【2024年最新】ハイクラスにおすすめの転職エージェント19選!【年収UP】

ハイクラス転職でおすすめの転職エージェントを知りたい!

ハイクラスなポジションを維持したまま転職ができるようエージェントに頼りたい!

ハイクラス転職を目指す場合、自分の強みやスキルをアピールして、他の候補者と差別化を図る必要があります。

また、自分の希望するポジションと企業が求めている要件や風土が合っている求人を見つけるのは難しいかもしれません。

そんなときはハイクラス転職専門のエージェントを利用するのがおすすめです。

転職サイト名公開求人数強み公式サイト
ビズリーチ
ビズリーチ
約108,047件求人の3分の1が1,000万円以上公式サイト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト

179,960件
オリコン顧客満足度2年連続NO.1公式サイト
dodaX
dodaX
約44,326件約5,400人の厳選されたヘッドハンター公式サイト
大手3社ハイクラス転職エージェント
この記事をざっくりまとめると

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

【2024年最新】ハイクラス転職おすすめエージェントランキング

以下は、本文で紹介しているおすすめハイクラス転職エージェントの総合評価を踏まえたランキングです。

(※横にスクロールできます。)

転職エージェント 総合評価公開求人数強み公式サイト
ビズリーチ
ビスリーチ
約108,047件掲載企業の33%が年収1,000万円以上公式サイト
ミドルの転職
ミドルの転職
約210,522件 年収1000万円以上の求人17,000件以上保有公式サイト
パソナキャリア
パソナキャリア
約33,300件年収アップ率61.7%公式サイト
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
約179,960件オリコン顧客満足度調査2年連続NO.1公式サイト
AMBI
AMBI
約112,101件若手ハイキャリアの厳選求人9万件以上公式サイト
dodaX
dodaX
約44,326 件 約5,400人の厳選されたヘッドハンター公式サイト
コトラ
KOTORA
約23,608件金融業界1,600社以上との取引あり公式サイト
JACリクルートメント
JACリクルートメント
約11,900件12,000社以上の企業と直接取引公式サイト
クライス&カンパニー
クライス&カンパニー
約8,168件 平均年収1,538万円公式サイト
アンテロープ
アンテロープ
約3,966件 LINEでキャリア診断公式サイト
ウィルオブテック
ウィルオブテック
約3,190件 エージェント専属2名体制公式サイト
en world
エンワールド
約1,000件日本国内8割以上の外資系企業と取引実績あり公式サイト
ランスタッド
ランスタッド
約4,500件年収800万円以上の外資系企業1,000件以上公式サイト
転機
転機
約130件以上部長職以上60.7%、役員職以上21.8%公式サイト
Liiga
Liiga
約18,357件 外資系コンサルの過去問に挑戦公式サイト
ASSIGN
ASSIGN
非公開 AIがキャリアシナリオを形成公式サイト
アクシスコンサルティング
アクシスコンサルティング
非公開シニコン以上の入社実績NO.1公式サイト
ムービン
ムービン ストラテジックキャリア
非公開 国内コンサルファーム約95%を網羅公式サイト
グローバルウェイ
グローバルウェイ
非公開 平均決定年収1,048万円公式サイト
ハイクラス転職おすすめエージェント求人数ランキング

ハイクラス転職の求人は非公開であることも多いため、公開求人が少なかったり求人数が非公開であったりしても自分に合うエージェントはあります。

一つ一つの転職エージェントについて丁寧に解説していますので、引き続き記事をご覧ください。

迷ったら大手3社!ハイクラス転職エージェントを徹底比較!

ハイクラス転職エージェントは多数あり、どれを選んだらいいかわからない方も多いでしょう。

ここでは、迷ったら登録するべき大手ハイクラス転職エージェントを3社お伝えします。

ビズリーチ|掲載企業の33%が年収1,000万円以上

出典:ビズリーチ
  • 大手企業に転職した人が選ぶ最も満足度が高い転職サービスNO.1
  • 掲載企業の33%が年収1000万以上の求人
  • 経営幹部・管理職などプロフェッショナル人材募集あり

ビズリーチはハイクラス転職において満足度が高い転職サービスNO.1を獲得している転職サービスです。

登録するだけで、スカウトメールが届くだけでなく、公式アプリで自分でも求人を検索可能です。

有料サービスではヘッドハンターと面接して、一人一人に合った求人を提供するだけでなく、面接の調整や年収交渉もしてもらえます。

ビズリーチの基本情報
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数約108,047件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種経営管理
マーケティング
営業
コンサルタント
ITコンサルタント
専門職
IT技術職
ゲーム電気・電子半導体
機械化学金融研究
臨床開発
治験建築
土木人事
サービスプロジェクト管理
Webサービス・制作
デジタルマーケティング広告
新聞・出版
テレビ・放送・映像・音響デザイン
素材食品
化粧品
日用品
不動産
施工管理
医療営業
生産管理
薬事医療
看護など
実績なし
料金無料プラン(スタンダードステージ)
「プラチナスカウト」のみ閲覧・返信が可能。
応募は、公募・特集求人などの特別な求人のみ可能。

有料プラン(プレミアムステージ)
30日間コース 5,478円(税込) Web決済
全てのスカウトの閲覧・返信、全ての求人の検索・閲覧、応募が可能。
ビズリーチプレミアムの各種コンテンツの利用が可能。
2024年1月時点

良い口コミ

ビズリーチは良かった。

motoさんの本にも書いてあるけど、職種をある程度絞るならビズリーチ1択だと個人的には思う。

鬱陶しいメールも少ない。(一部略)

引用:X

悪い口コミ

利用者登録は出来ても、審査を通ってない場合は企業へ応募できない状態のまま放置されるようです。

高学歴・高収入の方には良いサイトなんだろうけど、日本人の平均年収程度の人間は相手にされないようです。

失礼を通り越して高飛車にもほどがある

引用:みん評

ビズリーチ評判まとめ ビズリーチの口コミ評判は悪い?バレない方法や年代別おすすめな人をご紹介

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

リクルートダイレクトスカウト|登録したらスカウトを待つだけ

出典:リクルートダイレクトスカウト
  • 登録すればヘッドハンターが仕事を探してきてくれる 
  • 企業からの直接スカウトもあり
  • 年収800~2000万円の求人多数

リクルートダイレクトスカウトはオリコン顧客満足度調査2年連続NO.1のハイクラス転職サービスです。

年収800〜2000万円の求人多数取り揃えており、登録するだけでヘッドハンターからスカウトの連絡がきます。

また、企業からの直接スカウトもあり、気軽にチャットでやりとりも可能です。

リクルートダイレクトスカウトの基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数179,960件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種経営ボード
経営企画・事業企画
管理
人事
マーケティング
広告
マスコミ・メディア・出版
クリエイティブ
営業
サービス
コンサルタント
ITコンサルタント
専門職
IT技術職
Webサービス・制作
ゲーム
電気・電子
半導体
機械
組み込み制御
化学
化粧品・食品
金融
メディカル
不動産
建設・施工管理など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

サイトによってホンマにエージェントの当たり外れがあるので気にしないで下さい。

第二新卒とか気にしない方が良いと思います。ルージュさんが良かったらですが一度リクルートダイレクトを見てみて下さい。

ワイはそこで良い求人紹介してもらったので。諦めないで!

引用:X

悪い口コミ

昨日、リクルートダイレクトでエージェントからのスカウトをONにしたら定型文がたくさんたくさんきたので早速OFFにした

引用:X

リクルートダイレクトスカウトの評判はやばい?特徴や口コミからリアルの評価を解説

doda X|ヘッドハントに加えて自ら求人に応募も可能

出典:dodaX
  • ヘッドハンティングサービスに加えて自ら求人に応募も可能
  • 約5,400人の厳選されたヘッドハンター
  • ヘッドハンターの専門性と実行力が高い

dodaXは約5,400人の厳選されたヘッドハンターを抱えるハイクラス転職サービスです。

ヘッドハンターの専門性と実行力が高く、非公開求人を多く取り揃えています。

また、転職を前提としない専門のサポーターと面談で、キャリアに対するもやもやを解消してくれる有料のキャリアコーチングサービスもおすすめです。

dodaXの基本情報dodaX
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約44,480件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種経営・事業統括・管理統括
企画・管理
専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)
営業職
技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)
技術職(組み込みソフトウェア)
技術職(機械・電気)
技術職・専門職(建設・建築・不動産・プラント・工場)
技術職(化学・素材・化粧品・トイレタリー)
技術職(食品・香料・飼料)
医療系専門職
金融系専門職
クリエイター・クリエイティブ職
販売・サービス職
公務員・教員・農林水産関連職など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点

良い口コミ

よく見るとドアにdodaXの広告。
ハイクラス転職サービス

今回、こちらのエージェントに大変お世話になりました。お陰様で有名企業に転職かないました。

実は内緒で、転職元の会社の数人の方にエージェントを紹介しました。(一部抜粋)

引用:X

悪い口コミ

dodaXさん、転職エージェントも利用できる素晴らしいサービスなんですが、求職者からのスカウト辞退とスカウト受諾の通知メールが全く同じ文面なのがつらたん。

通知メールで区別できん。。。(一部抜粋)

引用:X

ハイクラス転職とは?

ハイクラス転職とは明確な定期はありませんが、平均年収750~800万円以上の求人を指します。

国税庁の令和4年分民間給与実態統計調査における給与所得者の平均年収は458万円で、ハイクラスは平均年収の約1.6~1.7倍の年収の層です。

ビズリーチの分類

実際、ビズリーチでは独自の審査基準でタレント会員、ハイクラス会員に識別されており、その判断基準は年収750万円以上と言われています。

また、dodaによると2024年の転職市場では、新型コロナウイルスの影響で求人を控えていた企業のリバウンド需要が好調であり、転職のチャンスです。

さらに、組織強化を図りたい企業が、技術力や知見・経験を兼ね備えたベテランを必要としており、ハイクラス転職も期待できるでしょう。

ハイクラス転職でエージェントを利用するメリット

厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況によると、労働者のうち、年収800万円以上の所得がある人は全体の約1.6%です。

そのため、ハイクラス転職は狭き門であり、自分ではなく転職エージェントを利用すると安心だと考えられます。

転職エージェントを利用することで、どんなメリットがあるのか確認していきましょう。

非公開のハイクラス求人を紹介してもらえる

好待遇のハイクラス求人は、公開求人だとあっという間に応募が殺到してしまうため、非公開となっていることが多いです。

非公開のハイクラス求人を紹介してもらうためには、転職エージェントを利用しましょう。

エージェントが保有している非公開求人は企業と直接交渉しているケースも多く、内定につながりやすいのも魅力のひとつです。

非公開求人募集の理由

大企業や有名企業において、急な異動や退職で時間をかけた選考を行う余裕がない場合、多くの転職者が登録されているエージェントに依頼されます。

また、極秘プロジェクトにおいて幹部候補を探しているケースも公開求人にできないため、非公開となっている求人もあるでしょう。

自分の適切な市場価値が分かる

エージェントとのカウンセリングでは年収だけでなく、自分の経験や強みを引き出してくれて、市場価値が分かります。

さらに、エージェントは市場価値を高められる企業や業界の紹介もしているため、自分では思いもよらなかった仕事を提案してくれるかもしれません。

また、dodaやパソナキャリアでは年収診断も可能であり、現在の年収や仕事の経験から適切な年収をAIが導き出してれるサービスもあります。

パソナキャリアの年収査定シミュレーション

パソナキャリアの年収査定シミュレーションでは転職するうえで大切だと思う要素の重要度を答えるだけで簡単に予想年収が分かります。

  • STEP1:年収をアップさせたいか
  • STEP2:将来性のある会社かどうか
  • STEP3:専門のスキルを身に着けられるか
  • STEP4:職場の雰囲気がいいかどうか
  • STEP5:ワークライフバランスを改善できるかどうか
  • STEP6:学歴や職種、現在の年収の記入

自分の適切な市場価値を認識し、目指す年収を知っておくことは転職活動でとても重要です。

市場価値は高すぎても低すぎても良くないので、適切な判断が受けられるように情報提供を行いましょう。

自ら応募しなくてもスカウトやヘッドハントを受けられる

転職エージェントに登録すると、自分が記入した情報を確認して、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられます。

職務経歴書をみてスカウトをくれた場合は、自分の希望する条件であることも多く、書類審査が通過しやすいでしょう。

忙しくて求人をチェックする暇もない人でも、効率的に転職活動が可能です。

スカウトやヘッドハントをもらうポイント

なるべく経歴や特徴を詳細に記入するようにしましょう。

エピソードを交えた自分の強みなどは、人柄を想像しやすく、企業やヘッドハンターへの印象が強くなります。

応募書類添削や面接試験の対策をしてくれる

転職エージェントのほとんどで、応募書類の添削面接試験の対策をおこなってくれます。

ただの誤字脱字や面接時のマナーのチェックだけでなく、企業ごとにどういった人材が求められているかを考えながらアドバイスがもらえます。

また、企業ごとに変えた方がいい自分の強みの提案もあるため、職務経歴書に何を書いたらいいかわからない、面接で何を話したらいいかわからない方におすすめです。

転職エージェントとの面談ではっきりしておくこと

転職エージェントとの面談で自分の経歴の棚卸、転職市場で強みになることをはっきりさせておくと、書類が書きやすくなるだけでなく求人検索の軸にもなります。

また、個人のエピソードを紐づけておいて、面接のときに強みと一緒にアピールすると、周りよりも強い印象を与えやすいです。

面接の調整や労働条件・給料の交渉をしてくれる

転職をしたいけど、面接の日程調整などが面倒な場合も、転職エージェントが調整してくれます。

日中連絡が取りにくい方で企業との連絡が取りにくい方は、エージェントに条件を伝えておけば企業とのやりとりはお任せできるため、効率的に転職活動が可能です。

さらに、なかなか言い出しづらい給料の交渉でもエージェントが交渉をしてくれます。

条件を交渉してもらう際の注意点

譲れない条件や譲歩可能な最低ラインをしっかりとエージェントに伝えておきましょう。

例:年収、勤務時間、有給日数、仕事の範囲など

また、自分で交渉をしたい場合は、面接に同行してもらい援護してもらえるケースもあるため、各エージェントに相談してみてください。

企業や会社のより詳細な情報や裏話を教えてもらえる

転職エージェントは企業や会社と直接取引しており、求人に至った経緯なども熟知しています。

求人票ではわからないより詳細な情報や裏話も聞きたいかたは転職エージェントがおすすめです。

例えば、会社の雰囲気や実際の残業時間、離職率など直接企業に問い合わせがしにくい内容でも、エージェントに尋ねることで、理想の職場が探しやすいでしょう。

ハイクラス転職でエージェントを利用するデメリット

ハイクラス転職で転職エージェントを利用するデメリットも確認しておきましょう。

スカウトメールが大量に届いてしまうことがある

転職エージェントによっては、大量のスカウトメールが届き、把握しきれない可能性があります。

テンプレートの文章が多量に送られてくるケースもあるため、「職場経歴書をおくってください」など、こちらの条件を確認できていないものは後回しでもよいかもしれません。

転職エージェントに登録する際の注意点

転職エージェントを利用する際は、新しいメールアドレスを用意するのがおすすめです。

なぜなら、頻回に連絡が届いたり、大量のメールで困ってしまった場合に、転職用のアドレスがあればメールアドレスごと削除できます。

ただし、転職活動ではいろいろな求人を幅広く見ていくことが重要です。

いろいろな求人を確認することで自分の条件を見直してみたり、なぜその求人がダメなのかをまとめてみるのも良いでしょう。

担当者と相性が合わない可能性がある

転職エージェントによって、こちらとの意見が合わなかったりする可能性はあります。

例えば、ゆっくり探したいのに求人をゴリ押しして急かされたり、条件や希望に合わない求人ばかり紹介してきたりする担当者です。

大事な転職活動のパートナーですから、自分と合わないと思った場合は、我慢せずに担当者を変更してもらいましょう

担当者が優秀かどうかを調べる3つのポイント
  • 自分の市場価値を過大・過小評価して極端な意見を言わないかどうか
  • 1回の転職ではなくキャリアプラン全体を検討してくれているかどうか
  • 転職しない選択肢も必要かどうか

そもそも条件を満たせず利用できない可能性がある

転職エージェントによっては、利用を断られてしまったり、ご紹介できる求人がないといわれてしまう可能性があります。

平均年収で区切られてしまったり、経歴で紹介できる求人を制限されたり、応募してもエージェントによっておとされてしまったりするケースもあるでしょう。

経歴詐称は絶対にNG!

求人が紹介されないからと言って、自分の年収を多く報告したり、職歴を偽って伝えたりしてはいけません。

入職後の雇用保険を確認する際にばれてしまうことも多いです。

また、正社員なのに契約社員で働いていたなど、実際より低く偽るのもできません。

また、住んでいる地方や休日、ホームオフィス希望などの自分の条件によっても紹介が難しい場合があります。

対策として、様々な転職エージェントを併用したり、妥協できる条件を考えたりすることが大切です。

企業・業界・年代別年収ランキング

そもそもどういった企業や業種の年収が高くなりやすいのでしょうか?

ここでは、実際のデータを基にしたランキングをご紹介します。

平均年収高い企業ランキング

順位企業名企業の概要平均年収
1位ドイツ証券株式会社ドイツに本社がある外資系企業の日本法人。
債券のセールス・トレーディング、資金調達、M&Aなど、幅広い証券ビジネスを取り扱っている。
3,271万円
2位BofA証券株式会社アメリカに本社がある資系企業の日本法人。
株式・債券のトレーディング、資本市場業務、投資銀行業務などを行う。
2,068万円
3位JPモルガン証券株式会社アメリカに本社がある外資系企業の日本法人。
国内・外国証券の売買、債券、投資信託などの金融商品取引を行う。
1,980万円
4位Facebook Japan合同会社アメリカに本拠を置くメタ・プラットフォームズの日本法人。
「Facebook」の運営に加え、メタバースに関する事業にも積極的。
1,938万円
5位ゴールドマン・サックス証券株式会社アメリカに本拠を置く、金融サービス企業。
多岐にわたる顧客に向けて、投資銀行業務、証券業務および投資運用業務を中心とした金融サービスを提供。
1,811万円
6位グーグル・クラウド・ジャパン合同会社アメリカに本社を置く外資系企業の日本法人。
クラウドを活用したツール「Google Platform」の運営を行う。
1,771万円
7位Nutanix Japan合同会社東京都に本社がある、ソフトウェア関連企業。
IT領域に強みを持ち、クラウドOSを開発・提供する。
1,702万円
8位UBS証券株式会社スイスに本社がある外資系企業の日本法人。
国内・外証券の売買、債券・投資信託など金融商品の取引を行う。
1,699万円
9位シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社イギリス大手独立系資産運用グループの、日本法人。
企業、保険会社、地方公共団体、年金基金、個人富裕層などの代理として、運用資産を扱う。
1,664万円
10位グーグル合同会社アメリカに本拠があるIT企業、グーグルの日本法人。
独自の検索エンジンを活用したインターネット検索をはじめ、WEBサービス、コンピュータ開発にも参入。
1,662万円
出典:openwork

口コミサイトopenworkによる平均年収が高い企業のランキングは以下の通りです。

以上の表から、外資系企業ランキングの上位を占めていることが分かります。

また、M&Aに関わるコンサルティング業界や、株式や証券を取り扱う金融業界も平均年収を上げる要因となっているようです。

さらに、それを取り扱うためのIT関連の職種も需要が高くなっています。

高年収になっている企業の特徴
  • 外資系企業
  • コンサルティング業務がある
  • 金融商品を取り扱う
  • IT業務が必須な企業

一方、ダイヤモンドオンラインでは上場企業の有価証券報告書に記載された平均年収をもとに、年収が高い会社ランキング2023を作成しています。

順位企業名企業の概要平均年収
1位M&AキャピタルパートナーズM&A仲介サービスを提供する、業界トップクラスの企業。
着手金無料という特徴を持ち、事業承継案件を得意とする他、調剤薬局に強い顧客基盤を持っている。
3,161.3万円
2位キーエンス工場の生産自動化を支援する、電気機器の製造・販売企業大手。
自動制御機器、計測・情報機器、電子顕微鏡などを製造・販売。
2,279.4万円
3位三菱商事三菱グループの大手総合商社。
エネルギーを筆頭に、機械、食品、化学品、複合都市開発など幅広い事業領域を持っている。
1,939.4万円
4位ヒューリック不動産の所有・賃貸・売買・仲介企業大手。
東京23区中心の駅近立地に、オフィスビルや商業施設を保有、高齢者住宅や宿泊施設も関わっている。
1,904.2万円
5位三井物産三井グループの大手総合商社。
金属資源から化学品、食料と多種多様な商品を販売、特に鉄鉱石と原油の生産権益量は業界トップクラス。
1,783.6万円
出典:DIAMOND online

日本企業においては、コンサルティング製造業総合商社に平均年収が高くなりやすい傾向があるようです。

加えて、大きな金額が動きやすい不動産関係もハイクラス年収の企業があります。

年収が高くなりやすい業界は?

業界は年収に大きく影響する項目です。

国税庁の令和4年分民間給与実態統計調査において、正社員の平均年収523万円を超える職業は以下の通りです。

職業平均年収
電気・ガス・熱供給・水道業747万円
金融業・保険業656万円
情報通信業632万円
学術研究・専門・技術サービス業・教育・学習支援544万円
製造業533万円
年収の高い職業ランキング

私たちの生活に欠かせないインフラ関係は平均年収が高くなる傾向です。

また、口コミサイト・有価証券報告書による平均年収と同じように金融IT関連の業界は高収入となっています。

年代別推定年収ランキング

口コミサイトopenworkによる年齢別の推定年収ランキングは以下の通りです。

25代推定年収ランキング

順位企業名概要25歳の推定平均年収
1位ゴールドマン・サックス証券株式会社金融商品の取り扱い、コンサルティング1,313万円
2位グーグル合同会社独自の検索エンジンやコンピュータの開発1,144万円
3位アマゾン ウェブ サービス  ジャパン合同会社独自のクラウドプラットフォームの提供976万円
4位キーエンス製造・販売917万円
5位ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン・インコーポレイテッドコンサルティング883万円
出典:openwork

35歳推定年収ランキング

順位企業名概要35歳の推定平均年収
1位ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン・インコーポレイテッドコンサルティング1,795万円
2位グーグル合同会社独自の検索エンジンやコンピュータの開発1,677万円
3位ゴールドマン・サックス証券株式会社金融商品の取り扱い、コンサルティング1,667万円
4位キーエンス製造・販売1,614万円
5位ボストン・コンサルティング・グループ合同会社コンサルティング1,579万円
出典:openwork

45歳推定年収ランキング

順位企業名概要45歳の推定平均年収
1位グーグル合同会社独自の検索エンジンやコンピュータの開発2,310万円
2位三菱商事株式会社大手総合商社2,038万円
3位キーエンス製造・販売1,840万円
4位JPモルガン証券株式会社証券売買、金融商品の取り扱い1,835万円
5位PwCアドバイザリー合同会社コンサルティング1,708万円
出典:openwork

20代ハイクラス転職エージェントおすすめ2選

転職活動では、年代や業界で転職エージェントを選択する必要があります。

年代別・業界別に転職エージェントを選ぶ必要性

分野が違う転職サイトを使用すると、仕事が見つけにくかったりエージェントが強みを見つけられなかったりして転職先が見つからないかもしれません。

厚生労働省が提出した「中途採用に係る現状等について」の報告によると、25~29歳で転職経験がある割合男性で37%女性で47%です。

20代でも当たり前に転職する時代であり、20代ハイクラス転職におすすめのエージェントを確認して、効率よく転職活動をすすめましょう。

20代の平均年収は〇〇万円!年収を底上げするポイントまで解説 20代におすすめの転職サイト 【20代おすすめ】転職サイト25社を徹底解説!活用方法から成功率を上げる5つのコツも解説

AMBI|若手ハイキャリアの厳選求人9万件以上

出典:AMBI
  • 自分分析でキャリアタイプの診断が可能
  • 合格可能性でリアルな市場価値が分かる
  • 職務経歴書を登録すれば企業からスカウトが届く

AMBIエン・ジャパン株式会社が運営するハイキャリアの転職サービスで、職務経歴書を記入すると企業やヘッドハンターからのスカウトが届きます。

また、並行して自分でも求人を検索することができ、興味があることを示すと企業やヘッドハンターから合格可能性が届き、自分の市場価値を知ることが可能です。

さらに、自分分析ではキャリアタイプの診断ができるため、自分に向いている、チャレンジできそうな業界や職種が分かります。

AMBIの基本情報AMBI
運営会社エン・ジャパン株式会社
公開求人数112,101件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種経営・経営企画・事業企画
管理部門
SCM・ロジスティクス・物流・購買・貿易
営業
マーケティング・販促企画・商品開発系
コンサルタン
金融系専門職
不動産系専門職
技術(IT・Web・通信系)
技術(電気・電子・半導体)
技術(機械・メカトロ・自動車)
技術(化学・素材・食品・衣料)
技術(建築・設備・土木・プラント)
技術・専門職(メディカル)
サービス・流通
クリエイティブ
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

データサイエンス領域に強い転職エージェントの方に悟り巡り会できました!!

この業界の話やらデータ分析の話やらで盛り上がって楽しかったちなみにAMBIで出会いました(一部抜粋)

引用:X

悪い口コミ

AMBI(転職サイト)のエージェントってスケジュールとか連絡とか適当な人が多くて直前でリスケされるの3回目です。

引用:X

ASSING|オーダーメイドのキャリアプラン作成

出典:ASSIGN
  • JAPAN HEADHUNTER AWARDSにて年間総合MVP
  • 24個の質問からAIがキャリアシナリオを形成
  • ダイレクトスカウトで選択の幅が広がる


ASSSINGは、ダイレクトスカウトで無駄な面接を受けなくて済む、若手ハイキャリアを支援する転職エージェントです。

JAPAN HEADHUNTER AWARDSにて、4600名の中から年間総合MVPを獲得したエージェントが魅力となっています。

オーダーメイドのキャリアプランを作成してくれるだけでなく、選択の先が想像できるAIによるキャリアシナリオもアプリで簡単に閲覧可能です。

アサインの基本情報
運営会社株式会社アサイン
公開求人数非公開
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種カスタマーサクセス
フィールドセールス
事業企画
営業職など
実績日本ヘッドハンターアワード全部門総合MVP受賞
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年11月時点
良い口コミ

転職活動を行う中、他競合会社と比べアサインは人材業界の中でも、とてもプロフェッショナルな印象を受けました。

求人案件の充実度や採用プロセスの透明性には満足しています。

また、担当者の対応も迅速かつ丁寧で、信頼できる企業だと感じました。

引用:Google 口コミ

悪い口コミ

電話面談で10分でお断りされました。

相当ハイエンドな方ではないと相手にしないようです。

私のレベルでは紹介できることがないとの事。(一部抜粋)

引用:Google 口コミ

30代ハイクラス転職エージェントおすすめ2選

次に、30代ハイクラス転職におすすめの転職エージェントを2つ紹介します。

令和3年の人口統計調査の結果の概要では、初婚年齢は男性31.0歳女性29.5歳となっており、30代は結婚や子育てに関わる人も多いでしょう。

そんな中、ここで紹介するのは女性に寄り添ったサポートがあったり、エージェントを選んで二人三脚で転職活動を進めていったりできる転職エージェントです。

【2023年最新】30代向けおすすめ転職サイト33選!男女別や職業別で解説 30代向け転職エージェントのおすすめを厳選して紹介!自分に合った転職活動をするための情報を公開

パソナキャリア|女性の管理職サポートも充実

出典:パソナキャリア
  • 管理職向けセミナー&動画充実している
  • 実際の面接を想定した実践的模擬面接対策が可能
  • 女性の活躍と長期的なキャリア育成を専門チームがサポート

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する年収アップ率61.7%のハイクラス転職エージェントです。

年収800万円以上の求人は公開されているものだけでも14,000件を超え、非公開求人も豊富に取り揃えています。

また、専門性の追求・管理職へのチャレンジなどキャリアの選択肢も増えた今、女性の転職にも力を入れており、長期的なキャリア育成を専門チームがサポートしてくれます。

パソナキャリアの基本情報
運営会社株式会社パソナ
公開求人数約33,300件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業
管理・事務
IT・Webエンジニア
技術職(電気・電子・機械・化学)
クリエイティブ
マーケティング・企画
コンサルタント・士業
販売員・サービススタッフ
研究・開発(メディカル)
専門職(Web・IT・ゲーム)
専門職(金融)
専門職(不動産・建設)
実績転職エージェント総合1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

スタッフの対応が素早く丁寧でした。

職歴を考慮し、細かな相談にものっていただき、幅広い業種・職種を紹介してくださいました。

不採用になると、すぐに他のものを紹介してくださる素早い対応でした。

利用している最中には、パソコンなどの講習を受けることのできるシステムがあり、積極的に活用させていただき、正社員で働いていた頃の自分を思いだすこともでき、自信に繋がりました。(一部抜粋)

引用:みん評

悪い口コミ

初回の面談ではエージェントは好印象でしたが、転職活動中は悩むことが多く、ある時に電話でそもそも転職すべきかどうかなどいろいろと考え直したいと言ったところ、エージェントから次のようなことを言われました。

「たとえ半年とか1年考えたとしても答えは出ないと思いますよ。何か明確な目的があって考えるのではなく、あなたのような逃げの姿勢であれば、考える意味はありません。」

言っていることが間違っているとは思いませんが、転職について悩むのは当然のことであるので、転職者を見下しているように感じました。(一部抜粋)

引用:みん評

パソナキャリア転職エージェントの口コミ評判を徹底解説!女性におすすめの特徴は?

Liiga|若手プロフェッショナルに向けたオンライン講義多数

出典:Liiga
  • 転職エージェントを口コミから選べる
  • コロッセオで外資系コンサルの過去問に挑戦できる
  • 人気順に企業を検索できる

Liigaは外資就活ドットコムの姉妹サイトであり、現役プロフェッショナルのキャリア形成を支援するプラットフォームです。

外資系企業だけでなく、厳選企業の中にはIT関係や総合商社などの人気の転職先の求人も掲載されており、登録すると会員限定の非公開オファーも受けることが可能です。

転職に役立つセミナーコラムも多数掲載されており、キャリアアップの多様な考え方にもつながるでしょう。

Liigaの基本情報Liiga
運営会社株式会社ハウテレビジョン
公開求人数約18,357件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種金融プロフェッショナル
コンサルタント
ITエンジニア / 技術開発
PM・デザイン
経営企画・管理・人事
セールス・事業開発
マーケティング・広告
専門職・官公庁
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

対応ややりとりの中でエージェントの人柄がよく伝わった。非常に良いイメージを持っており、転職を検討する方ならば一度は相談してみてほしい。

引用:Liiga エージェント

悪い口コミ

適当に登録したLiigaとかいう転職サイト、コンサルを明確に選択肢から外しているのに数時間でコンサル専用の登録からオファーが複数来るの普通にやめてほしい

引用:X

40代ハイクラス転職エージェントおすすめ2選

厚生労働省の令和4年賃金構造基本統計調査の概況において、係長職の平均年齢は45.4歳課長職の平均年齢は48.8歳です。

そのため、40代ハイクラス転職では役職を意識して転職活動を行うでしょう。

ここでは、40代ハイクラス転職で実績のある転職エージェントを2つ紹介します。

40代におすすめの転職エージェント22社を徹底比較|正しい選び方も紹介 【2024年最新】40歳の平均年収が知りたい!手取りが少なくてみんな不安じゃないの?

ミドルの転職|年収1,000万円以上の求人5,000件以上

出典:ミドルの転職
  • 登録者の平均45歳
  • 介先企業の企業の人事方針や経営に関する詳細な情報の提供
  • 専門分野に精通したエージェントが転職活動を支援

ミドルの転職はエン・ジャパン株式会社が運営する30代、40代のミドル専用ハイクラス転職サイトです。

年収1000万円以上の求人17,000件以上保有しており、役職を指定した求人検索ができ、匿名公開での履歴書でスカウトを待つことも可能です。

また、エージェントがキャリアやスキルを査定して最適な転職先を紹介してくれます。

ミドルの転職の基本情報
運営会社エン・ジャパン株式会社
公開求人数約210,522件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種経営・経営企画・事業企画系
管理部門系
SCM・ロジスティクス・物流・購買・貿易系
営業系
マーケティング・販促企画・商品開発系
コンサルタント系
金融系専門職
不動産系専門職
技術系(IT・Web・通信系)
技術系(電気・電子・半導体)
技術系(機械・メカトロ・自動車)
技術系(化学・素材・食品・衣料)
技術系(建築・設備・土木・プラント)
技術・専門職系(メディカル)
サービス・流通系
クリエイティブ系
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

エン・ミドルの転職とゆう求人サイトすごい。

「ちゃんと勤めてきた&より成長したい」30〜40代の、いわゆる普通の人が秀才的にデキるビジネスパーソンになりましたよレベル向けの案件がたくさん!

ちょい背伸び?すれば手が届くかも感が萌えると感じる人は多そう。

引用:X

悪い口コミ

昨日、ミドルの転職で職歴整理して、スカウト設定オンにした翌日の今日。

転職エージェントと2社、IT企業1社から、スカウト来たけれど。

どうせ、職務経歴書読んでないんだろうな、と思ったら、案の定「職務経歴書を送ってください」だって。(一部抜粋)

引用:X

enミドルの転職の口コミ評判はどう?特徴から40代や50代におすすめの理由を解説

クライス&カンパニー|平均年齢40歳、平均年収1,538万円

出典:クライス&カンパニー
  • 独自の選考基準で厳選された企業のみ取り扱い
  • 一次選考通過率62.2%という高い合格率
  • コンサル、プロダクトマネージャーなどの専門転職サービスあり

クライス&カンパニーは一次選考通過率62.2%という高い合格率を誇っており、面談後のアンケートでは平均年収1,538万円となっています。

なぜなら、所持している企業の75.4%が経営者、経営層とのダイレクトルートがあるからです。

また、コンサル、CXO、デジタル・IT、プロダクトマネージャー部門での転職支援サービスがあり、分野専門性を高めたい方にもぴったりです。

クライス&カンパニーの基本情報クライス&カンパニー
運営会社株式会社クライス&カンパニー
公開求人数約8,168件
非公開求人数約18,264 件
対応エリア全国
対応職種トップマネジメント
経営企画・事業企画
コンサルタント
ITコンサルタント
マーケティング・広報・IR
人事
経理・財務・会計
企画・事務・管理
総務
法務
企画系
営業
販売・サービス関連
営業管理職
ITエンジニア
プロジェクトマネージャー・リーダー(PM・PL)
システムエンジニア
パッケージソフト開発エンジニア(ERP・SCM・CRM)
社内情報システム(社内SE)
web・モバイル関連など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

クライス&カンパニーさんPM転職という独自のポジショニングでスポンサーもされててすごい好感持てる(まんまとハマってる)

引用:X

悪い口コミ

あまりここを使うメリットを感じなかった。ここにある求人は他にもあるので確認したほうがいい。

自分の年収の何%かを転入先から持っていくので、正直自分で応募してその分のインセンティブを上乗せしてもらう方が良い

引用:X

50代ハイクラス転職エージェントおすすめ2選

2020年版中小企業白書で示されている社長の年齢分布では50代の社長は23.3%であり、経営者としての採用も大いに見込めるのが50代ハイクラス転職です。

ここでは経営者と直接面談が可能であったり、管理職に強かったりする転職エージェントを2つ紹介します。

転機|経営者と直接面談可能

出典:転機
  • 経営者と直接面談可能
  • 部長職以上60.7%、役員職以上21.8%
  • 社長のインタビュー動画から社長の右腕に立候補ができる

転機はレイサス株式会社が運営する社長・取締役等の経営執行責任者事業部責任者等の経験がある方に向けたハイクラス転職エージェントです。

原則、初回から人事部ではなく経営者との直接面談を設定されており、経営者との直接面談実施率は95.6%となっています。

また、上場企業からベンチャー企業まで、さまざまな社長のインタビュー動画を掲載しており、一緒に働きたい社長の“右腕”に立候補することができます。

転機の基本情報転機
運営会社レイサス株式会社
公開求人数約130件以上
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種CxO・事業責任者
事業企画・経営企画
営業
技術職
管理(総務・法務・経理・財務・人事・労務)
IT・Web関連職
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

機械的な就職エージェントがな苦手な方にオススメのハイクラス転職支援サイト【転機】

引用:X

悪い口コミ

転機さんが、ちょっとですが、勇気のキャリアが、今ひとつなのかも?右腕には??

引用:X

JACリクルートメント|12,000社以上の企業と直接取引

出典;JACリクルートメント
  • 43万人以上の転職支援実績
  • 約1,200名のコンサルタントが在籍
  • 外資系、グローバル系に強い

JAC Recruitmentは、英国ロンドンで創業し、以来、世界11カ国33拠点で外資系企業やグローバル企業への転職を支援しています。

事業開発やM&Aなど企業の経営や、専門分野に特化した求人が掲載されており、年収1,000万円以上も4,000件以上あります。

管理職・専門職転職のエキスパートであり、ハイクラス・ミドルクラス転職部門において2019~2024年の6年連続オリコン満足度調査1位です。

JACリクルートメントの基本情報
運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公開求人数約11,900件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種金融業界
メーカー(電気/機械)
化学メーカー(化学/素材業界)
自動車/自動車部品業界
エネルギー/インフラ/プラント業界
ファッション/アパレル/スポーツ業界
メディカル(医療)業界
IT(通信/ソフトウェア/SI/コンサルティング)
Webサービス/ゲーム業界
消費財(コンシューマー)業界
流通/外食業界
食品/飲料業界
サービス/物流/商社
不動産/建設業界
コンサルティングなど
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年11月時点
良い口コミ

私には4名くらい担当がついてくださいましたが、どなたも親切で丁寧な方々でした。

やはり企業と直接繋がりのある方が担当者になってくださるので選考の進みも早く、面接はどんな雰囲気か、とか何を聞かれるか、とか面接ごとに丁寧に教えてくださいました。

面接後のフォローも丁寧で、面接でうまくいかなかったことを後からフォローしてくださったり、とても助かりました。(一部抜粋)

引用:みん評

悪い口コミ

登録当初はWEB、電話を通してたくさん求人が来ます。 あまり興味の湧かない求人をお断りさせて頂いた際、採用見込みの低い求人に応募してるようですが本当にこの求人に応募しなくて大丈夫ですか、とオブラートに包んでに言われ内定を出したいだけのように感じ不信感が湧きました。

引用:みん評

JACリクルートメントの口コミ評判を公開|特徴からメリットやデメリットも丁寧に解説

外資系・グローバル系におすすめのハイクラス転職エージェント2選

外資系は大きく年収が上がる可能性のある転職先として人気です。

JETROの外資系企業ビジネス実態アンケートでは、国内事業を拡大する意向の外資系企業企業が56.1%であり、今後も転職しやすい環境が期待できるでしょう。

ここではハイクラスな外資系企業に転職するのにぴったりの転職エージェントを2つご紹介します。

ランスタッド|年収800万円以上の外資系企業1,000件以上

出典:ランスタッド
  • グローバル企業のため独自の正社員求人も保有
  • 専門性が高く80%が非公開求人
  • 給与交渉もしっかりしてくれる

ランスタッド株式会社はオランダにグループ本社がある世界的な派遣会社であり、転職エージェントとしても外資系企業に強い特徴があります。

転職エージェントの質も高く、給与交渉もしっかりしてくれるため、年収が150万円上がったケースもあるようです。

公開求人の8割が年収800万円以上を目指せる求人であり、80%が非公開求人となっているため、外資系企業でハイクラスを目指したい方はぴったりでしょう。

ランスタッドの基本情報
運営会社ランスタッド株式会社
公開求人数約4,500件(ハイクラス向け転職求人)
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種医療・医薬
製造・軽作業・ドライバー
不動産
消費財
エンジニア
医療機器メーカー
ゲーム企業
アニメーター
マネジメント
管理
など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

副業禁止や出社を押し付けてくる企業ではなく、フレキシブルな働き方が出来る外資に転職したいならランスタッドがおススメです。

ランスタッド自体が外資系のグローバル企業だから外資系企業には特に強いです。特に海外経験がある方にはゴリ押ししたい。

引用:X

悪い口コミ

なぜか提出書類の修正に何度もさせられ、一か月書類を治す時間に使われた。
(他のエージェントでは少しの修正で提出しているし、それで大手から内定もらっているのに・・・)

結果として一社のみ応募したが、返信も来ず他社経由で内定をしたため、辞退メールを送付。
そのメールに対しての返信も来ず、終了。

結果的には、一般的な連絡すらできず、ゴールではないところに時間を注力させられました。

引用:みん評

ランスタッドの評判は?派遣求人と転職エージェントの口コミを徹底解析!

エンワールド|日本国内にある約87%以上の外資系企業と取引

出典;エンワールド
  • 英語力を生かした求人が探せる
  • 日本国内にある約87%以上の外資系企業と取引実績あり
  • 入社後活躍サポートあり

エンワールドは英語を活かした外資系・日系グローバル企業の転職エージェントです。

日本国内8割以上の外資系企業と取引実績があり、世界的な知名度を誇るグローバル企業からスタートアップ企業まで幅広い求人があります。

入社後活躍サポートでは1年間転職先での状況や感情をヒアリングして、満足度の調査をおこなっており、転職サービスの質は常に改善傾向です。

エンワールドの基本情報
運営会社エンワールド・ジャパン株式会社
公開求人数約1,000件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種銀行・金融
コンサルティング
小売・消費財・ラグジュアリー
IT・デジタル・テクノロジー
製造業・工業
医療機器・製薬・ライフサイエンス
経理・会計
人事・総務
法務・コンプライアンス
サプライチェーンマネジメントなど
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

募集企業、募集ポジション、チーム構成などについて熟知なさっていて、とても安心してお任せすることができました。

また、迅速な対応が求められる際にも企業との間に入って交渉を積極的に進めてくださり、大変助かりました。(一部抜粋)

引用:エンワールド

悪い口コミ

派遣先は紹介して貰えるものの、掲載されている企業とやりとり出来るわけではないので、すぐに働きたい!という方はあまりおすすめしません。(一部抜粋)

引用:みん評

コンサルティング系におすすめのハイクラス転職エージェント2選

転職市場においてコンサルティング業界は人気のポジションです。

実際に、平均年収が高い企業としてもコンサル業界がランキング上位に現れることが増えています。

ここでは、初めてでも、経験があっても、独立を考えていても利用可能なコンサルタント専門の転職エージェントを2つご紹介します。

コンサル転職に強い!おすすめ転職サイト・エージェント23社を領域別に徹底解説

アクシスコンサルティング|平均支援期間3年で中長期的な転職にも対応

出典:アクシスコンサルティング
  • シニコン以上の入社実績NO.1
  • キャリアパスに応じた求人紹介や独立支援もあり
  • 平均サポート期間が3年で中期的な転職も可能

アクシスコンサルティングは大手コンサルティングファームの4人に1人が登録する国内最大級コンサル採用・転職支援サービスです。

『生涯のキャリアパートナー』を目指して、転職のその次を見据えたキャリアパスの提案をするため、平均サポート期間は3年間となっています。

転職に限ったキャリア支援だけではなく、独立支援フリーランスへの案件紹介も支援可能です。

アクシスコンサルティングの基本情報アクシスコンサルティング
運営会社アクシスコンサルティング株式会社
公開求人数非公開
非公開求人数非公開(約77%以上)
対応エリア全国
対応職種AI・IoT
グローバル
ポストコンサル
戦略コンサル
第二新卒求人特集
M&Aコンサルタント
金融業界
製造業界
通信・メディア業界
医療・製薬業界
公共向けコンサルタント
SAP
その他
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

キャリアアドバイザーは非常に知識が豊富で、履歴書の書き方一つでも自分に足りない部分を細かくアドバイスして貰えました。

じっくりと面談した事で漠然としていた目標も明確になり、効率良く自分の理想にあった職場を探せたと思います。

ちなみに面接のスケジュールなども全てキャリアアドバイザーが代行してくれたので、仕事に支障をきたす事もありませんでした。

手厚いサポートによって無事に意中の企業へ転職が決まり、今は新しい仕事に情熱を注いでいます。(一部抜粋)

引用:みん評

悪い口コミ

異業界からコンサルに転職したいと思い、登録しました。

担当の方は、親身でしっかり話しを聞いてくれましたが、結局、求人の紹介はなかったですね。

自分のような、大した職歴の人は、企業に紹介? 提案できないんですかね。

せめて1件だけでも紹介してほしかったのですが…残念でしたね。

引用:みん評

ムービンストラテジックキャリア|国内コンサルファーム約95%を網羅

出典:ムービンストラテジックキャリア
  • 限定の選考ルートや求人がある
  • コンサルタント出身者がサポート
  • コンサル業界特化の転職エージェント支援実績数NO.1

ムービンストラテジックキャリアはコンサル業界特化型の転職エージェントです。

コンサルタントの出身者が転職のコンサルタントを行っているため、複数回希望される方も多数いらっしゃいます。

コンサルタント未経験からの支援実績も豊富で、ムービン限定の選考ルートや求人があるため、初心者でも安心して転職活動が可能です。

ムービン・ストラテジック・キャリアの基本情報
運営会社株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
公開求人数非公開
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種コンサルタント
(戦略・カスタマーフロント・経営・物流・新規事業など)
実績コンサル業界への転職支援実績No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

第一に、キャリアコンサルタントの多くがコンサルティング会社出身であるということ。

とにかくこの業界は独特な世界。

他の業種では使わない言葉や慣行が多いのです。

第二に、業界はもちろん、コンサル各社の動向分析をしっかりと行っていること。

コンサルティング会社にはそれぞれに強い領域があり、それが各社のカラーを生み出しています。

求められるスキルや人材像が分からなければ、転職するにしても何をPRすべきか分かりません。

各社の動向分析を通じて得た求められる人材の情報まで提供してくれます。(一部抜粋)

引用:みん評

悪い口コミ

学歴、職歴をお伝えした時点でビジネスパートナーにはならないと判断されたのかな、と。

情報収集で話を聞きたく連絡しましたが、見下されているように感じもう話したくないと感じました。

電話は向こうからぶつ切り、事後メールなし。

不愉快でした。もう利用することはありません(一部抜粋)

引用:みん評

金融系におすすめのハイクラス転職エージェント2選

金融業界も大きな額の金融商品取り扱うことが多いため、平均年収が高い転職先です。

日本国内、海外の企業を問わず金融関係の経験は今後の年収を上げていくうえでも役に立つと考えられます。

ここでは、金融のプロが正社員からフリーランスまでサポートしてくれたり、キャリア診断をしてくれたりする転職エージェントを2つ紹介します。

KOTORA|金融業界1,600社以上との取引あり

出典:KOTORA
  • 業界出身者の「プロ」で構成された専門チームが案件を網羅的にマッチング
  • フリーランスのクラウドソーシングサービスもあり
  • 応募企業主催のセミナーあり

KOTORAは金融業界出身者のプロで構成された専門チームから、スキルや可能性をもとにしたコンサルティングが受けられる転職エージェントです。

転職支援だけでなく、フリーランスに向けた仕事が探せるクラウドソーシングサービスも運営しています。

応募企業によるセミナー紹介もあり、企業のカルチャーや面接官の特徴を踏まえた面接対策、各業界・業務に合わせたレジュメ添削が可能です。

KOTORAの基本情報KOTORA
運営会社株式会社コトラ
公開求人数23,608件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種ESG関連(コンサル)
戦略
業務
事業再生
IT
組織・人事
人材開発・育成
財務・金融
M&A
会計
リスク
マーケティング
調査、研究、分析
その他
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

御社以外にも、転職先のご紹介をいただくことはありましたが、ご紹介の案件数の多さや、レスポンスの速さなど
御社がいちばんよかったです。

お電話もしっかりご対応いただき、メール返信もとても早く、本当に感謝しております。

適格な面接のアドバイスを直接いただくことも多くあり、また書類の添削などもご対応いただきました。

その結果、第一志望の都市銀行に内定をいただくことができました。(一部抜粋)

引用:KOTORA

悪い口コミ

担当者ベースではあるが総じてどなたも対応が雑、すぐに電話を切られる。

筆記試験の対策を一緒にやってくれた担当者もいたが、以前エントリーしたことがある求人を別の担当が紹介してきたり、提案しておきながら結局条件にミートしていないことが後々発覚したこともあり、こちらのエージェントとは今後関わりたくないと思います。

引用:Google 口コミ

アンテロープ|入社後にスタートアップ・コーチングサービスあり

出典:アンテロープ
  • コンサルタントを指名して登録可能
  • LINEでキャリア診断ができる
  • スタートアップコーチングサービスあり

アンテロープは金融・コンサルティングファームに強い転職エージェントです。

テーラーメイドのサービスの提供のためにZoomやオフィスでの丁寧なキャリアミーティングをしてから、求人を紹介されます。

転職後のスタートアップコーチングサービスは、ストレスへの対処や、パフォーマンスの上げ方についてアドバイスを受けられる強力なサポートです。

アンテロープの基本情報アンテロープ
運営会社アンテロープキャリアコンサルティング株式会社
公開求人数約3,966件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種金融機関/金融プロフェッショナル
コンサルティングファーム
スタートアップ/ベンチャー
事業会社(マネジメント/M&A関連)
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

アンテロープさんおすすめです!金融全般強い、かつ無理な転職勧めてくるような対応もなかったので、、、!

引用:X

悪い口コミ

社会人としての常識が無いと思います。

合否連絡はした方がいいと思います。

引用:Google 口コミ

IT系におすすめのハイクラス転職エージェント2選

2018年12月、経済産業省は「産業界におけるデジタルトランスフォーメーションの推進」を発表し、今後も企業内IT分野の発展、IT業界の発展は著しいと考えられます。

そんな中、IT分野においてハイクラス転職を目指すのにおすすめに2つの転職エージェントを紹介します。

ITエンジニアおすすめ転職サイト12社を徹底比較|選び方から活用方法まで解説

ウィルオブテック|専属2名体制

出典:ウィルオブテック
  • 専属2名体制
  • 将来から逆算したスキルアップ可能な職場紹介
  • 独占の企業募集ややポジションあり

ウィルオブテックは求人票ありきではなく、その人のエンジニアのキャリアの可能性を引き出す転職エージェントです。

専属2名体制を用いており、独占求人も多数取り揃えているので圧倒的な内定率を誇っています。

サービスに期間の制限はなく、妥協せずに求人を検索することができるので、満足度が高いです。

ウィルオブテックの基本情報ウィルオブテック
運営会社株式会社ウィルオブ・ワーク
公開求人数約3,190件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種iOS/Android/Flutter
 テスト/QAエンジニア
 開発系 技術職
インフラ系
ゲーム関連
 プロダクトマネージャー
 CTO
VPoE
 PMO
クリエイティブ
 Webデザイナー
 Webプロデューサー/Webディレクター
 機械/電気/電子/半導体/制御
 回路/システム設計
 サービスエンジニア/サポートエンジニア/プリセールス
営業系
事務/管理系
 物流/貿易
マーケティング系
医療/福祉/介護/保育
コンサルタント
 金融系専門職
その他
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

面接の時も一緒に行って頂き、事前の打合せも有り、その後のサポートも充実していて、最高です。

何か相談事は無いですかと、短期で何度も連絡があり、とても素晴らしい会社だと思います

担当の方もとても良い方で最高です

引用:Google 口コミ

悪い口コミ

ウィルオブテック、今思い返しても電話口で舌打ち&ガチャ切りされたからマジでヤバいと思うわ…

引用:X

グローバルウェイ|平均決定年収1,040万円

出典:グローバルウェイ
  • エグゼクティブ、ハイクラスの外資系・日系IT業界に特化
  • 平均決定年収1,048万円
  • 転職者と転職先企業のマッチング率98.9%

グローバルウェイは外資系・日系のIT業界に特化したハイクラス転職支援サービスです。

決定実績は年収800~7,600万円であり、すでにハイクラス年収でエグゼクティブ転職を目指す方でも問題ありません。

登録するとヘッドハンターが面談を行い、一人一人にピッタリの求人をお伝えしてくれます。

グローバルウェイの基本情報グローバルウェイ
運営会社株式会社グローバルウェイ
公開求人数非公開
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種カントリーマネージャー
CxO
外資ITセールス
デジタルマーケティング
データサイエンティスト
事業開発
エンジニア
ITエンジニア
Webエンジニア
コンサルタント
ITコンサルタント
戦略コンサルタント
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

ここだけの話。グローバルウェイの各務さんからメール頂いたことがある。

人材関連エージェントだけど、一流企業の社長さんが自ら営業するのかと驚いた。

引用:X

悪い口コミ

「株式会社グローバルウェイ」というリクルーターから突然一方的に、会いたいから今週後半の都合の良い日時を複数よこせというメールが届く。

ここは昔関わったことがあったけれども、頼んでもいない面接練習をさせられた上に一方的に失礼極まりないダメ出しをされ、最悪の印象。(一部抜粋)

引用:X

今よりも年収を上げたい方におすすめの転職エージェント

ハイクラス転職も良いけれど、まずは少しでも年収を上げたいかたも多いでしょう。

ここでは、今よりも年収を上げたい方におすすめの大手転職エージェントを2つ紹介します。

リクルートエージェント|業界最大手36万件の求人

出典:リクルートエージェント
  • 業界最大級36万件の求人、非公開求人も22万件以上
  • 転職支援実績NO.1
  • 転職者の60%が年収UP

リクルートエージェントは業界最大級の求人数があり、転職支援実績NO.1の転職エージェントです。

転職者の60%が年収UPに成功しており、転職先としては高年収が期待できるIT・通信分野が20%程度を占めています。

また、エージェントによる対策では、面接で注目しているポイント過去にどんな人がプラス評価されたか教えてくれるので転職活動に役立つでしょう。

リクルートエージェントの基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約362,425件
非公開求人数約225,202件
対応エリア全国
対応職種営業・販売・カスタマーサービス
企画・マーケティング・経営
管理・事務 物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ
SE・ITエンジニア
エンジニア(設計・生産技術・品質管理)
建築・土木・設備
医療・医薬・化粧品
その他(講師・調理師・介護など)
実績転職支援実績No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

細かいところまで親身に返信してくれたりする。

職務経歴書や面接対策など添削してくれる。

求人も圧倒的に多いし、日本のエージェントの中では一番だと思う。(一部抜粋)

引用:みん評

悪い口コミ

担当者の名前を名乗らず身バレしない安心感からかなのか上から目線で怒った口調で対応してきました。

リクルートエージェントと申しますと言っていたが普通はリクルートエージェントの担当の〇〇ですと名乗るべき自力で探したほうが良いと思いこちらからお断りしました。

引用:みん評

リクルートエージェントの評判はひどい?リアルな口コミや年代別おすすめ度を解説

doda|21種類の幅広い業種から求人を探せる

出典:doda
  • 平均年収ランキングで業界を比較できる
  • 21種類の幅広い業界・職種の求人
  • 適正年収から仕事が探せる

dodaは顧客満足度NO.1の転職エージェントで、幅広い求人が魅力の一つです。

コンテンツも充実しており、ランキングで業界別年齢・都道府県別での平均年収を見ることができ、年収が高い業界がすぐにわかります。

また、年収査定ツールでは適正年収が3分でわかり、適正年収から仕事を探せるため、働いた成果と給料が見合っていないと思う方におすすめです。

dodaの基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約231,586件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業職
企画・管理
事務・アシスタント
技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)
技術職(組み込みソフトウェア)
技術職(機械・電気)
技術職・専門職(建設・建築・不動産・プラント・工場)
技術職(化学・素材・化粧品・トイレタリー)
技術職(食品・香料・飼料)
医療系専門職
金融系専門職
専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)
販売・サービス職
クリエイター・クリエイティブ職
公務員・教員・農林水産関連職など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

DODA

• 面談で深くニーズを聞いてくれる

• エージェントが選ぶ求人が自分の興味に合致

• 無闇に電話かけて来ない&電話する時間は事前に決めてくれる(一部抜粋)

引用:X

悪い口コミ

関西エリア担当の異常に早口でまくし立てるアドバイザーは人間性がひどかった。

こちらの話も聞かず、カウンセリングの最後に「次までの宿題として転職の軸を考えてください。」と言って企業紹介せずに時間を無駄に使わせてくる。

おそらく全員に言っている常套句で、業界のことが分からないので宿題と称して業務を投げてきているように感じた。

引用:みん評

doda(デューダ)の評判は悪い・ひどい?口コミを元にどんな人におすすめかを解説

ハイクラス転職エージェントの選び方5つのコツ

たくさんあるハイクラス転職エージェントから、どうやって選べばいいのか、心配になる方もいらっしゃると思います。

正しく選ばないと転職活動の足かせになってしまうかもしれません。

自分の状況に合わせて後悔しない転職活動ができるように、正しい転職エージェントを選べるように5つのコツをお伝えします。

スカウト型かエージェント型か確認する

転職エージェントにはスカウト型とエージェント型があります。

サービス内容概要メリットデメリット
スカウト型登録した内容をみてエージェントもしくは企業の採用担当者からスカウトを受けられる仕組み。・経歴を知ったうえで選考に入れるため、採用までスムーズ
・企業と求職者がミスマッチしにくい
・書類の添削や企業とのやりとりは自分で行う
エージェント型優秀な人材を求める企業と経歴を生かした転職先を探す求職者をマッチングさせる仕組み。・書類の添削や面接の調整など幅広いサービスが受けられる
・採用企業の具体的な情報がもらえる
・初回の面談などエージェットと話す時間を作る必要がある
スカウト型とエージェント型の違い

スカウト型は登録するだけで企業やエージェントから連絡が来るので、忙しくて転職活動をする時間が少ない方におすすめです。

エージェント型ははじめ担当者としっかりミーティングをおこない、企業を紹介してもらうだけではなく書類の添削面接の調整もしてもらえます。

どちらが自分に合っているか考えて利用してください。

独占求人があるかどうか確認する

転職エージェントに登録する際、特定のエージェントからしか紹介してもらえない独占求人の有無も重要になります。

なぜなら、独占求人は他の転職サイトで扱っていないため、独占求人があるかどうかはエージェントの質を見極める一つの手段となるからです。

なぜ独占求人は非公開になっているのか?

非公開求人となっている企業の求人は人気があり、公開するとあっという間に応募数を締め切ってしまうものがほとんどでしょう。

また、企業側がライバル会社に求人募集をしていることを知られたくない場合も非公開となっている可能性もあります。

そのため、独占求人を確認してみてください。

自分の経験・今後の希望に合っているものを選ぶ

転職エージェントは、自分の職歴に合っているものを選ぶと内定につながりやすいでしょう。

なぜなら、前職とのつながりがあることで、経験やスキルを考慮して良い求人を紹介してもらえる可能性があるからです。

例えば、現在事務職に就いているのであれば、事務や経理を多く取り扱っている転職サービスに登録します。

未経験での転職先を考えている場合は?

未経験であっても、転職を希望する職種の転職エージェントを選んでおくと良いでしょう。

例えば、コンサル系を目指したいのであれば、未経験から転職例があるようなコンサル系に強い転職エージェントに登録をします。

求人の窓口を広げるために、複数の転職エージェントを利用するのがおすすめです。

自分の年代に合っているものを選ぶ

年代によって抱えている問題は仕事上でもプライベート上でも変化します。

また、年代による変化に合わせて必要な条件も変わってくるため、年代にあった転職エージェントを選択するのがおすすめです。

企業が求める求人は年代によって異なる

若い年代ではポテンシャル採用を、ミドル転職では役職がついた採用など、転職エージェントが取り扱う求人によって得意とする求人も違います。

年代を考えてその後のキャリアプランを考えてくれる転職エージェントを選びましょう。

サポート機能の多さで選ぶ

転職活動はとても気力も体力も使う行動です。

そのため、なるべく転職エージェントに任せられることがあれば任せた方が転職活動しやすくなります。

転職エージェントのサポート機能
  • 自分に合った求人の提案
  • 非公開求人の紹介
  • 職務経歴書の添削
  • 企業に合わせた強みを教えてもらう
  • 面接の日程の調整
  • 有給休暇の消化状況
  • 年収の交渉
  • 退職を伝える方法のアドバイス
  • 入職までの日程調整
  • 入職後のサポート など

サポート機能の多い転職エージェントを選択すれば、自己負担が少なく転職活動を薦められるでしょう。

ハイクラス転職への準備って何が必要?

正直なところ、200~300万円からいきなりハイクラス転職を目指すのは難しいです。

しかし、今ハイクラスへの転職が難しいからといってあきらめる必要はありません

順番を追って転職をしていけば、十分にハイクラスである年収750~800万円を目指していくことができます。

ここでは、どのようにハイクラス転職への準備をしたらいいか確認していきましょう。

まずは平均年収が高い業界に転職する

平均年収を上げるには、平均年収が高い業界に転職をするのが良いでしょう。

なぜなら、業界によって平均年収があり、年収が上がりにくい業界では年齢が上がっても給料が上がることはないからです。

職業平均年収
電気・ガス・熱供給・水道業747万円
金融業・保険業656万円
情報通信業632万円
学術研究・専門・技術サービス業・教育・学習支援544万円
製造業533万円
宿泊業・飲食サービス業268万円
サービス業337万円
卸売業・小売業384万円
医療・福祉業409万円
職業の平均年収

年収は大きく業界と職種によってきまるため、業界を変えることが重要になります。

平均年収200~300万から400~500万円の業界に転職を検討してみてください。

加えて、これから伸びる業界や産業についても踏み込んでおくと良いでしょう。

転職市場予想2024年度上半期求人が増える業界
  • IT・通信
  • 電機・機械
  • 不動産・建設
  • 金融
  • メディカル(医療業界)
  • 営業
  • 法務
  • 企画・マーケティング
  • 化学・素材
  • 食品

特にDX化が進み、人口減少によるIotを推進している背景にあり、IT分野では今後より一層の発展が望めます。

IT分野への転職はdodaがおすすめです。

  • 第三者視点から、これまで気づかなかったキャリアを提案してくれる
  • エンジニア未経験でも企業にアピールした方法を俯瞰してアドバイス可能
  • エンジニアで20~200万円年収UPの事例あり

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

スキルアップをして同じ業界で給料を上げるために転職する

平均年収が高い職場に転職したら、現場でしっかりと実績を積み上げて、業界内でのキャリアアップを目指しましょう。

もちろん職場内で昇格できれば良いのですが、役職が埋まっている状態ではなかなか昇進は難しいと考えられます。

キャリアアップをするために

業界において役に立つ資格を取って、自分にしかできないことを増やすのもおすすめです。

400~500万円から500~600万円を目指しましょう。

今働いている業界でキャリアアップ、年収UPを目指すのにはマイナビエージェントがおすすめです。

  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーがいる
  • リクルーティングアドバイザーが企業とのミスマッチを防ぐ
  • アドバイザーが間に入り年収UPの交渉をしてくれる

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

経験を活かせる別業界に転職して平均年収を上げる

年収が上がったら、さらに年収が高い業界を目指してみると良いでしょう。

500~600万円の年収であれば非公開で紹介してもらえる求人も増え、さらなるキャリアアップが目指せる可能性が高いです。

ただし、未経験の業界に移った場合、一時的に年収が下がってしまうかもしれません。

また、ベンチャー企業などの役職付きになれたとしても年収が下がる危険性があります。

しかし、年収が高い業界にいれば伸び率が違い役職についていればさらに次の転職にも有利に働くため、チェレンジしてみるのも良いでしょう。

平均年収をさらに上げる転職にはリクルートエージェントがおすすめです。

  • 業界最大級36万件の求人数
  • 利用者の6割以上が年収UP
  • 平均年収が高い外資系企業の内定者も年間1400社以上

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

ハイクラス転職におすすめの資格

ハイクラス転職をするためには、新しく資格をとるものおすすめです。

資格を取得すると、現在の経歴に箔をつけたり、新しい業界への転職の際には、企業に興味を持っているアピール強みにつながるでしょう。

ここではハイクラス転職で役に立つ資格を5つ紹介するので、転職活動に必要なものがあれば参考にしてみてください。

ITパスポート|情報処理の国家資格

ITパスポートはIT分野で働くための基礎知識があることを証明できる国家資格です。

情報セキュリティ情報モラルに関する知識が身につき、体系化したネットワークやデータベースの管理が可能となります。

IT業界だけでなく、一般企業の業務効率化を図ることもできるため、おすすめの国家資格です。

項目内容
運営会社独立行政法人 情報処理推進機構
受験に必要な知識・新しい技術(AI、ビッグデータ、IoT など)
・新しい手法(アジャイルなど)の概要
・経営全般(経営戦略、マーケティング、財務、法務など)
・IT(セキュリティ、ネットワークなど)
・プロジェクトマネジメントなど
受験料(税込)7,500円
受験方法CBT方式
受験資格特になし
合格率50%前後
公式サイトITパスポート試験
ITパスポートの内容

フィナンシャルプランナー|金融関係の職場に有利

ファイナンシャルプランナー(FP)は家計に関わる総合的な資金計画を、金融制度や保険年金制度などの制度の知識を利用して経済的に実現に導く職業です。

日々の家計管理から資産運用、税金の相談まで幅広い暮らしとお金の知識を必要とします。

年収が高い金融関係や保険会社への転職で強みとなる資格です。

項目内容
運営会社日本FP協会
受験に必要な知識・ライフプラン
・金融
・証券
・年金
・ローン
・法律
・税制
・経済、法務の一般知識
受験料(税込)3級FP技能検定 
学科+実技 8,000円
2級FP技能検定
学科+実技 11,700円
受験方法筆記(マークシート方式)
受験資格FP 業務に従事している者
または従事しようとしている者
合格率3級FP技能検定 70%前後
2級FP技能検定 25~30%
公式サイト日本FP協会
FP技能検定の内容

1級FP技能検定は学科試験を別の機関で受けるなどの条件がありますが、2~3級は特に条件なく受けることが可能です。

中小企業診断士|企業のコンサルティングに関われる

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するために現状分析や企業と金融機関のパイプとして診断・助言を行う専門家です。

時には企業と行政の橋渡しとなることもあるため、経営学財務・会計運営管理経営法務の知識を必要とします。

そのため、企業の戦略コンサルティングを目指す方にとっては重要な資格になります。

項目内容
運営会社一般社団法人 中小企業診断協会
受験に必要な知識・経済学・経済政策
・財務・会計
・企業経営
・経営法務
・運営管理(オペレーション・マネジメント)
・営情報システム
・小企業経営・中小企業政策
受験料(税込)一次試験:14,500円
二次試験:17,800円
受験方法1次試験:筆記(マークシート方式)
2次試験:筆記(記述)
受験資格誰でも受験可能
合格率1次試験:20%前後
2次試験:20%前後
全体:4%前後
公式サイト一般社団法人 中小企業診断協会
中小企業診断士試験の内容

中小企業診断士になるには1次試験をクリアしたあと、特定の養成機関か、2次試験を受けて実務を行います。

また、中小企業診断士の登録有効期間は5年間で、登録を更新するためには研修や論文によって一定の要件を満たすことが必要です。

米国公認会計士|会計と英語のスキルを証明できる

米国公認会計士(USCPA)はアメリカ各州の会計士委員会が認定する公認会計士資格のことです。

国際的な会計基準英語力といったスキルが証明できる国際資格であり、外資系への転職において魅力的なアピールポイントになります。

米国の資格ですが州によっては日本で受けられるものもあり、Webを通して単位を取得し、テストセンターでパソコンに出題される試験をクリアすれば取得可能です。

項目内容
運営機関米国各州
・ワシントン
・アラスカ
・ニューヨーク
・モンタナ
・グアム
受験に必要な知識・FAR(財務会計)
・BEC(企業経営環境・経営概念)
・REG(諸法規)
・AUG(監査及び諸手続き)
受験料(税込)・学歴評価:12,000~27,000円程度 
・出願費用:18,600~29,400円程度 
・一科目:28,578円程度
〇日本国内で受ける場合 
+46,800円程度
※為替により変動あり
受験方法テストセンターでのPCを用いた試験(選択・記述式)
受験資格各州によって異なる
例)ワシントン州
・4年生大学卒業の学位
・必要単位120単位
合格率世界:50%前後
日本:18%前後
USCPAの概要

受験条件で足りない単位は追加で受講することが可能です。

試験は4科目合格しなければなりませんが、一科目ごとに受験ができます。 

さらに、ライセンス取得には追加の単位や実務経験を必要とするため、スクールなどで勉強するのが一般的です。 

USCPAの注意点

日本で取得する公認会計士と同様に監査業務につくことは可能ですが、監査調書にサインできないなどの制限があるので注意してください

公認会計士の転職を成功させるためには?おすすめエージェント7選

TOEIC|グローバルな企業では必須

TOEICはスコアによって英語能力が評価される資格試験です。

テストは数種類あり、特にL&R(リスニング&リーディング)、S&W(スピーチ&ライティング)が実際のビジネスシーンに役立つ英語を証明します。

外資系への転職を考えるのであれば、TOEICスコア700点以上あると有利となるでしょう。(2022年度のTOEIC公開テスト平均スコア:平均608点、社会人平均638点)

900点以上取れれば、英語でビジネスをしても問題ないと考えられているため、即戦力のアピールにつながります。

項目内容
運営会社一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会
受験に必要な知識・TOEIC L&R
Listening(聞く)・Reading(読む)という2つの英語力
・TOEIC S&W
Speaking(話す)・Writing(書く)という2つの英語力
受験料(税込)・TOEIC L&R:7,810円
・TOEIC S&W:10,450円
受験方法・TOEIC L&R:筆記試験(マークシート方式)
・TOEIC S&W:パソコンとヘッドセットを使用
受験資格受験資格は特になし
合格率・TOEICは合格・不合格というラインはない
・平均スコア600点台(簡単なビジネス英語の理解):全体の約20.5%
・500点台以下(中学・高校の基礎英語の理解):全体の約46%
・700点台(ビジネス上の意思疎通が可能):全体の約17.2%
・800点台(英語を駆使して仕事に役立てられる):全体の約11.7%
・900点以上(正確に流ちょうに英語は使える):全体の約4.2%
公式サイトETS TOEIC
TOEICの内容

TOEICは繰り返し何度も受けられる試験です。

試験勉強をしながら実践的な英語力が身につき、その能力を判定できるため、明確に目指すスコアがあれば何度も挑戦してみましょう。

ハイクラス転職で失敗しないための7つのポイント

ハイクラス転職は、年収アップやキャリアアップを目指す人が多いです。

しかし、ポイントを意識して行わないと年収が下がってしまったり自分の思っていた仕事と違っていたりして転職が失敗してしまう危険性もあります。

現状で高収入だから次も問題ないと甘えることなく、失敗しないポイントを確認していきましょう。

キャリアの棚卸しを行い、自分の強みをしっかりともつ

まずは、しっかりキャリアの棚卸しを行うことが重要です。

転職活動では、自分の強みを理解して、企業ごとにアピールポイントを変えることが大切になってきます。

自分で強みがよくわからないとき

自分では何が強みが分からない時は、転職エージェントに相談してみて、一緒に棚卸をするのがおすすめです。

自分では考えていないような強みが見つかることもあり、応募する企業に対してどんなスキルが必要とされていて何をアピールするべきかも教えてくれます。

また、グットポイント診断などの自己分析ツールの利用もおすすめです。

グットポイント診断とは?

リクナビNEXTに登録すると行える自分の強みを発見できる診断ツールです。

約30分ほど時間をかけて293問の質問に次々と答えていくと、自分の強みとなる部分を5つ教えてくれます。

例:受容力、現実思考、社交性、継続力、挑戦心、柔軟性、独創性など

エージェントとの面談やツールを使用して、自分の強みを具体化しておいてください。

企業分析を徹底し、ポジションに合わせて職務経歴書を見直す

次に、転職を成功させるには、応募する企業の企業分析を徹底しましょう。

なぜなら、企業が何を求めているかによって、職務経歴書を変更しないと書類選考で落とされてしまう可能性が高いからです。

募集されているポジションの役割を企業分析をしながら考えて、職務経歴書に反映させていきましょう。

企業分析と必要なスキルの例

例)外資系企業の投資部門において

  • 英語力
  • トレンドをリサーチして今後の動向を察知するスキル
  • リスク管理
  • データ分析
  • 論理的思考力
  • コミュニケーションスキル など

スキルをアピールする際には、他の人とは違い即戦力になりえる面をアピールしましょう。

応募する企業は口コミサイトで評判を確認する

良い条件がそろっている一見問題なさそうな求人でも、実際に勤めてみると求人と違っていて「転職に失敗してしまった」となる可能性もあります。

そのため、エージェントに紹介された企業や、応募してみようと思った企業は口コミサイトで評判を確認しましょう。

口コミサイトでは実際の年収ボーナス会社の雰囲気風土などが投稿されており、実際の求人やエージェントから聞いた話を照らし合わせるのがおすすめです。

クチコミサイト名概要リンク
openwork年収ランキングなどで比較できる公式サイト
ライトハウス独自の方法で企業を分析公式サイト
転職会議国内最大級375万件以上の口コミ公式サイト
企業の口コミサイト一覧

エージェントとこまめに連絡を取る

また、エージェントとこまめに連絡を取ることも大切でです。

エージェントはたくさんの担当を抱えており、連絡があまり来ない人の優先度が下げられてしまう可能性があります。

エージェントとの連絡頻度

少なくても1週間に1度は連絡をして転職の意思がある旨を伝えてください。

今すぐに転職するつもりがなくても、必要としている情報を集めてもらいましょう。

エージェントに連絡してもなかなか返信がこない場合は、自分の出している条件を見直してみてください。

もしかすると、条件が厳しすぎて求人を紹介できないのかもしれません。

しかし、ただ返信が遅いだけのエージェントも存在するため、自分に合わない、連絡が遅すぎるなどがあれば担当を変更する転職エージェントを変えてみましょう。

できれば推薦文を確認する

推薦文とはエージェントが企業に提出するアピール文章です。

職務経歴書と一緒に企業に提出することで、人柄や価値観を知ってもらえるため、書類選考の通過率があがります

エージェントが書く推薦文に書いてある内容
  • 求職者の強みや性格
  • エージェントが感じた人柄
  • 仕事に対する価値観
  • 現在の仕事と企業にマッチングすると思ったポイント
  • 希望年収や希望勤務地 など

推薦状を確認させてもらい、書いてある内容をさらにアピールすれば相乗効果でさらに企業の印象に残りやすくなるでしょう。

また、自分では気づけなかった強みに気が付けることで、他の企業に応募する際のアピールポイントとして使えます。

ただし、エージェントによっては確認できないこともありますので注意してください。

条件交渉はエージェントに任せる

転職エージェントの魅力として、入職時の条件年収などの交渉をエージェントが行ってくれる面があります。

そのため、条件交渉はエージェントに任せましょう。

交渉はエージェントに任せた方がいい理由

エージェントは交渉のプロであり、交渉を良い方向にもっていくノウハウを熟知しています。

自分で行うよりもはるかに高い確率で条件に納得してくれる可能性が高いです。

自分で交渉したい場合でも、エージェントからアドバイスが受けられたり、面接に同行してもらえたりするので、相談してみてください。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントは複数登録して窓口を広げておきましょう。

エージェントの質を比較検討するのにも役立ちます。

一つは総合的な転職エージェント、もう一つは専門的な転職エージェント、さらに今後希望する企業の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

現在金融関係に勤めていて外資系企業を目指す場合
  • 総合的なハイクラス転職のビズリーチ
  • 金融に強いハイクラス転職エージェントのKOTORAやアンテロープ
  • 外資系企業に強いランスタッドやエンワールド

に登録すると良いでしょう。

多方面からアプローチすることで、転職のその先を見据えたキャリアプランがつくれるため、転職が成功します。

ハイクラス転職でよく聞かれる質問まとめ

ハイクラス転職に関してよくある質問に対してお答えしています。

ハイクラス転職に関する不安はここで解消しましょう。

ハイクラス転職エージェントに登録したけど求人を紹介されない場合は?
ハイクラス転職の登録後に連絡がこない場合は、紹介できる求人がない可能性が高いです。
理由としては2つあります。

1つ目は、1~2年ですぐやめてしまったり、転職を4回以上繰り返したりしていると企業側におすすめできないため求人を紹介できないパターンです。
この場合は、辞めた理由を前向きに伝えたり、転職が多い影響で企業で生きるスキルをアピールしたりすると紹介してもらえる確率が上がります。

2つ目は、自分の出している条件が厳しすぎるケースです。
年収750万でいきなり年収2,000万円を目指したり、勤務地や就業時間にこだわりがありすぎたりすると、条件にあう求人がなく紹介ができません。
まずは、自分の譲れない条件だけをお伝えしてみて、いただけた求人から絞って考えると良いでしょう。
未経験でもハイクラス転職は可能なの?
未経験分野のハイクラス転職も可能です。
自分の経歴の棚卸をして、自分の強みが生かせそうな業界を探してみましょう。
希望する職種の転職エージェントに未経験ならではのアピールポイントを確認しておくと、内定率が上がります。
エグゼクティブ転職とハイクラス転職は違うの?
エグゼクティブとハイクラスに明確な階級や年収の違いはありません。
しかし、エグゼクティブ転職では一般的に1,000万円以上の年収で、経営者や役員での職種を希望を指すことが多いようです。
ハイクラス転職で失敗例は?
ハイクラス転職で2つの失敗例をお伝えします。

①転職して年収は上がったけど忙しくてワークライフバランスが崩れてしまった例
国内の金融機関から外資系保険会社に転職したケースでは、海外との取引もあり時間が不規則で、体調をくずしてしまった人がいます。
転職先の企業の残業状況や繁忙期の忙しさなどをエージェントに確認したり、口コミサイトで確認しておくとミスマッチは減らせるでしょう。

②提案された求人を先送りしてたら締め切ってしまった例
好条件の求人があり、エージェントからおすすめされたが引っ越しを伴う勤務地だったので躊躇していました。
1週間後に連絡したら募集枠が埋まってしまい、応募はかなわず、その後もおすすめされた求人で魅力を超えるものがなく転職できなかった人もいます。
もちろん納得しない条件で応募する必要はないですが、求人は生ものであり、すぐに検討しないとだめになってしまうでしょう。
内定をいただいて辞退することも可能なため、まずは応募してみてください。

ハイクラス転職エージェントを利用して、確実に年収をUPさせよう

この記事ではハイクラス転職を条件別に紹介、効率よく転職活動を行う方法について解説しました。

おすすめのハイクラス転職エージェント

ハイクラス転職エージェントは、掲載企業の平均年収が高いこと、求人数が多く、サポートが充実しているものが重要です。

ビズリーチは、掲載企業の33%が1000万円以上、有料サービスでは有能なヘッドハンターと面談し、書類の添削面接の調整をしてくれます。

  • 大手企業に転職した人が選ぶ最も満足度が高い転職サービスNO.1
  • 掲載企業の33%が年収1000万以上の求人
  • 経営幹部・管理職などプロフェッショナル人材募集あり

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

転職エージェントを上手に利用して、ハイクラス転職を成功させましょう。