看護師に向いている人とは?向いていないと感じた場合の対処法も解説

  • 看護師に向いていないと感じて悩んでいる
  • このまま看護師を続けていけるのか不安に感じる
  • 看護師に向いているのはどんな人なのか知りたい

今回はこんな疑問にお答えします。

ミスが続いたり怒られたりすると、「私は看護師に向いていない…」と落ち込み悩む人は多いです。

そこで今回は、看護師に向いている人の特徴や、向いていないと感じた時の対処法などを解説します。

この記事を読めば、たとえ看護師に向いていないと感じていても上手く働くコツが分かります。

目次 開く

  1. 看護師に向いている人の特徴とは?
  2. 看護師に向いていない人の特徴とは?
  3. 看護師に向いていないと感じる理由は?
  4. 看護師に向いていないと感じた時の対処法6選
  5. 看護師を辞めたいと考えるあなたへ
  6. 【タイプ別】おすすめの職場8選
  7. 「看護師に向いていない」と考える人におすすめの看護師転職サイト3選
  8. あなたが輝ける職場は必ず存在する
目次へ

看護師に向いている人の特徴とは?

ここでは看護師に向いている人の特徴を6つ紹介します。

具体的には、以下の通りです。

これらの特徴を備えていれば、看護師として活躍できることは間違いないでしょう。

それぞれについて解説します。

誰かの支えになりたいと考えている

質の高い看護を実践するためには、患者さんの気持ちに寄り添うことが大切です。

決められた業務だけをこなすのではなく、”患者さんを支えてあげたい”という気持ちを持って親身に接することが求められます。

そのため、”誰かの支えになりたい”という気持ちがある人は、看護師に向いていると言えるでしょう。

患者さんから信頼される、優秀な看護師になれる可能性が高いです。

コミュニケーション能力が高い

看護師として活躍するためには、高いコミュニケーションスキルが必須です。

なぜなら看護師は、患者さんはもちろん、多職種とも深く関わる必要があるからです。

コミュニケーションが苦手だと、周囲のスタッフと上手く連携できずに良質なケアを提供できません。

以上のことから、コミュニケーション能力が高い人は、看護師に向いていると言えるでしょう。

感情のコントロールができる

感情のコントロールができる人は、看護師に向いています。

なぜなら看護師の仕事は、感情が乱される機会が非常に多いからです。

★感情が乱される場面の例

  • 人の死に直面する
  • 先輩からきつく怒られる
  • 認知症患者さんから理不尽な暴言・暴力に合う

事あるごとに落ち込んでいると精神的苦痛は増えるばかり。

看護師として働き続けるためには、上手く折り合いをつけながら感情をコントロールすることが大切です。

向上心がある

患者さんの安全・安楽を保証するためには、膨大な量の医療知識を身に付ける必要があります。

日々忙しく働きながらも、自己学習や勉強会への参加を通して自己研鑽に努めなければいけません。

また、医療の世界は日進月歩で発展しているため、常に知識をアップデートする必要があります。

そのため、向上心を持ち、常に勉学に励むことができる人は、看護師に向いていると言えるでしょう。

体力がある

看護師の仕事は常に多忙で、力仕事も多いです。

また、残業による長時間勤務や夜勤による不規則な生活なども求められます。

そのため、常に健康で体力がないと体調を崩してしまうことも少なくありません。

看護師として働き続けるためには、体力があることが不可欠だと言えるでしょう。

マルチタスクが得意

看護師は複数の患者さんを同時に受け持つため、常に業務に追われることになります。

ナースコールなどタスク中断の機会も多いため、業務を効率的に進めなければいけません。

特に急性期分野においては、患者さんの状態が急変して”突発的に”業務が増えることも多いです。

そのため、たとえ時間に余裕がない状況下でも複数の業務をリズムよくこなせる「マルチタスクが得意な人」こそが、看護師に向いていると言えるでしょう。

看護師に向いていない人の特徴とは?

ここでは、看護師に向いていない人の特徴を6つ紹介します。

具体的には、以下の通りです。

それぞれについて解説します。

落ち込んだ時に気持ちを切り替えられない

看護師は命に関わる仕事であるため、自身の行動ひとつひとつに重く責任がのしかかります。

現場は常に緊張感で溢れ、ミスした際には先輩や医師からキツく叱られる機会も多いです。

そのため看護師には、叱られて落ち込んだ時に上手く気持ちを切り替えるスキルが必須だと言えるでしょう。

悩みを引きずり落ち込みすぎてしまうと、精神的に病む可能性が高く、看護師を続けるのが辛くなってしまいます。

人に興味がない

質の高い看護を提供するためには、

  • 表情に変化はないか?
  • 変わった発言をしていないか?
  • いつもと様子は違わないか?

など、患者さんに常時目を向け、思考を深く巡らせることが重要です。

そのため、人(患者さん)に興味がないと、良質な看護ケアは提供できません。

業務だけを淡々とこなして患者さんに上手く目を向けられない方は、看護師には向いていないと言えるでしょう。

勉強が嫌い

患者さんの安全・安楽を保証するためには、正しい医療知識を持つことが大切です。

また、自身の知識を常にアップデートすることも求められます。

そのため看護師は、継続的に学習を行い自己研鑽に励まなければいけません。

勉強が嫌いで、最新かつ正しい知識を身につけられない人は、看護師に向いていないと言えるでしょう。

協調性がない

良質な医療を提供するためには、看護師はもちろん多職種とも上手く連携することが大切です。

小まめに情報共有を行い、役割を分担しながら、チーム全体で患者さんを支援することが求められます。

そのため、協調性がない人は看護師に向いていないと言えるでしょう。

チームの方針に沿った動きがとれず、適切なケアを提供することができません。

機転が利かない

医療の現場では、患者さんの急変など予想外の事態がよく起こります。

状況に合わせて臨機応変に動けるスキルがないと、必要なケアを迅速に提供できません。

そのため、柔軟な対応ができず機転が利かない人は、看護師として働き続けるのは難しいと言えるでしょう。

大きなミスを招いてしまい、患者さんの命を危険に晒してしまう可能性があります。

理不尽に耐えられない

看護師として働いていると、理不尽な事態に遭遇することが多いです。

★理不尽な事態の例

  • 過剰な業務量
  • 認知症患者さんから暴言・暴力
  • 先輩や医師からの高圧的な態度

納得がいかず、感情が乱れることも少なくありません。

しかし、患者さんに良い看護を提供するためには、常に心を穏やかに保ち親身に寄り添う必要があります。

そのため、理不尽に耐えられず、すぐに苛ついてしまう人は、看護師に向いていないと言えるでしょう。

看護師に向いていないと感じる理由は?

看護師は過酷な仕事であるため、上手く立ち回ることができずに落ち込んでしまう機会も多いです。

それに伴い「私は看護師に向いていない…」と思い詰めることもあるでしょう。

そこでここでは、看護師に向いていないと感じる理由について解説します。

具体的には、以下の5つです。

看護師に嫌気がさして諦めてしまう前に、そう感じる理由を確認してみましょう。

スキルや知識が不十分

スキルや知識が不十分で業務を上手くこなせず、落ち込んでしまう方は多いです。

自分が働くことで患者さんや同僚に迷惑をかけているのではないかと不安になり、「看護師に向いていない」と感じてしまいます。

この状況を打破するためには、自己研鑽に努めて自身の能力を高める他ありません。

しかし実際には、なかなか頑張る気力が湧かずに「もう辞めてしまいたい」と落ち込んでしまう人が多いです。

命に関わる重圧が辛い

看護師は、自身の行動ひとつひとつが直接患者の命を左右することから、重い責任を感じやすいです。

また、命に関わる現場特有のピリピリとした雰囲気によって、精神的負担も生じます。

そのため、働くうちに疲弊してしまい「逃げ出したい」と考えてしまうことも少なくありません。

命に関わる重圧に耐えられず、「看護師に向いていない」と感じてしまいます。

激務が辛い

看護師は常に人手不足で、日々忙しく働かなければいけません。

その上、

  • 夜勤がある
  • 残業が多い
  • 常に勉強に迫られる

ことから、心身ともに疲弊する人は多いです。

過酷な状況が続き、頑張りが利かなくなると、看護師であることに嫌気がさすことも少なくありません。

その結果として、モチベーションが下がり「看護師に向いていない」と感じてしまいます。

人間関係を上手く構築できない

人間関係を上手く構築できない人は、「看護師に向いていない」と感じやすいです。

なぜなら、先輩看護師や医師と良好な関係を築けず、余計にキツく怒られる機会が増えてしまうからです。

常に他人の顔色を伺い、疲弊しながら働き続けることになるため、看護師を続けるのが辛くなってしまいます。

仕事が楽しいと思えない

「患者さんとゆっくり関わり親身に支えたい」と考え、看護師になる人は多いでしょう。

しかし現実は厳しく、膨大な業務に追われて患者さんと満足に関われないことがほとんどです。

そのような状況下では、日々の業務に楽しさを感じられません。

やりたいことができずにストレスがたまり、「看護師に向いていない」と感じてしまいます。

看護師に向いていないと感じた時の対処法6選

ここでは、看護師に向いていないと感じた時の対処法を6つ紹介します。

具体的には、以下の通りです。

それぞれについて解説します。

スキルや知識の向上を図る

看護師に向いていないと感じた時には、自身のスキルや知識を磨くことをおすすめします。

なぜなら、患者さんや周囲のスタッフから認められる機会が増え、看護が楽しくなる可能性が高いからです。

強いやりがいを感じることができれば、「もっと成長したい」という前向きな気持ちも芽生えるでしょう。

「看護師で良かった」と思えるほどに、看護が好きになることも少なくありません。

ストレスコーピングを身に付ける

多忙な業務や不規則な生活など、過酷な状況を強いられる看護師には、常に強いストレスがかかります。

日々余裕がなく消耗し、心身ともに疲弊している人も少なくありません。

そのため、日々のストレスを軽減するためにも、ストレスコーピングを身に付けることをおすすめします。

ストレスをうまく発散し、余裕ができれば、今よりも前向きに頑張れることが多いです。

部署異動する

看護師に向いていないと感じるなら、部署を異動するのも一つの手だと言えるでしょう。

なぜなら、仕事内容や人間関係を一新することで、案外あっさりと働きやすくなることがあるからです。

部署異動のコツは「苦手なことをしなくてもよい診療科に異動する」ことです。

転職と比べてリスクも低いため、ぜひ検討してみてください。

休職する

看護師に向いていないと強く感じた時には、休職するのもおすすめです。

なぜなら、一度現場から離れてリフレッシュすることで、精神的余裕が生まれやすいからです。

精神的余裕が生まれれば、活力が湧き、前向きな気持ちになることも少なくありません。

気持ちが晴れて、「もう一度頑張ろう」と思えることが多いです。

職場を変える

看護師に向いていないのではなく、「職場や働き方が自分に合わなかっただけ」というケースは意外にも多いです。

そのため、職場を変えて「もう一度頑張る」ことも視野に入れると良いでしょう。

自身にあった働き方ができれば、「看護が楽しい」と思えることも少なくありません。

看護師の働き方は多種多様であるため、まずはどのような職場があるのかを探してみてください。

「看護師に向いていない」と考える人におすすめの看護師転職サイト3選

看護師を辞める

  • 看護師に向いていない
  • 看護師を続けられる気がしない
  • もう辞めてしまいたい

と、思い詰めているなら、いっそのこと看護師を辞めてしまうのも一つの手です。

なぜなら、辛い気持ちを押さえ込んだまま働き続けてしまうと、心身の不調をきたす可能性が高いからです。

一度体調を崩すと取り返しがつかないこともあるため、無理せず自分にあった働き方を見つけると良いでしょう。

ただし、看護師を勢いで辞めてしまうと後悔する可能性は高いです。

そのため、自分と向き合う時間をしっかりと確保した上で、冷静な判断を下しましょう。

看護師を辞めたいと考えるあなたへ

  • 私は看護師に向いていない。
  • もう辞めてしまいたい。

と考える人は多いです。

しかし実際には、「看護師を辞めたら後悔した」という意見も多く寄せられているのが事実です。

以上のことから、勢いで看護師を辞めるのは危険だと言えるでしょう。

そのため、どうしても辞めたいと感じた時には、

”私は看護師を辞めたら本当に幸せになれるのか”

と、一度立ち止まって考えることをおすすめします。

結論、あなたが、

  • 職業にこだわりがない
  • 次にやりたいことがある

なら、看護師を辞めても後悔しない可能性が高いです。

次の職場でやりがいを見出し、日々仕事に打ち込めるでしょう。

しかし、もしあなたが、

  • 患者さんから感謝されて嬉しいと感じたことがある
  • 人を助けることにやりがいを感じたことがある

なら、看護師を辞めたら後悔することは間違いありません。

なぜなら看護師の、

  • 他人から常に感謝される
  • 人を助けるスキルが身につく

という特徴は、他の職業では満たされないことが多いからです。

たとえ今の職場で活躍できていなくても、他の職場に転職した途端、あっさりと活躍できるケースは多いです。

そのため、看護師を勢いで辞める前に、”もう一度だけ”職場を変えて頑張ってみることをおすすめします。

血の滲むような思いで取得した国家資格。

諦めるのはそれからでも遅くありません。

次の項では、”タイプ別のおすすめ職場”について解説します。

やりがいを持って楽しく働ける職場に身を置くためにも、ぜひ参考にしてみてください。

【タイプ別】おすすめの職場8選

ここでは、8つのタイプそれぞれに合わせたおすすめの職場を紹介します。

具体的には、以下の通りです。

看護師として上手く働き続けるためにも、あなたの考えに近い項目をチェックしてみてください。

それぞれについて解説します。

患者さんとじっくり関わりたい

患者さんとじっくり関わりたいと考えるなら、有料老人ホームで働くのがおすすめです。

有料老人ホームとは

有料老人ホームとは、「入居者に介護等のサービス」を提供する施設です。

入居者の健康管理が主な仕事内容となります。

病棟と比べて医療処置が少なく落ち着いて働けるのが特徴です。

★有料老人ホームの業務内容

  • 入居者の健康管理
  • 医療行為(注入・吸引・酸素管理など)
  • 予約
  • 通院介助
  • 診療介助
  • 外出レクリエーションの同行
  • 看取り

食事介助や清潔ケア・排泄ケアなどは、基本的には介護職のスタッフが担当するため、病棟と比べて患者さん一人ひとりとじっくり関わることができます。

スキルアップしたい

スキルアップしたいと考えるなら、急性期病院で働くのがおすすめです。

なぜなら、高度なスキルや最新の知識を身に付けることができるからです。

★急性期病院の業務内容

  • 急変対応
  • 人工呼吸器管理
  • ドレーン管理
  • 輸血・点滴の投与

冷静な判断や臨機応変な対応が求められるため、日々忙しく働くことになりますが、自身の能力が向上することは間違いありません。

プライベートと仕事を両立させたい

プライベートと仕事を両立させたいと考えるなら、企業看護師として働くのがおすすめです。

なぜなら、企業は病棟と比べて、

  • 夜勤がない
  • 土日休み
  • 残業が少ない

という特徴があるからです。

★企業看護師の業務内容

  • 健康診断
  • 保健指導
  • 集団教育
  • 日々の健康相談
  • メンタルヘルスケア
  • 過重労働対策
  • 応急処置

ただし、病棟看護師とは働き方が大きく異なるため注意が必要です。

転職してから後悔しないためにも、まずは「働き方の違い」について深く理解することから始めましょう。

落ち着いた環境で働きたい

落ち着いた環境で働きたいと考えるなら、デイサービスで働くのがおすすめです。

なぜなら、デイサービスの看護師の仕事は、業務内容が簡単で医療行為も少ないからです。

★デイサービスの業務内容

  • バイタルサイン測定
  • 服薬管理
  • 褥瘡・創部の処置
  • インシュリン注射
  • レクリエーション
  • 入浴介助
  • 食事介助

利用者は高齢ですが、状態が落ち着いている方が多いので安心です。

時間に追われることなく、のんびり働くことができます。

人と深く関わりたくない

人と深く関わりたくないと考えるなら、コールセンターで働くのがおすすめです。

なぜなら、コールセンターの看護師の仕事は、健康や病気の電話相談がメインだからです。

★コールセンターの業務内容

  • 健康や病気の相談に対する電話対応

電話対応と聞くと少し難しく感じてしまいますが、基本的にはマニュアルに沿った対応をすれば問題ありません。

医療行為が苦手

医療行為が苦手なら、訪問入浴で働くと良いでしょう。

なぜなら訪問入浴では、利用者の状態確認と入浴介助がメイン業務だからです。

★訪問入浴の業務内容

  • バイタルサイン測定
  • 入浴可能であるかの評価
  • 入浴介助
  • 軟膏塗布
  • 入浴後の体調チェック

業務内容がシンプルで、決まった手順さえ覚えれば比較的簡単に活躍できます。

介護士・看護師・オペレーターの3人チームで業務にあたるため、心細く働く必要もありません。

命に関わらない仕事がしたい

命に関わらない仕事がしたいと考えるなら、心療内科クリニックで働くことをおすすめします。

診療の補助や患者の不安の軽減がメイン業務であり、命に直結する処置や急変対応がないからです。

★心療内科クリニックの業務内容

  • 医師の診療補助
  • 問診
  • 採血
  • 薬剤管理
  • 患者の精神的サポート
  • うつ病診断のスクリーニングテスト

ただし、精神的に不安定な患者さんを担当するため、繊細なコミュニケーションスキルが求められます。

楽しく働きたい

日々楽しく働きたいと考える方には、イベントナースがおすすめです。

なぜなら、イベントの楽しい雰囲気を味わいながら働くことができるからです。

★イベントナースの業務内容

  • 応急処置
  • 受診の判断
  • 救急搬送の要請(必要時)

ただし、単発での採用がほとんどであるため、長期的に働くのには不向きだと言えます。

「看護師に向いていない」と考える人におすすめの看護師転職サイト3選

ここでは、「看護師に向いていない」と考える人におすすめの看護師転職サイトを3つ紹介します。

具体的には、以下の通りです。

「看護師に向いていない」と考える人におすすめの看護師転職サイト3選

それぞれについて解説します。

レバウェル看護(旧看護のお仕事)

出典:レバウェル看護
  • 求人案件数は13万件以上で業界最大級
  • サービス満足度No.1
  • コンサルタントの対応満足度No.1
  • 「1番あう職場」が見つかる
  • 累計利用者数40万人突破の実績あり

レバウェル看護の最大の強みは、全国をカバーするほどの求人数の多さです。

求人案件が13万件以上もあるため、理想の条件を妥協することなく自分に合う職場が見つかります。

また、キャリアアドバイザーの質が高く、漠然とした不安でも親身に対応してもらえます。

たとえあなたが「看護師に向いていない」と考えていても、長所や強みを上手く見つけてくれるでしょう。

求人の提案や履歴書の添削、面接の練習などの手厚いサポートをすべて無料で受けられます。

キャリアアドバイザーへの連絡はLINEでできるので、気軽に相談可能です。

今すぐ看護のお仕事に無料登録する

看護roo!

出典:看護roo!
  • 求人探し~内定までをプロが徹底的にサポート
  • 求人案件数は4万件以上
  • 利用者数NO.1
  • 満足度96.3%
  • 職場のミスマッチが少ない

看護roo!の最大の強みは、手厚いサポート力です。

転職の全てをサポートしてくれるので、本当に楽して転職することが可能です。

「利用者数がNo.1」で多くの看護師に利用されており、利用者満足度も96.3%を誇ります。

キャリアアドバイザーの対応が丁寧だからこそ、これだけ多くの看護師が満足しているのでしょう。

あなたが活躍できる職場を転職のプロが見つけてくれるため、勤務条件だけでなく自分の性格・看護観・ライフプランにマッチした職場が見つかります。

今すぐ看護roo!に無料登録する

マイナビ看護師

出典:マイナビ看護師
  • 病棟以外の求人が豊富
  • 好条件の求人が多い
  • 求人案件数は5万件以上
  • 5年連続認知度NO.1
  • 対応地域は「全国」

マイナビ看護師の最大の強みは、病棟以外の求人が豊富にあることです。

特に一般企業の求人に関しては、かなりの数が揃っています。

そのため、企業の看護師や産業保健師として勤務したい人は登録必須の転職サイトだと言えます。

キャリアアドバイザーの対応も丁寧で、「じっくりと関わってくれる」ことに定評があります。

たとえあなたが看護師として自信を持てなくても、前向きに頑張れるよう上手くサポートしてくれるでしょう。

あなたが輝ける職場は必ず存在する

今回は、看護師に向いている人の特徴や、向いていないと感じた時の対処法などについて解説してきました。

もう一度要点を振り返ります。

看護師に向いている人の特徴は以下の6つでした。

看護師に向いていない人の特徴は以下の6つでした。

看護師に向いていないと感じる理由は以下の5つでした。

看護師に向いていないと感じた時の対処法は以下の6つでした。

【タイプ別】おすすめの職場8選は以下の通りでした。

「看護師に向いていない」と考える人におすすめの看護師転職サイト3選は以下の通りでした。

「看護師に向いていない」と考える人におすすめの看護師転職サイト3選

ミスが続いたり怒られたりすると、「私は看護師に向いていない…」とつい落ち込んでしまいますよね。

しかし、職場変えてみるだけで、案外あっさりと活躍できることも多いです。

大切なのは、

自分にあった職場に身を置くこと。

看護師を辞めて後悔しないためにも、”最後にもう一度頑張ってみる”ことをおすすめします。

自分にあった職場を探すなら「レバウェル看護」が最もおすすめ!