栄養士におすすめ転職サイト21選!年収を増やしたい方へ必見ポイントをご紹介

転職して、栄養士としての年収をもっと上げたい!

転職サイトはたくさんあるけど、どれがいいんだろう?

このような悩みがある栄養士の方は少なくありません。

この記事では、栄養士におすすめの転職サイトを特化型転職サイト・大手転職サイトごとに紹介します。

また、転職を利用して年収を上げるポイントや栄養士の業務に役立つ資格についても記載しているので、確認して年収アップに役立ててください。

栄養士特化おすすめ転職サイト21社徹底比較

まず栄養士におすすめの転職サイト21社を比較しているので確認しておきましょう。

※横にスクロール可能です

転職サイト総合評価公開求人数強み詳細
栄養士人材バンク
栄養士人材バンク
非公開獣人情報のミスマッチが少ない公式サイト
レバウェル栄養士
レバウェル栄養士
約82件LINEで気軽に相談可能公式サイト
栄養士ワーカー
栄養士ワーカー
約10,209件求人数が業界最大手1万件以上公式サイト
栄養士転職ナビ
栄養士転職ナビ
約4,239件年間1万人以上の転職実績公式サイト
しんぷる栄養士
しんぷる栄養士
非公開保育施設を希望する人におすすめ公式サイト
栄養士のお仕事
栄養士のお仕事
約2,260件1都3県の求人に特化公式サイト
Dietitian Job
Dietitian Job
約582件生涯教育単位を取得するセミナーあり公式サイト
クラッチ栄養士
クラッチ栄養士
非公開非公開求人が豊富公式サイト
アルク栄養士
アルク栄養士
約3,478件全国各地の求人を取り扱い公式サイト
リスジョブ栄養士
リスジョブ栄養士
約364件幅広い雇用形態に対応公式サイト
エイチエ
エイチエ
約34,030件栄養士に関するコミュニティを運営公式サイト
栄養士エール
栄養士エール
非公開経験豊富のアドバイザーだ対応公式サイト
マイナビコメディカル
マイナビコメディカル
約3,092件専用アプリがあり求人確認が簡単公式サイト
コメディカルドットコム
コメディカルドットコム
約3,791件就業応援制度で最大50,000円もらえる公式サイト
ジョブメドレー
ジョブメドレー
約13,451件勤続支援金あり公式サイト
グッピー
グッピー
約8,217件適性診断で自分のにあった仕事が探せる公式サイト
マイナビエージェント
マイナビエージェント
約74件業界ごとに専任アドバイザーがいる公式サイト
doda
doda
約77件年収査定が可能公式サイト
リクルートエージェント
リクルートエージェント
約1,771件経験豊富なアドバイザーが転職サポート公式サイト
pasona
パソナキャリア
約17件高収入の案件が豊富公式サイト

リクナビNEXT
約863件転職サポートコンテンツが豊富公式サイト
栄養士におすすめの転職サイト比較表

おすすめ条件別に栄養士の転職サイトを探したい方はこちらを参考にしてください。

エージェントにお任せしたい栄養士におすすめの転職サイト
栄養士人材バンクしんぷる栄養士
クラッチ栄養士栄養士エール
たくさんの求人数から選びたい栄養士におすすめの転職サイト
栄養士ワーカー栄養士転職ナビレバウェル栄養士
栄養士のお仕事Dietitian Jobアルク栄養士
リスジョブ栄養士エイチエ
医療機関で働きたい栄養士におすすめの転職サイト
マイナビコメディカルコメディカルドットコム
ジョブメドレーグッピー
違う職業も視野に入れた転職したい栄養士におすすめの転職サイト
マイナビエージェントdoda
リクルートエージェント

栄養士におすすめ転職サイト|栄養士特化型12選

ここでは、転職サイトの中でも、栄養士のみの求人に特化した転職サイトを12社解説します。

おすすめポイントや口コミをそれぞれ紹介しますので、参考にしてください。

栄養士人材バンク|上場企業が運営する栄養士専門転職支援サービス

出典:栄養士人材バンク
おすすめポイント
  • 管理栄養士・栄養士の高マッチング率を実現
  • 専任キャリアパートナーが転職活動を徹底サポート
  • メールでも電話でも登録可能

栄養士人材バンクは、上場企業が運営しており信頼がある栄養士専門の転職サイトです。

専任のキャリアパートナーが転職活動をしっかり支えてくれます。

また、口コミの評判も良く、しつこくない求人の紹介も魅力の一つです。

連絡方法もメール・LINE・電話があり、好きな方法で気軽に連絡できます。

栄養士人材バンクの基本情報栄養士人材バンク
運営会社株式会社エス・エム・エス
公開求人数
対応勤務形態
対応エリア
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

栄養士人材バンクさん今親身になって聞いて下さってるけど本当にいい

自分の将来やりたいこと、自分の今のスキルで活かせるところ、色々こっちのこと考えてくれてた登録して良かったな転職のお手伝いお願いしてよかったなと思う。

引用:X

レバウェル栄養士

出典:レバウェル栄養士
おすすめポイント
  • 条件交渉をサポート
  • LINEで気軽に相談できる
  • 転職サポート利用費が無料

レバウェル栄養士は、レバレジーズメディカルケア株式会社が運営してる栄養士に特化した転職エージェントです。

職場環境の情報提供や、過去の面接をもとにした履歴書の添削、模擬面接などの転職サポートを無料で利用できます。

また、働きながらだと転職活動の時間がない人も、LINEで気軽に相談できるため、無理なく転職可能です。

さらに、年収や労働条件をより良い条件になるよう、代わりに交渉をサポートしてくれます。

レバウェル栄養士の基本情報レバウェル栄養士
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数82件
対応勤務形態正社員
契約社員
パート・アルバイト
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

複数の転職エージェントさんを使いより自分の希望に合った転職先を選んでました!! おすすめはレバウェルでした!!

引用:X

栄養士ワーカー

出典:栄養士ワーカー
おすすめポイント
  • 求人票にない情報も提供
  • 栄養士専用アドバイザーがサポート
  • 非公開の求人が多い

栄養士ワーカーはトライトキャリアが運営しているの転職サイトです。

栄養士専用アドバイザーが求人票に記載されてない情報も提供してくれるので、いい企業が判断しやすくなります。

また、非公開の求人も多いため、より好条件の転職先が期待できるでしょう。

さらに、アドバイザーによる徹底サポートで、面接対策から履歴書添削まで、不安なく転職活動が可能です。

栄養士ワーカーの基本情報栄養士ワーカー
運営会社株式会社トライト
公開求人数約10,209件
対応勤務形態正社員・アルバイト・パート
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

栄養士ワーカーさんからお電話きて11分もお話ししてしまった。

やっぱもう8年目になるのに手取りがそれでボーナスなしはいくらなんでも安いですねって話になりました。

他人に話聞いてもらってなんか楽になった〜(一部抜粋)

引用:X

栄養士転職ナビ

出典:栄養士転職ナビ
おすすめポイント
  • 豊富な求人数
  • 自分にあった求人が選べる
  • 年間1万人以上の転職実績

栄養士転職ナビは、栄養士の求人を全国あわせて4239件取り扱っている転職サイトです。

多数の求人があり幅広い求人検索の項目があるため、マイカー通勤可やブランクOKなど自分の条件にあった求人を探せます。

また、年間1万人以上の転職実績やノウハウがあり、転職希望者をしっかりサポートしてくれます。

栄養士転職ナビの基本情報栄養士転職ナビ
運営会社株式会社プレアデス
公開求人数約4,239件
対応勤務形態正社員・扶養内パート・フルタイムパート・派遣
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

・栄養士人材バンク:迷ったら背中を押してほしい

・栄養士転職ナビ:すぐ行動、尻を叩いてもらいたい

・しんぷる栄養士:気づいたとき肩をたたいてほしい

・栄養士ワーカー:転職意欲により対応が変化

自分の転職の温度感で選ぶことでエージェントとのミスマッチを防げます

引用:X

しんぷる栄養士

出典:しんぷる栄養士
おすすめポイント
  • 1都3県の求人に特化
  • LINEで求人紹介を確認できる
  • 面接同行サポートがある

しんぷる栄養士は東京・神奈川・埼玉・千葉を中心とした求人を取り扱っている転職サイトです。

LINEに登録することで、サイトからの求人紹介をLINEでも気軽に確認可能になります。

また、面接同行サポートもあるため、面接が不安に思っている人でも安心して面接ができるようになるでしょう

しんぷる栄養士の基本情報しんぷる栄養士
運営会社Simple株式会社
公開求人数非公開
対応勤務形態
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

就活まじしんどいけど最悪しんぷる栄養士ってサイトで職見つけられるから諦めんな私

引用:X

栄養士のお仕事

出典:栄養士のお仕事
おすすめポイント
  • 保育施設に転職希望の栄養士におすすめ
  • 転職に関するコラム記事が多数
  • 条件にあう求人を検索できる

栄養士のお仕事は株式会社ウェルクスが運営している転職サイトです。

もともと保育士・幼稚園教諭専門の転職支援サービスとして始めているので、保育園や幼稚園への求人を多く取り扱っています。

寮ありから土日休みまで幅広い条件を指定でき、自分に合った求人を検索できます。

なお、2023年から栄養士ワーカーと同じ運営会社になったため、栄養士ワーカーの担当者から連絡が来るようです。

栄養士のお仕事の基本情報栄養士のお仕事
運営会社株式会社トライト
公開求人数約2,260件
対応勤務形態正社員・非常勤・パート
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

「保育のお仕事」は株式会社ウェルクスが運営する、保育士・幼稚園教諭のための転職エージェントです。

幅広い雇用形態から、自分に合った働き方を選べる転職エージェントです(一部抜粋)

引用:X

Dietitian Job

出典:Dietitian Job
おすすめポイント
  • 生涯教育単位を取得できるセミナーを開催
  • 栄養士交流会を定期的に開催
  • 栄養士に関するコラム記事が読める

Dietitian Jobは求人紹介以外にも生涯教育単位を取得できるセミナーを開催している転職サイトです。

生涯教育単位を取得することでキャリアアップができ、転職活動に役立ちます。

また、栄養士交流会も定期的に開催しているので、栄養士同士で転職の情報交換や栄養士の知識交換が可能です。

さらに、担当カウンセラーは栄養士や管理栄養士の資格を持ち、栄養士のコラム記事を発信しているため、栄養士の最新情報を確認できます。

Dietitian Jobの基本情報Dietitian Job
運営会社株式会社東洋システムサイエンス
公開求人数約582件
対応勤務形態正社員・契約社員・パート・派遣社員
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
評判
  • サイトに栄養情報が満載
  • 使えるツールがたくさんあって便利

クラッチ栄養士

出典:クラッチ栄養士
おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 非公開求人が豊富
  • 自分のペースで利用可能

クラッチ栄養士は転職相談や面接対策などの転職サポートが費用を気にせずに利用可能です。

会員登録することで、会員限定の非公開求人が見られます。

多くの栄養士に関する非公開求人を多数取り扱っているため、一般に公開している求人より良い条件の求人を選択可能です。

また、LINEでのやり取りもでき、自分のペースで転職活動ができます。

クラッチ栄養士の基本情報クラッチ栄養士
運営会社株式会社クラッチコミュニケーション
公開求人数非公開
対応勤務形態
対応エリア
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点

アルク栄養士

出典:アルク栄養士
おすすめポイント
  • 全国の求人を取り扱っている
  • 幅広い求人検索が可能
  • 無料で転職活動ができる

アルク栄養士は全国の求人を約3500件取り扱っている転職エージェントです。

全国に対応しているので、地方に転職希望している人でも求人を探せます。

また、初心者OKから駅徒歩5分以内まで、幅広く求人検索が可能で、どうしてもこの条件にこだわりたいと思っている人でも問題ありません。

さらに、転職相談や面接対策などの転職サポートを完全無料で利用でき、安心して転職活動が可能です。

アルク栄養士の基本情報アルク栄養士
運営会社株式会社ALC
公開求人数約3,478件
対応勤務形態正社員・契約社員・パート
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

栄養士の転職でエイチエが良さげだけど アルク栄養士ってどうなんだろう? 求人を多く扱ってるみたいだけど

引用:X

リスジョブ栄養士

出典:リスジョブ栄養士
おすすめポイント
  • まとめて登録で自分に合った求人が見つかる
  • 非公開の求人も取り揃えている
  • 雇用形態が幅広い

リスジョブ栄養士は一括登録することで、複数の人材会社の求人を検索・比較できて自分に合った求人を探せる転職サイトです。

公開求人以外にも、非公開求人も数多く取り揃えているので、よりよい求人を選べます。

また、雇用形態も正社員・パート以外に、派遣社員や業務委託と幅広く選択ができるので、自分に合った働き方を選択できます。

リスジョブ栄養士の基本情報リスジョブ栄養士
運営会社ライフワンズメディア株式会社
公開求人数約364件
対応勤務形態正社員・契約社員・派遣社員・パート
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

リスジョブは多くの転職者から支持を得ている転職支援サービスです(一部抜粋)

引用:X

エイチエ

出典:エイチエ
おすすめポイント
  • 無料で転職相談できる
  • 栄養士に関する役立つ記事を発信栄養士に関する最新ニュースを掲載
  • 30,000件を超える求人数

エイチエは栄養士の転職相談を無料でしてくれる転職サイトです。

また、無料相談以外にも、「栄養士の給料の平均はいくら?」のように、栄養士に関する記事を発信しているので、転職活動の参考にできます。

登録は、いくつかの情報を入力するだけで簡単にでき、面接対策や履歴書添削のサポートが可能です。

さらに栄養士専門のコミュニティがあったり、栄養士に関する最新ニュースも掲載してあったりと、栄養士の現状を把握できます。

エイチエの基本情報エイチエ
運営会社株式会社エム・エム・エス
公開求人数約34,030件
対応勤務形態常勤・非常勤
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

エイチエさん、質問箱で回答した質問について、こういう理由で質問ごと削除したよーってメールくださった、お疲れ様です、わざわざありがとうございます。

引用:X

栄養士エール

出典:栄養士エール
おすすめポイント
  • 検索エンジンサイトに多く掲載
  • 経験豊富のアドバイザーが対応
  • 面接同行サポートあり

栄養士エールはIndeedや求人ボックスなどの検索エンジンサイトに多く掲載されている栄養士特化型求人サイトです。

登録後、初回に経験豊富なアドバイザーから丁寧にヒアリングをうける時間があり、そこから求人を紹介してもらえるので、自分に合った求人に出会えます。

関東や関西を中心に求人を取り扱っており、関東・関西の企業に転職したい人にはおすすめです。

また、面接同行サポートもしてくれるので、一人だと不安な人でも安心して面接に取り組めます

栄養士エールの基本情報栄養士エール
運営会社株式会社HR CAREER
公開求人数非公開
対応勤務形態
対応エリア北海道、東京、埼玉、神奈川、千葉、京都、大阪、兵庫、奈良
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

平日は仕事でハローワークには行くことが出来ない。

>>こんな時にも、栄養士エールに相談すると直接企業に問い合わせてくれて、対応してくれます(一部抜粋)

引用:X

栄養士におすすめ転職サイト|医療業界特化型4選

次に、医療業界特化型の転職サイトを4つ紹介します。

病院やクリニック、介護福祉施設などでの勤務を考えている人にはおすすめです。

マイナビコメディカル

出典:マイナビコメディカル
おすすめポイント
  • 大手転職サイト「マイナビ」が運営
  • 専用アプリがあり求人確認が簡単
  • 面接対策・書類添削サービスあり

マイナビコメディカルは、大手転職サイトのマイナビが運営している医療業界特化型の転職エージェントです。

マイナビコメディカル専用のアプリがあるので、ダウンロードすると、届いている求人確認が簡単にできます。

他にも、登録した自分の希望や経験に合った担当エージェントが面接対策・書類添削をしてくれるので、安心して転職活動が可能です。

マイナビコメディカルの基本情報マイナビコメディカル
運営会社株式会社マイナビ
栄養士公開求人数約3092件
対応勤務形態正社員(正職員)、契約社員(職員)、非常勤・パート、その他
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

マイナビコメディカルにハロワになかった管理栄養士の求人がたくさん

田舎なのに土日休みの求人見つけて嬉しい!!
引用:X

コメディカルドットコム

出典:コメディカルドットコム
おすすめポイント
  • 就業応援制度で最大50,000円もらえる
  • 業界ごとの豆知識を読める
  • LINE登録でAIにより求人情報が届く

コメディカルドットコムはセカンドラボ株式会社が運営している転職サイトです。

コメディカルドットコム経由で入職し、60日以上勤務した人に最大50,000円支給する就業応援制度があります。

そのため、転職した際の引っ越し代や家具の購入による費用軽減が可能です。

また、LINEで友達追加すると、AIが登録した求職者の希望や経験に合わせて、新鮮で正確な求人情報が届きます。

コメディカルドットコムの基本情報コメディカルドットコム
運営会社2ndLabo株式会社
栄養士公開求人数3,791件
対応勤務形態常勤、パート
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

探している求人と類似した案件があればLINEで届いたり、スカウトや応募がやりやすかった。

引用:コメディカルドットコム

ジョブメドレー

出典:ジョブメドレー
おすすめポイント
  • 勤続支援金をもらえる
  • 実際の転職体験談が読める
  • 特徴ごとの求人特集がある

ジョブメドレーはジョブメドレー利用者による転職体験談が読める転職サイトです。

先輩たちが転職で重視したポイントやジョブメドレーを利用した転職体験談が読めるので、自分にあっているかどうか確認してみてください。

また、テーマ別の求人特集を定期的に発信しており、自分が気になる特徴の求人を探せます。

さらに、60日以上勤務した人には勤続支援金がもらえ、研修参加費や交通費を節約可能です。

ジョブメドレーの基本情報ジョブメドレー
運営会社株式会社メドレー
栄養士公開求人数約13,451件
対応勤務形態正職員、契約職員、パート・バイト、業務委託
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

栄養士の求人はなかなか他の求人サイトには記載されてないが、こちらには豊富にありました。

企業様と直接やり取りが出来、お返事も早いところは即日返信くださり面接までスムーズに行えました。(一部抜粋)

引用:ジョブメドレー

グッピー

出典:グッピー
おすすめポイント
  • 適性診断で自分の適性がわかる
  • 転職マニュアルを配布
  • 定期的ににイベントがある

グッピーは適性診断で自分の特性や傾向を分析できる転職サイトです。

適職診断では性格・社会性・心理イメージ・対応力・自己評価の5つを測定できるため、転職する際の参考にできます。

また、転職の始め方から退職手続きまで網羅しているので、迷わず転職活動が可能です。

さらに、転職マニュアルを無料配布しているので確認しておきましょう。

グッピーの基本情報グッピー
運営会社株式会社グッピーズ
栄養士公開求人数約8,217件
対応勤務形態正社員(常勤)、パート・非常勤、契約社員、短期の仕事
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

転職活動の際に登録させてもらったのですが、会員登録すれば利用できる適性診断が結構面白かったですね。

自分ではあまり分析できない部分までしっかり分析してもらえますし、それを踏まえて自分の性格や強みをアピールできるようになるところはとてもよかったです。(一部抜粋)

引用:みん評

栄養士におすすめ転職サイト|求人数が多い大手5選

大手転職サイトは、豊富な転職実績があるため、管理栄養士でも安心して転職活動ができます。

多くのエージェントを抱えているので、自分に合った担当者が選びやすいのもメリットです。

ここでは、求人数が多い大手転職サイトを5つ紹介します。

マイナビエージェント

詳しい口コミは「マイナビエージェント 評判」を確認
おすすめポイント
  • 2年連続満足度NO.1
  • 年代別ごとに適正なサポート
  • 業界ごとに専任アドバイザーがいる

マイナビエージェントは2年連続顧客満足度NO.1という確かな実績をもった転職エージェントです。

年代別に転職ポイントをまとめて公開しており、自分の年齢に合わせて、企業が求める能力やアピールポイントを把握できます。

また、業界ごとに専任のアドバイザーがいるので、栄養士の資格を活かした転職活動が可能です。

マイナビエージェントの基本情報
運営会社株式会社マイナビ
栄養士公開求人数約41件
対応エリア全国
実績2023年オリコン顧客満足度®︎調査 転職エージェント第1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

ミスマッチへの配慮を丁寧にしてくれたこと、転職活動の軸がぶれた時も親身に相談に乗っていただけたこと、多くの候補企業を提案してくれたことの3点が凄く良かったです。

おかげで利用してから2ヶ月で無事に内定を取ることが出来ました。(一部抜粋)

引用:みん評

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

doda

詳しい口コミは「doda 評判」を確認
おすすめポイント
  • 「年収査定」で自分の現状がわかる
  • チャットで相談ができる
  • 転職に関するイベントやセミナーを開催

dodaは年収査定で自分の現状を把握できる転職サイトです。

年収査定では自分の年収適正・年収推移・キャリアの可能性・適正年収にあう求人がわかります。

栄養士としての適正年収を図ることができるので、参考にして転職活動が可能です。

また、サイトのチャットで気軽に相談できるのに加えて、転職に関するイベントやセミナーを開催しており、転職を効率よく進められます。

dodaの基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
栄養士公開求人数約77件
対応エリア全国
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

第二新卒で初めての転職活動を始めた際、自身の経験や実績の不安を感じていましたが、dodaを利用して良いサポートを受けました。

担当者は親身になって相談に乗ってくれるだけでなく、論理的なアドバイスも提供してくれました。

求人紹介や面接練習なども手厚く、電話やWEBでの相談もしやすかったです。(一部抜粋)

引用:みん評

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

リクルートエージェント

詳しい口コミは「リクルートエージェント 評判」を確認
おすすめポイント
  • 全国の求人を扱っている
  • 非公開求人が多数
  • 経験豊富なアドバイザーが在籍

リクルートエージェントは全国に幅広い求人を取り扱っている大手転職エージェントです。

全国に求人があるので、自分の希望する地方への転職ができます。

また、栄養士の公開している求人は1700件以上ありますが、非公開求人も多数あり、より良い条件の求人を探せるでしょう。

さらに、転職支援実績NO.1の経験豊富なアドバイザーが在籍しているので、栄養士の現状を踏まえた求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントの基本情報
運営会社株式会社リクルート
栄養士公開求人数約1,771件
対応エリア全国
実績転職支援実績No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

担当者とアシスタントが連携し、リマインドやフォローアップ頂き、1次面接、適性検査から約1ヶ月で決まったのは奇跡に近い感覚でした。

最終面接に進んだ企業は数社あり、エージェントのマッチングとスピード感ある対応が功を奏したと感じています。

引用:みん評

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

パソナキャリア

詳しい口コミは「パソナキャリア 評判」を確認
おすすめポイント
  • 年収の高い求人を扱ってる
  • 質の高い転職支援サポートが無料
  • 約500名のコンサルタントが在籍

パソナキャリアは日本の大手、優良企業の求人を92%取り扱っている転職エージェントです。

パソナキャリアは約500名のコンサルタントが在籍しており、栄養士に関しても対応しているため、年収アップへの転職サポートをしてくれます。

また、取り扱っている求人の年収帯が600~1200万円とハイキャリアなものばかりなため、栄養士を活かして年収UPが期待できるでしょう。

パソナキャリアの基本情報
運営会社株式会社パソナ
栄養士公開求人数約17件
対応エリア全国
実績転職エージェント総合1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

ここは長期にわたり面倒見てくださいました。そういった意味では安心感を覚えます。

私の希望する業界が特殊なのか、少し案件は少ないようにも感じましたが、私が知っているこの会社のエージェント、2人を拝見させて頂く限りはフォローや親切な気がします。

引用:みん評

リクナビNEXT

出典:リクナビNEXT
おすすめポイント
  • 求人特集で自分が気になる求人が見られる
  • 転職成功ノウハウで転職の始め方がわかる
  • 転職サポートコンテンツが豊富

リクナビNEXTは転職サポートコンテンツが豊富な転職サイトです。

自分の強みがわかる「グッドポイント診断」や転職活動に役立つ情報収集ができるイベント・セミナーがあるので、効率よく転職活動ができます。

また、転職ノウハウも公開しているため、転職の始め方から内定・退職の準備までの流れを理解しておくと良いでしょう。

栄養士の仕事以外にも自分のペースで求人を探したい方におすすめの転職サイトです。

リクナビNEXTの基本情報
運営会社株式会社リクルート
栄養士公開求人数約863件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
詳細公式サイト
2024年3月時点
口コミ

リクナビ見てるけど栄養士いっぱいあった!

引用:X

栄養士の転職で迷ったらこの3社に登録!

栄養士のおすすめ転職サイトは多数あり、自分に合ったものを選ぶと転職活動がスムーズに進められます。

しかし、転職サイトが多すぎてどのサイトに登録すればいいのかわからないと思う人もいるでしょう。

ここでは、栄養士の転職で迷ったら登録しておくべき3社をご紹介します。

とりあえず、3社登録してみて、比較しなら転職発動を始めれば問題ありません。

栄養士人材バンク

出典:栄養士人材バンク
おすすめポイント
  • 栄養士限定の非公開求人が多数
  • 管理栄養士・栄養士コミュニティが運営
  • 求人紹介のミスマッチが起こりにくい

栄養士人材バンクは国内最大級の管理栄養士・栄養士コミュニティ「エイチエ」が運営している転職サイトです。

管理栄養士・栄養士の求人に特化しており、非公開求人を多数取り扱っています。

求職紹介も転職担当者が求人者・企業両方に聞き取り調査するため、ミスマッチが起きづらいのが特徴です。

口コミ評価も高いため、迷ったら登録してみてください。

レバウェル栄養士

出典:レバウェル栄養士
おすすめポイント
  • 条件交渉をサポート
  • LINEで気軽に相談できる
  • 転職サポート利用費はすべて無料

レバウェル栄養士はレバレジーズメディカルケア株式会社が運営してる栄養士に特化した転職サイトです。

働きながらだと転職活動の時間がない人も、LINEで気軽に相談できます。

また、年収や労働条件がより良くなるよう、エージェントが代わりに条件交渉してくれます。

転職活動で年収をアップしたい栄養士はチェックしておきましょう。

マイナビコメディカル

出典:マイナビコメディカル
おすすめポイント
  • 大手転職サイト「マイナビ」が運営
  • 専用アプリがあり求人確認が簡単
  • 面接対策・書類添削サービスあり

マイナビコメディカルは、大手転職サイトのマイナビが運営している医療業界特化型の転職サイトです。

マイナビコメディカル専用のアプリで、届いている求人確認が簡単にできます。

また、登録した自分の希望や経験に合った担当エージェントがいるため、安心して転職活動ができるでしょう。

特に、医療業界で転職先を検討している場合は登録しておくのがおすすめです。

絶対に失敗しない栄養士転職サイト選び方6つ

転職は何度もできますが、できるならより良い条件で転職したい人が多いでしょう。

転職を成功させるには転職サイト選びは大切です。

ここでは、失敗しないための栄養士転職サイトの選び方を6つをご紹介します。

栄養士に特化しているか

栄養士が転職サイト選びで大切な要素は、栄養士に特化しているかどうかです。

栄養士に特化してるエージェントは、栄養士業界の転職活動を熟知しているので、栄養士の転職者が求めている転職サポートが期待できます。

栄養士の転職サポート例

例えば、職場によって栄養士の仕事内容に違いがあるか相談したいときに、栄養士をよく知っている担当者だと自分が求めている回答をもらえるでしょう。

さらに、栄養士特化転職サイトでは、栄養士に役立つイベントやセミナーを開催しているので、効率よく転職活動が可能です。

栄養士の求人数が多いかどうか

栄養士の求人数を多く取り扱っている転職サイトだと、転職で失敗しにくいでしょう。

なぜなら、求人数が多いほど、選択の幅が広がり、自分の合う条件の求人が選択可能だからです。

そのため、条件を絞っていく際に、求人数が多い方が自分に合った転職先が見つかりやすい傾向があります。

見かけの求人数に注意

転職サイトによっては、募集が終了している求人も掲載されていることがあるため注意してください。

支援実績が豊富かどうか

長年の運営実績や多くの転職実績がある転職サイトを選ぶのは、転職サイト選びに失敗しないために重要です。

なぜなら、実績が豊富な転職サイトは積み上げられた転職ノウハウをもっています。

もし、転職活動で悩みができても、支援実績が豊富であれば、無事解決に導いてくれるでしょう。

口コミ情報が良いかどうか

転職サイトを選ぶ際には、良い口コミ情報があるかで判断しましょう。

実績がある転職サイトでも、実は良くないという場合もあります。

口コミを探すのにおすすめの場所

転職サイトの評判を確認するには、みんなの評判ランキングのような口コミをまとめサイトやXのつぶやきを見るのが大事です。

良い口コミ情報が多いほど、信頼できる転職サイトだとわかります。

検索項目が豊富で絞り込めるか

転職サイトでは、サイトごとに検索項目が異なるため、自分に合った絞り込みができるかチェックしておきましょう。

検索項目の例

例えば、ある転職サイトでは雇用形態の項目が正社員・パートのみだったり、こだわり条件の項目で「ブランクOK」がなかったりする場合があります。

もし、検索項目が少ないと、自分の希望にあう求人が探しにくくなるかもしれません。

転職に成功するために、検索項目が多いかどうかは大切です。

自分が希望するエリアに強いか

自分が希望するエリアに求人が多い転職サイトを選ぶのは、サイト選びに失敗しないための重要な要素です。

転職サイトでは、サイトごとに扱っているエリアの求人数が違います。

取り扱いエリアの注意点

全国に求人を取り扱っているサイトは多くありますが、特定の地域に特化しているサイトに比べると、希望する地域の求人は少なるので注意が必要です。

東京や一都3県に強い転職サイトが多いので、転職サイトごとに自分の希望するエリアの求人数を確認しましょう。

転職サイトの良い担当者を見分ける4つのポイント

効率よく転職活動するには、良い担当者に出会うのが大事です。

担当者の中には、レスポンスが遅い人やただ転職しましょうと押し付けてくる人など、質の低い担当者もいます

もし、担当者の質が悪いと、逆に転職活動の妨げになってしまうかもしれません。

ここでは、求人者に対して親身にサポートしてくれる「良い担当者」を見分けるポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

レスポンスが早く丁寧

良い担当者か見分けるポイントとして、メールの返信のレスポンスが早く丁寧か確認しましょう。

目安としては、ビジネスマナーとして、メールの返信は24時間以内にするのが基本です。

返信がこない場合

もし、1日以上返信がない担当者の場合は、再度連絡を入れ、それでも反応がなければ良い担当者とはいえないので、変えてもらいましょう。

良い担当者の場合は、返信が早いうえ、返信内容も具体的なので、信頼できます。

求人の幅が広い

対応している求人の幅が広い担当者も、良いポイントです。

サポート実績が豊富な担当者は自然に様々な企業とも関わりがあるので、多くの企業情報を抱えています。

そのため、求人者の条件にあう求人を早く見つけ、提案する求人数も多くなるでしょう。

現在の自分の市場価値を教えてくれる

現状の自分の市場価値を教えてくれる担当者は良い担当者です。

質の低い担当者に当たると、求人者の市場価値をまったく教えず、ミスマッチが起こったまま転職活動を進めます。

結果、求職者にあわない企業に転職してしまうかもしれません。

自分の適正な市場価値がわかると、自分が希望している企業が求められている人材かどうかが判断可能です。

担当に市場価値を聞いてみよう

良い担当者か見分けるためには、自分の市場価値について質問して、評価が高すぎたり低すぎたりしないか確認しましょう。

複数転職サイトに登録して市場価値を比べてみて、中央の市場価値を出してくれている担当を選ぶのも良いでしょう。

転職しない選択肢も考えてくれる

転職しない選択肢を考えてくれる担当者なのも、見分けるポイントです。

転職活動をしていると、転職せずに現在の職場でキャリアを重ねた方が良い場合が出てきます。

そんな時に良い担当者だと、自分の利益を気にせず、転職しない選択肢もあるのではと教えてくれます。

そのため、転職しない選択肢も担当者に尋ねてみると、良い担当者かどうか判断しやすいでしょう。

栄養士の転職活動で内定をもらうための7つのコツ

栄養士の転職活動で内定をもらうためには、転職サイトを賢く利用するのが必要です。

ただ転職サイトに登録するよりも、コツを把握していると内定をもらう確率を上げられます。

ここでは、栄養士の転職活動で内定をもらうためのコツを確認しておきましょう。

転職サイトは複数登録する

内定をもらうコツとして、転職サイトは2〜3社登録しましょう。

なぜなら、転職サイト・エージェントごとで取り扱っている求人数や種類が異なり、非公開求人を網羅できるからです。

もし、1つの転職サイトだけを利用してると、自分の選べる求人の幅が狭くなってしまうかもしれません。

複数登録すると担当者の比較ができる

求人の幅だけでなく、サイトごとに担当者は変わるので、自分に合う担当者かどうか比較が可能です。

様々な転職サイトの担当者を比較し、より良い担当者を厳選すれば効率的に転職活動ができます

自分が必要としているサポートがあるサイトを選ぶ

内定をもらいやすくなるコツとして、自分が必要なサポートがあるサイトを選びましょう。

おすすめはエージェント機能がある転職サイトです。

エージェント機能でできることの一例
  • キャリアプランを一緒に考えてくれる
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書などの添削やアドバイス
  • 推薦文を添えた応募
  • 面接の日程調整
  • 企業分析を踏まえた面接の練習をしてくれる
  • 条件や年収の交渉
  • 退職時のアドバイス
  • 入職後のサポートがある

エージェント機能があるサイトならば、自分一人で転職活動を進めるよりも、手間や時間を大きく削減可能です。

特に、転職活動が初めてで色々なサポートを受けたい場合は、エージェント機能のある、転職サイトを利用しましょう。

担当者になるべく詳細に希望を伝える

担当者が付いたら、必ず希望を詳細に伝えましょう。

なぜなら、細かく希望を伝えた方が自分の条件にマッチした求人が見つかりやすくなるからです。

担当者に伝えておいた方が良い条件の一例
  • 年収
  • 勤務地
  • 雇用形態、時短勤務の有無
  • 希望する職場の風土
  • 教育体制が整っているか 

伝えた条件をもとに求人を探すので、1つでも伝え忘れた条件があると、合致した求人を見つけられません。

しかし、すべて当てはまる求人がない可能性もあるため、希望の優先順位をつけておくと良いです。

転職時期はなるべく早く伝える

すぐに転職したいと思っている人は、担当者に転職時期を早く伝えると手厚いサポートが受けやすい傾向があります。

なぜなら、転職サイトに掲載してされている求人は、即戦力を希望している可能性が高く、早く転職したい人は企業の利益になりやすいからです。

転職意欲をアピールするためには

転職意欲が高い姿勢を見せるためには「良い求人があればすぐにでも働きたい」と伝えておくと良いでしょう。

スカウト機能を利用する

スカウト機能を利用すると、転職活動が楽になります。

スカウト機能とは、メールアドレスを登録すると、自分に興味がある企業からスカウトメールが来る機能です。

求人を探す手間が軽減されるのに加えて、企業は自分にすでに興味を持ってくれているため、内定が取りやすい傾向があります。

そのため、スカウト機能があるサイトは積極的に利用しましょう。

定期的に連絡を取る

担当者に転職意欲が高いことを伝えるために、2週間に1回以上は定期的に連絡を取りましょう。

連絡を取らないと優先順位を下げられる危険性あり

転職サイトにおいて、担当者はマンツーマンで対応してるわけでなく、1人ごとに複数人担当してます。

定期的に連絡しないと、転職意欲が低いと思われ、優先順位が下がってしまうかもしれません。

しっかりとサポートを受け、質の高い求人を探してくれるためには、定期的に連絡して転職への熱意を伝えましょう。

推薦文を確認する

担当者が送る推薦文を自分で確認するのも、内定をもらうコツの1つです。

転職サイトによって、希望する求人に応募する際、応募書類に加えて担当者が推薦文を送ります

推薦文の内容

推薦文には、履歴書だけでは伝えきれない自分のアピールポイントが書いてあるため、履歴書を書く際の参考になるでしょう。

例えば、「とても柔らかく話しやすい印象がある方」「熱意をもってやりたいことを話してくれる方」などです。

また、履歴書と推薦文の方向性が同じだと、企業に自分の良さがしっかり伝わり内定につながりやすいでしょう。

さらに、推薦文の内容は他の求人に応募する際にもアピールポイントとして利用できるため、確認するのがおすすめです。

栄養士が転職サイトを利用する際の注意点4つ

転職サイトは登録し利用する際にはいくつか注意点があります。

例えば、自分にマッチする求人を探せなかったり、入職後に企業とトラブルになる可能性があったりします。

ここでは転職サイトを利用する際の注意点についてまとめているので、確認してトラブルを未然に防ぎましょう。

スキルや経歴に絶対に嘘はつかない

転職サイト・エージェントに登録する際は、スキルや経歴は絶対に嘘をつかないのが大事です。

人によっては、自分のスキルや経歴に自信がなく、持っていない資格やスキルを伝えてしまうかもしれません。

しかし、登録した情報をもとに求人を探すため、情報が異なるとミスマッチが起きてしまう可能性があります。

嘘をついてもバレた時が大変

嘘が分かった場合、担当者は問題ある人物だと判断して、企業への紹介をしてくれなくなるでしょう。

また、入職後に経歴に嘘が分かった場合、内定を取り消されることもあります。

今の自分にマッチした求人を見つけるためにも、スキルや経験は嘘をつかないでください

複数のエージェントから同じ求人に応募しない

基本的に転職エージェントは複数利用するのが大事です。

しかし、成功確率を上げるためといっても、複数のエージェントから同じ求人に応募するのはやめましょう

なぜなら、エージェント同士や求人企業が混乱してしまい、トラブルのもとになるからです。

複数申し込みによるトラブルが発生した場合

トラブルが起きると、エージェントや求人企業から不信感を抱かれてしまい、面接や内定が取り消しになるかもしれません。

そのため、希望する求人に応募するときは、他の転職サイトやエージェント重複していないか注意しましょう。

担当との相性が悪い場合は変更してもらう

転職に失敗しないためには、転職サイトの担当者との相性が悪い場合はすぐに変えてもらいましょう。

担当者は転職での重要な相棒です。

相性が悪い場合、探してくる求人が希望と違ったり、的外れなアドバイスをもらったりして上手く転職活動ができません。

もし、担当者の変更を直接伝えるのが厳しい人は、転職サイトに担当者変更のメールを送るのがおすすめです。

紹介された求人は口コミサイトで確認する

担当者に紹介された求人は必ず口コミサイトで確認しましょう。

掲載されている求人情報が良かったとしても、実際に働いてみたら印象が違うケースもあります。

おすすめはOpenworkとライトハウスです。

クチコミサイト名特徴詳細
openwork
openwork
登録条件があり信頼できる口コミが確認できる公式サイト
ライトハウス
ライトハウス
独自の方法で口コミから企業を分析公式サイト
おすすめ企業口コミサイト

転職サイトの登録から入職までの流れをわかりやすくご紹介

いざ、転職活動しようと思っても、どれから始めればいいのかわからないと思う人もいます。

ここでは、転職サイトの登録から入職までの流れを紹介します。

登録から入職までの流れを理解して、迷いなく転職活動を始めましょう。

登録|転職サイトのHPから簡単にできる

まずは、転職サイト・エージェントに登録をしましょう。

登録方法はサイトに入って、氏名や連絡先、希望給与・保有資格・転職時期などを入力するだけです。

登録が終わると、数日後に転職サイトから連絡が来て、面談の日程調整をします。

面談は1〜2時間ほどかかる可能性があるので、時間に余裕のある日を指定しましょう。

面談|担当者とキャリアの相談をする

担当者との面談は、基本的にオフィスへの訪問になります。

最近では、zoomなどを使ってのオンライン面談ができるサイトも増えていますので、自分の可能な面談方法を選びましょう。

面談ではどんなことを聞かれる?

面談では、求職者のスキルや今後目指したいキャリアプラン、転職時期など多くのことを聞かれます。

自分が希望する労働条件や将来のビジョンなどの内容をまとめておくのがおすすめです。

面談で聞いたスキルやキャリアをもとに求人を紹介してくれるため、必ず正確に伝えましょう。

求人紹介|自分に合った求人を紹介してもらう

面談が終わると、担当者が自分に合った求人を紹介してくれます。

担当者からは何件もの求人が来るかもしれませんが、興味がある求人は1つ1つ丁寧に求人内容を確認してください。

求人内容以外でも不明点がある場合、担当者に相談すると、求人にない企業の雰囲気や離職率などの情報も提供してくれます。

紹介される求人が多すぎる場合

求人が見切れないほど届いてしまう場合は、希望する条件を増やして、数を絞るのがおすすめです。

応募|履歴書添削も可能

紹介された求人の中で、受けたい企業が応募をします。

履歴書・職務経歴書を作成する際は、担当者から書類添削を受けられるので、受ける企業に合わせて内容を調整しましょう。

実績豊富な担当者なら、より書類審査が通りやすいポイントを理解しているため、積極的に利用してください。

面接|あらかじめ対策も可能

受けたい企業に応募して、書類選考に通ったら、次は面接です。

面接に不安がある場合は、担当者に対策をしてもらいましょう。

担当者は、面接をする際のノウハウを熟知しているので、面接日までに十分な対策を立てられます。

不安な人は面接同行サポートを利用しよう

また、転職サイトによっては、面接同行サポートがあり、面接会場に担当者も一緒に来るため、安心して面接を受けられます。

内定|条件交渉も任せられる

面接までクリアすると、ようやく内定をもらえます。

内定後は契約内容の最終調整や入社日の日程調整をしましょう。

希望給与や雇用形態の条件交渉も任せられるので、交渉に不安がある人は担当者にお願いしましょう

内定をもらった後でも断れる?

内定後でも、条件がどうしても合わなければ辞退することも可能です。

入職|入職後のサポートあり

条件交渉が終わりましたら、退職・入職手続きが必要です。

担当者に相談すると、退職時の注意点などのアドバイスがもらえます。

転職サイトによっては、入職後のアフターサポートがありますので、安心して転職先でも勤務可能です

栄養士が転職を利用して年収を上げるために必要な4つの知識

栄養士が転職を利用して年収を上げるには、働く場所を変えたり、管理栄養士の資格を取ったり、様々な方法があります。

ここでは、栄養士が転職を利用して年収をあげるために必要な知識を4つご紹介します。

栄養士の平均年収は約379万円

厚生労働省が2022年に実施した調査によると、栄養士の平均年収は約379万円です。

同調査において、全職種・年代の平均年収は約496万円であることから、栄養士の年収は全国平均よりも低いことがわかります。

また、年齢階層別にみた栄養士の平均年収は以下のとおりです。

出典:令和4年賃金構造基本統計調査|e-Stat政府統計の総合窓口よりグラフを作成 
※企業規模計(10人以上)の「きまって支給する現金給与額」×12と「年間賞与その他特別給与額」を合計して算出

一方、令和5年の厚生労働省の調査によると、医療業界や飲食業界は栄養士の労働者が不足しているので、希望給与を上げる交渉がしやすいです。

出典:jobtag 産業景況データ 労働者過不足判断 医療・福祉業界

医療・福祉業界の労働者過不足のデータを見ると、パートタイムで高い傾向ですが、正社員不足が高い数値を出しています。

このことから、栄養士は労働者不足になっている可能性があるため、希望の求人で内定をもらったら、担当者に依頼して交渉して年収を上げてもらうと良いでしょう。

働く場所を変える

総務省統計局の令和2年国勢調査によると、栄養士・管理栄養士の従業員数は1990年時点では約65,000人で、2020年には121,000人となっており、年々増加傾向です。

また、全国栄養士養成施設協会によると、栄養士・管理栄養士養成施設の卒業生のうち、関連した仕事に就職した方の割合は66.9%と高くなっています。

出典:卒業生の就職率と就職先(2022年度の卒業生の割合)|全国栄養士養成施設協会

さらに、栄養士・管理栄養士のためのコミュニティ「エイチエ」が実施したアンケート調査によると、栄養士に多い退職理由は以下のとおりでした。

出典:前職の退職理由は?|管理栄養士・栄養士1,400人に聞いた!職場の満足ポイントと退職の決定打|エイチエ

栄養士で一番の理由は「人間関係への不満」その次に、「給与などの待遇が悪い」です。

しかし、職場環境が変われば、働きやすくなる可能性もあります。

今の職場の業界しかわからない人は、業界ごとの簡単な仕事内容や平均月給を紹介しますので、参考にしてください。

病院・クリニック

病院・クリニックでの仕事内容は主に、厨房業務・献立作成、食材発注などになります。

平均月給は15〜30万円です。

基本月給に加え、手当として、経験手当や住宅手当が支給される場合があります。

高齢者施設

高齢者施設で働く栄養士の仕事内容は主に、食事提供になります。

具体的には、献立作成から食材発注・調理を担当し、高齢者の状態に合わせて形態を調整した食事を提供します。

平均月給は15〜26万円で、基本給のほか、特定の資格を持っていると資格手当が支給されます。

保育園

保育園での栄養士の仕事内容は主に、給食関連や食育関連です。

子供たちに栄養バランスのいい食事を作成・提供したり、食育関連の紙芝居や絵本を読み聞かせます。

平均月給は15〜22万円で、経験や年齢によって給与は変化します。

学校

学校では、学校栄養職員と栄養教諭の2種類があります。

学校栄養職員は栄養士の資格があれば勤務可能です。

栄養教諭は栄養士に加え、栄養教諭普通免許状取得と教員採用試験に合格しないといけません。

平均月給は15〜25万円で、手当として、職務手当や早番手当があります。

行政機関

行政機関では、行政栄養士という仕事があります。

仕事内容は都道府県や市町村などの地方自治体に公務員として勤務して、住民の健康教育や栄養相談、食環境改善を促します。

平均月給は19〜30万円です。

一般企業

一般企業では食品メーカーなどで働けます。

食品メーカーの場合、主な仕事内容は商品開発やメニューの考案、原材料の手配などがあります。

平均月給は16〜25万円で、食への探求心が高い人におすすめな職場です。

管理栄養士の資格を取る

栄養士をしている人で、さらに年収アップを考えている場合、管理栄養士の資格を取るのがおすすめです。

栄養士は栄養士養成施設を卒業すると免許をとれます。

一方、管理栄養士は管理栄養士養成施設の卒業と管理栄養士国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許が必要です。

栄養士に比べると資格難易度は上がりますが、キャリアアップを目指している人は管理栄養士も検討しましょう。

管理栄養士と栄養士の仕事の違い

管理栄養士と栄養士は大まかな仕事内容は共通です。

どちらも医療現場、学校給食の現場などで個人または集団へ、食や栄養についての指導と食事の管理をします。

共通の仕事内容ですが、違うのは指導・管理する対象です。

管理栄養士と栄養士の一番大きな違いは栄養管理の対象

栄養士は健康な人への指導や管理をしますが、管理栄養士は健康な人以外にも、傷病者や障害・病気で食事がうまくできない人へ栄養管理をします。

管理栄養士となった場合、管理する対象に合わせた専門知識が必要です。

管理栄養士と栄養士の給料の違い

管理栄養士と栄養士は資格の取得難易度が管理栄養士の方が高いので、もらえる給料も栄養士より高い傾向です。

資格平均年収
管理栄養士350~390万円
栄養士368万円
出典:マイナビコメディカル

企業によっては勤続年数で年収は変わるため、栄養士を続けるのも良いでしょう。

しかし、年収を上げたい人は年収の上限が高い管理栄養士も検討してみましょう。

異業種への転職も考える

栄養士している人で、働くところといえば病院や学校などの栄養管理・指導になります。

しかし、栄養士は平均年収よりももらえる給料が低い傾向です。

栄養士を活かせる仕事はいろいろある

年収を上げるためには、栄養士の知識を活かして、別の業種にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

ここでは、異業種でも栄養士が活躍できる職種を紹介します。

転職する際に、栄養管理・指導以外の仕事をしてみたい人は参考にしてみてください。

営業

栄養士は営業職でも活躍できます。

活躍できる企業は食品メーカーなどです。

スーパーや小売店に対して、魅力的な食品や調味料の提案・営業を行います。

栄養の専門知識で商品のより細かい説明が可能となるため、取引先に対してうまく営業できるでしょう。

事務職

事務職は、書類の管理やデータ入力作業が主になります。

栄養士の仕事で人に気を配るスキルやコツコツ作業をすることに慣れている方にはおすすめな職種です。

IT業界

IT業界では、常に人材不足があるため、未経験でも仕事がしやすい業界です。

加えて、栄養士としての知識があると、業務に役立つ可能性があります。

例えば、AIの健康アドバイスアプリを開発している企業などです。

また、IT業界は平均年収が高い傾向にあるため、今後年収を伸ばしたい方にも向いています。

商品開発・企画

栄養士の知識は商品開発・企画にも大いに役立ちます。

特に加工食品や健康食品を開発する際に、栄養士が携わっていると商品に説得力が増すでしょう。

栄養士の経験を生かして、商品開発・企画をしたい人は挑戦してみてください。

ライター

ライター、特にWebライター業では、栄養士の経験があるのは大きなアドバンテージです。

医療系や健康系記事を書く際には専門的な知識があると喜ばれます。

ライターになりたい人は、栄養士の知識を生かして、栄養士特化型ライターを目指しましょう。

栄養士に加えて業務に役立つ資格11選

転職する際には栄養士だけでも十分です。

しかし、栄養士以外に業務に役立つ資格を持っていると、転職の際に有利なうえ、求人によっては資格手当などが支給され、年収アップが図れます。

また、栄養士としての幅を広くして様々な職場を見つけることもできるでしょう。

紹介する資格の中で興味がある人は検討してください。

アスリートフードマイスター

アスリートフードマイスターはアスリートのパフォーマンスを最大化するために、状況に応じて最適なフードプランを提供する資格です。

民間の資格ですが、取得していると仕事の幅を増やせます。

食物アレルギー管理栄養士

食物アレルギー管理栄養士は管理栄養士の資格と食物アレルギー基礎研修を修了したら取得可能な資格です。

主に給食センターや保育園、学校などで、取得した資格を活かせます。

産業栄養指導者

産業栄養指導者は栄養士の資格と産業栄養指導会の会員となると資格取得が可能です。

働く人の栄養管理・指導するので、会社の社員食堂の食事提供や栄養指導セミナーをする際に活躍できます。

特定保健指導担当管理栄養士

特定保健指導担当管理栄養士は管理栄養士の資格が必要です。

加えて、日本栄養士会生涯教育制度に参加、日本栄養士が実施している「保健指導担当者研修会」を修了していると取得できます。

仕事内容は生活習慣病の予防など、特定保健指導対象者への栄養管理・指導です。

在宅訪問管理栄養士

在宅訪問管理栄養士は、病院や学校などの施設で働く管理栄養士とは異なり、家で療養している人を対象に訪問し、栄養指導・管理できる資格です。

資格を持っていると、介護保険適用の介護老人保健施設などで活躍できます。

食品衛生責任者

食品衛生責任者は栄養士の資格を持っていると、すぐに取得できる資格です。

食品衛生責任者を持っていると、食品業界での需要が高いので、企業の求人へ応募する際に有利になります。

病態栄養専門士

病態栄養専門士は、栄養士のスキルアップに役立つ資格の1つです。

消化器疾患や腎臓病、生活習慣病に対して、専門的な栄養管理ができる資格になります。

資格を持っていると、医療機関への転職に有利です。

糖尿病療養指導士

糖尿病療養指導士も栄養士のスキルアップに大事な資格です。

資格を持っていると、糖尿病療養の指導・支援者として、信頼を得られますので、病院やクリニックへの転職に有利になります。

フードコーディネーター

フードコーディネーターは基本から応用まで、食の知識を得て、食生活を提案できる資格です。

栄養士に近い資格ですが、同時に持っていると食品業界への転職が有利です。

食品保健指導士

食品保健指導士は消費者がサプリメントなどの健康食品について正しい知識をもち、適切に使用できるようにアドバイスできる資格です。

健康食品の専門家なので、資格を持っていると健康食品業界で一目おかれます。

NSTコーディネーター

NSTコーディネーターは管理栄養士や薬剤師などに対して、育成できる認定を得られる資格です。

資格を取得していると、医療業界で転職に有利になるうえ、資格による年収アップが期待できます。

栄養士の転職に関するよくある質問

栄養士の年収はいくらですか?
栄養士の平均年収はやく379万円です。
年代別で見ると、20代前半の平均年収は約292万円、50代後半の平均年収は約484万円です。
年齢を重ねるごとに年収は上がっていきます。
栄養士はどんな仕事に就けますか?
栄養士は主に病院・クリニックや学校などで働きます。
病院・クリニックでは入院患者の健康維持・快復をサポートする食事を提供するのが主な仕事です。
食事提供以外にも病棟での栄養指導もします。
また、学校では給食の献立作成や厨房業務が主な仕事です。
栄養士の給料が高い職場はどこですか?
栄養士の給料が高い職場としては食品メーカーや給食センター、病院などが挙げられます。
なかでも病院だと、栄養士がもらえる給料が特に高い傾向です。
もらえる給料は高い分、仕事内容も厳しいので、転職する際には、しっかりと仕事内容を確認しましょう。
どんな人が栄養士に向いているか?
食に関する仕事なので、「食への興味が高い」「食べるのが好き」「自炊が好き、得意」に該当する人が向いています。
食への興味だけでなく、人に対しての栄養指導・管理をするため、仕事に高い責任感を持てる人が栄養士に向いてる人です。
未経験でも栄養士の仕事はありますか?
登録している転職サイトによって、取り扱っている求人の業界は違いますが、未経験可の求人は多いです。
栄養士の人材はどの業界でも人材不足であるため未経験でも応募できる求人があります。
職場によっては研修サポートがあるため、未経験でも問題なく仕事が可能です。。

栄養士の転職活動は転職サイトを利用して円滑に進めよう

ここまで、栄養士におすすめな転職サイトや栄養士の業務に役立つ資格などを紹介しました。

転職は1人で始めるには大変です。

転職サイト・エージェントをうまく活用すると、不安なく応募や面接ができます

さらに、良い担当者に出会うと、働いている会社よりも年収や待遇がいい求人を探してくれます。

この記事をざっくりいうと

栄養士で年収を上げたいと思ったらリクルートエージェントがおすすめです。

  • 業界大手36万件以上の求人数、栄養士も1,700件以上検索可能
  • 転職支援実績NO.1で転職者の60%が年収UP
  • 幅広い業界と職種に対応

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

転職サイトを利用して、人生のステップアップに役立ててください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA