マイナビエージェントの評判はひどい?口コミからサービスの特徴、おすすめできる人まで徹底解説

マイナビエージェント 評判 アイキャッチ

マイナビエージェントで転職したい…

自分に合う会社はマイナビエージェントで紹介してもらえる…?

「紹介を断られる」って聞くけど…本当かな!?

マイナビエージェントは株式会社マイナビが運営する転職エージェントサービスです。

マイナビエージェントについて調べると、良くない口コミを見かけることがあり、登録するか迷いますよね。

とはいえ、マイナビエージェントは利用者の評価が高く、外部の満足度調査においても1位を獲得しています。

気になるマイナビエージェントの求人数や強み、おすすめな人は以下となります。

求人数(公開+非公開)約85,700件(67,000+18,700)
強み・20代・30代向けの案件が豊富
・キャリアアドバイザーのサポートが手厚い
・利用者の満足度が高い
おすすめな人・20代や第二新卒で転職する人
・より専門的な転職サポートを受けたい人
・IT関連など未経験の業種に挑戦したい人

本記事では、マイナビエージェントの利用経験がある方の口コミを徹底調査して、評判やサービスのリアルな実態を確認していきます。

マイナビエージェントで「転職は成功できるか」「登録すべき価値はあるのか」を、詳しく見ていきましょう。

「マイナビエージェントの評判」ざっくりまとめ

転職未経験なら手厚いサポートが受けられるマイナビエージェントがおすすめです。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

目次 開く

  1. マイナビエージェントの悪い口コミ評判
  2. マイナビエージェントの良い口コミ評判
  3. マイナビエージェントの3つのデメリット
  4. マイナビエージェントの5つのメリット
  5. マイナビエージェントの基本知識
  6. マイナビエージェントと他のサイト・エージェントと比較
  7. マイナビエージェントで年収いくらを狙う?業種別平均年収を公開
  8. マイナビエージェントをおすすめしたい人
  9. マイナビエージェントを活用して転職を成功させる方法
  10. マイナビエージェントの登録から入社までの流れ
  11. マイナビエージェントと併用がおすすめの転職サイト・エージェント3選
  12. doda|転職フェアやイベントが多い
  13. マイナビエージェントに関するよくある質問
  14. マイナビエージェントの強力なサポートで転職を成功させましょう
目次へ

マイナビエージェントの悪い口コミ評判

マイナビエージェント_評判_悪い口コミ

まずマイナビエージェントは、非常に満足度の高く、多くの転職者の納得転職を導いた実績のある転職エージェントです。

とはいえ、悪い口コミが多数見受けられるのも事実です。

そこで最初にマイナビエージェントの悪い口コミ・評判をチェックして、それぞれの問題点を解消する方法も合わせて解説します。詳しく確認していきます。

断られる

マイナビエージェントでは「紹介できる求人がない」と、はっきり断られてしまうといった口コミが多数見受けられます。

エージェントに登録をしたところ後日メールで「紹介出来る求人がない」と返信がありました。(一部抜粋)

「あいにく現在弊社にてマッチする求人がなくすぐにご紹介が難しい状況です。」とのことで、面談すらしていただけませんでした。(一部抜粋)

出典:みん評

マイナビエージェントで断られてしまう主な理由は以下の5つです。

  1. 拠点と離れているため
  2. 年齢が高いため
  3. 職歴が無いため
  4. 転職が多いため
  5. 経歴が特殊なため

マイナビエージェントは北海道、宮城、東京、横浜、名古屋、大阪、京都、兵庫、福岡の8ヶ所が拠点となりますが、遠方の場合断られるケースがあります。

登録に年齢制限はありませんが、主に20代の若年層をターゲットのため、年齢が高くて断られることもあります。

職歴なし・無職」「アルバイト経験のみ」「自由業など経歴が特殊」な場合も難しいでしょう。

基準は公表されていませんが、1〜2年で転職を繰り返している場合も、お断りされやすいため注意が必要です。

断られた場合の解決策は?
  • 挑戦する・・・必要なキャリアを積む、行きたい業界の資格を取得するなど
  • 自力で転職活動する・・・企業にエントリーして転職する
  • 他の転職サービスを利用する・・・マイナビジョブ20’s、リクルートエージェントなど

キャリアに自信がない方は、登録者の75%以下で若手に特化したマイナビ20’sがおすすめです。

\履歴書から面接練習まで徹底サポート!/

>>>マイナビジョブ20’sの公式サイトはコチラ<<<

強引にすすめられる

キャリアアドバイザーが、自身の希望とは異なる求人を強引にすすめてくるといった声も多数見受けられます。

結局この求人をオススメしたいだけですよね?っていうぐらいひとつの求人をゴリ押しされました。(一部抜粋)

担当がじぶんのとこの案件に就職させようとしつこく説得してくる(一部抜粋)

出典:みん評

希望とかけ離れた求人ばかり紹介してきたり、ゴリ押しされたりしても、時間のムダでしょう。

強引にすすめられたときの解決策は?
  • 強引な提案には乗らない・・・希望しないことを伝えて、しっかり断る
  • キャリアゴールを明確に伝える・・・面談時に伝えた希望が正確に伝わっているか確認する
  • 人気がある企業は応募が殺到している・・・初動の速さも必要になるため、せかしてくる理由を聞く

自分のキャリアゴールや希望をはっきりと伝え、強引な提案には譲らない姿勢を持つことが重要です。

また、自分自身で求人情報を調べ、具体的な求人をみずから提案することも有効でしょう。

担当の質に差がある

担当者によっては「ひどい」と疑ってしまうような人もおり、サービスの質にばらつきがあるという意見も見受けられます。

担当者によっては満足がいかないと思います。(一部抜粋)

社会人としての言葉のマナーがなっていない。非常に上から目線の話し方。(一部抜粋)

今回初めて利用して不満が多かったので調べてみたら、口コミでは担当の熱意が大きすぎて逆に窮屈だというものが多かったので、多分ハズレの担当だったのだと思う。(一部抜粋)

出典:みん評

担当者の中には、横柄であったり、マナーがなってないなど、不信感をいだいてしまう人も存在するようです。

自分が望む転職を実現するには、担当するキャリアアドバイザーと綿密なコミュニケーションを取ることが大切になります。

担当者の質が悪い場合の解決策は?
  • 気に入らない点はズバリ伝えましょう
  • 担当者を変更してもらいましょう

あなたの転職を成功させるためにも、入社まで伴走してくれる担当者の存在は大きいものです。

改善を求め、それでも変わらなければ担当者を変更してもらうとよいでしょう。

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの質に差があることを理解していれば早期のうちに改善できます。

ちなみに問い合わせフォームから担当者変更を申し出れば、担当者は変えられます。

求人が少ない・質が落ちる

マイナビエージェントの「求人数は少ない」「求人の質が落ちる」など、自分の求める求人に出会えないとの声も多数見られます。

紹介される求人は、自分の希望に合ってないかそれともグレードが落ちる求人(応募者が少ない、企業が小さい、雇用条件が低い、離職率が高い求人)が多いと思う。(一部抜粋)

色々転職サイトのようには見ることも出来ず、担当者が紹介するもののみしかない。(一部抜粋)

出典:みん評

マイナビエージェントは幅広い求人案件を取り扱っていますが、リクルートエージェントやdodaと比較すると、求人数は少ないです。

また幅広い求人案件を取り扱っている中では、質の悪い求人も一定数含まれていることもあります。

キャリアアップを狙う30代や40代以上の方は物足りない印象を受けてしまうかもしれません。

断られた場合の解決策は?
  • 質が落ちる求人だと感じたら・・・はっきり断る
  • もっと多くの求人情報を集めたいなら・・・他の転職エージェントと併用する
  • 自分の求めるハイクラス案件が少ないと感じたら・・・ビズリーチなどハイキャリアのスカウト機能のあるサービスを利用する

ハイキャリア向け転職には自分の市場価値も図れるビズリーチがおすすめです。

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

連絡が途切れる

マイナビエージェントで転職活動を開始したばかりは「担当者が親身」なのに、その後「連絡が途切れてしまう」といった声を複数みつけました。

初動のスピードのみ評価出来る。(一部抜粋)

「これから一緒に頑張っていきましょう!今後のサポートについては後日連絡します!」と言ったっきり一切連絡なく、こちらから気になる求人について質問しても返答無し。(一部抜粋)

職務経歴書の添削を依頼し予約したがいつまで経ってもこなかった。(一部抜粋)

出典:みん評

頼りにしているキャリアアドバイザーからの連絡が遅れたり、いくら待っても連絡が来なかったりすると、不安ですよね。

転職活動のタイミングもありますが、連絡が途切れるケースは主に以下のケースが考えられます。

・希望条件に合う求人がない

・転職の本気度がキャリアアドバイザーに伝わっていない

・キャリアアドバイザーが多忙すぎる


その他、応募した企業の都合で返事ができないケースもあるでしょう。

連絡が途切れることに対する不安を担当者に伝え、定期的に連絡を取り合えるようにすることが重要です。

連絡が途切れた理由ごとの解決策は?
  • 希望条件に合う求人がない・・・条件を広げて再度探してもらう
  • 転職の本気度が伝わっていない・・・他の求職者の後回しにされている場合は、アピールする
  • キャリアアドバイザーが多忙すぎる・・・忙しくて連絡を忘れている場合があるため、プッシュして返事をもらう
  • 応募企業の担当者の連絡まち・・・担当者に進捗状況を聞く
  • キャリアアドバイザーの怠慢・・・担当者の変更を申し出て変更してもらう

様々な要因が考えられますが、連絡が途切れてスムーズな転職が進められないと判断した場合には、他の転職サービスを検討しましょう。

自分に合う転職エージェントを探すならこちらをご覧ください。

マイナビエージェントの良い口コミ評判

マイナビエージェント評判_良い口コミ

マイナビエージェントにはいくつもの悪い口コミ評判が見受けられましたが、ユーザーからの評価を高く受けている転職エージェントでもあります。

その理由は、転職活動の丁寧なサポートや自分のペースで転職活動を進められることなど多岐にわたります。

ここからはマイナビエージェントの良い口コミ評判から、利用者が感じる良い点を見ていきましょう。

求人の質が良い

マイナビエージェントが保有する求人は、品質が高く、多様な業界や職種から選択できる点が評価されています。

複数のサイトに登録していましたが、応募したいと思えるような企業の求人が一番多かったです。(一部抜粋)

出典:みん評

転職活動をして思ったのは各エージェントに特色がすごくあると思った。マイナビエージェント→幅広い
メイテックネクスト→製造業にめちゃ強い
クイック→製造業の営業職に強い
ビズリーチ→管理職以上の求人が多い、年収高め
レイノス→中小企業に強い

出典:X

マイナビエージェントは総合型の転職エージェントであり、公式サイトに公表しているとおり、20代に信頼されている転職エージェント」です。

20代から30代前半の若手向けに特化しているからこそ、「入りたい」と思える企業に出会える機会が多いはずです。

求人数が多いほど選択肢が多いと考えられる一方で、検索してもなかなかマッチした企業に出会えないこともあります。

求人数はさほど多くなくても、求人の質が高いマイナビエージェントは頼れます。

転職活動がスムーズ

マイナビエージェントのサポートにより、転職活動がスムーズに進むとの声が多く寄せられています。

転職が終わった後のサポートもとても良く、気持ちよくキャリアアップすることができました。(一部抜粋)

利用してから2ヶ月で無事に内定を取ることが出来ました。(一部抜粋)

出典:みん評

マイナビエージェントは転職相談から内定まで、細やかなサポートが受けられるのが特徴です。

と同時に、転職活動の効率化を測っているのも特色でしょう。

希望に当てはまる企業は、できる限りリストアップし、複数の企業にまとめて応募する方法を取っています。

1社ずつ応募して不採用になってからまた応募するのでは非効率となるため、同時進行で無事内定まで伴奏してくれるのがマイナビエージェントのフォロー体制と言えます。

サービスが丁寧

マイナビエージェントの利用者はマイナビエージェントの丁寧なサービスは高く評価されています。

初めての転職だったので、20代、第二新卒向けと聞いたマイナビに相談に行きました。担当は若い人で少し不安でしたが丁寧に対応してくれました。(一部抜粋)

親切さにビックリしました。職務経歴書をしっかり作り直してくれ、私の希望条件である安定企業っていう点をしっかり照らし合わせて求人を紹介してくれました。(一部抜粋)

出典:みん評

先ほどマイナビエージェントの担当者さんと面談をしてきました。
経験についての深堀りが多く、選考対策に強みを持っていそうだと感じました。企業側視点で自己PRの伝え方などのアドバイスを貰えたのはありがたかったです。

出典:X

マイナビエージェントの転職満足度の高さは、様々なサービスにあります。

・キャリアコンサルタントの書類添削と面接対策

・業界に特化したリアルな情報を聞くことが可能

・全体求人の8割が非公開求人

求職者一人ひとりの適性を見極め、必要なフォローをしてもらえるため、過不足なく転職活動ができるのがマイナビエージェントの強みでしょう。

その他にも転職エージェント以外のコンテンツが充実しています。

転職に役立つコンテンツ
  • 転職成功ノウハウ
  • 職種図鑑
  • 平均年収ランキング
  • 転職相談会

「転職成功ノウハウ」は、退職から入社まで転職をする時に知っておいた方が良い情報を掲載しているコンテンツです。

転職活動に必要な、書類の書き方・自己PRの方法・円満退社の秘訣など、知っておきたい情報が公式サイトで手軽に読め、転職活動の準備に最適です。

自分のペースを保てる

自分のペースで転職活動を進められると、マイナビエージェントに好印象がある口コミが多数あります。

他者の意見を聞くことができるのが、こんなにも心強いものだとは、使用する前には考えもせず、とても助かりました。(一部抜粋)

求人数こそ劣りますが、無駄に情報量が多くなく、混乱することなくじっくり応募できました。(一部抜粋)

出典:みん評

情報過多にならず、適度にフォローをしてもらえる点が、自分のペースが保持できている理由とのことです。

マイナビエージェントはその他にも、サポート期間の期限がないこともあり、焦る必要がないため、じっくり転職活動に取り組めます。

焦りが失敗につながる場合もあるため、本腰をいれてじっくり向き合いたい方に、マイナビエージェントはおすすめです。

転職未経験なら丁寧なサポートが受けられるマイナビエージェントはおすすめです。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

マイナビエージェントの3つのデメリット

ここからは、マイナビエージェントの口コミ評判からみえる、デメリットを3つご紹介します。

デメリットを理解することで、あなたがマイナビエージェントを利用すべきか判断することができるでしょう。

求人を紹介してもらえない

マイナビエージェントのデメリットには、求人を紹介してもらえず、サービスの利用ができない点があります。

公式サイトのマイナビエージェントに関するFAQには、サービスの提供ができない場合がある旨の説明も記載されています。

マイナビエージェントのサービスが受けられない主な理由は以下のとおりです。

・職歴がマイナビエージェントの基準に達していない

転職回数が多い

・一社ごとの在籍年数が短い

・職務経歴書に記載されている情報不足

・地方での転職活動を希望している

年齢が高い

また、転職への意欲が見られない、希望条件が厳しすぎる場合も断られるケースがあります。

登録の際には、自分のキャリアに見合った条件を検討してみてください。

転職の意欲をしっかり伝えるためにも、登録時は転職希望時期や転職理由、転職で優先したいことなど誠実に入力することが重要です。

初回で断られないためには、希望給与や勤務地は緩めに設定するなど、あまり条件を絞りすぎないことをおすすめします。

ミドル世代・ハイキャリア向きの求人は少ない

ミドル世代やハイキャリア向きの求人が少ない点も、マイナビエージェントのデメリットと言えます。

マイナビエージェントは主に20〜30代の若年層を対象とした、未経験からでも応募可能な求人に強い転職エージェントです。

40代以降のミドル世代、ハイキャリア向けの求人を多く保有していないため、40代以上で年収1,000万円以上の管理職を求める方にとっては十分な求人がありません。

転職エージェントによって得意な年齢層は異なるため、35歳を超える方は30代後半以降に強いエージェントを利用することをおすすめします。

ミドル層向けの転職サイトは以下の記事をご覧ください。

担当者が一方的に進めることがある

マイナビエージェントはサポートが丁寧である反面、熱意が過剰となり一方的に進めようとするところがデメリットとなります。

しかし応募者が殺到する人気の企業は、迷っている時間がありません。

担当者が一方的に進めがちになるケースは以下のとおりです。

・転職意欲があるのか確認したい

人気企業で返事を急ぐ

・常に連絡が取りづらい

・曖昧な返事をしている

・担当者がノルマに追われている

特に現職が多忙で連絡が取りづらい方、受け答えが曖昧な方には、求人元に迷惑をかける事態も想定されるため、多少強引になる傾向があります。

マイペースに転職活動を進めたいと伝えたり、担当者と相性が合わない場合には担当者の変更を希望したり、早い段階で対応しましょう。

マイナビエージェントの5つのメリット

マイナビエージェントは20代や第二新卒向けの求人が充実しており、サポートの丁寧さもメリットです。

ここからはマイナビエージェントの5つのメリットについて詳しく解説します。

20代や第二新卒向けの求人が豊富

マイナビエージェントのメリットは、20代や第二新卒向けの求人が豊富な点です。

公式サイトでは、「20代の転職の方へ」といった若い人に向けた転職ポイントを紹介したり、第二新卒向けの専門サイトを用意したりしています。

マイナビエージェントの登録者プロフィールを見てみると、20代の割合は64.3%と6割以上です。

出典:マイナビエージェントの登録者の年代別の割合

こちらのブラフからわかるように、マイナビエージェントは20代や第二新卒向けの若手や、転職未経験者に強い転職エージェントといえます。

実際に、若手をターゲットとした企業の求人が豊富に揃っています。

サポートが丁寧で充実している

マイナビエージェントは、20代の転職未経験者をサポートすることもあり、丁寧で充実した支援が受けられる点がメリットです。

マイナビエージェントはノウハウのある優秀なアドバイザーを多数採用し、的確な求人紹介だけでなく、レスポンスを迅速に、転職希望者をしっかりサポートします。

各業界に精通したキャリアアドバイザーによるサポートや、営業先企業の詳細情報を教えてもらえる点もメリットでしょう。

特に転職がはじめてで応募書類の作成や面接に慣れていない方にとって、マイナビエージェントの書類添削や面接対策などの充実したサポートは安心材料となります。

幅広い業種・職種の求人情報がある

マイナビエージェントは総合型転職エージェントであり、幅広い業種・職種の求人情報が揃っている点はメリットです。

マイナビエージェントが取り扱う主な業種と職種は以下のとおりです。

・SE・システムエンジニア(IT・通信・インターネット)

・機械/電気・電子/素材等

・営業職

・医療系専門職

・コンサルタント/監査法人/士業関連

・金融専門職

・不動産専門職

・クリエイティブ

・経営/企画/管理/事務

・販売/サービス

・建築設計/土木/プラント/設備等

・その他職種

マイナビエージェントに登録している人の業種と職種の割合は以下をご覧ください。

出典:マイナビエージェントの登録者の経験業種の割合

マイナビエージェントは総合型のエージェントのため、登録している転職希望者の業種は多岐にわたります。

出典:マイナビエージェントの登録者の経験職種の割合

同様に職種においても、営業職や経営・事務系、販売・サービス関連など、さまざまな職種経験者がマイナビエージェントで求人を探しています。

マイナビエージェントに登録している転職希望者は、幅広い業種・職種の求人に魅力を感じていると言えます。

中小企業など独占案件がある

マイナビエージェントのメリットとして挙げられるのは、中小企業や独占案件を豊富に所有していることです。

ちなみに「独占案件」とは、他社では扱っていない、マイナビだけが保有している求人を指します。

独占求人ならではのメリットは、他社からの応募者と競争がないことや、緊急性の高い案件があることでしょう。

また競合のリクルートエージェントなどは広告費が高い傾向があり、広告費予算が少ない中小企業を中心として、マイナビエージェントに多くの求人が集まっています。

知名度が少ないけれど待遇の良い中小企業など、優良の求人に出会えるチャンスがあるのが、マイナビエージェントのメリットと言えます。

面談の利用回数やサポート期間に制限がない

転職エージェントのほとんどは、登録してからサポートが受けられる期限が設けられていますが、マイナビエージェントは期限がありません。

・面談の回数に制限がない

・サポート期間は無期限

転職活動が長期化すると、1回の面談では希望や状況を十分に把握してもらうことができません。

マイナビエージェントでは面談を何度も受けられるため、意思疎通が図りやすく、入社後のミスマッチが防げます。

ちなみにリクルートエージェントは3ヶ月、パソナキャリアは原則6ヶ月、サポート期間に期限を設けています。

マイナビエージェントの基本知識

ここからはマイナビエージェントの基本情報や提供されているサポートの詳細情報を紹介します。

マイナビエージェントの利用を開始する前にチェックしておきましょう。

マイナビエージェントの基本知識

基本情報

マイナビエージェントの基本情報
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約67,000件
非公開求人数約18,700件
対応エリア全国
対応職種IT系技術職
営業職
機械・電気系技術職
金融系
不動産・建築職
医薬・医療系職
販売・サービス系職
クリエイティブ職
企画・管理系職など
実績2023年外部満足度調査転職エージェント第1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
対象エリア北海道・青森・岩手・秋田・山形・宮城・福島・茨城・東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・奈良・和歌山・兵庫・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
営業時間平日:9時30分~20時30分
土曜日 9時30分~17時30分
厚生労働大臣認可紹介13-ユ-080554
2023年11月時点

マイナビエージェントは株式会社マイナビが運営する無料の転職エージェントサービスです。

20〜30代の若手の転職サポートを得意としています。

拠点は北海道、東京、横浜、名古屋、大阪、京都、兵庫、福岡の8ヶ所です。

また、公開、非公開合わせた求人数は、約85,000件ほどとなります。

なお、マイナビエージェントは法令に基づき厚生労働大臣から許認可を得ている転職エージェントです。

厚生労働大臣認可について 

厚生労働大臣認可あり」とは、厚生労働省が設けている規定の審査に合格し、職業紹介事業に関する許可を受けたことを示しています。 

サービスの特徴

転職エージェントを選ぶ際には、エージェントが保有する求人情報の量と質、自分に適したサポートがあるか、そして信頼できるアドバイザーと出会えるかが重要です。

ここからは実際にマイナビエージェントが提供しているサービスの詳細をご紹介します。

転職が初めての方向きの転職サポート

マイナビエージェントのサービスの特徴として一番にあげられるのは、転職未経験者への手厚いサービスです。

登録から内定・入社・アフターフォローまで支援してもらえるため、転職が初めての方は心強いでしょう。

マイナビエージェントのトータルサポートは以下のとおりです。

徹底したサポート体制・職務経歴書のブラッシュアップ
・模擬⾯接
・利⽤回数や期間に制限なく相談可能
夜間・土曜の相談可
・スケジュール調整
・給与などの条件交渉等
応募書類の添削・キャリアアドバイザーが対⾯や電話で対応も可
アピール力のある応募書類の作成援助
徹底した面接対策・⾯接が苦⼿・不得意な⽅向けに模擬⾯接を実施
・受け答え、⾝だしなみ、話す速度や強弱をアドバイス
過去に出た質問の解析等

マイナビエージェントでは夜間や土曜日の相談もできるため、昼間は現職に追われている方も相談しやすい環境があります。

また転職において、「応募書類の通過率は約2割」「1回の⾯接で7割程印象が決まってしまう」と言われています。

いかに準備が必要であるかわかりますよね。

マイナビエージェントは企業ごとの応募書類の着目点や、企業が面接で何を知りたいのかを事前に共有し、準備を整えることが可能です。

転職が初めての方ほど、マイナビエージェントは頼れるエージェントと言えます。

各職種専任の「キャリアアドバイザー」によるサポート

業種・職種別に豊富な専門知識を持つ専任の「キャリアアドバイザー」にサポートしてもらえます。

それぞれの得意分野で培った転職ノウハウをもちあわせ、様々な業界の転職市場に精通しています。

転職エージェントを利用したからと成功するわけではなく、転職後に想像していたキャリアパスと違うなど、失敗する可能性さえあります。

転職が成功したと言えるのは、一人一人が充実した環境で仕事に打ち込めるようになることです。

キャリアアドバイザーが転職の不安や疑問を解決しながら、最適なキャリアプランの実現に向け、後押ししてもらえます。

人事と密接な「企業担当アドバイザー」のバックアップ

キャリアアドバイザーの他にも、企業人事と直接交渉する「企業担当アドバイザー」がいるのも、マイナビエージェントのサービスの特徴です。

企業担当アドバイザーが企業側の人事の要望を吸い上げ、企業が求めている人材を紹介することができるため、マッチング力に定評があります。

実際に顧客満足度調査の転職エージェントで1位の実績がある理由は、この高いマッチングも一つの理由でしょう。

各アドバイザーの仕事
  • キャリアアドバイザー・・・求職者の要望や特質をヒアリングし、適した求人を紹介
  • 企業担当アドバイザー・・・企業の人事担当から求職者の要望をヒアリングし、適した人材をマッチング

マイナビエージェントでは、このように企業と求職者どちらもの意見を大切にするサポート体制が整っています。

自力で転職活動をしてる場合には、企業側の人事担当者の本音を知ることはできません。

内定が取れないなど、転職活動の進捗が良くない方に、マイナビエージェントはおすすめできます。

厚労省認定の「職業紹介優良事業者」で安心できる

マイナビエージェントは、長年に渡る人材紹介・派遣業の実績があり、厚労省の職業紹介優良事業者に認定されています。

厚⽣労働省委託事業「職業紹介優良事業者認定制度」とは?

「経営の安定性」「法令遵守」「利用者満足」など、78項目の審査基準をパスした優良事業者だけに与えられる認定制度のこと

平成26年度から始まった制度で、株式会社マイナビは平成27年度に取得しています。

同様に職業紹介優良事業者に認定されている人材サービスの主な企業は以下となります。

・エン・ジャパン株式会社

・パーソルキャリア株式会社(dodaエージェントサービス)

・株式会社ベネッセi-キャリア(doda新卒エージェント)

また、マイナビエージェントは個人情報の取り扱いにも細心の注意を払っており、⼀般財団法⼈「⽇本情報経済社会推進協会」のプライバシーマークも取得済みです。

転職エージェントを利用すると、「自分の情報が他に漏れてしまうのでは?」と不安になる方もいるかもしれません。

職業紹介優良事業者の認定もプライバシーマークも受けたマイナビエージェントは信頼があり、安心して利用できるでしょう。

マイナビエージェントと他のサイト・エージェントと比較

ここからは株式会社マイナビが運営するマイナビ転職との比較や他のエージェントとの気になる求人数の違いを比較します。

マイナビ転職・他のサイト・エージェントと比較

マイナビ転職との違い

マイナビエージェントは、キャリアアドバイザーが全面的に転職支援をするエージェントです。

一方、マイナビ転職は、あなた自身が求人検索をして、直接応募をする方法となります。

マイナビ転職とマインビエージェントのサービスの違いとそれぞれおすすな人を比較表にまとめました。

マイナビエージェント
マイナビエージェント

マイナビ転職
サポート・キャリアアドバイザーが全面サポート
・応募書類一式をアドバイス
求人票に書いていない情報も収集可能
・サイト内コンテンツ
・大量の企業・求人情報から閲覧
企業への応募
交渉手続き
キャリアアドバイザー本人
求人情報の取得面談後にマッチする求人を紹介してもらう求人検索
スケジュール管理サポート期限なし
→自己のペースでフォローしてもらえる
自己管理が必要
おすすめな人効率良く転職したい人
・不安・悩みを解消したい人
・忙しくてスケジュール管理ができない人
・キャリアを見つめ直したい人
気軽に求人情報を検索したい人
・多くの求人の中から探したい人
・未経験に挑戦したい人
参考:公式サイトマイナビ転職との違い

各サービスは異なるため、スムーズに転職活動を進めるためには自分にあうサービスを利用することが、転職成功の秘訣です。

なお、幅広く求人情報を集めても、「結局のところ転職活動が不安」という方は、マイナビエージェントのサポートを受ける方法がおすすめです。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

他の転職エージェントと求人数を比較

有利に転職活動をするのであれば求人数の多さは重要なポイントです。

20代の若手や第二新卒者向けのエージェントから、女性に強い転職サイト、ミドル層に強い転職サイトまでピックアップして比較しました。

なお総合型の転職エージェントを比較対象としているため、どの業種や職種にも対応しています。

転職サイト名得意ジャンル公開求人数
(非公開求人数)
公式サイト
マイナビエージェント
マイナビエージェント
20-30代・第二新卒約67,000件
(約18,700件)
マイナビエージェント

マイナビジョブ20’s
20代・第二新卒・未経験・フリーター約5,400件マイナビジョブ20’s

ハタラクティブ
20代・第二新卒・未経験・フリーター約3,300件ハタラクティブ
リクルートエージェント
リクルートエージェント
全年代約397,200件
(約258,300件)
リクルートエージェント

doda
20~30代半ば:若手・中堅層約221,400件doda
ビズリーチ
ビズリーチ
20〜40代:ハイクラス約10,6100件ビズリーチ

リクルートダイレクトスカウト
30代・ハイクラス約255,500件リクルートダイレクトスカウト

ランスタッド
30代・ハイクラス約4,800件ランスタッド

ミドルの転職
40〜50代の転職約202,800件ミドルの転職

マイナビミドルシニア
40〜50代の転職約255,600件マイナビミドルシニア

type女性の転職エージェント
女性の転職約29,200件
(約18,500件)
type女性の転職エージェント

パソナキャリア
女性の転職約33,300件パソナキャリア
※2023年12月時点

公開求人・非公開求人合わせると60万件以上の求人があるリクルートエージェントは群を抜いています。

その他dodaやミドルの転職等は、おおよそ20万件程度保有しています。

マイナビエージェントの求人数は決して多くはありませんが、企業とのパイプの太さなど他に強みがあるのが特徴です。

転職を成功させるためには、求人数の豊富さやサービスの内容等広い視野で、転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

迷ったら、60万件以上の求人があるリクルートエージェントの登録もしてみましょう。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

マイナビエージェントで年収いくらを狙う?業種別平均年収を公開

マイナビエージェントで年収アップしたいけど…

いくらなら狙える?

年収の高い業種に転職したい!

転職をするなら年収はアップしたいし、将来的にも稼げる業種に挑戦してみたい、と思うのではないでしょうか。

今の仕事を続けるのか、転職して違う仕事に挑戦するのかを決定する上でも、年収のデータは確認すべきでしょう。

ここからはマイナビエージェントの公開データを元に、20〜30代の平均年収と職種・業種別の平均年収ランキングを紹介します。

20〜30代の平均年収

20〜30代の平均年収を見ていくと、40歳に到達するまでに148万円昇給していることがわかります。

年齢平均年収
20〜24歳292万円
25〜29歳358万円
30〜34歳403万円
35〜39歳440万円
参考:マイナビエージェントの年代別平均年収ランキング

20〜24歳は、高卒や短大卒の方、就職して間もない方が含まれており、他の年代より多少低めになっています。

あなたの年収と比較して、将来現職でも平均を超えそうか、横ばいになるなら転職をすべきかなど、検討してみてください。

20代の平均年収に関してはこちらをご覧ください。

職種別平均年収ランキング

マイナビエージェントの平均年収ランキング結果によると、上位5位は金融・コンサルティングカテゴリーまたはIT・インターネット・通信カテゴリーの職種が占めています。

順位職種名カテゴリー平均年収

・アナリスト
・エコノミスト
金融・コンサルティング824万円
・プロジェクトマネージャー
(オープン・WEB)
IT・インターネット・通信670万円
・BPR・BPOコンサルタント金融・コンサルティング661万円
・会計士金融・コンサルティング654万円
・監査(法定・任意)金融・コンサルティング652万円

・内部統制
・内部監査
・コンプライアンス
経営企画・管理部門全般637万円

・ファンドマネージャー
・バイサイドアナリスト
金融・コンサルティング632万円
・MR営業626万円
・新規事業開発経営企画・管理部門全般602万円
10・プリセールスIT・インターネット・通信599万円
参考:マイナビエージェントの職種別平均年収ランキング

5位の会計士でも650万円以上と非常に高額です。

上位の職種もどれも専門知識が必要な職種となります。

20代から30代にかけての転職で大幅な年収アップを狙うのであれば、高度な専門知識とプラスアルファのスキルが重要になってくることがわかります。

業種別平均年収ランキング

マイナビエージェントの業種別平均単キングでは、金融機関がほぼ上位を占める結果となっています。

専門知識が必要で難度の高い業種がランクインしている傾向があります。

順位業種名カテゴリー平均年収
監査法人金融・コンサルティング597万円
投信/投資顧問金融・コンサルティング562万円
3証券会社金融・コンサルティング513万円
4医薬品メーカー505万円
5ネット銀行金融・コンサルティング・監査法人503万円
6ハードウェアベンダーIT・通信499万円
7政府系金融機関金融・コンサルティング・監査法人495万円
8SIer・ソフトハウス
(メーカー系)
IT・通信473万円
9SIer・ソフトハウス
(メーカー系)
IT・通信470万円
10電子・電気機器メーカー466万円
参考:マイナビエージェントの業種別平均年収ランキング

ITの普及によりネット銀行が5位にランクインしているのが、近年の注目度を顕著にしています。

ITが関わることで既存の業種であっても、急成長できると言えそうです。

転職する場合は、どんな業種や職種を選ぶべきかなど、今後のキャリアプランを考えてみましょう。

マイナビエージェントをおすすめしたい人

ここからは口コミ評判やサービスの特徴を踏まえた上で、マイナビエージェントをおすすめできる人をご紹介します。

マイナビエージェントで転職を成功させるためにも、20代からの若年層、ITエンジニアの求人が豊富など、向いている人のポイントを抑えることが重要です。

20代や第二新卒で転職する人

20代や第二新卒で転職経験が少ない、または未経験の方にマイナビエージェントはおすすめです。

マイナビエージェントの利用者の年齢層は、20~30代が全体の約89%を占めており、若手層に強いエージェントであることがわかります。

企業事情に詳しいリクルーティングアドバイザーが在籍しており、第二新卒や20代の転職の応募書類や面接対策などをフォローしてもらえます。

条件求人数(公開+非公開)
求人総数84,840件
未経験3,510件
第二新卒7,535件
マイナビエージェント公式(2023年9月時点)

厚生労働省の一般職業紹介状況のデータによると、20代で転職した人の約半数が年収アップしており、転職期間は1~3ヵ月長くても6ヵ月以内に転職しているとのことです。

20代や第二新卒の求人に強いマイナビエージェントは、効率の良い転職活動で早期に転職を成功させるサポートに期待できます。

ITエンジニアや営業職へ転職したい人

マイナビエージェントはITエンジニアや営業職の求人を多く保有していることから、ITエンジニアや営業職を探している人におすすめです。

ITエンジニアは競争が激しく、転職市場のニーズを理解する必要がありますが、ITエンジニアに特化したキャリアアドバイザーが多数在籍している強みがあります。

ITエンジニアに関する職種は以下のとおりです。

  • SE(システムエンジニア)
  • PG(プログラマー)
  • 社内SE
  • ネットワークエンジニア
  • プロジェクトマネージャー
  • システムコンサルタント

また、マイナビエージェントでは営業職の求人数も多く、以下のような営業職の求人が多い傾向があります。

  • 法人営業
  • 個人営業
  • 代理店営業
  • ルートセールス

営業職は積極採用を行っているケースが多く、未経験でも挑戦できる職種です。

結果を残す営業マンは、実力次第で更にワンランク上の年収も狙えます。

ただし、営業職は報酬制度を取っている企業が多いため、基本給など報酬については明確にしておくことが重要です。

マイナビエージェントはIT業界向けや営業職の求人が豊富なため、スキルを持っている方、未経験から挑戦したい方にとって登録する価値があるでしょう。

中小企業への転職を希望している人

マイナビエージェントは、ベンチャー企業から大手まで幅広い求人を扱っていますが、中小企業も含めています。

キャリアがまだ浅い20代の方でも比較的応募しやすい、中小企業の年収は400万円~600万円前後となっています。

条件求人数(公開+非公開)
ベンチャー企業635件
年収400万円62,865件
年収500万円57,881件
年収600万円50,348件
年収1,000万円以上14,123件
マイナビエージェント公式(2023年9月時点)

大規模な企業や年収1,000万円以上のハイクラス求人は比較的少ないため、大幅な年収アップを求めるより、若年層のキャリアアップに期待できるエージェントと言えます。

より専門的な転職サポートを受けたい人

マイナビエージェントは様々な職種やカテゴリーの求人を多数取り扱っており、より専門的なアドバイスを受けられます。

  • IT・WEBエンジニア
  • MR・メディカル
  • 営業職
  • 管理部門
  • ものづくり・メーカー
  • クリエイティブ職
  • 販売・サービス
  • 不動産・建設業界
  • 金融業界
  • 第二新卒の転職
  • 女性の転職など

特に異業種への転職を挑戦をする場合、未経験ではどのようなスキルや経験が武器になるのか自己分析するのは難しいでしょう。

各分野の転職に特化したキャリアアドバイザーのプロの視点で、より専門的な転職サポートを受けられるため安心です。

新たな分野で活躍できるポテンシャルを見つけ出し、面接を有利に進める方法をアドバイスしてもらえます。

また、第三者からの視点で、自分を冷静に見つめ直すきっかけとなることも、自己流の転職活動とは大きく異なります。

マイナビエージェントを活用して転職を成功させる方法

マイナビエージェントならではのサポート力を活用して転職を成功させる方法を5つご紹介します。

応募書類を添削してもらい通過率を高める

マイナビエージェントでは、あなたが目指す専門分野のキャリアアドバイザーが、応募書類の添削を行います。

応募書類の通過率は約2割と、8割ほどが応募書類で落ちてしまうため、あなたの経歴やスキルを適切にアピールし、通過率を高めることが重要です。

自己PRの書き方や履歴書のフォーマットなど、プロの意見をまずは取り入れましょう。

経験豊富なエージェントは業界特有の求められるスキルやキャリアビジョンをうまく表現する方法をアドバイスしてくれるでしょう。

模擬面接と面接対策で通過率を高める

マイナビエージェントでは模擬面接や面接対策の手厚いフォローがあります。

実際の面接に向けて、あなたは面接の流れを事前に把握し、自己PRや質疑応答の練習を行うことが可能です。

準備を整えていれば、本番の面接に自信をもって臨むことができ、企業の担当に好印象を与え、通過率を高めることができます。

年収や労働条件の交渉をしてもらい年収アップを狙う

マイナビエージェントでは、あなたの代わりに年収や労働条件の交渉を行います。

キャリアアドバイザーや企業担当アドバイザーは、市場価値や求人企業の状況を理解しているため、適切な条件を提案することが可能です。

自分自身で面接時に給与の交渉をするのは大変難しいものです。

とはいえ、あいまいなまま入社してしまい、給与が前職とほとんど変わらなければ、転職を後悔することになります。

マイナビエージェントのアドバイザーに一任することで、あなた自身が直接交渉を行うストレスを軽減しつつ、年収アップを狙うことが可能となります。

企業の内部事情を知りミスマッチを防ぐ

マイナビエージェントの企業担当アドバイザーは、各企業の内部事情や業界動向に精通しており、あなたの希望やスキルによりマッチした企業を推薦できます。

企業の風土や特有の働き方は外からでは理解しにくいものですよね。

事前に企業の雰囲気や内部事情を理解しておくことができれば、入社後のトラブルを避けることができるでしょう。

あこがれて入社した企業でも、自分には合わなかったなどと後悔することを防げます。

他の転職サービスと併用する

マイナビエージェントを利用しつつ、他の転職サービスを併用することもおすすめです。

同時に複数のサービスを利用することで、より多くの情報を得ることができ、自分に合った転職先を見つける確率が高まるでしょう。

転職エージェントごとに異なる求人情報を保有しているため、より広範な情報を得ることができ、複数のエージェントからのアドバイスにより視野が広がります。

マイナビエージェントの幅広いサポートを基準に、他のエージェントやサイトの求人情報を最大に活かして転職活動をすすめましょう。

20代向けのおすすめの転職エージェントはこちらをご覧ください。

マイナビエージェントの登録から入社までの流れ

ここからは、マイナビエージェントの登録から入社までの流れを詳しく紹介します。

「どう進めれば良いのだろう?」と迷わないよう、一通りの流れを押さえておくとスムーズです。

登録から入社までの流れ
  • STEP.1会員登録とログイン
  • STEP.2 キャリアアドバイザーと面談
  • STEP.3 求人を紹介してもらう
  • STEP.4 選定企業へ書類を応募する
  • STEP.5 面接を受ける
  • STEP.6 内定をもらい入社する
会員登録とログイン

1.登録情報の入力

簡単無料 転職支援サービスお申し込み」から、以下の項目を入力します。

  • プロフィール
  • 最終学歴
  • 職務経歴
  • 希望条件等

登録はすべて無料です。

ただし、求人の状況によっては、面談や求人紹介などサービスのご提供が難しい場合もあるとのことです。

2.面談日の調整

登録後、マイナビエージェントから、メールか電話にて、面談日程調整の連絡がきます。

都合の良い日時を指定しましょう。

キャリアアドバイザーと面談

1.経歴のヒアリング

キャリアアドバイザーと1対1で面談をします。

今までの経験やスキル、自身の強みを明確にしていきます。

2.希望条件のヒアリング

転職したい業界・職種、転職で期待する事などの希望条件を伝えましょう。

職種や業種、転職そのものに迷いがある場合は、キャリアアドバイザーからアドバイスを求めることが可能です。

3.WEBや電話での面談

マイナビエージェントでは、専用の個別ルームでの面談が基本となります。

拠点に出向くことが難しい場合は、Webや電話で面談を行うことも可能です。

WEB面談は来社の手間がなく、担当者と顔をあわせて相談できるためおすすめです。

4.「MY PAGE」へログインしてみる

求人を紹介してもらう

1.あなたにあった求人の紹介

マイナビエージェントが持つ情報の中から、希望の職種や業種など、転職の条件に合った求人を紹介ししてもらいます。

2.非公開求人の紹介

一般の転職サイトなどでは公表されていない非公開求人も紹介してもらえます。

その他求人票だけでは知りえない以下のような情報が得られます。

  • 企業の社風や雰囲気
  • 業界の成長性・動向
  • 入社後のキャリアパス
  • 書類選考・面接選考通過の難易度
選定企業へ書類を応募する

1.応募書類の添削

キャリアアドバイザーが応募手続きや「推薦状」の作成をしてくれます。

書類選考の通過率を高めるために、応募書類の添削もあり、精度の高い書類に仕上げます。

2.添削された書類の応募

キャリアアドバイザーが代行で応募をしますので、応募先に納得できたら依頼しましょう。

面接を受ける

1.日程調整の代行

応募後は、面接日程の調整や、面接の詳細、追加の求人情報など対応してもらえます。

メールや電話でのサポートです。

2.模擬面接の実施と面接後のフォロー

面接が苦手な方には、模擬面接を実施してもらえます。

企業に合わせたあなたのアピールポイントのアドバイスがあります。

面接後は、企業側に評価されたポイントのフィードバックもあります。

内定をもらい入社する

1.入社日の調整

面接を突破し、内定・入社が決定したら、勤務開始日の調整を代行してもらいましょう。

2.年収の代理交渉

年収などの自分からは言い出しにくい条件面の調整も依頼できます。

現職から引き止めなどが合った場合は、退職交渉や関係者への挨拶、引継ぎについてのアドバイスも受けられます。

安心して新しい職場へと進むサポートは万全です。

若手を育てる環境で成長したいならマイナビエージェントがおすすめです。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

マイナビエージェントと併用がおすすめの転職サイト・エージェント3選

自分に向いている仕事で活躍するなら、まずは自分に適した転職サービスを賢く活用することです。

自分に合う会社に転職をしたいなら、転職サイトやエージェントを併用して、様々な転職情報を収集しましょう。

doda|転職フェアやイベントが多い

詳しい口コミは「doda 評判」を確認
dodaのおすすめポイント
  • 求人数は非公開を含み20万件以上
  • 転職者満足度No.1の実績
  • 転職フェアやイベントが多い

dodaは転職者満足度No.1の実績のある転職エージェントです。

非公開を含めて20万件以上の求人を扱っており、20代から40代までの幅広い年代に対応します。

dodaは転職フェアやイベント、オンラインセミナーを各種実施しており、転職活動を支援しています。

転職が初めての方には、転職のプロがマンツーマンで対応するオンライン相談カウンターからスタートするのがおすすめです。

dodaの基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約221,400件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業職
企画・管理
事務・アシスタント
技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)
技術職(組み込みソフトウェア)
技術職(機械・電気)
技術職・専門職(建設・建築・不動産・プラント・工場)
技術職(化学・素材・化粧品・トイレタリー)
技術職(食品・香料・飼料)
医療系専門職
金融系専門職
専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)
販売・サービス職
クリエイター・クリエイティブ職
公務員・教員・農林水産関連職など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年11月時点

40代までの幅広い求人を求めるなら、転職者満足度NO1の実績のあるdodaがおすすめです。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

リクルートエージェント|求人数は非公開を含み20万件以上

詳しい口コミは「リクルートエージェント 評判」を確認
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 業界トップクラスの求人数
  • 転職支援実績No.1
  • 転職ノウハウが豊富なキャリアアドバイザーが対応

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。

転職支援サービスは国内No.1の実績があり、経験豊富なキャリアアドバイザーが転職相談から内定が決まるまでサポートしてもらえます。

リクルートグループは、優良な大企業を多数取り扱っており、対象地域も全国と幅広く、年代地域を選ばずどなたでも利用しやすい転職エージェントと言えます。

一般的な求人情報を幅広く見たい方は、リクルートエージェントを併用することをおすすめします。

リクルートエージェントの基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約397,200件
非公開求人数約258,300件
対応エリア全国
対応職種営業・販売・カスタマーサービス
企画・マーケティング・経営
管理・事務 物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ
SE・ITエンジニア
エンジニア(設計・生産技術・品質管理)
建築・土木・設備
医療・医薬・化粧品
その他(講師・調理師・介護など)
実績転職支援実績No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年11月時点

迷ったら60万件以上の求人から選べるリクルートエージェントがおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

ビズリーチ|年収1,000万円以上の求人が30%以上

詳しい口コミは「ビズリーチ 評判」を確認
ビズリーチのおすすめポイント
  • 30代~50代向けの転職サイト
  • 年収1,000万円以上の求人が30%以上
  • ヘッドハンターや企業からスカウトが来る

ビズリーチは、30代〜50代のハイキャリア転職に特化した転職エージェントです。

ビズリーチは年収1,000万円以上の求人が全体の30%以上を占めており、大幅な年収アップ、キャリアアップを目指す方におすすめです。

経歴や希望条件を見たヘッドハンターや優良企業から直接スカウトが届きます。

自分の市場価値を確かめるためにも、ビズリーチに登録してみると良いでしょう。

ビズリーチの基本情報
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数約10,6100件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種経営管理
マーケティング
営業
コンサルタント
ITコンサルタント
専門職
IT技術職
ゲーム電気・電子半導体
機械化学金融研究
臨床開発
治験建築
土木人事
サービスプロジェクト管理
Webサービス・制作
デジタルマーケティング広告
新聞・出版
テレビ・放送・映像・音響デザイン
素材食品
化粧品
日用品
不動産
施工管理
医療営業
生産管理
薬事医療
看護など
実績なし
料金無料プラン(スタンダードステージ)
「プラチナスカウト」のみ閲覧・返信が可能。
応募は、公募・特集求人などの特別な求人のみ可能。

有料プラン(プレミアムステージ)
30日間コース 5,478円(税込)
全てのスカウトの閲覧・返信、全ての求人の検索・閲覧、応募が可能。
ビズリーチプレミアムの各種コンテンツの利用が可能。
2023年11月時点

ハイクラス転職で年収アップを狙うなら、スカウトが届くビズリーチがおすすめです。

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

マイナビエージェントに関するよくある質問

マイナビエージェントに関するよくある質問を紹介します。

気になる点は事前にチェックしておきましょう。

マイナビエージェントに関するよくある質問
  • マイナビエージェントの書類選考の通過率は?
  • マイナビエージェントはどの年齢層が対象ですか?
  • マイナビエージェントは40代は登録できますか?
  • マイナビエージェントはアプリはありますか?
マイナビエージェントの書類選考の通過率は?
マイナビエージェントで転職活動を行い内定を得た方たちの、データ結果によると、
・マイナビエージェントで応募して書類選考を通過して一次面接に進む確率は約30%
・一次面接から最終面接へ進む確率はそのうちの約30%
・最終面接を通過して内定を獲得する確率は、そのうちの約50%
となります。
マイナビエージェントはどの年齢層が対象ですか?
マイナビエージェントは特に20〜30代前半を中心とした若手人材の転職支援を得意としています。
幅広い業種・職種の求人があり、専門スキルのあるキャリアアドバイザーからの転職サポートが受けられます。
マイナビエージェントは、初めての転職の方におすすめの転職エージェントです。
マイナビエージェントとマイナビ転職の違いは?
マイナビエージェント」は社会人経験がある方を対象とした求人を豊富に取り扱っています。
一方「マイナビ転職」は、正社員の経験がなくても応募可能な求人から、高いレベルの実務経験を求める求人まで、幅広く保有しています。
自身のキャリアやスキルに合わせること、またどちらも併用した使い方がおすすめです。
マイナビエージェントは40代は登録できますか?
マイナビエージェントの登録には年齢制限がないため、40代も登録可能です。
しかしマイナビエージェントが公開している情報によると、登録者の8割以上が30代前半までの若年層となります。
40代以上のハイクラス転職向きの求人は少ない傾向があるため、他の転職サービスと併用することをおすすめします。
マイナビエージェントはアプリはありますか?
便利で手軽に転職活動ができるように、マイナビエージェントにはアプリがあります。
WEBサイトへのアクセスは、検索で辿り着いたり、ブックマークから探したりと、面倒に感じていた方も、より使いやすくなっています。

マイナビエージェントの強力なサポートで転職を成功させましょう

マイナビエージェントは20代から30代前半の若手や第二新卒者向けの求人が豊富です。

「紹介できる求人がないと断られる」といった悪い口コミもありますが、求職者と企業を適切にマッチングすることを大切にしているからとも言えます。

転職未経験の方も、キャリアアドバイザーや企業担当アドバイザーと並走して、転職活動をスムーズに進めることができます。

マイナビエージェントは、丁寧なフォローをしてもらいながら転職を成功したいと考えている、特に若年層におすすめの転職エージェントです。

「マイナビエージェントの評判」ざっくりまとめ

マイナビエージェントは転職未経験の若手層におすすめの転職エージェントです。まずは登録から始めましょう。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<