dスマホローンの評判は悪い?審査の厳しさやメリット・デメリットを解説

dスマホローンの評判

記事内に広告を含みます

dスマホローンの評判は悪い?

dスマホローンの審査は厳しい?

dスマホローンはドコモが提供しているサービスで、お金を借りることができます。

ただ、口コミ評判では審査が厳しいや金利が高いといった悪い評価を確認することができました。

ここでは、dスマホローンの評判は本当に正しいのかをサービスの基本情報や、メリットやデメリットを交えてご紹介します。

また、お金を借りたいと考えている方は、自身におすすめカードローンがわかる記事をこちらからご確認ください。

この記事でわかること
  • dスマホローンには審査が厳しいといった評価が確認できました
  • dスマホローンは消費者金融と同じ貸金業法を遵守して運営されるため審査は甘くないです
  • dスマホローンの審査気になる方は大手消費者金融のアコムがおすすめ
  • アコムは通過率40.6%と公表しており、最短20分でお金を借りることができます
  • dスマホローンとは違い30日間の無利息期間も提供しているため利息を節約できます

  30日間無利息で借り入れ可能!

※申込状況によっては希望に添い兼ねます。
※アコムの審査通過率はアコムのマンスリーレポートから取得しています。


プロフィール背景画像
プロフィール画像

マネーグロース – カードローン部門

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、貸金業務取扱主任者を取得。メガバンクにて勤務後、金融情報について自身の経験や取材・電話調査から情報を執筆するWebライターとして活動。

※当コンテンツはマネーグロースが定めるコンテンツ制作ポリシー並びに広告掲載ポリシーに基づいて作成されています。

dスマホローンとは?

dスマホローン

dスマホローンは株式会社NTTドコモが提供するWeb完結するローンサービスです。

dスマホローンは2022年7月20日に提供開始された新しいサービスですが、2023年7月21日(金)に累計貸付実行額が200億円を突破しています。

以下の表では、dスマホローンの基本情報をまとめているのでぜひ参考にしてください。

金利年0.9%〜年17.9%※1
審査時間最短即日
融資速度最短即日
限度額1万円〜300万円
収入証明書以下に該当する場合は、収入証明書の提出が求められます。
・dスマホローン※4とdカードのキャッシングサービスの合計金額が50万円を超える場合
・dスマホローン※4とdカードのキャッシングサービスの利用額と他社貸金業者の利用額の合計金額が100万円を超える場合
・前回dスマホローンで収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
・年収や勤務先などの情報に変更があった場合
WEB完結可能
担保・保証人不要
運営会社株式会社NTTドコモ

※1 優遇適用後金利 0.9%〜17.9%(実質年率)/基準金利 3.9%〜17.9%(実質年率) ドコモ回線などの利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。適用条件はdスマホローン公式サイトで確認できます。
※2 申込の曜日、時間帯によって、翌日以降の対応となる場合があります。
※3 システムメンテナンス時間は利用できません。振込実施のタイミングは利用の金融機関により異なります。
※4申し込みの際はdスマホローンの借入希望額が対象です。

dスマホローンの利用者からはどのような点が評価されているのか、ご紹介します。

dスマホローンの口コミ評判

dスマホローンは比較的新しいサービスですが、金利や審査に関して利用者から評価されています

dスマホローンの評判からは金利が高いや、審査が厳しいといった評価が見られました。

ただ、1時間もかからず審査に通ったことや、金利優遇を受けることができたといった評価も確認することができました。

実際の、dスマホローンの口コミ評判をご覧ください。

スクロールできます

dスマホローン、ワシの場合金利優遇がマイナス2.5%と判明w 1000円から借りられる。 3ヶ月返済で6万円借りようと思ってんだけど、キャンペーンにエントリーして2000ポイントゲットすれば、利息ほぼ相殺できそう

引用:Twitter

またdスマホローンのキャンペーンやってる 借入れして即返済したら利息払わずにポイントだけ貰えたりするのかしら(ヽ´ω`)

引用:Twitter

ドコモ使いとしては、dスマホローンも捨てがたいと一瞬思ったけど 金利がくそ高すぎて論外だった。 生命保険の契約者貸し付け or ろうきんのカードローン しか、最初から選択肢は無かったというね

引用:Twitter

おひさまの皆さん、影ちゃんがCM出るからと言ってdスマホローンでホイホイ借りたらあきませんぞ! 貸付利率が高いしお金はちゃんと返さないと将来大変なことになるぜよ

引用:Twitter

dスマホローン審査遅い

引用:Twitter

dスマホローンて審査厳しいし時間も長いって聞いてて確かに何日か待って仮までいってまた待って、で本人確認ができないとかで振り出しに戻されたんだけどその催促の通知が曜日関係なく毎日届く。多分自動なんだろうけど貸したいのか貸したくないのかわからんな

引用:Twitter

スマホ申し込みで1時間もかからないうちに審査が通ったのでとてもスムーズでした。(昼過ぎに申し込んで夕方には審査完了してました。)24時間申し込み可能なのもありがたいです。

引用:価格.com

続いては、dスマホローンの利用者からは確認できなかった、サービスのメリットやデメリットをご紹介します。

dスマホローンのメリット

dスマホローンには以下のようなメリットがあります。

dスマホローンのメリット
  1. 金利優遇がある
  2. スマホ完結でバレにくい
  3. 少額融資に対応している
  4. d払い残高にチャージできてポイントが貯まる
  5. キャンペーンを実施している
  6. すでにdアカウントを持っていると入力がスムーズ

金利優遇がある

dスマホローンの金利は「年3.9%〜年17.9%」ですが、対象のサービスを利用している方限定で最大3.0%の金利優遇を受けられます

優遇適用後金利は「年0.9%〜年17.9%」のため、他社カードローンよりも返済額を抑えることもできます。

対象のサービスは以下の通りで、どれもドコモのサービスです。

優遇金利(実質年率)
ドコモ回線-1.0%
dカードdカード:-0.5%
dカード GOLD:-1.5%
スマー簿-0.5%

優遇金利は毎月25日もしくは26日に判断され、翌月1日より金利が適用されます。

そのため、dスマホローン契約後でもドコモ対象のサービスを利用することで、契約後に優遇金利を受けることも可能です。

少しでも金利を低くして利息を抑えたい方は、ドコモ対象のサービスを利用して金利優遇を受けるようにしましょう。

スマホ完結でバレにくい

dスマホローンは家族や知人にカードローンを利用していることがバレにくいです。

なぜなら、申し込みから借り入れ・返済までスマホアプリやWebで完結するからです。

一般的なカードローンは自動契約機を利用して契約や借り入れすることができますが、契約機に出入りを見られると借金をしていることがバレます。

dスマホローンはスマホアプリやWebで完結するため、契約機に出入りすることでバレるリスクがありません。

その上、dスマホローンは原則として自宅への郵送物がないため、家族や同居人に借金を内緒にすることができます。

ただし、返済が延滞や遅延などで滞った場合は、自宅に督促状が届くことがあるのでしっかりと返済していきましょう。

少額融資に対応している

dスマホローンは借入金をd払い残高にチャージする場合、1,000円という少額融資に対応しています。

そのため、必要な分だけ借りることができるため、無駄な利息が発生しません

口座への借り入れは10,000円から利用することができます。

d払い残高にチャージできてポイントが貯まる

dスマホローンはd払い残高にチャージして利用すると、dポイントを貯めることができます。

これはd払いが街やネットショッピングで200円(税込)の支払いにつき、dポイントが1ポイント貯まる仕組みだからです。

貯まったdポイントはd払い加盟店の利用代金に1ポイント1円として活用することができます

そのため、dスマホローンで借りたお金を口座に振り込んで使うより、d払い残高にチャージして使ったほうが節約効果があります。

また、dポイントは以下のようにdマーケットのサービスで利用することもできますよ。

  • dショッピング
  • dブック
  • dミュージック
  • dTV など

より賢くdスマホローンを利用するなら、dポイントが貯まるd払い残高にチャージして利用しましょう。

キャンペーンを実施している

dスマホローンはキャンペーンを利用することで、一定期間の利息が0円になったり、ポイントがもらえたりします。

dスマホローンは契約日時点でのdポイントクラブ会員のランクに応じて、契約日から100日間まで最大300万円から10万円の借り入れ残高の利息が0円になります。

こちらの無利息になるキャンペーンは2023年3月11日から実施しており、サービス終了日は決められていません。

dポイントクラブの会員に応じた無利息期間が適用される借入残高上限額は以下の通りです。

会員ランク借入残高上限額
5つ星300万円
4つ星100万円
3つ星70万円
2つ星30万円
1つ星10万円

会員ランクが1つ星であっても、10万までの借入金額が契約日から100日間発生する利息が0円になるため利息を節約することができます。

また、dスマホローンを初めて契約する方はdポイントが1,000ポイントもらえます。

こちらのキャンペーンは2023年8月1日(火)から実施されており、終了日は決められていません。

どちらのキャンペーンも自動的に適用されるわけではないので、自身でエントリーする必要があります。

少しでもdスマホローンを利用したい方は、キャンペーンを賢く活用しましょう。

すでにdアカウントを持っていると入力がスムーズ

dスマホローンは申し込みの際にdアカウントを持っていると、入力項目が少なくなります。

なぜなら、dアカウントの会員情報が自動的に反映されるためです。

消費者金融やクレジットカード会社のキャッシング・カードローンでは「申込手続きが簡単だから」という理由で選ばれることも多いです。

そのため、すでにdアカウントを持っている方にとっては、申し込みがスムーズになることは嬉しいメリットということがわかります。

出典元:一般社団法人 全国銀行協会「銀行カードローンに関する消費者意識調査<調査結果>」

収入があれば学生や主婦でも申し込みできる

dスマホローンは収入がある学生や主婦であれば、申し込みできるカードローンです。

以下の通り、dスマホローンには学生や主婦の方が申し込みできないという記載がないです。

dスマホローンの申込条件
  • 申込時の年齢が満20歳以上満68歳以下の方
  • 日本国内に居住する個人の方
  • 安定した収入がある方
  • 審査申込者本人名義のドコモ所定の携帯回線と契約を締結している方※
  • 株式会社NTTドコモが発信するSMS(ショートメッセージ)を受信できる方

※dアカウントを保有している方でも申込可能です。

申込条件には「安定した収入がある方」と含まれているため、専業主婦や無職の方が申し込むことはできません

dスマホローンのデメリット

dスマホローンには以下のようなデメリットがあります。

dスマホローンのデメリット
  1. 金利が高い
  2. 無利息期間がない
  3. 審査が遅い
  4. 審査が厳しい
  5. dアカウントの開設が必須
  6. 勤務先に電話連絡がある可能性がある

金利が高い

dスマホローンの基準金利は「年3.9%〜年17.9%」に設定されており、銀行カードローンと比べて高いです。

実際に、dスマホローンと他のカードローンの金利を比較してみると以下の通りです。

金利(実質年率)
dスマホローン年3.9%〜年17.9%
アイフル年3.0%〜年18.0%
プロミス年4.5%〜年17.8%
三井住友銀行カードローン年1.5%〜年14.5%
みずほ銀行カードローン年2.0%〜年14.0%
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック年1.8%〜年14.6%

このように、dスマホローンの金利は特に銀行カードローンと比べると高めであることがわかります。

カードローンで100万円未満のお金を借りる際には、上限金利が適用されることが多いです。

そのため、返済金額を抑えたい方は少しでも低金利なカードローンを利用しましょう。

無利息期間がない

dスマホローンには主に消費者金融が実施している無利息期間というサービスがないです。

無利息期間とは一定期間の利息が発生しない期間のことで、返済額が少なくなる便利なサービスのことです。

そのため、無利息期間があるカードローンを利用した方がお得感が強い可能性があります。

以下の表では、dスマホローンと無利息期間があるカードローンの金利を比較しているのでぜひ参考にしてください。

金利(実質年率)無利息期間
dスマホローン年3.9%〜年17.9%なし
アイフル年3.0%〜年18.0%30日間
プロミス年4.5%〜年17.8%30日間
アコム年3.0%〜年18.0%30日間
レイク年4.5%〜年18.0%60日間
※借入金額5万円までであれば180日間

また、借入金額によっては、プロミスのほうがお得感が強いと考えられます。

これはプロミスの上限金利はdスマホローンの上限金利よりも低く、無利息期間を実施しているからです。

お金を借りる際には、無利息期間にも注目して借入先を検討してみましょう。

審査が遅い

dスマホローンは消費者金融と比べて審査結果が届くまで時間がかかることがデメリットです。

今すぐお金が必要な方にとって重要なポイントや審査時間や融資までのスピードです。

dスマホローンの審査結果は最短即日にわかりますが、大手消費者金融は最短で20分ほどで審査が終わるサービスもあります。

以下の表では、dスマホローンと他のカードローンの審査時間を比較しているのでぜひ参考にしてください。

審査時間
dスマホローン最短即日
アイフル最短18分
プロミス最短3分
アコム最短20分
三井住友銀行カードローン最短当日
みずほ銀行カードローン最短翌営業日
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
最短即日

大手消費者金融の「アイフル」「プロミス」「アコム」は即日融資に対応しており、dスマホローンよりも審査が早い傾向があります。

そのため、より早い審査や融資を希望する方は、アイフルやプロミス、アコムの利用を検討してみましょう。

審査が厳しい

dスマホローンは口コミにもあったように、審査が厳しいといった評価を受けることがあります

実際のところ、dスマホローンの審査基準や審査通過率は公表されていないため、判断することが難しいです。

ただ、一般的なカードローンはサービス開始したての頃に顧客獲得に積極的になる傾向にあります。

そのため、銀行カードローンや大手の消費者金融カードローンの審査に落ちたことがある方でも、審査に通る可能性があります。

審査が不安な方は、アイフルやプロミス、アコムのような審査通過率を公表している消費者金融を比較して申し込みましょう。

dアカウントの開設が必須

dスマホローンはdアカウントを作成しておく必要があります。

これはdスマホローンへ申し込みするには、dアカウントにログインする必要があるからです。

そのため、dアカウントを持っていない方はdアカウントを作った上で、dスマホローンに申し込まなくてはいけません

勤務先に電話連絡がある可能性がある

dスマホローンを利用すると、職場先の方にカードローンの利用がバレる可能性があるので注意しましょう。

これはdスマホローンが在籍確認として勤務先に電話連絡を実施する可能性があるためです。

実際に、dスマホローンは在籍確認について以下のように公表しています。

ご入力いただいた申込み情報やご提出書類の確認が必要な場合はご登録の携帯電話または自宅電話番号にお電話させていただく場合がございます。また、お勤め先へも在籍確認のお電話をさせていただく場合がございます。電話の際はお客さまのプライバシーに十分配慮し、担当者個人名にておかけいたします。
※在籍確認とは・・・お申込みされたご本人さまが申告されたお勤め先に務めていることの確認です。

引用:dスマホローン「お申込み・審査に関するご質問」

勤務先だけではなく、審査の際に収入証明書が必要な場合は、自宅または自身の携帯電話に電話がかかってきます

審査に通過するには在籍確認として電話がかかってきたときに対応する必要がありますが、必ずしも本人が対応できるとは限りません。

ただ、在籍確認は申込時に入力した勤務先へ在籍していることが確認できればいいため、会社の同僚が対応しても問題ございません。

職場の方が対応して怪しまれた際は、クレジットカードの在籍確認と回答するようにするとバレにくいです。

審査をできるだけスムーズに終わらせたい方は、収入証明書が不要なカードローンへ申し込みましょう。

dスマホローンの審査は厳しい?

dスマホローンの審査は甘くありません。

これはdスマホローンが貸金業に分類されており、貸金業者は貸金業法を遵守して運営されているからです。

そのため、dスマホローンの審査では申込者の返済能力を厳正に調査することが義務付けられています。

ここでは、dスマホローンの審査を受けるにあたり、知っておきたいポイントや審査で見られるポイントをご紹介します。

保証会社はなくドコモが独自に審査を行う

dスマホローンは保証会社の審査を受ける必要がありません

これはdスマホローンは株式会社NTTドコモが独自に審査を行なっているためです。

一般的に、銀行カードローンを利用する際には、代位弁済を担当する保証会社の審査を受ける必要があります。

保証会社
みずほ銀行カードローン株式会社オリエントコーポレーション
三井住友銀行カードローンSMBCコンシューマーファイナンス株式会社
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
アコム株式会社

そのため、保証会社の審査基準に満たない方や、保証会社で社内ブラックになっている方は審査に通ることができません。

dスマホローンは保証会社を設けていないため、「アイフル」「プロミス」「アコム」のような保証会社なしのカードローンと同じ審査行程です。

安定した返済能力が求められる

dスマホローンは申込条件に含まれるように「安定した返済能力がある」方のみ審査に通過することができます。

これはdスマホローンが申込者にお金を貸して、貸し倒れが起きないようにするためです。

ただ、安定した返済能力とは年収が高ければ良いというわけではありません。

申込者の収入と借入希望額のバランスや、信用情報、他社借入などによって判断されます。

例えば、dスマホローンは貸金業に分類されるため、貸金業法の総量規制により年収の3分の1までしかお金を借りることができません。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

引用:日本貸金業協会「お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)」

総量規制は1社からの借り入れだけではなく、申込者が借り入れしている貸金業者全体からの合計借入金額が年収の3分の1以内に制限されます。

このため、収入がない無職や専業主婦の方は、総量規制からも安定した収入がないと判断されるため審査に通ることができません。

信用情報に問題があると難易度が高い

dスマホローンは信用情報に問題があると、審査に通ることが難しくなります。

信用情報は申込者のクレジットカードやローンの取引情報が記録されてる情報です。

そのため、過去にクレジットカードやローンなどの支払いを延滞や遅延をしている方は信用情報に問題があると判断されます。

これまでクレジットカードやローンを利用したことがある方は以下のような情報が信用情報機関に保管されています。

信用情報機関に保存されている情報
  • 本人を特定する情報
  • 契約内容に関する情報
  • 返済状況に関する情報
  • 取引事実に関する情報
  • 申し込みに関する情報

返済状況に関する情報の延滞や、取引事実に関する情報の債務整理や強制解約などは契約が継続している間や契約終了5年まで続きます。

そのため、過去に延滞や遅延など信用情報に問題がある履歴がある方は、信用情報が消えてから申し込みする必要があります。

ドコモの携帯料金を滞納していると審査が厳しい

ドコモ利用者は携帯料金の支払いを延滞や遅延している場合、審査が厳しくなる可能性があります。

なぜなら、dスマホローンの審査を受ける方は、「ドコモスコアリング」によるスコアリング結果が反映されている可能性があるからです。

ドコモスコアリングはドコモ回線契約者が融資サービスへ申し込んだ際に、以下のサービス利用状況から分析された信用スコアが金融機関に共有されます。

信用スコアに影響する要素
  • ドコモ回線の利用期間
  • 携帯料金支払履歴
  • 金融サービス利用状況
  • コンテンツサービス利用状況
  • 契約内容

一方、長期に渡りドコモのサービスを支払い延滞遅延することなく利用している方は、信用度が高いため審査に優遇されるでしょう。

ドコモユーザーがdスマホローンを利用するメリット

dスマホローンは株式会社NTTドコモが提供するカードローンのため、特にドコモユーザーにメリットが大きいです。

普段からドコモのサービスを利用している方が受けることができるメリットをまとめているのでぜひ参考にしてください。

ドコモユーザーが利用するメリット
  • 金利優遇
  • 申し込みがスムーズ
  • ポイントが貯まりやすい
  • 比較的に審査が有利になる

そのため、ドコモ回線やdカード、d払いを利用している方は、他のカードローンよりも便利に利用することもできます。

dスマホローンはドコモユーザー以外の方もdアカウントを取得するだけで利用することができます。

dスマホローンの返済方法

dスマホローンの返済は毎月の自動引き落としや、好きなタイミングで追加返済することができます。

自動引き落としでは毎月27日に返済が行われ、27日が休業日の場合は翌営業日に返済が実施されます。

また、初回返済日は借入日によって異なるので事前にチェックしておきましょう。

借入日初回返済日
1〜10日借入日同月の27日
11〜末日借入日翌月の27日

追加返済は「d払い残高」「指定口座への振り込み」の2種類から利用することができます。

どちらの方法で追加返済するかで、手数料や返済できる金額が異なるので事前に確認しておきましょう。

手数料追加返済可能金額
d払い残高から返済無料月100万円
※1回あたり20万円まで
指定口座から振込自己負担なし

追加返済は効率的に元本を減らしていくことができるため、自身の都合が良いタイミングで利用すると総返済金額を減らすこともできます。

追加返済した場合でも、毎月27日には自動引き落としが実施されるので気をつけましょう。

返済金額

dスマホローンの返済金額は借入残高によって変化する「残高スライド元利定額リボルビング方式」を採用しています。

借入残高の範囲内であれば、毎月一定の金額を返済していくことができるため返済管理が難しくありません。

以下の表のように、借入残高に応じて毎月の返済金額が決定されます。

借入残高毎月の返済金額
1円〜20,000円1,000円
20,001円〜50,000円2,000円
50,001円〜70,000円3,000円
70,001円〜100,000円4,000円
100,001円〜130,000円5,000円
130,001円〜150,000円6,000円
150,001円〜180,000円7,000円
180,001円〜210,000円8,000円
210,001円〜230,000円9,000円
230,001円〜260,000円10,000円

返済金額は毎月10日時点での借入残高を基準に計算されます。

追加返済を行った方は、返済金額が減ることもあります。

一方、追加借入を行った場合は、返済金額が増える可能性があるので気をつけましょう。

dスマホローンの申込方法

dスマホローンは24時間アプリやWebから申し込むことができます。

そのため、書類を郵送や店舗に来店する必要がないので、利用がばれる心配をする必要がありません。

また、dスマホローンへ申し込むには以下の条件を満たしておく必要があるので事前に確認しておきましょう。

dスマホローンの申込条件
  • 申込時の年齢が満20歳以上満68歳以下の方
  • 日本国内に居住する個人の方
  • 安定した収入がある方
  • 審査申込者本人名義のドコモ所定の携帯回線と契約を締結している方※
  • 株式会社NTTドコモが発信するSMS(ショートメッセージ)を受信できる方

※dアカウントを保有している方でも申込可能です。

それでは、dスマホローンの申込方法から必要になる書類をご紹介していきます。

dスマホローンの申込手順

dスマホローンを申し込んでから利用するまでには以下の手順を踏む必要があります。

申込者情報の入力

dアカウントにログインして、申し込みに必要な情報を入力しましょう。

dアカウントの情報が自動的に反映される項目もあるため、他のカードローンより入力項目が少ないことがあります。

本人確認

本人確認として申込者の本人確認書類の提出が必要です。書類はスマホアプリから撮影または事前に撮影した画像をアップロードすることで提出できます。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

※運転免許証は日本で交付されたものが有効です。
※パスポートは2020年2月3日以前に発行されたものが有効です。

審査

提出した内容をもとに審査が行われます。審査は最短即日に行われ、完了後にメールもしくはアプリから連絡されます。

※申し込み内容により、申込者の収入証明書の提出が求められることがあります。
※審査の内容によっては、勤務先に電話による在籍確認が実施される可能性があります。

契約手続き

審査完了後は金融口座の登録を行い、契約手続きを行う必要があります。

利用可能な金融機関は以下の通りです。

申し込み・契約完了

契約完了後はシステムメンテナンス時間を除き、最短即日にお金を借りることができます。

dカードのキャッシング枠がある方は利用枠を取り消される

普段からdカードを利用している方は、dスマホローンを利用するにあたりdカードのキャッシング枠が取り消されるので注意しましょう。

これはdカードのキャッシングサービスとdスマホローンの併用はできないと取り決められているからです。

dカードのキャッシングサービスの利用枠が取り消されると、キャッシングの利用枠が0円となり、キャッシングサービスが利用停止となります。

dスマホローンとおすすめのカードローンを比較

ここでは、dスマホローンとおすすめのカードローンを比較していきます。

dスマホローンでは審査通過率が非公表でしたが、以下のおすすめのカードローンは審査通過率を公表しているため審査が不安な方に最適です。

おすすめのカードローン3選
  • アイフル
  • プロミス
  • アコム

dスマホローンを利用する場合は、これらおすすめのカードローンを比較して、どの点が便利かをよく理解してから利用を検討しましょう。

アイフル

アイフルの店舗
金利年3.0%〜年18.0%
審査時間最短18分
融資速度最短18分
審査通過率36.1%
限度額1万円〜800万円
無利息期間30日間
収入証明書提出が求められる場合もある
WEB完結対応
担保・保証人不要
運営会社アイフル株式会社

※審査通過率はアイフル公式 アイフル月次推移を参照

アイフルは審査が最短18分で完了するスピードに特徴がある大手消費者金融カードローンです。

dスマホローンと同様にアプリでお金を借りることができるため、本人確認書類があればその場でいつでも申し込むことができます。

即日融資を希望する方は、審査対応時間である9時〜21時までに審査を完了させましょう。

契約が完了すれば、ローンカードを待たずにすぐにお金を借りることができます。

また、アイフルは土日審査にも対応しているため、土日にお金を借りる際にはdスマホローンよりも便利に利用することもできます。

初めてアイフルを利用する方は、30日間の無利息期間を適用することができるので無駄な利息を節約することも可能です。

\ 最短18分でお金を借りられる! /

プロミス

プロミスの店舗
金利年4.5%〜年17.8%
審査時間最短3分
融資速度最短3分
審査通過率36.9%
限度額1万円〜500万円
無利息期間30日間
収入証明書提出が求められる場合もある
WEB完結対応
担保・保証人不要
運営会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

※審査通過率はSMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標を参照

プロミスはdスマホローンよりも金利が低い大手消費者金融カードローンです。

dスマホローンの金利が「年3.9%〜年17.9%」であるのに対して、プロミスの金利は「年4.5%〜年17.8%」に設定されています。

借入金額が100万円未満の場合は金利の上限が適用されることが多いため、dスマホローンよりも利息を抑えて利用することもできます。

また、プロミスを初めて利用する方は、30日間の無利息期間を利用することができるので、dスマホローンより節約効果も高いです。

プロミスの無利息期間は借入日の翌日から30日間適用されるため、他のカードローンの無利息期間よりお得感が強いです。

即日融資を希望する方は、審査対応時間である9時から21時までに審査を完了させておきましょう。

\ 最短3分で借入可能! /

アコム

アコムの実店舗
金利年3.0%〜年18.0%
審査時間最短20分※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
審査通過率40.6%
限度額1万円〜800万円
無利息期間30日間
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要です。
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結対応
担保・保証人不要
運営会社アコム株式会社

参考:アコム公式 マンスリーレポート

アコムは「はじめてでも安心感があると思う」カードローンランキングNo.1になっている大手消費者金融カードローンです。

「はじめてのアコム」というように一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです。

アコムもdスマホローンと同様に、在籍確認の際に原則として勤務先に電話連絡がありません。

万一、審査の結果、勤務先に電話連絡が必要となった場合も、申込者の同意を得てから電話連絡をしてくれるため準備をして対応することができます。

勤務先に在籍確認の電話がかかってきますか?原則、実施しません。もし実施が必要となる場合でも、お客さまの同意をえずに実施することはありませんので、ご安心ください。

引用:アコム「勤務先に在籍確認の電話がかかってきますか?」

また、アコムも初めて利用する方は、他のカードローンと同様に30日間の無利息期間を適用することができるため利息を節約することができます。

即日融資を希望する方は、審査対応時間である9時から21時までに審査を完了させておきましょう。

  30日間無利息で借り入れ可能!

dスマホローンによくある質問

dスマホローンの利用を検討している方からはよく以下のような質問があります。

以下の表では、質問内容に簡潔に回答しているのでぜひご覧ください。

質問回答
ドコモ回線じゃなくても利用できますか?利用できます。
dスマホローンの審査結果はどのくらいでわかりますか?最短即日にわかります。
職場に電話がかかってくることはありますか?かかってくることがあります。
バイトやパートでもお金を借りることができますか?借りることはできます。
即日融資には対応していますか?対応しています。
自宅へ郵送物はありますか?原則ありません。
増額審査にはどのくらいかかりますか?最短当日でわかります。

ここからは、質問内容を一つひとつ詳しく回答していきます。

ドコモ回線じゃなくても利用できますか?
dスマホローンはドコモ回線と契約している方ではなくても、申込条件を満たしている方であれば審査に通る可能性があります。dスマホローンを利用するにあたり、ドコモ回線と契約する必要がありませんが、dアカウントを発行する必要があります。
dスマホローンの審査結果はどのくらいでわかりますか?
dスマホローンの審査結果は最短即日にわかります。そのため、最短申込当日にdスマホローンを利用することも可能です。ただ、申込状況や審査内容によっては時間がかかる可能性があります。
職場に電話がかかってくることはありますか?
dスマホローンは審査の段階で在籍確認として、申込者の勤務先へ電話連絡がかかってくることがあります。申込者のプライバシーに配慮してくれるため、電話担当者は個人名を使って電話を行います。電話は申込者本人が会社に在籍していることが確認できれば問題ないため、すぐに終わります。
バイトやパートでもお金を借りることができますか?
dスマホローンは審査に通過できれば、アルバイトやパートであってもお金を借りることができます。dスマホローンの申込条件により、安定した返済能力があることが必須ですが、アルバイトやパートであっても申し込むことは可能です。
即日融資には対応していますか?
dスマホローンは最短即日で契約できるため、即日融資に対応しています。即日融資を受けるには審査を完了させておく必要があるため、なるべく早い時間に申し込みを完了させる必要があります。
自宅へ郵送物はありますか?
dスマホローンは原則として自宅への郵送物がありません。そのため、基本的には借り入れが家族や同居人にバレることはないです。ただ、返済の延滞や遅延をした場合は、自宅へ督促状が送られることがあるので注意が必要です。
増額審査にはどのくらいかかりますか?
dスマホローンの増額審査の結果は最短当日に回答されます。ただ、土日や祝日を挟む場合は、審査内容や申込状況によっては審査が長引くことがあります。

まとめ

本記事ではdスマホローンの良い評判から悪い評判までご紹介しました。

dスマホローンの評判では審査がスムーズといった良い評判も確認できましたが、金利が高いという悪い評判もあります。

また、特にドコモユーザーは金利優遇や比較的に審査が有利になるなどメリットが多いです。

ただ、他の消費者金融カードローンと比較したときに、審査が遅く、無利息期間がないなどのデメリットが目立ちます。

dスマホローンはドコモ回線を利用していない方でもdアカウントを取得することで、利用できるので、メリットとデメリットを考慮して検討しましょう。