転職サイト・エージェントのデメリットは?使わない方が良いといわれる理由を徹底解析

転職サイト・エージェントを利用するデメリットを確認したい

転職サイト・エージェントは利用した方が良いの?

転職活動を進めていく際に、転職サイト・エージェントの利用が良いと聞いたけどデメリットを詳しく知りたいという方も多いのではないでしょうか?

この記事では転職サイト・エージェントのデメリットを初めに確認したうえで、メリットや転職活動を成功させる方法や年収を上げる方法を徹底解説します。

後半には転職サイト・エージェントを利用した人のリアルな声もご紹介しますので、ぜひご覧ください。

この記事をざっくりというと

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

転職サイト・エージェントのデメリット8個

厚生労働省の令和2年転職者実態調査によると、転職活動の方法は「求人サイト・求人情報専門誌・新聞・チラシ等」が 39.4%と多数を占めています。


多くの人が利用する、転職サイト・エージェントのデメリットはどういったものがあるか確認していきましょう。

たくさんの情報があるため迷ってしまう


転職サイト・エージェントに登録すると、簡単に求人情報が多量に手に入るため転職先に迷ってしまう可能性があります。

なぜなら、自分の転職の軸が定まっていない人は、情報を集めたとしても、どうしたらいいか分からないからです。

情報に惑わされないために

例えば、条件を指定せず転職サイトで求人検索を行うと数万件の情報が出てきます。

そのため、転職において自分が優先する条件を決めていない人は、転職サイトでの情報入手に注意しましょう

まずは、自分の強みを見つけたり市場調査をするのがおすすめです。

独自のフィルターがかかっており選考にいけない可能性がある

転職サイトを利用すると、経歴や年収によって応募できる求人が限られていたり、応募はできてもエージェント側でおとされたりする可能性があります。

なぜなら、転職サイト側は求人を募集している企業からお金をもらっており、あまりにミスマッチな求人を紹介すると、契約を切られてしまう可能性があるからです。

しかし、転職サイトが変われば、違った方面からの切り口で紹介してもらえることもあるため、他の転職サービスを試してみましょう。

フィルターにかかっているかわからないとき

エージェントが審査して応募できない場合、知らされないこともあります。

応募に時間がかかっている場合や、書類選考の結果が分からない場合は確認してみましょう。

求人に偏りが出る

転職サイト・エージェントによっては、求人に偏りが出てしまい、自分の可能性を狭めてしまうかもしれません。

なぜなら、転職サイトによっては持っている求人数が少なかったり、専門的な職種を取り扱っていなかったりするからです。

また、スカウト型の転職サイトでは、登録するだけでスカウトが届く便利なサービスですが、、エージェントにの得意な分野によって、偏りがでることもあります。

求人に偏りを出さないために

偏りが出ないためには、複数の転職サイト・エージェントに登録しておくのがおすすめです。

各転職サイトの非公開求人もカバーでき、いろいろな求人を紹介してもらえます。

エージェントの思い通りになってしまう可能性がある

転職サイト・エージェントを利用する際には、エージェントの思い通りになっていないか注意が必要です。

エージェントの思い通りになっていないか

転職エージェントによっては、どこかに必ず内定をさせたいために、内定をもらえそうな年収が低めで労働条件が厳しい求人しか紹介しないケースもあります。

さらに、威圧的な態度で求人への募集を促される可能性もあるかもしれません。

そのため、自分自身の転職活動で大切にしたいことや、強みをまとめて転職市場での自分の位置を確認しておきましょう。

自分の転職市場の確認方法
  • 年収査定ツールを利用する
  • 企業のクチコミサイトで自分の同業界・同職種・同年代の年収を確認する
  • 転職サイトで同業界・同職種の求人情報を確認する
  • 転職サイトのスカウトサービスを利用して紹介された求人の同行をみる

また、厚生労働省の令和5年上半期雇用動向調査結果の概況によると、離職率は8.7%です。

エージェントの言う通りに転職をしてしまうと、結局仕事をやめてしまう可能性もあるので注意してください。

担当者との調整に時間を取られてしまう

転職エージェントは、初回は必ず30分~1時間程度の面談があり、時間が取られることがあります。

また、担当のエージェントと面談の日程を調整のために、1週間程度時間を要する可能性があります。

「今すぐに仕事に申し込みたい」、「気になる企業がすでにある」というケースでは転職エージェントを経由しない方が良い可能性があります。

内定をせかされる可能性がある

転職サイト・エージェントの中には転職サポート期間が決まっていることがあり、内定をせかされる可能性があります。

大体、平均的なサポート期間は3カ月程度です。

厚生労働省の令和2年転職者実態調査によると、一番多い転職期間は1カ月~3カ月であることから、打倒なサポート期間と言えるでしょう。

しかし、ゆっくりと転職活動を行いたい人や、資格取得と並行して転職活動を行いたい人に取っては短いかもしれません。

サポート終了間近になり、エージェントに内定をせかされて、条件を妥協しないようにしましょう。

希望する求人に応募するのに時間がかかる

応募したい企業がすでにある場合は転職サイトやエージェントを経由すると応募に時間がかかってしまう可能性があります。

転職サイトやエージェントに登録している場合は、直接企業に連絡をするのではなく、一度担当者に連絡して企業に連絡をとってもらう必要があります。

応募書類の添削も担当者の確認が必要となるため、結果的に希望する企業への応募が遅れてしまうかもしれません。

応募の時間がかかる分メリットもある

しかし、転職エージェントを利用する場合は転職支援の経験から企業のより詳しい情報を教えてくれたり、推薦状を添えてくれたりするメリットがあります。

そのため、応募に時間がかかったとしても書類通過率が上がる可能性もあるでしょう。

希望する求人に応募できないかもしれない

転職サイトやエージェントによっては、自分が希望する求人に応募できない可能性もあります。

なぜなら、自分の経験が希望する求人に合っていなかったり、今までの年収では力不足を指摘されたりして、希望する求人が力不足と判断されているからです。

希望する求人に応募できない例

例えば、自分が行きたい業界にいくためには違う業界を経由する必要があるかもしれません。

もしくは、年収が高い求人を目指す場合、一度現在の職種でスキルアップしてから、さらなる転職をすすめられる可能性もあるでしょう。

自分が希望する求人が、担当エージェントにとっては「合っていない」と思われた場合は応募できない可能性があるので注意しましょう。

自分で企業に直接応募してみるのも一つの手です。

転職サイト・エージェントのメリット11個

転職サイトは、転職支援サービスの内容によって3つに分けられます。

※横にスクロールできます

転職支援サービス概要メリットデメリット
転職サイト・求人情報が自由に検索でき、登録すれば応募も可能・自分のペースで転職活動が薦められる
・期限がないためとことん検討ができる
・求人を探すのが大変
・企業とのやりとりは自分でおこなう
スカウト型転職サイト・条件を登録すれば自分にピッタリの求人が送られてくる・求人を探す手間が省ける
・直接企業からスカウトがくる可能性もある
・求人の幅が狭まる可能性あり
・企業とのやりとりは自分でおこなう
エージェント型転職サイト・転職活動全般をサポート・書類添削や面接対策をしてくれる
・条件や給料の交渉をしてくれる
・担当との連絡に時間を取られる
・担当との相性が合わないと大変
転職サイトの種類

転職サイト・エージェントの違いによるサービスを上手く利用すると、転職活動へのメリットがたくさんあります。

ここでは、転職サイト・エージェントを賢く利用して転職活動をスムーズにすすめられるメリットを11個ご紹介します。

キャリアプランを一緒に考えてくれる

転職エージェントのメリットとして、キャリアプランを一緒に検討できることがあります。

転職エージェントは面談を行い、今までの経歴や経験を確認して、今後のキャリアプランを作成してから求人紹介をすすめるのがほとんどです。

キャリアプランを作成しないで転職活動をすすめてしまうと起こりうること
  • 転職したけれど、その後給料が上がらない
  • また転職しようと思ったときにキャリアがなくすすめられない
  • 仕事のやりがいがなく、長く勤められない

プロのエージェントに自分の強みや性格の良さを引き出してもらい、将来の方向性を確認しておきましょう。

非公開求人を確認できる

転職サイト・エージェントは非公開求人を保有していることがほとんどです。

非公開求人とは

主にWEB上で詳細を掲載していない求人を指します。
公開求人で応募が殺到してしまうような人気求人、他社に知られたくない企業の事業計画に関わる求人などが当てはまります。
また、退職や転勤などで急に人材が必要になり直接エージェントに求人を依頼するケースも非公開求人となるようです。

もし、転職サイトを使用しないでいると、非公開求人を確認できないため、良い求人を見つけるのが難しい場合もあります。

特に、専門的な業務の転職を希望している場合は、業界に特化した転職エージェントを利用して非公開求人を紹介してもらうと良いでしょう。

希望するポジションを確認してくれることがある

転職エージェントを利用した場合、求人情報がなくても、経歴や実績から希望するポジションを用意してもらえる可能性があります。

なぜなら、転職エージェントは企業とのやりとりのなかで企業に必要な人材を把握しており、今後の求人募集を手に入れている可能性があるからです。

特に専門職が強い仕事では、経歴によって人材を確保したい場合、勤務時間や働き方等条件を交渉して、求人募集に当てはまらないポジションで内定がもらえることもあります。

担当のエージェントにはなるべく正直に自分の希望を伝えておき、条件に当てはまるような企業の情報を早めに教えてもらいましょう。

あなたにピッタリの求人を紹介してくれる

サイトの登録時の情報入力やエージェントとの連絡に時間がかかる一方で、ピッタリの求人を紹介してくれるのも転職サイト・エージェントのメリットです。

転職者の情報を把握しているため、おすすめの企業とのミスマッチが少なく、転職サイトやエージェントを利用すると定着率が高い傾向にあります。

定着率とは

定着率とは新入職員が3年間後も働いている割合を指します。
厚生労働省が発表している業界平均値によると定着率は男性で92.6%、女性で72.9%です。

入職後のサポートがある場合も多く、転職後の職場に長く勤めたいと思っている方は転職サイト・エージェントを利用しましょう。

履歴書や職務経歴書などの添削やアドバイスをしてもらえる

転職エージェントを利用すると、転職活動で不安な要素である履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえます。

転職サイトの活用

転職サイトには書き方のポイントなどのコンテンツが用意されている場合も多いので初めから活用していきましょう。

また、登録や面談で把握している強みなどをどうやって応募書類に活かしていったらいいかもアドバイスしてくれます。

応募書類の質を高めることで、書類審査の通過率を高めることができるので何度も利用してみてください。

推薦文を添えて応募してくれる

転職エージェントは、応募書類の添削だけでなく、推薦状を添えて企業に応募をしてくれます。

推薦文とは、履歴書や職務経歴書だけでは分からない、エージェントが転職者から感じた良い印象を伝える内容がかかれています。

推薦文の例
  • とても物腰が柔らかく、話し相手を安心させてくれる話し方が特徴です。
  • 仕事に対する熱意にあふれており、貴社の~という理念に大変共感しておりました。
  • 貴社の~の仕事に関して~の経歴や実績が大変役立つ人材です。

もし、可能であれば推薦文を確認しておくと、履歴書や職務経歴書の内容を推薦文が際立つ内容で修正し、相乗効果をもたせられます。

また、推薦文の内容は他の企業に応募する際の強みとしても活用可能です。

面接の日程調整をしてくれる

転職エージェントは、企業との日程調整も行ってくれるため、忙しくて企業と連絡を取っている時間がない人にはピッタリです。

あらかじめこちらの予定を伝えておくことで、企業とのやりとりを任せることができます。

決定した日程の管理

決定した面接の日程などは自分でスケジュールを管理する必要があるので注意しましょう。

企業分析を踏まえた面接の練習をしてくれる

転職エージェントは転職支援のプロであり、企業の様々な求人情報を把握しています。

そのため、企業分析を踏まえて面接の練習や面接対策が可能です。

転職エージェントの面接対策例
  • 今までの企業でよく聞かれる質問内容の確認
  • こういった返答をしたら内定がもらえたというポイント
  • 以前の面接の際の面接官の人数や雰囲気
  • 面接官に好まれやすい返答の考え方

転職エージェントによっては、各支社を利用して実際に直接面接練習が可能な場合もあります。

また、直接面談をするのが難しい場合でも、Zoomなどを利用してオンラインでの面接練習も可能なケースが多いようです。

条件や年収の交渉をしてくれる

転職エージェントは転職者が伝えにくい条件や年収の交渉を行ってくれます。

なぜなら、企業の経営状態や、現在働いている人の勤務状況も把握していく必要があるため、これくらいまでなら大丈夫という引き出しが用意してあるからです。

面接につきそうエージェント

担当者によっては面接に付き添ってくれるケースもあるようです。

面接後に内定をいただき、仕事内容は申し分ないが、自分の強みを活かして年収をもう少し上げてほしい、などの希望がある場合は契約前に相談してみましょう。

退職時のアドバイスがもらえる

転職エージェントで内定が決まったあとには、現在の職場をどのように辞めたらいいかのアドバイスももらうことができます。

業界ごとの退職時期や、退職時に上司に伝えるポイントなども教えてもらえます。

辞めることが難しいケース

もし、なかなか辞めることが出来ずに入職の時期がずれてしまう可能性がある場合も企業と連絡を取ってくれる可能性があるため相談してください。

入職後のサポートがある

転職エージェントは内定後、入職のサポートも受けられるものもあります。

なぜなら、今後企業への人材を紹介する際のリアルな声として情報を収集する必要があるからです。

例えば、入職後に困っていることはないか、想定していた仕事内容と相違がないかどうかを確認してくれます。

入職後のサポート

さらに、転職サイトによっては、入職後にどんなことにストレスを感じるかの診断や、AIによる仕事の適性判断をうけられるものもあるのでチェックしてみてください。

転職サイト・エージェントを使用しない方がいい人3選

転職サイト・エージェントには特徴があり、上手く利用すれば転職活動をスムーズに薦められます。

しかし、自分に合わない場合は転職活動の妨げになってしまうかもしれません。

使用しない方がいい人の特徴を確認しておきましょう。

自分のペースで転職活動をすすめたい人

転職活動を自分の思い通りに薦めたい人は転職サイトやエージェントを利用しない方が良いでしょう。

なぜなら、サイトのスカウトメールや担当エージェントからの連絡が頻繁に来る可能性があるからです。

また、転職活動をすぐに行うようにせかされるケースもあるようです。

自分のペースが作れない可能性

周りにせかされて就職先を決めたくない人や、誰かの紹介を受けることなく求人を比べたい方は転職サイトを利用しない方が良いです。

人の意見に流されやすい人

ミドル層の転職過程の研究において、転職エージェントは求職者の意思決定に大きくかかわっていることが分かります。

転職という大きな決断は本来、自分がよく考えておこなうものですが、人の意見に流されやすい人は、エージェントの言いなりで決めてしまうかもしれません。

エージェントには個人差がある

もちろんエージェントは求職者が内定を取るために支援してくれることがほとんどですが、中には内定を取らせるために求人紹介を制限することもあります。

特に、経歴や実績がある方は年収が高い企業を強く薦められることが多いです。

言われるがままに行動してしまう不安がある人は、転職サイト・エージェントの利用を考えてみた方が良いでしょう。

もしくは、転職サイトに登録して情報収集を行い、自分の中で転職活動における軸を作ってからエージェントサービスを利用してみるのもおすすめです。

すでに希望する企業がある人

すでに希望する企業がある人も転職サイト・エージェントの利用が転職活動の妨げとなるケースがあります。

なぜなら、応募までに転職サイトやエージェントを経由するため、時間がかかってしまったり、一度フィルターがかかって応募できない可能性があるからです。

しかし、応募に時間がかかる一方で応募書類の添削がしてもらえたり、推薦文を添えてくれたりするため、転職サイト・エージェントを利用する価値は十分あります。

同じ企業に複数応募してはいけないですが、完全に落ちたことが分かってから、違うルートで応募を検討することは可能です。

こんな人には転職サイト・エージェントがおすすめ

転職活動において、転職サイト・エージェントはほとんどの人におすすめですが、特に以下の3つの特徴のある方は一度利用してみましょう。

転職サイト・エージェントは無料で使用できるため、万が一合わなくても損をすることはありません。

以下の条件に当てはまる人は気軽に転職サイト・エージェントに登録してみてください。

転職が初めてで何から始めたらよいかわからない人

転職がはじめての方は転職サイト、特にエージェントの利用がおすすめです。

なぜなら、転職エージェントではキャリアの棚卸の方法から、転職に関する悩みはすべて相談が可能だからです。

「そもそも転職って何をすれば良いか分からない」方でも問題ありません。

転職エージェントで受けられる転職支援サービス
  • キャリアプランの形成
  • キャリアの棚卸
  • 強みを引き出す自己PRの作成
  • 履歴書や職務経歴書の添削やアドバイス
  • 面接の日程調整
  • 企業の面接内容の確認
  • 面接対策と面接練習
  • 労働条件や年収の交渉
  • 入職時期の交渉
  • 退職時のアドバイス
  • 入職後のサポート等

転職活動にあまり時間を割きたくない人

現在フルタイムで働いており、転職活動にあまり時間を割きたくない人も転職エージェントの利用が役に立つでしょう。

なぜなら、自分に合う求人を探してくれたり、企業とのやりとりを任せたりできるからです。

例えば、仕事を辞めたいけど、自分に向いている仕事を探している暇がない、忙しくて企業からの電話に出ることができない状態でも転職活動ができます。

エージェントに任せすぎも良くない

もちろん、すべてエージェント任せにしていると上手くいかないことが多いので、すすめられた企業へのリサーチなどは自分でしっかりおこなってください。

書類審査で落ち続けている人

書類審査で落ち続けており面接に進めない人は転職エージェントを利用すると書類通過率が高くなる傾向があります。

なぜなら、応募書類の添削が受けられるだけではなく、推薦状と一緒に企業へのアピールができるからです。

また、応募企業のニーズを的確にとらえて、自分の強みをどのようにアプローチすれば良いかを具体的に指導してくれます。

転職エージェントサポートの一次試験へのメリット

企業のニーズに合った自己PRとエージェントの推薦状があれば、一次試験を通過できる確率が上がるでしょう。

企業や業界の詳しい話を確認したい人

自分で企業分析を行っても、上手く深堀りできない場合や、実際に企業を受けた人の話が聞きたい場合は転職サイト・エージェントを利用した方が良いです。

転職サイトやエージェントから手に入る情報

転職サイトによってはその企業で働く人の口コミや実際に企業を訪ねて採用担当にインタビューをした内容が記載されています。

また、転職エージェントは直接企業の採用担当者から求人をもらっているケースもあり、どういった求人をもとめているのかアドバイスが可能です。

さらに、業界特化の転職エージェントでは、業界特有の言い回しや、就職活動の進め方、喜ばれやすい面接での対応を熟知しています。

自分一人では収集しきれない情報を手に入れたい人は転職サイトやエージェントを積極的に利用してください。

他人の意見を聞きたい人

周りの意見を聞きながら転職活動をすすめていきたい人にも、転職サイト・エージェントの利用がおすすめです。

転職活動における不安は都度エージェントに伝えることができ、精神的に安定できます。

また、求人の際に自分にはこれしかないと思っていたとしても、周りからみると現職を活かしてチャレンジできる業界を紹介してくれます。

自分の転職活動があっているか確認したい方はプロの意見をきいてみよう

自分一人で転職活動を始めたけれど、なかなか良い求人に出会えない方や、あたらしい業界へ挑戦したい場合は転職エージェントを利用してプロの意見を聞いてみましょう。

転職サイト・エージェントを利用して転職を成功させる6つの方法

転職サイト・エージェントは上手く利用すれば転職活動に役立ちます。

ここでは、転職サイト・エージェントを利用して転職を成功させる方法を6つお伝えします。

転職活動における軸を定めておく

転職サイト・エージェントを利用した転職活動では、軸がブレないよう定めておく必要があります。

厚生労働省令和4年度雇用動向調査結果の概況によると、転職者が前職をやめた個人的な理由は

「労働時間・休日などの労働条件が悪かった」「職場の人間関係が悪かった」が上位の割合を占めています。

大手企業に就職できる、年収が上がるからという理由のみで就職してしまうと、また転職活動をしなければならない可能性があります。

自分の中で譲れない軸を決めておきましょう。

条件に優先順位をつける

転職活動の軸を定めておくことは重要ですが、条件に優先順位をつけておくことも大切です。

労働条件が良くて年収が高くて人間関係が良くて自分の仕事が活かせて…とすべての条件が満たされる職場ありません。

厚生労働省の令和2年転職者実態調査によると転職先を選んだ理由は以下の通りです。

現在の職場を選んだ一番の理由ランキング

1位:仕事の内容・職種に満足がいくから
2位:自分の技能・能力が活かせるから
3位:労働条件(賃金以外)が良いから

仕事の内容では自分がもっともやりたい業務をはっきりさせておくのと同時に、絶対にやりたくない業務を理解しておくことも大切です。

転職先を選んだ理由の上位3つを参考に、条件に優先順位をつけて、応募の幅を広げるのがおすすめです。

複数の転職サイト・エージェントを利用して比較する

転職サイト・エージェントを利用する場合は複数登録して比較してみると自分に合っているところがわかります。

なぜなら転職サイトによって特色があり、非公開求人の内容も異なるため、どこがあっているかは登録してみないと分からないことが多いからです

また、エージェントとの相性も複数比較することで良い担当者と巡り合えるので、一つの転職サイトに絞らないようにしてください。

複数の転職サイト・エージェントを利用するおすすめポイント
  • 各転職サイトの非公開求人を網羅できる
  • エージェントを比較して自分に合う担当が探せる
  • 多方面からアドバイスがもらえる

ツールを利用してスケジュール調整を行う

転職活動をすすめるには。スケジュールの管理が必須です。

もちろん、スケジュール手帳に予定を記載していくのも良いですが、スマホやパソコンでツールを利用すると管理が簡単になります。

スケジュール管理ツール名特徴
TimeTree
TimeTree
・色分けで予定を分かりやすく区別できる
・複数の日付にコピー可能で定期的な予定も管理できる
・朝に一日の予定をポップアップ表示できる
Lifebear
Lifebear
・ToDoリストや日記と連携
・企業別にノートを作って別々に管理できる
・スタンプなどでかわいく飾りつけも可能
おすすめスケジュール管理ツール2選

自分に合うスケジュール管理アプリを利用して、転職活動を円滑にすすめましょう。

転職の意思をアピールする

転職サイト・エージェントを利用する際には、担当者に常に転職の意思をアピールしておくことが大切です。

転職の意思のアピール方法

いい求人があったらすぐにでも働きたい」と伝えておくと、担当者の中での優先順位は上がるため、良い紹介に巡り合えるケースがあります。

今すぐに転職する希望がなかったとしても2週間に1回程度は連絡を入れてこちらの状況を伝えておくだけでも良いサービスを受け続けることが可能です。

エージェントに頼り切らずに自分でも行動する

転職サイト・エージェントは転職活動に役立つサービスですが、エージェントに頼り切らずに自分でも行動しましょう。

なぜなら、担当者に頼り切ってしまうと、自分の転職活動が他人ごとになってしまうからです。

例えば、求人紹介を受けた場合は、自分でも企業について調べてみて気になった点を質問するなど、エージェント+αの行動を考えてみてください。

自分が希望する求人がなかったら

年収が上がりにくい、やりたい求人がないと思ったら、転職に役立つ資格の取得を検討するのも良いでしょう。

自分の市場価値に合った企業を見つけたり、自分の市場価値自体を上げたりすることで、転職活動は大きく成功に近づきます。

転職サイト・エージェント利用して年収を上げるポイント4つ

厚生労働省の令和2年転職者実態調査によると、転職して年収が上がった人の割合は39%です。

つまり、6割程度は転職しても年収が変わらないか下がってしまう現状があります。

転職で年収を高くするためにはどうしたらいいか確認しておきましょう。

年収が高くなりやすい業界を知っておく

転職で年収を上げるためには、年収が高い業界を意識しておきます。

何故なら、年収が低い業界に居続けても、給料が上がる見込みが低いからです。

金融庁の令和4年度分民間給与実態統計調査によると、平均年収が高い業界は以下の通りです。

業界平均年収大手企業例
電気・ガス・熱供給・水道業747万円ENEOSホールディングス、出光興産など
金融業・保険業656万円三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループなど
情報通信業632万円日本電信電話、NTTドコモなど
平均年収が高い業界TOP3

また、dodaの2023年職種別平均年収ランキングは以下の通りになります。

職種平均年収
専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)598万円
企画/管理系543万円
営業系456万円 
平均年収が高い職種TOP3

業界ではインフラや金融・IT関係、職種ではコンサルや企画、営業が年収が上がりやすい傾向です。

年収診断ツールを使用する

自分の市場価値を多方面から知るために、年収診断ツールの利用もおすすめです。

診断ツール転職サイト名ポイント
年収査定doda
doda
・186万人のビッグデータからAIで高精度に算出
・今後30年の年収推移が分かる
年収診断・年収査定シミュレーションpasona
パソナキャリア
・6STEPの簡単操作
・適正年収にあった求人紹介あり
年収診断ジョブメドレー
ジョブメドレー
・医療、介護の専門職
・求人情報と照らし合わせた想定年収が分かる
年収診断ツールのおすすめ3選

年収は仕事に対する一番わかりやすい評価です。

市場価値を知るために診断ツールを活用してみてください。

年代や経歴による市場価値を把握しておく

金融庁の令和4年度分民間給与実態統計調査によると、年代別の平均年収は以下の通りです。

年代平均年収
20~24歳273万円
25~29歳389万円
30~34歳425万円
35~39歳462万円
40~44歳491万円
45~50歳521万円
年代別平均年収


厚生労働省の令和2年転職者実態調査によると、転職して年収が上がった割合が一番多いのは30~34歳の48.6%です

もちろん他の年代でも転職で年収が上がる可能性はありますが、年代によって難易度に差はあるので注意してください。

ハイクラス転職サイトを利用する

年収を上げたいのであれば、ハイクラスの転職サイトを利用してみましょう。

ハイクラス転職サイトは年収800万円以上の求人を検索することができます。

今までの経歴や年収によっては登録出来なかったり、登録しても求人がもらえない可能性があるため注意してください。

ハイクラス転職サイトではビズリーチがおすすめです。

  • 掲載求人の33%が年収1,000万円以上
  • 登録するだけで企業からスカウトが届く

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

転職サイト以外の転職活動方法

転職サイト・エージェントを使用しない転職活動の方法はどういったものがあるでしょうか。

ここでは転職活動の方法を4つ紹介します。

ハローワーク

厚生労働省の令和2年転職者実態調査によると、転職活動でハローワークを利用した割合は34.3%です。

特に、50〜54歳では45.1%、60〜64歳では47.1%と高い割合でハローワークを利用しています。

ハローワークで受けられるサービスの例
  • 自己分析のお手伝い
  • 自己分析に合わせた求人の紹介
  • パソコンやインターネットを利用した求人の検索
  • 就職したい地域の労働状況の確認
  • 公的職業訓練(ハロートレーニング)に関する相談
  • 履歴書の書き方や面接の受け方のセミナー・不採用でも希望職種や条件の再検討、応募書類の見直しなど相談可能

ハローワークの窓口は全国に500拠点以上あるため、自分の近くにてサポートを受けられます。

また、料金は無料で受けられるので気軽に相談可能です。

さらに、年齢が若い人にむけた「わかものハローワーク」(わかもの支援コーナー、わかもの支援窓口)も用意されています。

就職支援ナビゲーターがマンツーマンで支援してくれるため、安心して転職活動を始められるでしょう。

企業のコーポレートサイトからの応募

希望する企業がはっきりしている場合、企業のコーポレートサイトからの応募も可能です。

企業の公式HPから求人募集を検索すると応募ができます。

しかし、コーポレートサイトからの応募は競争率が高く、一次審査をクリアするのが難しい可能性が高いです。

企業からの応募で落ちてしまった場合

直接応募して難しい場合は応募書類をチェックしてもらったり、推薦文を書いてもらえたりする転職エージェントの利用が良いでしょう。

在籍している親戚や知人からの紹介

企業によっては、在籍している親戚や知人からの紹介で入職できることもできます。

縁故採用」とも呼ばれ、以前の日本では多くみられていた就職方法です。

試験などが少ないなどのメリットがありますが、入職後に辞めにくいといったデメリットもあるため、吟味して紹介を受けましょう。

町中を歩いて張り紙などから直接応募

何にも縛られずに仕事先を見つけたい方は、町中を歩いて、企業の張り紙等から正社員の募集を見つけて応募する方法もあります。

張り紙をしている企業やお店は、緊急性が高いことが多く、受かりやすい一方、大変なためなかなか人がいつかない可能性のある仕事も多いです。

転職サイト・エージェントを利用した人のリアルな声

ここでは、転職サイト・エージェントを利用したリアルな口コミを確認してみましょう。

転職サイト・エージェントを利用して困った人の口コミ

提出書類の修正に何度もさせられ、一か月書類を治す時間に使われた。

引用:みん評

情報収集で話を聞きたく連絡しましたが、見下されているように感じもう話したくないと感じました。

引用:みん評

以前エントリーしたことがある求人を別の担当が紹介してきたり、提案しておきながら結局条件にミートしていないことが後々発覚した

引用:Google口コミ

会いたいから今週後半の都合の良い日時を複数よこせというメールが届く。

引用:X

転職サイト・エージェントで転職成功した人の口コミ

エージェントに壁打ちでの相談をしながら、どうなればこの転職が成功と言えるかを言語化することで、業種や仕事内容だけではない企業選びの軸が見えてきた。

引用:ミドルの転職

個人または少人数で人材斡旋業を手掛けているエージェントからたくさん案件の紹介があります。

引用:みん評

メールも電話も駆使して連絡がいただけますし、試験や面接で必要なことなども事前に教えていただけるので前もって準備して臨めるのが良かったです。

引用:みん評

想像以上に、専任のアドバイザーが自分の希望を細かく聞いてくれて、勤務先の雰囲気なども教えてくれたので心強かったです。

引用:みん評

転職成功につながるおすすめ転職エージェント3選

転職サイト・エージェントの中でも実績があり転職成功につながるおすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

リクルートエージェント|業界最大級30万件を超える求人数

リクルートエージェント
詳しい口コミは「リクルートエージェント 評判」を確認
  • 非公開求人の数が他社に比べて多い
  • 転職成功支援実績NO1
  • 転職者の60%が年収UP

リクルートエージェントは業界最大級30万件の求人数があり、転職支援実績NO.1の転職エージェントです。

転職者の60%が年収UPに成功しており、エージェントの充実したサポートで転職を成功に導いてくれます。

また、面接で注目しているポイント、過去にどんな人がプラス評価されたか教えてくれるので転職活動に役立つでしょう。

リクルートエージェントの基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約380,884件
非公開求人数約224,970件
対応エリア全国
対応職種営業・販売・カスタマーサービス
企画・マーケティング・経営
管理・事務 物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ
SE・ITエンジニア
エンジニア(設計・生産技術・品質管理)
建築・土木・設備
医療・医薬・化粧品
その他(講師・調理師・介護など)
実績転職支援実績No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年2月時点
良い口コミ

細かいところまで親身に返信してくれたりする。

職務経歴書や面接対策など添削してくれる。

求人も圧倒的に多いし、日本のエージェントの中では一番だと思う。(一部抜粋)

引用:みん評

悪い口コミ

初回面談時は親身になってくれていたがそれ以降は基本放置。

こちらの懸念点や希望を伝えるも基本的に話を聞いておらず流される。

個人的主観ではあるが営業担当は自身の報酬目当てで動いている様にしか感じられず残念だった。(一部抜粋)

引用:みん評

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

マイナビエージェント|各業界に精通したアドバイザーが担当

マイナビエージェント
詳しい内容は「マイナビエージェント 評判」を確認

  • 各業界に精通した業界選任アドバイザーがいる
  • 2023年オリコン満足度ランキング1位
  • 転職後の定着率97.5%

マイナビエージェントは転職エージェントのオリコン満足度調査でNO.1を獲得している転職サービスです。

マイナビは各業界に精通した業界専任のアドバイザーがおり、自分の希望する分野に合わせた転職活動を進めることができます。

転職後の定着率も高く、転職後のミスマッチは少ないようです。

マイナビエージェントの基本情報
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約70,774件
非公開求人数約14,627件
対応エリア全国
対応職種IT系技術職
営業職
機械・電気系技術職
金融系
不動産・建築職
医薬・医療系職
販売・サービス系職
クリエイティブ職
企画・管理系職など
実績2023年オリコン顧客満足度®︎調査 転職エージェント第1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年2月時点
良い口コミ

マイナビエージェントは転職支援のためキャリア相談や書類の添削、転職市場や企業情報を提供するなどあらゆるサポートを行う転職サービス。つまり、二人三脚で望むキャリアにたどり着けるよう一緒に歩いていってくれるよ

引用:

悪い口コミ

今回、マイナビエージェントという転職エージェントを利用し、親身になって相談して頂いたのは良かったんだけど
エージェント経由で派遣会社から大量のスパムメールが来るのが鬱陶しかった

引用:

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

ビズリーチ|年収1,000万円以上の求人が多数

ビズリーチ
詳しい口コミは「ビズリーチ 評判」を確認
  • 求人の33%が年収1,000万円以上
  • 厳選された企業と直接コンタクト可能
  • 企業やヘッドハンターがどんな価値を感じているのか知ることができる

ビスリーチは紹介する求人の3分の1が年収1,000万円以上の企業であり、年収を上げたいハイクラス転職目指す方にぴったりです。k

登録しておくと、厳選された企業と直接コンタクトができます。

実際の経験談では、800~800万円の年収隊から20~50万増加した成功体験が確認でき、年収UPが期待できるでしょう。

ビズリーチの基本情報
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数約106,268件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種経営管理
マーケティング
営業
コンサルタント
ITコンサルタント
専門職
IT技術職
ゲーム電気・電子半導体
機械化学金融研究
臨床開発
治験建築
土木人事
サービスプロジェクト管理
Webサービス・制作
デジタルマーケティング広告
新聞・出版
テレビ・放送・映像・音響デザイン
素材食品
化粧品
日用品
不動産
施工管理
医療営業
生産管理
薬事医療
看護など
実績なし
料金無料プラン(スタンダードステージ)
「プラチナスカウト」のみ閲覧・返信が可能。
応募は、公募・特集求人などの特別な求人のみ可能。

有料プラン(プレミアムステージ)
30日間コース 5,478円(税込)
全てのスカウトの閲覧・返信、全ての求人の検索・閲覧、応募が可能。
ビズリーチプレミアムの各種コンテンツの利用が可能。
2024年2月時点
良い口コミ

複数の人材紹介会社やビズリーチに登録して再度転職活動を始めた。年齢の問題や特定の業界での経験しかないことで書類選考に苦戦するものの、活動を始めてから8ヶ月目にしてビズリーチに掲載されていた案件に自ら応募した電気通信事業会社のマネージャー職で内定を勝ち取った。

自己裁量権の大きいポジションで働けることを一番の判断軸にしていたため、大手企業よりもベンチャー企業や中小企業の求人をメインに応募。業種や職種、会社の規模について、視野を広げたことが今回の会社に出会えた要因(一部抜粋) 

引用:ビズリーチ

悪い口コミ

ビズリーチのスカウトメールの会社、あまりよくなかったなぁ… スローガンからブラックの香りがぷんぷんと…「成長、笑顔、元気」あかん…

引用:X

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

転職サイト・エージェントに関してよく聞かれる質問

転職サイト・エージェントに登録する際に感じる質問に対する回答をまとめています。

なぜ転職サイトやエージェントは無料で利用ができるんですか?
転職サイトやエージェントは求人を出している企業から報酬をもらうシステムとなっています。
転職者を紹介することで成り立っているので、利用者はお金を払う必要はありません。
転職サイトやエージェントを利用すると今の会社に転職活動がバレませんか?
転職サイトやエージェントを利用すると転職活動が今の会社にバレることがあります。
なぜなら、登録した内容を今の会社の人事に知られてしまう可能性があるからです。
たとえ名前を伏せていたとしても、経歴や実績から個人を特定できてしまうでしょう。
バレないためには以下の工夫が必要です。
・担当に自分の会社や関連会社を知らせて求人を受けないようにする
・転職サイトでは自分の情報を見られない会社を指定してブロックしておく
転職サイトやエージェントを利用して他の人より評価が下がることはありませんか?
転職サイトやエージェントを経由したからと言って他の人より評価が下がることはありません。
むしろ、エージェントから推薦状を加えて応募書類を送れるので、他の人よりも印象深く残せます。
複数の転職サイトから同時に同じ企業の求人に応募してしまうと評価が下がるだけではなく内定を取り消されてしまう可能性があるため注意してください。
エージェントに紹介してもらった求人は必ず応募しなければなりませんか?
エージェントに紹介してもらったからといって、必ず応募する必要はありません。
自分が受けてみたいと思った企業のみ受ければ大丈夫です。
転職サイト・エージェント経由で内定をもらった場合辞退出来ますか?
転職サイト・エージェント経由で内定をもらっても辞退は可能です。
他の企業に内定が決まった、提示してもらった条件が合わなかったなど理由を説明し、なるべく早く転職サイト・エージェントに伝えて辞退してもらいましょう。

転職サイト・エージェントを上手に利用して転職活動を成功させよう

転職サイト・エージェントに登録するデメリットはあるものの、うまく利用すれば転職活動の助けになることがほとんどです。

この記事をざっくりというと

転職サイト・エージェントの利用を迷っている場合は転職支援実績NO.1のリクルートエージェントに登録してみるのがおすすめです。

  • 業界最大級30万件以上の求人から仕事が選べる
  • 経験豊富な転職エージェントから無料でアドバイスがもらえる

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

転職サイト・エージェントのデメリットをよく理解して、効率よく利用することで転職活動を成功させましょう。