Green(グリーン)の口コミ・評判は?注意点や転職時のステップも解説

転子
転子

転職サイトのGreenの評判が気になる

職男
職男

そもそもGreenは、どのようなサービスなのだろう?

このように思ったことはありませんか?

転職系のサービスはさまざまなものが存在するため、他のサービスと何が違うのか迷う方も多いでしょう。

そこで本記事では、Greenの実際の口コミや評判をまとめました。Greenの特徴や利用をおすすめする人なども紹介しているので、最後までご覧ください。

なお、ひとまずGreenに登録したい人や公式サイトを見てみたい人は、以下から詳細をチェックしてみてください。

Green公式サイトを見てみる

目次 開く

  1. 転職サイトのGreenとは
  2. Greenの良い口コミや評判5選
  3. Greenの悪い口コミや評判5選
  4. Greenの5つの特徴
  5. Greenを使うときの3つの注意点
  6. Greenの利用がおすすめな人3選
  7. Greenの利用をおすすめしない人3選
  8. Greenとの併用がおすすめの転職サイト3選
  9. Greenを使うときの流れ6ステップ
  10. Greenに関するよくある質問4つ
  11. 現在の転職市場
  12. まとめ:Greenで自分に合った企業へ転職しよう
目次へ

転職サイトのGreenとは

Greenは株式会社アトラエが運営する、IT/Web業界向けの転職サイトです。エンジニアやWebデザイナーなどの職種を中心に、豊富な求人を掲載しています。

iOSとAndroid版のモバイル用アプリもリリースしているので、スマートフォンからでも気軽に利用が可能です。

Greenでは「転職をカジュアルに。」をコンセプトとし、主に以下の機能を提供しています。

機能機能を使える人説明
「気になる」企業/転職希望者気になっている企業や転職希望者に対し、興味があることを通知する。
「話を聞いてみたい」転職希望者「気になる」を押してきた企業に対し、カジュアル面談を希望する旨を伝える。
スカウト企業企業側が転職希望者をスカウトする機能。採用担当と直接やり取りができる。
カジュアル面談企業/転職希望者スカウトや「気になる」でつながった企業と話ができる。

次章からは、ユーザーによる口コミや評判をチェックしていきましょう。

Greenの良い口コミや評判5選

ここからは、Greenに関する実際の良い口コミや評判を5つ紹介します。

順番に見ていきましょう。

転子
転子

PHPエンジニアです。転職を考えていた時に色々なサイトに登録しましたが、こちらは圧倒的に求人件数が多かったです。有名企業だけでなく、ベンチャーも多く、小さい企業ながら魅力的な仕事ができそうな会社を知ることができました。

職男
職男

IT業界だけでこれだけの求人があるのか、と驚きました。女性向けの求人が多く、スマホでも使いやすい仕様だったのでとても便利でした。初めて転職を希望したのですが、大手のIT企業に再就職できたので、登録して本当に良かったなと思います。

転子
転子

転職エージェントに探してもらいながら、自分で気になる仕事を探せるサイトはないか調べた時に見つけたのがGreenです。比較的出ている求人の数も多くサイトも見やすいのでとても利用しやすかったです!

出典:みんなの評判ランキング

上記口コミのとおり、Greenは掲載しているIT/Web系職種の求人数が多い点が魅力の1つです。2024年2月時点で、4,172企業・29,366求人を掲載しています。

職種も多彩で、以下は掲載している職種の一例です。

  • エンジニア職
  • クリエイティブ職
  • 企画・マーケティング職
  • 営業職
  • 事務職

なかでもエンジニア職は特に求人が多く、次のような求人が掲載されていました。

  • システム開発
  • インフラエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • スマートフォンアプリエンジニア
  • プロジェクトマネージャー

クリエイティブ系の職種では、Web業界を中心に以下の求人を募集しています。

  • Webデザイナー
  • UI/UXデザイナー
  • CGデザイナー
  • Webディレクター
  • ゲームプログラマー

IT/Web業界への転職を希望しているなら、掲載数の多いGreenに登録してみるのがおすすめです。

ベンチャー、スタートアップ企業の求人が多い

転子
転子

IT業界に特化した転職サイトです。誰もが知る大手企業というよりかは、新興ベンチャー企業や中小企業がメインです。ターゲットが明確なので、IT・WEB業界への転職が固まっている人にはおすすめできます。

職男
職男

有名な転職サイトなどには掲載されていないようなスタートアップ企業なども掲載されており、全体的に風通しのよさそうな企業が多い印象でした。

転子
転子

ベンチャー求人が多いせいか、経験よりもやる気重視求人が少なくなく、他業種、職種へのチャレンジが比較的容易です。

出典:みんなの評判ランキング

上記の評判どおり、ベンチャーやスタートアップ企業などの案件が多い点も、Greenを使うメリットです。

ベンチャー企業は以下の点で、大手企業とは違う魅力があります。

  • トレンドの技術を取り入れた開発を行う
  • 若手でも活躍できる可能性がある

転職先としてベンチャー企業を視野に入れている場合、Greenは理想の企業が見つかりやすいサービスです。2024年2月時点では、以下の企業で求人を募集していました。

  • 株式会社サイバーエージェント
  • チームラボ株式会社
  • ウェルスナビ株式会社

他にも多くの企業の求人を掲載しているので、ぜひ求人内容をチェックしてみましょう。

Greenで求人を見てみる

企業の情報が詳しく載っている

転子
転子

一つの会社に対して、色々な情報も分かるのもこのサイトの魅力だと思います。例えば、会社の情報はもちろんのこと、実際に働く社員さんの声であったりとか『この仕事で得られるもの』などの記載もあり、自分自身がこの会社で働くイメージが非常に浮かびます。会社の想いが伝わるので、より詳しく知ることも出来ます。自分に合った会社を選ぶには、もってこいの転職サイトだと思いました。

職男
職男

掲載されている各企業の求人内容がとても具体的で、読んでいるだけでやる気が沸いてきました。

転子
転子

企業側の条件や画像が表示されているので条件と合わせてどんな会社なのか情報が画像として見られるのも大きいです。

出典:みんなの評判ランキング

上記の口コミで言われているように、企業の情報が詳しく載っている点もGreenの強みです。以下の情報を掲載しているので、実際に働いたときのイメージが湧きやすいといえます。

  • 募集背景
  • オフィス内の写真
  • 代表のメッセージ
  • 社員インタビュー

会社の概要や仕事内容に加え、上記の内容が盛り込まれているので、ミスマッチを防ぎやすくなっています。

企業によって記載されている情報に違いはありますが、他の転職サイトと比べたときの情報量の豊富さが好評です。

「気になる」やスカウトで企業からアプローチが来る

転子
転子

履歴書や簡単な職務経歴書、前職での年収、スカウトしてくれる会社への希望など記載するスペースもあるため、経歴を踏まえて「あなたの事が気になります」と企業から気になるアピールされることも多くあり、知らない企業についても沢山知る事が出来ました。

職男
職男

自分の情報を登録するだけで、色々な企業から匿名のスカウトがあり、実際に面接にすすみました。今まで求人はこちらから一方的に応募する形しか知らなかったので、自分のことを気になっている企業にアプローチできるのはよかったです。

転子
転子

会員登録時に詳細なプロフィールを記述するため、過去の職歴を見た企業側からのアプローチを貰えたのが、この求人サイトを利用して良かったと感じている点です。おかげで得意な分野を活かした職場を見つけることが出来ました。

出典:みんなの評判ランキング

Greenには「気になる」やスカウトなどの機能があります。この機能はプロフィールを見た企業が転職希望者へアプローチするときに使うもので、違いは以下のとおりです。

  • 「気になる」:転職希望者に興味があることを示す機能
  • スカウト:面談のオファーなどをメッセージで転職希望者へ伝える機能

プロフィールで経歴やスキルを見て、企業の担当者は「気になる」やスカウトメッセージを送ります。そのため、自分のスキルを活かせる仕事や、自分の希望に沿った求人に出会える可能性が高まります。

企業とカジュアルにやり取りできる

職男
職男

実際にGreen上で気になる会社へ応募したあと、先方から反応があればGreen内のチャットを使用してメッセージのやり取りをするのですが、メールよりもカジュアルな印象で返信ができるため私はここも気に入っています。

転子
転子

担当者との連絡も直接サイト上で成り立ちますし、気軽にその中で面談スケジュールも確定するため、余計な時間がかからずに選考を進めることができました。

出典:みんなの評判ランキング

上記口コミのとおり、Green上ではアプリやサイト内のメッセージ機能を使って、企業とやり取りをします。

チャットのほうがコミュニケーションを取りやすい人や、メールが苦手な人にはおすすめです。

なお、企業とマッチングしたらカジュアル面談に進む可能性があります。チャットを活用して興味のある企業とコミュニケーションを取ってみましょう。

Greenの悪い口コミや評判5選

ここからは、Greenの良くない評判を5つ紹介します。

順番に見ていきましょう。

エージェントがいない

転子
転子

掲載されている企業も多いですし、検索ページも見やすいので、ひとりで転職活動に集中したい人には良いですが、エージェントもいないためサポートがほしい人にはあまりおすすめできません。

職男
職男

確かにヘッドハンターからのメッセージがないだけで日々穏やかでした。企業さんと直でやり取りできるのはありがたかったです。でも直でやりとりするのがウリなので、トラブルも直接やり取りしなければならず、万が一の時に役に立ちません。

出典:みんなの評判ランキング

口コミのとおり、Greenにエージェントは存在しません。Greenは転職エージェントと異なり、自分で求人を探すタイプのサービスです。

転職エージェントとは、転職希望者の要望を聞き取って転職先の紹介をするサービスを指します。エージェントによる提出書類の添削や、面接対策などのアドバイスも受けられます。

このように、Greenには転職をサポートする人がいないため、自主的に動かなければなりません。1人で転職活動を進めるのが不安な人には、向いていないサービスです。

1人で転職を進める自信がない人は、転職エージェントの利用をおすすめします。

地方の求人が少ない

職男
職男

Greenでめちゃくちゃ気になる仕事内容&職種&職場環境の会社から気になるが届いたのですが、リモート不可の文言に泣いた。東海3県(名古屋市八事近郊まで片道2時間以内圏内)なら転居したけど、流石に東京は・・・地方はそもそも求人がないか、あっても実務経験必須求人だけなの本当辛い。。。

出典:X(旧Twitter)

転子
転子

わたしが使っていたのはgreenとFind Jobでしたよ🤔
ただ地方の求人はなかなかないのが現状だと思いますね。

出典:X(旧Twitter)

上記のとおり、東京の企業が多い反面、地方の求人は少ない点もGreenのデメリットといえます。遠方の求人に応募した場合、転居を求められることも考えられます。

ただ、Greenにはフルリモートで勤務できる求人が豊富で、以下の口コミも見受けられました。

職男
職男

フルリモートで働きたいならGreenがオススメ。大手の転職サイトを見ても、エージェントに相談してもフルリモートの求人はあまり見つかりません。Greenはリモートの求人が中心なので通勤が嫌な方や地方在住の方にはオススメの転職サイトです。

出典:X(旧Twitter)

2024年2月時点でフルリモート可能な求人は3,735件でした。

検索条件で「勤務地」を「フルリモート」に設定すると、リモートワークができる求人を探せます。リモートワークに抵抗がないのであれば、リモートで働ける求人を検討するのも1つの方法です。

情報が更新されていない求人がある

転子
転子

すでに採用を行っていない企業を把握していながら掲載を続けている。また、掲載企業もブラック?なのか採用されたら正社員での募集だったのに契約社員での雇用にされた。

出典:みんなの評判ランキング

口コミのとおり、求人によっては情報がアップデートされていない可能性があります。

企業が求人を掲載するにあたって、期間や掲載数には制限なく、追加で掲載費用も発生しません。そのため、募集が終了しても掲載が続けられている求人や、情報が更新されていない求人が見受けられます。

ただ、各求人には情報の更新日が載っています。求人情報が古くなっていないか気になる場合は、事前にチェックするのがおすすめです。

なお、気になる点は正式な応募前にメッセージや面談などで質問しましょう。

企業から反応がない場合がある

職男
職男

その上向こうから質問しておいてこちらの連絡に対し返事が返ってこない。気になるからマッチングをしても、全く反応なし。話を聞いてみたいボタンの存在意義とは…。

転子
転子

「気になる」が届いたので「話を聞いてみたい」で返しても全く連絡がこない

出典:みんなの評判ランキング

上記口コミのとおり「気になる」や「話を聞いてみたい」などを押しても、必ず連絡が来るわけではありません。企業に対して興味があることを表しているにすぎないので、音沙汰がないこともあります。

ただ、企業側が転職希望者に興味を持てば、返信が来る可能性は高まります。

プロフィールにこれまでの実績や所有している資格などを書いて、自身のスキルやキャリアをアピールしましょう。

志望している業界や企業と関連する経験やスキルを記入すると、興味を持ってもらいやすくなります。

選考に通りにくい

職男
職男

いきなり応募してもほとんどの確立で選考落ちになる(面談に取り付かないと応募にすら繋がらない)

転子
転子

一部ユーザーには何かしらフィルターかけてるのかってくらい選考通らない。

職男
職男

wantedlyとGreenを中心に転職活動を行ってるけど未だに書類選考すら通らないです😱
分かってはいたけれど、想像以上に未経験からのエンジニア転職は厳しいですね😅

出典:みんなの評判ランキングX(旧Twitter)

口コミで言われているように、突然求人へ応募しても選考に通らないこともあります。

Greenでは、まずカジュアル面談の実施を推奨しています。企業とのミスマッチを防ぐためにも、いきなり応募するのではなく、まずは「気になる」や「話を聞きたい」ボタンを押してみましょう。その後、カジュアル面談をしてから応募するのがおすすめです。

また、プロフィールや応募時のメッセージも見直しましょう。

Green上でのプロフィールは履歴書や職務経歴書の代わりです。可能であれば第三者にチェックしてもらい、興味を惹かれるプロフィールになっているか確認してもらうことをおすすめします。

応募時のメッセージは、企業や仕事内容で惹かれた点などを書いて、採用担当者にポジティブな印象を持ってもらえるか見直してみましょう。

Greenの5つの特徴

口コミや評判を踏まえ、Greenの特徴を5つにまとめました。

それぞれの特徴を順番に紹介します。

GreenはIT/Web業界を中心に29,000件以上の求人を掲載しており、特にベンチャー企業の求人が豊富です。2024年2月時点では「ベンチャー」で検索したところ10,457件の求人がヒットしました。

具体的な企業名を挙げると、2024年2月時点で「株式会社サイバーエージェント」の求人を募集しています。過去には「株式会社メルカリ」の求人も掲載していました。

なお、求人が豊富なため探せる職種も多彩です。「ネットワークエンジニア」や「インサイドセールス」など、職種を具体的に絞った検索もできます。

IT/Web系ベンチャー企業への転職を考えているなら、ぜひGreenに登録して求人を探してみましょう。

求人情報が詳しい

求人情報が詳しいこともGreenの特徴です。

Greenではプロのライターやカメラマンが取材を行い、企業紹介ページを作成しています。そのため、企業の公式サイトや他の転職サイトにはない情報が載っていることもあります。

以下は求人情報に載っている内容の一例です。

  • 募集背景
  • この仕事で得られるもの
  • 社員の声、社員インタビュー
  • 基本的な情報(仕事内容、福利厚生など)

会社の雰囲気をつかみやすいので、ミスマッチのリスクを軽減することが可能です。

「気になる」ボタンで企業への興味を示せる

「気になる」ボタンもGreenの特徴です。「気になる」を押すと企業に対して興味を持っていることを表せます。応募の意思を問わず「気になる」ボタンを押しても問題ありません。

もし企業側が「『気になる』を押してきた人材に話を聞いてみたい」と思った場合、カジュアル面談につながる可能性もあります。興味を持った企業には「気になる」ボタンを押して、アプローチしてみましょう。

なお、「気になる」は企業側にも存在する機能です。プロフィールを見て転職希望者に興味を持った場合「気になる」を押されます。

自分の希望する条件に近い企業から「気になる」が来ていないか、チェックしてみましょう。

企業からのスカウト機能がある

企業からの転職希望者へのアプローチ方法の1つに「スカウト」があります。

プロフィールを見た採用担当者が「話をしてみたい」「採用したい」と思った場合に、転職希望者をスカウトします。内容はカジュアル面談の打診が一般的です。

スキルや経歴を見てスカウトしているため、自分にぴったりの会社と出会えるチャンスがあります。スカウトされたら、まずは話を聞いてみるのもおすすめです。

求人情報だけでは得られない会社の空気や社員の人柄などを把握できます。

カジュアル面談ができる

カジュアル面談は、面接ほど形式ばらずに採用担当者と話ができる機会です。次の場合に実施される可能性があります。

  • 企業からのスカウトに応じた場合
  • 自分が「気になる」を押した企業から返信があった場合
  • 企業が押した「気になる」に対し「話を聞いてみたい」を押した場合

カジュアル面談は面接ではないので、企業に対してさまざまな質問ができます。Web上だけではわからなかった点や、気になっていることを企業側に聞けるチャンスです。

カジュアル面談を通して自身の希望とマッチすることを確認できたら、後日に面接へ進める場合もあります。

カジュアル面談で企業の特徴や魅力を把握し、面接で話す志望理由や逆質問の材料にしましょう。

Greenを使うときの3つの注意点

Greenを使う際には、次の3点に注意が必要です。

順番に見ていきましょう。

地方の求人が少ない

Greenは地方勤務の求人数が少ない傾向です。

2024年2月時点でおよそ29,000件中21,000件が東京の求人でした。約70%が東京での勤務なので、地方の求人は30%ほどです。地方で働きたい人にとっては希望の求人に出会いにくいといえます。

ただ、リモートで働ける仕事を探すなら求人は豊富です。2024年2月時点でフルリモート勤務が可能な求人は約3,700件ありました。

地方にいながら都心の企業で働けるので、抵抗がなければリモートワークできる求人を探してみましょう。

自分で転職活動を進める必要がある

Greenを利用する場合は、自主的に転職活動を進めなければなりません。Greenは求人を掲載しているだけで、希望に沿った求人を知らせてくれるエージェントがいないためです。

転職エージェントの場合、エージェントと電話や直接面談したうえで希望に沿った求人を紹介してくれます。しかし、Greenをはじめとした転職サイトを利用する場合は、自分で求人を探す必要があります。

また、企業と直接やり取りも必要です。転職エージェントであれば、転職希望者と企業の間にエージェントが入ります。エージェントは面接日程・入社日・給与などの交渉を代行してくれますが、Greenを利用するなら自身でやり取りしなくてはなりません。

ただ、企業の採用担当者などと直接コミュニケーションを取る機会は、どのような社員がいるのかを知るチャンスでもあります。転職先の社員の雰囲気を把握しておきたい人にとっては、Greenの利用がおすすめです。

GreenではITやWeb系以外の求人は掲載数が少ないです。

IT/Web業界に特化した転職サイトなので、他の職種も同時に探すのは困難といえます。メーカーや商社など別業界を志望しているなら、Greenの利用は向いていません。

しかし、IT/Web系企業のバックオフィス業務や営業であれば、求人を掲載しています。エンジニアやWebデザイナーだけを募集しているわけではないので、希望する職種で募集がないか一度求人を探してみましょう。

Greenの利用がおすすめな人3選

ここからは、Greenの利用がおすすめな人を紹介します。

それぞれ順番に見ていきましょう。

エンジニアやIT/Web業界の仕事を希望する人にとって、Greenは最適なサービスです。

Greenは以下のように、IT/Web系企業の幅広い職種を掲載しています。

  • エンジニアなどの技術職
  • クリエイティブ職(デザイナーなど)
  • 企画、マーケティング職
  • 経理、事務職
  • 経営、CxO職

また、IT/Web業界の経験者はもちろん、なかにはブランクがある人や未経験者を歓迎している求人もあります。

IT/Web業界が気になっている人には、希望する求人が見つかりやすいサイトです。

ベンチャー・スタートアップ企業に興味のある人

ベンチャーやスタートアップ企業への転職を検討している人にも、Greenをおすすめします。

Greenはベンチャーやスタートアップ企業の掲載が豊富です。その理由としてGreenは採用コストを抑えられることが挙げられます。

ベンチャーやスタートアップ企業は採用へ大幅に予算をかけられません。しかし、Greenは以下の仕組みを取り入れているので、限られた予算で採用活動ができます。

  • 求人の掲載期間や求人数が無制限
  • 採用が決まったら、年収ではなく職種ごとに設定された成功報酬を支払う

上記の仕組みにより、採用にかかるコストを節約できるGreenには、ベンチャーやスタートアップ企業が集まりやすいといえます。

なお、ベンチャーやスタートアップ企業の特徴としては、以下のとおりです。

  • 少数精鋭のため、若手でも裁量権のある仕事を任せられる場合がある
  • 少人数で仕事を行うため、意見が通りやすく風通しが良い
  • トレンドの技術を積極的に取り入れる傾向がある

責任感やスピード感を持って仕事をしたい人、スキルの幅を広げたい人に、ベンチャーやスタートアップはぴったりです。

上記のように、大手企業とは違った働き方をしてみたい人には特におすすめします。

自分のペースで転職活動を進めたい人

他人に急かされることなく自分のペースで転職活動をしたい人も、Greenの利用が向いています。

Greenは転職サイトなので、自分の好きなタイミングで気になった求人へアプローチして転職を進めるスタイルです。

転職エージェントでは担当のエージェントから、求人情報の紹介・面接の日程調整などのメールや電話が度々来ます。しかし、人によっては「連絡の頻度が多い」「煩わしい」と感じる点がデメリットです。

「いつか転職したいけど、まずは求人を見るだけ」「エージェントからの連絡がなくても、自分で転職活動を進められる」という人は、Greenを活用していきましょう。

Greenの利用をおすすめしない人3選

ここからは、Greenの利用をおすすめできない人を紹介します。

それぞれ解説します。

IT/Web業界以外への転職を志望する人

IT/Web業界以外への転職を考えている人は、Greenの利用は控えることをおすすめします。

GreenはIT/Web業界に特化した転職サイトです。まったく別の業界を志望している場合、希望の求人は見つかりにくいといえます。

なお、特定の職種で横断的にさまざまな業界を見ている人は、Green上でIT/Web系企業の希望する職種が見つかる可能性はあります。

しかし、IT/Web業界とは違う業界で働きたいなら、Greenでは理想の求人が見つかりにくいです。他の転職サイトの活用をおすすめします。

自分で転職先を探したくない人

求人を自分で探したくない人にも、Greenはおすすめできません。

Greenには転職エージェントがいないので、主体的に転職活動をしていく必要があります。そのため、自分で転職活動を進める意思がないと、いつまでも転職先が見つかりません。

現職が忙しいなどの理由で、転職先を探す時間がない人にも不向きです。そもそも求人を探すのが難しいうえ、企業の採用担当者から連絡が来ても返信できない恐れがあります。

自分に合った企業を探すのが億劫な人や多忙な人は、サポートの手厚い転職エージェントの利用がおすすめです。

地方の企業に転職したい人

Greenは東京で働ける求人が多い一方、地方の求人は少数です。もし地方企業への転職を考えているなら、希望の企業が見つからない恐れがあります。

ただ、所在地が東京でもオフィスへ出社せず、フルリモートで勤務できる企業も存在します。リモートワークでも問題なければ、仕事が見つかるかもしれません。面接や入社の際も出社不要で、一度も会社に行かず勤務を開始できる場合があります。

また、事前に相談すればリモートワークが許可されるケースもあります。

求人検索で「勤務地」を「フルリモート」に設定して探してみましょう。

Greenとの併用がおすすめの転職サイト3選

Green以外の転職サイトを利用したい人に向けて、おすすめのサービスを3つ紹介します。

Greenとの併用がおすすめの転職サイト3選

順番に見ていきましょう。

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント
リクルートエージェントの基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約397,200件
非公開求人数約258,300件
対応エリア全国
対応職種営業・販売・カスタマーサービス
企画・マーケティング・経営
管理・事務 物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ
SE・ITエンジニア
エンジニア(設計・生産技術・品質管理)
建築・土木・設備
医療・医薬・化粧品
その他(講師・調理師・介護など)
実績転職支援実績No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年11月時点

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。

リクルートエージェントの強み
  • 公開・非公開を合わせると、約60万件の求人を掲載(2024年2月時点)
  • 地方の求人も多数
  • 独自に分析した業界・企業情報を提供

求人数が豊富で、商社・物流・エンタメ・人材など他にも多数の業界の求人を掲載しています。地方の求人も取り扱っているため、地方で働きたい人にもおすすめです。

エージェントによる提出書類の添削や面接対策の他に、独自に行なった業界・企業の分析を共有してもらえます。

リクルートエージェントの評判は下記のとおりでした。

良い評判

・選考辞退の連絡も行ってもらえるので、気持ちが楽。
*ここはエージェントさんによるのかもしれませんが、担当していただいた方は、二次選考以降の辞退に難色を示すことはありませんでした。

・面接内容の添削や、相談に乗っていただける。
*これもエージェントさんによるのかもしれません。とある企業の選考に進んだときに、お電話でヒアリングをしてくださり、迷っている気持ちなどをお伝えしたところ、「確かに、あまりこの企業とは合ってないのかもしれませんね?」と、意外にも、選考辞退の選択肢も提示してくださいました。そのアドバイスもあって選考辞退を決意しましたが、今となっては大変良い選択だったと思います。

・自己肯定感を上げてくれる。
*担当エージェントの方は、サッパリ明るい営業気質な感じで、(応募などの圧はありましたが笑)お電話でお話ししていると励みになる言葉もかけてくださり、沈みがちな転職活動中でも元気になれました。

出典:みんなの評判ランキング

悪い評判

希望と違う求人や同じ求人を何度も送付してくる。せめて「この求人はもう必要ない、または興味がない」などのボタンがあればいいが、担当に連絡する必要があるので面倒。しかもこちらの希望、スキルに合った企業ではなかった。条件を伝えていても、条件通りの求人が送られてこなかった。

出典:みんなの評判ランキング

以上のことから、リクルートエージェントは次の人におすすめです。

リクルートエージェントの利用がおすすめの人
  • 転職活動に不安があり、プロによるサポートを受けたい人
  • 多くの業界や職種を検討したい人
  • 地方で働きたい人

どのエージェントに登録するか迷っている人は、求人数が特に豊富なリクルートエージェントに登録してみましょう。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

doda

出典:doda
dodaの基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約221,400件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業職
企画・管理
事務・アシスタント
技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)
技術職(組み込みソフトウェア)
技術職(機械・電気)
技術職・専門職(建設・建築・不動産・プラント・工場)
技術職(化学・素材・化粧品・トイレタリー)
技術職(食品・香料・飼料)
医療系専門職
金融系専門職
専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)
販売・サービス職
クリエイター・クリエイティブ職
公務員・教員・農林水産関連職など
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年11月時点

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する転職サイトです。

dodaの強み
  • メーカー、建設、コンサルティングなど、幅広い業界の求人を掲載
  • エージェントが応募書類の提出や、面接日程の調整などを代行
  • 面接結果のフィードバックを受けられる

2024年2月時点で約24万件の公開求人を掲載しています。

自分で求人を探せる他、エージェントサービスに登録すれば転職のプロによるサポートを受けることが可能です。

キャリアプランの相談や転職ノウハウの提供はもちろん、面接結果を見てアドバイスをもらえるので、反省点は次回の面接につなげられます。

dodaの良い評判と悪い評判は、次のとおりでした。

良い評判

親身で寄り添ってくれる姿勢は断然dodaです。
質の高いハイクラス求人に関しては、リクルートやビズリーチに軍配ですが、カウンセラーの方の対応などを含めるとdodaが使いやすいですね。

出典:みんなの評判ランキング

悪い評判

特に現職に大きな不満があるわけでなく、ゆるく転職活動をしていて、どんな企業があるかな程度に探していました。しかし、就業時間を無視した頻繁な電話がとても迷惑です。昼休み中に一度電話に出た際にぐいぐいと面談の日程を詰めてきました。

出典:みんなの評判ランキング

特徴や評判を踏まえると、dodaは下記の人におすすめできます。

dodaの利用がおすすめの人
  • 幅広く業界を見たい人
  • 企業とのやり取りを代行してほしい人
  • 面接に自信がなく、アドバイスをもらいたい人

エージェントサービスに登録すれば、エージェントによるアドバイスを受けられるので、ぜひ以下から登録してみましょう。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

マイナビエージェント

出典:マイナビエージェント
マイナビエージェントの基本情報
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約67,000件
非公開求人数約18,700件
対応エリア全国
対応職種IT系技術職
営業職
機械・電気系技術職
金融系
不動産・建築職
医薬・医療系職
販売・サービス系職
クリエイティブ職
企画・管理系職など
実績2023年オリコン顧客満足度®︎調査 転職エージェント第1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年11月時点

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが提供するエージェントサービスです。

マイナビエージェントの強み
  • 転職の回数別・年代別サポートがある
  • 各業界の転職事情に詳しいエージェントがいる
  • 企業担当アドバイザーも在籍している

2024年2月時点では、5.5万件以上の公開求人を紹介しており、非公開求人も1.5万件を所有しています。

「2回目以降の転職」や「30代以上の転職」など、転職者の属性に合わせたサービスが特徴の1つです。

さらに、「マイナビメーカーAGENT」「マイナビ金融AGENT」など、業界や職種別のサポートも提供しています。

また、キャリアアドバイザーとは別に、企業とやり取りするアドバイザーが在籍しています。求人情報では得られない、会社の雰囲気や採用担当者の人柄などの把握も可能です。

マイナビエージェントには、以下の評判が見受けられました。

良い評判

化学系技術職の転職で他の大手エージェントを利用していましたが、いまいち前職の知識や技術をわかってもらえず分野違いの企業ばかりを紹介されて困っていたため、大手かつ特化型サービスと銘打っているマイナビメーカーエージェントを利用しました。ミスマッチへの配慮を丁寧にしてくれたこと、転職活動の軸がぶれた時も親身に相談に乗っていただけたこと、多くの候補企業を提案してくれたことの3点が凄く良かったです。おかげで利用してから2ヶ月で無事に内定を取ることが出来ました。次に転職する時もぜひ利用したいと思っています。

出典:みんなの評判ランキング

悪い評判

転職活動のため、マイナビエージェントに登録しました。すぐに連絡がなく、営業日3日後にメールが来たかと思えば、「あいにく現在弊社にてマッチする求人がなくすぐにご紹介が難しい状況です。」とのことで、面談すらしていただけませんでした。私の経歴が良くないのかもしれませんが、他社エージェントサービスの担当の方はしっかり対応してくれています。

出典:みんなの評判ランキング

ここまで紹介した強みや評判から、マイナビエージェントは以下の人にぴったりです。

マイナビエージェントの利用がおすすめの人
  • 複数回の転職を経験している人
  • IT・メーカー・金融業界、営業職に強いエージェントを探している人
  • 企業に精通したアドバイザーからサポートを受けたい人

過去に転職したことがある人、上記の業界や職種を希望している人は、ぜひマイナビエージェントへ登録してみましょう。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

Greenを使うときの流れ6ステップ

Greenを使って転職活動を始める際の流れを、以下6つのステップに分けて紹介します。

それぞれのステップを1つずつ見ていきましょう。

会員登録をする

まずはGreenに会員登録をします。登録には以下のいずれかが必要です。

  • Googleアカウント
  • Yahoo! JAPAN ID
  • Facebookアカウント
  • メールアドレス
出典:Green

次に、以下のような転職の希望条件自分の簡単なプロフィールなどを登録します。

  • 経験した職種
  • 最終学歴
  • ブロック企業
  • 希望の転職時期や勤務地
  • 希望の業界や職種

「ブロック企業」とは、プロフィールを公開したくない企業のことです。ブロック企業に追加された企業は、自身のプロフィールを閲覧できません。

現在の勤務先にGreenへ登録していることを知られたくない場合は、ブロック企業に設定しておきましょう。

なお、希望の業界や職種をはじめ、登録した情報は後から変更できます。現時点で希望する条件を入力しましょう。

プロフィールを編集する

登録が済んだら、プロフィールを編集してより詳細な情報を記入します。プロフィールを埋めると、採用担当者から興味を持たれやすくなり、次の効果が期待できます。

  • スカウトが来て、カジュアル面談につながる可能性がある
  • 書類選考に通りやすくなる

スムーズに転職を進めるためにも、Greenに登録した段階で設定を飛ばした項目があれば埋めておきましょう。これまでの経験や持っているスキルを登録すると、より自分に適した企業からスカウトされやすくなります。

なお、Green上でのプロフィールは職務経歴書の代わりです。採用担当者は書類選考の際にプロフィールを確認します。選考をスムーズに通過するためにも、内容を充実させておきましょう。

ちなみに「スキルシート」の項目では、プログラミング言語のような技術に限らず、幅広いスキルの登録が可能です。たとえば、スキルシートの一覧の中には次のようなスキルがあります。

  • 採用実務
  • 給与計算
  • 労務管理
  • 社内広報
  • 契約書ほか各種文書のチェック・作成・管理

担当したことがある業務があれば、経験年数を登録しておきましょう。

求人を探す

プロフィールを編集できたら、求人を探します。Greenでは職種や年収以外にも、次のように多彩な方法で求人の絞り込みが可能です。

  • 従業員数
  • 会社の設立年数
  • 求人に関する条件(未経験者OKなど)
  • 企業に関する条件(カジュアル面談歓迎など)
  • フリーワード検索
出典:Green

ただし、希望する条件をすべて満たす求人はなかなか存在しません。以下のように転職の軸を決めたり、希望する条件に優先順位をつけたりして探すのがおすすめです。

  • 年収
  • 社風
  • 福利厚生
  • 社員の雰囲気
  • 職種や仕事内容

なお、企業のサイトや求人情報には、プラス面しか書いていないこともあります。「社員の仕事に対するスタンスは?」「離職率はどのくらいか?」など引っかかる点があれば、実際に話を聞いたり口コミサイトを調べたりしましょう。

実際に話を聞くには、カジュアル面談の活用が有効です。カジュアル面談は以下の場合に開催できます。

  • 企業から「スカウト」が届いた場合
  • 企業から「気になる」が届き、「話を聞いてみたい」ボタンを押して返信があった場合
  • 企業に対し「気になる」を押して、返信があった場合

企業や業務内容に興味が持てたら、カジュアル面談で話を聞いてみましょう。検索結果ではヒットしなかったものの、自分にぴったりの企業が見つかる可能性があります。

求人へ応募する

自分の希望する勤務条件と合致する企業が見つかったら、求人へ応募しましょう。

転職先が決まるまでは、ある程度の応募数が必要です。Greenで転職に成功した人の応募数は次のとおりです。

  • 1~4件:35%
  • 5~9件:23%
  • 10~19件:21%
  • 20~29件:21%
  • 30件以上:21%

10~20件応募して内定先が決まるのが一般的ですが、Greenでは10件未満の応募数でも転職している人が58%います。なお、Greenで推奨している応募数は以下のとおりです。

  • 1社内定を目指す場合:7社へ応募
  • 2社内定を目指す場合:14社へ応募

2社から内定をもらうつもりで動くと転職しやすくなります。転職したい日に合わせ、逆算して応募数と応募の開始日を決めましょう。

Greenでは、応募時に採用担当者へメッセージを送れます。採用担当者は1件ずつメッセージを確認するので、熱意や志望動機が伝わるよう丁寧に書きましょう。

出典:Green

できれば、応募前に「気になる」ボタンを押し、企業に対して興味がある旨をアピールするのがおすすめです。採用担当者も「気になる」を押した転職者に興味を持てば、メッセージでカジュアル面談に進むケースがあります。

なお、スカウトでカジュアル面談のオファーが来る場合もあります。

面接や面談をおこなう

採用担当者と調整した日時で面接や面談を実施します。

以下のようによく聞かれる質問は、返答をあらかじめ考えておくと、慌てる心配がありません。

  • 自己紹介
  • 志望理由
  • キャリアプラン
  • 自身の強みや弱み
  • 転職活動を始めた理由

面接官は何か意図や目的があって質問を投げかけます。たとえば、転職活動を始めた理由を聞く背景としては以下のとおりです。

  • 現職や前職の環境だけを原因に、退職を考えていないか
  • キャリアプランを考えたうえでの転職なのか

質問をした意図を考えて、的外れの回答をしないように注意しましょう。

また、面接や面談で企業へ訪問する場合には次のことに配慮が必要です。

  • 清潔感のある髪型や服装を意識する
  • 5分前には現地へ到着し、受付を済ませる
  • 聞き取りやすい声ではっきりと受け答えをする

Greenでは一次面接や初回の面談をオンラインで実施するケースもあります。以下を事前に確認しておくと安心です。

  • バッテリーは充分か
  • 背景に生活感が出すぎていないか
  • インターネット回線の接続は安定しているか
  • Zoomなど使用するビデオツールの動作チェックを済ませたか

マナー面にも気をつけ、ビジネスパーソンとして良い印象を与えられるよう心がけましょう。

内定後、転職先で働く

Green経由で応募した企業の面接に合格し、内定して転職先が決まったら、入社確定連絡をしましょう。

プロフィールの「設定」から転職先と入社予定日を入力すると、転職のお祝い金としてAmazonギフト券1万円分がもらえます。

出典:Green

Amazonギフト券が送られるのは、入社予定日にGreenが企業へ入社確認を実施した後です。登録しているメールアドレス宛てに届くので確認してみましょう。なお、Greenを退会しているとAmazonギフト券は受け取れません。

また、現職を退職していない場合は、早めに転職の旨を上司へ報告します。できるだけ職場へ負担がかからないよう配慮することが大切です。後任の社員が業務で支障をきたさないよう、必要であれば引き継ぎ資料を作成しましょう。

Greenに関するよくある質問4つ

Greenを利用する際によくある質問を4つ紹介します。

それぞれの質問に回答します。

Greenのスカウトからの内定率は?

およそ60%以上が採用担当者からのアプローチをきっかけに転職しています。

企業側はプロフィールを見てスカウトしているため、経歴や自分の希望に即した企業がメッセージを送っている可能性が高いです。

興味があれば、スカウトを受けてカジュアル面談に進んでみることをおすすめします。

Greenの「気になる」とスカウトは何が違う?

「気になる」は企業側も使う機能です。そのため転職希望者へ「気になる」が届くこともあります。

「気になる」とスカウトの違いは下記のとおりです。

  • 「気になる」:転職者への興味を示す
  • スカウト:カジュアル面談の打診が送られてくる場合が多い

「気になる」が送られてきた企業には「話を聞いてみたい」を押して、カジュアル面談を希望する旨を伝えることが可能です。企業側も面談を希望したら日程を調整して、実施の日時を決めましょう。

スカウトであれば、送られてきたメッセージの内容しだいで面談に進めます。Greenの調査では、転職した人の9割以上が企業からのスカウトへ応募しています。

興味のある企業からアプローチされた場合は、面談で詳しい話を聞いてみましょう。

Greenでスカウトが来ないのはなぜ?

まずは「設定」で「気になる・スカウト」欄が「受け取る」になっているかを確認しましょう。「受け取らない」になっていると、スカウトを受信できません。

それでもスカウトが来ない場合、プロフィールに書いてある情報が不十分な可能性があります。

採用担当者はプロフィールを見てスカウトを送っています。プロフィールにあまり情報が載っていないと、優秀な人材であっても転職希望者の魅力を感じられません。

そのため、実績・スキル・自己PRなどを詳しく書いて、企業が欲しいと思える人材に見えるようアピールしましょう。

Greenで「話を聞いてみたい」を押しても返信が来ないのはなぜ?

「話を聞いてみたい」は「気になる」を押してきた企業に対して送れるリアクションです。

ただし「話を聞いてみたい」を押しても、必ず企業から返信が来るわけではありません。企業側が面談を実施できるときのみ返信が来ます。

また、企業側の選考状況によっては返信がない場合もあるので、過度に期待しすぎないようにしましょう。

現在の転職市場

本記事ではGreenの評判やおすすめの転職サービスを紹介してきましたが、転職市場についても以下のとおり解説します。

順番に見ていきましょう。

厚生労働省の令和4年雇用動向調査によると、最も多い転職の理由は「定年・契約期間の満了」でした。

次に多い理由は「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」です。

定年や契約期間などのやむを得ない事情以外では、待遇の良い環境を求めて転職する人が多いといえます。

転職者の収入

厚生労働省の令和4年雇用動向調査で、令和4年の転職者の賃金は、前職の賃金に比べると以下のとおりでした。

  • 「増加」34.9%
  • 「減少」33.9%
  • 「変わらない」29.1%

年齢別に見ると、以下のとおりです。

  • 25~29歳:「増加」45.6%、「減少」26.7%、「変わらない」26.9%
  • 30~34歳:「増加」39.4%、「減少」32.3%、「変わらない」27.1%
  • 35~39歳:「増加」44.9%、「減少」23.3%、「変わらない」28.8%

若手や中堅にあたる年齢の人は、転職後の収入アップが期待できるといえます。

IT人材の将来性

株式会社マイナビの転職動向調査 2023年版(2022年実績)では、エンジニア・クリエイターに転職した半数以上の人が「年収は増加した」と回答しました。

さらに、総務省の令和3年版 情報通信白書では、IT人材の不足が指摘されています。今後もエンジニアをはじめとした、IT人材の需要が高い状況は継続する見込みです。

まとめ:Greenで自分に合った企業へ転職しよう

本記事で紹介した口コミや評判、特徴などを踏まえ、Greenで自分にぴったりの企業へ転職しましょう。

IT/Web業界への転職を考えている人は、ぜひ以下からGreenへ登録してみてください。

まとめ:Greenで自分に合った企業へ転職しよう
  • GreenはIT/Web業界に特化した転職サイト
  • ベンチャーやスタートアップ企業の求人が豊富
  • IT/Web系企業にまつわる求人を多く掲載
  • 企業の求人情報が詳しく載っている
  • カジュアルに転職を進められる
  • 地方の求人が少ない点・自分で転職活動を進めなければならない点は注意

\無料で登録・利用OK/

Greenに登録してみる

>>>Green公式サイトはコチラ<<<