給料交渉を成功させるには?|5つのテクニックやベストなタイミングを紹介

給料の交渉ってどうやってすればいいの?

給料交渉を成功させるテクニックが知りたい!といった悩みを抱えている人も多いでしょう。

給料をアップさせたいとは誰しもが思う事ですよね。

しかし、実際に自分で給料を交渉するとなると「気まずい」「給料アップできなかったらどうしよう」などと思う人は多いです。

そこで、今回は給料交渉を成功させるテクニックや給料交渉しやすいタイミング、給料交渉する時の注意点などについて詳しく紹介します。

給料交渉を成功させる5つのテクニック

給料_交渉_テクニック

まずは給料交渉を成功させるテクニックを紹介します。

これから紹介するテクニックを知っているのといないのとでは、給料交渉が成功する可能性に大きな違いが出ますので、事前に確認しておきましょう。

それでは、それぞれ確認していきましょう。

会社への貢献度を数字で示す

現在の勤務先の昇給や評価の基準があれば、それに見合っていて、会社に貢献していることを数字で示しましょう。

数字は明確に貢献度を示すことができるので、給料の交渉に成功する可能性が高いからです。

営業職で平均新規顧客獲得数が10件と定められている時、毎月平均して10件以上の新規顧客を獲得していれば、充分に給料アップが見込めることでしょう。

昇給や評価の基準が明確な業種は限られてしまいますが、分からない時はまずは会社の震源に人事制度について詳しく確認しておくことが大切です。

会社への貢献度をしっかりと数字で示すことができれば、会社側も言い逃れをすることができにくい環境を作ることができ、結果的に給料をアップさせることができるでしょう。

「もっと給料をもらうに相応しい人間だ!」と会社側に明確に提示することが大切です。

将来性をアピールする

自分の将来性をアピールすることも大切なポイントです。

将来性をアピールできれば、会社側も期待を込めて給料を上げてくれることがあるからです。

自分のことを客観的に理解してもらい、自分には会社で働く上で大きな利益をもたらすだろうという将来性をアピールしましょう。

また、近年20代の若い人を中心に内定をもらってもすぐに辞めてしまう人も多いため、会社で長く実績を重ねることに期待が持てると思わせることが大切です。

金額に幅を持たせて交渉する

金額に幅を持たせて交渉することも大切です。

いきなり高額の給料交渉をするのではなく、最低限のラインを自分で設定し、そのラインを超えるように交渉する方法です。

例えば、毎月の給料を2万円アップさせたいと考えている場合は、自分のスキルや実績、会社への貢献度を伝えたうえで、3万円アップの交渉をします。

そうすることで、3万円アップできればラッキーですが、最初に高い条件を提示することで、提示金額よりも下がることで会社側も承認してくれる場合があります。

給料交渉をすれば必ず給料がアップするというわけではありませんが、給料交渉したい時は、このテクニックを活用してください。

物怖じせず、堂々と交渉する

物怖じせず、堂々と交渉することも給料交渉では重要なポイントです。

物怖じしてしまうと、自分の熱意や誠意が伝わらないからです。

給料交渉をする時はどうしてもなかなか交渉しずらいと思う人も多いですが、自分が昇給できるような明確な根拠を提示して、堂々と交渉することを意識してみてください。

タイミングを見計らう

タイミングも給料交渉には重要なポイントです。

交渉するタイミングを見誤ってしまうと自分が逆に不利な立場になってしまうこともあるからです。

給料交渉をすることで、上司の人からの印象が悪くなったり、気まずくなることもあります。

ベストなタイミングが、自分の経験年数とスキル、会社への貢献度が揃った時です。

逆に実績や貢献度が高くても、直前でミスをしてしまった場合はなかなか上手く給料交渉が進まないこともあります。

実際に上司に褒められた時や成果を出したときに思い切って給料交渉してみるのもおすすめです。

給料交渉しやすいタイミング

給料_交渉_タイミング

続いて、給料交渉しやすいタイミングについて紹介します。

前述した通り、給料交渉する時はタイミングが重要なポイントとなりますので、しっかり頭に入れておきましょう。

給料交渉しやすいタイミングは次の2つのタイミングです。

それでは、それぞれ解説していきます。

任される仕事が増えたタイミング

一つ目のタイミングが、任される仕事が増えたタイミングです。

これまで以上に任される仕事が増えるということは、会社や上司からの信頼度が上がったということになります。

「この人なら任せられる!」と思われて仕事を任されることもあるため、給料交渉には最適なタイミングと言えるでしょう。

任される仕事量が多く、その仕事の重要度が高ければ高いほど、年収交渉が通りやすくなります。

社会人として働いていると、新人教育や新規事業のプロジェクト担当など、新しい仕事を任される機会が多いため、そのタイミングで給料交渉してみてください。

転職するタイミング

二つ目のポイントは、転職するタイミングです。

現在の勤務先から他の企業に転職する時に、自分の今までの給料からアップさせたいと思う人も多いでしょう。

自分で企業に直接年収交渉をすることもできますが、大抵の人は「気まずい」「それがきっかけで内定取り消しになったらどうしよう」と思い、給料交渉する人は少ないです。

転職エージェントを活用すれば自分の希望する給料を転職エージェントのコンサルタントやアドバイザーに伝えることで、自分の代わりに給料交渉をしてくれます。

これまでに経験してきた実績とノウハウを活かして給料交渉してくれるため、自分で交渉するよりも希望が通る可能性が高いです。

転職エージェントは無料で利用できますので、転職を考えている人はぜひ転職エージェントを活用してください。

給料交渉をしてくれる転職エージェント

給料_交渉_転職エージェント

ここでは、給料交渉してくれる転職エージェントを3社紹介します。

それぞれの特徴を確認していきましょう。

doda

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する大手転職サイトです。

実際にdodaで求人を探したことがある人も多いのではないでしょうか。

dodaの利用者はエージェントサービスを利用することができ、非公開求人の紹介や書類添削、面接対策などのサポートを無料で受けることができます。

また、自分の代わりに希望する企業との面接日の調整から年収交渉まで、全てdodaが代行してくれます。

さらに、採用後に万が一自分に合わなかった時などもdodaのエージェントに相談すればすぐに退職して新しい勤務先を探すことも可能です。

運営会社パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)エージェントサービス スカウト パートナーエージェントサービス 転職ノウハウ 転職Q&A
公開求人数130,626件(2022年4月21日現在)
拠点全国対応可 丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州
doda(デューダ)の評判は悪い・ひどい?口コミを元にどんな人におすすめかを解説

リクルートエージェント

リクルートエージェント転職支援実績数No.1の転職エージェントです。

非公開求人は10万件以上保有しており、他のサイトでは取り扱いがないような好条件の求人に応募することができます。

非公開求人は一般的に公開されている求人よりも条件が良く、給料交渉をしなくても自分が希望する給料ですぐに働くことも可能です。

実績豊富なアドバイザーは提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供などのさまざまなサポートが充実しています。

そのため、初めて転職を考えている人でも安心して転職活動を進めることも可能です。

もちろん、給料交渉も自分の代わりに対応してくれます。

運営会社株式会社リクルート
主なサービス(機能)エージェントサービス スカウト ヘッドハンティングサービス 担当者選択サービス
公開求人数非公開
拠点
リクルートエージェントの評判はひどい?リアルな口コミや年代別おすすめ度を解説

ビズリーチ

ビズリーチは管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化したハイクラス転職サイトです。

登録するだけで即戦力のあなたにスカウトが届き、優良企業などの求人を多く取り扱っています。

求人の質が高いということもあり、自分で給料交渉をしなくても、そもそもの給料が高い求人が多いです。

給料交渉をしたい場合でもアドバイザーが対応してくれるため、安心です。

運営会社株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)エージェントサービス タレント・ハイクラス会員制度 ヘッドハンター スカウト
公開求人数73,085件(2022年4月23日現在)
拠点東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
ビズリーチ評判まとめ ビズリーチの口コミ評判は悪い?バレない方法や年代別おすすめな人をご紹介

給料交渉をする際の注意点

給料_交渉_注意点

ここからは、給料交渉をする際の注意点について紹介します。

給料交渉する際は次の3つに注意してください。

それでは、それぞれみていきましょう。

メールや電話ではなく直接伝える

給料交渉をする時はメールや電話ではなく直接伝えることが大切です。

メールや電話だと自分が伝えたいことを100%伝えることができずに、給料交渉が上手くいかないことも多いです。

直接伝えることで、確かに相手に給料交渉の意志を伝えることができ、メールのように返信がない状況になってしまうこともありません。

福利厚生や成果報酬を交渉してみる

福利厚生や成果報酬を交渉してみることも大切です。

特に、いきなり給料を上げて欲しいと言いづらい人でも、福利厚生や成果報酬の交渉ができれば、結果的に今よりも年収をアップさせることも可能です。

論理的に希望額を伝える

論理的に希望額を伝えることも大切です。

主張と根拠をしっかり伝えること、自分の気持ちが伝わり、給料アップの可能性が高まります。

ただ単に伝えるだけではなく、会社への貢献度や実績、勤続年数などの給料が上がっても良いような環境や根拠を提示することで、会社側も上げざるを得なくなります。

給料交渉に関してよくある質問

給料_交渉_よくある質問

最後に、給料交渉に関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

それでは、確認していきましょう。

交渉に失敗してしまったらどうすればいいですか?

給料交渉に失敗しても特に何もありません。

会社がクビになることもありませんし、内定取り消しになることもありません。

ただし、タイミングを見誤ってしまうとその後の業務で上司と気まずい関係になってしまうこともあるため、タイミングには注意が必要です。

交渉が成功した時はどのくらい給料が上がりますか?

具体的にこのくらい上がるという基準はありません。

ただし、あまたのスキルや経験、会社への貢献度が高いと、一気に給料が上がる可能性もあります。

実績がなくても交渉する価値はありますか?

実績がなくても給料交渉をする価値はあります。

ただし、実績がない時に給料交渉をしても給料が上がる見込みが少ないため、正直おすすめしません。

給料を上げたいと思うなら、まずは会社側に給料を上げても良いと思われる人材になることが大切です。

給料交渉のまとめ

給料_交渉_まとめ

今回は給料交渉を成功させるテクニックや給料交渉しやすいタイミング、給料交渉する時の注意点などについて詳しく紹介してきました。

こちらで紹介したタイミングや注意点を意識すれば、今よりも給料が上がる可能性は高いです。

また万が一今の勤務先で給料交渉をしても話を聞いてもらえなかったり、給料が思うように上がらない時は転職を検討することもおすすめです。

転職することで自分の今の給料よりも良い条件で働けることも多いですし、転職エージェントを活用すれば自分の代わりに交渉してくれます。

経験豊富なエージェントが交渉するほうが給料も上がりやすくなるため、今の勤務先を辞めてでも給料をアップさせたい場合は、転職エージェントを活用しましょう。

転職サイトおすすめ比較ランキング34選!特徴から口コミ評価ランキングまで徹底比較 経理に強い転職エージェントおすすめ10選|正しい選び方から最新経理転職事情までしっかりと解説 【2024年最新】ハイクラスにおすすめの転職エージェント19選!【年収UP】