dodaの電話カウンセリングとは?こない時の対処法と成功の秘訣を紹介

doda電話カウンセリングの評判ってどうなの?

dodaの電話カウンセリングを行う理由と聞かれることは何?

doda電話カウンセリングの流れが知りたい

dodaの電話カウンセリングを受けようか悩んでいて、上記のような疑問を持っていませんか?

dodaの電話カウンセリングの評判が気になったり、どんなことを聞かれるのか、当日の流れなど色々と気になることも多いでしょう。

こちらの記事では、doda電話カウンセリングの聞かれることや流れが理解でき、安心してdodaを利用して良いのかどうか徹底解説します。

dodaの電話カウンセリングを受けようか迷っていた人はぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

この記事をざっくり言うと…

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

目次 開く

  1. キャリアカウンセリングは転職活動のスケジュール設計を行う
  2. 登録からキャリアカウンセリングまでの流れ
  3. dodaのキャリアカウンセリングで聞かれる6つの情報
  4. キャリアカウンセリングで転職を有利に進める6つの方法
  5. dodaの電話カウンセリング前に必要な3つの準備
  6. 履歴書や職務経歴書は事前に渡しておく
  7. 【体験談】dodaの電話カウンセリングの評判
  8. キャリアカウンセリングがしつこい理由と対処法
  9. キャリアカウンセリングの電話が来ない時どうする?
  10. dodaの電話カウンセリングに関するよくある質問
  11. dodaの電話カウンセリングで効率よく転職活動が進められる
目次へ

キャリアカウンセリングは転職活動のスケジュール設計を行う

dodaの電話カウンセリングが何のために行われるかというと、主に転職活動のスケジュール設計を行う場となります。

dodaのカウンセラーに現在の転職活動の状況や希望などを伝えると、どのように転職活動を進めていけば良いのかプロの視点からアドバイスがもらえます

厚生労働省の「令和2年転職者実態調査の概況」では、転職者が転職するにあたってどのような準備活動をしたか調査し、16%もの人がキャリアコンサルティングを受けたと答えています

カウンセラーに情報共有することで、自分一人では知らなかった情報を提供してもらえるようになり、転職活動が有利に進められます。

登録からキャリアカウンセリングまでの流れ

dodaの電話カウンセリングまでの流れは大きく4STEPで進めることができます。

dodaに登録する

まずはdodaに登録をしましょう。

dodaのトップページより「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして、会員登録をします。

引用:doda

フリーダイヤルからの電話を受ける

登録が完了すると、dodaのキャリアアドバイザーからフリーダイヤルでキャリアカウンセリングの日程調整のための電話がかかってきます。電話を受けてキャリアカウンセリングの日程を設定しましょう。

各種書類とアンケートを作成

キャリアカウンセリング前日までに、dodaのキャリアアドバイザーが転職のサポートをするために必要な「Web履歴書」「職務経歴書」の作成や、事前アンケートへの回答を進めます。

電話でキャリアカウンセリングを受ける

当日は電話でキャリアカウンセリングが実施され、主に現状の確認から転職活動のスケジュール設計までが行われます。

dodaのキャリアカウンセリングで聞かれる6つの情報

dodaのキャリアカウンセリングがどのようなものかは分かったけど、当日はどんなことが聞かれるのか気になる人もいるでしょう。

ここではdodaのキャリアカウンセリングで聞かれる6つの情報をお伝えし、当日までにどんな準備が必要なのか紹介します。

転職時期はいつごろか

dodaのキャリアカウンセリングで聞かれる情報1つ目は、転職時期はいつごろかということです。

転職時期によって転職活動の進め方や紹介できる求人などが異なってきます

なぜなら、企業によって希望の入社時期やいつまでに採用したいかという希望が異なるからです。

そのため、いつ頃に転職したいのか転職時期を予め明確にしておくと良いでしょう。

転職理由や転職先に求める条件は?

dodaのキャリアカウンセリングで聞かれる情報2つ目は、転職理由や転職先に求める条件です。

キャリアカウンセリングで話した内容はそのまま企業側に伝えられるのではなく、あくまでもカウンセラーが今後あなたに合った提案をするために聞かれます。

そのため転職理由や転職先に求める条件は、なるべく正直に具体的に伝える方がおすすめです。

転職理由の例
  • 仕事の内容に興味を持てなかった
  • 能力・個性・資格を活かせなかった
  • 職場の人間関係が好ましくなかった
  • 会社の将来が不安だった
  • 給料等収入が少なかった

引用:厚生労働省「令和4年雇用動向調査結果の概況」

転職先に求める条件の例
  • 希望の職種に就けるかどうか
  • 自分の能力・個性・資格を活かせるかどうか
  • 社風
  • 安定した企業or挑戦の機会が多いベンチャー企業
  • 希望年収

理由や条件を明確に伝えることで、自分にとって最適の転職先を見つけやすくなります。

転職希望業界の情報共有

dodaのキャリアカウンセリングで聞かれる情報3つ目は、転職希望業界の情報共有です。

希望の業界先によって、以下のように転職活動の進め方や方法が異なる場合があります

  • 求人が出やすい時期
  • 必要なスキルや経験
  • 選考が通りやすい書類の書き方や面接対策

業界特有の求人募集時期や募集要件などがあるため、担当のカウンセラーに転職希望業界は具体的に共有しておきましょう。

今後のキャリアの相談

dodaのキャリアカウンセリングで聞かれる情報4つ目は、今後のキャリアの相談です。

キャリアカウンセリングでは、転職した後の希望のキャリアや理想のライフプランなどを踏まえてキャリアのアドバイスをしてくれます

そのため、目先の転職成功のことだけではなくその後のキャリアも見据えて考えを整理しておくと良いでしょう。

今後のキャリアの希望例
  • 子どもを産んでも働きたい
  • 転勤がないところが良い
  • 管理職に挑戦したい

上記のような将来のビジョンも共有しておくことで、最適なキャリアを一緒に考えてくれます。

求人紹介

dodaのキャリアカウンセリングで聞かれる情報5つ目は、求人の紹介です。

担当カウンセラーが以下の内容をヒアリングしたうえで、求人をいくつか紹介してくれます。

  • 転職時期
  • 転職理由
  • 転職先に求める条件
  • 転職希望業界
  • 今後のキャリア

紹介してもらった企業で気になった企業があったら応募することができ、希望の企業がなければ再度探してもらうことができます。

スケジュール確認

dodaのキャリアカウンセリングで聞かれる情報6つ目は、スケジュール確認です。

dodaでは電話カウンセリングが終わった後も、定期的にやり取りして求人紹介や面接対策などを行ってくれます。

そのため、以下のようなスケジュールを確認して、転職活動がスムーズに進むようにします。

  • いつまでに求人紹介するか
  • 面接日程はいつごろに入れられるか
  • 書類添削結果をいつまでに返すか

自分も担当アドバイザーもスケジュールに則って、動いていくことになります。

キャリアカウンセリングで転職を有利に進める6つの方法

続いて、キャリアカウンセリングを上手に活用し、転職を有利に進めるための方法を6つ紹介します。

他の転職者よりもリードして転職活動を進めるためにも、ぜひ参考にしてください。

転職理由や条件は本音で答える

キャリアカウンセリングで転職を有利に進める方法1つ目は、転職理由や条件は本音で答えることです。

キャリアカウンセリングは面接の場ではなく、転職のサポートをしてくれる担当カウンセラーとの打ち合わせの場です。

担当カウンセラーは二人三脚で転職活動を進めてくれる強い味方となります

転職理由は条件は本音で伝えた方が本当に心から望んだ転職ができるので、ぜひ気負わずに本音で伝えてみてください。

経歴で嘘をつかない

キャリアカウンセリングで転職を有利に進める方法2つ目は、経歴で嘘をつかないことです。

厚生労働省の「しっかりマスター 解雇編」で、転職者が採用条件の要素となるような経歴を詐称した場合は解雇時において企業側が優遇されることが分かっています。

一般的に嘘をつきやすい経歴の例
  • 勤務年数
  • 退職理由や転職理由
  • 実績

少しでも転職活動を有利に進めたいという気持ちは誰しもが持つ感情です。

しかし、ありのままの自分を伝えてどうすれば転職が成功するかを一緒に考えてもらう方が、無理のない転職に繋がり、結果後悔しない転職に繋がります。

あくまでパートナーであることを意識する

キャリアカウンセリングで転職を有利に進める方法3つ目は、あくまでパートナーであることを意識することです。

転職エージェントは求職者から料金をもらわないため、決してお客様ではないということを忘れてはいけません

あくまで対等な立場であることを念頭に、コミュニケーションを取っていきましょう。

上から目線の態度や社会人マナーのかける態度は、相手のモチベーションも下げてしまう可能性が高いので注意が必要です。

転職希望者と企業との架け橋として、役割を果たす存在ということを忘れないでください。

紹介された求人は自分でも調べる

キャリアカウンセリングで転職を有利に進める方法4つ目は、紹介された求人は自分でも調べることです。

担当カウンセラーから求人情報は開示してもらえますが、開示された情報以外も自分で調べることでより多くの情報を入手することができます

求人を自分でも調べるポイント例
  • 企業の元社員・現社員の口コミ(OpenWork転職会議等)
  • 企業の公式ホームページ
  • 業界情報

時に個人的に気になるようなことやもっと知りたいことがあったら、自分でも詳しく調べてみてください。

カウンセリングを受けたら書類をブラッシュアップする

キャリアカウンセリングで転職を有利に進める方法5つ目は、カウンセリングを受けたら書類をブラッシュアップすることです。

実際にカウンセリングを受けてみると、受ける前よりもより考えが明確になったり新しい発見が出てくることもあるでしょう。

また履歴書や職務経歴書に関する具体的なアドバイスを得られることもあります。

求人に正式に応募する前に改めて書類をブラッシュアップしておくことで、より精度の高い履歴書を作成できるのでおすすめです。

転職エージェントとの相性を見極める

キャリアカウンセリングで転職を有利に進める方法6つ目は、転職エージェントとの相性を見極めることです。

やはり人間同士なのでどうしても相性の良し悪しは出てきてしまうかもしれません。

以下の観点で転職エージェントとの相性を早期に確認することで、より効率的に転職活動を進めていけます。

転職エージェントとの相性を見極めるポイント例
  • 寄り添った提案をしてくれていると感じるか
  • 提案してくれた求人は的を得ているか
  • しっかりと話を聞いてくれると感じるか

もしどうしても相性が合わないと思った場合は担当を変更することもできるので、無理はしないようにしましょう。

dodaの電話カウンセリング前に必要な3つの準備

それではdodaの電話カウンセリングを受ける前に必要な準備について、3つ紹介します。

これら3つを予め準備しておくことで、電話カウンセリング当日をスムーズに進めることができるので確認しておいてくださいね。

履歴書や職務経歴書は事前に渡しておく

dodaの電話カウンセリング前に必要な準備1つ目は、履歴書や職務経歴書は事前に渡しておくことです。

前日までに履歴書や職務経歴書を渡しておくことで、担当カウンセラーもじっくりと目を通した上でカウンセリングができるため、より精度の高い提案ができます

忙しい中での転職活動になるとは思いますが、自分のためにも書類の準備は蔑ろにしないようにしましょう。

電波状況を確認しておく

dodaの電話カウンセリング前に必要な準備2つ目は、電波状況を確認しておくことです。

カウンセリング当日は約束した時間に担当カウンセラーから電話が掛かってきます。

もしここで電波状況が悪くて電話が繋がらなかった場合、再度日程調整となり転職活動に遅れが生じてしまう可能性が出てきます。

電波状況が悪い環境の例
  • 電波が届きにくい地下
  • 移動中の電車の中
  • モバイルデータ通信がオフになっている
  • 通信制限がかかっている

カウンセリング開始時間の前に念のため電波状況は確認しておくようにしましょう。

スマホの充電を確認しておく

dodaの電話カウンセリング前に必要な準備3つ目は、スマホの充電を確認しておくことです。

充電が十分になくカウンセリングの最中に電源が切れてしまった場合、再度日程調整になってしまったり、カウンセリング時間が短くなってしまいます

そのため、スマホの充電は余裕を持たせた上で電話カウンセリングに臨むようにしましょう。

【体験談】dodaの電話カウンセリングの評判

dodaの電話カウンセリングについて理解はできたけど、実際にdodaの電話カウンセリングってどうなのか評判や口コミが気になった人もいるでしょう。

そこで、実際のdoda電話カウンセリングを利用したことがある人の体験談をまとめて、dodaの電話カウンセリングの評判を紹介します。

親身で手厚いサポートと感じた

dodaの電話カウンセリングでは、親身で手厚いサポートだと感じたという声が見られました。

親身で手厚いサポートだと思います。

第二新卒で初めての転職活動を始めた際、自身の経験や実績の不安を感じていましたが、dodaを利用して良いサポートを受けました。
担当者は親身になって相談に乗ってくれるだけでなく、論理的なアドバイスも提供してくれました
求人紹介や面接練習なども手厚く、電話やWEBでの相談もしやすかったです。

引用:みん評

電話やWEBなどを通じて的確なアドバイスが得られるので、転職に不安がある人にも最適です。

やりたいことを思い出せた

電話カウンセリングを通じてやりたことを思い出せた人もいます。

dodaのエージェントさんと電話面談したけど、割とよかったぞ、、、、!!!私がやりたかったこととか全部仕事しんどい!で吹き飛んでたけど思い出したわ

引用:X

dodaのエージェントは豊富なキャリア相談の経験を持っているプロなので、あなたの本当の気持ちを引き出してくれます。

自分がやりたいことがわからなくなっている人は、相談することで忘れていたキャリアへの思いを思い出せるでしょう。

詳しい情報提供をしてくれた

情報提供が詳しかったという声も見られます。

dodaの転職エージェントさんと電話面談しました。冒頭に自分の状況と転職の軸を明確に伝えたのであとの会話がスムーズでした。気になるリモート求人の採用状況を聞き、 ・200名応募で書類選考通過者は2名 ・通過者の保有スキルや職歴 の情報を収集。どんな人が選考に残っているのかの情報は貴重

引用:X

電話相談の中でどのような人が受かっているかなどを丁寧に教えてくれるとのことです。

転職を成功に導くためには情報収集が欠かせないため、dodaのアドバイザーは心強い味方になってくれるでしょう。

思ったよりも話しやすかった

思ったよりも話しやすかったという評判もあります。

dodaの電話面談終わった 思ったよりも話しやすくて良かった 現状が少しだけどわかったので焦らずに自分のやりたいこととか見つけてこうかなって思えたのも良かった

引用:X

dodaの電話面談では、自分のやりたいことなどを明確にできるよう担当アドバイザーが導いてくれます。

不安があっても相談することで解決の糸口を一緒に見つけてくれるので、転職の良きパートナーになってくれるでしょう。

利用料は一切かからないので、下記ボタンからカウンセリング予約を入れてみてください。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

キャリアカウンセリングがしつこい理由と対処法

dodaのキャリアカウンセリングってしつこいのでは?電話がいっぱい掛かってくる?と心配な人もいるかもしれません。

ここでは、dodaのキャリアカウンセリングがしつこい理由と対処法について解説します。

理由①.本当におすすめの求人があるから

dodaのキャリアカウンセリングがしつこい理由1つ目は、本当におすすめの求人があるからです。

dodaには、公開求人だけでも240,394件あり、キャリアカウンセリングを受けた人にしか紹介されない非公開求人も持ち合わせています

そのため、本当におすすめの求人があり紹介したいという想いからしつこくなってしまっている可能性があります。

本当におすすめの求人例
  • 非公開求人
  • 大手企業
  • めったに募集をしない企業
  • 未経験でも応募可能な企業

担当アドバイザーがおすすめする求人は人気であることが多く、早く決断しないと定員が埋まってしまうケースもあるためしつこく連絡をしている可能性が高いです。

理由②.担当者がノルマを達成したいから

dodaのキャリアカウンセリングがしつこい理由2つ目は、担当者がノルマを達成したいからです。

dodaに限らず転職エージェントの担当者は、毎月会社に課された達成ノルマを抱えていることが多いです。

そのため、担当者がノルマを達成したい気持ちから、しつこい場合があります。

対処法①.電話に出られる時間帯を伝える

dodaのキャリアカウンセリングがしつこい対処法1つ目は、電話に出られる時間帯を伝えることです。

予め電話に出られる時間帯を伝えておけば、電話が繋がりやすい時間帯を優先に電話が掛かってくるようになります

電話に出られる時間帯の例
  • 午前中
  • 午後(12〜14時)
  • 午後(14〜16時)
  • 午後(16〜18時)
  • 夜(18時以降)

事前に確認し合っておくほうが自分にとっても焦らず電話に出ることができ、仕事中に沢山掛かってくるということもないでしょう。

対処法②.あまりにもひどい場合は担当者を変更する

dodaのキャリアカウンセリングがしつこい対処法2つ目は、あまりにもひどい場合は担当者を変更することです。

大体の場合は、上記対処法を実施すればしつこく掛かってくることはほとんどなくなりますが、それでもひどい場合は担当変更も一つの方法です。

dodaエージェントの代表電話もしくは代表メールに連絡をして、担当を変更できるか相談してみても良いでしょう。

キャリアカウンセリングの電話が来ない時どうする?

dodaの電話キャリアカウンセリングに申し込みをしたのに電話が来ないということに不安を感じている人もいるかもしれません。

dodaでは申し込み後、最短数日~最長2週間程度でキャリアカウンセリングについての連絡が届くということになっています。

また、稀に迷惑メールフォルダやメールボックスのごみ箱に入っていてメールなどが気付かない場合もあるため、メールも確認しておきましょう。

もし2週間以上経っても電話がないという場合は、一度メールで問い合わせてみることをおすすめします。

dodaの電話カウンセリングに関するよくある質問

Q1.dodaのキャリアアドバイザーの一覧は確認可能?
こちらのdoda「記事を監修したキャリアアドバイザー一覧」より確認ができます。
Q2.dodaからの電話を一切受けない方法はある?
dodaの「お問い合わせ」フォームからdodaカスタマーセンターへ問い合わせて、電話ではなくメールでのやり取りを希望すると伝えてみてください。
Q3.dodaには電話カウンセリング以外にどんな方法がある?
dodaのキャリアカウンセリングは基本的にオンライン・電話で実施されています。対面などを希望の場合は一度dodaの「お問い合わせ」フォームより問い合わせてみることをおすすめします。
Q4.dodaの電話がしつこすぎて退会したいけど方法は?
doda会員専用ページの「登録情報設定」より手続きができます。より詳しい内容はこちらを参照ください。
Q5.dodaの電話カウンセリングでの服装は?
dodaの電話カウンセリングは面接や選考の場ではないので、カジュアルな服装で問題ありません。もし心配な人は、ビジネスカジュアル、オフィスカジュアルな服装であれば間違いないでしょう。

dodaの電話カウンセリングで効率よく転職活動が進められる

この記事をざっくり言うと…

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA