手取り30万はすごい?年齢別の生活レベルや増やす方法と職業を解説

手取り30万円でどんな生活しているの?

額面でいくらあれば30万になるの?

部屋を広くしたいし、貯金もしたいけど、今の給料では…

手取りで30万円もらうには額面で大体38万円が必要であり、これは日本の平均年収よりも高くなっています。

そう聞くと「手取り30万はハードルが高いのでは?」と思うかもしれませんが、適切な順序を踏めば、手取りを上げることは十分に可能です。

しかし、手取りで30万もらえたとしても、世帯構成や年齢によって生活レベルは様々です。

そこで本記事では、手取り30万の生活レベルや手取りを増やす方法、どのような職種なら30万になれるのか解説します。

転職エージェントを活用して30万円を目指す転職方法も紹介します。

手取り30万のまとめ

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

目次 開く

  1. 手取り30万円の額面と年収【ボーナスありなしで解説】
  2. 手取り30万円はすごい?
  3. 【年齢別】手取り30万円の生活レベルのリアル
  4. 手取り30万円で出来ること・厳しいこと
  5. 手取り30万円以上になる5つの方法
  6. 転職で手取りを上げるコツ5つ
  7. 年収・手取りアップにおすすめの転職エージェント
  8. 手取り30万円を実現するには?
  9. 手取り30万円以上が狙える業種
  10. 手取り30万におすすめの節税・節約方法
  11. 手取り30万円に関するよくある質問
  12. 手取り30万の生活レベルと収入を増やすための対策まとめ
目次へ

手取り30万円の額面と年収【ボーナスありなしで解説】

手取りは基本給と残業代から税額等を差し引いた、実際に手元に入る金額です。

手取り30万円もらうには額面どのくらい必要なのか、年収はいくらになるのか、詳しく解説します。

手取り30万円は額面38万円が目安

手取り30万円の月収、いわゆる額面は38万円が目安です。

額面給与とは、基本給や交通費、住宅手当などの各種手当を含めた総支給額のことです。

手取り給与は、額面給与から税金などを控除して計算します。

手取り額=総支給額(基本給+残業代+各種手当)−控除額(社会保険料+住民税+所得税等)

所得税は扶養家族数、住民税は居住地や前年の所得によって異なりますが、手取り30万円の額面給与はおおよそ38万円程度です。

ボーナスあり:年収は約526〜596万円

月収38万円を目安にしたボーナスがある場合の年収は、約526〜596万円です。

ただし大手企業や中小企業など、ボーナス支給額は大きく異なる場合があります。

夏と冬の年2回、1ヶ月または2ヶ月ボーナスが支給される場合の目安は以下のとおりです。

基本給35万円では、年間のボーナス支給額は、35万円✕( 2〜4ヶ月)で、70〜140万円

ボーナスはあくまで基本給をベースに計算されます。

総支給額で計算すると、38万円✕12月+ 70〜140万の526万円〜596万円程度が目安です。

年収500万の生活水準が気になる方は、下記の記事を参考にしてください。

ボーナスなし:年収約420万円〜

ボーナスが支給されない企業の場合、額面月収が38万円であれば12ヶ月をかけた420万円が年収です。

残業代があれば、上記の年収420万円に上乗せした金額が年収となります。

手取り30万円はすごい?

手取り30万円は、実際すごいのか、平均的な収入なのか、世間一般にはどのくらいの収入があるのか気になりますよね。

全国の平均年収と比較して、手取り30万円がどれほどの価値なのかを解説します。

手取り30万円は日本の平均以上

厚生労働省の企業規模別にみた賃金表によると、日本の平均年収は約400万円と言われています。

手取り30万円の場合、ボーナスがなくても年収420万円以上です。

つまり手取り30万円は、日本の平均年収よりも高いことがわかります。

ただし手取り30万円を目指す、さらに30万円以上をキープするためには、スキルアップやキャリアアップが必要です。

女性の手取りは平均24万円

日本の女性の手取りは平均24万円程度です。

性別、年齢階級別賃金を表におこしてみると、以下のような違いがあります。

年齢男性賃金(月額面※手取りとは異なる)女性賃金(月額面※手取りとは異なる)
20〜24220.5千円216.3千円
25〜29259.3千円240.8千円
30〜34297.0千円254.0千円
35〜39335.8千円268.2千円
40〜44363.6千円275.6千円
45〜49388.1千円278.5千円
50〜54410.9千円279.2千円
55〜60416.5千円280.0千円
参考資料:厚生労働省 令和4年賃金構造基本統計調査の概況
第2表 性、年齢階級別賃金

女性はパートタイムや非正規労働をしている割合が高いため、男性より収入は低い結果となっています。

女性の手取りの平均は24万円ですから、30万円あればすごいですね。

特定のスキルや資格を持つ女性は、平均を上回る30万円以上の手取りを得ることが可能です。

女性の働き方は多様化しており、自身のライフスタイルに合わせた働き方を選択することができます。

【年齢別】手取り30万円の生活レベルのリアル

ここからは、手取り30万円あればどのような生活を実現できるのか、年齢別にリアルな生活レベルを解説します。

20代のひとり暮らしと40代の3〜4人の暮らしを比較すれば、生活スタイルや必要な生活費が異なることがわかります。

手取り30万の生活設計をするためにも、ぜひ参考にしてみてください。

【20代】独身・ひとり暮らしは余裕がある

20代が独身でひとり暮らしをしている場合、手取り30万円は比較的余裕のある生活を送ることができます。

家賃や光熱費、食費などの生活費を支払っても、趣味や旅行、貯金に回すことが可能です。

20代独身のひとり暮らしの出費の目安を紹介します。

支出項目金額(月額)
家賃8万円
食費3万円
水道光熱費2万円
交際費2万円
通信費2万円
教育費
雑費3万円
貯蓄・投資等10万円
合計30万円

20代は財務の基礎を築く大切な時期ですので、30万の予算管理を十分行い、将来に備えることが重要です。

【30代】カップル・夫婦は安定した暮らしができる

30代のカップルや夫婦にとって、手取り30万円は安定した暮らしができます。

共働きであれば、生活費や住宅費を節約しながら、趣味やレジャーに費やすことが可能です。

また、子どもがいない、子どもが小さい場合は、保育費や教育費の負担が少なく、貯蓄に回す余裕もあるでしょう。

30代夫婦の出費の目安として以下を参考にしてください。

支出項目金額(月額)
家賃10万円
食費5万円
水道光熱費2万円
交際費2万円
通信費2万円
教育費
雑費3万円
貯蓄・投資等6万円
合計30万円

無理のない暮らしができる間に、浪費を減らし将来に備えて賢くお金を管理することが大切です。

早くにキャリアアップして、手取り30万以上を得られる将来をみすえた生活をしましょう。

キャリアアップ転職には、本記事の年収・手取りアップにおすすめの転職エージェントがおすすめです。

【40代】家族3〜4人なら節約が必要できつい

40代で家族が3〜4人となれば、手取り30万円では生活を維持することが困難になります。

家族の人数に比例して食費や日用費が増えると同時に、教育費や住宅ローン、保険料など固定費が増加します。

40代で家族3〜4人であれば、節約や費用削減が必要です。

経済的なストレスを減らすためにも、夫婦共働きや副業を考えるなど、収入源を増やす工夫が重要になります。

40代家族3〜4人の出費の目安は以下をご覧ください。

支出項目金額(月額)
家賃10万円
食費6万円
水道光熱費3万円
交際費2万円
通信費2万円
教育費3万円
雑費3万円
貯蓄・投資等1万円
合計30万円

手取りアップの一つの方法として、家賃補助や家族手当などの福利厚生が整っている会社への転職も検討しましょう。

40代におすすめの転職エージェントは以下を参考にしてください。、

手取り30万円で出来ること・厳しいこと

手取り30万円では、家賃はどのくらい当てられて、貯金はどのくらい出来るのでしょうか。

また、結婚や子育て、マイホームや車など、将来的にかかるお金について不安もあるでしょう。

家賃と貯蓄のバランスはライフスタイルや生活設計により異なります

ここからは、手取り30万円をベースに家賃と貯蓄のバランスや将来の目標を実現するための具体的な方法を紹介します。

家賃|相場は約10万円

一般的に収入の3分の1である、約10万円程度が家賃に充てる目安です。

ただし、地域によって家賃の相場は大きく変わります。

都心部では狭くても家賃が高く、郊外や地方では余裕のある広さがありながら家賃は低い傾向があります。

住みたいエリアや生活環境、通勤時間等を考慮して、見つけることが大切です。

家賃10万円はあくまでも目安として、生活費や貯蓄とのバランスを考えて選びましょう。

貯金|5万円前後が目安

毎月の貯金額の目安は、一般的には収入の5〜10%、おおよそ1.5〜3万円となります。

とはいえ手取り30万で余裕がある、生活費や固定費が抑えられる場合には、積極的に貯金を増やすことをおすすめします。

貯金は自己資本の形成、自分自身への投資と考え、5万円前後を目指とよいでしょう。

収入が増えたら貯金額も増やす意識を、持ち続けることが大切です。

結婚|十分可能だが貯金は必要

結婚するのにかかる金額は、総額で大体350万円程度です。

項目内容内訳(平均)
婚約結納式or顔合わせの食事会約6万〜17万
結婚式挙式や披露宴約300万
新婚旅行2人以上の旅費約30万
結婚にかかる金額の目安

また、婚約指輪は平均35万円、結婚指輪は2人で平均26万円となっているため、それらも合わせると400万円近くなります。

単純に2人で割っても1人200万円かかるため、それなりの貯金が必要になりますが、1ヶ月に9万円貯金できれば2年しないうちに貯めることができます

そして、いざ結婚した後の生活ですが、手取り30万円あれば安定した2人暮らしができます。

支出項目金額(月額)
家賃10万円
食費5万円
水道光熱費2万円
交際費2万円
通信費2万円
教育費
雑費3万円
貯蓄・投資等6万円
合計30万円
夫婦やカップルの出費目安

ただし、子供が生まれたり、マイホーム・車の購入を考えるとなると、貯金に回すことが出来る金額は少なくなるでしょう。

将来的に家族が増えたり支払いが増える場合には、共働きか、手取りUPを狙った転職がおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

転職サイトおすすめ比較ランキング34選!特徴から口コミ評価ランキングまで徹底比較

マイホーム|家族やパートナーがいるなら慎重に

手取り30万円の年収は、大体450万円になると考えられます。

年収450万円でマイホームを購入することは、十分可能です。

マイホーム予算の計算

毎月返済額=年収×25%(年収負担率)÷12カ月

(ボーナス時加算なしの場合。借入額は金利1.7%、35年返済として試算)

上記の計算をすると、手取り30万円の場合毎月の返済額目安は約9.3万円です。

また、オープンハウスのローンシミュレーションで調べると、手取り30万円での購入可能額は2,700万円前後と考えられます。

ただし、近年は不動産価格が高騰の傾向があるため、2700万円前後だと立地や広さなど、購入できる物件は限られてくる可能性があります。

一人暮らしであれば毎月9.3万円の返済は可能かもしれませんが、家族やパートナーを養っている場合は節約が必要でしょう。

車|十分購入可能

車の購入予算は年収の半分と言われているため、手取り30万円の年収を450万円とすると、予算はだいたい225万円前後となります。

さらに、車には維持費がかかるため、以下の出費も考える必要があります。

種類費用
自動車税年間:2万5000〜3万6000円
車検費用2年に1回:5~15万円
任意保険年間:5~15万円
駐車場代年間:9〜36万円(月:7000〜3万円計算)
ガソリン代年間:3万6000〜12万(月3000~1万円計算)
車の維持費内訳例

上記の維持費の平均から考えると、ひと月あたりの維持費はだいたい4万円となります。

そのため、車のローンは月5万円程度で組むのがおすすめで、維持費と合わせて月9万円の支払いが必要です。

だいたい4年弱のローンとなるため、維持費のみの出費となるまでには少々時間がかかるでしょう。

車を使用する機会が多ければ維持費も多少かさみますが、住んでいる場所や勤め先、家族構成によっては持っておいた方がお得な人も多いでしょう。

手取り30万円以上になる5つの方法

手取り30万円以上を実現するには、どのような方法があるのでしょうか。

収入を増やすためには、スキルアップ、副業、資格取得、投資など、いくつもやり方があります。

給与アップのノウハウや、副業で収入を得るためのアドバイス、投資による収入を増加させる方法など、幅広く紹介していきます。

昇進昇格で給与を上げる

手取りを上げるなら、昇進・昇格を狙いましょう。

スキルの向上や実績をアピールし、会社からの評価を得られれば手取りを上げることが可能です。

目指すポジションに必要とされるトレーニング、またチームプレイやリーダーシップ能力を発揮することも重要です。

自己啓発と交渉力を発揮し、手取り30万円に向けて計画的に昇進・昇格を狙いましょう。

ただし、企業によって昇給・昇格の基準は異なります。

特に給与形態が年功序列の場合には、手取りアップに時間を有するため、転職を検討すべきでしょう。

副業で収入を増やす

副業で手取り額をアップさせる方法もあります。

副業や兼業が可能な会社であること、副業できる時間が確保できるかが重要です。

副業ができる環境であれば、現在の仕事に通づる副業や、その後フリーランスになったり転職したりできる副業をおすすめします。

本業に負荷がかからないよう、体に負担がかからなくて収入が高い副をみつけると良いでしょう。

投資を始める

投資を始めて、手取りを増やす方法もあります。

ただし元金が減るリスクがあったり、資金を大きくするのに多少の時間がかかったりするのがデメリットです。

余裕資金があれば、将来のための資産運用として始めてみるとよいでしょう。

多額の資金を用意できない場合でも、投資信託などは数千円から始められます。

最近では投資関連のセミナーが多く開催されているため、興味をもって知識を深めておくことで、将来に役立つ場合もあります。

起業・独立する

起業して手取りを増やす働き方もあります。

起業は大幅な収入アップが期待できる一方で、初期費用がかかったり成功率も低かったり、多少のリスクを伴います。

フリーランスとして独立して稼ぐ際にも、得意な分野で自分を売り込むためにスキルアップが必要です。

起業や独立を目指す場合には、独立セミナーに参加したり、副業等で基礎を固めたり、実現するための準備をすると良いでしょう。

転職する

手取りを上げるためには、給料が高い会社に転職する方法が近道です。

給与が上がる見込みが少ない、そもそも年功序列の風土が濃く残っているなど、昇給の見込みがない場合は、転職を検討しましょう。

転職サイトやエージェントに登録し、自分の市場価値を確かめたり、どんな求人があるのか情報を収集したりすることをおすすめします。

キャリアアップ転職がしやすい転職エージェントは、本記事のおすすめの転職エージェントでご紹介します。

自分の市場価値が気になる方は、ビズリーチに登録して確かめてみましょう。

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

転職で手取りを上げるコツ5つ

手取りアップするための転職は、最短で最善の方法により成功させましょう。

ここからは手取りを増やすための5つのコツを紹介します。

同業種へ転職する

同業種への転職は、現在の業界知識や実績を活かすことが可能で、転職に成功しやすいです。

経験者は即戦力が期待され、転職先での活躍までスムーズでしょう。

実績や経験をアピールできれば、条件のよい企業へ転職ができます。

同業種への転職はスキルと経験を最大限にいかせるため、自身の強みをアピールすれば好条件での転職に成功できるでしょう。

年収の高い業界に転職する

年収が高い業界を狙うことも、条件の良い転職に成功するコツです。

収入が高い業界や企業の特徴は以下のとおりです。

収入が高い業界や企業の特徴
  • 企業の規模が大きい
  • 専門性・希少性が高い業種
  • 転勤・海外赴任の可能性がある
  • 成果主義、実力主義である

年収が高い業界は、金融・保険業、電気・ガス・水道業、IT・通信業等です。

手取りアップを目指して他業種に転職する際は、元々年収が高い業界に進むことをおすすめします。

以下の記事では年収ランキングがご覧いただけます。

業績が安定している会社を選ぶ

転職を成功させて手取りをアップするためには、業績が安定している企業を選びましょう。

本人の能力が高く営業職で売上に大きく貢献しても、会社の業績がよくなければ収入アップは見込めません。

売上高や企業の成長率と共に、営業利益や経常利益をチェックしてください。

ベンチャー企業やスタートアップ企業は自己資本比率が低く、安全性が低い傾向があるため注意が必要です。

福利厚生が充実している会社を選ぶ

福利厚生が充実している会社を選ぶことも、手取りアップに欠かせない条件と言えます。

福利厚生は大きくわけて「法定福利」と「法定外福利」の2種類です。

法定福利はどの企業も同じ条件で適用する義務があります。

  • 健康保険
  • 厚生年金保険
  • 介護保険
  • 雇用保険
  • 労災保険
  • 子ども・子育て拠出金

対して、法定外福利は法的な義務はなく、企業が従業員のために独自に実施するものです。

法定外福利の主な項目は以下を参考にしてください。

法定外福利主な福利厚生
住宅・通勤通勤交通費・住宅手当・社宅など
医療・健康人間ドック・スポーツ施設利用補助など
慶弔・災害結婚祝金・出産祝金・災害見舞金など
財産形成財形貯蓄制度・社内預金制度・持ち株制度・確定拠出年金制度など
育児・介護託児サービス・保育園費用補助など
自己啓発外部研修・セミナー費用補助など

住宅手当や社宅の提供があれば、たとえ基本給が少なくても、手元に残る金額が増えます。

福利厚生にどんな項目があるのか、転職を希望する際は事前に確認するとよいでしょう。

目先の年収だけで飛びつかない

提示される年収額が高額であっても、目先の金額に飛びつかず、労働条件や勤務環境を確認してください。

高額な金額に魅力を感じて転職した場合、手取りはアップしても企業の実態はブラックで、劣悪な労働環境で心身を壊す可能性があります。

短期的、短絡的に収入アップしようとせず、長期的なキャリア目標やライフスタイルに基づき検討することも重要です。

年収・手取りアップにおすすめの転職エージェント

ここからはより高い年収や手取り30万を目指す方向けに、おすすめの転職エージェントを紹介します。

培ったスキルや経験を評価し、適切な企業を紹介してくれるのが転職エージェントです。

キャリアアドバイザー次第で給与交渉のアドバイスが受けられる場合もあり、より高収入の実現が可能となります。

転職を考えている方、キャリアアップを目指している方はぜひ参考にしてください。

リクルートエージェント|転職者の60%が年収UP

詳しい口コミは「リクルートエージェント 評判」を確認
リクルートエージェントの強み・特徴
  • 業界最大級の求人数保有
  • 転職後年収アップした方が約60%
  • 書類添削や面談対策など手厚い転職サポートが受けられる

リクルートエージェントは株式会社リクルートが運営する転職エージェントのサービスです。

全国規模で幅広い業界や職種の求人を保有しており、非公開求人は20万件以上あります。

転職成功実績NO.1、転職後年収アップした方が約60%と公表しています。

キャリアコンサルタントが一人一人に丁寧なカウンセリングで転職活動をサポートするため、転職が初めての方にもおすすめです。

リクルートエージェントの基本情報リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
求人数公開:約45万件非公開:約20万件
対象エリア全国
費用完全無料
利用可能なサービス・求人紹介
・独自の企業情報を提供
・各種セミナーの開催
・書類添削
・応募・書類選考
・面接対策
・年収交渉や退職交渉など
※2023年10月時点

転職者の60%が年収アップしているリクルートエージェントがおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

ビズリーチ|求人の33%が年収1000万以上

詳しい口コミは「ビズリーチ 評判」を確認
ビズリーチの強み・特徴
  • 国内最大級のハイクラス転職サービス
  • 年収500万円以上のハイクラス求人多数
  • スカウトを受け取ることで市場価値がわかる

ビズリーチは株式会社ビズリーチが運営するヘッドハンター型のハイクラス転職サイトです。

ハイクラス求人が多く、年収1,000万円以上の求人が3分の1以上占めています。

スカウト機能が充実しており、中途採用市場での高年収求人が豊富に揃っています。

優良大手企業の求人が多数あり、経営幹部や管理職などの経験者におすすめの転職サイトです。

経歴やスキルのある人が有利な転職サイトで、年収アップを狙うなら登録すべき転職サイトと言えます。

ビズリーチの基本情報ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
求人数公開:約9.8万件
対象エリア全国
費用・Web版からアップグレードする場合(Web決済)
30日間5,478円(税込)
・アプリからアップグレードする場合(App Store決済)
月額 5,500円(税込)
利用可能なサービス・公式アプリあり
・登録するだけでスカウトが届く
・ハイクラスの特別求人
【有料プラン】
・すべての求人へ返信・閲覧可能
・ヘッドハンターと面談可能
・面接日時の調整や年収交渉
※2023年10月時点

ヘッドハンターや企業から直接スカウトが受けられるビズリーチがおすすめです。

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

マイナビエージェント|各業界・職種の専任アドバイザーが在籍

詳しい口コミは「マイナビエージェント 評判」を確認
マイナビエージェントの強み・特徴
  • 中小企業や第二新卒向けの求人が豊富
  • 20〜30代の転職に強い
  • 業界専任アドバイザーによる丁寧な転職サポートあり

マイナビエージェントは株式会社マイナビが運営している転職エージェントです。

他のエージェントでは保有していない、中小企業の独占案件を多数掲載しています。

各業界に精通した業界専任アドバイザーが在籍しているため、幅広い業種の転職相談が可能です。

求人の紹介から内定が決まった後のフォローもあり、転職未経験でも安心して利用できるでしょう。

マイナビエージェントの基本情報マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
求人数公開:6.8万件非公開:1.8万件
対象エリア全国
費用完全無料
利用可能なサービス・業界に特化したアドバイザーのサポート
・求人紹介から内定までの一貫した支援
・スケジュール管理や企業との交渉の代行
・転職成功ノウハウの記事の公開
・専門サイトあり
・休日での面談も実施など
※2023年10月時点

キャリアアドバイザーの手厚いサポートが受けられるマイナビエージェントがおすすめです。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

手取り30万円を実現するには?

手取り30万円を実現するには、月給40万円以上の給与水準の求人がターゲットです。

月給40万円以上となれば、応募倍率が高くライバルが多いため、企業の採用基準が高くなる傾向があります。

個人のアピールポイントがなければ成功は遠いため、転職するには準備が必要となります。

手取り30万円を実現する対策方法

面接対策

手取り30万円以上の職に転職するためには、面接対策が欠かせません。

面接ではこれまでの経験やスキルを積極的にアピールすることが重要です。

また、希望する企業の業界知識や仕事内容の理解を求められます。

コミュニケーション能力も評価されるため、手取り30万を希望する際は広範囲での面接対策が必須です。

資格やスキルの習得

手取り30万円以上の収入を得るためには、より専門的な資格やスキルの習得も必要でしょう。

業界や職種に必要な資格を取得し、他の転職者よりアピールポイントを増やして一歩リードすることが重要です。

資格やスキルを習得して自身の価値を高め、より良い条件での転職に進みましょう。

転職エージェントの活用

自身のキャリアやスキルに適した企業に応募するためには、転職エージェントの登録がおすすめです。

大手の転職エージェントは、手取り30万円以上の公開求人や非公開求人を多数保有しています。

また面接対策や年収の交渉など、登録から内定までのサポートが可能です。

スカウト機能や経験や希望に添った求人など、エージェントを活用することが転職成功への近道と言えます。

転職エージェントを選ぶのに迷ったら、目的別の人気ランキングをご覧になってください。

手取り30万円以上が狙える業種

手取り30万円以上を狙える業種は、IT業界や医療・製薬業界、金融業界など、業種は多岐にわたります。

とはいえ企業の規模や地域、役職、経験やスキルなどが給与に影響する場合もあります。

どんな業種が収入が高い傾向があるのか、キャリア形成に役立ててください。

手取り30万円以上が狙える主な業種

営業職

営業職はインセンティブや成果報酬がある企業が多く、手取り30万円以上を目指すことが可能です。

しかし、商品やサービスを売る以外にも、顧客のニーズを理解する力が求められる仕事です。

営業職は、自身の努力が直接収入に反映される、自己成長の機会が得られる職種と言えます。 

医療職

 医療職は、特に看護師や薬剤師など専門的なスキルと知識を必要とする職種のため、安定した収入が見込めます。

医療技術の進歩に伴い専門性が求められるため、資格取得や継続的なスキルアップが必要ですが、高収入につながる業種です。

看護師に転職を検討する方は、おすすめの看護師転職エージェントに登録してみてください。

 金融専門職

金融専門職は、銀行や証券会社などの業務で、経済や金融に関する深い知識や顧客対応力が必要です。

また、具体的な解決策を提案するなど高い分析力も求められます。

ファイナンシャルプランナーや証券アナリストなどの資格取得をすることで、さらに収入アップも可能です。 

 ITエンジニア

 ITエンジニアは、情報技術の専門知識を活かした仕事で、ITの進歩と共に需要が増加しています。

特に、プログラミングスキルやシステム設計能力は高く評価され、手取り30万円以上を狙えるでしょう。

ただし常に最新のテクノロジーに対応する必要性を求められるでしょう。

ITエンジニアに転職するなら、以下の記事がおすすめです。

 コンサルタント

コンサルタントは、企業の経営課題を解決するためにアドバイスや実行策を提供する仕事です。

クライアントとの関係構築、豊富な業界知識が必須です。

合わせて実績や経験、専門スキルが必要となりますが、高収入を得られる業種の一つとなります。

コンサルタントへの転職を検討するなら、以下の記事を参考にしてみてください。

 公務員

 公務員は、国や地方自治体で働く職員で、安定した収入と充実した福利厚生が魅力です。

一定の昇進制度があり、年功序列に基づく収入アップが見込めます。

公務員の仕事は、社会的な意義が大きく、専門的な知識や資格が活かせる職種も多いため、安定したキャリアを築けます。

手取り30万におすすめの節税・節約方法

節税や節約を賢くすることで、手取り30万の生活レベルがアップします。

生活を無理に切りつめず、取り組める節税や節約の方法を紹介します。

ふるさと納税を利用する

ふるさと納税は、寄付を通じて地方自治体を支援する制度です。

寄付金額を所得税や住民税から控除できるため、節税の一環としての利用価値があります。

地方自治体の返礼品は食品や体験型の商品など幅広く、生活に役立つもの、贈り物としても利用可能です。 

ただし控除限度額を超えると自己負担になることや税金控除のための申請が必要であることを覚えておきましょう。

NISAやiDeCoで資産運用する

NISA(少額投資非課税制度)やiDeCo(個人型確定拠出年金)は、税制上の優遇措置を活用した資産運用方法です。

NISAは投資利益が非課税、iDeCoは所得控除が受けられるなど運用利益が非課税になります。

運用する資産をコツコツと増やすために利用するとよいでしょう。

通信費を見直す

スマートフォンの料金プランやインターネットの接続費用は、見直せば大きな節約ができる場合があります。

格安SIMやデータ通信量に合わせたプラン選びなど、ライフスタイルや家族構成に最適なコースを選ぶことが重要です。

光熱費を見直す

光熱費も見直すことで、節約できることも多いでしょう。

電気やガスのプロバイダーを替えることも一つですが、節電や節水を心がけることも重要です。

エアコンの温度設定や、シャワーの時間短縮など、家族で工夫することで節約効果が期待できます。 

保険を見直す

 保険も定期的に見直すことで、無駄な支出を抑えることができます。

保険の見直しはファイナンシャルプランナーなど専門家に相談するとよいでしょう。

生命保険や医療保険、火災保険など、自身のライフスタイルや考えられるリスクに合わせて選びなおすことも必要です。

手取り30万円に関するよくある質問

手取り30万を意識している人は、さまざまな疑問があるでしょう。

手取り30万に関するよくある質問をQ&Aにまとめましたので、気になる点はチェックしてみてください。

手取り30万円に関するよくある質問
  • 手取り30万は普通ですか?
  • いくら稼げば手取り30万になりますか?
  • 手取り30万円は何歳くらいからもらえますか?
  • 手取り30万円で一人暮らしは可能ですか?
  • 手取り30万円で貯金はできますか?
  • 手取り30万円で結婚・子育ては可能ですか?
手取り30万は普通ですか?
手取り30万円は日本の平均年収よりも高いため、普通より上であると言えます。
女性の場合は全年齢でみると非正規雇用で働く割合が多いため、手取り30万は平均よりかなり高いです。
いくら稼げば手取り30万になりますか?
手取り額は税金や社会保険料を差し引いた後の金額のため、おおよそ額面38万円を稼げば手取り30万得られます。
年収に換算すると、ボーナスなしでは420万円〜、ボーナスありでは約526〜596万円が目安となります。
手取り30万円は何歳くらいからもらえますか?
手取り30万円をもらえる年齢は、職種やスキル、経験値等により異なります。
年齢別の平均の手取りは、20~24歳で22万円前後、25歳~29歳で26万円前後、35歳前後で30万円が平均です。
手取り30万円で一人暮らしは可能ですか?
手取り30万円あれば、一人暮らしは十分可能です。
家賃8万円程度で抑えられれば、5万円程度の貯蓄もできます。
ただし、住む地域やライフスタイルにより生活費は大きく変わるため、予算管理が必要です。
手取り30万円で貯金はできますか?
手取り30万円で貯金はできますが、貯金額は世帯構成によって大きく異なります。
収入と支出を把握し、無駄な出費を削減したり、自動的に貯金するシステムを利用したり、確実に貯金を増やす工夫をしましょう。
手取り30万円で結婚・子育ては可能ですか?
手取り30万円で、結婚や子育てをすることは可能です。
ただし家族の生活を支えるためには、将来をみすえた家計管理が必要となります。

子育て中は教育費や医療費など出費が増えるため、貯金や資産運用による資産形成が重要です。
教育費は次第に増えていくため、転職で収入を上げる必要もあるでしょう。

手取り30万の生活レベルと収入を増やすための対策まとめ

手取り30万といっても、年齢や家族構成によって生活レベルは異なります。

20代のひとり暮らしなら十分に余裕がありますが、40代で子供がいる4人家族では手取り30万では不足と言えるでしょう。

節税や節約も必要ですが、将来に備え収入を増やすなら、早いうちに転職を検討するのも一案です。

転職に成功するコツを参考にして、効率の良い転職活動で手取り30万以上を実現してください。

手取り30万のまとめ

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<