仕事でストレスを感じる5つの原因と対処法を解説!それストレスサインかも?

仕事量が多すぎてストレス

気を使う職場にストレスを感じる

厚生労働省の調査では、仕事で強い不安やストレスを感じている労働者は53.3%と公表しています。

多くのストレスは、主に仕事量や質など業務に関するストレスと職場の対人関係などが原因となります。

今悩まされている仕事のストレスを放置していると、心身に影響が出てしまうこともあり、対策が必要です。

仕事のストレスをゼロにすることは難しいかもしれませんが、ストレスと上手に向き合えるコツはあります。

そこで本記事では、仕事のストレスの原因を突き止めるとともに、ストレスの対処法を解説します。

またストレスがピークと感じる方に向けて、休職や転職など、気持ちを切り替えてストレスを解消する方法も紹介しますので、最後までご覧ください。

仕事のストレス ざっくりまとめると

迷ったらアドバイザーの求人紹介やオファーが届くdodaに登録するのもおすすめです。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

目次 開く

  1. 仕事(職場)のストレスをデータから解説
  2. ストレスサインとは?
  3. 仕事(職場)でストレスを感じる5つの原因
  4. 仕事でストレスを感じやすい人の特徴
  5. 仕事でストレスをためない5つのコツ
  6. 職場のストレスの放置は危険?解消する3つの方法
  7. 転職を迷う方向け!みんなの転職理由を調査
  8. ストレスの少ない仕事探しにおすすめの転職サイト・エージェント3選
  9. 仕事でのストレスによくある質問
  10. 仕事のストレスは原因を確かめて見過ごさないようにしよう!
目次へ

仕事(職場)のストレスをデータから解説

仕事(職場)のストレスは原因を把握することが重要です。

厚生労働省の令和3年労働安全衛生調査(実態調査)の結果によると、「現在の仕事や職業生活に関することで、強い不安やストレスとなっていると感じる」労働者の割合は53.3%です。

正社員や契約社員、パートなど就業形態別で見た、職場のストレスの原因の割合は以下の通りです。

正社員契約社員パート派遣
仕事の量43.2%17.9%37.8%28.1%
仕事の質36.0%17.2%22.9%12.1%
仕事の失敗、責任の発生等34.5%33.9%28.4%27.2%
対人関係
(セクハラ・パワハラを含む)
24.8%18.4%36.0%20.0%
役割・地位の変化等
(昇進・昇格、配置転換等)
20.4%9.3%4.7%7.2%
会社の将来性21.8%10.4%18.0%17.5%
顧客、取引先等からのクレーム18.4%11.5%15.3%7.4%
雇用の安定性9.0%17.7%26.7%65.0%
参考:就業形態別にみた強いストレスの内容別労働者割合

正社員の場合、「仕事の量」が43.2%と最も多く、次いで「仕事の失敗、責任の発生等」が33.7%、「仕事の質」が33.6%と続きます。

仕事量」に対するストレスはどの就業形態でも高い傾向がありますが、契約社員の場合は「仕事や責任」などのプレッシャーが原因の場合が多いようです。

仕事をしている大半の人は、総じてストレスを感じながら仕事を行っているのが実情です。

ストレスサインとは?

「最近よく眠れない」「ちょっとしたことでイライラする」のは、ストレスサインかもしれません。

仕事のプレッシャーや対人関係など、「こんなことで?」という小さなストレスの積み重ねが、ストレスサインとして現れます。

心身から発せられるSOSとして、早期に気づくことが大切です。

厚生労働省のこころの耳は、職場のメンタルヘルスに関する情報や不調、過重労働など健康障害に関する相談窓口を設置しているポータルサイトです。

ストレスに悩んでいる方はぜひ活用してください。

ここからは実際にどんなストレス症状が出てしまうのか、心理的・身体的サインについて解説します。

気になる症状がストレスによるものなのかチェックしてみましょう。

心理的サイン|イライラしやすいと感じたら注意

心理的なサインには、活気が出ない、イライラする、不安に感じる、などがあります。

以前はもっと「イキイキしていた」「やる気があった」などと振り返ると、変化に気づけるでしょう。

心理的サインはこんな症状
  • 感情のコントロールができない
  • 急に涙が出てくる
  • 感覚が過敏になり、驚きやすくなる
  • 不安や緊張を感じやすくなる
  • ちょっとしたことでイライラする
  • 脱力感、無気力状態により気分が落ち込み、やる気が出ない

上記の症状があるのなら、注意が必要です。

本記事では、ストレスをためないコツを5つご紹介しているので、ぜひそちらもご覧ください。

身体的サイン|寝つきが悪いなど睡眠障害は注意

 身体的なサインは、頭痛、肩こり、動悸や息切れ、不眠などさまざまな症状があります。

身体的サインはこんな症状
  • 頭痛、腰痛がする
  • 寝つきが悪い、何度も目が覚める
  • 動悸、息切れがする
  • めまい、耳鳴りがする
  • 食欲不振、食欲増進
  • 腹痛、下痢、便秘

特に身体的な症状として、寝つきが悪く、眠りが浅く、良質な睡眠が取れないことが挙げられるでしょう。

睡眠の低下は職場でのパフォーマンスに影響を及ぼし、成果が上がらず自信を失うなど、負のループに落ちやすくなります。

その他、耳鳴りや頭痛などの症状すべてがストレスが原因だと言い切れませんが、不調を感じる場合には休暇を取るなど気分転換も必要です。

厚生労働省の5分でできる職場のストレスセルフチェックを定期的に行うことで、早期にストレスサインに気づけます。

仕事(職場)でストレスを感じる5つの原因

なぜ仕事や職場で多くの人はストレスを感じてしまうのでしょうか。

ここからはストレスを感じる原因について解説します。

仕事量の多さ

仕事のストレスの中でも多くの人が悩まされているのが、仕事量の多さです。

「周囲と比べて自分ばかり…」「多すぎて納期に間に合わない…」などストレスに感じるケースです。

仕事が終わってもまた次の仕事、休みたいのに休めないなど、ストレスフルな精神状態になりやいでしょう。

適正な仕事量を判断することが難しいこともあり、仕事量の多さがストレスの原因となっているのは事実と言えます。

失敗などのプレッシャー

仕事のストレスとして、失敗などのプレッシャーも多くある原因です。

・上司の期待が大きい

・未経験の仕事で失敗するかも

・ミスが大きな弊害をもたらす

・周囲からダメな人と思われたくない

上記のように「失敗することへの恐れ」や「期待に応えられない」プレッシャーなど様々です。

「ミスしたら致命的」「自分の能力以上の仕事とわかっているけれどミスしたくない」といった状況は、ストレスフルになるでしょう。

適度なプレッシャーは、逆に自己成長やモチベーションを上げる場合もありますが、抱えきれないプレッシャーで潰れてしまわないよう注意が必要です。

職場の人間関係

仕事でストレスを感じる原因には、スムーズにいかない人間関係もあります。

・噂話ばかりして働かない人がいる

・語気が強くコミュニケーションが取りにくい

・相性が合わない人と同じプロジェクト

・上司のパワハラやモラハラ

どんなに健全であっても、職場の人間関係がこじれることはストレスに繋がります。

人間は相性があるため合う人合わない人がいたり、誤解や詮索などめんどうな人間関係がうっとうしく感じられたりするでしょう。

いつもは快活に笑い飛ばせても、他のストレスと重なる、合わない人が複数いる場合、深刻なストレスに発展することもあります。

仕事をやめたいと感じる原因を読んでみたい方はこちらをご覧ください。

役割や地位の重責

仕事でストレスを感じる原因には、役割や地位の重責と言った問題もあります。

・責任者としてプロジェクトを進行する

・大事な商談の責任を負う立場にいる

・重い仕事が同時進行している

・部下の責任を取る必要があり

リーダー職のポジションを任せられたり、事業の重要な役職に就いたりすることで、重責がストレスとなります。

立場が上がるほど、相談できる人が限られ、ひとりで抱え込んでしまう人が多い傾向です。

漠然とした将来への不安

将来への不安や仕事のやりがいがない場合に、漠然とした不安にかられ、ストレスとなることがあります。

将来を不安に感じやすい主なケースは以下のとおりです。

・収入が少ない

・やりたい仕事ができない

・友人や同期が昇進・昇給している

・毎日が退屈でつまらない

収入の少なさや周りとの差など、自分の理想と現実にギャップを感じ、ストレスとなっているケースも多いです。

朝になると仕事に行きたくないと感じてしまう方はこちらの記事ご覧ください。

仕事でストレスを感じやすい人の特徴

ストレスがゼロという人は少なく、大勢の人が仕事でストレスを感じているのは現実です。

しかし中でもストレスを感じやすい人には元々の性格や傾向特徴があります。

ここからは仕事でストレスを感じやすい人の特徴を解説します。

あなたがこれらの特徴にあてはまるかチェックしてみましょう。

責任感が強く、完璧主義な人

仕事でストレスを感じやすい人の特徴は、責任感が強く、完璧主義なところです。

物事が自分の思い描いたと通りにいかない場合、焦りや怒りを感じ、ストレスを感じやすくなります。

たとえば、自分ができないことに注目してしまい、完璧じゃない自分を認められない傾向があります。

ゼロか満点しかない極端な考え方は、仕事でストレスを感じやすい特徴です。

小さなことも気になる心配性の人

仕事でストレスを感じやすい人の特徴に、どんな細かいことでも気になる心配性があります。

心配性の人は「仕事が終わってもミスをしていないか考えてしまう」など、考えても仕方がないことを不安に思ってしまいます。

気になることが多く、念入りに業務を行うことは、完璧な仕事につながるでしょう。

しかし、心配が過剰になるとネガティブになりやすく、仕事のストレスを感じやすくなってしまいます。

負けず嫌いな人

仕事でストレスを感じやすい人の特徴には、負けず嫌いもあります。

負けず嫌いな人は、仕事において力を発揮しそうに思えますが、実は人と競うことでストレスを抱えやすい傾向があります。

他者が仕事で成功することを悔しく感じたり、人に頼らず一人で解決しようとしたり、仕事でストレスを抱えやすいでしょう。

せっかちで気が短い人

せっかちで気が短い性格は、仕事のストレスを受けやすい人の特徴です。

せっかちで気が短い場合、「いつも時間が気になる」「どんなことでも素早くこなしたい」など、自分に対して厳しい面があります。

また他者に対しても厳しくなり、人間関係が円滑に進まずに、漠然とした不安や焦りを感じやすくなります。

仕事ができるにも関わらず、ストレスを抱えやすく、精神的な不調をきたしやすい傾向があるのが、せっかちで気が短い人の特徴です。

感情を表に出しにくい人

感情を表に出しにくい人は自己主張がないため、他人にコントロールされやすく、仕事でストレスを受けやすい特徴があります。

また内向的でおとなしい人も同様で、嫌なことをはっきり口に出せないため、誤解されやすくストレスをためやすい傾向があります。

内心では色々考えていても頭の中だけで完結してしまうため、外に出さずにストレスを溜めがちです。

感情を表に出しにくい、内向的でおとなしい人こそ、実は職場でストレスを溜め込んでいる可能性が多々あるのです。

仕事でストレスをためない5つのコツ

人は知らず知らずのうちに些細な事でストレスを感じるものです。

仕事のストレスが溜まっている場合、それ以上蓄積しないよう、適度にリラックスするなど緊張をときほぐす必要があります。

ここからは仕事でストレスをためないために、だれでもかんたんに試せるコツをご紹介していきます。

ひとりで抱え込まない

仕事でストレスを感じ過ぎないためには、ひとりで抱え込まないことが重要です。

ひとりで悩んでいても解決できることは少ないため、不安や悩みの程度にこだわらず周りの人に相談してみましょう。

「仕事がキャパを超えている」「このペースでは間に合わない」など、声をあげることが大事です。

仕事の愚痴を誰かに聞いてもらうことで、意外に気分がスッキリするケースもあります。

優先順位をつける

仕事量が多くてストレスを感じている人は、一度に全てのタスクをこなそうとするのをやめましょう。

重要度や緊急度の高い順にリストを作成することが有効です。

仕事がたまることがプレッシャーでストレスになる場合は、タスクの優先順位を決めて、目の前の仕事に集中できる環境にすることが大切です。

自分の目標をもつ

目標を見失っていると感じるなら、本来「あなたが何をやりたかったのか」「どうなりたいのか」を明確にしましょう。

「家族を養うだけの収入源を得たい」なら、昇給や昇進を目指す目標があることに気付けるはずです。

「この会社では収入アップが見込めない」と思えば転職する方法もあります。

自分自身の目標を明確にするためにも、今何をすべきか将来の夢や理想について、考えてみてください。

食事・睡眠・運動を意識する

基本的な食事・睡眠・運動などの生活習慣を整えることは、ストレス解消や予防につながります。

食事1日3食、規則正しく食べる
・良質なたんぱく質を摂る
・ビタミンB群、C、E、カルシウムやマグネシウムを摂る
睡眠・温度が低いお湯で入浴する
寝る30分~1時間前からスマホを見ない
・寝室の温度や湿度を調節する
・遮光カーテンで、寝室の光を調節する
運動・1日20分を目安に運動
・体がポカポカするぐらいの軽い運動をする
ウォーキングや軽いジョギングが手軽

すべてを完璧にするのではなく、できることから始めてみましょう。

趣味などに時間を費やす

仕事のストレス解消には、あなたが熱中できる趣味に時間を費やすと良いでしょう。

ストレスをため過ぎないためには、「オン」と「オフ」を切り替えることが大切です。

手軽にできるおすすめの趣味は以下です。

読書・音楽を聴く・映画を観る・ゲームをする・絵を描く・語学の勉強をする等

どれも月並みなものですが、自分の好きなことに夢中になると、仕事のストレスから離れられます。

あなたに合う方法で、リラックスできる時間を増やしましょう。

職場のストレスの放置は危険?解消する3つの方法

職場でのストレスを放置することは、個人の健康維持や仕事のパフォーマンス上において、極めて危険です。

仕事でのストレスを放置すると…
  • 心身の健康を損なうリスクを伴う→健康が維持できなくなる
  • 集中力や判断力、想像力が低下→仕事のパフォーマンスが落ちる
  • 人間関係がこじれたり、職場の雰囲気が悪くなる→職場環境の悪化が増長してしまう

長期にわたるストレスが心身の健康を阻害したり、仕事に悪影響を与えたりしないよう、早期のうちに対策する必要があります。

職場でストレスを感じた時の解消法を3つご紹介します。

上司や信頼できる人に相談する

有益な手段は、まずは上司や信頼できる人に相談することです。

相談しなければ、あなたが感じているストレスに気がつく人が少ないのが職場の現状でしょう。

悩みや不安を共有してこそ、具体的にどうしたらいいかの解決策が見えてきます。

信頼できる人に、率直に助けを求めることで解決に近づくことがあります。

まとまった休暇や休職を検討する

仕事のストレスから開放されるためには、数日休暇を取ったり、しばらく休職したりすることをおすすめします。

ストレスが蓄積されると、精神的な余裕がなくなり、物事の捉え方や考え方が偏りやすくなります。

ネガティブになりやすく、衝動的な行動を取りやすくなることもあるため、一時的に仕事から離れる決断も必要です。

有給休暇や傷病手当金など、労働者に与えられている権利を利用することを検討しましょう。

休暇や休職の取り方

有給休暇は法令で定められている権利です。

職場環境によっては、「予定がないのに休みづらい」と感じる方もいるでしょう。

ムリをすることで重症化したり、長期化したりすれば、回復するハードルはさらに高くなります。

自分自身を守れるのはあなたのみと割り切って、有給休暇を利用してリフレッシュすると良いでしょう。

傷病手当金

心理的サイン、身体的サインとして不調が現れている場合には、休職を検討しなければなりません。

休職中は「給料が出ないから不安」と思う方もいるでしょう。

病気療養によって働けない場合には、健康保険組合から傷病手当金を受給することができます。

受給条件はありますが、傷病手当金は生活費の一部となり、休職中の心身の回復に務めることが可能となります。

健康保険組合や産業医等に相談してみてください。

改善が見込めなければ転職も検討する

ストレス解消をいくつも試みても回復の兆しが見られない場合、転職を検討すると良いでしょう。

職場にかじりついていても、「月曜日がツラい」「会社を辞めたい」などと、ナーバスな気持ちがつのるものです。

退職は大きな決断となりますが、問題解決への近道でもあります。

衝動的な退職は会社に迷惑をかけるため、どの道を進めば納得できるのかよく考えながら転職活動を始めることをおすすめします。

転職が不安な方には、求人数が多く、アドバイザーの丁寧なサポートが受けられるリクルートエージェントがおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

転職を迷う方向け!みんなの転職理由を調査

転職を迷いなかなか決断できない人もいるでしょう。

他の人は「どんな理由で仕事を辞めたのか」「どんな悩みがあって転職を決断したのか」気になりますよね。

職場の環境は一人ひとり異なり、性格も違うため、仕事を辞めたい理由もさまざまではあります。

厚生労働省 令和3年雇用動向調査結果 からみた、転職入職者が前職を辞めた理由の割合は、以下のとおりです。


その他(個人的な理由)や定年退職等を除くと、男性上位は「人間関係の不満」「収入が少ない」「労働時間の条件が悪い」となっています。

同様に女性の場合では、「労働時間の条件が悪い」「人間関係の不満」「収入が少ない」です。

順位は多少異なるものの、男女ともに理由はほほ同じという結果でした。

あなたが仮に辞めるとしたら、理由は転職経験のある先輩方と同じでしょうか。

仕事を辞めて転職すべきかは自分自身で判断しなければなりませんが、この結果が転職への後押しとなるかもしれません。

ストレスの少ない仕事探しにおすすめの転職サイト・エージェント3選

転職を考えている方は、転職先ではストレスに悩まされたくないですよね。

ストレスの少ない仕事探しには、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントはキャリアアドバイザーのサポートがあり、企業の内部事情を持っている場合があります。

ストレスの少ない仕事探しにおすすめの転職サイト・エージェント3社ご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

マイナビエージェント
マイナビエージェント

doda
リクルートエージェント
リクルートエージェント
公開求人6万以上22万以上36万以上
非公開求人1万以上3万以上23万以上
年代20代~30代20代~50代20代~30代
エリア全国全国全国
分野20代・30代総合第二新卒など
20代
※2023年12月時点

その他の転職エージェントの情報はこちらをご覧ください。

マイナビエージェント|20〜30代の転職未経験者に強い

詳しい口コミは「マイナビエージェント 評判」を確認
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20代・30代の転職に強い
  • 中小企業の独占案件が豊富
  • 転職未経験の方も安心できるサポート体制

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

20代から30代前半に強みがあり、応募書類の添削や面接対策のサポートなど第二新卒のサポートも手厚いため、転職未経験者が頼れるエージェントと言えます。

また、企業の担当アドバイザーが在籍しているため、労働環境や職場の雰囲気などの目に見えない情報も知ることが可能です。

転職先でのストレスを最小限にするためにも、事前に企業の実態は知っておくべきでしょう。

基本情報
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約57,000件
非公開求人数約14,500件
対応エリア全国
対応職種IT系技術職
営業職
機械・電気系技術職
金融系
不動産・建築職
医薬・医療系職
販売・サービス系職
クリエイティブ職
企画・管理系職など
実績2024年オリコン顧客満足度®︎調査 転職エージェント第1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月時点

なおマイナビエージェントは、ITや通信、メーカー系に強いため、ITや通信業界の経験のある方には特におすすめです。

第2新卒や30代前半で転職を検討するなら、マイナビエージェントに登録してみてください。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

doda|40代などキャリア層の求人が豊富

詳しい口コミは「doda 評判」を確認
dodaのおすすめポイント
  • 大手企業から中小・ベンチャーまで幅広い求人
  • キャリアアドバイザーが企業との交渉をしてくれる
  • 年収査定で給与相場が分かる

dodaは「パーソルキャリア株式会社」が運営する転職エージェントです。

求人数が豊富で、その数は公開・非公開求人合わせると「約25万件以上」です。

業種・職種ごとの専任のキャリアアドバイザーがマッチングを行うため、40代のキャリア層の転職も安心して任せられます

転職相談や求人紹介、面接対策などサポートが手厚く、キャリアアドバイザーが企業との交渉もしてくれます。

転職に踏み切るか迷っている場合でも、利用料金は完全無料で、登録後も費用は一切かからないため気軽に登録してみてください。

dodaの基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約226,900件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業職
企画・管理
事務・アシスタント
技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)
技術職(組み込みソフトウェア)
技術職(機械・電気)
技術職・専門職(建設・建築・不動産・プラント・工場)
技術職(化学・素材・化粧品・トイレタリー)
技術職(食品・香料・飼料)
医療系専門職
金融系専門職
専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)
販売・サービス職
クリエイター・クリエイティブ職
公務員・教員・農林水産関連職など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年12月時点

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

リクルートエージェント|求人数が圧倒的に多い

詳しい口コミは「リクルートエージェント 評判」を確認
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 公開求人と非公開求人59万件以上
  • 業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • ハイレベルな転職サポートを受けられる

リクルートエージェント は「株式会社リクルート」が運営する転職エージェントです。

求人数が圧倒的に豊富で、公開求人・非公開求人を合わせると「59万件以上あります。

数多くの求人から選択できるため、理想の条件を妥協しなくても良い求人と巡り会えるでしょう。

また、業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍しているため、あなたの強みや適正にマッチしたキャリアプランの提示に期待できます。

豊富な支援実績からハイレベルな転職サポートを受けられるため、転職に失敗したくない方におすすめです。

多くの求人に目を通してみたい方は、リクルートエージェントに登録してみてください。

基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約382,000件
非公開求人数約334,000件
対応エリア全国
対応職種営業・販売・カスタマーサービス
企画・マーケティング・経営
管理・事務 物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ
SE・ITエンジニア
エンジニア(設計・生産技術・品質管理)
建築・土木・設備
医療・医薬・化粧品
その他(講師・調理師・介護など)
実績転職支援実績No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月時点

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

仕事でのストレスによくある質問

仕事でのストレスに関しては疑問がつきないでしょう。

仕事でのストレスに関してよくある質問をQ&Aにまとめましたので、気になる質問はチェックしてみてください。

よくある質問
  • 仕事のストレスの特徴は?
  • ストレス限界サインとは?
  • 仕事のストレスでうつ症状になる?
  • ストレス診断とは?
仕事のストレスの特徴は?
仕事のストレスは、仕事量の多さや職場の人間関係など、仕事をする上で心身に不調をきたす弊害です。
とはいえ、仕事のストレスを皆無にすることはできないため、どうストレスと付き合うかも大事な考え方です。
ただし、休職や転職など、リフレッシュしたり環境を変えたりすることも、長い人生では必要な場合もあります。
ストレス限界サインとは?
「仕事のストレスがやばい」と感じるほどのストレス限界サインは以下となります。

・睡眠障害
・過度のイライラや怒りっぽさ
・気分の落ち込みやうつ症状
・食欲不振や胃の不調

ストレスによるイライラや睡眠障害等を軽減するには、ストレスの原因を特定し、適切な対策を見つけることが大切です。
仕事のストレスでうつ症状になる?
仕事のストレスを長い間放置していると、うつ症状になる可能性があります。
「最近、仕事をするのがしんどい」「職場へ行けない」などが長期間続く場合、一時的な体調不良だけでは済まされません。
うつ病は、気分に影響されて日常生活に支障をきたす「気分障害」といった精神疾患です。
うつ症状を感じたら、まずは内科や診療内科で相談してください。

ストレス診断とは?
ストレス診断は一般的にストレスチェックと呼ばれています。
厚労省やさまざまな機関が発信している、職場でのストレスレベルを診断するものです。

厚生労働省の5分でできる職場のセルフチェックはとても簡単です。
ストレスに関する総評やストレスケアのアドバイスなど、様々な情報が得られるため、ぜひ活用しましょう。

仕事のストレスは原因を確かめて見過ごさないようにしよう!

今回は「仕事でストレス」になる原因や心身に現れる症状、ストレスをためやすい人の特徴やストレスをためないコツなどをご紹介しました。

人生の多くの時間を費やすことになる職場でのストレスは、こころとからだにダメージを与えてしまうこともあり得ます。

今目標を見失っているのであれば、時間を作ってあなた自身と向きあってみましょう。

夢中になれることを探したり、信頼できる人に心の疲れを打ち明けたりするだけで、ストレスが軽減できることもあります。

とはいえ、かかえきれないストレスをリセットするのには、休職や転職が早期の解決につながるケースもあるため、ぜひ検討してみてください。

仕事のストレス ざっくりまとめると

迷ったらアドバイザーの求人紹介やオファーが届くdodaに登録するのもおすすめです。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<