本サイトは口コミや評価を元にプロモーションを掲載しランキング付けしています

銀行融資の審査に通らない理由とは?審査のポイントや流れを解説

銀行融資の審査に通らない理由

「銀行で融資を受けたいが、審査が厳しいと聞き申し込みを躊躇している…」

上記のような悩みを抱えている、スタートアップ企業における事業主の方も少なくありません。

入金サイトの長期化や仕事が激減するなど、資金繰りが不安定な状況で事業の継続が困難になるケースを想定し、銀行でまとまった金額を資金調達できる準備を進めたいですよね。

銀行融資は審査を通過するポイントや審査基準を申し込み前に把握することで、審査通過率を高められます。

今回は銀行融資の審査を通過するポイントや審査基準、銀行融資の審査に通らない原因、必要書類などについて解説していきます。

銀行融資のポイントを理解し、急な資金調達の際にも万全に備えましょう。

銀行融資の審査に関するポイント
  • 「融資の資金使途を具体的に提示する」「実現可能な返済計画書を作成」などのポイントを抑えることで、審査通過率を高められる
  • 「利用条件に合致している」「財務状況や保全状況が良好」な事業は、銀行の融資を受けやすい
  • 「融資希望額の根拠が不明確」「事業決算が赤字」なら、銀行融資の審査に通過しにくい
  • 銀行融資を受ける際の必要書類は、銀行によって提出書類の数やフォーマット指定などの違いがある

銀行融資の審査を通過するポイント

銀行融資の審査を通過するポイントとして、以下の5点が挙げられます。

融資の資金使途を具体的に提示し、銀行の融資を受けやすくなります。

また、実現可能な返済計画書を作成し、融資の際に提出しましょう。

他には、「実現性が高い事業計画書の作成」「格付けの評価を上げる」「利用料金を期限内に支払う」など、審査通過率を高める工夫を取り入れましょう。

融資の資金使途を明確に提示する

融資の資金使途を具体的に提示し、銀行の融資を受けやすくなります。

融資の資金使途は、「運転資金」「設備資金」の2種類があります。

収益や生産性の増加が目的なら「運転資金」「設備資金」に該当し、前向きな理由で事業用の資金を調達したい背景を説明することで審査通過率が高まるためです。

また、前向きな資金使途の一例として、以下の理由が挙げられます。

前向きな理由の資金使途
  • 新規顧客を開拓したい
  • 新たな人材を雇用したい
  • 販促活動に使用したい

一方で、「一時的な赤字の資金不足を補う」際の融資を検討しているなら、利益が表出できる仕組みが確立されていないため、貸し倒れのリスクがあることで融資を受けにくくなります。

資金調達後の使途までイメージし、前向きに融資を検討しましょう。

実現可能な返済計画書を提出する

実現可能な返済計画書を作成し、融資の際に提出しましょう。

返済計画書は銀行から融資を受けた金額について、どのような計画で返済していくのか記載した書類です。

計画的な返済イメージを担当者に提示することで、融資後に貸し倒れが発生するリスクを最小限に抑えられます。

返済計画書を作成するメリットとして、以下の3点があります。

返済計画書を作成するメリット
  • 借入額に対する金利(利息分)を視覚的に把握しやすい
  • 毎月の返済額がわかり、計画的な返済をイメージしやすい
  • 融資額の完済までに必要な期間を数値化できる

返済計画書に現状の資金繰りの状態や返済が滞っていない点を伝えることで、融資の貸し倒れの際に不安感を軽減できます。

また、返済計画書は必ず提出する必要書類ではありません。

返済計画書の提出で計画や目標を持って資金調達を検討している点を明示することで、無計画の借り入れではないと受け止められます。

実現性が高い事業計画書を作成する

実現性が高い事業計画書を作成しましょう。

事業計画書は数年間の事業運営について、どのような事業形態で利益を上げるのかを具体的に提示する書類です。

銀行が事業資金の融資を検討する際には、実際にその事業が発展し、収益を得ることが条件になります。

融資を受けた金額でどのような事業を展開するのかについて、具体的に提示しましょう。

また、自社の事業が成長する可能性があると思われる事業計画書を作成することで、銀行の融資審査率を高められます。

事業計画書を作成するポイントとして、以下の点に留意しましょう。

事業計画書を作成するポイント
  • 起業の動機やビジョンを含めた事業への熱意を伝える
  • 事業計画書における視覚的な見やすさを意識するために、図やグラフを活用する
  • 「予測できる売上・利益の数値」「顧客満足度を獲得できる根拠」など、事業が発展する具体的な根拠を明示する

上記のポイントを意識しながら、事業計画書を作成しましょう。

格付けの評価を上げる

格付けの評価を上げることで、銀行の融資を受けやすくなります。

格付けとは、銀行融資を決定する際の重要な判断基準です。

格付けは「決算書の分析結果による評価」「経営者の姿勢や経営方針の評価」の2種類で決定します。

格付けの概要については、以下の通りです。

格付け格付けの詳細融資姿勢
①リスクなし財務内容が優れている
債務履行の確実性は極めて高い
積極的
②ほとんどリスクなし財務内容は良好
債務履行の確実性は高い
②~⑥の数値が高いほど厳しくなる
③リスク些少財務内容は良好
債務履行の確実性は十分ある
②~⑥の数値が高いほど厳しくなる
④リスクはあるが良好水準財務内容は良好
債務履行の確実性もある
②~⑥の数値が高いほど厳しくなる
⑤リスクはあるが平均水準債務履行の確実性は問題ない②~⑥の数値が高いほど厳しくなる
⑥リスクはやや高いが許容範囲債務履行の確実性は、現時点で問題ない②~⑥の数値が高いほど厳しくなる
⑦リスクが高く要管理先低調または不安定で、財務内容に問題がある消極的
⑧警戒先財務内容に重要な問題がある融資対象外
⑩実質破綻先経営難の状態に陥っている融資対象外
⑩実質破綻先深刻な経営難の状態
実質的な破綻状態
融資対象外
⑪事故先法的・形式的な破綻の事実が発生している融資対象外

また、格付け評価を上げるためには、以下のポイントを意識しましょう。

格付け評価を上げるためのポイント
  • 試算表を日頃から作成する
  • 資金繰り表の経常収支をプラスにする
  • 決算書の内容が悪いなら、事業計画書で今後の事業展開をアピールする

格付け評価を基準として、自社が融資されやすい事業なのかについて具体的にイメージしましょう。

利用料金を期限内に支払う

クレジットカードやビジネスカードの利用料金、公共料金や税金の支払いを滞納している場合には、利用料金を期限内に支払いましょう。

事業の代表者が債務を延滞している場合には、会社の資金繰りが悪化する可能性や経営面における手腕を懸念されるなど、デメリットとして受け止められるためです。

利用料金の延滞がある場合には、「JICC」「CIC」「KSC」などの信用情報機関で支払いの延滞記録が登録されています。

銀行融資の際に延滞記録を確認するため、審査の結果にも影響します。

個人事業主も個人ローンと同様に、支払いの延滞に注意しましょう。

銀行融資の審査基準

銀行融資の審査基準として、以下の3点が挙げられます。

銀行融資の利用条件を確認し、自社や代表者が条件を満たしているかチェックする姿勢が大切です。

また、「財務状況」「保全状況」が良好な事業は、銀行融資の審査通過率が高まります。

利用資格を満たしているか

各銀行の融資の利用条件を確認し、自社や代表者が条件を満たしているのかチェックする姿勢が大切です。

銀行の融資は全て同条件ではなく、年齢制限や詳細条件を銀行ごとで設定しています。

銀行利用条件
三井住友銀行 ビジネスセレクトローン業歴2年以上
三井住友銀行の取り扱い窓口で取引可能な地域に所在
最新決算期において、債務超過でない
申し込みの時点において、税金の未納がない
横浜銀行 ビジネスフリーローン借入時点の年齢が満20歳以上で、最終ご返済時の年齢が満76歳未満
安定した収入のある個人事業主
神奈川県内および東京都町田市に住所、または事業所がある
東京スター銀行 スタークイックビジネスローン事業を営んでいる法人代表者・個人事業主
契約時の年齢が満20歳以上満69歳以下

申し込み前に年齢制限や利用可能なエリアをチェックし、利用資格を満たした銀行に申し込みましょう。

財務状況が良好か

銀行は自社の財務状況を把握し、財務状況が良好な事業に融資を実施しています。

銀行が資金を融資したいと思う企業の特徴として、以下の2点が挙げられます。

銀行が資金を融資したいと思う企業の特徴
  • すぐに倒産しない財務状況
  • 資金繰りが順調に進んでいる

また、銀行は企業から新規融資を申し込まれた際に、以下の順序で書類を確認するのが一般的です。

銀行が提出書類を確認する順序
  1. 決算書
  2. 試算表
  3. 銀行借入一覧表
  4. 資金繰り表

決算書は企業の経営成績及び財政状態を表す書類で、企業活動に伴う資金の流れをまとめている書類です。

決算書は事業実態の評価時に重要なウェイトを占めていて、事業実態を把握するために最優先で内容を確認しています。

保全状況が万全か

保全状況は一般的なカードローンで使用される連帯保証人など、万が一の未回収リスクを保証する要素です。

銀行の融資は、万が一のリスクを備えて保全状況が万全な事業主が前向きに融資を検討してもらえます。

銀行の貸し倒れリスクを下げられるため、銀行融資の審査通過率が高まるためです。

また、具体的な保全項目として、以下の点が挙げられます。

銀行融資における保全項目
  • 信用保証協会の保証
  • 保証会社の保証
  • 担保や連帯保証人の保証

銀行融資のリスクを保全項目で保証することで、審査通過率が高まります。

銀行融資の審査に通らない原因

銀行融資の審査に通らない原因として、以下の4点が挙げられます。

「運転資金」「設備資金」の2種類の使途を対象としていない不明確な融資希望額は、利用目的が伝わらず審査に通過しにくい要因になります。

また、融資額の返済が見通せない場合は、融資のリスクが高まります。

他には、「事業決算が赤字」「ノンバンクから借り入れている」などのケースでも、銀行が審査を慎重に進める可能性があるため留意しましょう。

融資希望額の根拠が不明確

融資希望額の根拠が不明確な場合は、銀行の審査で通過しにくくなります。

銀行融資は「運転資金」「設備資金」の2種類の使途を対象としていて、利用目的が不明確な資金を融資できないためです。

また、概算で資金を算出するのではなく、実際にかかる人件費や広告費など、具体的な内訳や金額を提示しましょう。

詳細の内訳まで具体的に提示することで、審査担当の銀行員が納得した上で融資を受けやすくなります。

融資額の返済が見通せない

融資額の返済が見通せない事業は、銀行融資の審査に通過しにくくなります。

銀行融資で現実的な返済計画を立てるポイントとして、以下の計算式で返済額を算出できるかチェックしましょう。

銀行融資で現実的な返済計画を立てるポイント
  • 「月々の元本返済額<税引き後利益+減価償却費 」を実現する

上記の計算式を実現できる場合には、計画的に返済資金を確保できます。

飲食店で陥りやすい事例として、黒字倒産という言葉があります。

利益が出ているが借入金の返済ができないため、倒産する事業を意味する用語です。

黒字倒産に陥らないためにも、上記の計算式で利益が確保できる事業を目指しましょう。

事業決算が赤字

現時点で事業の決算が赤字の場合は、融資を受けにくくなります。

支出額が収入額を上回り、現状で赤字経営なら事業の継続性に不安が残るためです。

具体的に審査でチェックする項目として、決算書の損益計算書に記載されている経常利益を確認しています。

経常利益とは、事業で獲得した利益を意味する用語です。

現状でどの程度の収益を得られているのか確認することで、銀行融資の妥当性について検討しています。

ただ、赤字決算の背景が社会的要因の感染症や震災による自然災害なら、一過性の赤字として融資を検討してもらえるケースもあります。

一過性の赤字状況なら、理由や背景を相談しながら申し込みしましょう。

ノンバンクから借り入れている

銀行の申し込み前の時点において、ノンバンク系の業者から借り入れている場合は銀行の融資を受けにくくなります。

ノンバンク系の融資は、銀行融資より高金利で借り入れができる業者です。

現状のノンバンク系の借り入れに加えて、銀行の融資を受けることで、資金面が圧迫されるケースが想定されます。

また、ノンバンク系の業者から借り入れ額が多いほど、銀行融資の通過通過率が低下します。

銀行から融資を受けたいなら、銀行融資の申し込み前にノンバンク系の業者から借り入れている金額を可能な限り返済しましょう。

銀行融資に断られたらGMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」のビジネスローンがおすすめ

おすすめポイント
  • 創業期や赤字決算でも申込可能
  • 最大1,000万円の借入限度額
  • 申込から入金まで最短2営業日でネット完結できる

GMOあおぞらネット銀行の「あんしんワイド」は創業期や赤字でも借りられるビジネスローン。

大手のGMOあおぞらネット銀行のカードローンなので、創業初期の経営者でも安心して借りることができます。

決算書や事業計画書、担保、保証人も不要で銀行口座の直近3カ月分の入出金明細等をもとに審査されます。

借入までに最短2営業日かかるため、即日で資金が必要な方は注意しましょう。

>GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」公式サイト”>>>GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」公式サイト

融資スピード最短2営業日
利用限度額〜1,000万円
貸付利率0.9%〜14.0%
融資対象法人(75歳まで)
資金使途事業資金
担保不要
保証人原則不要
必要書類・銀行口座の入出金明細
WEB完結
対応エリア全国
運営会社GMOあおぞらネット銀行株式会社
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス
※一部特約はGMOインターネットグループ 株式会社が保証

銀行で融資を受ける際の流れ

銀行で融資を受けるには、以下5つの手順が必要です。

銀行で融資を受ける流れを具体的にイメージし、銀行融資の必要書類や申し込み方法について準備を進めましょう。

自社に合った銀行を選ぶ

はじめに、自社に合った銀行を選びます。

融資を受ける銀行を選ぶ際には、以下の項目をチェックしましょう。

融資を受ける銀行を選ぶ際のチェック項目
  • 他行との金利を比較すると納得して申し込めるか
  • 「メガバンク」「地方銀行」「信用金庫」のいずれに該当する銀行なのか
  • 銀行がどのような方針を採用しているか
  • 事業所のオフィスから銀行まで近距離か

また、新規事業者は「日本政策金融公庫」「自治体の融資制度」などの機関に申し込み、資金調達を検討するのも一案です。

「メガバンクなどの各種銀行」「日本政策金融公庫」「自治体の融資制度」まで幅広く選択肢を広げることで、事業の融資元を見つけやすくなります。

②銀行に融資を申し込む

自社に合った銀行に、融資を申し込みましょう。

融資の申し込み方法として、以下3つの方法が挙げられます。

融資の申し込み方法
  • 銀行へ直接来店し、融資を申し込む
  • 営業に来た銀行員に融資を相談する
  • 認定支援機関の専門家に相談し、融資を申し込む

認定支援機関とは、中小企業支援に関する専門的知識や実務経験がある専門家です。

中小企業庁が運営する公式サイトでは、認定支援機関を活用することで金融機関と良好な関係を築き、資金調達力の強化につながると記載されています。

参照:中小企業向け補助金・支援ポータル ミラサポplus

認定支援機関の税理士や公認会計士に相談することで、銀行の融資を受けやすい書類作成やアドバイスなどが受けられます。

③審査の必要書類を提出する

銀行で融資を受ける際には、以下の必要書類を提出しましょう。

銀行で融資を受ける際の必要書類
  • 決算書
  • 試算表
  • 事業計画書
  • 資金繰り表
  • 見積書(設備投資の場合)

基本的には、銀行が指定するフォーマットで必要書類を提出します。

ただ、申し込み先の銀行によっては指定のフォーマットはなく、自社で必要書類を用意する場合もあります。

必要書類を再提出する手間を省くためにも、銀行融資で提出する必要書類について事前に確認するとスムーズに審査を受けられます。

他には、連帯保証人や担保の有無によっても必要書類の数が異なる点に留意しましょう。

④銀行の審査を受ける

申し込み後に銀行の審査を受けます。

銀行の審査は「プロパー融資」「信用保証協会の保証付き融資」の2種類でかかる日数が異なります。

銀行融資の種類融資にかかる日数
プロパー融資3週間程度
信用保証協会の保証付き融資2ヵ月~3ヵ月程度

申し込み先の銀行に該当する融資にかかる日数をチェックし、事業資金が必要な時に資金調達できるようを準備を進めましょう。

⑤審査結果の連絡を受け、融資の契約書に記入する

審査完了後は契約を締結し、金融機関から融資金が振り込まれます。

また、着金までにかかる期間は、早い場合なら1週間前後が目安です。

銀行融資を受ける際の必要書類

銀行融資を受ける際には、以下の必要書類を提出します。

銀行で融資を受ける際の必要書類
  • 決算書
  • 試算表
  • 事業計画書
  • 資金繰り表
  • 見積書(設備投資の場合)

申し込み先の銀行によっては提出書類の数や指定のフォーマットがあるなど、必要書類に違いがあります。

事前に必要書類の準備を進めていきたい人は、銀行の担当者に必要書類について問い合わせましょう。

銀行融資の審査に関するQ&A

銀行融資の審査に関して、よくある質問をご紹介します。

気になる項目と同じ悩みを抱えている人は、参考にしてみてください。

銀行融資の審査が通らない理由は?
銀行融資の審査に通らない原因として、以下の4点があります。

融資希望額の根拠が不明確
融資額の返済が見通せない
事業決算が赤字
ノンバンクから借り入れている

「根拠が明確な融資希望額」や「現状の事業における資金繰り」など、融資後の資金繰りまで視野に入れて審査を実施しています。
個人事業主が銀行融資の審査を受ける流れは?
銀行で融資を受けるには、以下5つの手順が必要です。

自社に合った銀行を選ぶ
銀行に融資を申し込む
審査の必要書類を提出する
銀行の審査を受ける
審査結果の連絡を受け、融資の契約書に記入する

銀行で融資を受ける手順を把握し、融資の申し込み前に準備を進めましょう。
個人事業主が銀行から融資を受けるには?
個人事業主が銀行から融資を受けるには、以下2点のポイントを意識しましょう。

・融資の資金使途を明確に提示する
・実現可能な返済計画書を提出する

銀行が低リスクで融資できる状況を提示することで、審査通過率が高まります。
銀行融資が降りるまでの期間の目安は?
銀行融資が降りるまでの期間は、「プロパー融資」「信用保証協会の保証付き融資」の2種類でかかる日数が異なります。

・プロパー融資:3週間程度
・信用保証協会の保証付き融資:2ヵ月~3ヵ月程度

上記の期間を目安として、銀行融資の資金調達を検討しましょう。

銀行融資の流れを把握してスムーズに資金調達しよう

今回は銀行融資の審査を通過するポイントや審査基準、銀行融資の審査に通らない原因、必要書類まで幅広く解説しました。

銀行融資は審査を通過するポイントや審査基準を申し込み前に把握することで、銀行の審査通過率を高められます。

銀行融資を受けられるポイントを意識し、「返済計画書」「事業計画書」などの書類作成や必要書類の準備を進めましょう。

本記事の重要ポイント
  • 「融資の資金使途を具体的に提示する」「実現可能な返済計画書を作成」などのポイントを抑えることで、審査通過率を高められる
  • 「利用条件に合致している」「財務状況や保全状況が良好」な事業は、銀行の融資を受けやすい
  • 「融資希望額の根拠が不明確」「事業決算が赤字」なら、銀行融資の審査に通過しにくい
  • 銀行融資を受ける際の必要書類は、銀行によって提出書類の数やフォーマット指定などの違いがある