第二新卒におすすめの転職サイト17選|選び方から年収アップの方法まで徹底解説

転職するなら第二新卒が有利と聞くけど本当かな…

転職はラクして決めたい

第二新卒の求人がみつかる転職サイトはどこ?

社会人経験のある「第二新卒歓迎」の求人は実は豊富にあり、様々な転職サイトで募集されています。

とはいえ第二新卒者のほとんどは転職が初めてのため、どこの転職サイトを利用すべきか迷うでしょう。

そこで本記事では、第二新卒におすすめの転職サイトや、転職エージェントの正しい選び方、年収アップの方法や自己分析について解説します。

まず、手っ取り早くおすすめの転職サイトを知りたい方は、以下の3社を利用しましょう。

大好評の3社強み・特徴公開求人数
(非公開求人数)
公式サイト

リクルートエージェント
求人数が圧倒的に多い約363,000件
(約227,700件)
リクルートエージェント
に無料登録する

doda
サイトとエージェント機能どちらも使える約234,700doda
に無料登録する

マイナビエージェント
各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍約49,900件マイナビエージェント
に無料登録する

より自分にマッチした転職エージェントや転職サイトを探したい方は、以下の項目からチェックしてみてください。

第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント一覧

転職サービス選びに迷ったら、圧倒的な求人数を保有するリクルートエージェントもおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

第二新卒におすすめの転職サイト【求人数・サポート】比較表

第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェントを17社厳選しました。

おすすめの転職サイトの求人数やサポートの特徴を以下の表(スライド可能⇢)で比較してみてください。

サイト名総合評価サービスの特徴公開求人数
(非公開求人数)
特徴
doda
doda
全年代向き求人サイト・エージェント234,700件公開求人数は20万件以上
リクルートエージェント
リクルートエージェント
全年代向き転職エージェント約 363,000件
(約227,700件)
国内最大級の求人数を誇る
ワークポート
ワークポート
全年代向き転職エージェント約90,600件未経験業界への転職も可能
マイナビジョブ20’
マイナビジョブ20’s
20代に特化した転職サイト約5,800件20代の転職に特化
Re就活
Re就活エージェント
20代に特化した転職サイト約10,800件転職エージェント20代登録比率No.1

就職ショップ
就職・転職活動支援サービス面倒な書類選考なしでスムーズに就労可能

ジェイック
未経験者に特化した転職エージェント正社員就職をサポートする就職支援講座が豊富
DYM就職
DYM就職
転職サイト約10,000件第二新卒・フリーター・既卒の求人豊富
ハタラクティブ
ハタラクティブ
20代に特化した転職エージェント約3,500件未経験OKの優良求人を多数保有
第二新卒エージェントNEO
第二新卒エージェントNEO
20代限定の転職サイト非公開20代の第二新卒・既卒に強い転職サイト
リクナビNEXT
リクナビNEXT
全年代向き転職サイト約103,400件AI技術を駆使した高度なマッチングが期待できる
マイナビエージェント
マイナビエージェント
全年代向きエージェント約50,000件9割以上が20代で転職未経験者が利用しやすい

エン転職
総合転職情報サイト約12,400件独占求人を多数保有している

UZUZ
若者の就業サポート非公開就職内定率は86%入社後の定着率は95%
キャリアスタート
キャリアスタート
新卒・第二新卒に特化したエージェント非公開カウンセリングから模擬面接までマンツーマン指導
パソナキャリア
パソナキャリア
エージェント・スカウト約33,900件転職後の年収アップ率67.1%

type女性の転職エージェント
女性専用エージェント約10,300件
(約18,500件)
女性の転職支援25年以上の実績
第二新卒おすすめ転職サイト比較表(スライド可能⇢)

求人情報やサービスの質は、各社異なるため、あなたに適したサイトを数社絞って利用することをおすすめします。

第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント17選

ここからは第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェントの各サービスについて詳しく解説していきます。

利用する転職サービスは、1つに絞る必要はありません。

求人数やサポートの内容、口コミなどを比較検討しながら、2〜3社ピックアップして利用しましょう。

doda|公開求人数は23万件以上

詳しい口コミは「doda 評判」を確認
dodaのおすすめポイント
  • 転職のプロが内定まで徹底サポート
  • 公開求人数は23万件以上
  • 転職市場に精通したキャリアアドバイザーが在籍

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する転職エージェントです。

幅広い業界や職種の求人を23万件以上保有しており、顧客満足度No.1の実績があります。

dodaに登録すると、サイト型とエージェント型のサービスが同時に受けられることが可能です。

求人紹介を待つだけでなく、あなたが検索した企業をキャリアアドバイザーにサポートしてもらいながら応募できるのが魅力と言えます。

dodaの基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約234,700件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業職
企画・管理
事務・アシスタント
技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)
技術職(組み込みソフトウェア)
技術職(機械・電気)
技術職・専門職(建設・建築・不動産・プラント・工場)
技術職(化学・素材・化粧品・トイレタリー)
技術職(食品・香料・飼料)
医療系専門職
金融系専門職
専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)
販売・サービス職
クリエイター・クリエイティブ職
公務員・教員・農林水産関連職など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

dodaを経由して転職、年収は20万ほどup。半年経ちますが、自分に合った仕事を提案してくださいました。(一部抜粋)

悪い口コミ

現在、東京都内、事務系志望で転職しておりますが、メールの量がまず多いのと、事務系以外の求人のメールも来てしまうのが不満です。(一部抜粋)

引用:みん評

職種や業種を問わず、20代の第二新卒の求人が多数みつかるdodaもおすすめです。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

リクルートエージェント|国内最大級の求人数

詳しい口コミは「リクルートエージェント 評判」を確認
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 転職支援実績No.1のエージェント
  • 好条件の非公開求人が豊富
  • 職務経歴書の書き方や面接のコツをアドバイス

リクルートエージェントは、業界最大級の求人数と転職支援実績のある転職エージェントです。

一人一人の適性に合った求人紹介と、専属キャリアアドバイザーによる転職サポートが受けられます。

職務経歴書の書き方や面接対策、また応募先企業との条件交渉や面談調整も任せることが可能です。

第二新卒で初めて転職活動を行う方は、スムーズに転職活動を進められるでしょう。

リクルートエージェントの基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約397,200件
非公開求人数約258,300件
対応エリア全国
対応職種営業・販売・カスタマーサービス
企画・マーケティング・経営
管理・事務 物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ
SE・ITエンジニア
エンジニア(設計・生産技術・品質管理)
建築・土木・設備
医療・医薬・化粧品
その他(講師・調理師・介護など)
実績転職支援実績No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

エージェント代理で日程調整や書類提出の対応をしてくださるサポート事務局の方も丁寧です。(一部抜粋)

悪い口コミ

紹介件数は多いのがよかった。ただ、割に希望以外のものも紹介してくるので、もう少し精査してくれればと思うこともありました。(一部抜粋)

引用:みん評

転職サービス選びに迷ったら、圧倒的な求人数を保有するリクルートエージェントもおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

ワークポート|未経験業界への転職も可能

詳しい口コミは「ワークポート 評判」を確認
ワークポートのおすすめポイント
  • 業界専任のキャリアアドバイザーが在籍
  • 未経験業界への転職も可能
  • 人材紹介業20年の実績あり

ワークポートは総合型転職エージェントで、第二新卒向けの未経験可能な求人を豊富に保有しています。

特にIT・Web・ゲーム業界に精通しており、中でもエンジニア系の職種の求人に強みがあります。

ワークポートは手厚いサポートとスピード感があるため、第二新卒で早急に転職を希望する方におすすめです。

エンジニアやクリエーター、デザイナーなどの職種に転職したい場合は、登録して間違いはないでしょう。

ワークポートの基本情報
運営会社株式会社ワークポート
公開求人数約90,600件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種ソフト開発・システムエンジニア系
クリエイティブ系 通信・インフラエンジニア系
ヘルプデスク・ユーザーサポート
研究、製品開発/品質・評価系
コンサルタント・プリセールス系
ゲーム制作関連
ものづくり系エンジニア
金融・保険・証券系
建設・土木・プラント・設備
不動産専門職
営業系
事務・管理系
経営企画・事業開発
マーケティング・プロモーション系
役員
販売・サービス系
物流・運輸・購買
製薬・創薬系
医療系専門職
福祉・保育・介護
教員・公務員・その他専門職など
実績転職決定人数No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

担当者は親身になって話を聞いてくれたし転職に迷っている最中にも後押ししてくれた。
他のエージェントよりアドバイスの回数が多かったし紹介してくれる会社の種類もこちらが求めるものに合っていた。(一部抜粋)

悪い口コミ

他のエージェントよりは書類通過率は高いですが、間髪開けずに面接の日程を詰め込まれたりしてしんどくなることも。(一部抜粋)

引用:みん評

マイナビジョブ20’s|20代の転職に特化

出典:マイナビジョブ20’s
マイナビジョブ20’sのおすすめポイント
  • 20代の第二新卒の求人が多い
  • 自己分析に役立つ適性検査が受けられる
  • 大手企業マイナビのノウハウがある

マイナビジョブ20’sは、マイナビグループの転職サイトの中でも、第二新卒や既卒に強い転職エージェントです。

求人数5,800件(2024年1月時点)の内、未経験OKは75%以上、第二新卒向けの求人が2,000件を占めています。

約37万人の利用者数があり、入社後の定着率は95.2%です。

大手マイナビのネットワークを生かした良質な求人が揃っているため、第二新卒者で転職に初めて挑戦する人も安心して利用できます。

マイナビジョブ20’sの基本情報
運営会社株式会社マイナビワークス
公開求人数約5,800件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業
事務・管理・企画・経営
販売・フード・アミューズメント
美容・ブライダル・ホテル・交通
WEB・インターネット・ゲーム クリエイティブ
ITエンジニア 電気・電子・機械・半導体
医薬・食品・化学・素材
建築・土木
コンサルタント・金融・不動産専門職・士業
医療・福祉
保育・教育・通訳
その他(技能工・設備・配送 他)など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

信頼性の高い適性診断も登録後に受けられますし、自分の苦手部分についても教えてもらえたので克服について考え、相談し、乗り超えることもできました。(一部抜粋)

悪い口コミ

在職中に転職を希望したのですが、キャリアカウンセリング可能な日程が、平日のみ、また、電話面談も最終17時半スタートと、在職中の人が可能な時間が少なく感じました。(一部抜粋)

引用:みん評

履歴書作成から面接対策まで徹底したサポートが受けたい20代の第二新卒にはマイナビジョブ20’sもおすすめです。

\履歴書から面接練習まで徹底サポート!/

>>>マイナビジョブ20’sの公式サイトはコチラ<<<

Re就活エージェント|転職エージェント20代登録比率No.1

出典:Re就活エージェント
Re就活エージェントのおすすめポイント
  • 20代未経験者歓迎の求人を数多く保有
  • 20代が選ぶ転職サイトランキングで4冠を達成
  • 各企業にあわせた面接対策を実施

Re就活は、第二新卒を始め、若手社会人、既卒、フリーターなど20代向けの転職サイトです。

特にRe就活に登録している第二新卒は、社会経験とビジネスの厳しさを知っていることが評価され、新卒以上に人気があります。

20代が選ぶ転職サイトランキングでは5年連続1位の実績があります。

Re就活であれば、今までの経歴左右されず、未経験の職種や業種にチャレンジできるでしょう。

Re就活エージェントの基本情報
運営会社株式会社学情
公開求人数約10,800件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業系
企画・事務・管理系
販売・サービス系(ファッション、フード、小売)
専門サービス系(医療、福祉、教育、その他)
クリエイティブ系(ディレクター、デザイナー、ライター、その他)
ITエンジニア系(SE・システム開発・インフラ)
技術系(電気、電子、機械)
技術系(建築、土木)
技術系(医薬、化学、素材、食品)
施設・設備管理、技能工、運輸・物流系
実績転職サイト20代登録比率No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

前職営業、転職先も営業ですが商材も規模も給与も前職より満足してます。(一部抜粋)

悪い口コミ

求人数は大手の転職サイトに比べるとかなり少なめです。対象者が限定的ですので、この点に関しては仕方がありませんが、労働条件が良くない企業も結構あります。(一部抜粋)

引用:みん評

就職shop|面倒な書類選考なしでスムーズ

出典・就職ショップ
就職ショップのおすすめポイント
  • 20代の方が9割以上
  • 面倒な書類選考なしでスムーズに就労可能
  • 必要書類の添削のサービスあり

リクルートグループが運営している就職Shopは、経歴や職歴などにまだ自信が持てない20代向きの就職エージェントです。

第二新卒・既卒・フリーター・ニートなど若年層の求人を多数保有しています。

就職Shop主催の面接対策セミナーに参加すれば、どの求人も書類選考が不要となり、誰でも書類選考を通過できます。

ただし、求人の多くはIT・Web業界のエンジニアや営業に偏りが見られるため、希望職種については応募要項を確認してください。

就職shopの基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数非公開
対応エリア近畿・関東・東海
対応職種
登録料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

今までの働き方やこれからどう働いていきたいのかなどを、キャリアコーディネーターの方に親身になってしっかりと話を聞いてもらうことができ、アドバイスももらえました。(一部抜粋)

悪い口コミ

対応していただいたスタッフが本当に最悪だった。
・急かされる。
・こっちも悩んでいるからこそ転職エージェントを利用しているのに一方的に話されて、疲れる(一部抜粋)

引用:みん評

ジェイック|正社員就職をサポートする就職支援講座が豊富

出典:JAIC
JAICのおすすめポイント
  • 正社員就職をサポートする就職支援講座が豊富
  • 内定獲得から入社後まで徹底サポートあり
  • 就職後も1年間は担当スタッフが個別にサポート

JAIC(ジェイック)は、フリーターや第二新卒、既卒に強く、未経験者や社会人経験がない人に特化した転職エージェントです。

ジェイック独自の就活研修があり、受講すれば書類選考なしで、ジェイック厳選の優良企業との面接が確約されます。

受講者の内定率は81%以上と高確率となっています。

なおジェイックの研修は5日間参加する必要があるため、現職が多忙な方は利用には注意が必要です。

ジェイックの基本情報
運営会社株式会社ジェイック
公開求人数非公開
対応エリア全国
対応職種IT・Web業界・人材業界・メーカー・営業職・エンジニアなど
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

就活の際に必要な履歴書やマナーについて深く知ることができて役に立ちました。研修に関しても同じような境遇の方がおり、一緒に受けていく事で孤独感なく前向きに出来ました。(一部抜粋)

悪い口コミ

講師によっては価値観の押し付けだったりマインドコントロールなんじゃないかと思わずにはいられない部分があった。(一部抜粋)

引用:みん評

DYM就職|第二新卒・フリーター・既卒の求人豊富

詳しい口コミは「DYM就職 評判」を確認
DYM就職のおすすめポイント
  • 第二新卒・既卒・フリーターの求人が多い
  • 面談満足度90%以上
  • 書類選考なしで面接に進める求人が多く内定獲得が早い

DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーター・ニートの求人が豊富な転職エージェントです。

営業やエンジニア・販売職など職種の求人が多い傾向があるため、希望の職種は明確にしておくことが大切です。

DYM就職は、書類選考なしで面接に進める求人が多いため、経歴に自信がない人は利用しやすいでしょう。

DYM就職の基本情報
運営会社株式会社DYM
公開求人数10,000
対応エリア全国
対応職種営業職・エンジニア・販売職など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

就職率の高さだけでなく、第二新卒や既卒、フリーターの就職に強いというのも心強かったです。エージェントが会社とのやり取りをしっかりサポートをしてくれるので、正社員として働いたことがない自分でも安心でした。(一部抜粋)

悪い口コミ

面接前の企業情報薄く、適当に想像で適当に言っている感があった。面接対策も薄かった。(一部抜粋)

引用:みん評

ハタラクティブ|未経験OKの優良求人を多数保有

詳しい口コミは「ハタラクティブ 評判」を確認
ハタラクティブのおすすめポイント
  • 未経験OKの優良求人を数多く保有
  • スキルに自身がなくても自分に適した仕事を紹介してもらえる
  • 最短2週間で内定を獲得できる

ハタラクティブは、20代の第二新卒、既卒、フリーター対象の転職エージェントです。

未経験歓迎の求人を3,000件以上保有しており、各企業の内情まで把握しているため、他のエージェントより企業情報の詳細を知ることができます。

幅広い求人があり、内定獲得期間は最短2週間と、スピード転職が可能です。

ハタラクティブの基本情報
運営会社レバレジーズ株式会社
公開求人数約3,500件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業
販売・サービス
事務・アシスタント
不動産・建設
IT・機械
医療・福祉
物流
工場・製造
企画・管理
教育
クリエイティブ
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

サポート体制がしっかりしていて、職務経歴書の書き方から面接の受け方まで徹底的に教えてもらえます。お陰で自分のような求職活動の苦手な人間でも無事正社員へと転職成功しました。(一部抜粋)

悪い口コミ

若者を対象にしているだけあって担当者もお若い方のように見受けられました。20代後半の人間から見ると頼りない感じがしました。(一部抜粋)

引用:みん評

第二新卒エージェントneo|20代の第二新卒・既卒に強い転職サイト

出典:第二新卒エージェントNEO
第二新卒エージェントneoのおすすめポイント
  • 20代の第二新卒・既卒に強い転職エージェント
  • 書類作成や面接の受け方などサポートが厚い
  • プロのキャリアアドバイザーによる個別の就職相談

第二新卒エージェントNEOは、20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートに強い転職エージェントです。

プロのキャリアアドバイザーによる個別の就職相談から書類作成や面接対策、入社後のフォローまで、手厚いサポートが受けられます。

第二新卒エージェントNEOは、未経験者採用に積極的で、様々な業界や職種の未経験可の求人が豊富です。

リクナビNEXT|AI技術を駆使した高度なマッチング

出典:リクナビNEXT
リクナビNEXTのおすすめポイント
  • 10万件以上の豊富な求人数
  • 転職支援ツールやコンテンツが充実
  • AI技術を駆使した高度なマッチング

リクナビNEXTは人材業界最大手のリクルートグループが運営する、社会人向けの転職サイトです。

Web上であなたの経歴や情報を登録すれば、どの求人にも応募することができます。

また、無料で利用できる「グッドポイント診断」は、自分の強みや弱点など自己分析ができ、大変便利です。

リクナビNEXTは若手向けの求人が充実しているため、第二新卒におすすめの転職サイトと言えます。

リクナビNEXTの基本情報リクナビNEXT
運営会社株式会社リクルート
求人数103,400件
対応エリア全国
対応職種営業
事務・管理
企画・マーケティング・経営・管理職
サービス・販売・外食
Web・インターネット・ゲーム
クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイン)
専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)
ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)他
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

会社を辞めてから1日でも早く転職を決めたかったので、複数の転職活動サイトに登録していました。その中でもリクナビNEXTは求人情報が他社では見ることができない、ここだけの会社が多く揃っていたと思います。(一部抜粋)

悪い口コミ

新卒で入った会社を短期離職後、転職活動で利用していました。
まず、基本的に大手の求人は少ないです。(一部抜粋)

引用:みん評

マイナビエージェント|9割以上が20代で転職未経験者が利用しやすい

詳しい口コミは「マイナビエージェント 評判」を確認
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 各業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが在籍
  • マッチング力が非常に高い
  • 9割以上が20代で転職未経験者が利用しやすい

マイナビエージェントは株式会社マイナビが運営する総合型転職エージェントです。

20〜30代の転職サポートを得意としており、若手採用に強みがあるため、1〜3年目の第二新卒におすすめです。

大手求人サイトの中では求人数は多くありませんが、各業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーの手厚いサポートが受けられます。

未経験歓迎の求人が多数あるので、キャリアチェンジが可能です。

マイナビエージェントの基本情報
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約50,000件
非公開求人数約18,700件
対応エリア全国
対応職種IT系技術職
営業職
機械・電気系技術職
金融系
不動産・建築職
医薬・医療系職
販売・サービス系職
クリエイティブ職
企画・管理系職など
実績2023年オリコン顧客満足度®︎調査 転職エージェント第1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

ミスマッチへの配慮を丁寧にしてくれたこと、転職活動の軸がぶれた時も親身に相談に乗っていただけたこと、多くの候補企業を提案してくれたことの3点が凄く良かったです。(一部抜粋)

悪い口コミ

初めての転職活動だったので右も左もわからないため登録したのですが、最初の電話相談から少々タメ口気味で、見下されてるような印象を受けました。(一部抜粋)

引用:みん評

転職が初めての方は、書類添削&模擬面接で内定率UPが期待できるマイナビエージェントもおすすめです。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

エン転職|独占求人を多数保有

出典:エン転職
エン転職のおすすめポイント
  • 企業情報が充実しておりミスマッチがおきにくい
  • 独占求人を多数保有
  • 企業からのスカウトが受けられる

エン転職はエン・ジャパンが運営する総合転職情報サイトです。

利用者全体の約70%が35歳以下の若年層で、特に20代の若手採用に強いため、第二新卒は利用しやすいでしょう。

エン転職で公開されている求人案件は、エン転職が独自で取材を行っているため、クリーンな企業が比較的多い傾向があります。

レジュメの登録をすれば、求人が公開される前に企業からスカウトが届く場合があるため、積極的に登録しましょう。

エン転職の基本情報
運営会社エン・ジャパン株式会社
公開求人数約12,400件
非公開求人非公開
対応エリアなし
対応職種営業系
企画・事務・マーケティング・管理系
販売・サービス系
(ファッション、フード、小売)
専門サービス系
(医療、福祉、教育、その他)
専門職系
(コンサルタント、金融、不動産)
クリエイティブ系
エンジニア系
(IT・Web・ゲーム・通信)
技術系
(電気、電子、機械)
技術系
(建築、土木)
技術系
(医薬、化学、素材、食品)
施設・設備管理、技能工、運輸・物流系
公務員、団体職員、その他
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

大手企業より中小企業の求人の方が多いので、中小企業への転職を目指している人にとっては利用する価値のあるサイトだと思います!(一部抜粋)

悪い口コミ

サイト自体は見やすいし、使いやすいのですが、エン転職に掲載している求人が一部違っていたりすることがあります。(一部抜粋)

引用:みん評

UZUZ|就職内定率は86%入社後の定着率は95%

出典:UZUZ
UZUZのおすすめポイント
  • 既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率が83%以上
  • 基礎スキルや考え方、自己分析ができる
  • ブラック企業を徹底排除している

UZUZは、第二新卒や既卒、フリーターに特化した転職エージェントです。

未経験歓迎の求人を多数保有しており、第二新卒の支援に強みがあります。

求職者一人あたり12時間を費やすなど、キャリアアドバイザーのサポートが手厚い点がUZUZの特出した特徴です。

内定率は86%と高い実績があるため、職歴や学歴に自信のない第二新卒が利用すべきエージェントと言えます。

UZUZの基本情報
運営会社株式会社UZUZ
公開求人数非公開
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種情報処理・情報技術者
営業職
ソフトウエア通信
サービス・インフラなど
実績就活支援サービス対応満足度No.1
信頼できる就活支援サービスNo.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

一社ごとに面接対策をして、時間をそれなりにかけてくれるところはサポートの強みを感じた。(一部抜粋)

悪い口コミ

ITや営業職に就きたい人なら比較的求人はある。事務職等は殆ど無い。(一部抜粋)

引用:みん評

キャリアスタート|カウンセリングから模擬面接までマンツーマン

出典:キャリアスタート
キャリアスタートのおすすめポイント
  • カウンセリングから模擬面接までマンツーマン対応
  • 「選べる転職祝い」がある
  • 住居が必要になる場合は転居サポート

キャリアスタートは、第二新卒など20代の転職支援に特化している転職エージェントです。

長年の転職支援実績があり、内定率は86%、定着率は92%と高水準の結果を残しています。

また、キャリアスタート独自の自己分析や適性検査が実施されており、相性の良い企業への転職に有利です。

毎月「転職交流会」が実施されているため、第二新卒同士が交流できる機会があり、情報交換しながら転職活動ができます。

キャリアスタートの基本情報
運営会社キャリアスタート株式会社
公開求人数非公開
対応エリア東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡・北海道
対応職種営業・販売・管理・エンジニアなど
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

大手に比べて利用者が少ないためか、時間をかけて丁寧なサポートをしてもらえました。たとえば、履歴書の書き方や面接対策についても、具体的なアドバイスがありました。そのおかげで、無事に内定をいただくこともできました。(一部抜粋)

悪い口コミ

希望条件を相談する中で、担当の方がヘラヘラしながらその条件はムリっすよっと言われてしまいびっくりしました(一部抜粋)

引用:みん評

パソナキャリア|転職後の年収アップ率67.1%

詳しい口コミは「パソナキャリア 評判」を確認
パソナキャリアのおすすめポイント
  • 取引実績企業28,000社以上
  • 女性の転職を積極的に支援
  • 転職後の年収アップ率67.1%

パソナキャリアは派遣業界大手のパソナグループが運営する転職エージェントです。

転職相談や仕事の選び方、履歴書や職務経歴書の書き方、面接の注意点など、キャリアアドバイザーの丁寧なサポートが受けられます。

パソナキャリアは女性のキャリアや働き方に対し深い理解を持ち、女性の活躍を積極的に支援しています。

女性が働きやすい職場に転職したい第二新卒におすすめの転職サービスです。

パソナキャリアの基本情報
運営会社株式会社パソナ
公開求人数約33,900件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業
管理・事務
IT・Webエンジニア
技術職(電気・電子・機械・化学)
クリエイティブ
マーケティング・企画
コンサルタント・士業
販売員・サービススタッフ
研究・開発(メディカル)
専門職(Web・IT・ゲーム)
専門職(金融)
専門職(不動産・建設)
実績転職エージェント総合1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

大手ということもあり求人の案件も多く、異業種でも初心者OKの求人を紹介していただき、今まで自分が知らなかった得意な分野を新たに引き出してくださいました。(一部抜粋)

悪い口コミ

紹介してくれる求人は多いが、サポートがまったくなく、書類選考がまったく通らなかった。(一部抜粋)

引用:みん評

type女性の転職エージェント|女性の転職支援25年以上の実績

出典:type女性の転職エージェント
type女性の転職エージェントのおすすめポイント
  • 女性の転職支援25年以上の実績
  • 面接メイクアップサービスが利用可能
  • 利用者の71%が年収アップ

type女性の転職エージェントは、25年以上の転職支援実績がある、女性の転職や再就職のサポートに特化した転職エージェントです。

勤務時間や休日など、仕事とプライベートの両立がしやすい企業の求人が豊富にあります。

女性の転職やキャリアの悩みに理解があるキャリアアドバイザーが在籍しており、親身になって転職活動をサポートしてくれます。

type女性の転職エージェントのサイトでは、20〜30代前半の女性向けのコンテンツが充実しているため、ぜひのぞいてみてください。

type女性の転職エージェントの基本情報
運営会社株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数約10,300件
非公開求人数約18,500件
対応エリア全国
対応職種販売・接客・サービス・コールセンター
アパレル・ファッション、旅行、ブライダル、美容、飲食
営業 法人営業、個人営業、内勤営業
事務・オフィスワーク
一般事務、営業事務、受付、秘書
経理・財務・会計
人事
人事制度企画、採用、研修、労務
総務・広報・法務
法務、総務、知的財産・特許、広報・IR
マーケティング・企画
販売促進、マーケティングリサーチ、商品企画
Webクリエイター
Webマーケティング、Webデザイナー、Webエンジニア
システムエンジニア システムエンジニア、ITコンサルタント、プログラマ、社内SEなど
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

女性を積極的に採用している求人が多いので、無駄な転職活動をする必要がありません。
求人情報の詳細がしっかり記載されているので、職場環境がイメージしやすいのもいいなと思いました。(一部抜粋)

悪い口コミ

応募しても連絡がない企業があまりにも多かったです。
「結果については合否に関わらずご連絡いたします」と書いてあってもお返事がもらえず、少し心が折れそうでした。(一部抜粋)

引用:みん評

大手や優良企業の求人に強い第二新卒向け転職サイト

大手や優良企業の求人に強い第二新卒向け転職サイトを3社ご紹介します。

大手や優良企業の求人に強い第二新卒向け転職サイト

リクルートエージェント

マイナビエージェント
パソナキャリア
パソナキャリア
公開求人数約364,000件約50,000件約33,800件
第二新卒歓迎求人数約39,300件約8,100件約163件
公開・上場企業求人数約88,900件約10,400件約8,600件
サービスの種類転職エージェント転職エージェント転職エージェント
特徴転職支援実績No.1のエージェント上場企業の求人が豊富大手優良企業の求人を多数保有
評価
2024年1月時点

リクルートエージェント

詳しい口コミは「リクルートエージェント 評判」を確認

リクルートエージェントは国内最大級のエージェント型転職サイトです。

転職支援No.1の実績があり、求職者の約8割が利用していると言われています。

リクルートエージェントの公開・上場企業の求人は約88,900件です。

大手企業の求人例は以下をご覧ください。

・トヨタ自動車

・三菱重工業

・住友不動産

・サイバーエージェント

・セコム等

求人数の多さでは他の転職サイトの群を抜いており、上場企業や優良企業の求人が多くみつかるため、大手企業に転職したい第二新卒はまず登録すべきでしょう。

リクルートエージェントの基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約397,200件
非公開求人数約258,300件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトリクルートエージェント
2024年1月時点

転職サービス選びに迷ったら、圧倒的な求人数を保有するリクルートエージェントもおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

マイナビエージェント

詳しい口コミは「マイナビエージェント 評判」を確認

マイナビエージェントは20〜30代の若手層に強い総合型転職エージェントです。

最大手リクルートエージェントの求人数には及ばないものの、新卒領域ではNo.1の実績を持ち、第二新卒におすすめです。

マイナビエージェントの公開・上場企業は約10,400件、大手企業の求人例は以下を参考にしてください。

・野村総合研究所

・アクセンチュア

・住友電気工業

・神戸製鋼所

・楽天グループ等

マイナビエージェントの基本情報
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約50,000件
非公開求人数約18,700件
対応エリア全国
実績2023年オリコン顧客満足度®︎調査 転職エージェント第1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトマイナビエージェント
2024年1月時点

転職が初めての方は、書類添削&模擬面接で内定率UPが期待できるマイナビエージェントもおすすめです。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

パソナキャリア

詳しい口コミは「パソナキャリア 評判」を確認

パソナキャリアは派遣業界大手のパソナグループが運営する転職エージェントです。

公開求人よりも好条件の、非公開求人が総求人の約8割を占めているのが特徴です。

パソナキャリアの公開・上場企業の求人数は約8,600件となり、大手企業の求人には以下の企業があります。

・野村総合研究所

・富士通

・NTTデータ

・三菱UFJ銀行

・日鉄ソリューションズ等

公開されている企業の他に、非公開の高給の求人を紹介してもらえるため、パソナキャリアもおすすめです。

パソナキャリアの基本情報
運営会社株式会社パソナ
公開求人数約33,900件
対応エリア全国
実績転職エージェント総合1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトパソナキャリア
2024年1月時点

未経験求人に強い第二新卒向け転職サイト

第二新卒でキャリアチェンジを目指す場合、未経験歓迎の求人が豊富な転職サイトを利用しましょう。

未経験求人に強い第二新卒向け転職サイト
マイナビジョブ20’
マイナビジョブ20’s
キャリアスタート
キャリアスタート
ハタラクティブ
ハタラクティブ
公開求人数約5,700件非公開約3,500件
第二新卒求人数約2,900件非公開非公開
未経験歓迎の求人数約4,300件非公開非公開
サービスの種類転職エージェント転職エージェント転職エージェント
特徴
未経験歓迎の求人が多い
第二新卒など20代に特化しキャリアチェンジの可能性がある未経験OKの優良求人を多数保有
評価
2024年1月時点

未経験での転職に特化している転職エージェントは、サポートも手厚く、親身に相談できるなど、安心して転職活動ができます。

マイナビジョブ20’s

出典:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sはマイナビグループの中でも20代や第二新卒など若年層に特化しています。

取り扱い求人のうち約70%が未経験歓迎のため、「キャリアチェンジが希望」「自分に合った仕事をみつけたい」と言った第二新卒におすすめです。

マイナビジョブ20’sでは、世界で数千万人が受検している適性診断が受けられ、企業のミスマッチが防げる点も魅力です。

転職後の定着率は93%以上の実績があるため、次の職場では長期で働きたい方は登録すべきと言えます。

マイナビジョブ20’sの基本情報
運営会社株式会社マイナビワークス
公開求人数約5,800件
対応エリア全国
料金
完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトマイナビジョブ20’s
2024年1月時点

履歴書作成から面接対策まで徹底したサポートが受けたい20代の第二新卒にはマイナビジョブ20’sもおすすめです。

\履歴書から面接練習まで徹底サポート!/

>>>マイナビジョブ20’sの公式サイトはコチラ<<<

キャリアスタート

出典:キャリアスタート

キャリアスタートは、第二新卒など20代の転職支援に特化している転職エージェントです。

独自の自己分析や適性検査が実施されており、未経験の仕事探しにぴったりです。

求人数は公開されていませんが、内定率は86%、定着率は92%と高水準の実績が魅力でしょう。

自分にあった仕事選びから始めたい方はキャリアスタートもおすすめです。

キャリアスタートの基本情報
運営会社キャリアスタート株式会社
公開求人数非公開
対応エリア東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡・北海道
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトキャリアスタート
2024年1月時点

ハタラクティブ

詳しい口コミは「ハタラクティブ 評判」を確認

ハタラクティブでは未経験OKの優良求人を多数保有しています。

職歴に自信がない、就職活動に失敗した人は、どなたでも手厚いサポートが受けられます。

ハタラクティブは求人企業を直接取材しており、会社の雰囲気や業務内容など内情を把握しているため、詳しい求人情報をアドバイスしてもらえます。

第二新卒で未経験の領域にチェレンジしたい方はぜひ相談してみてください。

ハタラクティブの基本情報
運営会社レバレジーズ株式会社
公開求人数約3,500件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトハタラクティブ
2024年1月時点

20代におすすめの転職サイトについてはこちらもご覧ください。

エンジニアに強い第二新卒向け転職サイト

専門的なスキルの有無にかかわらず、IT系のエンジニア職は第二新卒が採用されやすい傾向があります。

完全未経験でエンジニア職にキャリアチェンジを希望する際は、エンジニア職に強い転職エージェントを利用しましょう。

エンジニアに強い第二新卒向け転職サイト

マイナビエージェント
ワークポート
ワークポート
リクナビNEXT
リクナビNEXT
公開求人数約50,000件約90,800件約103,400件
第二新卒求人数約8,100件約150件約23,300件
エンジニアの求人数約17,722件約18,700件約14,100件
サービスの種類転職エージェント転職エージェント転職サイト
特徴IT系専任のキャリアアドバイザーが在籍IT未経験の転職も可能エンジニア向け求人が多い
評価
2024年1月時点

マイナビエージェント

詳しい口コミは「マイナビエージェント 評判」を確認

マイナビエージェントは20〜30代の転職支援に強く、IT系専任のキャリアアドバイザーが転職サポートを行っています。

またマイナビグループの「マイナビIT AGENT」は、IT・Web業界やエンジニア職に特化しており、特にエンジニア経験者におすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェント・マイナビIT AGENT共に、第二新卒の転職を丁寧にサポートしてもらえるため、おすすめです。

マイナビエージェントの基本情報
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約50,000件
非公開求人数約18,700件
対応エリア全国
実績2023年オリコン顧客満足度®︎調査 転職エージェント第1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトマイナビエージェント
2024年1月時点

ワークポート

詳しい口コミは「ワークポート 評判」を確認

ワークポートはIT・ゲーム業界に強い転職相談サービスで、取り扱っている求人の約4割がIT・Web・ゲーム業界です。

また公開求人のうち、約3割がITエンジニア職のため、エンジニアを目指している方に向いています。

創業時からIT・Web・ゲーム業界の求人を豊富に取り扱っていた経験から、多くの実績があり、年収アップした事例も豊富です。

第二新卒でエンジニア職に特化した求人を探すなら、ワークポートは見逃せないでしょう。

ワークポートの基本情報
運営会社株式会社ワークポート
公開求人数約90,600件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトワークポート
2024年1月時点

リクナビNEXT

出典:リクナビNEXT

リクナビNEXTはリクルートが運営する国内最大級の転職サイトです。

取り扱っている求人数は10万件以上あり、エンジニア職の求人は14,000件ほどあります。

第二新卒や20代の若年層を対象にした求人が多いため、エンジニア職で未経験の求人もみつかります。

サイトの求人は毎週水曜日と金曜日に更新されるため、小まめにチェックしましょう。

リクナビNEXTの基本情報リクナビNEXT
運営会社株式会社リクルート
求人数103,400件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトリクナビNEXT
2024年1月時点

ITエンジニアにおすすめの転職サイトはこちらをご覧ください。

ブラック企業の求人が少ない第二新卒向け転職サイト

新卒で就職した会社が「パワハラがひどい」「残業が異常に多い」などの理由で、やむなく退職するケースがあります。

転職した先も同じブラックな環境では、転職した意味がありません。

ブラック企業に転職しないためにも、紹介する会社を精査している転職サイトを利用することが大事です。

ブラック企業の求人が少ない第二新卒向け転職サイト
マイナビジョブ20’
マイナビジョブ20’s
ハタラクティブ
ハタラクティブ

いい就職ドットコム
公開求人数約5,700件約3,500件約11,500件
第二新卒求人数約2,900件非公開約6,100件
休日が取りやすい企業の求人数約3,700件非公開約900件
サービスの種類転職エージェント転職エージェント転職サイト
特徴ネットワークを生かした良質な求人が揃っている未経験OKの優良求人を多数保有ブラック企業を排除する掲載基準があり安心
評価
2024年1月時点

ちなみにブラック企業に見られるな特徴は以下となります。

・労働時間が長く、給与が低い傾向がある

採用のハードルは低く、入社しやすい

・コンプライアンスに対する意識が低い

・口コミの評価が良くない

ブラックな環境は絶対避けたいと言う方は、転職エージェントのキャリアアドバイザーに企業の内情を確認しましょう。

マイナビジョブ20’s

出典:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sはマイナビグループの中でも20代や第二新卒など若年層に特化しています。

マイナビジョブ20’sは、会社を紹介する前に実際に訪問して職場環境を確認しているため、ブラックな環境で働きたくない第二新卒におすすめです。

マイナビジョブ20’sの基本情報
運営会社株式会社マイナビワークス
公開求人数約5,800件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトマイナビジョブ20’s
2024年1月時点

ハタラクティブ

詳しい口コミは「ハタラクティブ 評判」を確認

ハタラクティブは20代の第二新卒や既卒、フリーター向けの転職エージェントです。

基本的に第二新卒などの経験が浅い20代に特化した、ハタラクティブのような転職サイトでは、独自の基準で会社を精査しています。

ブラック企業は避けたいと考えている方は、安定した求人の多いハタラクティブを利用してみましょう。

ハタラクティブの基本情報
運営会社レバレジーズ株式会社
公開求人数約3,500件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトハタラクティブ
2024年1月時点

いい就職どっとこむ

出典:いい就職どっどこむ

いい就職ドットコムは、第二新卒・既卒者を対象とした就職求人支援サイトです。

電話やWebによる無料相談で、正社員限定の優良求人を紹介してもらえます。

いい就職ドットコムでは、提携する企業の基準を厳しく制限しており、職場の雰囲気まで教えてもらえるため、安心して応募ができます。

いい就職どっとこむの基本情報
運営会社ブラッシュアップ・ジャパン(株)
公開求人数約11,500件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトいい就職ドットコム
2024年1月時点

女性のサポートが厚い第二新卒向け転職サイト

女性のサポートが厚い第二新卒向けの転職サイトは、女性スタッフと相談できたり、女性が働きやすい会社を紹介してもらえたり、きめ細やかなサポートが期待できます。

女性のサポートが厚い第二新卒向け転職サイト
パソナキャリア
パソナキャリア

type女性の転職エージェント
Re就活
Re就活エージェント
公開求人数約33,800件約10,200件約10,770件
第二新卒求人数約163件約250件約870件 
女性が活躍中の求人数約3,800件約10,200件
サービスの種類転職エージェント転職エージェント転職エージェント
特徴女性の転職を積極的に支援女性に特化しており20代の転職に強い転職エージェント20代登録比率No.1
評価
2024年1月時点

パソナキャリア

詳しい口コミは「パソナキャリア 評判」を確認

パソナキャリアは派遣業界大手のパソナグループが運営する転職エージェントです。

女性の転職を積極的に支援しており、女性が活躍中の求人数は約3,800件あります。

親身なキャリアカウンセリングで、ライフバランスを考慮しつつキャリアアップをサポートしてもらえます。

パソナキャリアは、これからのキャリアをどうすべきか迷っている第二新卒の女性が積極的に利用したい転職エージェントです。

パソナキャリアの基本情報
運営会社株式会社パソナ
公開求人数約33,900件
対応エリア全国
実績転職エージェント総合1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトパソナキャリア
2024年1月時点

type女性の転職エージェント

出典:type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、25年以上の転職支援実績がある、女性の転職や再就職のサポートに特化した転職エージェントです。

女性専門のため、公開求人約10,200件はすべて女性向きの求人です。

公式サイトでは、20〜30代前半の女性向けのコンテンツが充実しています。

女性への転職支援の実績が豊富な、専任のキャリアアドバイザーにサポートしてもらえるため、第二新卒の初めての転職も安心です。

type女性の転職エージェントの基本情報
運営会社株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数約10,300件
非公開求人数約18,500件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトtype女性の転職エージェント
2024年1月時点

Re就活エージェント

出典:Re就活エージェント

Re就活は、第二新卒を始め、若手社会人、既卒、フリーターなど20代向けの転職サイトです。

20代が選ぶ転職サイトランキングでは5年連続1位の実績があります。

同系列の「Re就活WOMAN」は、第二新卒や20代女性におすすめの未経験歓迎求人が多数掲載されています。

女性にマッチしたキーワードや検索条件から検索可能なため、Re就活エージェント・Re就活WOMANを利用してみてください。

Re就活エージェントの基本情報
運営会社株式会社学情
公開求人数約10,800件
対応エリア全国
実績転職サイト20代登録比率No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトRe就活エージェント
2024年1月時点

女性におすすめの転職エージェントはこちらをご覧ください。

地域別の第二新卒におすすめ転職サイト

転職サイトは大手の全国型と地域密着型に2分される傾向があります。

ここからは地域別の第二新卒におすすめの転職サイトをご紹介しますので、あなたの転職希望のエリアに強い転職サイトをチェックしましょう。

東京・関東で第二新卒におすすめの転職サイト

東京都を中心に関東でおすすめの転職サイト3社ご紹介します。

東京・関東で第二新卒におすすめの転職サイト

doda

リクルートエージェント
マイナビジョブ20’
マイナビジョブ20’s
公開求人数約234,700件約364,000件約5,700件
第二新卒求人数約158,500件約39,300件約2,900件
関東エリアの求人数約130,400件約188,500件約2,800件
サービスの種類転職エージェント・サイト転職エージェント転職エージェント
特徴転職のプロが内定まで徹底サポート転職支援実績No.1のエージェント20代の第二新卒の求人が多い
評価
2024年1月時点

doda

詳しい口コミは「doda 評判」を確認

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する転職エージェントです。

dodaの関東エリアの求人数は約130,400件あり、幅広い業種や職種の求人が検索できます。

人事担当者が登壇する転職フェアは、東京・名古屋・大阪等で開催されており、仕事内容や企業の雰囲気を知る機会となるため積極的に参加してみてください。

dodaの基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約234,700件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトdoda
2024年1月時点

リクルートエージェント

詳しい口コミは「リクルートエージェント 評判」を確認

リクルートエージェントは、業界最大級の求人数と転職支援実績のある転職エージェントです。

関東エリアの求人数は約188,500件と大変豊富です。

転職者の約8割が利用する最大手のエージェントのため、東京・関東エリアの求人探しにぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントの基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約397,200件
非公開求人数約258,300件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトリクルートエージェント
2024年1月時点

豊富な求人情報を得たいなら業界最大手のリクルートエージェントがおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

マイナビジョブ20’s

出典:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、マイナビグループの転職サイトの中でも、第二新卒や既卒に強い転職エージェントです。

マイナビのネットワークを生かした求人は良質と言われており、第二新卒者の東京・関東周辺での仕事探しにおすすめです。

マイナビジョブ20’sの基本情報
運営会社株式会社マイナビワークス
公開求人数約5,800件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトマイナビジョブ20’s
2024年1月時点

北陸・東北で第二新卒におすすめの転職サイト

北陸・東北エリアで第二新卒におすすめの転職サイトを3社ご紹介します。

北陸・東北で第二新卒におすすめの転職サイト

マイナビエージェント

doda
リクナビNEXT
リクナビNEXT
公開求人数約50,000件約234,700件約103,400件
第二新卒求人数約8,100件約158,500件約23,300件
北陸・東北エリアの求人数約3,100件約24,300件約6,800件
サービスの種類転職エージェント転職エージェント・サイト転職サイト
特徴9割以上が20代で転職未経験者が利用しやすい公開求人数は20万件以上転職支援ツールやコンテンツが充実
評価
2024年1月時点

マイナビエージェント

詳しい口コミは「マイナビエージェント 評判」を確認

マイナビエージェントは株式会社マイナビが運営する総合型転職エージェントです。

北陸・東北エリアの求人数は約3,100件保有していますので、ぜひ活用してみてください。

マイナビエージェントの基本情報
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約50,000件
非公開求人数約18,700件
対応エリア全国
実績2023年オリコン顧客満足度®︎調査 転職エージェント第1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトマイナビエージェント
2024年1月時点

doda

詳しい口コミは「doda 評判」を確認

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する転職エージェントです。

北陸・東北エリアの求人は約24,300件と幅広い業種や職種の企業を取り扱っていますので、さっそく情報を集めてみましょう。

dodaの基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約234,700件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトdoda
2024年1月時点

リクナビNEXT

出典:リクナビNEXT

リクナビNEXTは人材業界最大手のリクルートグループが運営する、社会人向けの転職サイトです。

北陸・東北エリアの求人は約6,800件とさほど多くはありませんが、リクナビNEXTは若手向けの求人が充実しているため、第二新卒も利用しやすいでしょう。

リクナビNEXTの基本情報リクナビNEXT
運営会社株式会社リクルート
求人数103,400件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトリクナビNEXT
2024年1月時点

関西で第二新卒におすすめの転職サイト

関西エリアで第二新卒におすすめの転職サイトを3社ご紹介します。

関西で第二新卒におすすめの転職サイト

リクルートエージェント
DYM就職
DYM就職

エン転職
公開求人数約364,000件約10,000件約99,400件
第二新卒求人数約39,300件非公開約3,600件
関西エリアの求人数約55,700件非公開約1,680件
サービスの種類転職エージェント転職エージェント転職サイト
特徴転職支援実績No.1のエージェント第二新卒・フリーター・既卒の求人豊富
独占求人を多数保有
評価
2024年1月時点

リクルートエージェント

詳しい口コミは「リクルートエージェント 評判」を確認

リクルートエージェントは国内最大級のエージェント型転職サイトです。

リクルートエージェントの関西エリアでは約55,700件の求人があります。

多くの求人から自分にマッチした企業を探したいなら、まずリクルートエージェントの登録からスタートしましょう。

リクルートエージェントの基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約397,200件
非公開求人数約258,300件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトリクルートエージェント
2024年1月時点

DYM就職

詳しい口コミは「DYM就職 評判」を確認

DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーター・ニートの求人が豊富な転職エージェントです。

DYM就職は関西エリアの求人数を公開していませんが、大阪や神戸など首都圏に求人が集まっている傾向があります。

なお営業やエンジニア・販売職など、比較的激務とされる職種の求人が多いため、企業の詳細は応募前にかならず確認してください。

DYM就職の基本情報
運営会社株式会社DYM
公開求人数10,000
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトDYM就職
2024年1月時点

エン転職

出典:エン転職

エン転職は、利用者全体の約70%が35歳以下の若手層で、特に若手採用に強いため第二新卒におすすめです。

基本的にエン転職で公開されている求人案件は、独自で取材を行っているクリーンな企業が多く、関西エリアの求人は約1,680件ほどあるため、積極的に活用してみてください。

エン転職の基本情報
運営会社エン・ジャパン株式会社
公開求人数約12,400件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトエン転職
2024年1月時点

大阪でおすすめの転職エージェントはこちらもご覧ください。

九州で第二新卒におすすめの転職サイト

九州エリアで第二新卒におすすめの転職サイトを3社ご紹介します。

九州で第二新卒におすすめの転職サイト

doda
リクナビNEXT
リクナビNEXT
Re就活
Re就活エージェント
公開求人数約234,700件約103,400件約10,770件
第二新卒求人数約158,500件約23,300件約870件
九州エリア(沖縄含む)の求人数約17,600件約7,500件約250件
サービスの種類転職エージェント・サイト転職サイト転職エージェント
特徴転職のプロが内定まで徹底サポート転職支援ツールやコンテンツが充実転職エージェント20代登録比率No.1
評価
2024年1月時点

doda

詳しい口コミは「doda 評判」を確認

dodaは幅広い業界や職種の求人を23万件以上保有しており、顧客満足度No.1の実績があります。

沖縄を含む九州エリアでは約17,600件の求人を保有しているため、多くの求人から自分にマッチした会社を探したい方におすすめです。

dodaの基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約234,700件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトdoda
2024年1月時点

リクナビNEXT

出典:リクナビNEXT

リクナビNEXTは人材業界最大手のリクルートグループが運営する転職サイトで、Web上であなたの経歴や情報を登録すれば、どの求人にも応募が可能です。

九州エリア(沖縄を含む)の求人は約7,500件ほどあるため、第二新卒に強い求人をみつけることが可能でしょう。

リクナビNEXTの基本情報リクナビNEXT
運営会社株式会社リクルート
求人数103,400件
対応エリア全国
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトリクナビNEXT
2024年1月時点

Re就活

出典:Re就活エージェント

Re就活に登録している第二新卒は、社会経験とビジネスの厳しさを知っていることが評価され、新卒以上に人気があります。

20代が選ぶ転職サイトランキングでは5年連続1位の実績があります。

沖縄を含む九州エリアは約750件と求人数は多くありませんが、経歴を気にせず未経験の職種や業種にチェレンジしやすい求人が揃っているため、ぜひ活用してみましょう。

Re就活エージェントの基本情報
運営会社株式会社学情
公開求人数約10,800件
対応エリア全国
実績転職サイト20代登録比率No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
公式サイトRe就活エージェント
2024年1月時点

福岡でおすすめの転職エージェントはこちらもご覧ください。

そもそも第二新卒とは?

そもそも第二新卒はどんな人を指すのかよくわからないという人もいるでしょう。

ここからは第二新卒の定義と混同しやすい新卒・既卒との違いを解説します。

第二新卒とは社会人経験3年以内が一般的

第二新卒とは、新卒採用で一度は就職したものの、数年以内に退職し、再度転職活動を行う人のことを言います。

一般的には新卒で入社後、3年くらいまでの人を指しますが、会社によっては20代すべてを「第二新卒」と呼ぶこともあり、定義はわりとあいまいです。

新卒枠で就職した人が、「思っていた職場と違う」「希望の職種に配属されなかった」などの理由で退職した場合、第二新卒に該当します。

ちなみに第二新卒は、社会人経験があり、基本的なビジネスマナーや職場でのコミュニケーションスキルを有しているため、新卒より有利な条件を備えています。

第二新卒と新卒と既卒の違い

会社によって多少定義が異なる場合はありますが、「第二新卒」「新卒」「既卒」の違いを整理しておきましょう。

新卒・新規卒業を略したもの
・翌年3月に学校を卒業、または卒業予定の人
一般的には学校を卒業した年度内に就職する人
・新卒には基本的に年齢制限はない
第二新卒・新卒で就職後、一定期間(通常3年以内)で退職し、再度転職活動を行う人
既卒卒業後に社会人経験がない人、または非正規雇用で働いていた人
・アルバイト(フリーター)
・契約社員
・派遣社員
・留学やワーキングホリデーへ行っていた人

ちなみに厚生労働省では「青少年雇用機会確保指針」において、「卒業後3年以内は新卒扱いとして応募できるようにすること」との方針を設けています。

一度でも正規雇用で就職経験がある人は「第二新卒」、一度も正規雇用されていない場合には、卒業後3年以内は「新卒」、3年経過すると「既卒」となります。

あなたが「第二新卒」なのか「新卒」「既卒」なのかを確かめた上で、本記事を読み進めてください。

第二新卒で転職する5つのメリット

社会人になって、「思っていた環境と異なる」「自分のキャリア形成に適さない」など、様々な理由で転職を考えるタイミングはあるでしょう。

第二新卒を「強み」にして転職するための、5つのメリットをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

人手不足の補充に採用されやすい

第二新卒は、人手不足を補うために採用されるメリットがあります。

多くの企業では人手が不足しており、特に若手人材の確保に苦戦しているため、若いだけで採用されるケースもあります。

第二新卒の強みは?
  • 企業に就職した社会人経験がある
  • 基本的なビジネスマナーが身についている
  • 社員研修のような教育を行う必要がない

第二新卒は入社後すぐに業務に入れることが期待され、人手不足の企業にとって第二新卒を採用するメリットがあります。

超大手でなければ可能性あり

超大手企業ほど新卒一筋の採用傾向が強いため、超大手でなければ第二新卒は有利に転職できるでしょう。

中小企業やベンチャー企業は、即戦力として活躍できる人材を求めています。

若手を長期で採用したい企業は「第二新卒歓迎」といった募集をかけているため、超大手への転職を希望しない限り、第二新卒での転職はメリットがあります。

プログラミングなど手に職をつけるチャンス

第二新卒として転職することで、プログラミングなど新たなスキルを身につけるチャンスがあります。

現在の業務にこだわらず、転職を機にキャリアチェンジが可能です。

手に職をつけやすい職種とは?
  • プログラマー
  • インフラエンジニア
  • マーケティング
  • Webデザイナー
  • 営業

第二新卒は若くクセがついていないこともあり、プログラミングやデザインなど、転職により新たな能力を発揮する機会が得られます。

未経験でも転職できる

第二新卒で、未経験の業界や職種へのチャレンジは十分可能です。

企業が第二新卒に求めているものは、新卒と大きな違いはなく、若さややる気です。

  • 若いため、新しい環境になじめる
  • 仕事内容をすぐ吸収できる
  • 柔軟性や成長を期待できる

現時点での経験やスキルを必要とされないため、新たな環境で経験を積み、キャリアを広げることができます。

つまり第二新卒は、未経験の職種・業界に転職しやすいため、「未経験歓迎」の求人に積極的になるべきと言えます。

責任が重くない

一定の社会人経験を積んでいる第二新卒であっても、転職後すぐは責任の重い仕事を任されることはありません。

新たな環境や業務で経験を積みながら、長期的に実績を上げていくことを求められます。

第二新卒は重責を追われることは少ない点はメリットです。

ただし、待遇面においては新卒と同程度に留まる場合が多いため、内定時には給与面の確認は必須となります。

第二新卒で転職する4つのデメリット

転職を検討する上で、第二新卒が転職するデメリットは必ず確認しておきましょう。

特に新卒で入社してから数ヶ月後に退職した場合、理由次第では「また辞める可能性がある」と疑われる場合があります。

第二新卒で転職するデメリットを4つご紹介しますので、必ず読んでおきましょう。

超大手はむずかしい

超大手企業は新卒採用を重視している傾向があり、第二新卒としての転職は難易度があがります。

仮に第二新卒で転職できたとしても、幹部候補にはなれないなど、新卒者とは異なるキャリアプランとなることもあります。

もしあなたが今超大手企業に就職しているなら、経験を積んでから中途採用で他の超大手を狙う方法がおすすめです。

すぐ辞める人と思われて選考通過しにくい

初めての就職を短期間で辞めた経歴から、「すぐに辞める人だ」と思われ、選考を通過しにくいデメリットがあります。

面接では多くの場合、「どうしてすぐにやめたんですか?」と退職理由を聞かれます。

転職の動機をポジティブに変換し、明確な退職理由を事前に考えるなど、選考通過するための対策が必要です。

今の会社を辞めるタイミングがわからない

第二新卒は、まだ社会経験が短いため、「現在の会社をいつ辞めるか」「そもそも辞めていいのか」など、辞めるタイミングを判断するのは難しいでしょう。

早すぎると経験不足に、遅すぎると第二新卒としての転職のきっかけを失う可能性もあります。

第二新卒は初めての転職となり、他の会社と比較することもできません。

現に辞めて後悔する人もいるため、勢いで優良企業を辞めてしまうことがないよう、注意が必要です。

転職活動が孤独になりがち

一部の大学では利用できるケースもありますが、基本的には大学のサポートセンターも利用できず、第二新卒の転職活動は孤独になりやすいでしょう。

新卒時と違い学生のような集団で就活をするわけではありません。

初めての転職活動は、ストレスや不安を感じることも多いため、サポートしてもらえる第二新卒向けの転職エージェントを利用しましょう。


第二新卒におすすめの転職サイト【求人数・サポート】比較表を確認したい方はこちらをご覧ください。

第二新卒は自己分析が大きなカギ

転職が初めての第二新卒は、自己分析が転職を成功させる大きなカギとなります。

自己分析で自分を知ることができれば、どんな仕事が向いているのかわかるため、ぜひ自己分析を徹底しましょう。

自己分析の手順と便利な自己分析ツールをご紹介していきます。

自己分析の手順と自己分析ツール

第二新卒が自己分析する手順

自己分析を徹底すると、漠然としている志望動機や書きにくい自己PRを作成しやすくなります。

新卒と第二新卒では社会経験が異なり、自己分析の順序が変わるため、第二新卒が自己分析するときの手順を解説します。

第二新卒が自己分析する手順
  • 退職・転職する理由を明確にする                    
  • 社会に出て得た経験の洗い出し
  • 仕事に対する価値観の分析
  • 将来のビジョンを想像する
  • 自己分析結果を言語化する

             

退職・転職する理由を明確にする  

第二新卒として自己分析するときに大事なのは、退職した理由やなぜ転職したいのかです。

退職理由と転職理由を明確にすることで、転職先が選びやすくなります。

  • 朝早いのが苦痛⇢どんな環境で働きたいか
  • 営業周りをするのが嫌⇢どんな仕事がしたいか

退職や転職の理由は、面接でも聞かれることが多いため、明確にしておきましょう。

社会に出て得た経験の洗い出し

第二新卒者はすでに社会に出た経験があります。

短期間で、小さな成功体験しかなかったとしても、社会に出た第二新卒だからこそ得た経験です。

面接時にあなたの強みとして、アピールする準備をしておくことをおすすめします。

仕事に対する価値観の分析

社会人として仕事に就くと、学生時代のアルバイトとは異なる、仕事の価値観を感じたのではないでしょうか。

新卒のときには簡単に就職先を決めてしまっていても、再就職先に求めるものは変わったはずです。

転職する際は、あなたが仕事に求めるものが具体的になっており、失敗しにくくなるでしょう。

将来のビジョンを想像する

将来どうなりたいのかを想像することで、どうすべきかが見えてきます。

最終的に成し遂げたいことを具体的にできれば、面接時にもしっかりアピールできます。

自己分析結果を言語化する

順を追って自己分析した結果を、他の人に伝わるように言語化していきます。

自己分析の目的は、自分を理解すること、漠然としている志望動機や自己PRを明確にするためです。

第二新卒の自己分析は、転職を成功させるために大変重要なため、具体的にわかりやすく作成しましょう。

補足:自己分析ツールを使う

自己分析ツールは、自己理解を深め、自分の強みや弱み、適性などを把握するために役立つツールです。

おすすめの自己分析ツールを3つご紹介しますので、「作成した自己分析が正しいか確かめたい」「うまく自己分析ができない」とお悩みの方は、活用してみてください。

キャリアタイプ診断|doda自己分析ツール

キャリアタイプ診断は、dodaが提供する自己分析ツールです。

あなたの強みや弱み、これまでのキャリアやこれからの働き方、どんな企業風土が向いているかなど、多方面から診断ができます。

診断結果があれば、企業選びを助けるとともに、面接時のアピールポイントの洗い出しも可能となります。

気になる方はぜひdodaのキャリアタイプ診断を受けてみてください。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

才能診断|ストレングスファインダー

ストレングスファインダーは、自己分析に役立つ才能診断ツールで、アメリカのGallop社が開発したものです。

人の資質を34種類に分類し、テストを受けたあなたの結果から上位5つの才能を見つけ出すことができます。

無意識の行動や思考から、強みや才能を理解し、どんな働き方が向いているかを考えるのに大変役立ちます。

ただしテストを受けるためには、書籍の購入またはWebでアクセスコードの購入が必要です。

グッドポイント診断|リクナビNEXT自己分析ツール

グッドポイント診断は、リクナビNEXTが提供している、自分の強みや魅力を見つけ出せる自己分析ツールです。

診断結果は8,500通り以上あり、自分自身の強みを診断してもらえます。

診断結果は自己理解を深めるだけでなく、自己PRや面接対策に活用できます。

なお、リクナビNEXTで転職をする際には、グッドポイント診断の結果を添付してアピールすることが可能です。

第二新卒の平均年収とは?

ここからは、第二新卒の平均年収と各年代ごとの平均年収について、詳しく解説していきます。

あなたの年収は平均より高いのか低いのか、社会の実情を確認し、比較することをおすすめします。

第二新卒世代の平均年収|25歳は320万円

国税庁の「令和3年分 民間給与実態統計調査」の統計結果から見ると、第二新卒世代の平均年収は、男女平均おおよそ320万円となります。

男性の場合は345万円、女性では288万円です。

年齢男女平均男性女性
20〜24歳269万円287万円249万円
25〜29歳371万円404万円328万円
参考:国税庁 令和3年分 民間給与実態統計調査

20代の平均年収は20~24歳では269万円、25~29歳の20代後半では371万円と、20代前半と後半に大きな差があります。

20代前半ではまだ入社仕立ててで給料が低い傾向がありますが、20代後半では経験を積み上げ実績があがり、昇進している人も増えるからでしょう。

年代別の平均年収

年功序列で給料がアップする時代は終わり、近年は転職により年収アップ、キャリアアップする傾向があります。

将来的にいくらの年収を得れば高収入と言われるのか気になっている人もいるでしょう。

国税庁の「令和3年分 民間給与実態統計調査」を元に、年齢別の平均年収を表にまとめました。

年齢男女平均男性女性
20〜24歳269万円287万円249万円
25〜29歳371万円404万円328万円
30〜34歳413万円472万円322万円
35〜39歳449万円533万円321万円
40〜44歳480万円584万円324万円
45〜49歳504万円630万円328万円
50〜54歳520万円664万円328万円
55〜59歳529万円687万円316万円
60〜64歳423万円537万円262万円
65〜69歳300万円423万円210万円
参考:国税庁 令和3年分 民間給与実態統計調査

また、厚生労働省の令和3年 国民生活基礎調査の概況の結果では、日本の世帯年収の平均は423万円です。

第二新卒で転職をして、コツコツと経験を積み上げ年収アップすることで、近い将来平均年収を上回ることが可能となります。

20代の平均年収についてはこちらもご覧ください。

第二新卒の転職で年収をアップさせる方法

新卒で入社した当時は年収にこだわらなかった方も、仕事に慣れてくると「もっと給料が高ければいいのに…」と思うのが一般的です。

「失敗して後悔したくない」「年収アップできる企業に転職したい」など、新卒の就活とは異なる意気込みがあるのではないでしょうか。

ここでは第二新卒の転職で年収をアップさせる方法を5つご紹介します。

給与水準の高い業種へ転職する

転職をして年収アップするには、給与水準が高い業種へ転職する方法があります。

現在の会社の給与水準にもよりますが、金融、IT、コンサルティングなどの給与水準の高い業種へ転職するだけで、年収アップの可能性があります。

給与水準の高い主な業種
  • 金融
  • メーカー
  • 建設・プラント・不動産
  • IT・通信
  • 総合商社

第二新卒は、将来の可能性を期待され未経験から採用されるケースも多いため、年収を上げたい人は上記の業種をチェックしましょう。

給与水準の高い職種へ転職する

特定の専門スキルを持つ職種やマネジメント職、営業職など、給与水準が高い職種を目指すことも一つの方法です。

給与水準の高い主な職種
  • 専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)
  • 企画・管理系
  • 営業系
  • 技術系(電気・電子・機械)
  • 技術系(IT・通信)

なかでも営業職は未経験採用が豊富にあり、インセンティブ(追加報酬)により年収アップする場合も多いため、検討してみてください。

職業・業種・企業別年収ランキングはこちらをご覧ください。

基本給や手当など雇用条件を把握して転職する

年収アップをするなら基本給や手当などの雇用条件を把握して転職をすることが大事です。

転職希望の企業の年収を調べる際は、基本給・賞与・手当・退職金制度を確認する必要があります。

手当や制度手当の内容
時間外手当(残業手当)通常の労働時間を超えて働いた場合に支給される手当
休日出勤手当休日働いた場合に支給される手当
深夜残業手当午後10時から午前5時までの時間帯に働いた場合に支給される手当
通勤手当自宅から会社までの交通費として支給される手当
住宅手当住宅費用を補助する目的で支給される手当
資格手当会社が認めている資格を取得した場合に支給される手当

上記の他にも、扶養手当(家族手当)や出張手当など、支給される手当は企業ごとに異なります。

たとえ基本給が低くても、手当が支給されることで大きな年収アップに繋がる場合もあるため、必ず確認しておきましょう。

転職エージェントに給与交渉を依頼する

提示された金額をあげるために、転職エージェントのプロのコンサルタントに給与交渉を代行してもらいましょう。

自分からは言い出せない金銭面の交渉は、エージェントのサポートにより有利に進むことがあります。

面接時には伝えることができなかった強みや経験、企業への思いを、あなたにかわってアピールしてもらえます。

第二新卒者は基本的には初めての転職となるため、転職エージェントに給与交渉を依頼すると良いでしょう。

第二新卒におすすめの転職エージェントはこちらからご覧ください。

大手企業一覧|第二新卒を採用している大手に転職する

大手企業は給与水準が一般的には高く、福利厚生も充実しているため、大手企業は年収アップしやすいです。

第二新卒を積極的に採用している企業もあるため、大手企業一覧を確認してみてください。

インフラ・金融JR東日本
日本テレビ
NTT DATA
メーカーソニー
トヨタ
任天堂
コンサルタントアクセンチュア
野村総合研究所
マッキンゼー
サービス系リクルート
サイバーエージェント
Web・SaaS系ヤフー
メルカリ
ZOZO

さまざまな業界の大手企業が第二新卒を積極的に採用しています。

大手企業に第二新卒で転職を検討する場合には、リクルートエージェントなどの大手の総合型転職エージェントを利用することをおすすめします。

「リクルートエージェントの評判」に関してはこちらをご覧ください。

第二新卒者に役立つ転職サイトの選び方

各転職サイトの特性を理解し適切に活用することで、転職活動をより有利に進めることができます。

サイト型とエージェント型の転職サイトの違いを理解し、あなたの転職活動スタイルに適したサイトを選びましょう。

また、サイト型とエージェント型のどちらにも登録すれば、不足するサービス内容を補うことができます。

ここからは、第二新卒者に役立つ転職サイトの選び方を具体的に説明していきます。

サイト型転職サイト|自分のペースで転職活動できる

サイト型転職サイトは、求人情報を閲覧し、自らが応募する形式の転職サイトです。

多種多様な企業の求人情報が掲載されており、自分のペースで、好きなタイミングで転職先を探すことできます。

また、自分で応募したい企業を選べることから、希望にピッタリの求人を見つけられる可能性があります。

しかし、その反面、自分一人で情報収集や応募活動を進める必要があるため、時間やエネルギーが必要な点はデメリットです。

企業との交渉や条件面でのアドバイスなど、専門的なサポートは基本的に受けられません。

エージェント型転職サイト|転職のプロがトータルでサポート

エージェント型転職サイトは、一人ひとりの転職活動を、キャリアアドバイザー等がサポートするスタイルのサイトです。

一般的に「転職エージェント」と言われています。

転職エージェントは、転職市場の動向や求人情報を把握しており、個々の経験やスキル、希望条件に合った求人を紹介することが可能です。

また、エージェントは応募書類の作成アドバイスから面接対策、企業との交渉まで幅広くサポートしてくれます。

「専門的な知識がない人」「転職活動に自信がない人」にとって、非常に有用なサービスです。

しかし、エージェントが提案する求人に限定される場合が多いため、自分で広範に求人を探したい人にはデメリットとなるでしょう。

転職サイトは複数登録して比較する

転職サイトはひとつに絞らず、複数のサイトに登録して求人情報を比較することをおすすめします。

それぞれのサイトには特色があり、異なる情報を得られる可能性があり、より最適な転職先を見つけることが可能でしょう。

自分の転職活動のスタイルや求めるサポートによって、サイト型転職サイトとエージェント型転職サイト、どちらをメインに活用するかを選ぶことをおすすめします。

おすすめの転職サイトをランキング形式でチェックするならこちらをご覧ください。

第二新卒が転職サイトを上手に活用するコツ

第二新卒の転職活動に必要な転職サイトではありますが、使い方次第では、期待通りに転職活動が進まずヤキモキすることもあります。

ここからは第二新卒が転職サイトを上手に活用するコツをご紹介します。

転職の目的を明確にしておく

第二新卒が転職する上で大切なのは、転職の目的を明確にすることです。

新卒の就活時は「漠然と会社を決めてしまった」と後悔している方もいるでしょう。

働く環境の改善や、どんなキャリアを築きたいかを冷静に考える必要があります。

ただ「年収をアップしたい」「キャリアアップしたい」といった曖昧な理由では、適切な求人を見つけることはできません。

自分が転職先に求める基準に優先順位をつけて、明確な目的をもって転職にのぞみましょう。

キャリアアドバイザーを味方につける

エージェント型の転職サイトは、担当のキャリアアドバイザーがつきます。

キャリアアドバイザーを味方につけることで、企業とのマッチングや応募書類の添削など、手厚いサポートが受けられます。

キャリアアドバイザーを味方につけるには?
  • 連絡はできる限り早く返信する
  • 転職活動期間を3ヶ月程度に決めて活動する
  • 転職理由や希望は包み隠さず相談する
  • 応募書類の添削や面接対策など素直に聞き入れる

キャリアアドバイザーも同じ人間ですから、意欲的に転職活動をしている転職者を応援したくなるものです。

求人検索を上手に利用する3つのポイント

転職サイトを利用して求人検索をする場合には、「第二新卒歓迎」や「未経験歓迎」など、あなたに有効な求人を探さなければなりません。

また探した求人については、見るべきポイントがあります。

求人検索を上手に利用するポイントとして、3つご紹介します。

業務内容まで確認する

求人情報は、各企業ごとに業務内容を確認できます。

業務内容に関する記載は、企業ごとに異なるため、しっかり確認してください。

たとえば、「コンサルティング営業」を、横文字で「ソリューション営業」と表記している企業もあり、混乱しやすいです。

わかったつもりで選考を進めてしまうと、入社してから思い描いていた業務との違いに気づき、失敗するケースがあります。

なお、エージェント型転職サイトはキャリアアドバイザーがつくため、企業の内情や業務内容を詳細まで把握しており、気になる点は質問できておすすめです。

エージェント選びに迷ったら、求人数が最大級のリクルートエージェントで相談してみてください。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

週休2日など休日制度を確認する

休日制度は働く環境を大きく左右します。

自分のライフスタイルに合った休日制度を持つ求人を選ぶのがポイントです。

特に注意が必要なのが、「週休二日制」や「完全週休二日制」の言葉の違いです。

週休2日制:1ヶ月に休日の週が1回以上ある休日制度のこと

完全週休2日制:毎週必ず2日間の休みがある休日制度のこと

一見すると同じようですが、完全週休2日制は土日が休み、週休2日制は土曜の休みが月に1回など、内容は大きく異なります。

ワークライフバランスを重視したい場合はしっかり確認しましょう。

「リモートあり」など勤務環境を確認する

近年コロナ禍以降は、「リモートあり」「フルリモート」「在宅」など、労働環境が大きく変化しました。

リモートワークが可能な求人や、働きやすいオフィス環境を提供している企業があるため、勤務環境を確認してください。

求人には「リモートワークあり」と記載されていても、実際は一部の業務のみに該当され、配属された部署では、「リモートワークをしていない」ケースもあります。

求人情報の記載内容は鵜呑みにしないことがポイントです。

エージェント型転職サイトのキャリアアドバイザーは、企業の人事との結びつきがあり、勤務環境や制度について把握しています。

応募先の情報を正確に知りたい場合は、エージェント型転職サイトを利用して、しっかり勤務環境を確認しましょう。

キャリアアドバイザーの丁寧なサポートが受けられるマイナビエージェントもおすすめです。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

第二新卒が「転職に失敗する理由」と「解決方法」を解説

第二新卒者が転職を考える際、失敗を回避するためには一体どのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。

ここからはよくある「転職に失敗する理由」と、それを克服するための「解決方法」を具体的に説明します。

転職先へのこだわり|ひとつの条件に絞りすぎない

第二新卒が転職に失敗する原因として、転職先に対するこだわりが強すぎることが挙げられます。

転職は転職先の会社選びがポイントです。

一つの条件に絞り込みすぎると、他の可能性を見失ってしまいがちです。

第二新卒が転職に成功するための解決策を試してみてください。

第二新卒が成功するための解決方法
  • 転職先は1つの条件に絞りすぎないこと
  • 給与・業務内容・勤務地・福利厚生などの条件をバランスよくチェックする

なお、応募前に職場見学ができる転職サイトもあるため、迷ったら、実際に職場を目で確認する手もあります。

キャリアアドバイザー任せ|主体的に動くこと

エージェント型転職サイトを利用する場合、キャリアアドバイザー任せにするのも失敗の要因になりやすいでしょう。

キャリアアドバイザーはあくまでサポート役であり、最終的な決定は自己責任となります。

特にエージェント型転職サイトは、転職に成功して内定先から報酬を得るビジネススタイルのため、任せっきりにすると内定が出やすい企業に誘導される場合もあります。

第二新卒が成功するための解決方法
  • キャリアアドバイザーに任せず、主体的に動くこと
  • 自分の希望を伝え、キャリアアドバイザーに誘導されて転職しないこと

キャリアアドバイザーは心強い存在ではありますが、主体的に動く必要があることは心に留めておきましょう。

新卒と同じスタンス|企業研究や自己分析が必要

新卒と同じスタンスで転職活動を行うのは失敗しやすいため、注意が必要です。

第二新卒のココがダメ!
  • 多くの求人に応募してみる
  • とりあえず説明会に参加してみる
  • 書類選考に通過したら本腰を入れる

第二新卒者は一度社会経験を積んでおり、その経験を活かすべきでしょう。

企業研究や自己分析を行い、自分に合った企業を選ぶことが大切です。

第二新卒が成功するための解決方法
  • 将来像を見直し、現状とのギャップを埋めるためにできることを考える
  • 企業研究・自己分析をして、定着できる会社を選ぶ

ツールを利用して自己分析をしたい方はこちらをご覧ください。

求人が少ない時期|6月からの未経験歓迎の求人が狙い目

求人が少ない時期は良い求人が見つけられず、転職活動が長引く傾向があるため、転職時期には慎重になりましょう。

おすすめの転職時期は、未経験歓迎の求人が多く出回る6月からがおすすめです。

6月に増える傾向があるのは、新卒がゴールデンウイーク以降に辞めるケースが多く、第二新卒の採用に乗り出すからです。

第二新卒が成功するための解決方法?

・未経験歓迎の求人が多い6月頃が第二新卒の転職におすすめ

・退職してから転職する場合は、ボーナス支給後の金銭的余裕がある8〜10月頃

転職する時期によっては、良い求人に巡り会えず、転職のタイミングを失うこともあるため、求人が多い時期の転職活動がスムーズでしょう。

ちなみに第二新卒が転職活動を控えるべき時期は3〜4月です。

4月はどの企業も新卒を採用しており、第二新卒向けの求人が減少してしまうからです。

好条件ばかりに目が向く|高望みしすぎない

転職サイトで求人検索する際は、理想の条件にしぼりすぎると転職は難航しやすいです。

好条件の求人は人気があり、求められるスキルや経験が高く、応募してくる求職者もキャリアのある経験者が多いでしょう。

自分のスキルや経験に見合った条件で、まずは現実的な転職活動を行いましょう。

第二新卒が成功するための解決方法
  • 経験が少ないことを前提に条件は絞りすぎない
  • 希望条件をピックアップした後、譲れない条件に優先度をつけて絞り込んでいく

「自分の希望条件がわからない」「何を優先した方がいいのか決められない」と言った方は、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

転職サイトとエージェント機能がどちらも使えるdodaなら、求人探しとキャリアアドバイザーへの相談ができておすすめです。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

転職サイトを利用して第二新卒が転職活動をする流れ

転職サイトを利用して第二新卒が転職活動をする流れをご紹介します。

各転職サイトごとに多少の違いはありますが、おおよその転職サイトの利用流れを理解しておけばスムーズでしょう。

転職サイトを利用して第二新卒が転職活動をする流れ
  • 公式サイトから登録する
  • アドバイザーとの面談
  • 求人紹介
  • 書類添削と面接対策
  • 面接
  • 入社手続きと退職交渉
公式サイトから登録する

各転職サービスの公式サイトから登録します。

あなたの基本情報や希望する勤務地などを入力します。

登録自体は1分程度で完了し、後日登録完了のメールが届きます。

アドバイザーとの面談

エージェント型転職サイトの場合は、キャリアアドバイザーによる面談が実施されます。

希望条件・勤務地・転職時期等の求人紹介に必要な情報を伝えます。

面談の方法は各転職サイトによって異なりますが、来社・電話・メール・LINE等で面談は行われます。

なおサイト型転職サイトの場合は、面談は不要ですので、登録後求人検索を利用して求人を探しましょう。

求人紹介

エージェント型転職サイトであれば、面談で伝えた条件や希望を元に、あなたに適した求人を紹介してもらえます。

複数のエージェントに登録をしておくと、紹介される求人を比較できて効率的です。

また転職活動をスピードアップしたい方は、転職サイトで自力で求人を探しつつ、エージャントからの求人紹介を待つ方法もおすすめです。

書類添削と面接対策

応募する企業が決定したら、履歴書や職務経歴書を作成します。

エージェント型転職サイトの場合は、履歴書・職務経歴書の添削や、応募先の企業に合わせた書類作成をサポートしてもらえます。

書類の作成に自信がない方は、エージェントのサポートがあれば安心です。

面接

無事に書類選考に通過したら、面接に進みます。

エージェント型であれば、面接の日程調整から面接対策までサポートをしてもらえます。

直接企業とやりとりをしなくて良いため、現職をしながらでも比較的転職活動はスムーズに進めるでしょう。

ただしサイト型の場合は、面談日の調整などあなた自身が行う必要があるため、多少手間取るかもしれません。

入社手続きと退職交渉

内定が決定したら、勤務開始日を決めましょう。

エージェント型は担当者が企業と勤務開始日の調整を行うため、任せましょう。

面接時に伝えきれなかったこと、給与交渉なども行ってもらえます。

サイト型の場合は、企業とのやりとりをご自身で行い、勤務日を決めてください。

第二新卒が利用すべきサイト&転職アプリ

第二新卒者が転職活動を行う際には、転職アプリや便利なツールを活用しましょう。

企業の評判や口コミを調査できたり、あなたの市場価値を確かめられたりできておすすめです。

第二新卒者におすすめのサイトとアプリを3つご紹介します。

OpenWork(オープンワーク)|企業の口コミサイト

OpenWork(オープンワーク)のおすすめポイント
  • 実際に企業で働く社員や、元社員による口コミを掲載
  • 年収・残業・業績など必要なデータが蓄積されている
  • 約10万件の求人情報から求人探しも可能

OpenWork(オープンワーク)は、就活・転職に使える求人と企業の口コミ情報サイトです。

応募したい企業の働き方や評価制度など、実際に働いている社員や元社員にしかわからない情報を知ることができます。

オープンワークでは、以下の8項目のレーダーチャートがあり、他の企業との比較が簡単にできます。

  • 待遇面の満足度
  • 人事評価の適正感
  • 法令遵守意識
  • 人材の長期育成
  • 20代成長環境
  • 社員の士気
  • 風通しの良さ
  • 社員の相互尊重

働く環境を様々な面で把握できるため、転職先とのミスマッチが防げるはずです。

特にエージェントに頼らず、自身で転職活動をしている方は、利用する価値が高いでしょう。

企業選びがうまくできないと迷った時には、ぜひ活用してみてください。

運営会社オープンワーク株式会社
対象全世代
サービス企業の口コミ情報サイト
公式サイトOpenWork

ミイダス|転職市場価値診

OpenWork(オープンワーク)のおすすめポイント
  • 無料の「可能性診断」で自分の市場価値を測定できる
  • 企業から直接スカウトが届く
  • ピッタリの仕事を効率的に探せる

ミイダスは、人材サービスのパーソルグループ系企業が提供する、転職市場価値診断アプリです。

無料の「可能性診断」は、簡単な質問に答えていくだけで、自分の市場価値を測定できます。

判定結果から、あなたが活躍できる可能性の高い会社から直接スカウトが届きます。

その他、市場価値診断以外にも、転職に役立つ以下の機能が無料で利用可能です。

・コンピテンシー診断:スカウトが届くことがある

・バイアス診断ゲーム:思考の偏りやくせがわかり、誤った判断を避けやすくなる

ミイダスラップ:自分の強みや特性を言語化しやすくなる

「自分のレベルがわからない」「自分の強みを知りたい」と言った方は、まずはミイダスの無料のサービスを利用してみましょう。

運営会社ミイダス株式会社
対象全世代
サービス市場価値診断ができる転職サイト
公式サイトミイダス

履歴書カメラ|履歴書用写真撮影アプリ

OpenWork(オープンワーク)のおすすめポイント
  • スマホで履歴書用写真が撮影できる
  • コンビニで手軽に現像可能
  • iPhone・androidどちらでも使える

履歴書カメラは、リクルートが提供している、簡単に履歴書用の写真が撮影できるアプリです。

iPhone・androidどちらでも利用可能で、無料でダウンロードできます。

スマホで撮影できるため、インスタント撮影機より手軽で料金も安いのがメリットです。

肌補正など簡単な修正もできて精度のよい履歴書用写真が撮影できます。

写真データは履歴書以外にも、マイナンバーや各種証明書にも使えるため、この機会にダウンロードしておくことをおすすめします。

運営会社株式会社リクルート
対象App Store:4歳以上
Google Play:全年齢
サービス各種証明写真撮影・保存
公式サイト履歴書カメラApp Store

第二新卒の転職に関するよくある質問

第二新卒の転職に関するよくある質問をQ&Aにまとめました。

疑問を解消して転職活動を行うために、ぜひ最後まで読んでみてください。

第二新卒の転職に関するよくある質問
  • 第二新卒が人気な理由は?                               
  • 第二新卒とは就職していない人のこと?
  • 第二新卒はもったいないと言われる理由は?
  • 第二新卒はやめとけと言われる理由は?
  • 第二新卒とは最低何ヶ月最低何年?
第二新卒が人気な理由は? 
第二新卒は一度社会人経験があり、基本的なビジネスマナーや職場でのコミュニケーションスキルを有しているため、人気があります。
また、初めての就職で失敗した経験から、自分が求めていることを明確にしている人が多いため、企業からは即戦力として評価されます。
第二新卒とは就職していない人のこと?
第二新卒は新卒で一度就職した事がある人で、基本的には入社後3年以内に退職して再度転職活動を行う人を指します。
第二新卒はもったいないと言われる理由は?
「もったいない」と言われる理由は、初めての就職で得た経験やスキルを活かせずに退職してしまうからです。
ポテンシャルが十分に発揮できない可能性があるため、もったいないと言われる場合があります。
第二新卒はやめとけと言われる理由は?
一度退職した経歴が「すぐ辞めてしまうかも」と、企業側から見て雇用リスクと見なされる可能性があるからです。
初めての就職でうまくいかなかった経験を、再就職先で活かすことができればリスクにはなりません。
第二新卒とは最低何ヶ月最低何年?
第二新卒は、一般的には新卒で入社した会社を入社後3年以内に退職し、再度転職活動を行う人です。
ただし、第二新卒の定義は固定されているわけではなく、企業や業界により多少異なります。

本記事では、第二新卒におすすめの転職サイトと転職に役立つ情報をまとめてご紹介しました。

転職サイトでは第二新卒歓迎の募集があり、経歴よりポテンシャルや人柄重視で採用されるケースがあります。

第二新卒の初めての転職は、転職エージェントのキャリアアドバイザーを味方につけて転職を成功させるのが一番効率的です。

あなたにぴったりの転職エージェントを利用して転職を成功させましょう。

まず、手っ取り早くおすすめの転職サイトを知りたい方は、以下の3社を利用しましょう。

大好評の3社強み・特徴公開求人数
(非公開求人数)
公式サイト

リクルートエージェント
求人数が圧倒的に多い約363,000件
(約227,700件)
リクルートエージェント
に無料登録する

doda
サイトとエージェント機能どちらも使える約234,700doda
に無料登録する

マイナビエージェント
各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍約49,900件マイナビエージェント
に無料登録する

より自分にマッチした転職エージェントや転職サイトを探したい方は、以下の項目からチェックしてみてください。

第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント一覧

転職サービス選びに迷ったら、圧倒的な求人数を保有するリクルートエージェントもおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<