パソナキャリア転職エージェントの口コミ評判を徹底解説!女性におすすめの特徴は?

パソナキャリアの口コミや評判はどんなものがあるだろう?

パソナキャリアが女性におすすめってホント?

パソナキャリアは人材派遣会社の株式会社パソナが運営する転職エージェントサービスです。

ハイクラス転職女性におすすめといった評判が聞かれていますが、実際の口コミはどういった内容があるでしょうか。

この記事ではパソナキャリアにおける口コミや評判、公式HPの情報をもとに、強みや特徴を徹底解析していきます。

パソナキャリアの総合評価

出典:パソナキャリア

パソナキャリアはハイクラス転職転職エージェントサービスです。

パソナキャリアの口コミ評判からわかる総合評価は以下の通りとなっています。

総合評価スコア特徴
総合評価 ・オリコン満足度調査 転職エージェント 4年連続第1位(2019~2021年)
・dodaXエグゼクティブクラス支援部門 第1位 (2022年7月~2023年6月)
・女性の活躍と長期的なキャリア育成を専門チームがサポート
求人数 ・公開求人数が34,069件で他に非公開求人は6割以上
・パソナキャリア限定求人も1500件以上
・外資系求人は少なめ
求人の質 ・日本の大手、優良企業の求人が9割以上を占める
・取扱い求人の年収帯は600~1,200万
・日本の上場企業の求人約70%を網羅
コンサルタントの質 ・コンサルタント人数は約500名
・ヘッドハンターランキングで1位を獲得している担当者も在籍
・担当によっては求人がマッチングしない
対応職種 ・営業
・管理・事務
・IT・Webエンジニア
・技術職(電気・電子・機械・化学)
・クリエイティブ
・マーケティング・企画
・コンサルタント・士業
・販売員・サービススタッフ
・研究・開発(メディカル)
・専門職(Web・IT・ゲーム)
・専門職(金融)
・専門職(不動産・建設)
パソナキャリア総合評価

パソナキャリアはオリコン満足度調査ハイクラス転職エージェントとして高い評価を得ている転職エージェントです。

求人数は34,000人を超え、大手求人には劣るものの、非公開求人独占求人もあります。

また、国内の優良企業が9割を超えており日本の上場企業の約70%を網羅している特徴があります。

パソナキャリアの強み

パソナキャリアは年収600~1,200万円を取り扱っており、経験豊富なコンサルタントが年収交渉をしてくれるので、年収アップが期待できます。

パソナキャリアの概要は以下の通りです。

パソナキャリアの基本情報
運営会社株式会社パソナ
公開求人数約34,000件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業
管理・事務
IT・Webエンジニア
技術職(電気・電子・機械・化学)
クリエイティブ
マーケティング・企画
コンサルタント・士業
販売員・サービススタッフ
研究・開発(メディカル)
専門職(Web・IT・ゲーム)
専門職(金融)
専門職(不動産・建設)
実績転職エージェント総合1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点

パソナキャリアはハイクラス転職エージェントであり、年収800万円以上の求人は公開されているものだけでも14,000件を超えています。

また、パソナキャリアが保有している求人は全体の6割が非公開求人となっているため、登録することでさらに多様な求人を閲覧可能です。

さらに、女性の転職にも力を入れており、専門性の追求・管理職へのチャレンジなど、長期的なキャリア育成を専門チームがサポートしてくれます。

パソナキャリアの良い口コミ・評判

パソナキャリアの良い口コミ・評判はキャリアアドバイザーのサポートの良さや年収アップが可能といったものがあげられます。

実際に公開されているリアルな声を確認してみましょう。

キャリアアドバイザーのサポートが充実

転職エージェントは多くなっておりますが、キャリアアドバイザーのサービス内容が充実しているということでパソナキャリアを選択しました。

1度転職に失敗していたために、転職に対して不安を感じることが多かったのですが、キャリアアドバイザーの方に色々と相談しアドバイスをもらえたことで、自信をもって転職に臨むことができたのです。

引用:みん評

パソナキャリアはの口コミではキャリアアドバイザーのアドバイスが良かったという声が多く聞かれています。

なぜなら、パソナキャリアには約500名のコンサルタントが在籍しており、履歴書添削面接対応などの様々なサービスが利用できるからです。

パソナキャリアのコンサルタント

国家資格のキャリアコンサルタントを取得しているキャリアアドバイザーも多数在籍しています。

具体的には、転職支援のプロとして客観的な立場からアドバイスをしたり、模擬面接の実施などのサポートが可能です。

さらにオリコンの顧客満足度調査でも1位を獲得しているため、キャリアアドバイザーのサポートは期待できるでしょう。

女性のキャリア形成を考えてくれる

女性の転職に強いイメージがある転職エージェント、まとめサイトにて口コミが良かった、という2点からパソナキャリアに登録をしました。

カウンセリング当日は同世代であろう女性のカウンセラーが担当して下さり、今までの職務経歴及び転職に至った理由などを丁寧にヒアリングして下さいました。

他のエージェントのカウンセリングの際には、遠回しに求人がないと伝えられたり、やはり売れる人材には手厚いのだな、と感じることが多々ありましたが、パソナキャリアのカウンセラーは私の状況にも共感して下さり、大丈夫ですよ!と励まして頂き、今後に期待を持てる対応をして下さり、救われたのを覚えています。

求人もその場で複数紹介して下さり、その後も大手企業からベンチャー、業種も様々にコンスタントに紹介頂きました。
自身の周辺で転職を考えているという方にはまずはパソナキャリアに行ってみた方が良いとおすすめしています。(一部抜粋)
引用:BESTWORK

パソナキャリアは女性の転職に強い面でも良い評判があります。

パソナキャリアでは厚生労働省が認定するえるぼし認定企業や、くるみん認定企業を取り扱っています。

女性におすすめの企業
  • えるぼし認定企業:厚生労働大臣が認定する、女性の活躍促進に関する状況などが優良な企業
  • くるみん認定企業:厚生労働大臣が認定する、子育てサポートとして、 仕事と育児の両立支援に取り組んでいる企業

女性の管理職向けセミナーキャリアサポートも行っており、女性の転職成功者の年収アップ率は72%です。

ハイクラス求人も豊富

報酬1,000万前後のハイキャリア転職を目指す方にはパソナキャリアがよき

業界では珍しい専任キャリアアドバイザーが就き、面接指導・履歴書添削キャリアなどの悩みを全て無料でサポート

あなたの魅力を磨いてくれる非公開求人もたくさん(一部抜粋)
引用:X

ハイクラス求人でもパソナキャリアがおすすめです。

取り扱っている求人の年収帯は600~1200万円となっており、800万円以上の求人を検索すると14,000件以上が提示されます。

また、専任のキャリアアドバイザーがつき、年収がどうやったら上がるか、転職が本当に良いものになるか考えて、サポートをしてくれます。

ハイクラス転職でも安心して転職活動を進めていけるでしょう。

50代のサポートもあり

50代
(管理部門職)
50代 (管理部門職)

紹介数を競うよりも適合しそうな案件を紹介してくれていると感じました。

また、面談の際もアドバイザーの方がより親身になってくれました。

引用:パソナキャリア

パソナキャリアは50代のサポートもしっかりしています

なぜなら非公開求人数が多く、管理職の転職も専門に取り扱っているからです。

さらに管理職セミナーも公式HPに多く取り揃えており、管理職の転職市場企業分析方法などを動画で学習できます。

年収アップが期待できる

給料500万円→800万円のような給料アップの転職を狙うならパソナキャリアがオススメ。

パソナを使って転職した人の3人に2人以上が給料アップの転職に成功しています。

1人専任で就いて転職のサポートをしてくれるのが大きいと思います。

引用:X

パソナキャリアは年収UPが目指せる転職エージェントです。

公式HPによると年収アップ率は61.6%であり、200~300万円年収があがったケースもあります。

パソナキャリアで年収が上がる理由

パソナキャリアで年収を上げることができるのは、自分の強みをもとに高収入な業界や職種にチャレンジできるからです。

まえ、、エージェントの交渉率も高く面談時に希望年収と異なる場合は、交渉をお願いできます。

パソナキャリアの転職エージェントを利用すると、高年収が期待できるでしょう。

リモートワークの求人が多い

リモートワークがしたいならパソナキャリアは外さないでください。

リモートワーク可能な求人が18,000件あります。

希望以上にマッチさせる提案力が図抜けているので、「転職エージェント顧客満足度4年連続」 No.1」もうなづけます。(一部抜粋)

引用:X

パソナキャリアではリモートワークの求人を検索するのにもおすすめです。

実際に、公開求人でリモートワーク可の求人を検索すると、8,500件の掲載が確認できました。

リモートワーク可能な職種例
  • アカウント営業
  • プロダクトマネージャー
  • Webコンサル など

リモートワークでも高年収が期待できる求人も多く掲載されていました。

地方にも拠点がある

住んでいる近くの拠点で登録するのですが、仕事の内容、勤務地によりパソナキャリアのネットワークを生かして、他の拠点での案件も紹介していただける(一部抜粋)

引用:BESTWORK

パソナグループでは全国47都道府県、60か所に拠点があり、5万件を超える求人を保有しています。

パソナグループの強み

派遣社員が検索できるパソナグループの転職サービスを駆使して、正社員転職派遣顧問契約業務委託などの、幅広い雇用形態が選択可能です。

例えば実家へのUターンを考えていたり、Iターンで新天地を求めていたりする方も気軽に利用できます。

地方への転職も地域ごとに拠点があるパソナキャリアでかなえられるでしょう。

パソナキャリアの悪い口コミ・評判

パソナキャリアでは悪い口コミ・評判として求人数の少なさや、外資系企業への弱さ、担当者が合わなかったケースなどのが聞かれています。

一つ一つ確認し、パソナキャリアを利用する際には注意していきましょう。

求人数が少ない

ただそもそもの求人数が少ないので、都会の方じゃないと厳しいです。(一部抜粋)

引用:みん評

パソナキャリアでは、大手転職エージェントと比べると求人数が少ない傾向にあります。

しかし、取り扱いの求人の質には定評があり、取り扱いの多い年収帯も600~1,200万円と高めになっています。

もし、求人数の多い転職エージェントをお探しの場合はリクルートエージェントがおすすめです。

  • 求人数は業界最大手の36万件以上
  • 非公開求人数も22万件以上

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

外資系企業には弱い

外資転職する際に全く役に立たなかったエージェント3選 ・リクルートエージェント ・マイナビエージェント ・パソナキャリア
引用:X

パソナキャリアは外資系企業を目指す際にはやや不向きなようです。

実際、外資系企業で公開求人を検索してみると、1,139件と全体の0.3%の取り扱いとなっています。

パソナキャリアで取り扱っている求人はアクセンチュアなどの外資系コンサルティングファームです。

コンサル転職に強い!おすすめ転職サイト・エージェント23社を領域別に徹底解説

外資系企業でハイクラス転職を目指す際はビズリーチがおすすめです。

  • 公開求人だけでも3,300件以上の外資系企業が掲載
  • 外資系企業の公開オファーも受け取れる

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

担当者が合わないケースがある

最初の担当の方は親切だったように思いますが、後任の方から疎遠になったように思います。

求人内容も希望から外れていき、明らかに経験不足で採用されるはずがないという案件の紹介が増えました。

転職活動が長引くに連れ、利用頻度が下がるサービスでした。(一部抜粋)

引用:パソナキャリア

担当者によって、転職サポートの質に違いが発生してしまうことがあるようです。

例えば、新人などの担当に当たってしまうと満足なサポートが受けられないかもしれません

そんなときは、認定シニアコンサルタントに変更してもらうと良いでしょう。

パソナキャリアの認定シニアコンサルタント制度

パソナキャリア独自の認定制度です。
パソナキャリア内で設定された、サービスにおける高い基準をすべて満たしたコンサルタントに与えられます。

また、質の高い転職エージェントをお探しの場合はマイナビエージェントがおすすめです。

  • 転職エージェント部門 2023年オリコン満足度ランキング1位
  • 各業界に精通した業界選任アドバイザーがいる

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

他の転職エージェントとの比較

ここでは、パソナキャリアをほかの転職エージェントと比較するとどういった特徴がみられるか確認していきます。

実際のデータで見比べることで、客観的にパソナキャリアの概要を理解することができるでしょう。

大手転職エージェントとの比較

まずは大手転職エージェントと比較してみましょう。

※横にスクロールできます

転職エージェント名強み公開求人数対応エリア公式サイト

リクルートエージェント
リクルートエージェント
・転職支援実績No.1
・業界最大級36万件の公開求人
364,833件全国リクルートエージェント
マイナビエージェント
マイナビエージェント
・オリコン満足度調査転職エージェント2年連続NO.1
・各専門のアドバイザーが在籍
69,299件全国マイナビエージェント
パソナキャリア
パソナキャリア
・dodaXエグゼクティブクラス支援部門 第1位 
・日本の大手、優良企業の求人が9割以上を占める
34,069件全国パソナキャリア
大手転職エージェントとパソナキャリアの比較

パソナキャリアは大手転職エージェントと比べると公開求人数は少ない傾向にあります。

しかし、大手・優良企業の求人が9割以上を占めており、求人の質は期待できます。

エグゼクティブ転職の評判も良く、年収があがる転職エージェントともいえるでしょう。

ハイクラス転職エージェントとの比較

次に、ハイクラス転職エージェントとの比較も確認してみましょう。

※横にスクロールできます

転職エージェント名強み公開求人数対応エリア公式サイト

リクルートダイレクトスカウト
・オリコン顧客満足度2年連続NO1 
・2023年度オリコン顧客満足度転職スカウトサービス1位 
193,089件全国リクルートダイレクトスカウト
ビズリーチ
ビズリーチ
・大手企業に転職した人が選ぶ最も満足度が高い転職サービスNO.1
・掲載企業の3分の1が年収1000万以上の求人
106,963件全国ビズリーチ
パソナキャリア
パソナキャリア
・取り扱っている求人の年収帯は600~1200万円
・800万円以上の求人14,000件以上
34,069件全国パソナキャリア
ハイクラス転職エージェントとパソナキャリアの比較

ハイクラス転職エージェントと比較しても、求人数はやや少ない傾向です。

しかし、ハイクラス転職エージェントの中では珍しく、書類添削や面接対策、キャリアの相談まで無料で行っているのがパソナキャリアの強みです。

絞られた求人数の中でも、手厚いサポートを受けながらハイクラス転職を目指したい方にはパソナキャリアがおすすめです。

女性におすすめの転職エージェントとの比較

女性におすすめの転職エージェントとパソナキャリアの比較は以下の通りです。

※横にスクロールできます

転職エージェント名強み公開求人数対応エリア公式サイト
doda
doda
・女性向けコンテンツWomanCareeaを掲載
・適職診断や年収診断などのツールが豊富
236,148件全国doda
type女性の転職Agent
Type女性の転職エージェント
・女性転職者へのカウンセリング年間1万人以上
・面接のメイクアップカウンセリングサービスあり
28,702件関東圏Type女性の転職エージェント
パソナキャリア
パソナキャリア
・女性転職成功者7割以上
・女性のキャリア形成を徹底サポート
34,069件全国パソナキャリア
女性におすすめの転職エージェントとパソナキャリアの比較

女性におすすめの転職エージェントと比較すると、大手には求人数は劣ります。

しかし、パソナキャリアには女性の転職成功者が7割を超えている実績があり安心です。

パソナキャリアの女性向けサービス

女性管理職に向けたセミナーなどに力を入れており、女性のキャリア形成のサポートは万全です。

大手に比べて求人数が少なく、女性特化に比べてサービスが見劣りするケースもありますが、ハイキャリアを目指す女性にとってはパソナキャリアが一番おすすめです。

数字でわかるパソナキャリアの特徴・強み

パソナキャリアはデータに基づいた経営をしており、サービスの改善に役立てています。

実際に掲載されている数字でパソナキャリアの特徴・強みを確認していきましょう。

年収アップ率61.7%の交渉力

出典:パソナキャリア

パソナキャリアは転職成功者の内年収がアップした方は6割以上です。

なぜなら、年収が高い求人を取り揃えているだけでなく、転職コンサルタントの交渉サポートが充実しているからです。

独自のシニアコンサルタント制度でサポート力を磨いています。

パソナキャリアのコンサルタントの魅力

累計転職支援実績54万人の経験が豊富にあるため、面談時の交渉もスムーズです。

女性の転職成約数3年で2.2倍

パソナキャリアは女性の転職に力を入れています。

女性におすすめの求人検索が可能なだけでなく、転職に必要な知識のコンテンツが豊富です。

その結果、女性のハイクラス登録者数は2016年度から3.2倍に増加し、転職成約数も2020年から2.2倍となっています。

女性の転職におすすめする理由

女性の転職成約者の内、年収アップにつながったのは72%であり、満足度も高いようです。

日系大手企業の限定エグゼクティブ求人1,600件以上

パソナキャリアはハイクラス、エグゼクティブ求人検索におすすめです。

東証プライム市場市場企業の70%以上の企業において求人を取り扱っており、パソナキャリアの限定求人も1,600件以上保有しています。

ハイクラス転職の職種

経理、人事、総務、法務、IRなどの管理部門(バックオフィス)のハイクラス転職に強みがあります。

なぜなら、パソナグループは人材派遣会社も手掛けており、管理部門からの相談実績が多いからです。

さらに、エグゼクティブ求人専任のコンサルタントは管理部門出身者も多く、転職者の立場に立ったアドバイスができます。

女性の転職する際に注意する4つのポイント

パソナキャリアは女性の転職にもおすすめの転職エージェントです。

しかし、女性の転職活動では、キャリアプランだけでなく今後の家族構成やそれに伴うワークライフバランスを加味して求人を検討する必要があります。

ここでは、女性が転職活動を行う際に注意するポイントを徹底解析していきます。

今後の家族構成を考える

女性の転職においいては、今後の家族構成を考える必要があります。

なぜなら、家族構成によって働き方を考える必要が出てくるからです。

例えば、自分の状況と求人の条件を検討する一例は以下の通りです。

家族構成考えるポイント
独身・キャリアを積むためにどういった教育制度が取られているか
・勤務時間や残業時間が長くても、高収入でしっかり稼げるか
結婚して夫婦二人・自分で担当する家事などの負担が勤務時間でできるかどうか
・パートナーと過ごす時間がとれるよう休日が取りやすいか
子供ができた場合・保育園や学校などの兼ね合いで時短勤務や半休が取れるかどうか
・急な休みに対してどのように対応しているか
・子育てをしながらキャリアを積んでいる先輩がいるかどうか
親と同居している場合・親が介護状態になったときに、自宅でもできる仕事かどうか
・自由な時間に働けるフレックスを導入しているか
家族構成と求人を検討するポイント

家族構成が変わるごとに転職活動をするのも大変なため、今後の家族構成や自分の状況を考えて求人先を検討すると良いでしょう。

ワークライフバランスも重要視する

家族構成を考えた場合、ワークライフバランスを検討します。

高収入な条件のみで飛びついてしまうと、勤務時間が長かったり、休日が少なかったりして思い通りの生活を送れないことがあります。

自分の年収やキャリアプランは大切ですが、給料を使う時間や休む時間も必要です。

ワークライフバランスとは

ワークライフバランスとは仕事と生活の調和のことです。

内閣府のHPでは「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」が公開されています。

仕事にやりがいや充実感を感じながら働き、家庭や地域生活などにおいて、人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現を目指しているようです。

企業の福利厚生などは詳しく確認する

ワークライフバランスを考える際に、重要になるのは企業の福利厚生です。

福利厚生では、差様々なサービスが受けられる可能性があります。

福利厚生の一例
  • 慶弔休暇
  • 食事手当
  • 保養施設、レクリエーション施設等の提供、利用補助
  • 時差出勤、短時間勤務制度
  • メンタルヘルス相談(カウンセラーや産業医面談)
  • 有給休暇の日数の上乗せ(GW、 夏期特別休暇など)
  • 病気休暇制度(有給休暇以外)
  • 労災補償給付の付加給付
  • 家賃補助や住宅手当の支給
  • 人間ドック受診の補助
  • 永年勤続表彰
  • 病気休職制度
  • 慶弔見舞金制度
  • 社内での自己啓発プログラム(本の購入補助、セミナーの参加費用補助) など

企業によっては、ベビーシッターの割引制度や、介護施設やヘルパーなどの提供、法定を上回る育児休暇介護休暇の導入などもあります。

将来の状況を見据えて、福利厚生をしっかりと把握しておきましょう。

実際の福利厚生の使用状況を知りたい場合には口コミサイトの使用がおすすめです。

口コミサイト名特徴
openwork・約1,640万件の口コミから企業の本質が見られる
・年収ランキングなどのコンテンツや求人検索も可能
・ワークライフバランスの項目で福利厚生や有休消化率などが分かる
ライトハウス・年間5,000万ユーザーが利用する日本最大の会社口コミプラットフォーム
・独自の視点で企業をグラフ化してあり比較しやすい
・福利厚生、オフィス環境の項目で実際の取得状況が分かる
JobQ・企業の口コミとQ&Aが検索できる
・福利厚生に関する口コミも豊富
・気になることは直接質問が可能
クチコミサイトの紹介

キャリアプランを考える

今後の家族構成やワークライフバランスを加味したうえで、キャリアプランの形成を考えていきましょう。

もし、やりたいことが決まっており、やるべきことが決まっているのであれば問題ありません。

しかし、ほとんどの人が、目標が定まらず、どのようにキャリアプランを立てたらいいかわからないのではないでしょうか?

キャリアプランのきっかけになる一例

厚生労働省が運営する「マイジョブ・カード」のサイトでは、キャリアプランの立て方について記載があります。

自己分析ツールの結果を参考にしてみる

・自分が嫌なことを書き出してみる

・信頼できる人に強みや弱みを聞いてみる

・キャリア形成を考えている人の輪に飛び込んで刺激を受ける

・日々の選択(食事や洋服選びなど)に注目してみる

近くに相談できる人がいないときは、転職エージェントも利用しましょう。

コンサルタントが今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれます。

パソナキャリアで転職を成功させる5つのコツ

パソナキャリアで転職を成功させるには、パソナキャリアの転職サポートコンテンツや担当のコンサルタントを上手く活用することが大切です。

ここでは転職させるための5つのコツについて詳しく解説します。

転職サポートコンテンツを利用する

パソナキャリアには転職エージェントだけでなく、転職サポートコンテンツも豊富に取り揃えられています。

その中でも気軽に利用できる二つをご紹介します。

はたラボ|転職活動で気になる情報が多数掲載

パソナキャリアでは「仕事が楽しくなれば、人生が豊になる」をコンセプトにしたお役立ちコラムを掲載しています。

アニメーターやお笑い芸人、女流棋士への転職に関するインタビュー記事や、面接の際に印象に残りやすい方法など、気になる情報が豊富です。

また、ビジネスにおけるコミュニケーションの方法や、ストレスに対応するマインドフルネスの方法など転職以外にも役立つコンテンツがあります。

転職活動で行き詰った際には利用してみると良いでしょう。

年収査定|簡単6STEPで行える年収診断ツール

パソナキャリアには簡単6STEPで年収査定が可能なツールがあります。

パソナキャリアの年収診断・年収査定シミュレーション

転職活動で重要だと思うことについての質問に答えるとおおよその年収が分かります。

  • STEP1:年収をアップさせたいかどうか
  • STEP2:将来性のある会社かどうか
  • STEP3:専門的なスキルを身に着けられる職場かどうか
  • STEP4:職場の雰囲気が良いかどうか
  • STEP5:ワークライフバランスを改善できるかどうか
  • STEP6:学歴や転職回数、現在の職場の状況やマネジメント経験、年収を記入

年収査定でわかった年収をもとに、求人を検索してみるのも良いでしょう。

連絡をこまめに取る

パソナキャリアの転職サポートに登録したら、担当の転職コンサルタントと密に連絡を取るようにしましょう。

なぜなら、連絡がないと、転職の意思がないとみなされてしまい、紹介などを後回しにされてしまう可能性があるからです。

連絡がこない場合

担当者が忙しく、連絡が取れない可能性もあるため、1週間以上連絡がこない場合は、もう一度こちらから打診してみてください。

推薦文を確認して職務経歴書や面談に活かす

推薦文とはコンサルタントが企業に提出する転職者の強みや特徴をまとめた文章です。

職務経歴書と一緒に企業に提出することで、経歴書にはない人柄や価値観を知ってもらえるため、書類選考通過の可能性が上がります

エージェントが書く推薦文に書いてある内容
  • コンサルタントが感じた求職者の強みや人柄
  • 仕事に対する価値観や熱量
  • 現在の仕事と企業にマッチングすると思ったポイント
  • 希望年収や希望勤務地 など

推薦状を確認させてもらい、書いてある内容をさらに履歴書や職務経歴書でアピールすれば相乗効果があります

また、自分では気づけなかった強みに気が付けることで、他の企業に応募する際にも役立つでしょう。

ただし、担当者によっては確認できないこともありますので注意してください。

担当コンサルタントと相性が合わなかったら変更してもらう

パソナキャリアには500名のコンサルタントが在籍しており、得意としている職種担当しているエリアが違います。

そのため、自分が現在の職種から異業種に挑戦したいと思った場合、現在の職種のコンサルタントが担当だと、現状維持をすすめられるかもしれません。

こういった、ミスマッチが起こってしまった場合は、すぐにコンサルタントの変更を願い出ましょう。

複数の転職エージェントを併用する

転職活動の際には複数の転職エージェントを併用するのがおすすめです。

一つは大手の転職エージェント、一つは職種に特化した転職エージェントを利用すると、広く深く転職先を探せるので効率よく転職活動がすすめられます。

また、複数の転職エージェントを利用すると、エージェントやコンサルタントの質を比べられるため、担当者との相性を見極めることが可能です。

パソナキャリアと併用がおすすめの転職エージェント3選

パソナキャリアには求人数が少なく、外資系企業に弱いといった特徴があるため、それを補うような転職エージェントを併用するのが良いでしょう。

ここでは、パソナキャリアと併用がおすすめの転職エージェントを3つお伝えします。

リクルートエージェント|36万件の圧倒的な求人数

出典:リクルートエージェント
  • 業界最大級36万件の求人、非公開求人も22万件以上
  • 転職支援実績NO.1
  • 転職者の60%が年収UP

リクルートエージェントは業界最大級の求人数があり、転職支援実績NO.1の転職エージェントです。

36万件の公開求人に加えて、非公開求人も22万件保有しており、自分にぴったりの転職先を検討することだできるでしょう。

また、エージェントによる対策では、面接で注目しているポイント過去にどんな人がプラス評価されたか教えてくれるので、転職活動に役立ちます。

リクルートエージェントの基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約362,425件
非公開求人数約225,202件
対応エリア全国
対応職種営業・販売・カスタマーサービス
企画・マーケティング・経営
管理・事務 物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ
SE・ITエンジニア
エンジニア(設計・生産技術・品質管理)
建築・土木・設備
医療・医薬・化粧品
その他(講師・調理師・介護など)
実績転職支援実績No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

細かいところまで親身に返信してくれたりする。

職務経歴書や面接対策など添削してくれる。

求人も圧倒的に多いし、日本のエージェントの中では一番だと思う。(一部抜粋)

引用:みん評

悪い口コミ

担当者の名前を名乗らず身バレしない安心感からかなのか上から目線で怒った口調で対応してきました。

リクルートエージェントと申しますと言っていたが普通はリクルートエージェントの担当の〇〇ですと名乗るべき自力で探したほうが良いと思いこちらからお断りしました。

引用:みん評

リクルートエージェントの評判はひどい?リアルな口コミや年代別おすすめ度を解説

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

doda|幅広い業界の求人があり

出典:doda
  • 平均年収ランキングで業界を比較できる
  • 21種類の幅広い業界・職種の求人
  • 適正年収から仕事が探せる

dodaは顧客満足度NO.1の転職エージェントで、幅広い求人が魅力の一つです。

21種類の幅広い業界や職種から、異業種への挑戦を踏み出すことができます。

また、適正年収が3分でわか年収査定ツールがあるので、パソナキャリアの年収査定シミュレーションとくらべてみても良いでしょう。

dodaの基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約231,586件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業職
企画・管理
事務・アシスタント
技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)
技術職(組み込みソフトウェア)
技術職(機械・電気)
技術職・専門職(建設・建築・不動産・プラント・工場)
技術職(化学・素材・化粧品・トイレタリー)
技術職(食品・香料・飼料)
医療系専門職
金融系専門職
専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)
販売・サービス職
クリエイター・クリエイティブ職
公務員・教員・農林水産関連職など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

DODA

• 面談で深くニーズを聞いてくれる

• エージェントが選ぶ求人が自分の興味に合致

• 無闇に電話かけて来ない&電話する時間は事前に決めてくれる(一部抜粋)

引用:X

悪い口コミ

関西エリア担当の異常に早口でまくし立てるアドバイザーは人間性がひどかった。

こちらの話も聞かず、カウンセリングの最後に「次までの宿題として転職の軸を考えてください。」と言って企業紹介せずに時間を無駄に使わせてくる。

おそらく全員に言っている常套句で、業界のことが分からないので宿題と称して業務を投げてきているように感じた。

引用:みん評

doda(デューダ)の評判は悪い・ひどい?口コミを元にどんな人におすすめかを解説

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

エンワールド|日本国内にある約87%以上の外資系企業と取引

出典:エンワールド
  • 英語力を生かした求人が探せる
  • 日本国内にある約87%以上の外資系企業と取引実績あり
  • 入社後活躍サポートあり

エンワールドは英語を活かした外資系・日系グローバル企業の転職エージェントです。

日本国内8割以上の外資系企業と取引実績があり、世界的な知名度を誇るグローバル企業からスタートアップ企業まで幅広い求人があります。

さらに、入社後活躍サポートでは1年間転職先での状況や感情をヒアリングして、満足度の調査をおこなっており、転職サービスの質は常に改善傾向です。

エンワールドの基本情報
運営会社エンワールド・ジャパン株式会社
公開求人数約1,000件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種銀行・金融
コンサルティング
小売・消費財・ラグジュアリー
IT・デジタル・テクノロジー
製造業・工業
医療機器・製薬・ライフサイエンス
経理・会計
人事・総務
法務・コンプライアンス
サプライチェーンマネジメントなど
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点
良い口コミ

募集企業、募集ポジション、チーム構成などについて熟知なさっていて、とても安心してお任せすることができました。

また、迅速な対応が求められる際にも企業との間に入って交渉を積極的に進めてくださり、大変助かりました。(一部抜粋)

引用:エンワールド

悪い口コミ

派遣先は紹介して貰えるものの、掲載されている企業とやりとり出来るわけではないので、すぐに働きたい!という方はあまりおすすめしません。(一部抜粋)

引用:みん評

パソナキャリアに関するよくある質問

パソナキャリアでよく聞かれる質問についてまとめているのでご確認ください。

パソナとパソナキャリアの違いは?
パソナは人材派遣会社であり、パソナキャリアは正職員を目指す転職エージェントです。
同じ株式会社パソナが経営しています。
パソナでの人材派遣を依頼された企業において、パソナキャリアで管理職の求人を募集しているケースもあるようです。
非公開求人はどれくらい?
パソナキャリアの非公開求人数は掲載されていません。
しかし、約6割が非公開求人と紹介されており、公開求人は約3.4万件とされているため、パソナキャリアの非公開求人数は5万件程度であると推測されます。
パソナキャリアから連絡がこない場合は?
パソナキャリアから連絡がこない場合は、まずもう一度問い合わせてみると良いでしょう。
それでもなお連絡がこない場合は、紹介できる求人が見つからないのかもしれません。
自分の条件を見直し、譲れないもの以外は少し条件を緩めてみるのも良いでしょう。
また、自分の強みが伝わっていな可能性もあるため、グットポイント診断などで自分の特徴を生かしたアピールをしてみてください。
忙しくて面談ができない場合は?
パソナキャリアは電話での面談サポートも可能です。
自宅でのZoom面談などの対応も可能なケースがあるので、キャリアカウンセリング時に相談してみてください。
パソナキャリアの登録方法は?
パソナキャリアの登録方法は公式HPの右上の転職サポート申し込みから簡単に行えます。
以下の基本情報を記入して3分で登録完了です。
・経験職種
・住んでいる都道府県
・現在の年収
・メールアドレス
・マネジメント経験
・希望年収
・希望勤務地
・転職回数
・学歴
・住所、氏名、年齢 など
パソナキャリアを退会するには?
担当の転職コンサルタントに退会・サービス終了の希望を伝えます。
連絡する際には、登録情報を照会する必要があるため、下記項目を記載しましょう。
・名前(フルネーム)
・【生年月日・住所・メールアドレス・電話番号】のうちいずれか2項目
・退会理由
・個人情報の削除(希望するor希望しない)

退会が完了をすると、求人への応募はキャンセルされ、すべての転職サポートサービスが利用ができません。
再度パソナキャリアの転職サポートサービスを利用したいときは、改めて新規で申し込みが必要となるため注意してください。

パソナキャリアに登録して年収アップを目指そう!

この記事ではパソナキャリアの口コミ評判を徹底解析して、強みや特徴について説明しました。

パソナキャリアの口コミ評判からわかった特徴と利用方法

求人数が少ない傾向にあるパソナキャリアは、求人数が多い大手のリクルートエージェントを併用すると良いでしょう。

  • 業界最大手36万件の求人掲載あり
  • 転職者の6割が年収UP

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

パソナキャリアを上手に活用して、年収が上がる転職を成功させましょう。