【失敗しない】転職エージェントの選び方と使うべき理由を徹底解説

職男
職男

転職エージェントって何を基準に選べばいい?

転子
転子

転職に成功して早く再出発したいけど… 

職男
職男

自分に合う転職エージェントの選び方を教えて 

転職エージェントはあらゆる方法で求職者をサポートしてくれる頼れる存在です。

とはいえ、種類が多くサービスも様々な転職エージェントは、結局選び方がわからず迷いますよね。

そこで本記事では転職エージェントの選び方を転職初心者にもわかりやすく解説します。

自己アピールするコツや、やってはいけない注意点もご紹介しますので、あなたの転職活動に役立ててください。

転職エージェントの選び方をざっくりまとめると

迷ったら圧倒的な求人数がある大手の総合型リクルートエージェントもおすすめ

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

目次 開く

  1. 転職エージェントを使うべき7つのメリット
  2. 転職エージェントは使うな?5つのデメリット
  3. 転職エージェントの失敗しない5つの選び方
  4. 転職エージェントで内定をもらうための3つの方法
  5. 今すぐできる!転職エージェントにアピールする3つの方法
  6. 転職エージェントで失敗しやすい5つの注意点
  7. 転職エージェントの登録から内定までの流れを5つのステップで紹介
  8. 最初の登録におすすめの転職エージェント3選
  9. 転職エージェントの選び方に関するよくある質問
  10. あなたに合う転職エージェントを賢く利用して転職を成功させよう
目次へ

転職エージェントを使うべき7つのメリット

転職エージェントを選ぶ前に、転職エージェントのメリットをおさえておきましょう。

そもそもなぜ転職エージェントを使うと何が良いのか、どんな点に魅力があるのか、転職エージェントのメリットを7つ解説します。

キャリアアドバイザーに転職相談ができる

転職エージェントを利用するとキャリアアドバイザーに個別に相談ができるメリットがあります。

転職のプロであるキャリアアドバイザーに、あなたのキャリアプランや転職に関する悩みを相談することが可能です。

転子
転子

職歴やスキルから、あなたの強みを見いだしてくれたり、弱点見つけてもらえたり、気づかなかった面を知ることができ、転職対策に効果的です。

また転職先の企業にアピールするポイントなど、専門的なアドバイスが受けられるため、転職エージェントを利用する価値があるのです。

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントは企業から直接預かっている求人である、一般には公開されていない非公開求人を紹介してくれます。

非公開求人にする理由は?
  • 人気企業で応募が殺到するのを防ぐため
  • 重要ポジションの募集を競合他社に知られたくないため
  • 人材補充が急で求人を公開する時間や手間を省くため


転職エージェントを使うことで、一般的には公開されていない有名企業や大手企業の求人や、好条件の求人を紹介してもらえる可能性があります。

転子
転子

あなたがマッチすると判断されれば、スピード転職の可能性もあるでしょう。

履歴書・職務経歴書の作成のアドバイスがもらえる

ほとんどのエージェントは、履歴書や職務経歴書の作成について、詳細なアドバイスを行っています。

エージェントのサポートを受けずに仕上げた応募書類と比較すると、あなたをアピールするポイントの伝わり方に違いが出るものです。

転職の第一関門は書類通過のため、応募書類の完成度はとても重要です。

企業が求めている人材像をよく知る転職エージェントが、サポートして職務経歴書を仕上げれば、企業に強い印象を残すことが可能です。

転職エージェントを利用しない求職者より一歩リードして、面接通過を勝ち取ることができるでしょう。

推薦状を送ってもらえる

転職エージェントは、あなたのスキルや経験をアピールするための推薦状を企業側に送ってもらえる場合があります。

推薦状とは、転職エージェントが求職者の強みや人柄、転職理由などを文章にして、あなたをPRする推薦文のことです。

転職エージェントが履歴書や職務経歴書などの応募書類と一緒に求人企業に送ってくれる場合があり、書類選考を有利にします。

転職エージェントの信頼度や推薦状の質によっては、選考結果を左右するほどの影響力があるため、推薦状の効果は見逃せないでしょう。

模擬面接など面接サポートが受けられる

転職エージェントでは、面接対策としての模擬面接や、面接で聞かれる可能性のある質問への回答方法など、具体的なサポートを受けられます。

特に、本番を想定した環境で実際に面接を体験する模擬面接は、本番での緊張を緩和させ本来の実力を発揮できるようになるため大切です。

「面接に通過できない」「面接で緊張しやすい方」は、転職エージェントの模擬面接はぜひ利用したい転職対策の一つです。

応募手続き・面接の日程調整・内定後の給与交渉を代行してくれる

キャリアアドバイザーが応募手続きから面談日の調整、給与の交渉など代行してくれます。

在職中に転職活動をしている場合、多忙な中での応募手続きや日程調整は手間取ることもあるでしょう。

また内定後の給与交渉は言い出しにくい場合もあります。

転職エージェントがすべて代行してくれるため、ストレスなく転職活動を終えることが可能です。

面接結果に対するフィードバックがもらえる

面接後は、結果にかかわらず、企業からのフィードバックをエージェントから受け取れます。

個人で採用試験を受けた場合は結果のみしか知らされません。

転職エージェントを介せば、企業の人事担当者からのフィードバックにより、面接の良かった点、改善が必要な点を把握できます。

たとえ選考に落ちたとしても、次の面接で失敗を活かすこともできるでしょう。

転職エージェントは使うな?5つのデメリット

転職エージェントは企業にあなたを売り込んでくれるとても頼もしい存在ですが、実はデメリットもあります。

デメリットを理解しておけば、転職エージェントをうまく活用することもできるはずです。

登録前に知っておくべき5つのデメリットをご紹介します。

登録から応募まで数日かかる

転職エージェントへの登録・キャリアアドバイザーとの面談など、利用開始まで数日かかります。

登録と同時に利用できる転職サイトほどの手軽さはありません。

とはいえ、面談場所は直接訪問する場合と、オンライン・電話での面談が選べるなど、都合で選べます。

しっかりと面談で求職者のニーズをくみ取った上で、求人を探すためと理解することが大事です。

転職エージェントの強みが異なる

転職エージェントによって得意とする業界や専門性は異なります。

あなたが希望する業界に強い転職エージェントを選ぶことが必須です。

「業界が絞れない」「様々な分野の求人にトライしたい」場合は、大手の規模が大きい転職エージェントであれば、総合的な転職ニーズに応えることができます。

興味のない専門分野の転職エージェントは選ばないよう注意しましょう。

相性が合わないアドバイザーが付く場合がある

転職活動の伴走者となってくれるアドバイザーですが、相性が合わない担当者がつく可能性があるのは事実です。

多くの転職エージェントでは担当を指名することができないため、当たり外れが生じます。

「転職の知識が浅い」「サポート力が低い」など、信頼できない人が付いてしまえば、転職の成功は遠のいてしまいます。

以下のような担当者は、そもそも質が悪いため、担当を変更してもらうべきでしょう。

レベルが低い?キャリアアドバイザーの特徴
  • 的外れな求人ばかり紹介される
  • 求職者の意思を汲み取ってくれない
  • 選考対策で手を抜かれる
  • 連絡が滞り転職活動に支障をきたす

サポート期間が決まっている転職エージェントもある

一部の転職エージェントでは、「利用登録から3ヶ月間」などと、サポート期間を限定している場合があります。

転職活動はダラダラと続けるものではないものの、「ゆっくりと進めたい」「良いところがあれば転職したい」と考えている方は、サポート期間が切れてしまうかもしれません。

なお、多くの求人は3ヶ月程度で入れ替わる場合が多く、見過ごしていると求人は締め切られることもあるため、注意して転職活動を進めましょう。

どこの内定を承諾するか迷ってしまう場合がある

転職エージェントを利用すると、複数の企業から同時期に内定を得る可能性があります。

そもそも転職エージェントは応募企業から内定がもらえるように、応募書類の作成サポートや面接対策をし、希望条件に見合う交渉まで行います。

つまり、自己応募に比べて内定をもらえる確率があがります。

結果、どの内定を受け入れるべきか迷ってしまうことがあるのです。

受ける企業に迷わないためには、事前に志望順位を決めておくことをおすすめします。

転職エージェントの失敗しない5つの選び方

転職エージェントは、転職活動をスムーズに進めるためのサーポーターです。

しかし、選び方を間違えると、転職活動が思わぬ方向へ進んでしまう危険もあります。

ここからは転職エージェント選びを失敗しないために選び方を5つご紹介します。

転職エージェントの種類で選ぶ|総合型と専門特化型

転職エージェントには、幅広い業界をカバーする総合型と、特定の業界や職種に特化した専門特化型エージェントがあります。

総合型転職エージェントと特化型転職エージェントを利用するメリットとデメリットを以下にまとめました。

種類メリットデメリット
総合型・幅広い業界の求人を多数保有している
・転職成功の実績が多い
・未経験業界の可能性を見いだしてもらえる
・業界・職種への知識が浅い場可能性がある
・業界特有の事情や知識は、特化型より劣る
特化型・特定の業界知識が豊富なキャリアアドバイザーのサポートがある
・限定の業界や職種、年代、地域の専門的なサポートが受けられる
・業界特有の事情を考慮した面接対策や情報提供に期待できる
・総合型に比べると求人は少ない
・知識・経験がない求職者へは求人紹介がない場合がある
              →右にスライド可能                

国内の代表的な総合型転職エージェントのほとんどは大手であり、「リクルートエージェント」や「doda」「マイナビエージェント」が代表的です。

専門特化型エージェントには、IT業界専門・事務系専門・外資系に特化・第二新卒に特化など、得意分野はさまざまです。

転職を希望する業界・業種で選ぶ

希望する業界・業種が決まっている方は、その業界・業種に精通したエージェントを選ぶことが重要です。

特化型のエージェントであれば、業界のトレンドや企業の内情を知ることができます。

あなたが目指す業界への転職を実現しやすくなるでしょう。

もしまだどの業界や業種へ転職するべきか迷っている場合には、あせらず総合型の転職エージェントを利用してください。

総合型の転職エージェントのキャリアアドバイザーは、幅広い知識や経験を元に転職の相談にのってくれます。

あなたに合う業界、向いている職種など、あなたの強みを活かした求人を提案してもらえます。

求人数で選ぶ|公開求人・非公開求人

求人数が多ければ多いほど選択の幅が広がるため、公開求人数の多さで選ぶのもポイントです。

大手の総合型の転職エージェントは特に求人数は多い傾向があります。

また、各転職エージェントが独自で保有している「独占求人」や、一般公開をしていない「非公開求人」の豊富さも大事です。

サイト上では掲載されていない非公開求人は、大企業や有名企業の求人や、条件⾯が公開求⼈を上回るケースもあります。

サポート内容で選ぶ

サポート内容や強みは各エージェントごとに異なります。

履歴書・職務経歴書の作成支援、面接対策、キャリアカウンセリングなど、あなたが必要とするサポートを提供しているエージェントを選ぶことが大事です。

転職エージェントの主なサポート内容
  • 紹介数重視で多くの求人を紹介してくれる
  • キャリアコンサルティングに時間をかけている
  • 履歴書添削や面接対策に力を入れている
  • 企業の内部事情まで知り得ている

転職エージェントがどこに力を入れているかにより、受けられるサポートは異なるため、どのようなサポートが必要かを明確にして、判断してみてください。

キャリアアドバイザーの質で選ぶ

転職活動では、質の良いキャリアアドバイザーを見つけることが重要です。

キャリアアドバイザーは求人紹介から書類添削・面接対策・交渉まで多岐にわたるため、キャリアアドバイザーのサポート次第で転職の進め方も違ってきます。

あなたの希望や意思を尊重してくれるキャリアアドバイザーに出会えるかが鍵です。

質の高いキャリアアドバイザーの特徴
  • 企業と求職者のマッチング力が高い
  • 求人を紹介する理由を明確に教えてくれる
  • 業界や企業の内部事情の知識が豊富

希望条件に合った転職先を紹介してくれて、常にサポートをする意欲を感じられるキャリアアドバイザーは、あなたの転職活動の伴走者にふさわしいでしょう。

転職エージェントで内定をもらうための3つの方法

ここからはさらに深堀りをして、内定獲得に向けた転職エージェントの利用方法を3つのパターンでご紹介します。

基本は総合型2つ+特化型1つ

転職エージェントの利用が初めてであれば、まずは総合型2つ+特化型1つを組み合わせることをおすすめします。

総合型2つ+特化型1つがオススメの理由
  • 幅広い求人の中から、ニーズに合った求人をみつけやすい
  • 目指している職種や業種に関する専専門的なアドバイスをもらえる

特に総合型のキャリアアドバイザーは、幅広い業界・業種への転職ノウハウを持っています。

どの業界に進みたいかまだ業界を絞れていない場合には、業界・業種のメリットやデメリット、向き・不向きなどアドバイスをもらえるでしょう。

業界が決まっているなら特化型を2つ以上

希望する業界や分野がすでに決まっている人は、目指している業界専門の特化型サービスを2つ以上登録することをおすすめします。

特化型サービスを2つ以上をおすすめする理由
  • 独自の求人を保有している場合があり、多くの求人に出会える
  • サービスの特徴や強みがあり、それぞれの良いとこ取りができる

あなたが求めるサービスや相性の合う担当者と出会うためにも、目指す業界や分野が決まっているなら特化型サービスは2つ以上は登録しておきましょう。

専門分野別のおすすめの転職エージェントは以下を参考にしてください。

キャリアアップ、ハイクラス転職には+ヘッドハンター型

キャリアアップ・ハイクラス転職を成功させたい人は、ヘッドハンティング型の転職サービスの活用もおすすめです。

ヘッドハンティング型サービスがおすすめの理由
  • 好条件で転職できる機会が多い
  • 企業の担当者から直接スカウトされることがある
  • スカウトのあった年収・ポジションで自分の市場価値を判断できる

ヘッドハンターのスカウトの場合、書類審査や一次選考を経由せずに面接に進める場合があり、マッチングがよければトントン拍子で内定が取れます。

ハイキャリアを目指している場合には、ヘッドハンター型の転職サービスは追加して利用すべきでしょう。

ただし、担当となるヘッドハンターが保有する求人、転職の時期・タイミングなど、様々な要因により活動ペースに影響はある点は注意が必要です。

今すぐできる!転職エージェントにアピールする3つの方法

自分を最大限アピールすることは、転職エージェントをうまく活用し、良い求人情報を得るための大切な手段です。

転職エージェントにポジティブな印象を与え、味方につけるための3つの方法をご紹介します。

転職意欲が高いことを伝える

転職エージェントから最大のサポートを得るためには、転職の意欲が高いことをアピールすることが重要です。

あなたが真剣に転職活動を行っている印象を与えられれば、熱心なサポートが受けられるでしょう。


ポイント!転職エージェントは、求職者の転職が決まることで企業から報酬を得ています。

担当者に転職意欲を見せるためにも、連絡をこまめにしてコミュニケーションをとることをおすすめします。

経歴は詳細かつ正確にを伝えることが大事

あなたの経歴はエージェントが求人を選ぶ際の重要な基準となるため、正確に詳細に伝えることが大事です。

大した経歴がない」「自分のスキルで紹介される求人はない」と、不安な方もいるでしょう。

転職エージェントはあなたの強みを見出し、最適な案件を紹介してくれる転職のプロ集団です。


誇張したり、嘘をついたりすると、入社後にトラブルとなる場合もあります。

転子
転子

嘘偽りのない経歴を正直に正確に伝えて、より自分に合う求人を紹介してもらいましょう。

面談前に希望条件をまとめておくと印象がよい

面談の前には、希望条件をまとめておくと、面談がスムーズに進み、担当者に良い印象を与えます。

細かな分析はキャリアアドバイザーが行ってくれるため、おおまかでも問題ありません。

面談をスムーズにするために確認しておくべきこと
  • 希望の勤務地・エリア
  • 希望の年収額
  • 希望の業界や職種
  • 譲れない条件等

希望する条件が明確に伝わらない場合、希望にそわない求人を紹介されてしまうこともあります。

できる範囲で条件を整理しておくことをおすすめします。

自己診断ツールサービス内容
ミイダス無料で本格的な自己分析ができる
キャリアタイプ診断向いている仕事がわかる
グッドポイント診断分析結果を自己PRに活かせる

自己診断が苦手な方は上記の自己診断ツールを利用してみてください。

転職エージェントで失敗しやすい5つの注意点

転職エージェントを活用する際には、失敗しないための注意点を把握しておくことが重要です。

転職エージェントで失敗しやすい5つの注意点をご紹介します。

エージェントの情報に振り回されない

エージェントの情報はあくまで一つの参考として、情報に振り回されないように気をつけましょう。

あなたの希望や目指すキャリアと照らし合わせて、あなた自身でも情報収集することが重要です。

求人票には載っていない「社員のリアルな口コミ情報」が見られる口コミサイトを活用してみましょう。

口コミサイトサービス
転職会議たくさんの掲載企業数から口コミを探せる
キャリコネ給与明細を確認できる
OpenWork20代など若い世代の口コミをチェックできる
en Lighthouse新着の口コミをチェックできる

企業の良い情報ばかりで「怪しい」と感じたら、リアルな口コミをチェックしてみたり、マイナスポイントはあるかなど、キャリアアドバイザーに確認してみたり、自発的に動いてみてください。

相性が合わないキャリアアドバイザーは変更してOK

エージェントとの相性は転職活動の成果に大きく影響します。

担当のキャリアアドバイザーとの相性が良くないと感じた場合は、遠慮せずに早めに変更しましょう。

変更依頼は電話メールで可能です。

ただし、理由なく変更依頼してしまうと、気まぐれやえり好みと疑われてしまう可能性があります。

誤解が生じないように、理由も併せて伝えると良いでしょう。

担当者の変更を希望する理由の例
  • 提案される求人が見当違いで改善がない
  • 知識や専門性が欠けている
  • 連絡の時間帯が合わず支障がある


キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は、理由をそえて変更依頼をしてください。

5〜6社登録して1社に絞り込む

相性の合うキャリアアドバイザーに出会うためには5〜6社登録して1社に絞り込むのがおすすめです。

5〜6社を選ぶのは負担が大きいと感じる方もいるでしょう。

しかし5〜6社の中で非常に相性の合うキャリアアドバイザーと出会えれば、あなたの転職は成功に近づくでしょう。

どんなに総合的に転職エージェントの評判が良くても、あなたにつくキャリアアドバイザーのスキル・情報量・熱量による影響は大きいものです。

1社目で決めてしまわずに数社を比較して、最後にベストなキャリアアドバイザーのいる転職エージェントを選ぶことおすすめします。

転職希望時期は遅くても3ヶ月以内と伝える

多くの求人が3ヶ月で入れ替わることもあり、転職希望期間は3ヶ月以内と伝えることがポイントです。

個人差はあるものの、おおよそ3ヶ月ほどはかかるものです。

一般的な転職活動のスケジュール
  • 1.転職準備(自己分析・企業・職種リサーチ)には2週間~1ヶ月程度
  • 2.応募書類の作成・求人に応募には2週間~1ヶ月程度
  • 3.面接~内定まで1ヶ月~2ヶ月程度
  • 4.退職交渉・引継ぎ・退職まで2週間~1ヶ月程度


掲載されている求人は3ヶ月程度で締め切られたり、入れ替わったりするケースがほとんどのため、注意が必要です。

転職時期を半年後を想定している場合、現時点で掲載されている求人はほぼ該当しないため、サポートを受けにくい傾向があります。

中断・退会しても再登録・再開してOK

以前登録した転職エージェントを中断・退会した過去があっても、再登録や再開は可能です。

一度だけしか使えないと言った決まりはなく、利用者が増えるのは、転職エージェントにとっては望ましいことです。

登録フォームに必要な情報を入力し、折り返しの連絡を待ちましょう。

過去にお世話になったキャリアアドバイザーに連絡をすることもできますが、移動していたり退職していたりするケースも多いでしょう。

一般的には登録フォームから行えば、前回と同様に利用可能です。

転職エージェントの登録から内定までの流れを5つのステップで紹介

これからスタートする転職活動、どのような流れで進むのかわからないものです。

一般的な転職エージェントの登録から内定までの流れを5つのステップでご紹介します。

転職エージェントの登録から内定までの流れ
  • Step1:転職エージェントに登録
  • Step2:面談の日程を調整・初回面談を実施
  • Step3:求人紹介・書類添削・応募
  • Step4:面接対策・面接
  • Step5:内定・条件交渉・転職
  • 番外編:転職サイトを利用したときの転職活動の流れ
転職エージェントに登録

まずは転職エージェントの公式サイトから会員登録します。

転職エージェントにより多少異なりますが、一般的には以下の情報を入力する必要があります。

転職エージェントの登録に必要な主な項目
  • 氏名
  • メールアドレス
  • 在籍企業の職種
  • 居住の都道府県
  • 直近の年収
  • 雇用形態・役職
  • 直近在籍企業
  • 入社年月・退社年月・職務内容
  • 転職回数
  • 希望勤務地
  • 語学スキル・資格スキル
  • 最終学歴
  • 卒業年


転職エージェントの登録に必要な主な項目

面談の日程を調整・初回面談を実施

登録後、転職エージェントより連絡が来たら、初回面談の日程を調整します。

初回面談で良く聞かれる項目は以下のとおりです。


転職の目的や希望条件の確認:転職で実現したいことや譲れない条件のすり合わせ
・キャリアの棚卸し:
経験やスキルから強みや可能性を見出す
・スケジュールの確認:
転職希望時期とスケジュールの確認

初回面談は、今後紹介する求人が求職者に合うように、転職エージェントと求職者の相互理解のために実施されます。

求人紹介・書類添削・応募

求職者に適した求人を紹介してもらいます。

興味がある求人があれば、応募書類(履歴書・職務経歴書)を作成し、応募を進めます。

転職エージェントでは応募書類の添削サポートを行っている場合があります。

精度の高い書類を作成することで、選考通過を高めることが可能なため、積極的に添削サポートを活用してください。

面接対策・面接

書類選考を通過したら、いよいよ面接です。

転職エージェントの模擬面接や志望動機の添削を受けて、面接対策を行い合格率を上げましょう。

日程調整も、キャリアアドバイザーが代行するため、任せて問題ありません。

内定・条件交渉・転職

面接後、無事に内定がでれば転職活動も終盤です。

入社日や年収の調整などの交渉事ははすべてキャリアアドバイザーに任せましょう。

退職方法や手続きに関する疑問があれば、担当のキャリアアドバイザーに相談してください。

番外編:転職サイトを利用したときの転職活動の流れ

転職サイトは登録すれば、誰でもその日から利用できます。

スカウト機能の有無など多少違いはありますが、転職サイトを利用したときの転職活動の流れは以下の6つのステップです。

Step1:転職サイトに登録
Step2:スカウト機能の設定・レジュメの登録
Step3:求人検索
Step4:応募
Step5:書類選考・面接
Step6:内定・退職準備

転職エージェントはキャリアアドバイザーのサポートに左右されることがありますが、転職サイトは自分のペースで進められるところが魅力です。

最初の登録におすすめの転職エージェント3選

転職エージェント選びに迷ってしまう方向けに初めての転職におすすめの転職エージェントを3社ご紹介します。

各社の特徴や強みを確認し、あなたに適した転職エージェントをみつけましょう。

3社に登録して相性の合うキャリアアドバイザーのいる転職エージェントを利用するのもおすすめです。

「リクルートエージェント」は求人数が圧倒的に多い

詳しい口コミは「リクルートエージェント 評判」を確認
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 転職支援実績No.1のエージェント
  • 好条件の非公開求人が豊富
  • 職務経歴書の書き方や面接のコツをアドバイス

リクルートエージェントは、その求人数の多さで知られています。

多種多様な求人から自分に最適なものを見つけることが可能で、初めての転職活動でも安心して利用できるエージェントです。

基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約383,900件
非公開求人数約225,300件
対応エリア全国
対応職種営業・販売・カスタマーサービス
企画・マーケティング・経営
管理・事務 物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ
SE・ITエンジニア
エンジニア
建築・土木・設備
医療・医薬・化粧品
その他
実績転職支援実績No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年3月時点
良い口コミ

数ヶ月前に利用し、リクルートエージェントを通し転職しております。 前職関係で経験があったので、豊富に求人を頂きました。 面接確約といったオファーも頂き、自身の裁量にもよりますが、無駄の無い転職活動を行えたと思います。(一部抜粋)

悪い口コミ

求人数は多いし、いろんな職種があった。 ただ、本当に担当の方との相性次第。(一部抜粋)

引用:みん評

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

「doda」サイト型とエージェント型どちらも利用できる

詳しい口コミは「doda 評判」を確認
dodaのおすすめポイント
  • 転職のプロが内定まで徹底サポート
  • 公開求人数は23万件以上
  • 転職市場に精通したキャリアアドバイザーが在籍

dodaは、自分で求人を探すサイト型と、エージェントがマッチングを行うエージェント型の両方を利用できる点が特徴です。

自分の転職スタイルに合わせて利用方法を選べるので、初めての転職でも柔軟に対応可能なエージェントと言えます。

基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約241,400件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業職
企画・管理
事務・アシスタント
技術職
専門職
販売・サービス職
クリエイター・クリエイティブ職
公務員・教員・農林水産関連職など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年3月時点
良い口コミ

・在職中で、電話に出られないことが多かったのですが昼休みや就業後など連絡をくれる時間帯に配慮して頂きました。

・希望職種で福利厚生の充実している企業から内定を頂けましたが、おそらく自己応募だと通過しなかったかもしれないと思います。

・面接予定日に職場で急な会議が入り、参加できなくなった際も日程変更に応じてもらえました(一部抜粋)

悪い口コミ

転職に向け登録し、Web上の面談を何度かするも、見当違いなアドバイスや求めていない求人が届いた。(一部抜粋)

引用:みん評

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

「マイナビエージェント」は手厚い転職サポートが受けられる

詳しい口コミは「マイナビエージェント 評判」を確認

マイナビエージェントは、手厚い転職サポートが受けられる点が魅力です。

自己PRの書き方や面接対策など、転職活動に必要なサポートを全面的に行ってくれるため、初めての転職でも安心して取り組むことができます。

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 各業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが在籍
  • マッチング力が非常に高い
  • 9割以上が20代で転職未経験者が利用しやすい
基本情報
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約56,100件
非公開求人数約14,600件
対応エリア全国
対応職種IT系技術職
営業職
機械・電気系技術職
金融系
不動産・建築職
医薬・医療系職
販売・サービス系職
クリエイティブ職
企画・管理系職など
実績2023年オリコン顧客満足度®︎調査 転職エージェント第1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年3月時点
良い口コミ

ミスマッチへの配慮を丁寧にしてくれたこと、転職活動の軸がぶれた時も親身に相談に乗っていただけたこと、多くの候補企業を提案してくれたことの3点が凄く良かったです。おかげで利用してから2ヶ月で無事に内定を取ることが出来ました。(一部抜粋)

悪い口コミ

AIが選んだ候補と、担当が選んだ候補が送られてくるのだが、AIが選ぶならまだしも 担当が選んで送ってくるものに、  必須条件にどう考えても当てはまらないもの、また書類選考で一度落ちた会社のものを再度送ってくることがあった。(一部抜粋)

引用:みん評

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

転職エージェントの選び方に関するよくある質問

転職エージェントはなぜ無料なの?
求職者が採用された場合、転職エージェントが企業から紹介料を受け取る仕組みだからです。
紹介料がエージェントの収益源であるため、求職者は無料でサービスを利用できます。
転職エージェント 使わないほうがいい人は?
自主的に求人情報を調査できる人です。
ただし希望の業界に特化した転職エージェントを利用することで、より効率的に好条件の求人を紹介してもらえる場合があるため、転職エージェントの利用も検討しましょう。
転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないこととは?
スキルや経験を過大に伝えたり、誇張したりすることです。
少しでも良く見せたいからと誤った情報を伝えると、エージェントとの信頼関係を損なうだけでなく、適した求人を紹介してもらえません。
転職エージェントやアドバイザーが 合わないときの断り方は?
正直に意思を伝えましょう。
どの点に不満があるのか、何を求めているのかなど明確に伝えることが大事です。
初めて転職する場合に気をつけるべきことは?
自分のスキルや経験、希望する条件を明確にすることが重要です。
転職エージェントを選ぶ際は、自分に合ったエージェントであること、真摯に対応してくれるキャリアアドバイザーに頼ることで、前向きに転職活動に取り組めるでしょう。

あなたに合う転職エージェントを賢く利用して転職を成功させよう

転職エージェントは、転職活動をスムーズに進めるための頼りになるサーポーターです。

しかし、選び方を間違えると、転職活動が思わぬ方向へ進んでしまう危険もあります。

キャリアアドバイザーとの出会いが将来を左右しかねないため、本記事でご紹介した選び方や注意点を参考にしてください。

あなたにぴったりの転職エージェントをみつけてさっそく転職活動をスタートしましょう。

転職エージェントの選び方をざっくりまとめると

迷ったら圧倒的な求人数がある大手の総合型リクルートエージェントもおすすめ

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA