doda(デューダ)の評判は悪い・ひどい?口コミを元にどんな人におすすめかを解説

dodaの評判は悪い?

dodaはどんな人におすすめ?

今回は、こんな疑問にお答えします。

「パーソルキャリア株式会社」が運営する転職エージェントの”doda”

良い評判・口コミが大多数を占める一方で、悪い評判・口コミが寄せられていることも事実です。

そこで今回は、dodaの評判・口コミを悪い部分も含めて包み隠さず公開します。

この記事を読めば、dodaのメリット・デメリットや、どんな人が使うべきかが分かります。

dodaの特徴
  • 「連絡がしつこい」「連絡が来ない」などの悪い評判がある
  • 「転職サポートが手厚い」「親身に相談に乗ってくれた」などの良い評判がある
  • 「スカウトメールの数が多い」「アドバイザーの質にばらつきがある」などのデメリットがある
  • 「転職サイト・転職エージェントの良いとこ取りができる」などのメリットがある
  • 「スカウトサービス」「レジュメビルダー」などの転職支援サービスを利用できる
  • 「初めて転職する人」「転職への不安が大きい人」利用した方が良い
  • 「アドバイザーの意見に流されやすい人」「選択肢が多いと迷う人」は利用しない方が良い
  • doda以外の転職エージェントも併用するのがおすすめ

\求人数22万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

目次 開く

  1. dodaの悪い評判・口コミとは?
  2. dodaの良い評判・口コミとは?
  3. dodaを利用するデメリット5選
  4. dodaを利用するメリット6選
  5. dodaの基礎知識
  6. 【無料利用OK】doda独自の転職支援サービスを紹介!
  7. dodaを利用した方が良い人の特徴5選
  8. dodaを利用しない方が良い人の特徴3選
  9. 【高年収と言われたい!】平均年収が高い業種とは?
  10. dodaに登録してから内定をもらうまでの流れ
  11. dodaを最大限活用して転職を成功させるためのポイント9選
  12. dodaとの併用がおすすめの転職エージェント3選
  13. dodaに関するよくある質問
  14. dodaは利便性が高い転職エージェント!
目次へ

dodaの悪い評判・口コミとは?

ここでは、dodaの悪い評判・口コミを包み隠さず公開します。

ネガティブな意見を集計したところ、大きく分けて以下の5つに分類されました。

それぞれについて、実際の口コミをもとに解説します。

連絡がしつこい

dodaの悪い評判として寄せられたのが、

連絡がしつこい

という口コミです。

  • 必要以上に何度も連絡してくる
  • 留守電を残さず、直接何度も電話してくる
  • メールが何件も送られてくる

など、利用者への配慮がない対応に不満を抱える人が多いことが分かります。

メールや電話の連絡がしつこいですし、求人の質も良くありません。電話するなら留守電で要件を残してくださいね?(一部抜粋)

過去に登録した際、すぐに電話の嵐でまずは面談したいと。スケジュール調整して面談したが、こちらの希望というよりすぐさま採用に繋げてお金を得たいんだなぁという印象。その後もメールや電話がしつこいため無視。(一部抜粋)

電話がとにかく多い。掛け直しても出ないし、再連絡は来ない。クレームを入れても改善が見られない。(一部抜粋)

出典:みん評

電話やメールがしつこい場合の解決策は、

  • 希望の連絡頻度・連絡時間帯・連絡手段を改めて伝える
  • こちらから連絡するまで”電話はいらない”とハッキリ伝える

などが挙げられます。

なお、改めて希望を伝え直したにも関わらずしつこく連絡してくる場合は「担当者の変更」を申し出るのが得策です。

担当者の変更は、

  • メールで伝える
  • 電話で伝える
  • 公式HPのお問い合わせフォームから申し出る

などの方法で行えます。

連絡が来ない

dodaの利用者の間では、

連絡が来ない

という悪い評判・口コミも多く見受けられました。

  • 指示に従い候補日を送ったにもかかわらず、連絡がこない
  • 途中経過の報告がない

など、レスポンスの悪さに不満を抱える人が多いようです。

キャリアカウンセリングの候補日をいくつか送ってくださいとのことだったので候補日を送ったが、それ以降2週間以上何の連絡もありません。(一部抜粋)

応募を忘れられる。
結果や途中経過の報告がない。(一部抜粋)

初回の面談以降はフォロー無し。
たまにメール来たと思うと、何月何日は休暇をいただきますというメールばかり。(一部抜粋)

出典:みん評

連絡が来ない場合の解決策は、

こちらから連絡する

などが挙げられます。

とはいえ、毎回こちらから連絡するのは非効率であるため「ちゃんと連絡してくれる担当者に変更してもらう」のが手っ取り早いと言えるでしょう。

希望に沿わない求人を紹介された

dodaの悪い評判として、

希望に沿わない求人を紹介された

という口コミも目立ちます。

本来dodaでは、利用者の希望条件に合った転職先を紹介するのが基本です。

しかし中には、提示した条件を全く反映させずに「希望に沿わない職場ばかりを勧める」悪質なキャリアアドバイザーも存在するようです。

紹介された企業は自分の望んだものと全然違うもので、先行に進む気もわきませんでした。(一部抜粋)

転職で叶えたい要点を最初の面談からお伝えしているにも関わらず、要望とは異なるものばかり。求職者のキャリアを考えるというより、人を数字としてしか見ていないように感じました。(一部抜粋)

エージェントから『あなたは事務職では100社申し込んでやっと1件通るかどうか』と言われ『事務職は紹介できない、これから介護職20社に申し込みをしてください』と指示された(一部抜粋)

出典:みん評

希望に沿わない求人を紹介された時の対処法は、

再度、希望条件のすり合わせを丁寧に行う

ことが挙げられます。

あなたが希望する職場条件を”具体的に”伝え直し、どのような職場に転職したいのかをキャリアアドバイザーと改めてすり合わせましょう。

もう一度条件をすり合わせたにも関わらず、希望に沿わない求人を紹介され続ける場合は「担当者の変更」もしくは「別の転職エージェントを利用する」のがおすすめです。

転職を強引に勧められた

dodaの悪い評判として、

転職を強引に勧められた

という口コミも寄せられていました。

  • 希望していない職種を無理やり勧めてくる
  • とにかく応募するように催促してくる
  • 内定を承諾していないのに、入社を急かしてくる

など、強引な態度に不満を抱える方が多いようです。

私の担当者はどうしても営業職を勧めてくることが多かった。遅いです、早く決めないと、就職出来ませんよ、
と直接言葉にはしてこなくても間接的に物凄く急かされた。(一部抜粋)

最初の電話では「じっくり腰を据えて探していきましょう」と言っていたが、舌の根も乾かない内に「とにかく応募しまくれ」と元も子もないことを言われた。(一部抜粋)

自分の営業成績のことしか考えない、無知なエージェントが多い。内定が決まったら入社を急かしてくる。じっくり考える時間を与えない。(一部抜粋)

出典:みん評

転職を強引に勧められた場合の解決策は、

  • 希望の転職時期を改めて伝え直す
  • 希望条件のすり合わせを改めて行う

などが挙げられます。

あなたが「いつ」「どんな職場」に転職したいかを改めて提示すれば、転職を無理に勧められる可能性が低くなります。

とはいえ、転職を無理に勧めてくるキャリアアドバイザーは「力量が低い」ことが多いです。

そのため、転職を手厚くサポートしてもらうためにも、担当者の変更を申し出るのが良いでしょう。

キャリアアドバイザーの態度が悪い

dodaの利用者の間では、

キャリアアドバイザーの態度が悪い

という悪い評判・口コミも見受けられました。

  • 高圧的
  • バカにした態度をとる
  • 馴れ馴れしい

など、社会人としての常識がないキャリアアドバイザーも存在するようです。

こちらを励まそうとしたのか分かりませんが、「まあ大丈夫ですよ、2年ほどお仕事探されてた方も就業できましたので」と鼻で笑うような表情で言ってきたのをよく覚えています。(一部抜粋)

自身の経歴をボロクソに言われただけで面接が終了。
しかも言い方がちょっと嘲ってる感じ。(一部抜粋)

自分の意見を述べると鼻で笑われ否定される。挙げ句の果てにラインでのやり取りにおいても、顔文字を使うなどあまりにも非常識なのではと思わざる得ない。(一部抜粋)

出典:みん評

キャリアアドバイザーの態度が悪い場合の解決策として、

担当者の変更を申し出る

ことが挙げられます。

態度が悪いキャリアアドバイザーに対して「態度を改めるよう説得する」のは非効率的であるため、躊躇せずに変更を申し出るのが得策です。

仮に「変更を申し出る勇気がでない」なら、別の転職サイトを利用するのも1つの手だと言えるでしょう。

dodaの良い評判・口コミとは?

続いて、dodaの良い評判・口コミを紹介します。

ポジティブな意見は大きく分けて、以下の5つに分類されました。

それぞれについて、実際の口コミをもとに解説します。

希望通りの転職先を紹介してもらえた

dodaの良い評判として寄せられたのが、

希望通りの転職先を紹介してもらえた

という口コミです。

  • 希望条件に合った求人
  • やりたいことが実現できる求人

など、利用者が提示した希望条件にマッチしたおすすめの職場をしっかりと紹介してくれるようです。

良かったのは、すぐに希望条件に合った求人を紹介してもらえた点です。転職活動は何かと大変だと言いますが、私の場合は初めてにもかかわらず非常に効率的に成功しました。(一部抜粋)

私にあった求人や私がやりたいことを汲み取って下さり1番オススメしてくれた求人に応募したところ内定を頂くことが出来ました。(一部抜粋)

dodaを経由して転職、年収は20万ほどup。半年経ちますが、自分に合った仕事を提案してくださいました。(一部抜粋)

出典:みん評

転職サポートが手厚い

dodaの良い評判として、

転職サポートが手厚い

という意見も目立ちました。

  • 必要事項を事前に教えてくれる
  • 履歴書添削・面接対策をしてくれる
  • 自己分析を手助けしてくれる

など、協力的な姿勢を持つキャリアアドバイザーが多いようです。

転職活動は決して簡単なものではないため、全面的なサポートを受けられることは非常に有益だと言えるでしょう。

メールも電話も駆使して連絡がいただけますし、試験や面接で必要なことなども事前に教えていただけるので前もって準備して臨めるのが良かったです。また企業に直接言いにくい交渉も代わりにしていただけるので、精神的な負担が少ないのも良かったです。(一部抜粋)

転職エージェンシー他社と比べて専任の担当者がとても親身になって相談に乗ってくれ、履歴書、筆記、面接のたびに相談や足りない部分など添削してくれたので志望している会社のほしい人材像を深く理解でき、自分の志望動機と職務経歴をぴったり合わせることができた。(一部抜粋)

DODAの転職エージェントでは面接対策も重視していて、短い時間に自分をアピールするポイントなどもアドバイスを受けることが出来たので自信を持って転職活動に挑むことが出来たと思います。(一部抜粋)

出典:みん評

キャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれた

dodaでは、

キャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれた

という良い口コミも多く寄せられていました。

dodaのキャリアアドバイザーは、利用者の話を丁寧に聞き、親身に相談に乗ってくれます。

希望条件の話だけにとどまらず、「転職への不安」「転職後の悩み」などの話にも耳を傾けてくれるため、気持ちを軽くして転職活動に励むことが可能です。

そのため、転職活動への不安が大きい人にとっては、非常におすすめの転職エージェントだと言えるでしょう。

非常に親身になって話を聞いてくれて、面談の感想や今後の悩みなども素直にお話することができました。(一部抜粋)

私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。(一部抜粋)

DODAは、一番スピード感があり、コーディネーターさんも親身になって相談に乗って下さり、圧倒的な求人案件の量で、一日も早く転職を決めたいと思ってる方には絶対にお勧めしたいです。(一部抜粋)

出典:みん評

求人数が豊富

dodaの利用者の間では、

求人数が豊富

という口コミも見受けられました。

dodaの求人案件数は、約22万件以上。

他の転職エージェントと比べても、非常に豊富な数の求人を保有しています。

転職サイト名公開求人数
(非公開求人数)
公式サイト

doda
約221,400件doda

リクルートエージェント
約397,200件
(約258,300件)
リクルートエージェント

マイナビエージェント
67,000件
(約18,700件)
マイナビエージェント

ビズリーチ
約10,6100件ビズリーチ

JACリクルートメント
約11,900件JACリクルートメント

ワークポート
約85,800件ワークポート

他の転職エージェントでは出会えなかった”自分にぴったりの職場”が見つかることもあり、その利便性の良さから多くの利用者に愛用されています。

圧倒的な求人案件の量で、一日も早く転職を決めたいと思ってる方には絶対にお勧めしたいです。(一部抜粋)

マッチングしている企業様からメールがかなりの量来るので諦めずに続けられました。(一部抜粋)

毎日色んな担当から、山のように紹介案件がくる。的外れも多いがそれを除いても多い。(一部抜粋)

出典:みん評

適正診断が面白い

dodaの良い評判として、

適正診断が面白い

という意見も目立ちました。

dodaには、転職に役立つ独自の診断ツールが多数準備されています。

出典:doda
診断ツール名概要
年収査定あなたの「適正年収」や「今後の年収推移」が分かる
人気企業300社の合格診断あなたが転職できる可能性がある企業を診断できる
自己PR発掘診断自己PRに役立つ「あなたのアピールポイント」を発見できる
転職タイプ診断あなたの「仕事探しの軸」と「いまの満足度」が分かる
キャリアタイプ診断あなたが向いている働き方が分かる
モヤモヤ解消診断仕事やプライベートで抱えやすいあなたのモヤモヤタイプが分かる
オンライン仕事力診断オンライン上の仕事における「あなたの強み」や「足りない能力」が分かる

自己分析を自力で行うのは案外労力がかかるため、楽しく・簡単に・短い時間(3分程度)で自己分析できるこれらのツールは非常に有益だといえるでしょう。

個人的には特に120問の質問に答えるとそれぞれの性格などからどんな仕事や職場が向いているのか適正診断してくれる機能がなかなか面白く、転職先探しの参考にしてみようと思いました。(一部抜粋)

出典:みん評

\求人数22万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

dodaを利用するデメリット5選

ここでは、dodaを利用するデメリットを5つ紹介します。

具体的には、以下の通りです。

それぞれについて解説します。

キャリアアドバイザーの質にばらつきがある

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaには、専門性が高い頼れるキャリアアドバイザーが多数在籍しています。

しかし中には、力量がないキャリアアドバイザーも存在しており、その人が担当になると有益な助言がもらえないこともあります。

そうなってしまうと、

  • 自分の希望通りの職場に転職できない
  • 転職活動にかなりの時間がかかる

などのデメリットが生じるため注意が必要です。

とはいえ、キャリアアドバイザーの質にばらつきがあるのは、どの転職エージェントでも同じだと言えるでしょう。

そのため、dodaを含む転職エージェントを利用する際は「質の悪いキャリアアドバイザーが担当になった場合は迷わず変更を申し出る」ことが大切です。

スカウトメールの数が多い

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaのスカウトサービスを利用すると、膨大な数のスカウトメールが届きます。

多い場合では1日に30件ものメールが来ることもあるため、しつこく感じることも少なくありません。

自分が求める以上の頻度でメールが来ると、ストレスを感じて転職活動に嫌気がさすことも多いでしょう。

そのため、メールが多すぎて困る場合は、

  • スカウトメールの通知をOFFにする
  • スカウトサービスの利用を停止する

などの対策をとるのがおすすめです。

なお、具体的な方法については、下記のリンク(公式HP)に記載されているため、チェックしてみてください。

求人数が他よりも多いわけではない

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaは約22万件の求人を保有しており、その数は「かなり豊富」と言っても過言でありません。

しかし実際には、さらに数多くの求人案件を保有する転職エージェントも存在しています。

転職サイト名公開求人数
(非公開求人数)
公式サイト

doda
約221,400件doda

リクルートエージェント
約397,200件
(約258,300件)
リクルートエージェント

マイナビエージェント
67,000件
(約18,700件)
マイナビエージェント

ビズリーチ
約10,6100件ビズリーチ

JACリクルートメント
約11,900件JACリクルートメント

ワークポート
約85,800件ワークポート

そのため「できる限り多くの求人に目を触れたい」と考える方にとっては、少し物足りなく感じることもあるでしょう。

そういった場合の解決策としては、

  • 求人数が豊富な「リクルートエージェント」を併用利用する

ことが挙げられます。

そうすることで、閲覧できる求人数を最大限に増やしつつ、

  • dodaの独占求人
  • リクルートエージェントの独占求人

の両方をチェックできるため、転職先の選択肢が大幅に広がります。

希望に沿わない求人を紹介されることがある

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaを利用すると、時には希望に沿わない求人を紹介されることがあります。

これは、

  • あなたの希望条件を満たす求人募集が出ていない
  • キャリアアドバイザーがあなたの希望条件を正確に把握していない

などが原因だと言えるでしょう。

この場合の解決策としては、

  • 希望条件に見合う求人が出るまで待つ
  • キャリアアドバイザーにあなたの希望条件を改めて伝え直す

などが挙げられます。

そうすることで、あなたが求める好条件の職場と巡り会える確率が高まります。

なお、希望条件を改めてすり合わせたにも関わらず、希望に沿わない求人ばかりを紹介される場合は「キャリアアドバイザーの変更を申し出る」のが得策です。

事前情報と実際の職場環境が異なる場合がある

田口 ひづる
田口 ひづる

希望通りの職場だと紹介を受けて入社したのに、事前に聞いていた情報と実際の職場環境が全く異なる場合があります。

例えば、

  • 残業なしと聞いていたのに、サービス残業が当たり前だった
  • 職場の雰囲気が良いと聞いていたのに、人間関係が悪かった

のようなケースです。

こういった事態を防ぐためには、キャリアアドバイザーの言葉を鵜呑みにせず、自分自身でも転職先について調べることが大切です。

具体的には、志望する会社の公式HPや口コミサイトなどから情報を集めてみると良いでしょう。

dodaを利用するメリット6選

続いて、dodaを利用するメリットを6つ紹介します。

具体的には、以下の通りです。

それぞれについて解説します。

転職サイトと転職エージェント両方の恩恵が得られる

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaの大きな特徴の1つとして「転職サイトと転職エージェントが一体化している」ことが挙げられます。

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

転職エージェントと転職サイトの大きな違いは「キャリアアドバイザーの有無」です。

転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーが担当につくので手厚く転職サポートしてもらえます。
一方、転職サイトはキャリアアドバイザーが担当につかないので、手厚い転職サポートは受けられません。

ただし、転職サイトには「電話連絡が来ないため、自分のペースで転職活動を進められる」というメリットがあります。

そのため、

  • しつこい電話連絡を避けたいなら、求人を閲覧するためだけに使う
  • 手厚くサポートしてもらいたくなったら、キャリアアドバイザーを担当につけてもらう

などの使い分けが可能です。

自身の気分に合わせて上記のように使い分ければ、無駄にストレスを感じることなく転職活動を進められます。

転職サイトと転職エージェントが一体化しているサービスは少ないため「無理なく転職活動を進めたい方」は、dodaを利用してみることをおすすめします。

\求人数22万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

豊富な求人があるため転職先の選択肢が広がる

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaが取り扱う求人案件数は、約22万件以上にものぼります。

そのため、dodaに登録さえしておけば、自力では到底巡り会えなかった数の求人に出会うことが可能です。

数多くの求人に目を通せば通すほど、転職先の選択肢は広がります。

思いもよらない”好条件の求人”と巡り会えることもあるため、より理想に近い職場に就職できる可能性が高まると言えるでしょう。

目指す業種・職種に合わせて専門的なサポートが受けられる

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaには、業種・職種ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍しています。

そのため、自分が目指す職種に合わせて、より専門的な助言を受けることが可能です。

加えて、各業種の特徴を踏まえた「履歴書添削」や「面接対策」をしてくれるため、書類選考率や内定率が高くなるなどのメリットも得られます。

未経験者の場合でもしっかりサポートしてくれるため「新しい業種に挑戦したい」と考える方には、登録必須の転職エージェントだと言えるでしょう。

企業からスカウトしてもらえる

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaのスカウトサービスを利用すれば、企業からあなたにスカウトメールが届きます。

そのため、積極的に転職活動を行わなくても、待っているだけで転職先を探すことが可能です。

加えて、面接確約オファーが届けば、書類選考をスキップして面接を受けられるというメリットもあります。

思いもよらない会社からスカウトが来ることもあるため、転職先の幅も広がりやすいです。

なお、スカウトメッセージが来たからといって、全てに返信する必要はありません。

興味が湧いたメッセージのみに返信するだけでも良いため、気楽に利用することができます。

便利な就活ツールが利用できる

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaには、会員だけが使える非常に便利な就活ツールが複数存在しています。

doda独自の就活ツール一覧
  • スカウトサービス
  • レジュメビルダー
  • 転職コラム
  • 無料オンラインセミナー
  • 各種自己診断ツール

*詳しくは「【無料利用OK】doda独自の転職支援サービスを紹介!」で解説

そのため、dodaに登録さえしておけば、転職活動をより効率的に進めることが可能です。

中でもレジュメビルダーが特におすすめで、ガイドに沿って入力するだけで職務経歴書を簡単に作成することができます。

出典:doda

無駄な労力を割かずに、転職活動を楽に進めるためにも、各種就活ツールをぜひ利用してみてください。

無料でオンラインセミナーが受けられる

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaでは完全無料のオンラインセミナーを定期的に開催しています。

その内容は様々で、

  • 自己分析セミナー
  • 面接力アップセミナー
  • 履歴書の書き方セミナー
  • Web面接対策セミナー

など多岐に渡ります。

さらには、業種別のdoda転職フェアオンラインなども開催されており、無料で参加するだけで出展企業と話す機会を得ることも可能です。

応募する前に企業の特徴を詳しく知ることができるため、より自分に合う企業と巡り会える可能性が高まります。

dodaの基礎知識

ここでは、dodaの基礎知識について解説します。

具体的には、以下の通りです。

それぞれについて解説します。

基本情報

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaの基本情報は、以下の表の通りです。

基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約241,500件
非公開求人数約38,000件
対応エリア全国
対応職種営業職
企画・管理
事務・アシスタント
技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)
技術職(組み込みソフトウェア)
技術職(機械・電気)
技術職・専門職(建設・建築・不動産・プラント・工場)
技術職(化学・素材・化粧品・トイレタリー)
技術職(食品・香料・飼料)
医療系専門職
金融系専門職
専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)
販売・サービス職
クリエイター・クリエイティブ職
公務員・教員・農林水産関連職など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月時点

dodaは「パーソルキャリア株式会社」が運営する転職エージェントです。

プライバシーマークを取得しており、守秘義務が遵守されているため、非常に信頼できる転職エージェントだと言えるでしょう。

プライバシーマーク制度とは

プライバシーマーク制度とは、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を評価して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

引用:プライバシーマーク制度 制度案内

具体的なサービス内容

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaの具体的なサービス内容には、以下のようなものが挙げられます。

  • 求人の紹介
  • 転職相談
  • 履歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接同行
  • 面接日程の調整
  • 社内見学
  • 条件交渉
  • 内定辞退の代行
  • 入職後のアフターフォロー

「転職するべきか悩んでいる方」の登録も可能で、キャリア相談だけでも無料で利用することができます。

加えて、登録者限定でdoda独自の転職支援サービスを利用することも可能です。

doda独自の転職支援サービス一覧
  • スカウトサービス
  • レジュメビルダー
  • 転職コラム
  • 無料オンラインセミナー
  • 各種自己診断ツール

*詳しくは「【無料利用OK】doda独自の転職支援サービスを紹介!」で解説

そのため、サポートしてほしい項目が1つでもある場合は、ひとまず登録しておくと良いでしょう。

なお、利用料金は完全無料で、どれだけサービスを受けても追加料金は発生しません。

\求人数22万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

強み

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaには、以下の2つの強みが存在します。

転職サイトと転職エージェントの良いとこ取りができる

dodaの最大の強みは「転職サイトと転職エージェントが一体化している」ことです。気分に合わせてサポートの量を調整できるため、しつこい電話連絡を避けたいなら「求人を閲覧するためだけに使う」、手厚くサポートしてもらいたくなったら「キャリアアドバイザーを担当につけて使う」という使い分けが可能です。自身の気分に合わせて使い分ければ、ストレスを感じることなく、効率良く転職活動を進めることができます。

doda独自の転職支援サービスが受けられる

dodaに登録すれば、エージェントサービス・スカウトサービス・レジュメビルダー(簡単に職務経歴書が作成できるサービス)など、さまざまな転職支援サービスを利用することが可能です。そのため、自力で頑張るよりもずっと簡単に転職活動を進められます。転職ノウハウが学べるコラムや無料のセミナーなども閲覧可能であるため、初めて転職活動する人にとってもおすすめの転職エージェントだと言えるでしょう。

そのため、

  • 気分に合わせてサポートの量を変えたい
  • doda独自のサービスを上手く活用して効率よく転職したい

と感じる方にとっては、登録必須の転職エージェントだと言えるでしょう。

他の転職エージェントとの違い

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaとその他の転職エージェントとの違いは、以下の通りです。

転職サイト名強み・特徴公開求人数
(非公開求人数)
公式サイト

doda
手厚い転職サポートが受けられる約221,400件doda

リクルートエージェント
求人数が”圧倒的に”多い約397,200件
(約258,300件)
リクルートエージェント

マイナビエージェント
各業界・業種に精通したキャリアアドバイザーが在籍67,000件
(約18,700件)
マイナビエージェント

ビズリーチ
高年収の求人が豊富約10,6100件ビズリーチ

JACリクルートメント
職場の内部事情を詳しく知れる約11,900件JACリクルートメント

ワークポート
質の高いキャリアアドバイザーが在籍約85,800件ワークポート

dodaは、他の転職エージェントと比べて最も求人数が多いわけではありません。

とはいえ「転職サポートが手厚い」ことや「転職支援サービスが豊富」であることを考慮すれば、非常に使いやすい転職エージェントだと言えるでしょう。

【無料利用OK】doda独自の転職支援サービスを紹介!

ここでは、doda独自の転職支援サービスについて紹介します。

具体的には、以下の6つです。

dodaに登録さえすれば、全て無料で利用可能です。

そのため、転職活動を効率良く進めるためにも、まずは試しに利用してみるのがおすすめです。

それぞれについて解説します。

エージェントサービス

出典:doda
田口 ひづる
田口 ひづる

エージェントサービスとは、転職のプロ(キャリアアドバイザー)があなたの転職活動を徹底的にサポートしてくれるサービスです。

具体的なサービス内容には、以下のようなものが挙げられます。

  • 求人の紹介
  • 転職相談
  • 履歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接同行
  • 面接日程の調整
  • 社内見学
  • 条件交渉
  • 内定辞退の代行
  • 入職後のアフターフォロー

転職ノウハウを教えてくれることはもちろん、履歴書の添削や面接対策など転職が有利になるサポートもしてもらえます。

加えて、今後のキャリア相談など、漠然とした悩みにも親身に相談に乗ってもらえます。

利用料金は完全無料で、転職に成功したあとも追加料金は一切かかりません。

スカウトサービス

出典:doda
田口 ひづる
田口 ひづる

スカウトサービスとは、企業からあなたに直接オファーが届くサービスのことです。

スカウト対象に制限はないため、たとえ第二新卒や未経験者でも「活躍してもらえそう」と判断されれば、オファーが届く仕組みです。

加えて、求人企業が「どうしてもこの人にエントリーしてほしい」と判断した場合には、面接確オファー(書類選考をスキップして面接を受けられるオファー)が届くこともあります。

思いもよらない企業からスカウトが来ることもあるため、転職先の選択肢を広げたい人は利用すると良いでしょう。

レジュメビルダー

出典:doda
田口 ひづる
田口 ひづる

レジュメビルダーとは、ガイドに沿って入力するだけで職務経歴書を簡単に作成できるサービスのことです。

自動挿入のサンプルを参考にしながら、経歴やスキルを入力するだけでクオリティの高い職務経歴書が完成します。

加えて、wordやPDFでダウンロードでき、コンビニで印刷することも可能です。

職務経歴書を1から作成するのは大変であるため、非常に有益なサービスだと言えるでしょう。

転職コラム

出典:doda
田口 ひづる
田口 ひづる

dodaには、転職に役立つ「転職コラム」が多数掲載されています。

内容は様々で

  • 転職ノウハウ
  • わたしの転職エピソード
  • 転職Q&A

など、有益なものばかりです。

加えて、ダウンロードしてすぐに使える履歴書テンプレートなども準備されています。

「最新の転職市場の動向」など自力では調べにくいことも分かりやすくまとめられているため、上手く活用してみてください。

無料オンラインセミナー

出典:doda
田口 ひづる
田口 ひづる

dodaでは完全無料のオンラインセミナーを定期的に開催しています。

その内容は様々で、

  • 自己分析セミナー
  • 面接力アップセミナー
  • 履歴書の書き方セミナー
  • Web面接対策セミナー

など多岐に渡ります。

加えて、doda転職フェアオンラインという「無料で参加するだけで出展企業と話す機会を得られるセミナー」なども開催されています。

数多くの企業と気軽に話せる機会は簡単に作れないことを考慮すると、非常に有益なサービスだと言えるでしょう。

診断ツール

出典:doda
田口 ひづる
田口 ひづる

dodaには、自己分析に役立つ診断ツールが多数準備されています。

具体的には、以下の通りです。

診断ツール名概要
年収査定あなたの「適正年収」や「今後の年収推移」が分かる
人気企業300社の合格診断あなたが転職できる可能性がある企業を診断できる
自己PR発掘診断自己PRに役立つ「あなたのアピールポイント」を発見できる
転職タイプ診断あなたの「仕事探しの軸」と「いまの満足度」が分かる
キャリアタイプ診断あなたが向いている働き方が分かる
モヤモヤ解消診断仕事やプライベートで抱えやすいあなたのモヤモヤタイプが分かる
オンライン仕事力診断オンライン上の仕事における「あなたの強み」や「足りない能力」が分かる

自己分析を自力で行うのは案外難しいため、楽しく簡単に自己分析できるこれらのツールは、非常に有益だと言えるでしょう。

どの診断も数分あれば実施できるため、まずは気軽に利用してみてください。

\求人数22万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

dodaを利用した方が良い人の特徴5選

ここでは、dodaを利用した方が良い人の特徴を5つ紹介します。

具体的には、以下の通りです。

それぞれについて解説します。

初めて転職する人

田口 ひづる
田口 ひづる

初めて転職する人は、dodaを利用することをおすすめします。

なぜなら、dodaを利用すれば

  • 転職活動を始めるべきタイミング
  • 退職意思の上手な伝え方
  • 準備するべき書類の種類と書き方

など、転職活動をトラブルなく進めるためのコツを手厚く教えてもらえるからです。

初めての転職となると、ルールやマナーを知らずに重大なミスを犯してしまうことも少なくありません。

そのため、初めての転職に成功するためにも、dodaを利用することを検討してみてください。

転職への不安が大きい人

田口 ひづる
田口 ひづる

転職への不安が大きい人は、dodaを利用するのが得策です。

なぜなら、質の高いキャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれるため、安心して転職活動を進められるからです。

  • 転職するべきかどうか悩む
  • 自分に合う職業が分からない
  • 今後の方針が定まらない

などの漠然とした悩みにも、転職のプロ目線でしっかりと助言してくれるため、自信をもって転職活動に励めます。

そのため、転職への不安を抱えたまま中途半端に転職活動を続けないためにも、dodaを利用してみることをおすすめします。

転職先の選択肢を狭めたくない人

田口 ひづる
田口 ひづる

転職先の選択肢を狭めたくない人は、dodaを利用するのがおすすめです。

というのも、dodaは約22万件以上の豊富な求人を取り扱っているからです。

転職のプロであるキャリアアドバイザーが、膨大な数の求人の中からあなたにマッチした職場を紹介してくれます。

加えて、企業から直接オファーが届く「スカウトサービス」なども利用できるため、転職先の選択肢を最大限に広げることが可能です。

そのため、可能な限り転職先の選択肢を広げたいと考えるなら、dodaを利用するのが得策だと言えるでしょう。

忙しくて転職活動に時間が割けない人

田口 ひづる
田口 ひづる

忙しくて転職活動に時間を割けない人は、dodaを利用すると良いでしょう。

なぜなら、転職のプロが手厚くサポートしてくれるため、時間がなくても効率よく転職活動を進められるからです。

キャリアアドバイザーが手助けしてくれること
  • 転職先探し
  • 企業への応募
  • 面接の日程調整
  • 条件交渉
  • 職場見学セッティングなど

企業との面倒なやりとりを代行してくれることはもちろん、履歴書作成や面接練習なども行ってもらえます。

そのため、時間・労力・お金をかけずに転職活動を上手く進めたいなら、ひとまず登録だけでもしておくのがおすすめです。

自分自身への理解を深めたい人

田口 ひづる
田口 ひづる

自分自身への理解を深めたい人は、dodaを利用すべきだと言えるでしょう。

なぜなら、dodaのエージェントサービスを利用すれば、担当のキャリアアドバイザーが面談を通して自己分析を手助けしてくれるからです。

例えば、

  • 自分に向いている職業は何か
  • 自分にはどんな長所があるのか
  • 今後のキャリアプランはどうすべきなのか

など、あらゆる疑問に答えてくれます。

そのため、自分自身への理解を深めて転職に成功したい人は、dodaを利用すると良いでしょう。

なお、dodaには登録者のみが使える各種診断コンテンツが用意されています。

出典:doda
診断ツール名概要
年収査定あなたの「適正年収」や「今後の年収推移」が分かる
人気企業300社の合格診断あなたが転職できる可能性がある企業を診断できる
自己PR発掘診断自己PRに役立つ「あなたのアピールポイント」を発見できる
転職タイプ診断あなたの「仕事探しの軸」と「いまの満足度」が分かる
キャリアタイプ診断あなたが向いている働き方が分かる
モヤモヤ解消診断仕事やプライベートで抱えやすいあなたのモヤモヤタイプが分かる
オンライン仕事力診断オンライン上の仕事における「あなたの強み」や「足りない能力」が分かる

ネットで気軽に自己分析を行えるため、気になる方は利用してみてください。

\求人数22万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

dodaを利用しない方が良い人の特徴3選

続いて、dodaを利用しない方が良い人の特徴を3つ紹介します。

具体的には、以下の通りです。

それぞれについて解説します。

キャリアアドバイザーの意見に流されやすい人

田口 ひづる
田口 ひづる

キャリアアドバイザーの意見に流されやすい人は、dodaを利用しないことをおすすめします。

なぜならdodaを利用していると、時には強引に転職を勧められることもあるからです。

そんな提案をハッキリと断れない人は、自分の意思に反して転職活動を無理やり進めてしまい、入職してから後悔する可能性が高いです。

そのため、キャリアアドバイザーからの提案をハッキリと断れない人は、dodaを利用しないことをおすすめします。

自分のペースで転職活動を進めたい人

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaを利用すれば、転職活動のほぼ全てを手厚くサポートしてもらえます。

しかし裏を返せば、キャリアアドバイザーとのやりとりが多く、転職活動のペースが乱されやすいとも言えます。

頻繁な連絡にしつこさを感じたり、必要以上に助言されたりしてストレスを感じることも少なくありません。

そのため、転職活動のペースを乱されたくない人は、dodaを利用しない方が良いと言えるでしょう。

選択肢が多いと迷ってしまう人

田口 ひづる
田口 ひづる

選択肢が多いと迷ってしまう人は、dodaを利用しない方が良いでしょう。

なぜなら、dodaには約22万以上の求人案件があるため、優柔不断な人だと求人選びに時間がかかりすぎるからです。

求人選びにあまりに時間を割いてしまうと、気になっていた求人の募集が締め切ってしまうことも少なくありません。

そのため、選択肢が多いと迷ってしまう人は、求人数が少なめで得意ジャンルに特化した転職エージェントを利用するのがおすすめです。

なお、求人数が少なめで得意ジャンルに特化した転職エージェントは以下の通りです。

転職サイト名得意ジャンル公開求人数
(非公開求人数)
公式サイト

マイナビジョブ20’s
20代・第二新卒・未経験・フリーター約5,400件マイナビジョブ20’s

ハタラクティブ
20代・第二新卒・未経験・フリーター約3,300件ハタラクティブ

リクルートダイレクトスカウト
30代・ハイクラス約255,500件リクルートダイレクトスカウト

ランスタッド
30代・ハイクラス約4,800件ランスタッド

ミドルの転職
40〜50代の転職約202,800件ミドルの転職

マイナビミドルシニア
40〜50代の転職約255,600件マイナビミドルシニア

レバテックキャリア
IT・エンジニア約24,300件レバテックキャリア

type転職エージェント
IT・エンジニア約29,200件
(約18,500件)
type転職エージェント

アサイン
コンサル非公開アサイン

ムービン・ストラテジック・キャリア
コンサル非公開ムービン・ストラテジック・キャリア

type女性の転職エージェント
女性の転職約29,200件
(約18,500件)
type女性の転職エージェント

パソナキャリア
女性の転職約33,300件パソナキャリア

エムスリーキャリアエージェント
医師転職約22,000件エムスリーキャリアエージェント

薬キャリ
薬剤師転職約70,000件薬キャリ

レバウェル看護
看護師転職約148,000件レバウェル看護

スタッフサービスオー人事net
派遣約30,500件スタッフサービスオー人事net

参入したい業種に合わせて、あなたに合う転職エージェントを利用してみてください。

【高年収と言われたい!】平均年収が高い業種とは?

ここでは、高年収と言われるための基準や、高年収を実現できるおすすめの業種を紹介します。

下記の3項目に分けて解説するため、ぜひ参考にしてください。

年収が高いと言われるのはいくらから?

年収が高いと言われるのはいくらから?

どのくらい稼げば”勝ち組”と言える?

このような疑問を持つ方は多いですが、結論として「年収が高い」と言われるための基準は明確にはありません。

とはいえ、

  • 日本の平均世帯年収は545.7万円
  • 日本の世帯年収の中央値は423万円
  • 平均所得金額以下の人の割合は61.6%

参照:2022年 国民生活基礎調査の概況|厚生労働省

であることを考えると、年収約550万円を超えたあたりで「高年収」だと考えても良いでしょう。

そのため高年収だと言われたいなら、年収600万円程度を目指して転職を考えるのがおすすめです。

業種別平均年収ランキング

田口 ひづる
田口 ひづる

業種別の平均年収ランキングは、以下の通りです。

順位業種平均年収
1位電気・ガス・熱供給・水道業766万円
2位金融業・保険業677万円
3位情報通信業624万円
4位学術研究、專門・技術サービス業・教育、学習支援業521万円
5位製造業516万円
6位建設業511万円
7位複合サービス事業494万円
8位不動産業・物品賃貸業426万円
9位運輸業、郵便業425万円
10位医療、福祉407万円

上記のランキングを参照すると、平均年収600万円を超える業種は以下の3つであることが分かります。

  1. 電気・ガス・熱供給・水道業:766万円
  2. 金融業・保険業:677万円
  3. 情報通信業:624万円

そのため、高年収だと言われたい方は、上記3つの業種を狙って転職するのがおすすめです。

電気・ガス・熱供給・水道業の求人はdodaで探せる?

田口 ひづる
田口 ひづる

高年収が狙える電気・ガス・熱供給・水道業に転職するなら、dodaを利用するのがおすすめです!

なぜならdodaを利用すれば、電気・ガス・熱供給・水道業の求人を簡単に探すことができるからです。

業種dodaが保有している求人数
(※非公開求人は除く)
電気 43,205件
ガス9,090件
熱供給166件
水道9,554件
2023年12月時点

そのため、年収600万円を超えて「高年収」だと言われたい方は、ひとまずdodaに登録してみると良いでしょう。

各業界に精通しているキャリアアドバイザーが多数在籍しているため、未経験の方でも安心して利用可能です。

\求人数22万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

dodaに登録してから内定をもらうまでの流れ

ここでは、dodaに登録してから内定をもらうまでの流れを紹介します。

具体的には、以下の6STEPです。

それぞれについて解説します。

STEP1:dodaに登録する

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaを利用するためには、まずは登録が必要です。

\求人数22万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

登録は無料で、公式HPの入力フォームに必要事項を入力するだけで完了します。

入力情報例
  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 転職希望時期
  • 希望する勤務地
  • 直近で所属していた会社の業種
  • 直近の年収など

登録すると、すぐに電話連絡がくることも多いため、あらかじめ電話に出られる準備をしておくのがおすすめです。

STEP2:キャリアカウンセリングを受ける

田口 ひづる
田口 ひづる

電話連絡がきたら、キャリアカウンセリング(個別面談)の日程調整を行います。

面談をスムーズに行うためにも、可能な日程は複数伝えておきましょう。

実際の面談では、希望条件や自身のスキル・経験について質問があるため、適宜返答しながらキャリアプランを練りあげます。

初回面談では以下の内容を聞かれることが多いため、あらかじめメモにまとめておくと良いでしょう。

初回面談でよく聞かれる項目
  • 転職理由
  • 転職希望時期
  • 転職先へ希望条件
  • 職務経歴
  • 自身のスキル・経験
  • 実現したいキャリアプラン

STEP3:求人を紹介してもらう

田口 ひづる
田口 ひづる

担当のキャリアアドバイザーが「あなたが提示した希望条件にあわせて」求人をいくつか紹介してくれます。

LINEやメールでもおすすめの求人が届くため欠かさずチェックしておきましょう。

紹介される求人には「公開求人」だけでなく、各転職エージェントが独自に保有している「非公開求人」も含まれます。

非公開求人とは

非公開求人とは、サイト上に掲載されていない人気求人のことです。

転職エージェントに「登録した人」優先で、非公開求人が案内される仕組みになっています。

人気求人をサイト上に載せてしまうと応募が殺到し、すぐに募集が終了してしまうため、非公開になっています。

膨大な数の求人からお気に入りのものを選ぶのは大変ですが、転職してから後悔しないためにも、納得いくまで求人を閲覧するのがおすすめです。

STEP4:応募書類を作成し、応募する

田口 ひづる
田口 ひづる

面接を受けたい職場が決まったら、その旨をキャリアアドバイザーに伝えて応募書類(履歴書・職務経歴書)を作成します。

応募書類はあなた自身が作成する必要がありますが、dodaが提供する「レジュメビルダー」を使用すれば、書類作成が苦手な方でもスムーズに書き上げることが可能です。

加えて、応募書類がより魅力的に仕上がるようキャリアアドバイザーが手厚くサポートしてくれるため、自分一人で作成するよりも高いクオリティで仕上げられます。

応募書類が完成した時点で、キャリアアドバイザーが企業に応募手続きを行ってくれます。

STEP5:面接を受ける

田口 ひづる
田口 ひづる

書類選考に通った場合は、キャリアアドバイザーが面接日程の調整をすべて代行してくれます。

そしてその後は、面接当日に向けての面接対策が始まるという流れです。

面接対策では、マナーや受け答えのポイントについて丁寧に指導をしてもらえるため、内定率をしっかりとあげることが可能です。

希望をすれば、模擬面接なども行ってくれるため、面接が苦手な方は申し込んでおくと良いでしょう。

面接当日を迎えたら、質疑応答の最終チェックを行い、時間が来れば面接に向かいます。

STEP6:内定をもらう

田口 ひづる
田口 ひづる

面接当日から数日間を目安に、キャリアアドバイザーから面接の合否についての連絡があります。

内定がもらえた場合は、内定を承諾し、初出勤の詳細について説明を受けましょう。

内定を承諾する際には、給料交渉などをキャリアアドバイザーに代行してもらうことも可能です。

そのため、条件の交渉を希望する場合は”どのように交渉してほしいか”を事前に伝えておきましょう。

dodaではその後、現職の退職サポートや入社後のフォローなどを受けることもできます。

dodaを最大限活用して転職を成功させるためのポイント9選

ここでは、dodaを最大限活用して転職を成功させるためのポイントを9つ紹介します。

具体的には、以下の通りです。

それぞれについて、解説します。

エージェントサービス・スカウトサービスを使い分ける

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaの大きな特徴の1つとして「転職サイトと転職エージェントが一体化している」ことが挙げられます。

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

転職エージェントと転職サイトの大きな違いは「キャリアアドバイザーの有無」です。

転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーが担当につくので手厚く転職サポートしてもらえます。
一方、転職サイトはキャリアアドバイザーが担当につかないので、手厚い転職サポートは受けられません。

ただし、転職サイトには「電話連絡が来ないため、自分のペースで転職活動を進められる」というメリットがあります。

そのため、dodaを利用する際には、その時々の気分に合わせてサポートの量を調整するのがおすすめです。

サポートの使い分けの例
  • しつこい電話連絡を避けたいなら「求人を閲覧するためだけに」使う
  • 手厚くサポートしてもらいたくなったら「キャリアアドバイザーを担当につけて」使う

自身の気分に合わせてサポートを使い分ければ、転職活動にストレスを感じにくいです。

転職活動に前向きに励むためにも、ぜひ「使い分け」を意識してみてください。

自己分析を行う

田口 ひづる
田口 ひづる

転職活動を成功させるためには、自己分析を通して「理想の職場条件」を明確にすることが重要です。

なぜなら、自分の希望を明確にしておくだけで「本当に満足できる職場」を探しやすくなるからです。

例えば、

  • 「残業はしたくない」と考えるなら、残業時間が少ない職場
  • 「給料が良い職場に転職したい」と考えるなら、年収が高い職場

のように、自分の理想条件にマッチした職場に目が向きやすくなります。

逆に自己分析をせずに転職活動を進めてしまうと、入職してから「職場の雰囲気が合わない」「待遇面に不満がある」と感じて後悔しかねないため注意してください。

なお、自己分析が苦手な場合は、キャリアアドバイザーに相談することも可能です。

加えてdodaには、簡単にできる「各種自己分析ツール」も準備されているため、ぜひ利用してみてください。

社内見学を申し込む

田口 ひづる
田口 ひづる

満足のいく転職を実現するためには、面接前に社内見学を申し込むことも大切です。

なぜなら社内見学を行うことで、

  • 職場のリアルな雰囲気が分かる
  • 事前情報が正しいかどうか分かる
  • 自分が働く姿がイメージできる

などのメリットが得られるからです。

また、事前に職場の雰囲気が分かれば「転職すべきかどうか」をより慎重に考えられます。

そのため、転職活動を成功させたいと考えるなら、社内見学は積極的に行いましょう。

なお、社内見学を希望する際には”何について知りたいのか”を明確にしておく必要があります。

明確な目的がない場合には、社内見学を断られることもあるため注意してください。

キャリアアドバイザーと小まめに連絡をとる

田口 ひづる
田口 ひづる

キャリアアドバイザーと小まめに連絡をとっておけば、新しい求人が出たタイミングですぐに知らせてもらうことが可能です。

そのため、新着の好条件求人を見逃すことなく、理想の職場と出会える可能性が高まります。

さらには、小まめに連絡をとるだけで「転職意欲がある」という良い印象を与えることも可能です。

キャリアアドバイザーに良い印象を残すことができれば、他の利用者よりも優先して好条件の求人を勧めてもらえるため、転職活動を有利に進められます。

良い求人があれば、いつでも転職可能であることを伝える

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaのキャリアアドバイザーは、常に複数の利用者をサポートしています。

そのため、転職意欲が高い人から優先して求人を紹介する傾向にあります。

したがって「良い求人があれば、いつでも転職可能である」と、小まめに伝えておくことは非常に大切だと言えるでしょう。

そうすることで、ほかの利用者よりも先に好条件求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

自身の経験・スキルは正確に伝える

田口 ひづる
田口 ひづる

dodaを上手く活用するためには、担当のキャリアアドバイザーに自身の経験やスキルを正確に伝えることが大切です。

というのも、キャリアアドバイザーにあなたの経験やスキルを正確に把握してもらうことができれば、あなたの実力に見合った職場を紹介してもらいやすくなるからです。

自身のレベルに合う職場に入職できれば、無理なく長期的に働けるため、ワークライフバランスも整いやすいです。

そのため、新しい職場で安定して活躍し続けるためにも、自身の経験やスキルを余さず伝えることが大切です。

なお、キャリアアドバイザーに経験・スキルを余さず伝えるためには「事前に書面にまとめておく」のがおすすめです。

推薦書を自分でも確認する

田口 ひづる
田口 ひづる

推薦書とは「あなたがおすすめの人材である」ことを伝えるために、キャリアアドバイザーが志望先に送る書類のことです。

推薦書の内容によって、志望先があなたにどんな印象を抱くのかが変わります。

仮に、推薦内容とあなたの強みに相違があると、面接の際に悪い印象を受ける可能性が高いため注意が必要です。

したがって、面接で内定を勝ち取るためにも、推薦書は事前に確認しておきましょう。

キャリアアドバイザーとの相性が悪いなら変更を申し出る

田口 ひづる
田口 ひづる

キャリアアドバイザーとの相性が悪いと、やりとりにストレスを感じて転職活動をうまく進められないため注意が必要です。

そのため、少しでも「担当者と相性が合わない…」と感じたら、必ず変更を申し出ましょう。

キャリアアドバイザーを変更する方法
  • 電話で伝える
  • メールで伝える
  • お問い合わせフォームに連絡する

そうすることで、自分のペースで転職活動を進められます。

なお、担当者の変更が億劫に感じる場合は、他の転職サイトに切り替えるのも1つの手だと言えるでしょう。

doda以外の転職サイトも利用する

田口 ひづる
田口 ひづる

各転職エージェントには、それぞれ違った強みが存在します。

転職サイト名強み・特徴公開求人数
(非公開求人数)
公式サイト

doda
手厚い転職サポートが受けられる約221,400件doda

リクルートエージェント
求人数が”圧倒的に”多い約397,200件
(約258,300件)
リクルートエージェント

マイナビエージェント
各業界・業種に精通したキャリアアドバイザーが在籍67,000件
(約18,700件)
マイナビエージェント

ビズリーチ
高年収の求人が豊富約10,6100件ビズリーチ

JACリクルートメント
職場の内部事情を詳しく知れる約11,900件JACリクルートメント

ワークポート
質の高いキャリアアドバイザーが在籍約85,800件ワークポート

そのため、doda1つにこだわらずに複数利用すると良いでしょう。

それぞれの転職エージェントの強みを上手く生かすことができれば、より理想に近い職場に転職できる可能性が高まります。

dodaとの併用がおすすめの転職エージェント3選

ここでは、dodaとの併用がおすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

具体的には、以下の通りです。

dodaとの併用がおすすめの転職エージェント3選

それぞれについて解説します。

マイナビエージェント

詳しい口コミは「マイナビエージェント 評判」を確認
マイナビエージェントの強み・特徴
  • 各業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが在籍
  • マッチング力が非常に高い
  • 転職サポートが手厚い

マイナビエージェントは大手企業「株式会社マイナビ」が運営する転職エージェントです。

各業界・職種ごとに特化したキャリアアドバイザーが在籍しているため、業界知識を踏まえた有益な助言・サポートを受けることができます。

企業側からの信頼も厚く、大手から中小規模の優良企業と深いつながりを築いています。

そのため、あなたが提示した希望条件と”ぴったりマッチした”転職先をしっかり紹介してもらうことが可能です。

転職サポートが手厚く、親身になって話を聞いてくれるため、初めて転職する方でも安心して利用できます。

キャリアアドバイザーとはLINEで連絡可能であるため、気軽に相談することができます。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

リクルートエージェント

詳しい口コミは「リクルートエージェント 評判」を確認
リクルートエージェントの強み・特徴
  • 求人数が豊富
  • 業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 転職サポートが手厚い

リクルートエージェント は「株式会社リクルート」が運営する転職エージェントです。

求人数が圧倒的に豊富で、公開求人・非公開求人を合わせると「約65万件」にものぼります。

数多くの求人に目を触れられるため、理想の条件を妥協する必要がありません。

加えて、業界に精通したキャリアアドバイザーが数多く在籍しているため、あなたの強み・適正にマッチしたキャリアプランを提示してもらえます。

豊富な支援実績からなるハイレベルな転職サポートを受けられるため、転職に成功する可能性が高まります。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

ビズリーチ

詳しい口コミは「ビズリーチ 評判」を確認
ビズリーチの強み・特徴
  • 高年収の求人案件が豊富にある
  • 転職のプロが優良求人を厳選して紹介してくれる
  • 優良企業からスカウトされる可能性がある

ビズリーチは「年収600万円以上」のハイクラス層をターゲットにした、ヘッドハンティンング型の転職エージェントです。

年収が高い求人案件が多く、金融系・コンサルタント系・外資系企業などの案件が特に充実しているのが特徴です。

「管理職」「役員」クラスの優良求人を、転職のプロが厳選して紹介してくれるため、転職を機に年収の大幅アップが狙えます。

さらに、有料のプレミアムプランに登録した場合は、「年収1,000万円以上」の求人紹介や、ヘッドハンターへのキャリア相談を受けることも可能です。

採用に積極的な企業が多いため、短期間で優良企業へのキャリアアップを狙いたいという方におすすめの転職エージェントです。

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

dodaに関するよくある質問

ここでは、dodaに関するよくある質問を紹介します。

dodaの利用を決める前に、ぜひ参考にしてください。

dodaの具体的なサービス内容は?
dodaを利用すれば、求人の紹介・転職相談・履歴書の添削・面接対策・面接日程の調整・社内見学・条件交渉・内定辞退の代行・入職後のアフターフォローなどのサービスを受けられます。
紹介料はかかる?
doda「完全無料」で利用することができます。
どれだけサービスを利用しても追加料金も発生しません。
退会方法は?
dodaを退会するためには、「担当のキャリアアドバイザーに退会したい旨を伝える」もしくは「お問合せフォームから退会希望の連絡を入れる」ことが必要となります。
一度退会しても再登録できる?
一度退会していても再登録可能です。
退会前と同様に手厚いサポートが受けられます。
問い合わせ方法は?
公式サイトのお問い合わせフォームでの問い合わせが可能です。

お問い合わせフォーム
転職予定がなくても利用できる?
dodaは、たとえ転職予定がなくても問題なく利用することができます。
転職時期や転職するかどうかの相談などにも対応してくれます。
利用しても職場にばれない?
dodaを利用しても、職場にばれることはありません。
個人情報が漏れたり、職場に連絡がいったりすることも一切ないので安心して利用することができます。
利用年齢層は?
dodaを利用するのに、年齢制限はありません。
そのため、20代・30代・40代以上と幅広い年齢層の方に愛用されています。
どんな人向け?
dodaには「求人数が豊富」「転職サイトと転職エージェントが一体化している」「転職サポートが手厚い」という特徴があります。

そのため、
・転職への不安が大きい人
・気分に合わせてサポートの量を調整したい人
・初めての転職を考えている人
などに向いていると言えるでしょう。
dodaエージェントサービスを停止するとどうなる?
求人紹介を含むキャリアアドバイザーや採用プロジェクト担当からの連絡がすべて停止します。

dodaは利便性が高い転職エージェント!

今回は、dodaの評判・口コミを悪い部分を含めて包み隠さず解説してきました。

要点は以下の通りです。

dodaの特徴
  • 「連絡がしつこい」「連絡が来ない」などの悪い評判がある
  • 「転職サポートが手厚い」「親身に相談に乗ってくれた」などの良い評判がある
  • 「スカウトメールの数が多い」「アドバイザーの質にばらつきがある」などのデメリットがある
  • 「転職サイト・転職エージェントの良いとこ取りができる」などのメリットがある
  • 「スカウトサービス」「レジュメビルダー」などの転職支援サービスを利用できる
  • 「初めて転職する人」「転職への不安が大きい人」利用した方が良い
  • 「アドバイザーの意見に流されやすい人」「選択肢が多いと迷う人」は利用しない方が良い
  • doda以外の転職エージェントも併用するのがおすすめ

\求人数22万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

dodaの評判・口コミには、良いもの・悪いものがありました。

結局のところ、dodaを利用して満足できるかどうかは「あなたとdodaの相性次第」です。

そのため、dodaの強みである、

  • 求人数が豊富転職サポートが手厚い
  • 転職サイトと転職エージェントの良いとこ取りができる
  • doda独自の豊富な転職支援サービスが受けられる

などに魅力を感じる場合は、dodaを利用してみることをおすすめします。

dodaは利便性が非常に高いため、オールマイティーにあなたの転職を手助けしてくれます

仮に、doda以外のおすすめの転職エージェントが知りたい場合は、下記の記事も参考にしてみてください。