仕事を辞めたいと言えない…甘えじゃない!辞めていい理由や対処法

仕事が辛いので、辞めたい。

仕事は辞めたいけど、その後が不安…

株式会社ビズヒッツの調査では、社会人の男女1000人に調査したところ、全体の約9割が「1度でも仕事を辞めたいと思ったことがある」と回答しています。

しかし、辞めたいと思っても、「仕事をやめてしまったらその後が心配」「そもそもこんな理由で仕事を辞めていいのか」などの不安で辞められない人がほとんどです。

そこで本記事では、

  • 自分以外の仕事を辞めたい人は、どのような悩みを抱えているのか
  • こんな理由で辞めても良いのか
  • 仕事を辞める前に、具体的にどのような準備をしたら良いのか

など、仕事を辞めるか悩んでいる方に向けて、有益な情報をご紹介していきます。

また、辞めたいけど辞められない人に向けて対処法も解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

仕事を辞めたいと思ったら

仕事を辞めて転職したい方には、自らの求人検索だけでなく、アドバイザーからの求人紹介や企業からのオファーが届くなど、ミスマッチを防げるdodaがおすすめです。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

転職理由ランキング|1番多い転職理由は「人間関係」

厚生労働省 令和3年雇用動向調査結果によると、20~50代で前職をやめた理由で1番多いものは「人間関係」です。

ランキング転職理由割合
TOP1人間関係9.8%
TOP2労働条件9.4%
TOP3給料7.8%
転職理由ランキングTOP3

会社というチームの中で仕事を円滑にしていくうえでは人間関係は重要となるため、人間関係がうまくいかないと辞めたいと思うようです。

20~30代では、社会人になって初めて自分で周囲の状況を選べない環境に飛び込むため、人間関係に悩む人が多いでしょう。

仲のいい人と一緒に過ごしていた学生時代とは違うためストレスを感じます。

一方40~50代では、責任のある役職についている人が多く、後輩への指導経営との板挟みによる人間関係に振り回されてしまい疲れ切ってしまう人もいます。

10人に一人が人間関係で職場を辞めている現代において、仕事を辞めたいと感じることは自然なことです。

「仕事を辞めたい」よくある理由9つ

まず気になるのは、「自分以外の仕事を辞めたいと思っている人は、どんな悩みを抱えているか」ですよね。

当然、職種や環境、性格が違えば、仕事を辞めたい理由もさまざまです。

厚生労働省 令和3年雇用動向調査結果 によると、転職入職者が前職を辞めた理由の割合は、以下のようになっています。

仕事を辞めて転職すべきか判断するためには、辞めたい理由を明確にしておくべきなので、これを読んで自分の気持ちをよく確認してみましょう。

人間関係が悪い

厚生労働省 令和3年雇用動向調査結果 によると、転職入職者のうち「職場の人間関係が好ましくなかった」と答えている人は男性8.1%、女性13.3%となっています。

注意や指摘を聞いてくれない、後輩の態度に悩まされている。

裏でコソコソ悪口を言われたり、ランチに自分だけ誘ってもらえなかったり…

上司が理不尽なことを言ってくるが、相談できる人もいない。

どんなにやりがいのある仕事で、給与が高い職場であっても、人間関係が悪い中で働き続けるのは厳しいものがあります。

仕事をしにきているのに、仕事以外の人間関係で悩むのは、嫌ですよね。

人間関係に絶対に悩まない職場を探すのは難しいかもしれませんが、今よりも良い環境を探してみるのも一つの手段です。

社風が合わない

社風とは、企業の文化・価値観・雰囲気・スタイルのことです。

会社の社風や方針は、入職してから「合わないかも…」と気がつくこともあります。

企業理念や会社方針に共感できない。

残業や夜勤が多く、体力的に厳しい。

断れない飲み会が多かったり、アットホームな社風が苦手。

将来性が見えない、会社の方針に信頼が持てないなどの問題は、あなた1人で解決できないため、転職を考えることがおすすめです。

しかし、「社風が合わない」というのは主観なので、もしかしたら無意識のうちに社風のせいにしてしまっている可能性もあります。

例えば、「上司と意見や性格が合わない」は人間関係の不満、「やりたい業務や役職をもらえない」は仕事内容や評価への不満であり、社風が合わないとは少し違います。

その場合、特定の人に対する対処や、業務・仕事内容に対する対処ができれば、職場を離れる必要はないかもしれません。

社風を変えることはできなくても、他の問題なら改善できる可能性があるということを念頭に置いておくとよいでしょう。

仕事内容に不満がある・向いていない

仕事はお金を稼ぐため!と割り切っている人でも、あまりに向いていない仕事内容だと続かない場合もあります。

特に、仕事に対して「やりがいが欲しい」「好きな仕事じゃないとできない」と思っている方には、ありがちな悩みでしょう。

淡々と毎日同じ作業をするのが苦痛になってきた。

人の命を預かる責任感で、精神的な辛さを感じる…

裁量権が大きいのはやりがいでもあるが、プレッシャーが重すぎる…

仕事内容への不満は、「仕事はお金を稼ぐための手段!」と完全に割り切ってみれば、乗り越えられることもあります。

他にも、手当が厚い、家から近い、人間関係が良いなど、仕事内容以外に捨てがたい魅力があるかもしれません。

しかし、今後もここで働き続けるのは厳しいと感じた場合には、職業や職場を変えることも必要です。

「仕事において何が1番重要か」と自分の優先順位を明確にし、仕事内容は妥協点になるかどうかを考えて見ましょう。

給与が低い・評価に不満がある

厚生労働省 令和3年雇用動向調査結果 によると、転職入職者のうち「給料等収入が少なかった」と答えている人は9.1%となっています。

特に、25〜30歳の男性転職入職者は、14.8%もの人が給与に不満を持っていました。

子供の学費を考えると、今の給与では不安。

老後資金が必要と言われるけれど、貯金できる余裕がない…

頑張って仕事をしているのに、役職はもらえないし給与も上がらない。

子供の学費や老後資金など、将来のことを考えた時に今の給与に不満を感じる人は多いでしょう。

また、仕事のやりがいやワークライフバランスを優先した結果、給与が少なく生活が苦しくなってしまった方もいるかもしれません。

給与・評価への不満は上司への相談で解決する場合もありますが、ほとんどの場合は難しいため、転職がおすすめです。

人事評価基準が決まっている職場なら、それを達成すれば給与UPや役職をもらうことができるため、現職や転職先では評価制度が機能しているかどうかを確認してみましょう。

転職が不安な方には、求人数が多く、アドバイザーの丁寧で安心なサポートが受けられるリクルートエージェントがおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

やりがい・達成感がない

「仕事内容に不満がある・向いていない」と少し似た問題ですが、仕事のやりがいや達成感に対して不満を抱えている方も多くいるでしょう。

平日毎日8時間も、やりがいのない仕事をするのは辛い…

いざ就職してみたら、仕事内容が地味で達成感がなく、頑張れない。

仕事にやりがいや達成感が欲しいと考えている方がいる一方で、「仕事はお金を稼ぐため」と割り切って、仕事内容は特に気にしない方もいます。

仕事は無心でこなして、退勤後や休日のプライベートを充実させることができれば、案外やりがいは必要ないと感じるかもしれません。

しかし、生涯仕事を続けていく予定なら、40年もやりがいや達成感のない仕事をしてくことは難しいでしょう。

長い目で見て、健康に仕事を続けていくためには、やりがいや達成感のある職場・職業に変えることがおすすめです。

働くことを考えた時、仮に給料や人間関係を諦めることになっても、絶対にやりがい欲しいのかと、自分の中の優先順位をはっきりさせておくことがポイントです。

労働時間が長い・残業が多い

仕事内容や給料の条件が良くても、残業が多すぎてプライベートの時間が確保できないと、ストレスの原因になってしまいます。

夜勤や残業で、体力的にも精神的にも限界…

給料がいいから就職したけど、忙しすぎて息抜きをする暇さえない。

中には、若いうちにはがむしゃらに働いて、いろんなことを吸収したいと考えている方もいるでしょう。

また、駆け出しの会社であれば、軌道に乗るまである程度ブラックな環境で働かざるをえません。

しかし、残業に不満を感じている方は、今後ずっと残業を続けることは厳しいため、転職し環境を変えることがおすすめです。

辞めることを言いづらいからと、残業を我慢し続けるのは危険です。
心と体の健康のためにも、無理はしないようにしましょう。

結婚・出産・家庭の事情

結婚や出産、家庭の事情で仕事を辞めたいと考えていても、さまざまな理由から実際に辞めることは難しい場合もあるでしょう。

子育てや介護で忙しいが、必要な資金を稼がなくてはいけない…

仕事を辞めたいけど、パートナーの収入だけでは結婚式や生活のためのお金が足りない。

結婚して住む場所が変わる場合や、送り迎えで職場に間に合わない場合などは、職場の位置を変えるために転職が必要でしょう。

しかし、「体力的に仕事が両立できそうにない」という場合は、ワークライフバランスの整った職場に転職するか、国の補助を受けることがおすすめです。

受け取れる給付金・補助金には、以下のような種類があります。

失業手当(基本手当失業中の生活を心配せず、1日も早く再就職できるように支給される手当
育児休業給付育休を取得し給料をもらっていない期間、収入を補う目的で支給される手当
介護休業給付家族の介護のために仕事を休業して介護に従事する場合に、支給される手当
手当の例

それぞれ受け取るためには条件がありますが、辛い思いをして働き続けるのではなく、まずは体制を整えるためにこれらの手当てを受けることも考えましょう。

他にも、さまざまな種類の手当があるので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

心や体が疲れてしまった

仕事を辞めたい理由が、仕事にあるとは限りません。

プライベートがうまくいかない、体調が悪く働くことが難しいなどの悩みから、仕事を辞めたいと思う人もいます。

また、実際に職場への不安や不満から、心や体を病んでしまう人もいるでしょう。

ここで重要なのは、1番大切なのはあなたの心や体であり、あなた自体が第一優先ということです。

無理をせず、有給を取るなどして、まずは心や体の調子を整えることを優先しましょう。

場合によっては、長期休暇も視野に入れましょう。
条件を満たしていれば、休職中は傷病手当金を申請できる場合もあります。

しかし、思い立ってすぐに辞めてしまうと、後で後悔する場合もあります。

もし本当に仕事を辞めるなら、本記事の「辞める前に何をするべきか」や「転職のコツ」「おすすめの転職サイト・エージェント」を見て、必要な準備について確認しましょう。

シンプルに働きたくない

何もする気が起きない。とにかく仕事を辞めたい。

自分が好んで選んだ職業・職場であっても、一度くらい辞めたいと思ったことがある人の方が多いでしょう。

季節の変わり目やちょっとした不満等、何気ないきっかけから、働くのが嫌になってしまうこともあります。

そんな時は、例えば気分転換のために趣味を見つける、身近な人に話を聞いてもらうなど、心や体の休息をとりましょう。

本記事の「辞めたい時の対処法」では、気分転換の方法など6つの対処法を紹介しています。

人によって適した解決方法は様々だと思いますが、とにかく「仕事を辞めたい」という気持ちを放置するのは危険です。

ストレスを溜め込んで取り返しがつかなくなる前に、まずは辞めたい理由を明確にし、場合によっては転職を視野に入れることもおすすめです。

仕事を辞めたいと思ったらまずやるべき3手順!

仕事を辞めたい!と思ったら、自分の気持ちを整理をするのが重要になります。

なぜなら、衝動的な感情に身を任せてしまうと後悔する行動をとってしまう可能性が高いからです。

ここでは後悔しない行動をとるためにやるべき手順をお伝えしますので、自分のを考えをまとめるためにやってみてください。

辞めたい理由を書き出してみる

初めに、辞めたい理由を書き出してみるのがおすすめです。

辞めたいと思っている背景には、その時の体調感情が大きくかかわっているため、客観的に自分を見ることが大切になります。

仕事を辞めたい理由の例
  • 上司と話すのが怖い
  • 残業時間が多い
  • 給料が安い
  • 同僚が働かない
  • 客に怒鳴られる
  • 自分の能力を超えた仕事をさせられる
  • 家族や友人ともっと遊びたい
  • 会社に行こうとすると気分が沈む など

方法としては、鉛筆やペンで紙に書きだすのも良いですし、スマートフォンのメモ機能を使うのもおすすめです。

また、マインドマップを使って、自分を中心に単語を並べていくと、どういった環境にいるのか理解しやすくなるので良いかもしれません。

マインドマップとは?

メインテーマを中央において、関連する内容を蜘蛛の巣上に書いていく、思考の表現方法です。

辞めたい理由を中央に書いて、なぜ辞めたいのかを多面的にとらえていきます。

最終的に俯瞰して眺めることができるため、全体的な考えがわかりやすいです。

書き出した理由で「辞めたい理由ランキング」を作る

次に、書き出した辞めたい理由をランキングにしていきます。

あまりに理由が多すぎる場合は10個以下に絞ると順位がつけやすいです。

書き出した理由を二つごとに分けて上下に並べて、より強い理由を上位にします。

さらに、上位になった同士でまた比較をして、一番辞めたい理由はなにか探っていきましょう。

自分で解決できるものとできないものを分ける

ランキングを作ったら、自分で解決できるものとできないものに分けましょう。

自分で解決できるものの対応例

例えば、残業時間が多いという項目は、自分のスキルを上げて効率的に仕事ができるようになったら解決できるかもしれません。

もしくは、仕事をもらいすぎないようにするにはどうしたらいいか等を考えると、残業が減らせる可能性があります。

このように、自分で解決できるものに関しては、解決を試みると気持ちが前向きになるでしょう。

自分で解決できないものに関しては信頼のおける人に相談すると良いでしょう。

自分では解決できないものの対応例

上司と話すのが怖い方は、先輩同僚他部署の上長などに報告してみましょう。

報告の際は、なるべく具体的な言葉態度自分が感じた感情を話すと現状が伝わりやすいです。

他人に状況を説明すると、自分では気が付かなかった解決策が見つかるかもしれません。

辞めたい理由が自分で解決できない内容が多けれど、どうしたらいいかわからない方は転職エージェントの利用がおすすめです。

マイナビエージェントでは、退職交渉を転職のプロがアドバイスしてくれます。

・退職交渉や退職時期のアドバイス

・転職先の入職日の調整

・アフターフォローも充実

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

仕事を辞めるべきでない4つの理由

ここでは、仕事を辞めるべきではない以下の状況についてご紹介します。

もしも、今あなたが以下のような理由で仕事を辞めることを検討しているのであれば、一度考え直す必要があるかもしれません。

ただ辞めたい|無計画に辞めるともっとつらくなる

仕事を辞めるべきでない理由のひとつ目は明確な理由もなく「ただ辞めたい」という場合です。

ただ、自分の時間が欲しかったり、なんとなく面倒くさいという理由で辞めてしまうと、前よりももっとつらい状況になるかもしれません。

例えば、時間はできたけど金銭面で苦労したり、次の職場の方が忙しくて大変だったりするケースもあります。

ただ辞めたいと感じた場合

「本当に辞めたいのか」「辞めた後はどうするのか」改めて考えてみましょう。

また、ただ辞めたいと感じた背景にはただの寝不足だった、栄養が不足しているといった身体面の問題が隠れていることもあります。

良く寝たり、おいしいものを食べたりして体調面を整えてみましょう。

体調管理にも気を配ってみてください。

介護が大変|収入ゼロは危険

次に、仕事を辞めるべきでない理由で紹介するのは、「介護が大変」という場合です。

ある程度の年齢になってくると親の介護が必要になってくる人も多いです。

しかし、親の介護を理由に仕事を辞めるのは避けるべきです。

収入がなくなり、介護する方もされる方も共倒れになってしまう可能性があるからです。

介護休業制度

日本では会社に席を置いたまま、家族の介護が必要な時に2週間以上の休暇が取れる介護休業制度があります。

介護休業中に、介護を必要とする家族が利用可能な介護サービスを申請して、仕事と介護の両立、自分の時間の確保ができるように調整しましょう。

介護と仕事の両立支援制度として残業の制限短時間勤務などの措置が受けられることもあります。

まずはその制度を利用しつつ、上司とも上手く相談すれば退職も避けられるはずです。

寿退社|復帰が難しい

「寿退社」も仕事をやめるべきでない理由の一つです。

もちろん、夫が転勤で遠く離れるので現在の職場に通勤できない、夫が忙しくて自分が家庭にいないとすれ違ってしまう、という理由で退職されるケースはあります。

しかし、ただ結婚したからと言って仕事を辞めてしまうとその後のキャリア形成が難しくなってしまい、仕事復帰が難しくなる可能性が高いです。

寿退社のデメリット

子育てを初めて、保育園を利用しようと思った場合、仕事がない状態は不利になります。

また、再就職しようとする際、資格があったとしてもブランクがあるため収入が下がってしまう可能性があるでしょう。

寿退社を考えた場合、完全に仕事を辞めてしまうのではなく、職場を変えて就業環境を見直してみるのがおすすめです。

以下の記事では女性の多様な働き方に寄り添った転職サイト・転職エージェントを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

女性の転職サイトおすすめ18選最新ランキング|選び方や賢い活用術までしっかりと解説 女性におすすめの転職エージェント15選【年代・職種・地域別】選び方から活用術まで解説

給料が低い|スキルや経験がないと給料upは厳しい

仕事を辞めるべきでない理由で最後に紹介するのは、「給料が低い」という場合です。

自分の労働大家に対して給料が見合っていない場合は転職活動がスムーズにいく可能性もありますが、特にスキルや資格がない場合給料を上げるのは難しいでしょう。

自分のスキルを上げるためには資格試験に向けて勉強するのがおすすめです。

厚生労働省の人材開発支援として教育訓練給付制度があります。

教育訓練給付金制度とは

特定の専門資格た一般教養を学ぶ際に、指定された講義であれば給付金が支給される制度です。

受給要件を満たせば講義代金の最大70%(年間上限56万円)が支給されます。

一般的なTOEICや簿記の資格取得を目指す講義でも20%(上限10万円)を受給可能です。

WEB上にも無料で学べるツールが豊富にあるため、仕事をすぐに辞めるのではなく、まず自分の価値を高めてみてください。

仕事を辞めてもよい理由

今仕事を辞めるべきでない理由を紹介しましたが、今度は逆に仕事を辞めてもよい理由をご紹介します。

人間関係の悪化

仕事を辞めてもよい理由としてまずは「人間関係の悪化」です。

人間関係の悪さが原因でなどの精神的苦痛だったり身体的に壊れてしまう可能性があるからです。

自分が壊れてしまっても誰か保証してくれるのでしょうか。

今後の人生にも影響を及ぼしかねませんので自分を犠牲にして無理をしすぎず、自分と上手に向き合って考えることが大事です。

人間関係が悪化してつらいときは

その部署の人間関係がつらい場合は異動願いを出して、環境を変えることができないか掛け合ってみましょう。

違う部署や支店で働いてみると落ち着く可能性があります。

そういった行動がとれない場合や意見が聞いてもらえない場合は転職を検討しましょう。

労働時間への不満

次に仕事を辞めても良い理由には「労働時間への不満」があげられます。

残業時間の注意点

厚生労働省の労災認定に関する資料では、月100時間以上あるいは月80時間以上が2~6カ続いている場合は過労死の危険性が高いケースが多いようです。

もし、月100時間以上働いている場合は命にかかわりますので、早めに環境を変えてください。

家族の時間が欲しい有給をうまくとりたいという場合には、時短制度や上司への相談で解決できる可能性もあります。

部署で話が通じない場合は人事に直接問い合わせてみるのもおすすめです。

やりがい・達成感がない

仕事を辞めてもよい理由の3つ目は「やりがい・達成感がない」場合です。

結局のところ自分がなんのために働いているのか分からなくなり、自分の成長や達成感を味わうことができなければ、働く価値はありません。

一度きりの人生でそのような苦痛を味わい続けるのは精神的にもつらいですのでそのように感じるなら辞めてもよいと思います。

やりがいや達成感がないと感じた場合

上司に伝えて仕事内容を変えてもらえないか相談してみましょう。

自分にやりたい内容と合致したり、達成感を得やすい仕事を担当できたりする可能性があります。

また、やりがいのある職業へ転職してみるのも良いでしょう。

dodaは求人数も豊富で求人の幅も広くとり揃えており、未経験でも可能な求人もあります。

  • 職種、業種未経験で検索しても16,000件以上の求人あり
  • 学歴不問の求人も120,000件以上

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

社風や会社方針が合わない

仕事を辞めてもよい理由の4つ目は「社風や会社方針が合わない」ケースです。

入職してみてわかる社風や実際に働いてみて会社の方針と合わないと感じる人も多いでしょう。

もっとのびのびしたところの方が自分の価値を発揮できる

もっとチャレンジしたいけど周りの圧力が強くてできない

などと感じた場合は仕事を辞めても良いと考られます。

自分が求める条件をしっかり把握して転職活動をすすめるのがおすすめです。

生活環境が変わった

最後にご紹介する仕事を辞めても良い理由は「生活環境が変わった」場合です。

家族が引っ越しをしたため職場が通えないほど遠くなってしまったり、介護や子育てで出勤が難しくなってしまったりするケースがあります。

そういった場合はやむを得ず仕事を辞める必要が出てくるかもしれません。

生活環境が変わった場合

在宅で可能な仕事や部署に変えてもらえないか相談してみると良いでしょう。

在宅ワークが行える仕事に転職するのもおすすめです。

仕事を辞めたい時の対処法とは?

仕事を辞めたいけど、現実的に今すぐは辞められない…

多くの人が抱えているこのような悩みは、どのように解決したら良いのでしょうか?

そこで、すぐには仕事を辞められない人、また転職先が見つかるまで頑張りたい人に向けて、対処法をご紹介していきます。

将来的に仕事を辞めるか辞めないか関係なく、今を乗り切るために、ぜひ参考にしてみてください

気分転換になるものを見つける

仕事でストレスが溜まっていても、発散する機会がなければ溜まる一方です。

そんな時は、趣味や、リラックスできるお気に入りの場所・ものを探してみましょう。

気分転換の例
  • ドライブに出かける
  • 友達と食事に行ったり飲みに行ったりする
  • ジムで運動してみる
  • 映画に没頭する
  • カラオケでしっかり声を出す
  • 自宅でクラッシックを聞く
  • いつもより凝った料理に挑戦してみる

楽しめる・没頭できることに集中して、仕事を忘れられる時間を作ると効果的です。

生活習慣が乱れると、気分が落ち込みやすくなる傾向があります。
趣味が見つからなくても、早寝早起き・食生活・適度な運動などを心がけるだけでとても効果的です。

しっかりとプライベートを満喫できれば、仕事を頑張ろう!と思えるかもしれません。

仕事だと割り切る

あなたにとって、「仕事」とは何でしょうか。

多くの人にとっては、「仕事」は生きていくため、稼ぐための手段です。

もちろん、やりがいのある仕事や好きな仕事ができるに越したことはありませんが、現実的に100点満点の職場を見つけることは難しいでしょう。

「仕事は収入を得るため!」と割り切ることができれば、職場に求めるものも変わってくるかもしれません。

部署異動を願い出てみる

今の職場環境に不満がある人は、部署を移動することで解決する場合があります。

もし、部署を移動することで、評価・給与への不満、人間関係の不満、仕事内容の不満が解決できれば仕事を辞める必要はありません。

「部署移動は言いづらい…」と思う方は、以下のようなポイントを押さえれば問題ないでしょう。

  • 直属の上司に伝える
  • ネガティブな理由ではなく「自分と会社のために成長したい」という内容・表現をつかう
  • 繁忙期や決算期などの多忙な時期は避ける
  • 移動先で使えるスキルをアピールする

休暇をとってみる

一旦頭の中を整理するために、思い切って休暇をとってみることもおすすめです。

忙しすぎて心や体が追いつかず、不安や不満を感じやすくなっているかもしれません。

休暇をとり、自分の将来について考えたり、気分をリフレッシュすることで、仕事を頑張ろうというモチベーションにつながる場合もあります。

休暇が取りにくい場合

厚生労働省では年5日の有給休暇取得を使用者が時季を指定して取得させることが義務付けています。

労働基準法にも定められている内容になるので、会社に交渉してみましょう。

そこで冷静に考えても、仕事を辞めたい、転職したいと思った場合は早速準備を始めてしまうのも良いでしょう。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

目標を設定し人生を見つめ直してみる

あなたの将来の夢や目標を明確にすると、今何をすべきか判断しやすくなります。

例えば、「あの役職につきたい」が目標ならば、「あと数年頑張れば昇格できる」と仕事を続けるモチベーションを保つことができます。

一方、「将来は家族を養える収入が欲しい」が目標の場合、「今の仕事では目標年収にたどり着くまで時間がかかる」となり、転職が必要かもしれません。

あなたのやりたいこと、なりたいものを明確にするために、考える時間を作ることがおすすめです。

いつでも辞められる「武器」をつくる

「仕事を辞めたい」というストレスは、「いつでも辞められる」という心の余裕があれば解消できる場合があります。

例えば、副業をしていれば「仮に仕事を辞めてもしばらくは生活できる」という安心材料となり、心に余裕ができます。

もしくは、株式投資などで安心した老後があると金銭面でも余裕ができるでしょう。

心に余裕ができると、不安や不満を感じにくくなり、意外と仕事を続けていけるかもしれません。

他にも、資格を取ったり、こっそり転職活動を始めてみたり、自分に武器を作ることで自信が持てれば、仕事も転職活動もうまくいきやすいでしょう。

仕事を辞めると言い出せない時の対処法とは?

辞めたい理由を改めて考えて、それでも辞めようと決心したけものの、仕事を辞めると言いだせない人も中にはいると思います。

言い出せない人は、もし退職を伝えたら止められるのでは、とか何か嫌味を言われるのではと考えてしまいます。

そんな時にどのような対処法があるのかをご紹介していきます。

お世話になった方や、信頼できる方に直接話をする

仕事辞める_言い出せない_対処法_直接_話をする

まずは誰かに相談することが良いと考えられます。

1人で抱え込んでいても先が見えないもので、そういう時は些細な事でも周りの人に相談するとその先どうするべきか見えてくると思います。

会社でお世話になった方だったり、家族や友人など信頼できる方があなたの背中を押してくれると思うので、できるだけ早く相談しましょう。

周りに相談できる人がいない場合

匿名でSNSに投稿したり、転職に関する発信をしている人をフォローしたりするとヒントが得られることがあります。

YoutubeやYahoo知恵袋などで自分と同じ状況の人がいないか探してみてください。

自分の中で退職日を明確に決定する

仕事辞める_言い出せない_対処法_退職日_明確_決定

仕事を辞めると決めて、では具体的にいつ退職するか明確に決めることも方法のひとつです。

退職を言い出せない人はどうしても辞めることを先延ばしにしてしまうので、辞めると思っていてもそれからかなり先にしてしまうか、結局辞められないままです。

しかし明確に〇月に辞めると決めてしまえば、気持ちもすっきりします。

退職する日を決めると、いつ頃退職意思を会社に伝えるかも決まるので必然的に行動に移すことができます。

退職日の決め方
  • 繁忙期を避けて落ち着いている時期を選ぶ
  • ボーナスをもらってから辞められるかどうか検討する
  • 年末、年度末がおすすめ

転職エージェントに相談する

仕事辞める_言い出せない_対処法_転職エージェント_相談

転職活動のバックアップをしている転職エージェントに相談することもひとつの対処法です。

現在の不安や危機感について、経験豊富なキャリアアドバイザーに相談することで、新たな選択肢隠れた可能性を見出せるかもしれません。

転職エージェントとは
  • 転職サイトで利用可能な転職支援サービス
  • 面談をもとに求人情報を探してきてくれる
  • 仕事を辞めるかどうか考えているだけれも利用可能
  • 無料で気軽に相談できるエージェントも多い
  • キャリアプランも一緒に考えてくれる

仕事を辞めた後のことも考える

仕事辞める_言い出せない_対処法_辞めた後_考える

仕事を辞めた後のことも考えることもひとつの方法です。

どのように仕事を辞めるのか考えるだけでなく、仕事を辞めた後のことを考えると行動に移すことができるのではないでしょうか。

仕事を辞めた際に考えられること
  • 嫌いな上司を毎日関わらなくて済む
  • 重要性が低く単調な仕事をやらなくていい
  • 次に勤めたところで給料が上がれば使えるお金が増える
  • 在宅でできる仕事で子供との時間が増やせる など

仕事を辞めることでどのような未来が待っていて、どのような自分がいるのかを考えてみれば、その期待で行動を起こすことができます。

仕事を辞めないままでいるのは危険!

仕事を辞めるのは大きな決断となるため、なかなか実行に移せない人が多いのではないでしょうか?

しかし、仕事を辞めないままでいるとあなたに悪影響を与え続けてしまいます

仕事を辞めないままでいると危険な理由を4つ説明します。

時間やお金を無駄にしてしまう

仕事を辞めないままでいると、時間やお金が無駄になります。

なぜなら、やりたくない仕事をしている最中は本来幸せに過ごせていたはずの時間だからです。

ストレスが溜まっているとお金を使いやすい

ストレスが溜まっている状態では暴飲暴食やショッピングで買いすぎたりと精神的に安定しているときよりお金を使いやすい傾向があります。

さらに、万が一精神や身体の健康を害してしまった場合が長期の治療や治療にお金を使うことになってしまいます。

また、年齢も若い方が転職しやすく、ポテンシャル採用として今後の給料も伸びやすいといわれているので、仕事を辞めないと時間とお金の無駄です。

健康が損なわれてしまう

仕事を辞めないままでいると、健康を害してしまう可能性が高いです。

例えば、ストレスによる睡眠障害では、夜眠りにつくことができず、寝不足が続いてしまい体が休まることがありません

また、ストレスで初めや頭痛や腹痛などの軽い体調不良であっても、会社に近づくごとに動悸が激しくなり出勤できなくなってしまったケースもあります。

精神的なストレスが強い場合

精神の不調をきたすと、最悪の場合数年単位での治療が必要となるので会社を辞めないでいると危険だといえるでしょう。

プライベートの友人関係が壊れてしまう

仕事を辞めたいと思っても辞められてない場合、友人関係に亀裂が入る可能性が高いです。

忙しいとそもそも友達と会えなかったり、ストレスが溜まっていると友人と会うのがうっとおしいと思ってしまうでしょう。

友人は本来であればあって話したり一緒に食事をしたりしてストレス解消する最適な相手です。

仕事が辞められない状態が続くと、周囲に人がいなくなる

ストレスを抱えたまま仕事を続けていると、友人と疎遠になり、些細なことで大きなケンカや縁が切れてしまうかもしれません。

自己肯定感を失ってしまう

仕事が辞められない状態は、自分の気持ちを抑えている状態であるため、どんどん自己肯定感が失われていってしまいます

本心をごまかしながら生活をしている自分を好きになれず、苦しんでいると、さらに浪費をしたり、人と会いたくなくなってふさぎ込んでいくでしょう。

自己肯定感を失う負の連鎖

誰とも話したくなくなり、一人で抱え込んでしまうとさらに自身を失い、自己肯定感が下がっていきます。

仕事でのミスが増えたり粗雑な人間関係になりやすくなったりするため、早めに仕事をやめる検討をしましょう。

仕事を辞めても大丈夫!転職を絶対に成功させるコツ3つ

転職が成功すれば安心して辞められるのに…

次働くところがあるかわからないから心配でやめられない…

次の職場が決まれば不安なく仕事を辞められるという人にとって、転職活動は必ず成功させたいものです。

ここでは、転職を絶対に成功させるコツをお伝えします。

仕事を辞めて後悔しないために、3つの項目を確認していきましょう。

転職の理由を明確にする

最初に、転職の理由を明確にすることが大切です。

転職の理由を明確にして具体的な項目をあげておくと、仕事を辞める際にも説得力が増します

辞めたい理由を書き出してみるの項目でも説明したように、まずなぜ辞めたいのかを紙に書きだしたりスマホでメモをしたりしましょう。

転職先を選ぶ際の基準にもなりますので、絶対に譲れないものと、少しだったら条件を交渉してもいいものを決めておいてください。

転職の理由を明確にしていないと発生するリスク
  • 転職後にミスマッチが起きてしまう
  • 迷いが多くて転職活動がすすまない
  • 現在の職場を辞めることに気を取られて、転職先を妥協して後悔する

仕事を続けながら転職する

仕事を辞めたいからと言って、仕事を辞めてから職探しをするのは控えましょう

なぜなら、安定した収入がないと、焦って次の転職先を決めようとしてしまうかもしれないからです。

納得できない条件でも金銭面の問題で入職せざるを得ない状況に陥る可能性があります。

また、ブランクが空いてしまうと仕事の感覚が鈍ったり取得しているスキルの価値が低くなったりするため、仕事をしながら転職するのがおすすめです。

転職サービスを利用する

失敗しない転職をするには転職サービスの利用が効率的です。

数多くの転職先から、自分に合った理想の転職先をエージェントと相談しながら探していくことができます。

加えて、エージェントが面接の調整労働条件・年収の交渉もしてくれるため、仕事を続けながら転職活動をすすめるために重要なサービスです。

転職サービスを使用しないで転職活動をするデメリット
  • 何万件のなかから求人を確認して自分に合っているものを探すのに時間がかかる
  • 自分で企業に電話をして面接の調整をしなければならない
  • 言い出しにくい労働条件や年収交渉をやる必要がある
  • 現在の職場をどうやって辞めればいいか相談する相手がいない
転職_おすすめ_エージェント

悩んだ時に転職エージェントに相談するのがおすすめと紹介しましたが、転職エージェントの中でも総合的におすすめのエージェントをご紹介していきます。

転職エージェント特徴公開求人数非公開求人数年代エリア料金公式サイト
マイナビエージェント
マイナビエージェント
2023年オリコン満足度調査NO.1 68,496件18,937件20~30代全国無料マイナビエージェント
doda
doda
10万件を超える非公開求人231,226件非公開20~40代全国無料doda
リクルートエージェント
リクルートエージェント
転職支援実績NO.1 369,564件228,926件20~40代全国無料リクルートエージェント
おすすめ転職エージェント

※横にスクロールできます

出典:マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 2023年オリコン満足度調査NO.1
  • 初めての転職でも安心のサポートが充実
  • 転職相談会や転職セミナーが豊富

マイナビエージェントは2023年度最新のオリコン満足度調査で転職エージェント部門第1位を獲得している転職サービスです。

初めての転職でもキャリアアドバイザーが丁寧に質問してくれるため、希望条件を厳選していくため、後悔のない選択につながります。

また、通過率を高めるために企業のニーズに着目した書類添削や、徹底した面接対策を行ってくれるため安心です。

さらに、初めての転職で不安な人が集まる転職相談会転職セミナーでは希望と適性に合った求人の紹介や、最新の採用情報をしることができます。

マイナビエージェントの基本情報
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約68,000件
非公開求人数約18,900件
対応エリア全国
対応職種IT系技術職
営業職
機械・電気系技術職
金融系
不動産・建築職
医薬・医療系職
販売・サービス系職
クリエイティブ職
企画・管理系職など
実績2023年オリコン顧客満足度®︎調査 転職エージェント第1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年12月時点
良い口コミ

転職を考えていた時に、インターネットの評判を聞いて転職をサポートしていただきました。

最大手に比べて求職者の数が少なく、その分、丁寧にサポートしていただけるという評判でしたが、まさにその通りでした。

こちらの希望を親身になって考えてくださり、さらに担当の方の判断で確認しきれないほどの転職案をだしてくださりました。(一部抜粋)

引用:みん評


ミスマッチへの配慮を丁寧にしてくれたこと、転職活動の軸がぶれた時も親身に相談に乗っていただけたこと、多くの候補企業を提案してくれたことの3点が凄く良かったです。

おかげで利用してから2ヶ月で無事に内定を取ることが出来ました。

次に転職する時もぜひ利用したいと思っています。(一部抜粋)

引用:みん評

悪い口コミ

ゴリ押し企業2社と関東住みなのに関西の企業紹介されました。

面談後の応募書類はなかなか急かすくせに

求人紹介少なすぎ…ないならないで教えて欲しいです。

引用:みん評


転職活動のため、マイナビエージェントに登録しました。

すぐに連絡がなく、営業日3日後にメールが来たかと思えば、「あいにく現在弊社にてマッチする求人がなくすぐにご紹介が難しい状況です。」とのことで、面談すらしていただけませんでした。

引用:みん評

マイナビエージェント 評判 アイキャッチ マイナビエージェントの評判はひどい?口コミからサービスの特徴、おすすめできる人まで徹底解説

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

出典:doda
dodaの特徴
  • 公開・非公開求人を合わせると27万件以上の求人あり
  • 幅広い求人があり転職活動の視野が広がる
  • 在宅勤務可能な仕事が9.8万件以上

dodaは公開・非公開合わせて10万を超える求人があり、希望に見合う会社を見つけることができる転職サービスです。

求人数も業界トップの方で、地方や若年層向けの求人も多数あるので、どなたにでもオススメできます。

また、大手・優良企業から中小・ベンチャーまで幅広い企業が揃っているので転職活動の視野は広がるでしょう。

さらに、キーワードに「在宅勤務」を入れて検索すると98,423件の求人があり、出勤のストレスがある方や在宅ワークをしたい方でも問題ありません。

dodaの基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約230,000件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業職
企画・管理
事務・アシスタント
技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)
技術職(組み込みソフトウェア)
技術職(機械・電気)
技術職・専門職(建設・建築・不動産・プラント・工場)
技術職(化学・素材・化粧品・トイレタリー)
技術職(食品・香料・飼料)
医療系専門職
金融系専門職
専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)
販売・サービス職
クリエイター・クリエイティブ職
公務員・教員・農林水産関連職など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年12月時点
良い口コミ

転職エージェンシー他社と比べて専任の担当者がとても親身になって相談に乗ってくれ、履歴書、筆記、面接のたびに相談や足りない部分など添削してくれたので志望している会社のほしい人材像を深く理解でき、自分の志望動機と職務経歴をぴったり合わせることができた。(一部抜粋)

引用:みん評


DODAは、一番スピード感があり、コーディネーターさんも親身になって相談に乗って下さり、圧倒的な求人案件の量で、一日も早く転職を決めたいと思ってる方には絶対にお勧めしたいです。

私は企業に応募してから2週間で正社員として内定を貰えました。

自分のやりたかった職種ですし、内定承諾時に送られてきた採用条件も驚く程良いもので、年収は百万円位上がる予定です。

引用:みん評

悪い口コミ

担当のキャリアカウンセラーは何も動いてくれませんでした。

案件紹介は初回のみでした。

他社は定期的に案件を紹介してくれますが、dodaはやる気無い印象でした。(一部抜粋)

引用:みん評


今、務めている会社を紹介してきました。

辞退の理由を書いても、必須条件にマッチしてない求人を無視して送ってきます。(一部抜粋)

引用:みん評

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

doda(デューダ)の評判は悪い・ひどい?口コミを元にどんな人におすすめかを解説
出典:リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1のエージェント
  • 業界最大級36万件以上の豊富な求人数
  • 自分ではわからない価値をみつけてくれる

リクルートエージェントは転職支援実績NO.1の転職サービスです。

求人数は業界最大手36万件を超えています。

スキルや資格がない方でも、エージェントが寄り添い経験や習慣などから強みを考えてくれるため安心して転職活動を進めることができるでしょう。

また、各業界に精通した経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍しているため、希望する職種に合わせて転職活動をサポートいたします。

リクルートエージェントの基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約360,000件
非公開求人数約220,000件
対応エリア全国
対応職種営業・販売・カスタマーサービス
企画・マーケティング・経営
管理・事務 物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ
SE・ITエンジニア
エンジニア(設計・生産技術・品質管理)
建築・土木・設備
医療・医薬・化粧品
その他(講師・調理師・介護など)
実績転職支援実績No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年12月時点
良い口コミ

細かいところまで親身に返信してくれたりする。

職務経歴書や面接対策など添削してくれる。

求人も圧倒的に多いし、日本のエージェントの中では一番だと思う。(一部抜粋)

引用:みん評


転職エージェントはサイトによって癖があることが多く、使い方が分かるまで上手く仕事を探せなかったりします。

自分は二三のサイトを利用したのですが、一番使い勝手が良かったのがクルートエージェントでした。

引用:みん評

悪い口コミ

地域に専門の職場はありません
とあっさりだった

引用:みん評


担当者の名前を名乗らず身バレしない安心感からかなのか上から目線で怒った口調で対応してきました。

リクルートエージェントと申しますと言っていたが普通はリクルートエージェントの担当の〇〇ですと名乗るべき自力で探したほうが良いと思いこちらからお断りしました。

引用:みん評

リクルートエージェントの評判はひどい?リアルな口コミや年代別おすすめ度を解説

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

第二新卒_おすすめ_転職エージェント

続いては第二新卒のかたにオススメの転職エージェントをご紹介します。

転職エージェント特徴公開求人数非公開求人数年代エリア料金公式サイト
Re就活
Re就活
20代が選ぶ20代向け転職サイトNO.1 10,108 件 非公開20代全国無料Re就活
DYM就職
DYM就職
書類選考なしで面接可能非公開非公開20~30代全国無料DYM就職
就職カレッジ
就職カレッジ
無料の就活講義が5日間受講可能非公開非公開20~30代全国無料就職カレッジ
第二新卒におすすめ転職エージェント
出典:Re就活
Re就活の特徴
  • 20代が選ぶ20代向け転職サイトNo.1
  • 参加者96%が満足の20代の来場者数日本一の転職イベントを開催
  • 職種未経験歓迎・業種未経験歓迎求人が700件以上(2023年12月時点)

Re就活は未経験職種へ挑戦キャリアチェンジしたい20代におすすめの転職サイトです。

掲載されている求人は、これまでの経歴が関係なく、あなたの向上心やポテンシャルを評価してくれます。

求人検索をする際には「業種未経験歓迎」「職種未経験歓迎」という項目で検索すると約700件の求人が検索可能です。

また、取り扱い業界はIT業界27%商社23%メーカー14%であり、こういった業界に興味のある方登録してみてください。

Re就活エージェントの基本情報
運営会社株式会社学情
公開求人数約10,100件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業系
企画・事務・管理系
販売・サービス系(ファッション、フード、小売)
専門サービス系(医療、福祉、教育、その他)
クリエイティブ系(ディレクター、デザイナー、ライター、その他)
ITエンジニア系(SE・システム開発・インフラ)
技術系(電気、電子、機械)
技術系(建築、土木)
技術系(医薬、化学、素材、食品)
施設・設備管理、技能工、運輸・物流系
実績転職エージェント20代登録比率No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年12月時点
良い口コミ

初めての転職活動という事もあり、1からしっかりと教えてもらいながら転職活動を進めたかった私にはぴったりのエージェントでした。

履歴書や職務経歴書の書き方の講座や、その他にも自分の適性を診断してくれるサービスがあったりと初めての転職活動をサポートしていただきました。

仕事をしながらの転職活動でしたが、後日アーカイブで見たい講座が見られたり、アドバイザーの方のレスポンスが早く、面接に向けて的確なアドバイスをいただいたおかげで無事に内定を頂くことができました。(一部抜粋)

引用:みん評


re就活の良い所は、エージェントを通さずに直接応募出来る点です。

ほぼ全ての転職サイトを利用しましたが、エージェントと話さないとまず応募出来ないと言われたり、どう見ても良い会社ではない条件やエージェントに都合の良い会ばかり提示され、ハイエナのように群がってきて大変でした。

あなたにはこの条件しか、現実的には無理ですと言い切る悪いエージェントも沢山居ます。

その点で、企業に直接応募した方が時間が無駄にならず、効率が良いと思います。(一部抜粋)

引用:みん評

悪い口コミ

20代半ばで3社経験のジョブホッパー、業界も転々としてきたため、経歴やスキルに不安があり登録。

エージェントから「職歴があってキャリアも積まれているので支援が難しい」と断りの電話があった。

キャリアという言葉の意味を勘違いしているんじゃないかな…

そのキャリアに不安がある職歴だから相談したかったのですが。

引用:みん評


初回のヒアリングで、何もなかったように時間に遅れるし終始無愛想。

しかも向こうも偉い人なのか分からないけど進行下手。

自分ではコミュニケーションが苦手ってわかってたけど、「たぶん面談ではそっちの能力はダメだと思うから」みたいに言われて本当に腹が立ちました…

引用:みん評

第二新卒におすすめの転職エージェント12社を比較一覧|選び方から活用法まで丁寧に解説

出典:DYM就職
DYM就職の特徴
  • フリーター・ニート向けの正社員求人あり
  • 内定獲得後も入社手続きまでフォローあり
  • 書類選考なしで面接可能

DYM就職は、第二新卒既卒フリーターニート向けの正社員の求人がある転職サービスです。

採用担当の方や企業の社長と直接交渉ができるため、登録したら書類選考なしで面接ができます。

また、エージェントが就職するまでサポートしてくれるので、初めての就職や転職でも安心できます。

ただ、ハイキャリアを目指す人のための求人は少ないため、他の転職エージェントを検討してみてください。

転職エージェントおすすめ28選|各社の強みを徹底比較!大好評の3社は?
DYM就職の基本情報
運営会社株式会社DYM
公開求人数不明
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種不明
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年11月時点
良い口コミ

ハローワークにも通う中、ネット検索で見つけたDYM就職に登録したのですが、アドバイザーに学業と仕事を両立したいと相談したところ「両立できる職場を一緒に探そう」と言ってくれました。

将来のことを含めて、じっくり話を聞いてくれたのも嬉しかったです。

その後販売職に内定、職場仲間の応援もあり無事に大学を卒業できました。

引用:みん評


DYM就職なら、自分の経歴、希望の職など登録するだけで、書類選考無しで面接に進むことができました。

面接の段階で私の情報が先方に伝わっているので、スムーズに話が進みました。

履歴書を書く手間も減り、色々な求人を常に紹介してもらえるので、前向きに就活をすることができるようになりました。正社員向けの求人も多く、期待が持てます。

引用:みん評

悪い口コミ

未経験だと難しいことはわかっておりましたが、事務職で働きたかった為、ご相談させていただきました。

こちらの希望を聞いている時もあまり親身に聞いてくれる感じではなく、相談できませんでした。

職務経歴書とか書いて分からなければ聞いてください。という感じで結構投げやりでした。(一部抜粋)

引用:みん評


まったく意図してない別の業種の求人を紹介された。

どうしても働く意欲が湧かないので、断りました。

引用:みん評

出典:就職カレッジ
就職カレッジの特徴
  • 無料就職講座で就活の準備が整う
  • 書類選考ナシで約20社と面接可能
  • 未経験でも80%を超える就職率、1年間の活躍支援研修あり

就職カレッジは未経験でも正社員への就職が可能な転職サービスです。

無料就職講座でビジネスマナーや企業分析が学べるほか、書類選考なしで企業と面接可能なため、未経験の分野においても就職率を上げることができます。

そのため、未経験分野でも就職率は80%を超えており、就職後も活躍支援制度が1年間あるため安心です。

就職カレッジの基本情報就職カレッジ
運営会社株式会社ジェイック
公開求人数不明
非公開求人数不明
対応エリア北海道・東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
・愛知県・大阪府・兵庫県・広島県
・その他地方でオンライン対応
対応職種営業や接客、施工管理や事務職などの総合職
実績相談満足度93,5%
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年12 月時点
良い口コミ

大学中退してすぐジェイックの研修に参加しました。

この研修の中で自己理解を深め、様々なことを学びました。

就職活動も上手くいき、無事に内定をもらいました。(一部抜粋)

引用:みん評


申し込みをしてからすぐに担当アドバイザーより連絡がきて、スケジュールや就活の流れ等分かりやすく説明してくれました。

疑問点や不安に思ってる事なども明快に答えてもらえて、信頼できる感じがしました。

説明会では就職のノウハウを分かりやすく説明があり、自分がどう動いていけばいいか疑問点を解消することができました。(一部抜粋)

引用:みん評

悪い口コミ

面接練習に関してははアプリで面接してるところを自撮りしてひたすら練習といった感じです。

対面練習は同じくカレッジ受講者と一緒にやる感じです。

ただ相手も面接に関しては素人なので、お互い反省点とかもわからず終いが多々ありました。(一部抜粋)

引用:みん評


紹介された企業は、あまり質が高いようには思えませんでした。

20社紹介されて、面接を受けてみたいと思うところはありませんでした。

引用:みん評

働かないで稼ぎたい人におすすめの方法は?

様々な理由で働きたくないと思う人は多いと思われます。

しかし、生きていくためにはお金が必要であり、お金を得るためには労働をするのが一般的です。

ここでは企業で働かなくてもお金を得る方法を5つお伝えします。

もし、自分に合う方法があれば試してみてください。

働かないで稼ぐ注意点

ここで紹介している方法で確実にお金が増える保証はありません。

仕事を辞めたいなら転職サイトを利用した安心安全な転職をおすすめします。

株式投資をする|勉強は必須

働かないで稼ぐ一つの方法として、株式投資があげられます。

株式投資とは企業が売っている株式を購入し、株価が上がった状態で売ると利益が出たり、株を持っているだけで配当金がもらえる仕組みがあります。

しかし、株価が下がれば損をすることもあります。

日頃ニュースや、世界情勢などを追い、企業分析をしてどういった会社の株が上がりやすいか勉強する必要があるでしょう。

メリットデメリット
・配当金で不労所得が得られる
・企業が成長する前に買うと利益が数倍になる可能性がある
・株を買う資金が必要
・株価が下がれば資産が急になくなってしまう
株式投資のメリット・デメリット

フリマサイトを利用する|家の不用品だけでなくせどりも検討

家の不用品をフリマサイトを利用して売っても、お金を得ることができます。

メルカリなどのフリマサイトは自分で売るものの値段を決めることができ、その値段で買う人がいれば問題ありません。

もしかすると、自分では価値がないと思っていたものでも高額で売れる可能性があり、働かないで稼げる方法の一つです。

中古品販売や海外のサイトで仕入れてフリマサイトで売る「せどり」といわれる手法で月に何十万も稼ぐ人もいます。

メリットデメリット
・不用品がお金になる
・自分で値段を決められる
・売れなければお金にならない
・在庫を抱えてしまう可能性がある
フリマサイトのメリット・デメリット

モニターアンケートに答える|スキマ時間の利用

働かないで稼ぐ方法として、モニターアンケートに答える方法があります。

アプリやLINE、メールを登録しておくとアンケートが届き、答えることでポイントやデジタルギフトなどがもらえる方法です。

また、実際の商品を使った感想を答えるものもあります。

モニターアンケートのおすすめサイト

気軽にあまり頭を使わないでもできるため、スキマ時間に稼ぐのに適しています。

しかし、一回のアンケートで得られる報酬は少ないため、生活の主軸となるほど稼ぐのは難しいでしょう。

メリットデメリット
・いつでもすぐ簡単に稼げる
・ほとんどノーリスクで行える
・一回のアンケートで得られる報酬は少ない
・必ずアンケートを定期的にこたえられるとは限らない
モニターアンケートのメリット・デメリット

クラウドソーシングを利用する|初心者募集を狙う

企業に勤めないで稼ぐ方法としてクラウドソーシングを利用する方法があります。

クラウドワークスなどのクラウドソーソングでは、初心者がお金をもらいながら学び、稼ぐ仕事が豊富です。

例えば、ゲームをプレイしたり記事を読んだりした感想を書く簡単なデータ入力を行う仕事が掲載されています。

自分のスキルになる仕事の募集もあるため、興味のある者にはどんどん応募してみてください

メリットデメリット
・初心者でも歓迎の簡単な仕事も多い
・長期採用もあり、スキルを得たい人にもおすすめ
・採用されないと仕事ができない
・単価が安いものが多い
クラウドソーシングのメリット・デメリット

デジタルコンテンツを販売する|クリエイティブな活動が好きな人

もし、絵をかいたり文章を書いたりするのが好きな場合は、デジタルコンテンツを販売するもの働かないで稼ぐ方法の一つです。

noteといった記事コンテンツを発信できるサービスでは、自分が得意としている領域の記事を作成して有料で販売することができます。

定期的に購入する人がいる、売れるコンテンツが作成できれば、不労所得を得ることができます。

また、ココナラでは個人のスキルを気軽に売り買いできるため、自分の経験や実績に合わせて依頼を受けて仕事をすることが可能です。

メリットデメリット
・一つコンテンツを作れば不労所得を得られる可能性がある
・自分の得意分野でのコンテンツを作成できる
・売れなければまったく利益にならない
・売れるためのマーケティングの知識も学ぶ必要がある
デジタルコンテンツのメリット・デメリット

仕事を辞めたい人によくある質問

仕事辞めたい人_よくある質問

最後に、仕事を辞めたい人によくある質問をご紹介します。

仕事をやめた方がいい体のサインはありますか?
うつ病等で休職に至る警告サインの明確化の研究報告では、休職前に生じた変化として以下のものがあげられています。
・言葉がうまく出てこない
・怒りっぽくなる
・休日でも不安や緊張が取れない
・体全体がだるい
・体のかゆみがある
・発熱や動機がある
・過食や暴飲暴食
・体重が減る
・自殺サイトを閲覧する
・じっと座ってられなくなる など
仕事を辞めるならいつ頃が良いですか?
年間を通して求人が多くなるのは10月と3月です。
その時期を狙って転職活動をするのであれば9月末、3月末に退職を検討するのが良いでしょう。
正社員は退職日の2週間前に申し出をすれば法律上は辞めることが可能です。
しかし、就業規則などには「一カ月前に申し出ること」と記載されていることが多いので確認しておいてください。
損をしないように退職するにはどうしたらいいですか?
退職日は転職先が決まっている場合、会社に入社する前日にするのがおすすめです。
なぜなら、雇用期間が一日でも空白があると国民健康保険に切り替わってしまい、自己負担額が増えてしまうからです。
また、退職の時期は繁忙期を避け、ボーナスが支給された後を考慮すると、比較的に損をせず退職することができるでしょう。

仕事を辞めたい時は、辞めたい理由を明確にしよう

今回は「今仕事を辞めたい」と考えている人へすべきことや、言えない時の対処法、辞めた後何をするべきかお伝えしました。

1日8時間勤務、週休2日、祝日やお正月を休んだとして、1年間の労働時間は1924時間になります。

これは1年(8670時間)のうち、働いている時間は約22%ということになりますが、あなたはこれを長いと感じるでしょうか、短いと感じるでしょうか。

自分にとって仕事は何かを考え直す時間を作ると、今あなたがやるべきことが見えてきやすくなります。

仕事を辞めるということは新たな人生のスタートでもあるので、転職を視野に入れるのもおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

転職サイトおすすめ比較ランキング34選!特徴から口コミ評価ランキングまで徹底比較