年収600万円の手取りや割合は?生活レベルの実態や勝ち組かを徹底解説

年収600万の手取りはどのくらい?

年収600万は暮らしに余裕ができそう…?

年収600万に近づく方法を知りたい!

年収600万円の年間手取り額は約460万円、月々に換算すると手取り約38万円です。

サラリーマンにとって年収600万は、手に届きそうでなかなか達成しづらいギリギリの収入ラインと言えます。

そこで本記事では、年収600万円の生活レベルや達成する難易度、知っておくべき手取りの計算方法や年収600万を稼ぐ人の割合について解説します。

年収600万以上を実現するコツや転職ノウハウも紹介します。

年収600万の手取り ざっくり言うと

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

目次 開く

  1. 【ボーナスあり・なし】年収600万の手取りと月給
  2. 年収600万は勝ち組か検証
  3. 【比較】年収別の手取り月収
  4. 年収600万手取り38万円の生活レベルはどのくらい?
  5. 年収600万でできることは?
  6. 年収600万以上を実現する方法
  7. 年収600万円以上を目指せる業種や職種とは?
  8. 年収600万円以上を目指すのにおすすめの転職サイト・エージェント3選
  9. 年収600万手取りに関するよくある質問
  10. 年収600万手取りまとめ
目次へ

【ボーナスあり・なし】年収600万の手取りと月給

年収には住民税や源泉所得税などの税金と、社会保険料や積立金などが含まれており、手取りの年収とは異なります。

また年収600万円と言っても、ボーナスが支給されるか、支給されないかによって手取り額は異なります。

そもそも手取り額はどうやって決まるのか、年収600万円の手取り額について詳しく解説します。

手取りと月給と月収の違い

給与に関する用語には、「月給」「月収」「手取り額」などさまざまな用語があり、給与明細を見てもわかりにくいと言う人もいるでしょう。

月給・月収・手取りの違いは以下のとおりです。

用語特徴
月給・1ヶ月間に支給される固定される金額
・基本給や通勤費など固定の手当を含む
税金や社会保険料が引かれる前の金額
月収月給+残業代や賞与などの一時的な給与を含めた金額
・税金や社会保険料が引かれる前の総額
手取り額・月収から税金や社会保険料などが引かれた後の、実際に支給される金額
・月々使えるお金、生活費の元となる

毎月給与として支給される手取り額は、月収から税金や社会保険料を天引きされた額となります。

ちなみに天引きされる税金や社会保険料の主な項目は以下です。

所得税・住民税・健康保険・厚生年金・雇用保険・介護保険(40歳以上)

なお、税金や社会保険料等は、法律で支払いが決められているため、給与所得者であれば必ず給与から天引きされています。、

年収600万ボーナスなし:手取り約460万円・月給約38万円

年収600万円の年間の手取り額は約460万円、月々約38万円です。

国税庁日本年金機構全国健康保険協会の情報を元に、年収600万で計算した結果は以下を参考にしてください。

項目月額
手取り年額4,603,500円
手取り月額383,625円
所得税16,833円
住民税25,791円
健康保険25,000円
厚生年金45,750円
雇用保険3,000円
介護保険(40歳以上)0円
※年収600万(ボーナスなし) 東京都在住 30歳の場合で計算

ボーナスがない場合は、ほぼ毎月均等に支給されるため、ひと月あたり約38万円と安定するのが特徴です。

年収600万ボーナスあり:手取り約459万円・月給約31万円

年収600万(ボーナス60万×2回込み)の場合、手取り額は約459万円、月々約31万円です。

国税庁日本年金機構全国健康保険協会の情報を元に、年収600万、ボーナス120万で計算した結果が以下となります。

項目月額
手取り年額4,589,920円
手取り月額305,712円
所得税13,353円
住民税20,520円
健康保険20,500円
厚生年金37,515円
雇用保険2,400円
介護保険(40歳以上)0円
※年収600万(ボーナス120万込み) 東京都在住 30歳の場合で計算

ボーナスがある場合、ひと月あたりの手取り額は少なくなり、月々に利用できる生活費は減少します。

生活費の補填や金額の大きい買い物、貯蓄などは、ボーナスで補填することが一般的でしょう。

なお、ボーナスなしの年収4,603,500円、ボーナスありの年収4,589,920円に13,580円の差異が生じるのは、社会保険料等の負担額の違いによるものです。

年収600万円の手取りの内訳【税金・保険料】を解説

年収は600万あるはずなのに、手元に残る金額が少ないと感じる方は天引きされる項目を確認しましょう。

実際にどんな項目がどんな割合で天引きされているかは、以下を参考にしてください。

項目特徴詳細
所得税給料にかかる税金・所得控除を差し引いた課税所得に対して決定する
税率は5~45%の間で7段階
住民税居住地の自治体に納める税金市民税と県民税合計10%
・課税所得により決定する
雇用保険料失業給付や就職支援を受けるための保険料・事業の種類によって保険料率や会社の負担額が変わる
厚生年金保険料年金を受給するための掛け金
(負担額は会社と折半)
・毎月の給与と賞与に共通の保険料率を掛けて算出
健康保険料医療保険の保険料
(負担額は会社と折半)
毎月の給与と賞与によって決まる
介護保険料介護を必要とする人を支えるための保険料・健康保険組合によって保険料率は異なる
・40歳以上になると加入が義務づけられる
総支給額から引かれる税金と社会保険料の項目

扶養家族の人数によって所得税や住民税にかかる税率が変わったり、40歳以上は介護保険がかかったりと、手取り額は一人ひとり異なります。

給与状況を知ることで、今後の生活設計や財務計画に役立てることができますので、ぜひあなたの給与明細を今一度チェックしてみてください。

年収600万は勝ち組か検証

国税庁の令和3年度の民間給与実態統計調査によると、年収600万円台(年収600万円超700万円以下)の給与所得者は、日本国内全体の6.9%です。

ざっくりいうと、年収600万円以上稼げる人は限られており、勝ち組と言えるのではないでしょうか。

事実、本当に勝ち組と言えるのか数字を追って検証していきます。

年収600万円台は労働者全体の6.9%【男性9.5%   女性3.4%】                                                               

国税庁の民間給与実態統計調査によると、年収600万円台(年収600万円超700万円以下)の給与所得者数は労働者全体の6.9%年収600万円の人は上位22.6%です。

日本全体の年収の割合と、男女別の割合は以下を参考にしてください。

年収全体男性女性
〜200万円未満20.5%9.6%35.5%
200〜300万円未満14.1%9.8%20.0%
300〜400万円未満16.5%15.5%17.9%
400〜500万円未満15.3%17.7%12.1%
500〜600万円未満10.9%14.2%6.4%
600〜700万円未満6.9%9.5%3.4%
700〜800万円未満4.8%7.1%1.7%
800〜900万円未満3.3%5.0%1.0%
900万円以上7.6%11.8%2.1%
参考:国税庁:令和4年分民間給与実態統計調査

全体の構成割合から見ると、年収600万円は上位2割程度にあたり、十分高く勝ち組と言えるでしょう。

男女別で比較した場合、600万〜700万以内の女性はわずか3.4%、男性は9.5%と割合に大きな違いがあります。

また、年収のピークを比較すると、男性のピークは400万〜500万円未満に対して、女性は300万円未満とかなり低いです。

年収600万円の年齢別の割合

続いて年代別にみた平均年収の推移を見ていきます。

年代平均年収
(ボーナスなしの場合の手取り額)
男性女性
全年代458万円(約358万円)563万円314万円
20代331万円(約261万円)355万円301万円
30代444万円(約346万円)517万円335万円
40代506万円(約390万円)622万円340万円
50代541万円(約541万円)693万円334万円
参考:国税庁:令和4年分民間給与実態統計調査

年収600万円に達する年代は男性の40代で平均年収622万円、50代ともなると694万円です。

全年代で年収が600万円を超えている人の割合は、上位22.6%(約4.4人に1人)ほどになります。

男女別で比較してみると、男性は40代で平均年収600万円に達しますが、女性で600万円を越える年代はありません。

結論:30代で年収600万は勝ち組

年収600万円を稼ぐのは全労働者の上位2割程度で、男性の平均年収が600万円を超える年代は40代以降です。

また、女性の平均年収は600万を超えないことから、女性が年収600万を突破するハードルの高さを伺えます。

結論として、年収600万で勝ち組と言えるのは、30代で年収600万を超える人です。

全年代を通して女性で年収600万を実現している人は、さらに絞られた勝ち組の人と言えるでしょう。

【比較】年収別の手取り月収

年収600万を目指す上で、実質いくらもらえるのか、毎月の生活費に充てられる手取り額はいくらなのかを、明確にしておきましょう。

年収別の手取り年額と手取り月給を年収10万円単位で以下の表にまとめました。

額面年収手取り年額手取り月給
500万円389万円32.4万円
510万円393万円32.7万円
520万円401万円33.4万円
530万円410万円34.1万円
540万円418万円34.8万円
550万円422万円35.2万円
560万円431万円35.9万円
570万円439万円36.6万円
580万円447万円37.3万円
590万円452万円37.6万円
600万円460万円38.3万円
610万円468万円39.0万円
620万円472万円39.4万円
630万円481万円40.1万円
640万円489万円40.8万円
650万円497万円41.4万円
国税庁日本年金機構全国健康保険協会の情報をもとに『30歳扶養家族なし』で算出

手取り額の希望額を目安に、年収の目標を設定するのにも役立てていただけます。

なお、30歳で扶養家族がないことを前提に算出しているため、年齢や家族構成によって多少異なりますので、参考程度に留めてください。

年収500万の生活水準についてはこちらをご覧ください。

年収600万手取り38万円の生活レベルはどのくらい?

「年収600万円はどんな暮らし?」「結婚したらどうなる?」「子供が増えたら?」など、先々の生活レベルがどうなるかをシミュレーションしておくことは大切です。

ここからは家族構成別の生活レベルについてご紹介していきます。

 一人暮らし独身の場合:十分余裕

年収600万円で一人暮らしの独身であれば、十分余裕がある生活が可能です。

年収600万円の家賃相場は、手取りの3分の1〜4分の1が目安となります。

仮にボーナスなしの手取り額おおよそ31万円とした場合でも、1ヶ月8万円~10万円程度は住居費に充てられます。

光熱費や通信費などの固定費、食費や交際費、趣味などに使っても、預貯金も確保できるでしょう。

独身のひとり暮らしの出費の目安は以下を参考にしてください。

支出項目目安経費(月額)
家賃8〜10万円
食費5万円
水道光熱費1.5万円
交際費3〜5万円
通信費1万円
雑費3万円
貯蓄・投資等10万円
合計33.5〜35.5万円

子どもなし夫婦暮らしの場合:余裕あり

年収600万円で夫婦の場合、過度な贅沢をしなければ、余裕のある暮らしができます。

特に、家賃や食費、光熱費などの共有費用を二人で分けることができ、一人暮らしより負担額を軽減できるでしょう。

贅沢な外食、旅行などを楽しみながら、手料理で食費を浮かるなど、収支のバランスをもった生活が可能です。

年収600万あれば余裕ある暮らしができますが、浪費癖がつかないよう、共有の目標をもって、早くから貯蓄をすると良いでしょう。

支出項目目安経費(月額)
家賃10万円
食費6.5万円
水道光熱費2万円
交際費3〜5万円
通信費1.5万円
雑費4万円
貯蓄・投資等7万円
合計34〜36万円

子どもあり家族暮らしの場合:2人以上は厳しくなる

子どもがいる世帯では、教育費や家族全員の生活費の増額があり、年収600万円でも経済状況は十分とは言えません。

特に子供が2人以上となれば、養育費・教育費など出費が倍増するため、収支のバランスが崩れる危険があります。

さらに子供が成長すると住居も手狭になるため、マイホーム購入などの大きな出費に備え、節約と計画的な貯蓄が必要です。

支出項目目安経費(月額)
家賃10〜12万円
食費8万円
水道光熱費2.5万円
交際費3万円
通信費2万円
教育費4万円
雑費4万円
貯蓄・投資等1万円
合計34.5〜36.5万円

年収600万を実現する方法についてはこちらをご覧ください。

年収600万でできることは?

年収600万円は、労働者全体の中でも上層に位置し、一般的には「できないことはない」と考えられます。

結婚、子育て、貯金、マイホームの購入など、具体的にできることについて詳しく解説します。

結婚:余裕がある

年収600万円あれば、結婚してパートナーと共同生活を送るのに余裕があります。

結婚式や新婚旅行などの初期費用も計画的に準備することが可能でしょう。

また、新生活に必要な家具や家電の購入にも予算を割くことができます。

さらに、パートナーが収入のあるダブルインカムであれば、ゆとりをもった生活ができます。

ちなみに、婚活中の男女を対象とした民間調査によると、女性が相手に求める理想の年収を「500万〜700万」がボリュームゾーンと紹介されています。

子育て:2人以上は教育費が厳しくなる可能性がある

一人目までは支障なく暮らせていても、二人目以降の養育・教育においては、年収600万では厳しくなる可能性があります。

私立学校や塾などの教育費を考えると、年収600万はやや厳しくなるため、計画的な資金管理が求められます。

公立の学校に通わせ、特別な教育プログラムに参加させないなど、教育費を制限する必要があるでしょう。

なお、自治体の支援制度によって教育費の負担は大きく変わる可能性があるため、居住地の支援制度を確認しておくことをおすすめします。

貯金:貯金額10%以上を目指せる

一般的に、収入から貯蓄に回す理想は20〜30%程度とされていますが、実際には10〜15%が現実的です。

ただし、貯金額は家族構成や生活水準、家賃などの経費、住宅ローンの有無により大きく変動します。

年収600万円の年収があれば、子供の教育費がかからない世帯なら年間60万〜100万円程度を貯蓄することは十分可能でしょう。

一方、子どもがいる場合は、手取り額の大半は毎月の生活費や教育費に充てられ、貯蓄の難易度は高いと言えます。

ボーナス支給がある場合は、1回分のボーナス60万円のうち半分の30万を貯蓄できれば年間60万円の貯蓄が確保できます。

賃貸:家賃13万円程度

一般的に家賃の相場は、手取りの3分の1〜4分の1程度と言われています。

ボーナス支給がない場合の毎月の手取り額38万円の場合、家賃相場は最大13万円ほどです。

ボーナス支給がある場合、毎月の手取り額は31万円となり、最大10万円以内に抑える必要があります。

ただし、勤務先の福利厚生として、家賃補助や社宅制度があれば、毎月の支出の削減ができます。

家賃補助や社宅制度のメリット
  • 都心部の社宅に住める
  • 広い部屋が借りられる
  • 余剰金として預貯金に回すことができる

生活の質を上げたり、将来に備えた預貯金ができるため、福利厚生は必ず確認しておきましょう。

クレジットカードやカードローン審査:十分可能

600万の年収があれば、クレジットカードやカードローンの審査は基本的には通ります。

賃金業法の『総量規制』によると「年収の3分の1を超える貸し付けをしてはならない」とあり、年収600万の場合は総額200万円まで限度額となります。

しかし利用限度額は、年収以外にも、職業や勤続年数、他社からの借入れ状況により異なる場合があるため、利用の際は確認する必要があります。

車の購入:300万程度の車種が可能

年収600万あれば、マイカー購入は十分可能です。

一般的には車の購入予算は年収の半分ほどと言われており、年収600万であれば300万円程度が目安となります。

現金一括での支払いが難しい場合には、頭金の残額はオートローンを組むことも可能でしょう。

ただし車は維持費がかかるため、維持費の目安を事前に把握しておく必要があります。

車の主な維持費はこちら
  • 月々のガソリン代(1〜2万円)
  • オイル交換(3〜6ヶ月に3,000〜6,000円)
  • 2年に一度の車検(10~20万円)
  • 月々の駐車場(6,000〜1万円)

居住地や車の使用頻度にもよりますが、オートローンの返済と維持費の負担を考えた場合、カーシェアでの代用もおすすめです。

家の購入・住宅ローン:3200〜4000万程度の住宅ローンでおさえる

年収600万円で家を購入する場合、3200万〜4000万円程度の住宅ローンで抑えると良いでしょう。

物件のある地域にもよりますが、新築の一戸建てや中古のマンションなど、様々な選択肢から自分に合った物件を選ぶことができます。

ただし、住宅ローンの返済には長期の計画が必要です。

多くの金融期間では、住宅ローンの借入可能額の返済負担率を年収の30~40%と推奨していますので無理のない返済計画を立てましょう。

年収600万以上を実現する方法

一定の生活水準を保つために必要な収入のラインは、年収600万円以上と言われています。

とはいえ、すべての人が年収600万を超えられるわけではありません。

ここからは、どのようにすれば年収600万円以上を実現できるのか、具体的な方法をご紹介します。

昇進・昇給する

年収600万以上を実現する方法として、現在の職場で昇進・昇給を目指す方法があります。

給与アップが見込める職場であれば、スキルアップや実績を積み上げ、管理職に昇進するなど、昇給を目指せます。

専門分野や得意分野の資格を取得することも、昇進や昇給アップの交渉に効果的です。

民間調査による「年収600万〜1000万円クラス」の各資格の収入の目安は以下をご覧ください。

資格収入の目安
医師約1,100万円
弁護士約1,100万円
公認会計士約720万円
税理士約720万円
不動産鑑定士約710万円
社会保険労務士約710万円
歯科医師約653万円
一級建築士約644万円
獣医師約637万円
技術士約600万円
宅建(宅地建物取引士)約500〜600万円
参考:通信講座フォーサイト

年収アップを目指して取得すべき資格は多数ありますが、資格によっては大変な労力や時間を有するものです。

あなたのキャリアアップに直結する資格を見定めて、確実に昇進、昇給を目指すことをおすすめします。

副業と組み合わせる

本業だけではなく、副業を活用して収入を増やす方法もあります。

スキルや趣味を活かせる副業は、無理せず好きなことで収入を得られる点がメリットです。

スキルを活かせるおすすめの副業
  • Webデザイナー
  • プログラマー
  • 動画編集
  • 翻訳
  • スキル販売

資格やスキルを必要とする副業は、報酬額も高額なケースが多くておすすめです。

ただし、副業を禁止している企業もあるため、就業規則は事前に確認してください。

起業する、フリーランスになる

自分のビジネスを立ち上げることで、収入を増やすことも可能です。

起業やフリーランスは成功すれば働いた分すべてが収入となり、収入アップが見込めます。

ただし、会社が生き残る確率は、5年後は10〜15%、10年後は5%前後と、リスクを伴うこととなります。

起業して年収600万以上を目指す場合には、、初期投資の準備や独立セミナー等による緻密な計画が必要です。

投資で運用する

株式投資や不動産投資などの運用も年収アップを目指す方法のひとつです。

初心者におすすめの主な資産運用方法
  • 投資信託
  • 株式投資
  • 預金
  • 債券投資

初心者が資産運用を始める際は、iDeCoやNISAの活用がおすすめです。

ただし、投資は現金を減らすリスクや短期での効果を期待できないなど、デメリットがあることを理解した上で行うことが重要となります。

歩合制で稼げる仕事を選ぶ

歩合制の仕事は、成果に応じた報酬が得られる、収入アップの方法のひとつです。

特に営業職は、個人の成果が会社の業績に直結するため、歩合制であることが多く、売り上げ次第で大きく稼げます。

歩合制で稼ぎやすい主な仕事
  • 不動産の営業
  • 保険の営業
  • 自動車のディーラー
  • 販売職
  • ドライバー職(トラック・タクシーなど)

営業職や販売職では、成果に応じて収入が決まるため、努力次第では短期間での収入アップが期待できるでしょう。

ただし、収入が不安定になりやすいなど、デメリットの理解も必要です。

営業職におすすめの転職サイト・転職エージェントはこちらをご覧ください。

年収600万円以上が狙える業界へ転職する

自身のスキルや経験を活かして、高収入が見込める業界への転職も一つの方法です。

例えば、外資系のITやコンサルティング業界など、元々の年収が高い業界は、高収入が見込めます。

実績や経験を武器として、各業界の大手企業へ転職すれば、年収600万以上は狙えるでしょう。

ハイクラス向けのおすすめの転職エージェントはこちらをご覧ください。

年収600万円以上の企業に転職を希望するなら、ハイクラス求人が豊富なビズリーチで市場価値を確かめてみるのがおすすめです。

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

年収600万円以上を目指せる業種や職種とは?

「転職で600万以上を目指したい」「今の職場では年収600万の見込みがない」と言う方は、転職を選択する必要があります。

次の転職で成功するには、そもそもの年収が高い企業であること、稼ぎやすい職種であることが、転職先選びのポイントです。

ここからは年収600万円以上を狙える業種や職種について詳しく解説します。

年収600万円以上を目指せる業種

今は年収600万に届かなくても。年収が元々高い業界であれば年収600万円の見込みがあると言えます。

つまり、給与相場を決める大きな要因は業界の相場です。

国税庁の令和4年分民間給与実態統計調査による、平均年収が高い業種は以下を参考にしてください。

業種全体平均年収
電気・ガス・熱供給・水道業747万円
金融・保険業656万円
情報通信業632万円
学術研究・専門・技術サービス・教育544万円
製造業533万円
建設業529万円
複合サービス事業477万円
参考:国税庁:令和4年分民間給与実態統計調査

能力があっても相場を超えた給与を得るのは難しいため、インフラ関連や金融・保険業といった、稼ぎやすい業界へ転職するのが年収アップの近道でしょう。

職業・業種・企業別年収ランキングについてはこちらをご覧ください。

【男女別】年収600万円以上を狙える職種

稼ぎやすい業種と同様に、稼ぎやすい職種をご紹介します。

男女別でそれぞれ年収600万円を目指せる職種をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

【男性向け】年収600万円以上を狙える職種は?

男性が年収600万円を目指せる職種は、IT系・営業系・技術系がおすすめです。

職種高年収を狙える理由
金融系営業職・成果に応じて歩合給が加算される
・富裕層が主なターゲット層である
外資系
企業営業職
・インセンティブ率が高い
・成果報酬のため高年収になりやすい
ITエンジニア・大学レベルの数学の知識が必要
・高度な技術力を持つエンジニアの需要が高い

IT系の職種で高い月給が見込めるのは、主にエンジニア職です。

IT業界は慢性的な人手不足が続いており、他職種と比べてエンジニアを優遇する企業が多い傾向があります。

また、求められるスキルや成果水準は高いですが、金融系や外資系の営業職も高年収が期待できる職種です。

ITエンジニアにおすすめの転職エージェントはこちらをご覧ください。

【女性向け】年収600万円以上を狙える職種は?

女性が年収600万円を目指せる職種は、人材・保険・不動産業界の営業職です。

職種高年収を狙える理由
外資系
保険会社営業職
・成果に応じて歩合給が加算される
・成果主義のため女性も評価されやすい
不動産営業職・コミュニケーション能力の高さ
・インセンティブ率が高い
技術系・クリエイティブ系・高い専門性が必要
・スキル次第で高年収の可能性がある

女性の営業職の中でも高額商材を扱う場合、成果給が加味されて、優れた成果を上げるほどに高収入を実現できます。

外資系など高年収の営業職は、インセンティブ収入と仕事へのやりがいなど、充実したキャリアアップが目指せるでしょう。

女性におすすめの転職エージェントはこちらをご覧ください。

年収600万円以上を目指すのにおすすめの転職サイト・エージェント3選

ここからは、年収600万円以上を目指す方向けに、おすすめの転職サイトや転職エージェントをご紹介します。

経歴やスキルを活かしてキャリアアップを望む方、キャリアチェンジで年収アップを目指す方など、様々な要望に応えられる転職サービスを厳選しました。

業界最大規模のリクルートエージェントと市場価値を確かめられるビズリーチの併用使いもおすすめです。

あなたに適した転職サービスを効率よく利用して、年収600万以上を実現しましょう。

リクルートエージェント|転職支援実績No.1のエージェント

詳しい口コミは「リクルートエージェント 評判」を確認
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 転職支援実績No.1のエージェント
  • 好条件の非公開求人が豊富
  • 職務経歴書の書き方や面接のコツをアドバイス

リクルートエージェントは、業界最大級の求人数と転職支援実績のある転職エージェントです。

一人一人の適性に合った求人紹介と、専属キャリアアドバイザーによる転職サポートが受けられます。

職務経歴書の書き方や面接対策、また応募先企業との条件交渉や面談調整も任せることが可能です。

経歴やスキル次第では、好条件の非公開求人を紹介してもらえるため、年収アップやキャリアアップが目指せるでしょう。

リクルートエージェントの基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約397,200件
非公開求人数約258,300件
対応エリア全国
対応職種営業・販売・カスタマーサービス
企画・マーケティング・経営
管理・事務 物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ
SE・ITエンジニア
エンジニア(設計・生産技術・品質管理)
建築・土木・設備
医療・医薬・化粧品
その他(講師・調理師・介護など)
実績転職支援実績No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点

転職サービス選びに迷ったら、圧倒的な求人数を保有するリクルートエージェントもおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

doda|公開求人数は23万件以上

詳しい口コミは「doda 評判」を確認
dodaのおすすめポイント
  • 転職のプロが内定まで徹底サポート
  • 公開求人数は23万件以上
  • 転職市場に精通したキャリアアドバイザーが在籍

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する転職エージェントです。

幅広い業界や職種の求人を23万件以上保有しており、顧客満足度No.1の実績があります。

dodaに登録すると、サイト型とエージェント型のサービスが同時に受けられることが可能です。

転職市場に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、内定までのサポートがあるため、現職で忙しいあなたも転職活動をスムースに進められるでしょう。

dodaの基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約234,700件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業職
企画・管理
事務・アシスタント
技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)
技術職(組み込みソフトウェア)
技術職(機械・電気)
技術職・専門職(建設・建築・不動産・プラント・工場)
技術職(化学・素材・化粧品・トイレタリー)
技術職(食品・香料・飼料)
医療系専門職
金融系専門職
専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)
販売・サービス職
クリエイター・クリエイティブ職
公務員・教員・農林水産関連職など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年1月時点

幅広い求人の中から、営業職や専門職など自分にあった求人が探せるdodaもおすすめです。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

ビズリーチ|求人の33%が年収1000万以上

詳しい口コミは「ビズリーチ 評判」を確認
ビズリーチのおすすめポイント
  • 国内最大級のヘッドハンター型ハイクラス転職サイト
  • 年収1,000万円以上のハイクラス求人が3分の1以上
  • スカウトを受け取ることで自分の市場価値がわかる

ビズリーチはヘッドハンター型のハイクラス転職サイトです。

転職後の年収が500万を有に超える平均840万円という高い実績があり、年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占めています。

質の高い求人が多く、中途採用市場での高年収求人が豊富です。

スカウトを受け取ることで自分の市場価値を確認できるため、まずは登録すべき転職サイトと言えます。

年収アップを目指すならハイクラスのスカウトが受けられるビズリーチがおすすめです。

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

年収600万手取りに関するよくある質問

年収600万手取りに関するよくある質問
  • 年収600万の手取り月収はいくら?
  • 年収600万は上位何%?
  • 裕福な暮らしは年収いくら以上あればいい?
  • 年収いくらあれば勝ち組?
年収600万の手取り月収はいくら?
年収600万円の場合、所得税や住民税、社会保険料などを引くと、手取りは年間約460万円となります。
460万円を12か月で割ると、手取りの月給は約38万円です。
ただし、実際の手取り額は、居住している地域、扶養家族のありなしによって多少異なります。
年収600万は上位何%?
厚生労働省の統計によると、年収600万円は平均年収の458万円を上回り、上位20%程度とされます。
ちなみに男性は上位20-30%、女性は8%程度です。
裕福な暮らしは年収いくら以上あればいい?
一般的には平均年収458万円の約2倍の1000万円以上が、金銭面で不自由のない豊かな生活が可能です。
ただし生活スタイルや地域、家族構成によっては、余裕のある暮らしには2000万円必要だとされる説もあります。
年収いくらあれば勝ち組?
年齢によって異なるため、一概には言えませんが、年収900万円以上稼げる人は全年代の7.6%と上層に限られていることから勝ち組と言えます。
年収600万以上の人は上位22.6%約4.4人に1人と考えられることから、勝ち組と考えても良いでしょう。

年収600万手取りまとめ

日本の全労働者の平均年収は458万円であることから、年収600万は平均以上の年収を勝ち得ています。

しかし手取り額にすると月額38万円となり、子供2人の教育費やマイホーム購入を考えれば、さらに収入を増やしたい人もいるでしょう。

近い将来に備えて、収入600万円以上を目指すのであれば、年収を上げやすい職種や業種に転職することが近道と言えます。

業界最大手のリクルートエージェントと市場価値を確かめられるビズリーチなどを利用して、効率よく転職活動するのがおすすめです。

あなたに適した転職サービスを探して、年収600万以上の壁を突破しましょう。

年収600万の手取り ざっくり言うと

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<