を研修したのち、五反田、恵比寿、渋谷の店長に抜擢されました。 同期の中では一番遅く2年かかりましたが、10数人の店長の下で下積みした成果が出て、 恵比寿時代は、16か月連続予算達成、50店舗中1位の売上達成率や、自店舗の過去最高売上を3年連続更新など 成功体験を積み重ねることができました。 27歳 社内最年少で年商三億五千万規模の渋谷エリアのエリアマネージャーに抜擢されました。 最年少ですので、もちろん部下の店長・料理長は全て年上でしたが、いい緊張関係の中 在職中はエリア予算達成の功績も残せました。 6年間今思えば、飲食店は自分ひとりではなにもできなく、 さまざまな方々に囲まれて、仕事ができると思いました。

  • 渋谷エリアのエリアマネージャ―時代、管轄の恵比寿・五反田・渋谷を頻繁に いききしていたのですが、 もつ鍋きむらや、木村屋本店が目につき みたこととない看板を見ると、そのお店の業態から運営会社まで調べるのが癖でして。 KIDSを認知したのは創業から3年目の30店舗前後の時代だったと思います。 新卒で入社した株式会社ちゃんとを29歳で退社し、30歳前に転職をし1社経験したのち独立するというのが将来設計でありました。 いざ転職をする時当時30店舗だったkidsが 80店舗になっており、驚いたことをおぼえてます。 短期間にこれだけ出店しているノウハウ、戦略等、企業研究するうちにKIDS しかないと思い入社いたしました。

  • 故郷の福岡の「もつ鍋」を東北の方々に味わってもらいたい。 そんな思いで、北の地で開業いたしました。 国産の小腸・ハツを使った本格的なもつ鍋のほか、 食べるラー油もつ鍋やとまともつ鍋など 創作もつ鍋にも力をいれております。 京風しゃぶしゃぶの「つゆしゃぶ」も提供しており、祇園+博多の味を仙台の方々に楽しんでいただいております。

  • 私の生涯を通じて達成したい夢は【飲食人が夢を持ち、夢を達成できる環境創造】です。 飲食業界は社会的存在意義の非常に高い業界ですが、長時間の勤務、給与待遇、社会的地位等、様々な課題があります。 その課題ゆえに、日々のルーティンワークに追われ、根本的に飲食店としての在り方を見失ってしまいがちだと思います。 その環境を変えることが、よりよい飲食店の創造・社会貢献につながると信じております。 『新たな環境創造により、 飲食人人格向上 → よりよい飲食店の創造 → 飲食店が活力を得る場に = 社会活性化 』 イメージはこの図式です。 それに向けて、独立を夢みるサービスマン・料理人の方々がいざ独立する際お手伝いできる コンサルティング集団をつくります。 その第一ステージとして 直営の飲食店を20店舗つくります。 出店場所は都内・地方・海外問わず、好条件の物件が出れば挑戦いたします。 20店舗飲食事業部を柱として事業拡大するため、2012年11月まで20店舗出店を目指します。 地域に愛される飲食店創造のため日々邁進いたします。

  • 近年、飲食業界では経済の鈍化、少子高齢化、食材費原材費の高騰など様々な要因により、平均わずか2年という業態寿命の短命化に悩まされています。

    そんな時代の中、弊社では、100年続く店作りを目標に好立地の物件を好条件で取得し、現在までにグループで84店舗展開しています。

    弊社にて、独立支援を事業展開するにあたり、様々な悩みと不安を持った独立希望者が数多く存在しました。「独立したいがブレーンがない」「独立を夢見ているが資金がない」「どんな業態で独立すれば繁盛するのか」など、いざ前に進めようとすると自分たちの抱く夢に反し、これら現実にある悩みが彼らの大きな障壁であることに、我々は気がつきました。

    我々は独立支援者として、物件の取得から事業計画、設計施工、開業に至るまでのトータルサポートを行うことにより、彼らの抱えるそれらの問題を共に解決し、我々と共に「成長」し「成功」する飲食店を、新たに世に送り出したいと考えています。

    また、弊社では現在までの直営店舗及び、独立支援店舗の成功事例をもとに「街に根付いた・人材を活かした・息が長い」を特徴とした店舗を独立希望者に対し提案しています。

    飲食業界は競争率が激しい反面、誰にでも平等に成功できるチャンスがあります。お客様の為・そして自分の為に頑張っている、彼ら独立希望者のその大きな一歩を我々は全力で応援します!全てはお客様の「おいしいね」「ごちそうさま」「ありがとう」のために。

  • 京つゆしゃぶ 田なか屋 本店 開業支援ローンに投資をご希望の方は、以下の投資家申請ボタンをクリックしてください。

    京つゆしゃぶ 田なか屋 本店 開業支援ローンに投資をご希望の方は、以下の投資家申請ボタンをクリックしてください。

    1. サービスの特徴とリスク
    • (A) maneo社のサービスは、お金を借りたい方(借り手)とお金を貸したい方(投資家)を、maneo社を通じてマッチングするサービスです。
      フランチャイジー向け保証付きローンとは、特定のフランチャイザーのフランチャイジー又はフランチャイジーになろうとする借り手に対して、その開業資金ないし運営資金を貸し付けるものです。フランチャイジー向け保証付きローンでは、借り手と一定の関係にある保証人が、借り手のmaneo社に対する借入債務について連帯して保証することとなります。
      お客様は、maneo社との間で匿名組合契約を結んでmaneo社にお金を出資し、maneo社がお客様の指定する借り手に対して、そのお金を貸し付けるということになります。
      このように、お客様は、maneo社にお金を出資していただくことによって投資家となり、借り手に対してお金を貸し付けるのと同様の経済的効果を得ることになります(ただし、お客様は借り手に対して直接お金を貸し付けるわけではなく、maneo社が借り手に対して貸し付ける原資となるお金を出資することになりますので、直接お金を貸し付けるのと異なる点がいくつかあります。)
    • (B) 本サービスについては、次のような特徴があります。
    • (a) お客様ご自身で、出資したお金を、誰に貸し付けるのかを選択していただきます。
    • (b) お金を貸し付けたけれども、その借り手及び保証人が返済をしなくなった場合には、お客様が当社にお支払いいただいた出資金の元本額が全額返ってこないおそれがあります。
    • (C) 借り手・投資家共にIDを使用し、相互に本名の開示を行うことはありません。
    • (D) フランチャイジー向け保証付きローンでは、借り手と一定の関係にある保証人が、借り手のmaneo社に対する借入債務について連帯して保証することとなります。
    • (E) 借り手及び保証人からの返済が滞った場合であっても、お客様自身が、借り手及び保証人に対して返済の督促を行うことはできません。万一このような行為が行われた場合には、刑法上の強要罪等に該当する可能性があります。
    2. maneo社およびmaneoマーケット社の倒産リスク
    • お客様には、借り手への出資申込みに先立って、maneoマーケット社に資金を預け入れていただきますが、maneo社およびmaneoマーケット社が倒産した場合、お客様が預けたお金が返ってこないおそれがあります。
    3. 借入申込人の信用力の調査
    • お客様が、maneo社にお金を出資されるかどうか、誰に対して貸し付けることについて出資されるか、出資にあたりいかなる貸金の利率を求めるかについては、すべて最終的にはお客様ご自身の判断です。お客様のかかる判断の材料とするため、maneo社では、以下の審査を行っております。
      maneo社では、まず借り手の信用力について、外部信用情報機関に照会して一次審査を行い、その審査をクリアした方のみを貸付の対象とします。また、お客様の参考に資するために、maneo社が独自の基準に基づいて借り手の信用力を判定し、その全部もしくは一部をお客様に開示いたします。
      以下、詳細についてご説明いたします。
    • (A) maneo社による借入申込人の審査
    • お客様に対して借り手自身の作成する借入申込情報を提示する前の段階で、maneo社は、以下のプロセスを経て、借り手の信用力について審査を行います。
    • (a) 借り手からの本人確認資料や収入証明資料の徴求
    • (b) maneo社の加盟する外部信用情報機関に対する借り手の過去・現在の債務履歴の照会
    • (c)借り手からの事業計画およびキャッシュフロー計画の徴求
    • 上記の審査の結果、maneo社の本商品に対する基準を満たされない方につきましては、審査を不合格とさせていただいております。
    4. 保証人の信用力の調査
    • 保証人の信用力に対する判断は、お客様がmaneo社にお金を出資されるかどうか、誰に対して貸し付けることについて出資されるか、出資にあたりいかなる貸金の利率を求めるかについての判断と同様に、すべて最終的にはお客様ご自身の判断です。お客様のかかる判断の材料とするため、maneo社では、以下の審査を行っております。
      maneo社では、保証人の信用力について、お客様の参考に資するために、maneo社が独自の基準に基づいて保証人の信用力を審査します。但し、かかる審査結果については、その全部もしくは一部をお客様に開示しないことがあります。
      以下、詳細についてご説明いたします。
    • (A) maneo社による保証人の審査
    • お客様に対して借り手自身の作成する借入申込情報を提示する前の段階で、maneo社は、以下のプロセスを経て、保証人の信用力について審査を行います。
    • (a) 保証人からの事業計画や財務諸表の徴求
    • 上記の審査の結果、
    • (a) maneo社の本商品に対する基準を満たされない方につきましては、審査を不合格とさせていただいております。
    5. お客様ご自身による出資判断のための資料
    • (A) お客様の出資の意思決定にあたって判断の目安となるのは、上記のmaneo審査の他、『投資家自身による借り手に対する質問』があります。
    • (B) お客様ご自身が『借入申込人に対する質問機能』を利用して、出資の判断をするための参考情報を収集していただくこともできます。
    • ただし、この質問機能に対する借り手の回答についても虚偽の内容が含まれている可能性は十分考えられます。借り手が記載した内容が真正なものであるかについてmaneo社は独自に確認しておらず、借り手による開示内容の真正性について保証することはできません。また、『質問機能』を利用される際に借り手個人を特定するような、氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった内容に関して質問をすることは、トラブルの元になりますので、ご遠慮下さい。
    6. 一人の借り手当たりのお客様の投資額の上限について
    • maneo社では、フランチャイジー向け保証付きローンにつきましては、お客様が一人の借り手についてご出資いただける上限を設定いたしておりません。但し、複数の借り手に対する出資をご検討いただくことにより、借り手の信用リスクを分散させる効果を得ることができる可能性がありますので、一人の借り手に対して、過度のご出資をされることの無いようにご留意ください。
    7. 借り手からのお金の返済が滞った場合
    • フランチャイジー向け保証付きローンに係る貸付が実行された後に借り手からのお金の返済が滞った場合には、maneo社は保証人に対して、借り手の返済残額について代わりに支払ってもらうように請求し、一定の免責事由に該当しない限り、保証人からその支払を受けることとなります。但し、保証人が倒産等する場合には、上記の支払を受けることはできないこととなります。
      貸付が実行された後に、借り手及び保証人からのお金の返済が滞った場合には、お客様に対する配当もできなくなります。借り手及び保証人に対しては、当社が返済の督促を行いますので、お客様から直接督促をすることはできません。借り手及び保証人の返済延滞から60日間が経過した場合には、当社は借り手及び保証人に対して貸付元本及び利息の全額を返済するように督促いたします。また、返済延滞から90日間が経過した場合には、当社は、外部の債権回収会社(サービサー)に対して、借り手に対する債権を売却することを検討いたします。
      サービサーに対して何らかの代金額で債権を売却できた場合には、その売却額をお客様へ分配させていただきますが、その金額は相当低いものとなり、お客様が当社に出資いいただいた金額の全部又は大部分が回収不能となることが予想されます。なお、maneo社は借り手及び保証人に対する債権を出資金の返還に代えてお客様に譲渡することはいたしませんので、返済が延滞した債権をお客様がmaneo社に代わって取り立てることもできません。

    maneoでは、提携FCを募集いたしております。開業資金の調達先を検討中のFC企業さまはこちらをご覧ください。

    投資家のお客様:maneoマーケット株式会社 電話:050-3185-6833 (営業時間:平日 10:00~15:00 時間外のお問い合せはこちらまで)

    金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第2011号

    借り手のお客様:maneo株式会社 電話:050-3155-5918 (営業時間:平日 10:00~15:00 時間外のお問い合せはこちらまで)

    貸金業登録番号:東京都知事 (6) 第30795号

    Copyright ©2022 maneo market Inc. and maneo Inc. All Rights Reserved.