リクルートダイレクトスカウトの評判はやばい?特徴や口コミからリアルの評価を解説

リクルートダイレクトスカウトってどうかな?

キャリアがないと求人を断られるの?

リクルートダイレクトで年収アップしたいけど・・・

リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターや企業からの「スカウト」をメインとした、ハイクラス転職支援サービスです。

年収800万円以上が目指せるため、キャリアアップや年収アップを目指している方に人気があります。

ただし、ハイクラス専門でありキャリアアドバイザーのサポートがつかないなど、リクルートダイレクトスカウトは特出した特徴があります。

リクルートダイレクトスカウトの求人数や強みは以下のとおりです。

求人数(公開+非公開) 534,940件(534,940+非公開)
強み・高収入の求人が多く、年収アップが可能
・リクルート共通のレジュメで登録が簡単
おすすめな人・年収アップキャリアアップを目指すハイクラスの人
・専門スキルや実績がある人
・スピードより質を求める人

本記事では、リクルートダイレクトスカウトの評判からメリット・デメリットを検証し、使うべき理由や上手に使いこなすコツをご紹介します。

リクルートダイレクトスカウトを利用すべきか迷っている方、好条件で転職をしたい方はぜひ参考にしてください。

リクルートダイレクトスカウトの評判 ざっくりまとめ

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

目次 開く

  1. リクルートダイレクトスカウトの総評
  2. リクルートダイレクトスカウトの悪い口コミ評判からわかったデメリット
  3. リクルートダイレクトスカウトの良い口コミ評判からわかったメリット
  4. リクルートダイレクトスカウトをおすすめしたい人
  5. リクルートダイレクトスカウトがおすすめできない人
  6. リクルートダイレクトスカウトの基本情報やサービスの特徴を紹介
  7. サイトリニューアル(2023.12.4〜)の詳細 
  8. リクルートダイレクトスカウトと他の転職サイト・エージェントの違い
  9. リクルートダイレクトスカウトを上手に活用する5つのポイント
  10. リクルートダイレクトスカウトの「求人」の平均年収や年収が高い業種を調査
  11. リクルートダイレクトスカウトの登録からスカウトを受けるまでの流れ
  12. リクルートダイレクトスカウトと併用がおすすめの転職サイト・エージェント
  13. リクルートダイレクトスカウトに関してよくある質問
  14. リクルートダイレクトスカウト評判のまとめ
目次へ

リクルートダイレクトスカウトの総評

リクルートダイレクトスカウト_評判_総評

リクルートダイレクトスカウトに関する口コミ調査の総評をご紹介します。

良い口コミ評判悪い口コミ評判
①ハイクラスのスカウトが届く
②自分の市場価値がわかる
③年収がアップした
①通知が多くて面倒
②未経験だと難しい
③他社とスカウトがかぶる

リクルートダイレクトスカウトの評判は、良い口コミと悪い口コミと意見が半々と大きく分かれます。

良い口コミ評判では「希望条件以上の求人を紹介してもらえた」など、満足する声がある一方で、悪い口コミ評判としては「通知が多く面倒」などが散見されました。

リクルートダイレクトスカウトの評判やサービスの特徴から、5段階で評価した結果とおすすめの人をご覧ください。

項目評価特徴
求人数 業界最大級で豊富な求人がある
求人の質 高収入の求人が多く、年収アップが可能
対象エリア 全国対応だが首都圏が主流
サポート内容 手厚いサポートは期待できない
スタッフ対応 対応は丁寧で好感がもてる
企業の信頼性 大手のリクルートが運営しており信頼が厚い
口コミ評判 「良い」と「悪い」が半々
おすすめの人 ・年収アップキャリアアップを目指すハイクラスの人
専門スキルや実績がある人
・スピードより質を求める人
おすすめできない人 ・キャリアアドバイザーのサポートが必要な人
・スカウトを待つより自力で転職活動したい人

リクルートダイレクトスカウトは、「求人」や「企業の信頼性」などで高い評価を得ています。

しかし、「サポート内容」については、マイナスの意見もあるのが実情です。

一般的な転職エージェントのような、転職活動のサポートはほぼないと考えてよいでしょう。

「サポートが手厚くない」理由は、30代以降の経験や実績があるキャリア層向けの求人をメインにしているからと言えます。

あなたが転職サイトにどの程度のサポートを求めるかで、リクルートダイレクトスカウトの利用価値が変わります。

キャリアアドバイザーのサポートを受けたいあなたは、併用がおすすめの転職サイト・エージェントを活用してください。

リクルートダイレクトスカウトの悪い口コミ評判からわかったデメリット

ここからは、実際にリクルートダイレクトスカウトを利用した方の口コミを交えて、リクルートダイレクトスカウトのデメリットを調査していきます。

悪い口コミ評判の中でも、「通知が多い」「他社とスカウトがかぶる」といった、求人に関する悪い口コミが目立ちます。

悪い口コミ評判がどんなデメリットにつながるのか、また解決策についても解説していきます。

通知が多い

リクルートダイレクトスカウトの悪い口コミ評判には、「スカウトの通知が多い」といった口コミが多数あり、デメリットとなっています。

・スカウト通知が多すぎる

・メールが多すぎてうざい

登録すると一気にスカウト通知が届くため、すべてに目を通すことができない点で、評価を落としています。

リクルートダイレクトからのメールが4日くらいで300件超えそうで草

引用:X

リクルートダイレクト公式サイトによると、登録から1ヶ月の間に届くスカウトは平均して23通とのことです。

平均以上にスカウトメールが多いのは自身が認められていることと受け取れますが、多すぎると煩わしいでしょう。

スカウト通知が多すぎる場合の解決方法
  • 通知が多すぎる・・・公式HPの設定画面からスカウトサービスを「利用しない」に変更する
  • 求めていない通知が届く・・・レジュメの登録内容を確認し的確な内容に修正する

AIによる分析を導入しているため、マッチングにより、スカウト通知が大量に届く場合があります。

一時的にでもスカウトメールを止められるため、必要に応じて切り替えすることをおすすめします。

未経験チャレンジは厳しい

リクルートダイレクトスカウトには、「未経験チャレンジは厳しい」という悪い評判があります。

経験がある業界からのスカウトが多い傾向があり、未経験を希望する人にとってデメリットとなります。

・未経験のスカウトはこなかった・・・

・届くスカウトは同業種ばかり

「新しい業界に挑戦したい!」と考えている人は、なかなか希望の求人が届かないことに不満を感じるのは当然でしょう。

新しい業界に挑戦したい場合の解決方法
  • 自分で求人を探してチャレンジする・・・ヘッドハンターに応募を依頼する
  • 希望の年収を下げる・・・未経験業種に転職して長期でキャリアアップを狙う

リクルートダイレクトスカウトでは、企業への直接応募はできないため、担当のヘッドハンター経由で応募を依頼しましょう。

また未経験業種にチャレンジする場合は、年収を一旦下げて転職をして、キャリアを積んでキャリアアップする方法も検討してください。

他社とスカウトがかぶる

リクルートダイレクトスカウトには、「他社とスカウトがかぶる」という悪い評判も多数見受けられます。

・ビズリーチと同じスカウトなんだが・・・

・届いたスカウトは他社で見た内容と同じ

年収や希望職種によっては、スカウト数に限りがあり、他社と同じスカウトが届く場合があり、デメリットとなっています。

同じスカウトを避けるための解決方法
  • 特化型転職サイトと併用する
  • 複数の転職サービスに登録し、出会える求人数を増やす

あなたが求める業種や職種に強い転職サイトや転職エージェントに登録し、出会える求人数を増やすなどの対策をしましょう。

業界トップクラスの豊富な求人から自分に合った企業が選べるリクルートエージェントもおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

サイトがリニューアルされて使いにくい

リクルートダイレクトスカウトの公式サイトは12月4日にリニューアルされており、新しいサイトは「使いにくい」との口コミが散見されます。

・サイトが変わっているけど変更するのめんどう

・求人票が反映されない?

・改善してほしい機能がある

リニューサル後しばらくの間は、サイトの機能が十分ではなく、混乱を招いているようです。

求人票だか何か反映されないの?とかエラーの話数人見たんです。

引用:x

確かにいくつか機能で改善して欲しいものが明確にありますが、現状は悪くないですね。使いこなせるかどうかですね。

引用:x

事実、旧サイトの利用者は一部登録を変更しなければならないなど、多少の負担はあるようです。

とはいえ使いこなせれば、以下のような追加機能を利用できるようになります。

・リクルート共通のレジュメが利用できる

・レジュメと企業が求める人材要件をAIが分析

・企業・エージェントとチャットでやりとりできる

なおサイトリニューアルについては、後述の(サイトリニューアル(2023.12.4〜)の詳細)の項で詳しくご紹介しています。

リクルートダイレクトスカウトの良い口コミ評判からわかったメリット

リクルートダイレクトスカウトに関して悪い評判やデメリットがある一方で、良い口コミ評判もあります。

良い口コミからわかるメリットについてご紹介します。

ハイクラスのスカウトが届く

リクルートダイレクトスカウトには、「高収入条件が多かった」「ハイクラス求人が届いた」という良い評判があります。

  • 高収入条件が多かった。
  • ハイクラスの求人が届いた。
  • 年収800万円以上の求人が多かったです。

スカウト機能があるリクルートダイレクトスカウトは、レジュメを登録していれば、ハイキャリアのスカウトメールが届くのが魅力です。

リクルートダイレクトからスカウト来てるけど、スペック過大評価じゃね?と思うのだな(一部抜粋)

特に高年収・ハイスペックのスカウトが届くため、好条件での転職が期待できます。

自分の市場価値がわかる

リクルートダイレクトスカウトでは企業からのスカウトにより、自分の市場価値を把握できる点はメリットです。

同じ会社で働いている場合、自分がどの程度のレベルなのかわかりにくいものです。

大手企業からのオファーやスカウトによって、自分のキャリアに自信をもてるようになります。

・大手企業からオファーが来た

・スカウトが届いて自分に自身がもてた

市場価値を把握しないまま転職活動をしてしまうと、現在のキャリアが活かせなかったり、実力以下の企業に転職してしまったり、失敗につながります。

「大手企業にスカウトされるほどキャリアがある」と市場価値を知るためにも、リクルートダイレクトスカウトを利用する価値はあるでしょう。

年収アップが可能

リクルートダイレクトスカウトには、「年収が上がった」という良い評判があります。

・年収上がりました

・年収アップしてキャリアアップできた

リクルートダイレクト公式サイトでは100万以上UPしている方の転職事例を多数紹介しています。

成功事例の一部をご覧ください。

40代女性・・・年収800→935万円 (135万円アップ)

40代男性・・・年収950万円→1200万円 (250万円アップ)

40代男性・・・年収1500万円→1800万円 (300万円アップ)

30代女性・・・年収650万円→1000万円 (350万円アップ)

30代男性・・・年収1400万円→2000万円 (600万円アップ)

私の場合は転職して年収上がりました。 中堅くらいになると待遇面も考慮しないといけない点だと思うので、使ってみて損はないかと思います。(一部抜粋)

引用:X

リクルートダイレクトスカウトは、高収入の求人が多いため、待遇面で期待できます。

転職でキャリアアップや年収アップを目指すのであれば、リクルートダイレクトのように、扱っている求人の質が良い転職サイトを選ぶことが重要です

年収1,000万円以上の求人が30%を占めるハイキャリア層に強いビズリーチもおすすめです。

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

無料で利用できる

リクルートダイレクトスカウトは無料で利用できる点に魅力があります。

同じハイクラスのスカウト型転職サイトであるビズリーチは、リクルートダイレクトスカウトのサービスと似ており、比較されることが多いです。

ビズリーチ無料期間終了。当然ながら有料で継続はしない。リクルートダイレクトで事足りる。

引用:X

リクルートダイレクトスカウトは常時無料で利用期間の制限がないため、今すぐに転職をしない場合でも、登録して無駄になることはないでしょう。

その他、リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違いについてはこちらをご覧ください。

 

リクルートダイレクトスカウトをおすすめしたい人

リクルートダイレクトスカウは、30代以降の人におすすめです。

自身のスキルや経験を活かしてさらにレベルアップしたい人や大幅な年収アップを目指す人には特におすすめできます。

ここからはリクルートダイレクトスカウトをおすすめしたい人について解説していきます。

年収アップキャリアアップを目指すハイクラスの人

リクルートダイレクトスカウトは、高年収で質の高い求人情報が豊富なため、キャリアアップを目指すハイクラスの人におすすめです。

リクルートダイレクトスカウトでは、年収800万円から2,000万円の求人が多く揃っており、年収1,000万円を超える公開求人数は約40,000件あります。

高学歴でハイキャリアの人のプロフィールやレジュメをみた企業から、直接オファーが届きます。

ハイクラスの人にとって、自身の価値を正当に評価してくれる企業と出会うことが大事です。

リクルートダイレクトスカウトのスカウトを利用しない手はないでしょう。

その他のハイクラス向けの転職エージェントの情報は以下をご覧ください。

専門スキルや実績がある人

専門スキルや実績が豊富で魅力的な経歴がある人は、リクルートダイレクトスカウトはおすすめです。

スキルや実績などあなたの経歴が、経験豊富なヘッドハンターや企業担当者の目にとまり、非公開の仕事に出会える可能性があります。

たとえば ITエンジニアであれば、プログラミングスキルや開発実績を評価する企業からスカウトが届く場合もあるでしょう。

専門スキルや実績のある求職者と企業側の要望がマッチすれば、転職の失敗が防げます。

良いスカウトがあれば転職したい人

リクルートダイレクトスカウトは、良いスカウトが届いた段階で転職を検討する人にもおすすめの転職サイトです。

登録しておくだけで、様々な企業やヘッドハンターからのオファーを受け取ることができます。

まだ転職に本腰でなくても、気になる企業からオファーが来たら応募すれば良いため、転職の手間とストレスを軽減できるでしょう。

まだ仕事の経験が浅いけれども「近い将来は転職をしたい」と考えているなら、20代後半から30代の方は率先して登録をして、転職のチャンスを待ちましょう。

現時点の自分にはどのような企業からオファーが届くのか、自分の市場価値を確かめることも可能です。

キャリアアドバイザーのサポートを求めない人

リクルートダイレクトは、キャリアアドバイザーのサポートを必要としない方におすすめです。

リクルートダイレクトスカウトは、一般的な転職サイトや転職エージェントとは異なり、基本的にはスカウトをうけた企業とダイレクトにやりとりができます

キャリアアドバイザーの介入がないため、タイムラグが発生せず、自分のペースで転職活動を送ることが可能です。

その他のおすすめの転職エージェントについては以下をご覧ください。

リクルートダイレクトスカウトがおすすめできない人

おすすめできる人がいる一方で、リクルートスカウトダイレクトをおすすめできない人もいます。

自分のキャリアに自身がなくキャリアアドバイザーのサポートを受けながら転職活動をしたいと考えている方は、リクルートダイレクトの利用には注意が必要です。

具体的なおすすめできない人の特徴をご紹介します。

一定レベルのスキルや経験がない人

「一定レベルのスキルがない」「業務の経験が浅い人」はスカウトが届かないといった評価もあり、リクルートダイレクトスカウトの利用はおすすめできません。

自分からヘッドハンターや求人を探すことも可能ですが、基本的にはスカウトを待つことになります。

また「経験者のみ」「実務経験」など仕事内容は専門性の高いものが多い傾向があります。

企業やヘッドハンターからスカウトが来なければ、転職活動は滞ってしまうため、エグゼクティブ向けの転職サービスと割り切って、利用を控えたほうが得策です。

登録後、「全然スカウトが届かない」という場合には、自分の年収や職種に合った、エージェントを探しましょう。

20代で転職を希望している方は、こちらで紹介している転職サイトもご覧ください。

応募書類の作成や面接に自信がない人

応募書類の作成や面接に自信がない人もリクルートダイレクトスカウトは利用しないほうが良いでしょう。

リクルートダイレクトスカウトでは、ヘッドハンターにキャリア相談はできますが、一般的な転職エージェントのような提出書類の添削や模擬面接などの面接対策サポートがありません。

応募書類の作成や面接に自信がない、転職未経験の人にはおすすめできません。

リクルートダイレクトスカウトのみで転職活動を終わらせたい人

ハイクラス求人が豊富にあるからと、リクルートダイレクトスカウトのみにこだわって転職活動をしたい人は注意が必要です。

リクルートダイレクトスカウトはスカウト型の転職サービスのため、基本的には企業やヘッドハンターからのスカウト待つしかありません。

無料でサービスを利用できるため、希望の条件にマッチした企業がみつかるまで転職活動を続けられますが、短期での転職には向いていません。

リクルートダイレクトスカウトのみで成功させようとするのではなく、他の転職エージェントと併用して効率よく転職活動を進めることをおすすめします。

リクルートダイレクトスカウトの基本情報やサービスの特徴を紹介

リクルートダイレクトスカウトの基本情報や強み。提供されているサービスの詳細情報を紹介します。

リクルートダイレクトスカウトを利用する前に、知っておくべき内容のため、ぜひチェックしておきましょう。

リクルートダイレクトスカウトの基本情報やサービスの特徴

基本情報

リクルートダイレクトスカウトの基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数 534,940件
非公開求人数非公開
対応職種IT系技術職
営業職
機械・電気系技術職
金融系
不動産・建築職
医薬・医療系職
販売・サービス系職
クリエイティブ職
企画・管理系職など
実績転職スカウトサービス顧客満足度2年連続 No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
対象エリア北海道・青森・岩手・秋田・山形・宮城・福島・茨城・東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・奈良・和歌山・兵庫・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
厚生労働大臣認可紹介13-ユ-010258
2023年12月時点

リクルートダイレクトスカウトは、人材業界で60年以上の実績を持つ、株式会社リクルートが提供するハイクラス向けの転職サービスです。

リクルートのネットワークを活かした求人数は業界トップクラスで、非公開の仕事に出会えるチャンスも多い点は魅力です。

提携しているヘッドハンターは約5,000名おり、オリコン顧客満足度®調査の「転職スカウトサービス」においてNo.1の実績があります。

なお、リクルートダイレクトスカウトは法令に基づき厚生労働大臣から許認可を得ている転職サイトです。

厚生労働大臣認可について 

厚生労働大臣認可あり」とは、厚生労働省が設けている規定の審査に合格し、職業紹介事業に関する許可を受けたことを示しています。 

3つの強み

リクルートダイレクトスカウトの以下の3つの強みについてご紹介します。

転職決定年収平均 925 万円以上

リクルートダイレクト公式サイトによると、転職平均年収は925万円です。

なお、2022年4月〜2023年3月の間のレジュメの登録において、年収750万円以上のサービス登録者を基本に調査したものです。

ハイクラス層の転職を多くの求人者が成功しており、年収アップキャリアアップを実現していることがわかるのではないでしょうか。

年収800万~2,000万円の求人12万件以上掲載

リクルートダイレクトスカウトの求人は、年収800万〜2,000万円と高収入に特化しています。

2023年7月5日時点の掲載求人数は12万件以上にのぼります。

レジュメ登録1ヶ月の平均スカウト受信数23通

リクルートダイレクトのレジュメに登録をしてから約1ヶ月の間にスカウトされる件数は、23通ほどあります。

スカウトの人数が5,000名と多数所属しており、求人数が豊富なリクルートだから実現できる、スカウトの数と考えられます。

数ある転職スカウトサービスの中で顧客満足度を得られている理由には、リクルートダイレクトスカウトの3つの強みがポイントと言えでしょう。

なお、2023年12月4日のリニューアルに伴うサイトの移行中のため、多少異なる可能性がありますので、ご利用の際にはご注意ください。

サービスの特徴 

リクルートダイレクトスカウトのサービスの特徴を理解し、最大限に活用することが大事です。

一般的な転職サービスの例
  • 求人サイト・・・自力で求人検索をする
  • 転職エージェント・・・キャリアアドバイザーに求人を紹介してもらう

リクルートダイレクトスカウトのサービスの特徴は以下の3種あり、転職サイト、転職エージェントとは異なります。

3つのサービスについて詳しく解説します。

リクルートダイレクトスカウトのサービスの特徴
  • 好条件案件のスカウトを待てる
  • ヘッドハンターを自分で選べる
  • 800万円以上のハイキャリア案件から求人検索、応募ができる

好条件のスカウトを待てる

「すぐに転職をする気はない・・・」という方も、登録しておくだけで、希望業界や条件にマッチする案件と出会える可能性があります。

会員登録後に自分の経歴やスキルを記入したレジュメを提出して、あとは待つだけです。

多少ハードルを上げた要望を登録しておくことで、あなたの希望条件や経歴を見た経験豊富なヘッドハンターによるスカウトを期待できます。

ヘッドハンターを自分で選べる

多くのスカウト型の転職サイトの場合、ヘッドハンターからのスカウトを待つのが基本です。

リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターを自分で選ぶことができます。

ヘッドハンターは、業種・担当職種・業界経験年数・勤務地などの詳細検索が可能です。

自分に合うヘッドハンターがみつかれば、仕事の紹介を依頼したり、求人についての質問などができます。

800万円以上のハイキャリア案件から求人検索、応募ができる

リクルートダイレクトスカウトは、求人検索も可能です。

スカウトを待つだけではなく、「大手・有名企業」を中心に、年収800万円以上の高収入な求人から応募先を選べます。

求人情報検索』から業種・職種・勤務地・年収などを入力して検索しましょう。

詳細な条件を絞り込むほど、あなたにマッチした求人が探せるのでぜひ試してみましょう。

スカウトの種類

リクルートダイレクトスカウトのスカウトは様々な種類があり、特徴が異なります

スカウトの種類によって重要度が違う点に注意しましょう。

種類重要度書類選考スカウトの特徴
通常スカウト あり・レジュメからランダムに送信される
・重要度が比較的低いスカウト
FITスカウト ありベストFITする可能性が高い
・限定されたスカウト
一求入魂スカウト あり限られた会員にのみ送信されるプレミアムスカウト
・業界や職種に特化している
・市場価値の高さがあると評価されている
顧問求人スカウト なし・優秀な人材にのみ送信されるスカウト
人気企業と顧問契約のチャンスがある
企業スカウト なし・求人企業が直接候補者に送るスカウト
・採用担当者が職務経歴書を確認して送っている
GOLDスカウト なし企業が話してみたい人だけに送られる特別なスカウト
・面談か面接を必ず受けられる

重要度の高いスカウトの方が、好条件な案件であり、ミスマッチが防げます。

通常スカウトは内容をチェックしてみて、特に気にいった点がなければ基本的にはスルーしても問題ありません。
 
ただし一求入魂やGOLDスカウトなどが届くのは非常にレアなことです。

スカウトには種類があるため、キャリアや実績を活かした仕事を早く見つけたい人は、送信されるスカウトの種類をよくチェックすることが大切です。

サイトリニューアル(2023.12.4〜)の詳細 

株式会社リクルートは、求職者と企業の出会いをより良いものにすることを目的として、会員制転職スカウトサービス『リクルートダイレクトスカウト』をリニューアルしました。

リクルートダイレクト公式サイトによるリニューアルの目的をまとめると以下となります。

転職活動の負荷を減らす

キャリアの可能性を広げるための情報提供でサポートする

求職者と企業がスムーズにマッチングできる

とはいえ、リニューアル後の移行手続きが必要で、使い慣れないと言った声もあり、旧サイトに馴染んでいた方は困惑しているのが事実です。

そこで、ここからはリニューアル後のサイトを活用するための方法を紹介していきます。

旧サイトから変更する方法

リニューアル後は旧サイトの主要機能が使えなくなります。

ログイン方法とレジュメが新しくなったため、すでに利用している方は登録済みの情報をリクルートIDや新しいレジュメに移行する必要があります。

出典:リクルートダイレクトスカウト公式サイト

登録済みの情報を移行すれば、新サイトのご利用が開始できます。

変更点から見た新サイトの使いやすさ

リニューアル後のサイトではさまざまな追加機能があり、利用者の使いやすさを追求しています。

新サイトの追加機能とは?
  • 新しいレジュメ機能・・・リクルート共通のレジュメが利用できる
  • スカウト機能と求人おすすめ機能・・・レジュメと企業が求める人材要件をAIが分析してマッチング
  • チャット機能の利用・・・企業・エージェントとのやりとりがチャットで手軽になる

中でもレジュメ機能が刷新され、リクルート共通の職務経歴書機能「レジュメ」にアップデートできます。

あなたの経験やスキル、希望条件に関する質問に答えるだけで完成できて簡単です。

追加・変更・削除された項目は以下を参考にしてください。

出典:リクルートダイレクトスカウト公式サイト

リクルートダイレクトスカウトと他の転職サイト・エージェントの違い

リクルートダイレクトスカウトと他の転職サービスを比較すると、リクルートスカウトダイレクトのサービスの特徴が見えてきます。

リクルートダイレクトスカウトに足りない部分は、ほかの転職エージェントや転職サイトで補いましょう。

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違い

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチはどちらもハイクラス向けのスカウトサービスです。

特徴や違いがわかりにくく、どちらを選ぶべきか迷いやすいです。

まずは、リクルートダイレクトスカウトとビズリーチを比較し、違いを把握しましょう。


リクルートダイレクトスカウト
ビズリーチ
ビズリーチ
求人数539,400件127,000件
特徴・リクルートが運営するハイクラスサービス
・年収800〜2000万円の求人が豊富
・ヘッドハンターの指名ができる
・転職サイト・スカウトサービスが併用できる転職支援サービス
・高年収の求人が多数
おすすめな人・全年代向き
・ハイキャリア層
・全年代向き
・若手優秀層
ヘッドハンター数約5,000人約6,200人
費用・無料・スタンダードステージ:無料
・プレミアムステージ(タレント会員):3,278円/30日間
・プレミアムステージ(ハイクラス会員):5,478円/30日間
登録基本的には審査なし審査あり
おすすめな人・転職を急いでいない
・無料で利用したい
・ヘッドハンターを選びたい
・多くの求人が見たい
・早急に転職を希望している
・厳選されたヘッドハンターと話したい
・質を重視している

リクルートダイレクトスカウトは完全無料・審査なしで登録が可能です。

ビズリーチの無料プランは利用範囲があるため、必要に応じて有料会員になる必要があります。

ヘッドハンターの在籍している人数はビズリーチが多少多い傾向です。

それぞれの特徴を活かし効率よく転職活動をするのなら、どちらも登録して、届くスカウトの条件を比較するとよいでしょう。

年収1,000万円以上の求人が30%を占めるハイキャリア層に強いビズリーチもおすすめです。

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

リクルートが運営する4つの転職サービスの違い

株式会社リクルートは多くの転職サービスを展開しており、それぞれ異なる転職ニーズを満たしています。

利用する際は、あなたが求めるサービスに適しているかで判断しましょう。

リクルートが運営する4つの転職サービスを以下の比較表(→スライド可能)にまとめました。


リクルートダイレクト
スカウト
リクルートエージェント
リクルートエージェント
リクナビNEXT
リクナビNEXT

リクルートエグゼクティブ
エージェント
得意ジャンルハイクラス層全年代全年代
フリーター
エグゼクティブ層
サービスの種類スカウト型転職サイト転職エージェント転職サイト転職エージェント
求人数539,400件598,600件非公開非公開
費用無料無料無料無料
キャリア相談なしありありあり
スカウト機能ありありありあり
利用期間なし基本的には3ヶ月なしなし
おすすめな人転職ノウハウがある人初めて転職する人転職経験の少ない人経営人材の転職に特化
→スライド可能

リクルートダイレクトスカウトは、企業から直接スカウトメッセージが届くサービスで、応募する必要がなくオファーを待つことができます。

ただしヘッドハンターやキャリアアドバイザーのサポートはほぼありません。

リクルートエージェントは専任のキャリアアドバイザーの手厚いサポートが受けられます。

非公開求人も多数扱っており、求人数は大変多いです。

リクナビNEXTは幅広い職種と業種の求人を取り扱う転職サイトです。

新卒や第二新卒向けで、キャリア形成から転職までのサポートが充実しています。

リクルートエグゼクティブエージェントは主に経営層や役員クラスの方向けの転職支援サービスです。

専門のキャリアアドバイザーがマンツーマンでサポートを提供し、高度なプロフェッショナル経験を活かしたキャリアアップをサポートしてもらえます。

リクルートの4つの転職サービスにはそれぞれ特色があり、おすすめな人も異なります。

サポートが必要なのか、スカウトを待つ時間の余裕があるかなど、あなたが今必要としているサービスはどれなのか検討してみてください。

リクルートダイレクトスカウトと他の転職サービスの求人数を比較

どんなにサービスの良い転職エージェントであっても、求人が豊富になければ、あなたの求める転職先はみつかりにくいでしょう。

転職サービス選びに迷ったら、求人数の多さで選ぶことをおすすめします。

リクルートダイレクトスカウトと他の転職サービスの求人数を比較しましたので、以下を参考にしてみてください。

転職サイト名得意ジャンル公開求人数
(非公開求人数)
公式サイト

リクルートダイレクト
スカウト
ハイクラス層約539,400件
(非公開)
リクルートダイレクト
スカウト
マイナビエージェント
マイナビエージェント
20-30代・第二新卒約67,000件
(約18,700件)
マイナビエージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント
全年代約397,200件
(約258,300件)
リクルートエージェント

doda
20~30代半ば:若手・中堅層約221,400件doda
ビズリーチ
ビズリーチ
20〜40代:ハイクラス約10,6100件ビズリーチ

ランスタッド
30代・ハイクラス約4,800件ランスタッド

ミドルの転職
40〜50代の転職約202,800件ミドルの転職

マイナビミドルシニア
40〜50代の転職約255,600件マイナビミドルシニア

パソナキャリア
女性の転職約33,300件パソナキャリア
※2023年12月時点

リクルートダイレクトスカウトは公開求人がほぼ54万件で、公表されていない非公開求人を合わせれば求人保有数はトップクラスです。

リクルートエージェントが保有している求人数は、公開、非公開求人合わせて、おおよそ64万件となっています。

その他には、dodaやミドルの転職が、20万件を超える求人を保有しています。

求人数から見れば、リクルートダイレクトスカウトは登録するべきと言えるでしょう。

リクルートダイレクトスカウトを上手に活用する5つのポイント

リクルートダイレクトスカウト_評判_上手に活用するポイント

リクルートダイレクトスカウトを上手に活用するためには、以下の5つのポイントを押さえておく必要があります。

リクルートダイレクトスカウトの賢い活用方法で内定を獲得しましょう。

レジュメの内容を充実させる

リクルートダイレクトスカウトで転職を成功させるには、まずはレジュメを充実させることです。

レジュメとは、リクルートの求職活動支援サービス※共通で利用できる、職務経歴書機能のことを指します。

株式会社リクルート公式サイトによると以下のサービスが共通で使えるとのことです。

・リクナビNEXT
・リクルートダイレクトスカウト
・タウンワーク
・はたらいく
・とらばーゆ
・フロム・エー・ナビ
・HOT PEPPER Beauty WORK

レジュメは様々な転職支援サービスで使えるため、あなたの魅力が伝わるレジュメを登録する必要があります。

ヘッドハンターの目に留まるレジュメとは?

業務経験や実績、専門分野で活かせるスキルやアピールポイントが詳細であるほど、ヘッドハンターや企業担当者の目に留まりやすくなります。 

 ヘッドハンターの目に留まりやすい具体例
  • 「営業成績No.1で表彰された」
  • 「社内で社長賞をもらった」
  • ヘッドハンターが好む検索キーワードを盛り込む

特別な実績があれば、アピールすることが大事です。

また、ヘッドハンターは、膨大な登録レジュメから条件に合う求職者を見つけるために、「キーワード」で絞り込み検索をしています。

応募書類にヘッドハンターが好む検索キーワードを入れて、スカウトされやすくするのも有効です。

ヘッドハンターがレジュメ検索で使用するキーワードの一例
  • 営業
  • 育成
  • 販売
  • リーダー
  • AWS
  • 運営
  • AI
  • クラウド
  • SaaS
  • データサイエンス

上記のような専門用語は、ヘッドハンターの検索キーワードとして使用されていますので参考にしてください。

簡潔でわかりやすいレジュメの作成方法

レジュメと企業が求める人材をAIが分析しマッチングするため、より正確な情報を登録する必要があります。

とはいえリクルートダイレクトスカウトのレジュメは、文章や文字を入力する必要がなく、選択するだけです。

職歴・学歴・スキル・直近の経歴・直近の経歴の業務経験など、表示される項目を順番に選んでいけば、完結でわかりやすいレジュメが完成します。

レジュメの登録が面倒と思う方も一度試してみてください。

なお、レジュメの項目のうち、現在の年収・職歴と学歴についての登録が漏れると、スカウトは届きませんので気をつけましょう。

大幅な年収アップを目指さない

リクルートダイレクトスカウトでスカウトをもらいやすくするためには、希望年収を高望みしないことが重要です。

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス求人を多く扱っているため、大幅な年収アップを求めたくなるものです。

しかし、高年収の求人は求められるスキルや経験も高くなります。

一般的には、現在の年収プラス「100万円」程度が年収アップを目指す目安です。

一気に年収200万円や300万円以上のアップは「高望み」と受け取られてしまうため、年収アップを実現する根拠がなければ注意が必要です。

入社してから昇給を目指したり、さらに経験を積んで再度キャリアアップの転職をしたり、計画的に年収アップを目指すことをおすすめします。

複数の転職エージェントに登録する

リクルートダイレクトスカウトは、サポートの手厚さはないため、サポート力が高い転職エージェントと併用することをおすすめします。

異なるタイプの転職支援サービスを併用することで、リクルートダイレクトスカウトの足りない部分を補えます。

特に転職が初めてで相談しやすさも求めるなら、親身になってサポートしてもらえる転職エージェントの登録をおすすめします。

エージェントとヘッドハンターの違いを理解しておらず、ヘッドハンターに頼り過ぎてしまうことは要注意です。

応募書類の添削や面接対策を希望する人は、サポートの手厚いリクルートエージェントとの併用がおすすめです。

ヘッドハンターとの相性を重視する

ヘッドハンターとの相性は転職活動をする上で、大変重要なポイントです。

相性の良し悪しが、あなたの評価や内定の取りやすさに影響するため注意が必要です。

あなたの魅力を十分に引き出すことができる、相性の良いヘッドハンターを探すべきでしょう。

ヘッドハンターとの相性が悪いサイン
  • 信頼関係が構築できない
  • やりとりに負担やストレスを感じる

ヘッドハンターとの相性が良くない、うまくサポートしてもらえないと感じる場合は、ヘッドハンターを変更しましょう。

リクルートダイレクトスカウトの強い業種・職種を理解する

リクルートダイレクトスカウトは幅広い業種や職種の求人を豊富に揃えていますが、求人数にはばらつきがあります。

リクルートダイレクトスカウトの中でも、より求人数の多い業者や職種は以下のとおりです。

業種・・・IT/インターネット・メーカー・建設
職種・・・IT技術職・営業・建設/施工管理

IT業界はITやDX人材の需要が高まり、人手不足の状況が続いています。

IT・デジタル関連の知識やスキルが高い人は、リクルートダイレクトスカウトを通じて、好条件で転職できる可能性が極めて高いでしょう。

IT業界は常に発展しており、市場価値はさらに拡大しています。

特にITエンジニアの年収水準は高く、スキルや実績次第では高収入を目指せます。

リクルートダイレクトスカウトの「求人」の平均年収や年収が高い業種を調査

リクルートダイレクトの「求人」はどのくらいの年収が標準なのでしょうか。

また、平均年収が高い業種や職種を知ることで、どんな仕事に転職すれば年収アップできるかがわかります。

それぞれの平均年収について調査した結果をご紹介します。

リクルートダイレクトスカウトの「求人」の平均年収は?

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円〜2000万円の求人が多数あり、利用者の転職後の平均年収は900万円以上です。

国税庁の統計調査によると、日本の平均年収は458万円と言われています。

つまりリクルートダイレクトの求人の平均年収900万円は、日本人平均年収のほぼ2倍となります。

高年収の求人が多い理由として、経営幹部クラスやエキスパート職などの求人が多い点が挙げられます。

実際に、管理職やCEOなどハイクラス求人が充実しており、リクルートダイレクトスカウトであればハイレベルのスカウトを受けることが可能です。

業種別平均年収ランキング

国税庁の民間給与実態統計調査による、業種別の平均年収をランキングにしました。

順位業種平均年収
1位電気・ガス・熱供給・水道業766万円
2位金融業・保険業677万円
3位情報通信業624万円
4位学術研究
專門・技術サービス業・教育
学習支援業
521万円
5位製造業516万円
6位建設業511万円
7位複合サービス事業494万円
8位不動産業・物品賃貸業426万円
9位運輸業、郵便業425万円
10位医療、福祉407万円
参考:国税庁 令和3年分民間給与実態統計調査

最も高いのは「電気・ガス・熱供給・水道業」の766万円、続いて「金融業・保険業」の677万円、「情報通信業」の624万円となっています。

リクルートダイレクトで高収入を得るために、業種を変更するのであれば、ランキング上位の業種企業に転職することをおすすめします。

職種別平均年収ランキング

続いて、職種別の平均年収ランキングをご紹介します。

順位職種平均年収
1位医師約1378万円
2位航空機操縦士約1072万円
3位大学教授(高専含む)約1072万円
4位その他の経営・金融・保険専門職業従事者約1029万円
5位法務従事者約945万円
6位大学准教授(高専含む)約856万円
7位管理的職業従事者約840万円
8位歯科医師約787万円
9位システムコンサルタント・設計者約733万円
10位研究者約713万円
参考:厚生労働省 令和3年賃金構造基本統計調査

1000万円を超える高収入の職種は、「医師」や「航空機操縦士」など、特殊なスキルや専門的知識を必要とする傾向があります。

4位の「その他の経営・金融・保険専門職業従事者」については、リクルートダイレクトで平均年収を大きく上回る人気の職種です。

総合的に見ると、リクルートダイレクトスカウトで狙うべき業種・職種と言えば、「金融・保険」関連が挙げられます。

リクルートダイレクトスカウトの登録からスカウトを受けるまでの流れ

リクルートダイレクトスカウト_評判_利用手順

ここからは、リクルートダイレクトスカウトの登録からスカウトを受けるまでの流れをご紹介します。

リクルートダイレクトスカウトの登録からスカウトを受けるまでの流れ
  • Step 1. 公式ページから無料会員登録
  • Step 2. 登録情報を入力
  • Step 3. レジュメ登録
  • Step 4. スカウトを待つ
  • Step 5. チャットでやりとりする
公式ページから無料会員登録

公式サイトの新規会員登録ボタンを押下します。

メールアドレスを入力して「仮登録メースを送信」を押します。

サイトリニューアル前から会員になっている方は「リニューアル前に会員登録された方へ」へ進みましょう。

新規で登録する場合、登録したメールアドレス宛てに「認証キー」が届きます。

「認証キー」を入力後、「次へ」進みます。

登録情報を入力 

名前や生年月日などの会員情報を入力します。

「会員登録が完了しました。リクルートダイレクトスカウトへようこそ」とメッセージが表示されます。

レジュメ登録

職歴やスキル、希望条件に関する項目をすべて入力します。

職歴・学歴に関する8項目
  • 現在の年収
  • 経験社数 
  • 直近の経歴の会社名
  • 直近の経歴の職種 
  • 直近の経歴の詳細
  • 最終学歴 
  • 最終学歴の学校名
  • 卒業年月
スキル・経験に関する4項目
  • 英語のスキル 
  • 直近経歴の業務経験
  • 直近のポジション、役職 
  • アピールポイント
希望条件に関する3項目
  • 雇用形態や勤務地、年収など
  • ブロック企業を追加 
  • 利用にあたっての確

あなたの経験やスキル、希望条件を選んでいくだけで、レジュメの登録は完了します。

登録完了後は、マイページから職務要約を登録してください。

新サイトに「AI要約」が追加されたため、10〜30秒程度で自動的に職務要約を作成してもらえます。

スカウトを待つ

あなたのレジュメと企業が求める人材要件を、AIが分析し希望にマッチする可能性のある求人を厳選します。

企業の担当者からのスカウトを待ちましょう。

チャットでやりとりする

企業やエージェントとのやりとりは、チャットを利用します。

チャットは気兼ねないやりとりができるだけでなく、やりとりの記録が残せます。

言葉の食い違いを防いだり、スケジュールの調整をしたり、確実で効率のよい転職活動か可能です。

リクルートダイレクトスカウトと併用がおすすめの転職サイト・エージェント

リクルートダイレクトスカウト_評判_併用がおすすめの転職サイト

あなたにが実力を発揮して活躍するなら、まずは条件の合う求人と出会うことです。

リクルートダイレクトスカウトで好条件のスカウトを待ちながら、他の転職サービスでもチャンスを広げるのが、転職成功の秘訣です。

リクルートダイレクトスカウトと併用して使うのにおすすめしたい転職サイトをご紹介します。

リクルートダイレクトスカウトに足りない部分を、他の転職サイトで補いながら転職を進めましょう。

リクルートダイレクトスカウトと併用がおすすめの転職サイト・エージェント

リクナビNEXT

詳しい口コミは「リクナビNEXT評判」を確認
リクナビNEXTのおすすめポイント
  • 日本最大級の求人データベースを利用できる
  • 企業からの直接オファー(スカウト)がある
  • 携帯から「リクナビNEXTアプリ」でチェック可能

リクナビNEXTは、リクルートが長年蓄積してきた膨大な求人データベースの中から、高精度AIを利用して適性に合った求人を検索できるのが魅力です。

市場に出回っていない非公開企業からの直接オファーもあります。

経験が浅い第二新卒の応募を歓迎している求人も多く、20代でも利用しやすい転職サイトの一つです。

リクナビNEXTには、自己分析に役立つ「グッドポイント診断」など様々な転職支援ツールを利用できます。

リクナビNEXTの基本情報リクナビNEXT
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約102,900件
非公開求人数
対応エリア全国
対応職種・メーカー系(素材・医薬品他)
・メーカー系(電気・電子・機械系)
・不動産・建設系
・流通・小売系
・サービス系
・商社系(総合商社・素材・医薬品他
・商社系(電気・電子・機械系)
・マスコミ系
・金融・保険系
・IT・通信系
・専門コンサル系
・その他
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年12月時点

リクルートエージェント

詳しい口コミは「リクルートエージェント 評判」を確認
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 10万件を超える業界最大級の非公開求人数
  • 転職支援実績No.1
  • 選考通過率を上げるノウハウの提供

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。

転職支援サービスは国内No.1の実績があり、経験豊富なキャリアアドバイザーが転職相談から内定が決まるまでサポートしてもらえます。

リクルートグループは、優良な大企業の求人を多数保有しており、対象地域も全国と幅広く、年代地域を選ばずどなたでも利用できます。

一般的な求人情報を幅広く見たい方は、リクルートエージェントを併用することをおすすめします。

リクルートエージェントの基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約369,500件
非公開求人数228,900件
対応エリア全国
対応職種営業・販売・カスタマーサービス
企画・マーケティング・経営
管理・事務 物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ
SE・ITエンジニア
エンジニア(設計・生産技術・品質管理)
建築・土木・設備
医療・医薬・化粧品
その他(講師・調理師・介護など)
実績転職支援実績No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年12月時点

業界トップクラスの豊富な求人から自分に合った企業が選べるリクルートエージェントもおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

マイナビエージェント

詳しい口コミは「マイナビエージェント 評判
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 丁寧なヒアリングをした上での高いマッチング力
  • 独自の取り扱い求人も豊富
  • 書類添削&模擬面接で内定率UP

マイナビエージェントは、内定率を上げるための書類添削や模擬面接の対策が丁寧で、転職が初めての方も安心して利用できます。

独自の取り扱い求人も多く、ベンチャーから大手まで幅広い求人を保有しています。

適性や希望に合った求人とのマッチング力も高く、面倒見が良い転職支援サービスを探しているなら、マイナビエージェントはおすすめです。

各業界の転職市況を知ることができる「転職相談会」も実施されています。

マイナビエージェントの基本情報
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約68,000件
非公開求人数約18,900件
対応エリア全国
対応職種IT系技術職
営業職
機械・電気系技術職
金融系
不動産・建築職
医薬・医療系職
販売・サービス系職
クリエイティブ職
企画・管理系職など
実績2023年オリコン顧客満足度®︎調査 転職エージェント第1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年12月時点

業界に精通したプロフェッショナルのサポートが受けられるマイナビエージェントもおすすめです。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

ビズリーチ

詳しい口コミは「ビズリーチ 評判」を確認
ビズリーチのおすすめポイント
  • 30代~50代向けのハイクラス転職サイト
  • 年収1,000万円以上の求人が30%以上
  • ヘッドハンターや企業からスカウトが来る

ビズリーチは、30代〜50代のハイキャリア転職に特化した転職エージェントです。

ビズリーチは年収1,000万円以上の求人が全体の30%以上を占めており、大幅な年収アップ、キャリアアップを目指す方におすすめです。

経歴や希望条件を見たヘッドハンターや優良企業から直接スカウトが届きます。

自分の市場価値を確かめるためにも、ビズリーチに登録してみると良いでしょう。

ただし、リクルートダイレクトスカウトと転職サービスの形態が似ているため、届くスカウトが重複する場合もある点は注意が必要です。

ビズリーチの基本情報
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数約10,9400件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種経営管理
マーケティング
営業
コンサルタント
ITコンサルタント
専門職
IT技術職
ゲーム電気・電子半導体
機械化学金融研究
臨床開発
治験建築
土木人事
サービスプロジェクト管理
Webサービス・制作
デジタルマーケティング広告
新聞・出版
テレビ・放送・映像・音響デザイン
素材食品
化粧品
日用品
不動産
施工管理
医療営業
生産管理
薬事医療
看護など
実績なし
料金無料プラン(スタンダードステージ)
「プラチナスカウト」のみ閲覧・返信が可能。
応募は、公募・特集求人などの特別な求人のみ可能。

有料プラン(プレミアムステージ)
30日間コース 5,478円(税込)
全てのスカウトの閲覧・返信、全ての求人の検索・閲覧、応募が可能。
ビズリーチプレミアムの各種コンテンツの利用が可能。
2023年12月時点

年収1,000万円以上の求人が30%を占めるハイキャリア層に強いビズリーチもおすすめです。

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

doda

詳しい口コミは「doda 評判」を確認
dodaのおすすめポイント
  • 求人数は非公開を含み20万件以上
  • 転職者満足度No.1の実績
  • 面接対策や応募書類作成など一貫したサポートが受けられる

dodaは転職者満足度No.1の実績のある転職エージェントです。

非公開を含めて20万件以上の求人を扱っており、20代から40代までの幅広い年代に対応します。

dodaは転職フェアやイベント、オンラインセミナーを実施するなど、様々な方法で転職活動を支援しています。

転職が初めての方には、転職のプロがマンツーマンで対応するオンライン相談カウンターからスタートするのがおすすめです。

dodaの基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約231,200件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業職
企画・管理
事務・アシスタント
技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)
技術職(組み込みソフトウェア)
技術職(機械・電気)
技術職・専門職(建設・建築・不動産・プラント・工場)
技術職(化学・素材・化粧品・トイレタリー)
技術職(食品・香料・飼料)
医療系専門職
金融系専門職
専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)
販売・サービス職
クリエイター・クリエイティブ職
公務員・教員・農林水産関連職など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年12月時点

面接対策や応募書類作成まで、一貫したサポートが受けられるdodaもおすすめです。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

リクルートダイレクトスカウトに関してよくある質問

リクルートダイレクトスカウト_評判_

最後に、リクルートダイレクトスカウトに関するよくある質問をまとめました。

リクルートダイレクトスカウトに登録する前に、疑問や不安は解消しておきましょう。

リクルートダイレクトスカウトに関するよくある質問
  • リクルートダイレクトスカウトは無料ですか?
  • リクルートダイレクトスカウトは誰が使えますか?
  • とりあえず登録だけしてもいいですか?
  • 未経験でも利用できますか?
  • スカウトが届かない場合はありますか?
リクルートダイレクトスカウトは無料ですか?
リクルートダイレクトスカウトは完全無料で利用できるヘッドハンティング型の転職サイトです。

企業に求職者を紹介した際に成果報酬が発生する仕組みのため、費用の負担はありません。

無料で登録しておくだけで、マッチすれば企業から直接スカウトメッセージを受け取ることができます。
クルートダイレクトスカウトは誰が使えますか?
リクルートダイレクトスカウトは、転職を検討しているすべての方が利用できます。

企業からスカウトを受けたい方に向いている転職サイトです。

ただしハイクラス層をメインとしているため、ある程度のキャリアや実績を積んでいる方におすすめです。
とりあえず登録だけしてもいいですか?
リクルートダイレクトスカウトは、今すぐに転職する気がなくても登録は可能です。

スカウトを受け取った場合でも、興味のないスカウトを辞退することもできます。

スカウトサービスについて「利用しない」を選択すれば、スカウトを届かなくすることもできます。
未経験でも利用できますか?

リクルートダイレクトスカウトは、登録に制限を設けていないため、未経験の方でも利用できます。

ただし、スカウトを受け取るためには、企業が求めるスキルや経験をレジュメに反映させることが重要です。

未経験の業種や職種を希望した場合、スカウトが届かない可能性はあります。
スカウトが届かない場合はありますか?
登録したレジュメの内容と企業の求める条件がマッチしない場合には、スカウトが届かない場合はあります。

レジュメの内容をより魅力的にするために、自分のキャリアや実績を丁寧に入力し、企業やヘッドハンターの目に留まりやすくしましょう。

リクルートダイレクトスカウト評判のまとめ

リクルートダイレクトスカウト_評判_まとめ

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス求人を専門に扱っているため、万人受けする転職支援サービスではありません。

スキルや経験が豊富な30代以降の即戦力となる方にはメリットが多い一方、職歴が浅い方はスカウトされにくい可能性があります。

そのため、リクルートダイレクトスカウトを上手く使いこなすためには、一定のスキルや経験が必要不可欠でしょう。

現時点でスキルや実績に自信がない場合は、リクルートダイレクトスカウト1本に絞らず、他社の転職サイトと併用してみてください。

他社の転職サイトと併用することで、質の高いリクルートダイレクトスカウトの求人を待ちながら、他の良い求人も逃さずにチェックできます。

リクルートダイレクトスカウトの評判 ざっくりまとめ

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<