【教員に教えたい】おすすめの転職サイト11選!未経験から挑戦しやすい業界を紹介

教員からの転職におすすめの転職サイトってどこだろう…

教員からの転職を成功させる方法やポイントは?

教員からの転職におすすめの業界ってあるのかな…

「退職教員の退職理由と在職時に受けたソーシャル・サポートの関係」によると、定年退職以外で離職する公立学校教員が小学校、高等学校で増加、中学校で高止まり傾向にあると言われています

また、「転職のため」という退職理由が最も多く、長時間労働や業務過多が課題視されている教員において、転職は一般的になってきました。

本記事では、このような悩みを持っている教員の人ために、おすすめの転職サイト11選と未経験から挑戦しやすい業界を紹介します。

この記事をざっくり言うと

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

教員からの転職を成功させるために、自分にとって最適な転職サイトを知って、転職のポイントも理解できるよう徹底解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

目次 開く

  1. 教員におすすめの転職サイト5選
  2. 【簡単4STEP】転職サイトを使う流れ
  3. 失敗しない転職サイトの4つの選び方
  4. 教員が転職サイトを利用する6つのメリット
  5. 教員が転職サイトを利用する4つのデメリット
  6. 教員からの転職に活かせる4つの経験やスキル
  7. 未経験でも教員の経験が活かしやすい転職先6選
  8. 教員から転職を成功させるための10のポイント
  9. 教員の転職におすすめの転職エージェント6選
  10. 【5STEP】転職エージェントを利用する流れ
  11. 教員からの転職に関するよくある質問
  12. 教員におすすめの転職サイトはリクルートエージェント
目次へ

教員におすすめの転職サイト5選

教員からの転職におすすめの転職サイトを厳選して5社に絞って、それぞれの転職サイトを比較しました。

転職サイト名教員におすすめの理由求人数公式サイト
rikunabilogo
リクナビNEXT
転職者の8割が利用する
業界大手
約130,000件リクナビNEXT
に無料登録する
dodalogo
doda
全国の求人を保有約241,549件doda
に無料登録する
mynabilogo
マイナビ転職
転職フェアなど
イベントも開催
約22,051件マイナビ転職
に無料登録する
kyoinjinzai
教員人材センター
私学教員の求人情報多数約80件教員人材センター
に無料登録する
kyoinsaiyoulogo
教育採用.jp
私学の合同説明会なども主催約1,025件教育採用.jp
に無料登録する
2024年4月時点

教員からの転職の場合、「一般的に広く使われる転職サイト」と「教員に特化した転職サイト」それぞれどちらをどのように利用しようかと迷ったことがある人もいるでしょう。

そこでこの記事では、各転職サイトの特徴やおすすめポイントなどをまとめて紹介します。

リクナビNEXT|転職者の8割が利用

rikunabi

引用:リクナビNEXT

リクナビNEXTのおすすめポイント
  • 転職者の8割が利用している実績がある
  • 日本最大級の求人数を誇る
  • AIを駆使したおすすめ機能がある

リクナビNEXTは、株式会社リクルートが運営する転職者の8割が利用する圧倒的会員数を誇る転職サイトです。

会員数の多さだけでなく求人数も日本最大級を誇り、約130,000件以上の求人が掲載されています。

また、リクナビNEXTは最新技術であるAIを活用して、登録者の行動履歴を分析し、マッチング確率の高い登録者を優先してメール配信される機能も備わっています。

基本情報rikunabilogo
運営会社株式会社リクルート
求人数約130,000件
対応エリア全国
対応職種営業・販売
経営・事業企画・人事・事務
IT・Web・ゲームエンジニア
メディア・クリエイター
エンジニアリング・設計開発
製造・工場
マーケティング・広告・宣伝
飲食・フードサービス
旅行・レジャー・イベント
ビューティー・生活サービス
倉庫・物流管理
ドライバー・配送スタッフ
整備・修理
清掃・美化
警備・保安
建設・土木・施工
金融・財務・会計
法務・法律
研究
医療・看護師・薬剤師
介護・福祉
保育士・教員・講師
公務員・団体職員
農林漁業
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月現在
良い口コミ
  • ネームバリューがあるので、サイトを安心して利用することが出来た。実際に、リクナビNEXTで応募した企業で転職先が見つかった。
  • 働きたいと思った条件で、多くの企業と比較することができた。また、条件を満たす企業からオファーをいただき、そこから採用となったため、ありがたいと感じた。
  • スマホでサクサクと検索が出来、いつでも求人情報にアクセスできたこと。求人情報の件数も非常に多く、いろいろな業種を比較できたこと。
悪い口コミ
  • 職場の雰囲気や、様子がわからない求人が多かったので、写真や従業員の方のインタビュー等を掲載して欲しい。
  • アルバイトも派遣も正社員も、一緒に大量に表示されてしまい、検索したいものではない情報が溢れて来てしまう点。
  • 同じ会社が写真や文面だけを微妙に変え、いくつものページで掲載されており、信憑性に欠ける企業もある点。

引用:顧客満足度ランキング

リクナビNEXTは、教員が転職を考えた時にまず登録しておいて損がない転職サイトと言えます。

求人数も豊富に掲載されている上に対応職種も幅広いため、リクナビNEXTはまず初めに登録しておきましょう。

doda|全国の求人を保有

引用:doda

dodaのおすすめポイント
  • 全国の求人を保有
  • 年収査定ができる
  • イベント・セミナーが豊富

dodaは、パーソルキャリア株式会社が運営する全国の求人を保有している転職サイトです。

日本全国だけではなく、約788件もの海外の求人も掲載されており、日本ひいては海外まで求人を幅広く保有しています。

また、doda独自の年収査定というツールで、186万人もの転職者データから高精度に算出されたあなたの適正年収が3分で分かります。

さらに今後30年間の年収推移とあなたと類似した人の転職成功事例も分かるので、転職時にはぜひ活用しておきたいツールと言えるでしょう。

対応勤務形態正社員・派遣社員・パートなど
公開求人数非公開求人を含む20万件以上
対応エリア全国(全国各地に支店あり)
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
運営会社株式会社パーソルキャリア
良い口コミ
  • 掲載求人数が他サイトよりも多かったのと、職務経歴書のテンプレートや書き方のアドバイスなどもたくさんあったので、大変役に立ちました。
  • 検索条件が細かく設定でき、求人も多かったため、自分に合う求人を検索することができた。
  • 件数が多く、また更新頻度が高いため多くの企業の情報を見ることができる。
悪い口コミ
  • 条件で絞ったときに同じ企業の求人が職種別または拠点別に何種類も続けて出てくるページがあったので、興味の無い求人はすぐに非表示にできる機能があれば良いと思いました。
  • 正社員検索しても無期雇用派遣の求人が多く希望と合致しなかった。企業ごとにミュートできるとありがたい。
  • 閲覧ページの更新やページの切り替わりなどがものすごく遅くストレスに感じた。

引用:顧客満足度ランキング

dodaは転職サイト5社の中でも圧倒的に多い求人数を誇るため、沢山の求人や企業を発見することができると言えます。

また、求人数が多いため細かく様々な条件を設定して絞り込めば効率的に探すこともできるので、ぜひ試してみてくださいね。

マイナビ転職|転職フェアなどイベントも開催

mynabi

引用:マイナビ転職

マイナビ転職のおすすめポイント
  • 転職フェアなどイベントも開催
  • マイナビ転職のみ掲載求人が81%
  • 編集部による豊富な企画や特集

マイナビ転職は、株式会社マイナビが運営する転職フェアなどイベントも開催している転職サイトです。

転職フェアは、入退場自由・入場と参加無料の、採用担当者と直接会って話せる合同企業説明会です。

CMや電車の吊り広告などで目にした人も多いと思いますが、マイナビ転職は日本最大級の転職フェアなどのイベントを全国で開催しています。

基本情報mynabilogo
運営会社株式会社マイナビ
求人数約22,051件
対応エリア全国
対応職種営業
販売・フード・アミューズメント
医療・福祉
企画・経営
建築・土木
ITエンジニア
電気・電子・機械・半導体
医薬・食品・化学・素材
コンサルタント・金融・不動産専門職
クリエイティブ
技能工・設備・配送・農林水産 他
公共サービス
管理・事務
美容・ブライダル・ホテル・交通
保育・教育・通訳
WEB・インターネット・ゲーム
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月現在
良い口コミ
  • 希望の条件で絞って探せたので、無駄な求人を省くことが出来た。また、毎日のように求人メール?が来たのでこまめに見ようと思えたし探せた。
  • 条件を絞りやすい。WEB上で経歴書、職務経歴書を事前に作成、保存ができるので、気になる企業への応募をスムーズに行うことができた点。
  • 魅力的な求人が沢山掲載されていたので、役に立った。また、最終的に良い会社に転職する事が出来たので、良かった。
悪い口コミ
  • 良い面が誇張されリアルな部分が見えにくい。年間通して登録していると何度も同じ求人がでてくるため、離職率の高い企業を掲載しているのだとわかり、応募する時に注意しないと怖い。
  • 他のサイトもそうだが、直接応募ではない場合に、どのように書類選考を見極めているのか疑問。多種多様な職種を全て理解されてはいないのではないか。
  • 求人内容に掲載されていた情報と、その企業が実際に求めている人物が乖離しているものもあったため、改善してほしいと思った。

引用:顧客満足度ランキング

企業の採用担当者と直接会って話せる転職フェアは非常に貴重な機会ですよね。

その企業で働いている人も直接見ることができて会社の雰囲気なども感じることができるため、転職サイト上では知り得ないことも発見できるでしょう。

教員人材センター|私学教員の求人情報多数

jinzai

引用:教員人材センター

教員人材センターのおすすめポイント
  • 私学教員の求人情報多数
  • 勤務継続率95%のマッチング力
  • 日本全国の私立学校の3/4に及ぶ求人を保有

教員人材センターは、株式会社キャリアビスタが運営する私学教員の求人情報多数の転職サイトです。

私学教員の人材サービスに特化しており、全国の私立学校との強固なネットワークがあることが強みです。

また、教員人材センターには教員の転職をサポートしてくれる心強いエージェントがおり、全て無料で利用できます。

基本情報kyoinjinzailogo
運営会社株式会社キャリアビスタ
求人数約80件
対応エリア全国
対応職種教員(中学・高校)
対応教科国語、社会、美術、情報、数学、英語、
体育、技術、理科、音楽、家庭、養護
その他
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月現在
良い口コミ
  • キレイなオフィス お茶を出してくれた湯呑もセンスが良く、スタッフの対応も良かった
  • 国立の教育学部を出て教員を目指しましたが、地方公務員の狭き門に断念…教育とは無関係の職場に就職しました

教員人材センター様にお世話になっていたら、私学で新たな道が拓けたかも…

教員を目指す大学生たちは、是非利用して欲しい!!そして夢を叶えて欲しいです。(一部抜粋)

  • いろんなことが無料ってすごい(一部抜粋)
悪い口コミ
  • 教員人材センターなんて……希望区書いたって違うところ飛ばされるんだから意味ないよ…(一部抜粋)
  • 教員人材センターから連絡きて、受けたいと思ってる高校の話とかした。なんか10個くらい受けてるって言ったら驚かれた
  • 教員人材センターとかいうよく分からんけど今の自分にはイライラの元でしかない広告回ってくるの本当にやめて欲しい

引用:X

教員人材センターは、Amazonギフト券やiPadなどが当たるキャンペーンが開催されていることもあり、教員で転職したい人にはお得に転職できるかもしれません。

教員人材センターを利用する際は一緒に公式SNSなどもフォローしておくと良いでしょう。

教育採用.jp|私学の合同説明会なども主催

kyoinsaiyo

引用:教育採用.jp

教育採用.jpのおすすめポイント
  • 私学の合同説明会なども主催
  • 教員免許がなくても応募できる求人特集
  • 海外の教員求人も掲載

教育採用.jpは、株式会社ブレインアカデミーが運営する私学の合同説明会なども主催する転職サイトです。

また、オンラインでの説明会やサポートなども充実しており、各学校による説明会やセミナー、教育採用.jpによる就職サポートなどに参加ができます。

非公開私学求人や海外の教員求人も取り扱いがあるため、幅広く教員の転職情報が得られる転職サイトと言えるでしょう。

基本情報kyoinsaiyoulogo
運営会社株式会社ブレインアカデミー
求人数約1,025件
対応エリア全国
対応職種教員(幼稚園・小学校・中学・高校)
司書教諭
特別支援
職業指導
事務職員
部活指導員
ICT支援員
その他
対応教科国語、社会、地歴、公民、日本史、世界史、地理、
政治経済、倫理、現代社会、公共、物理、化学、生物、
地学、書道、保健、体育、美術、情報、数学、英語、
技術、理科、音楽、家庭、養護、栄養、工芸、介護、農業、
工業、産業、水産、福祉、宗教、商船、
職業、ドイツ語、フランス語、
その他言語、その他
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月現在
良い口コミ

教員志望の人ぜひhttp://kyoin-saiyo.jpに行ってみるといいよ‼そして本当に採用を目指すならここの担当の方に会ってみて‼必ずためになります‼

悪い口コミ

担当教科での登録なので、地方関係なく求人が来ます。 場所なんかどこでも良いという人もいるでしょうから、それは良いと思いますが、全国の求人を紹介している割には求人数が致命的に少ないです。(一部抜粋)

引用:XYahoo!知恵袋

教育採用.jpは対応職種や対応教科がかなり細かく分類されているため、自分の希望によって絞って求人を検索ができます。

また、それだけ網羅的に幅広い求人を取り扱っている転職サイトとも言えるでしょう。

直接学校側から話が聞ける説明会やセミナーも頻繁に開催されているので、教員の転職で検討している方は一度覗いてみてくださいね。

【簡単4STEP】転職サイトを使う流れ

おすすめの転職サイトは分かったけど、どのような手順で使っていけば良いのか気になる人もいるかもしれません。

一般的には、転職サイトを使う流れは下記の通り進めていきます。

リクナビNEXTを例に具体的に紹介しますね。

転職サイトに登録

トップページにある「会員登録ボタン」をクリックし、会員登録を完了させる

転職サイトに登録

引用:リクナビNEXT

求人検索・応募

トップページより勤務地や働き方などの希望条件を選択し、求人を検索。

 求人検索・応募

引用:リクナビNEXT

気になった企業があれば応募画面より応募ができます。

 求人検索・応募

引用:リクナビNEXT

選考・面接を受ける

応募画面から応募を終えたあとは、実際に選考や面接を受けます。

面接日程のやり取りは自分で企業側と調整が必要になるので注意しましょう。

内定

面接で良いアピールが出来れば晴れて内定です。

入社時期や年収などで交渉が必要な場合は、自分自身で企業側の担当者とやり取りしましょう。

失敗しない転職サイトの4つの選び方

転職サイトを活用して教員からの転職を成功させるために、失敗しない転職サイトの4つの選び方を紹介します。

この4つをしっかりと押さえた上で転職活動をして、失敗する確率を減らしていきましょう。

求人数が多い

求人数が多いかどうかというのは、失敗しない転職サイトの選び方として非常に重要です。

厚生労働省の「足下の雇用・失業情勢や働き方等の変化について」によると、有効求人数は減少傾向にあることが分かっています

そのため、求人数が多い転職サイトを利用した方が有利に転職活動が進むと言えるでしょう。

転職実績や口コミを確認する

失敗しない転職サイトの選び方として、転職実績や口コミは確認しておきたい点です。

いくら転職サイトのサービスが良さそうに見えても、実際の転職実績などの結果が伴っていないと利用価値があるとは言えません

また、口コミを確認することで利用者のリアルな声を知ることができ、転職サイトを冷静に判断できるでしょう。

転職実績や口コミの確認方法

教育業界に強い転職サイトを利用する

教育業界内で転職する場合は、教育業界に強い転職サイトを利用することが失敗しない転職サイトの選び方と言えます。

転職実績や良い口コミが豊富な転職サイトであっても、教育業界に強くない場合、登録したけど全然良いと思える求人がないということになります

教育業界内で転職したい人は、教育業界に強い転職サイトかどうかは必ず確認するようにしましょう。

ツールが充実している

失敗しない転職サイトの4つの選び方の4つ目は、ツールが充実しているかどうかです。

転職サイトにはそれぞれ独自のツールを持っていることが多く、応募・メッセージのやり取りなどに便利なツールや自己分析に役立つ診断系ツールなどがあります

転職サイトにあるツール例
  • スカウト・オファー機能
  • 自己分析などに繋がる診断
  • 書類の添削や面接対策などのサポート
  • セミナー・イベント・フェア

失敗しない転職のためにも、転職サイトのツールは有効活用しておきたいところです。

教員が転職サイトを利用する6つのメリット

教員が転職サイトを利用するメリットは何があるのか、気になるという人もいると思います。

そこで、教員が転職サイトを利用する6つのメリットをピックアップして詳しくご説明していきますね。

自分の適性に合わせて自由に検索できる

教員が転職サイトを利用するメリット1つ目は、自分の適性に合わせて自由に検索できることです。

転職サイトは誰にも見られずに自分で気軽に操作しながら検索したり情報収集することができるため、自分の適性に基づいて求人を探せます。

色々自由に検索していくうちに様々な発見やアイデアが思い浮かび、転職活動がさらに進めやすくなることもあるでしょう。

自分のペースで転職活動できる

教員が転職サイトを利用するメリット2つ目は、自分のペースで転職活動できることです。

転職サイトは時間や場所を問わず気軽に閲覧することができるため、忙しい教員生活の中でも隙間時間や合間を縫って自分のペースで転職活動ができます。

掲載料があるため採用に積極的

教員が転職サイトを利用するメリット3つ目は、掲載料があるため採用に積極的なことです。

転職サイトの仕組みとして、求人を募集する側の企業は転職サイトに掲載料を支払って転職サイトに掲載しています。

厚生労働省の「採用における人材サービスの利用に関するアンケート調査報告書」によると、掲載1件当たり5万円未満〜10万円程支払っている企業が89%あることが分かります。

そのため、支払った掲載料が無駄にならないように採用に積極的な企業が多いと言えるでしょう。

コンサルタントとの面談が不要

教員が転職サイトを利用するメリット4つ目は、コンサルタントとの面談が不要なことです。

転職サイトは誰もがいつでも簡単に覗けるという手軽さが魅力の転職サービスです。

そのため、他の転職サービスのようにコンサルタントやアドバイザーとの面談や電話などが必要ないため、使いやすいサービスと言えます。

採用担当者と直でやり取りできる

教員が転職サイトを利用するメリット5つ目は、採用担当者と直でやり取りできることです。

多くの転職サイトは、転職希望者が求人に応募すると転職サイト上で採用担当者と直でやり取りできるようになり、実際にその企業で働く人と関われることができます

採用担当者と直でやり取りできる例
  • 転職サイト上のメッセージボックス
  • メール
  • 電話
  • オンライン会議ツール

採用担当者と直でやり取りすることで、面接前にどのような人が働いているのか事前に確認ができることは大きなメリットと言えるでしょう。

企業からスカウトをもらえることも

教員が転職サイトを利用するメリット6つ目は、企業からスカウトをもらえることです。

転職サイトには、スカウト・オファー機能というものがあり、企業が良いと思った登録者に直接スカウトを送ることができます。

スカウトの中には必ず面接を実施してくれる面接確約オファーなどもあり、転職者が有利に選考を進められるというメリットがあります

教員が転職サイトを利用する4つのデメリット

続いては、教員が転職サイトを利用するメリットだけではなく、デメリットも併せて解説します。

デメリットもしっかりと確認した上で、後悔ない転職に繋げてくださいね。

激務過ぎてスケジュール調整が難しい

教員の人にとって、転職というのは日々の忙しい業務の合間で行うことになります。

「退職教員の退職理由と在職時に受けたソーシャル・サポートの関係」によると、2006年から日本の学校教員の多忙化が指摘されてきました。

そのため、多くの教員は激務過ぎてスケジュール調整が難しいと感じることがあるでしょう。

書類作成や面接対策を一人で行う必要がある

転職サイトは時間と場所を問わず手軽に利用できるというメリットがある反面、全てを一人で進めなければいけないというデメリットもあります。

そのため、書類作成や面接対策などはサポートを受けずに一人で行う必要が出てくることを覚えておきましょう。

転職サイトにおいて一人で行う必要がある例
  • 求人検索
  • 応募
  • 選考中の企業とのやり取り
  • 書類作成
  • 面接対策
  • 内定・不採用対応

転職活動の全てのプロセスにおいて自分一人で考えて、手続きややり取りも一人で進めるということになります。

非公開求人に出会えない

その他の転職サービスに転職エージェントがあり、転職サイト上には掲載していない非公開求人を紹介してくれることがあります。

そのため、転職サイトのみ利用している場合だと非公開求人は閲覧できないということが多いため、非公開求人に出会えないというデメリットが出てくるでしょう。

キャリアの不安を相談できない

転職サイトは基本的には全て一人で進める転職サービスです。

そのため、転職活動を進めている中で出てきた不安や心配事などを相談できる機会がないため、キャリアの不安を相談できないというデメリットがあります。

転職のプロからのアドバイスや話を聞いて欲しいと思っても相談できないことが多いため、ご注意ください。

教員からの転職に活かせる4つの経験やスキル

教員にとって転職というのは、一般的な仕事から転職する人とは環境や状況が違うため、色々と不安に感じることもあるかもしれません。

教員からの転職で活かせる経験やスキルは何があるのかといった疑問もあるかと思います。

ここでは、教員からの転職に活かせる4つの経験やスキルを解説します。

高いコミュニケーション能力

教員という仕事は高いコミュニケーション能力が求められる仕事だと言えます。

実際に、文部科学省の「教員養成・免許制度の改革について」の中で、教員に求められる資質能力としてコミュニケーション能力ということが挙げられています

成長期・思春期である生徒や保護者、同僚など関わる人の年代や性格も幅広い仕事なので、高いコミュニケーション能力はアピールできるスキルでしょう。

集団をまとめるマネジメントスキル

学校教育という現場では、複数人の生徒たちをまとめるということが必ず発生しますよね。

職場は必ず誰か人と関わりながら仕事を進めることがほとんどなので、教育業界で培った集団をまとめるマネジメントスキルは重宝されるスキルと言えます。

あらゆる校務分掌を行ったマルチタスクスキル

教員の仕事は、授業にまつわる業務、生徒管理、事務処理など多くのタスクを抱える仕事だと言えます。

日本教育心理学会の「教員対象の「一人 77 方式」研修プログラムの開発(1)」でも、教員は多くの課題をマルチタスク処理しているということが示されています。

そのため、教員の仕事を通してあらゆる校務分掌を行ったマルチタスクスキルはアピールできるスキルの一つだと言えるでしょう。

教員のマルチタスクの例
  • 授業全体の流れ
  • 部活動の指導
  • 生徒指導・家庭相談
  • 行事の企画・運営

公務員試験に受かった学習スキル

教員の人にとっては当たり前だと思う人も多いかもしれませんが、公務員試験に受かった学習スキルも強みになります。

公務員試験に受かるということは、ある程度努力できる人材と見てもらえることが多いです

人事院で記載されている通り、2023年度の公務員総合職試験の倍率は7.1倍、一般職は3.2倍と、学習の努力が求められる難しい試験だと言えます。

そのため、公務員試験に受かった学習スキルを持ち合わせていることが企業にとって魅力的なスキルの一つになるでしょう。

未経験でも教員の経験が活かしやすい転職先6選

PwCあらた有限責任監査法人の「調査報告書」によると、転職して教員として働くことに関心がない、どちらともいえないと回答した人が72%いることが分かっています

そのため、教員で転職されている人のなかには、下記のような思いがある人も多いでしょう。

・教員以外の仕事にチャレンジしてみたいな

・未経験でも教員からチャレンジできる仕事があれば知りたい

ここでは、未経験でも教員の経験が活かしやすい転職先6選を厳選して紹介します。

塾・スクール事業|科目の専門家として重宝

塾やスクール事業は教員におすすめの転職先です。

特に中学校や高校など、専門科目のある教員はスペシャリストとして重宝されるでしょう。

今のような塾やスクール事業を展開している職場であれば、教育経験をいかんなく発揮できます。

塾・スクール事業の例
  • 予備校
  • 個別指導塾
  • 専門学校
  • フリースクール
  • コミュニティスクール

実際に教壇に立ち、子どもたちに授業を教えてきた経験は教員ならではの武器にンなるでしょう。

人材紹介業|進路相談の手腕が活かせる

人材紹介業も進路相談の手腕が活かせるため、未経験でも教員の経験が活かしやすい転職先です。

これまでの教育現場の中で生徒の進路相談に乗ってきた経験が、そのまま人材紹介業のキャリア相談などに活かすことができます。

人材紹介業で求められる傾聴力や質問力を発揮し、進路相談の手腕を活かして活躍できるでしょう。

IT業界|学習スキルを活かせる

IT業界は学習スキルを活かせるため、未経験でも教員の経験が活かしやすい転職先です。

IT業界は日々様々な情報のアップデートがあり、学び続けることが重要な業界とも言えます。

そのため、教員で公務員試験のために勉強してきた学習スキルを活かせられれば、変化の激しいIT業界でスキルを活かして働くことができるでしょう。

福祉関連業|特別支援経験者は特におすすめ

福祉関連業は、特別支援経験者には特におすすめの転職先です。

特別支援学級などを担当した経験のある教員は、実際に自由に体を動かせない人や自分の思いを伝えられてない人の気持ちに寄り添うことができます。

言葉以外の目線や動きなどから相手の要望を察知することが得意な人も多いため、活躍できるでしょう。

また、福祉関連業は人手不足が深刻化していることもあり、求人を募集している企業も多く、業界未経験でも歓迎される企業も多くあります。

福祉関連業の例
  • 介護職
  • 児童指導員
  • 生活指導員

上記職種は、密に利用者さんや生徒と関わる仕事なため人に接することに慣れている教員の経験が活かされると言えます。

営業職|コミュニケーションスキルを活かせる

営業職はコミュニケーションスキルを活かせるため、未経験でも教員の経験が活かしやすい転職先です。

個人営業、法人営業問わず、営業職はお客さんやクライアントとのコミュニケーションが最も重要な仕事です。

そのため、教員の経験を通して磨かれたコミュニケーションスキルを活かして、活躍ができる仕事と言えるでしょう。

営業職の例
  • 販売員
  • 接客スタッフ
  • 受付スタッフ
  • コールセンタースタッフ
  • インサイドセールス
  • ウェディングプランナー
  • 保険営業
  • 法人営業
  • 不動産営業

相手に寄り添ったコミュニケーションスキルを発揮して、顧客と良好な関係も築きやすいです。

一般公務員|公務員経験を活かせる

一般公務員は公務員経験を活かせるため、未経験でも教員の経験が活かしやすい転職先です。

既に公務員試験に合格したことがあるという実績と公務員という働き方を経験していることから、親和性が高い転職先と言えます

公務員という働き方を変えたくないという人は、一般公務員に転職することもおすすめです。

教員から転職を成功させるための10のポイント

実際に転職活動をしていくとなると、どのようなことを意識して活動すれば良いのか、成功するためのポイントは何か気になることもあるでしょう。

教員から転職を成功させるためにも、特に知っておきたいポイントを10にまとめて詳しく解説します。

計画的に転職活動を始める

教員から転職を成功させるためのポイント1つ目は、計画的に転職活動を始めることです。

教員という仕事は他の仕事と違って、現場へのインパクトを考慮して転職の時期は慎重に考えなければならないと言えます。

そのため計画的に転職活動を始めることが重要で、3月退職を目指すために半年前くらいから動き出すことおすすめです

一般職の人から情報収集する

教員から転職を成功させるためのポイント2つ目は、一般職の人から情報収集することです。

教育業界の人だけに絞って情報収集をすると、どうしても普段の人間関係と変わらないことから得られる情報が偏ってしまうことがあります。

そのため、友人や知人などの一般職の人からも幅広く情報収集することがおすすめです。

おすすめの情報収集の例
  • 業界知識
  • 職種知識
  • 面接での成功体験・失敗体験
  • 面接でよく聞かれること
  • 準備した方が良いこと
  • こうしておけば良かったと後悔していること

実際に経験のある人から情報を得ることで、よりリアルに一般職の仕事内容を想像できます。

もう一度しっかりと自己分析をしておく

教員から転職を成功させるためのポイント3つ目は、もう一度しっかりと自己分析をしておくことです。

転職してから後悔しないようにするためにも、自分の好きなことや興味があること、得意・不得意なこと、強み・弱みなど、自己分析をもう一度しておきましょう。

そうすることで、自分とフィットする企業が選びやすくなり、入社後のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

おすすめの自己分析の例
  • 仕事におけるやりがいを感じること
  • 好きなことや興味があること
  • 得意・不得意なこと
  • 強み・弱み
  • 理想のワークライフバランス
  • 希望する生活スタイル

自己分析を入念にして、今度こそ納得したキャリアを歩みましょう。

転職で叶えたい条件を決めておく

教員から転職を成功させるためのポイント4つ目は、転職で叶えたい条件を決めておくことです。

上記自己分析を行なった上で、どうして転職したいのか、転職することで何を叶えたいのか、転職で叶えたい条件を決めておくことがおすすめです。

転職で叶えたい条件の例
  • 勤務時間
  • 休日・休暇
  • 報酬
  • 福利厚生
  • 勤務先
  • 人間関係
  • キャリアアップ

後悔しないためにも、自分がキャリアに求めるものは何かを明確にしておくことが大切です。

第二新卒や20代はポテンシャル採用を狙う

教員から転職を成功させるためのポイント5つ目は、第二新卒や20代はポテンシャル採用を狙うことです。

もしあなたが第二新卒や20代なのであれば、まだまだポテンシャル採用を狙うことができます。

厚生労働省の「転職入職者の状況」からも分かる通り、転職入職率は年齢が低くなるほど高い傾向にあります

そのため、転職したい業界や職種の経験・スキルがなかったとしても、企業側はポテンシャルを見越して採用してくれるというケースも多いです。

第二新卒や20代の人は、ぜひ積極的にチャレンジしてみてくださいね。

年収が下がることも受け入れる

教員から転職を成功させるためのポイント6つ目は、年収が下がることも受け入れることです。

一般的に他の職種に比べると教員の年収は高めということが多いため、転職先の業界・職種によっては年収が下がってしまうケースが発生する可能性があります。

厚生労働省の「転職入職者の状況」にも、前職の賃金に比べ減少した割合が33.9%ということもあり、年収の変動は受け入れざるを得ないこともあると言えます

未経験業種に挑戦する覚悟を持つ

教員から転職を成功させるためのポイント7つ目は、未経験業種に挑戦する覚悟を持つことです。

誰でも、初めてのことに挑戦するのは勇気が要りますし、不安に感じることもあると思います。

しかし、未経験業種であってもこれまでの経験・スキルをしっかりとアピールできれば転職できる可能性がはあるため、未経験であっても挑戦する覚悟は大事だと言えます。

未経験業種に挑戦するポイント
  • 業種の経験はなくても社会人としての経験・スキルをアピールする
  • 人間性をアピールする
  • 企業への志望動機をアピールする

上記のポイントを面談時にアピールできれば、転職できる可能性は十分あります。

求人のリサーチは入念に行う

教員から転職を成功させるためのポイント8つ目は、求人のリサーチは入念に行うことです。

教員から転職を考える人の中には「固定残業代」や「週休2日制」などの、求人に書かれた言葉の意味を詳しく理解できない人もいます。

そのため、きちんと詳細まで調べたり、知らない単語は絶対に調べてクリアにしておくことが大切です。

字面から勝手な解釈をして転職を決意すると、「こんなはずじゃなかった」と後悔する可能性もあります。

事前に就業に関わる用語などはしっかりと調べておきましょう。

資格取得をめざすのもおすすめ

教員から転職を成功させるためのポイント9つ目は、資格取得をめざすこともおすすめです。

資格を取得することで、挑戦できなかった業界や職種にチャレンジできるようになるかもしれません。

また、資格を取得すると給料がアップするという職種もあります。

転職に活かせる資格の例
  • TOEIC
  • FP(ファイナンシャル・プランナー)
  • 簿記
  • 宅地建物取引士
  • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
  • 秘書技能検定
  • 通関士
  • ホームヘルパー

企業が重視する資格を調査したアンケートによると、これらは企業が採用時と仕事をする上で重要と考える資格だということが分かっています。

やりたいことや仕事が見つかっている方は、自己投資として資格取得をめざすのもおすすめです。

転職エージェントも併用する

教員から転職を成功させるためのポイント10つ目は、転職エージェントも併用することです。

転職サイトだけでなく、転職エージェントも併用することでより多くの求人を知れたり、転職エージェントからのサポートを受けて進めることもできます

転職エージェントを併用するメリットは下記4つです。

転職エージェントを併用するメリット例
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 転職のサポートを受けられる
  • 担当のキャリアアドバイザーがついてくれる
  • 転職エージェントならではのセミナー・イベントに参加できる

転職エージェントを利用することで、より効率よく転職活動を進めていけます。

教員の転職におすすめの転職エージェント6選

転職を効率的に進めたり未経験職種へ挑戦する転職なら、転職エージェントはぜひ利用したい転職サービスです。

しかし、転職エージェントは数多くあるため、どの転職エージェントを利用すれば良いのか分からないこともありますよね

そこでここでは、教員の転職におすすめの転職エージェントを厳選した6つを比較も交えて紹介します。

ぜひ自分に合った転職エージェントを探してみてくださいね。

転職エージェント名教員におすすめの理由求人数公式サイト
リクルートエージェント
リクルートエージェント
圧倒的求人数が魅力約716,660件リクルートエージェント
に無料登録する
マイナビAGENT
マイナビAGENT
利用者の満足度が高い約71,758件マイナビAGENT
に無料登録する
dodalogo
doda
転職エージェント
総合ランキング2位
約240,035件doda
に無料登録する
mynabi20
マイナビジョブ20’s
20代転職に特化約5,873件マイナビジョブ20’s
に無料登録する
uzuz
UZUZ
入社後の短期離職を減らす
ウズウズできる転職支援
約1,500社UZUZ
に無料登録する
Education Career
Education Career
教育業界専門の
転職エージェント
約1,376件Education Career
に無料登録する
2024年4月時点

リクルートエージェント|圧倒的求人数が魅力

r-agent

引用:リクルートエージェント

リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 圧倒的求人数が魅力
  • 累積37万名以上の転職支援実績No.1
  • 業界大手の安心感

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する圧倒的求人数が魅力の転職エージェントです。

とにかく求人数が圧倒的に多く、豊富な選択肢の中から転職先を検討することができます

また、これまで累積37万名以上の転職支援を行ってきた実績No.1の転職エージェントなので、大手ならではの安心感もありますね。

対応勤務形態正社員・派遣社員・契約社員など
公開求人数業界最大級およそ10万件
対応エリア全国(全国各地に支店あり)
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
運営会社株式会社リクルート
良い口コミ
  • 担当者が親身になって話を聞いてくれたため、自分に合った仕事を紹介してくれたのはもちろん、履歴書の書き方まで丁寧に見ていただいた。
  • 自分が不向きだと分かっている業界や業種を勧められることはなかった。キャリアプランを長い目で見て一緒に考えてくれた。
悪い口コミ
  • 履歴書や経歴のまとめ方は、別の転職エージェントサイトの方が親身になってやってくれた印象でした。経験の差などもあったと思うが、担当者によってレベル差があるとは思います。
  • 転職に不慣れな者に対して、確認しておいた方が良いポイントなどのアドバイスをもっとしてほしかった。今になり事前に確認すべきだったと感じることがある。

引用:顧客満足度ランキング

転職経験が少なかったり、未経験からの転職を希望している場合は、求人数も多く大手のリクルートエージェントはおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

マイナビAGENT|利用者の満足度が高い

引用:マイナビAGENT

マイナビAGENTのおすすめポイント
  • 利用者の満足度が高い
  • 各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーが担当
  • 非公開求人を多数保有

マイナビAGENTは、株式会社マイナビが運営する利用者の満足度が高い転職エージェントです。

顧客満足度2年連続No.1と、利用者から非常に高い満足度が獲得できていることが分かります。

また、各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーが担当してくれるため、未経験の業界・職種に挑戦したい教員の転職にもおすすめと言えるでしょう。

対応勤務形態正社員・派遣社員・パートなど
公開求人数57,000件以上
対応エリア全国(全国各地に支店あり)
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
運営会社株式会社マイナビ
良い口コミ
  • 自分がやりたい仕事に合うような求人を紹介してくれるので、楽と言えば楽。また、面接などの日程調整を自分でしなくていいのでありがたい。
  • 業界を変えての転職だったので不安や不明点も多かったが、サポートをしっかりとしていただいた。
悪い口コミ
  • 案件を紹介してくれない。スカウトと言っても、面接に進めない。事実上スカウトではない。余計な案件のメールが多過ぎる、マッチングしないメールが多過ぎる。
  • 紹介される会社が多く、もう少し条件を絞って適切な会社を紹介してほしい。

引用:顧客満足度ランキング

悪い口コミは色々とありますが、それでも転職エージェントの中での総合顧客満足度はNo.1のため、質の高い転職サポートを受けたいという人にはおすすめです。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

doda|多くの転職ノウハウを保有

引用:doda

dodaのおすすめポイント
  • 多くの転職ノウハウを保有
  • 転職エージェント総合ランキング2位
  • 豊富な求人数

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する多くの転職ノウハウを保有する転職エージェントです。

1956年から人材事業を創業した長い歴史があるため、多くの転職ノウハウを保有している転職のプロからのサポートを受けられます

転職エージェント総合ランキング2位というのもあり、求人数も多く登録しておいて損はしない転職エージェントと言えるでしょう。

対応勤務形態正社員・派遣社員・パートなど
公開求人数非公開求人を含む20万件以上
対応エリア全国(全国各地に支店あり)
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
運営会社株式会社パーソルキャリア
良い口コミ
  • 初回のヒアリングをしっかり対応してくれる。LINEでのやりとりも可能なので、スムーズに連絡がとれる。担当者が不在の場合には事前に不在日時の連絡があり、代行者の周知がしっかりされる。
  • 経歴を確認した上で、希望に沿った案件を複数提示してきて、優先順位まで付けてくれたので、どう対応するか一緒に計画してくれたのがとても良かったです。
悪い口コミ
  • 対応がマニュアル通りであると感じたこと。面接までの最低限のフォローは十分だが、特に悪く見える部分をなくすようなフォローのため、個々人の良さが企業にマッチしているかを見るべきだと思った。
  • 自分が地方在住なので、連絡が電話とメールのみで、担当者とのコミュニケーションを取るのが多少難しかった。

引用:顧客満足度ランキング

多くの転職ノウハウを保有している老舗の企業なため、転職に関する知識に自信がない教員や初めての転職の教員にもおすすめです。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

マイナビジョブ20’s|マイナビの20代向けサービス

マイナビジョブ20’s|マイナビの20代向けサービス

引用:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sのおすすめポイント
  • マイナビの20代向けサービス
  • 顧客満足度2年連続No.1の実績
  • Googleレビュー4.5

マイナビジョブ20’sは、株式会社マイナビが運営するマイナビの20代向けサービスの転職エージェントです。

顧客満足度2年連続No.1のマイナビが、第二新卒や既卒の20代に特化して未経験OK求人などを豊富に取り扱っております。

また、Googleレビューは4.5と高い顧客支持を得ていることが分かりますね。

対応勤務形態正社員・派遣社員・パートなど
公開求人数6,000件以上
対応エリア全国(全国各地に支店あり)
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
運営会社株式会社マイナビ
良い口コミ
  • 初めてこの手の支援を受けましたが、これが無料で受けられるのというのが正直な感想でした。私自身、書類選考で落ちることが多かったので、履歴書の添削をしてもらえたのは心強かったです。おかげで、無事に希望の会社に転職出来ました。(一部抜粋)
  • 初めての転職活動で不安でしたが、専任キャリアアドバイザーの方が親身に相談にのってくれたので、自信を持って転職活動することができました。またWEBで適正診断を受けることができたので、自分の長所や特徴を客観的に知ることができたのも良かったです。大手企業や人気企業の求人も多いように感じました。(一部抜粋)
悪い口コミ
  • 他社大手エージェントと比べると非常に若い方が多く、カウンセラーによってレベルの差が激しい。大手なので求人数には期待していたが、全く大したことない。中小の転職エージェントの方がよっぽどあった。(一部抜粋)
  • エージェントが話を聞く気がない。相談にのるどころか、話が通じなかった。ホームページの内容は詐偽。30分から1時間の予定の面談が、たった10分で終了。終始バカにする態度。星をつける価値無し。(一部抜粋)

引用:みん評

20代に特化している転職エージェントのため、第二新卒や20代の方はぜひ積極的に活用していきましょう。

\履歴書から面接練習まで徹底サポート!/

>>>マイナビジョブ20’sの公式サイトはコチラ<<<

UZUZ|若手専門特化の転職エージェント

UZUZ|若手専門特化の転職エージェント

引用:UZUZ

UZUZのおすすめポイント
  • 若手専門特化の転職エージェント
  • ウズウズ働ける転職支援がコンセプト
  • 親身で密な対応

UZUZは、株式会社UZUZが運営する若手専門特化の転職エージェントです。

第二新卒や既卒、フリーターを含めた若手を専門とし、ウズウズ働ける世の中をつくることを理念に掲げていることが特徴的です。

また、口コミなどからも親身になって密な対応をしてくれることに評判があります。

基本情報uzuz
運営会社株式会社UZUZ
公開求人数約1,500件
対応エリア不明
登録料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月現在
良い口コミ
  • 新卒で入った会社がどうしても合わなくて、でも短期離職となると良い所には入れないかな…と不安と諦めがありましたが、約1ヶ月ちょっとで転職活動を終えることができたのも田中さん初めUZUZのおかげです!!!よくある無理な勧誘もゼロで、無料でここまでサポートして貰えるのはそうそう無いと思います!(一部抜粋)
  • 私は大学院を中退した経歴を持っており、就職は不利になると考えていました。実際に、書類選考で落ちた会社もあり、就職できるか不安でした。しかし、内定を頂くことができました。何回も面接練習に付き合って頂きありがとうございました。(一部抜粋)
悪い口コミ
  • 初めは丁寧に対応していただき、模擬面接の練習等もさせていただきました。二、三社ほど連続して選考落ちをした際に会社選びの方向性等を面談する機会はあったが、それ以降は求人紹介の連絡が全くありませんでした。担当のエージェントによって当たり外れがあるように感じました。(一部抜粋)
  • 2社面接をして、落ちたら諦められました。笑 2社落ちただけで諦めてしまった会社だと思ったので、書かせていただきます。(一部抜粋)

引用:Google

Googleの口コミには担当アドバイザーを名指して感謝の言葉が綴られている口コミも多く見受けられ、大変親身に対応している様子が伺えるエージェントと言えるでしょう。

Education Career|教育業界の転職におすすめ

Education Career|教育業界の転職におすすめ

引用:Education Career

Education Careerのおすすめポイント
  • 教育業界の転職におすすめ
  • 人気企業も多数保有
  • 教員の支援実績多数

Education Careerは、株式会社ファンオブライフが運営する教育業界の転職におすすめの転職エージェントです。

教育業界専門ならではの知識の深さと親和性のある求人の取り扱いなど、教員に寄り添ったサポートが強みと言えます

もちろん、教員以外の求人も多数あるので、教員ならではの悩みも理解した上でサポートして欲しい人におすすめです。

基本情報Education Career
運営会社株式会社ファンオブライフ
公開求人数約1,376件
対応エリア北海道
宮城
東京
神奈川
千葉
埼玉
静岡
愛知
大阪
兵庫
広島
福岡
登録料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月現在
良い口コミ
  • 教育業回に特化してるだけあって、現職教員に現実を伝えてくれる。「教員からの転職の場合、まずは民間経験を積むことから」とバッサリ。シビアだけど、たぶんこれが現実。(一部抜粋)
  • ducation career という転職エージェントの面談を受けました。とても親切に、いろいろと教えていただきました。教員で、キャリアに迷っている方は、申し込んでみてもいいかもです。面談は、平日のみですが、19:30から受けられるので、チャンスはあるかと。。。
悪い口コミ
  • 教育に特化してるとはいえ、地方の求人数はかなり少なそう(時期的な問題?)(一部抜粋)

引用:X

教員の転職に特化してきたからこそ、過去の実績からのノウハウや知識も豊富なため、他の教員の成功事例や教員ならではの転職サポートを受けたいという方におすすめです。

【5STEP】転職エージェントを利用する流れ

転職エージェントは、忙しい日々を送る教員にとって、こちら側が考えなくても誘導してくれて企業とのやり取りも仲介してくれるので、スムーズに転職活動を進めることができます。

転職エージェントの利用は基本的に以下5STEPの流れで進めることになります。

転職エージェントに登録

まずは公式サイトなどから、転職エージェントに登録しましょう。

トップページからメールアドレスなどを入力して登録が可能です。

登録するエージェントによっては、そのまま経歴入力に進むこともできます。

担当エージェントと面談し求人紹介

登録後は担当がつき、面談で希望をヒアリングしてくれます。

その後希望に沿った求人を紹介してくれるため、興味がある求人を選びましょう。

選考対策の実施

選考対策を実施します。

具体的には、以下のようなサービスを受けることが可能です。

受けられる選考対策の例
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 具体的な業務内容の説明
  • 社風などの確認

転職エージェントの力も頼りながら準備を進めましょう。

応募・選考

応募や選考も基本的には担当エージェントが全部企業側との間に仲介して進めてくれます。

内定・条件交渉

内定をもらったあとは、条件交渉なども代行してもらえます。

具体的には、以下のような交渉などの代行が可能です。

内定・条件交渉の例
  • 年収交渉
  • 円満退社の秘訣を相談
  • 退職時期や入社時期の調整

内定後もしっかりフォローしてくれるのは、大きな魅力です。

教員からの転職に関するよくある質問

Q1.教員は離職率が高い?
文部科学省「公立小・中学校教員の退職者数の推移と見通し」によると中・高校はやや減少傾向にあり、小学校は増加傾向にあります。
Q2.教員の退職理由にはどんなものがある?
「退職教員の退職理由と在職時に受けたソーシャル・サポートの関係」によると、教員の退職理由トップ3は、1位が長時間労働で35.6%、2位が業務過多で31.7%、3位が職場環境26.7%となっています。
Q3.転職後に教員以上の年収を稼げる可能性はある?
可能性はありますが、教員の年収は比較的に高いことが多いため可能性は低いと言えるでしょう。
Q4.教員からの転職に厳しい業界は?
未経験でも教員の経験が活かしやすい転職先6選に挙げた業界以外の業界は未経験の場合は厳しい可能性があります。
Q5.教員転職に役立つ転職エージェント以外のサービスは?
転職サイトが教員の忙しいライフスタイルの中で手軽に利用できるためおすすめです。

教員におすすめの転職サイトはリクルートエージェント

この記事をざっくり言うと

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

教員の転職において知っておいて欲しい情報やポイントを厳選して紹介しました。

教員は他の職種と異なる点も多いため、不安になることや分からないことなどもあると思いますが、ぜひこちらの記事を参考にして教員の転職を成功させてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA