アクセンチュアの年収はどのくらい?初任給や年代・職種別平均年収を徹底解説

アクセンチュアは世界で約73万人以上の従業員数を誇る、世界最大の総合型コンサルティングファームです。

アクセンチュアの年収はどのくらい?

アクセンチュアに入っている人は勝ち組?

高収入になるならアクセンチュアで働きたいな…

「年収が高い」といった評判の多いアクセンチュアは、日本の就職・転職マーケットで常に人気を集めています。

とはいえ、アクセンチュアは年棒制を採用しているため年収の実態は掴みづらく、実際みんないくらもらっているのかわかりにくいものです。

そこで本記事では、アクセンチュアの初任給や年齢、職種別の平均年収を詳しく解説します。

またアクセンチュアに入れば「勝ち組になれるのか?」を口コミから検証、さらに年収をアップする秘訣についても紹介していきます。

「アクセンチュアの年収」ざっくり言うと

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

目次 開く

  1. アクセンチュアの概要
  2. アクセンチュアの年収
  3. アクセンチュアの給与制度とは?
  4. アクセンチュアの年収は高い?同業他社と比較
  5. 労働環境はヤバい?アクセンチュアの働き方改革を解説
  6. アクセンチュアの福利厚生の充実度を解説
  7. アクセンチュアは本当に稼げる?口コミ評判を検証
  8. アクセンチュアで年収を上げる3つのコツ
  9. アクセンチュアへ転職するのにおすすめの転職サイト・エージェント5選
  10. アクセンチュア転職時に注意すべきこととは?
  11. アクセンチュアの転職難易度を解説
  12. アクセンチュア同業他社への転職も検討
  13. アクセンチュアの年収に関するよくある質問
  14. アクセンチュアの年収は一般企業の2倍以上が期待できる転職
目次へ

アクセンチュアの概要

アクセンチュアは世界でも最大クラスの規模を持つ、グローバルコンサルティングファームです。

アイルランドに本社を置いており、世界49カ国、200都市以上に事業所を展開しています。

まずはアクセンチュア基本情報や気になる社風、どんな強みがあるのか紹介していきます。

アクセンチュアの概要


基本情報

会社名アクセンチュア株式会社
本社所在地東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
設立創業:1,962年に事業所開設
設立:1995年12月
資本金3億5千万円
従業員数約21,000人
売上高616億USドル(グローバルグループ 2022年8月期)
代表者グローバル最高経営責任者 ジュリー・スウィート
日本 代表取締役社長 江川 昌史
事業紹介・コンサルティング
・ストラテジー
・デジタル
・テクノロジー
・オペレーションズ
・セキュリティ
各種制度・キャリアカウンセリング制度
・社内異動制度
・海外トレーニング
・国内トレーニング
・eLearning
※2023年11月時点

アクセンチュアは、コンサルティング、テクノロジー、デジタル、アウトソーシングなど、様々な分野で事業を展開しています。 

主軸となる業務は以下のとおりです。

ビジネス戦略の策定

業務プロセスの改善

人材マネジメントなどのコンサルティングサービス

社風

アクセンチュアの社風を象徴する言葉に「Think straight talk straight」があり、どんな相手であっても摩擦を恐れず、正直に語る姿勢を表します。

アクセンチュアは意見を率直に言える、開放的で風通しの良い風土が特徴です。

多様なバックグラウンドを持つメンバーがチームワークを重視し、協力してプロジェクトを進めています。

自己啓発を推奨しており、各自がスキルアップできる環境が整っているため、高い年収を得る土台を築くことが可能です。

以前は行き過ぎたハードワークが目立ちましたが、近年では改革が進み、柔軟性のある働き方に整備された点は、特出すべきところです。

強み


アクセンチュアの強みは、IT・テクノロジーへの順応の速さです。

深い業界知識と先端テクノロジーを積極的に活用することで、具体的な解決策、スピード感を持った対応を可能とします。

世界中のネットワークを活用して、グローバルスケールでビジネスを成長させる支援が可能な点が、アクセンチュアの強みと言えます。

世界で最大級のコンサルファームであり、大規模なプロジェクトや、海外に出るチャンスが多いため、新卒・転職市場どちらにおいても常に人気が高いです。

アクセンチュアの年収


アクセンチュアの年収は確かに高いのでしょうか。

実際にどのくらいの年収をもらっているのか、各年代・職種別・役職別の平均年収を紹介していきます。

【年代別】アクセンチュアの平均年収

アクセンチュアの全年齢層の平均年収は896万円です。

日本の平均年収は国税庁の民間給与実態統計調査(令和4年分)によると458万円となり、約2倍ほどの格差があります。

平均年収を年齢別にまとめると以下のとおりです。

平均年収
25〜29歳611万円
30〜34歳836万円
35〜39歳970万円
40〜44歳1065万円
45〜49歳1000万円
参考:口コミサイト アクセンチュア株式会社│ライトハウス

アクセンチュアは実力次第で評価が大きく異なり、同年代でも給与の差が生まれやすく、年収の幅は広い傾向があります。

また、20代・30代のうちから非常に高い年収水準が期待できるのがアクセンチュアです。

各年代ごとの年収のポイントを紹介していきます。

20代の平均年収

アクセンチュアの20代の年収は、新卒採用の初任給から始まり、経験やスキル習得により増加します。

職種により年収が異なりますが、20代後半になると、一般的には600万円~750万円程度に増額する傾向があります。

また、アクセンチュアではスキルアップやキャリアアップを支援する制度が整っており、20代の早い時期から高い報酬を得ることが可能です。

20代におすすめの転職サイト・エージェントについてはこちらをご覧ください。

30代の平均年収

30代になると、アクセンチュアの年収はさらにアップします。

アクセンチュアは、経験とスキルが年収に影響する年俸制を採用しています。

実績が評価され、30代でシニアコンサルタントやマネージャーになれば、1000万円を目指せるポジションでしょう。

スキルを高めることにより、さらに高い報酬を得ることが可能です。

30代はキャリア形成の重要な時期であり、年収に成果が反映されることを期待できる年代と言えます。

30代におすすめの転職サイトはこちらをご覧ください。

40代の平均年収

実績を積んだ40代は、さらに年収は増加します。

役職がシニアマネージャーやマネージングディレクターになると、年収は1500〜2000万円を超えることもあります。

アクセンチュアは、業績や貢献度など、自身のパフォーマンスを最大限に発揮することで、高い報酬を得ることが可能です。

40代は最上位の役職につき、成果が年収に大きく反映されると期待できます。

30代におすすめの転職エージェントはこちらをご覧ください。

【職種別】アクセンチュアの平均年収

アクセンチュアは幅広い職種があり、職種により年収に違いがあります。

そはいえ、具体的な年収は職種や経験、スキル、役職など総合的にみた評価基準で異なります。

職種別の平均年収は以下を参考にしてみてください。

職種平均年収
専門職系
(コンサルタント、金融、不動産)
810万円
IT系エンジニア
(アプリ開発、ITコンサル 他)
733万円
企画・事務・管理系
(経営企画、広報、人事、事務 他)
924万円
【職種別】アクセンチュアの平均年収

コンサルタントの年収


アコンサルタントの年収は、800万円~1500万円と幅があります。

アクセンチュアのコンサルタント職は特に需要が多く、中途採用のほとんどはコンサルタントからスタートします。

ビジネス戦略からIT戦略まで幅広く、クライアントの課題解決へ提案や実行を担うため、年収は他の職種より高い傾向です。

ただし4~5年程度従事してもコンサルタントとして結果を出せなかった場合、、他部署に異動になる場合もあります。

一方、実績を積み上げられれば、2年ほどで昇給・昇格などランクアップが期待できる職種でもあります。

コンサルタントへの転職におすすめの転職サイト・エージェントについてはこちらをご覧ください。

アナリストの年収


アナリストの年収は600万〜800万円です。

アクセンチュアのアナリストは、データ分析や業界研究などを行い、プロジェクトの成功に欠かせない職種となります。

アナリストは一般的な企業では一般社員の職域であり、新卒か第二新卒で入社する場合にはアナリストからスタートすることが多いでしょう。

新卒の初任給は400万円程度、経験を積みあげることでおおよそ倍の800万円程度の年収が見込めるでしょう。

エンジニアの年収

アクセンチュアのエンジニアの年収は、600万円~1000万円程度です。

エンジニアはシステム開発やさまざまな運用を担当しますが、技術力やプロジェクトの規模によって年収の幅には開きがあります。

コンサルタントと比較すると、若干低い給与ベースとなります。

ITエンジニアにおすすめの転職サイト・エージェントについてはこちらをご覧ください。

企画・事務・管理系の平均年収

アクセンチュアの企画・事務・管理系の年収は、一般的には700万円~1500万円ほどです。

中でも管理部門はプロフェッショナルとしてサービスを提供する、各領域をサポートする業務を担います。

アクセンチュアの管理本部は財務・法務・総務などのチームで構成されているため、いずれかのチームに配属されることがほとんどでしょう。

配属先のチームの規模や業績によって年収は異なる場合があるため、年収幅は広い傾向があります。

企業別・業種別・職種別年収ランキングはこちらをご覧ください。

【役職別】アクセンチュアの年収

アクセンチュアの年収は役職により大きく変動します。

アクセンチュアはアナリストからマネージングディレクターまで5つの役職があり、役職ごとである程度の給与が決まります。

勤続年数を加味した役職別の年収の一覧は以下を参考にしてください。

役職勤務年数(目安)推定年収
アナリスト1~2年目430万~600万円
コンサルタント3~5年目600万~900万円
マネージャー6~9年目1,000万~1,400万円
シニアマネージャー10年目~1,400万~1,800万円
マネージングディレクター実力による1,800万円~

アナリスト、コンサルタントを経たあと、中間管理職といえるマネージャーへ昇格できれば、大幅な年収アップが可能です。

アクセンチュアの中間管理職となるマネージャー以降の役職別の特徴を紹介します。

マネージャーの年収

アクセンチュアのマネージャーの年収は1,000円~1,400万円程度で、年次は6~9年が目安です。

マネージャーは一般企業で言う中間管理職で、部下を持ち統率が必要な立場となります。

プロジェクトの規模や重要度が大きい業務、実績により、さらに年収は高くなる傾向があります。

マネージャーへの昇給は、アクセンチュアで年収1,000万円を超える目安や目標になるでしょう。

シニアマネージャーの年収


アクセンチュアのシニアマネージャーの年収は1,400万~1,800万円程度で年次では10〜15年が目安です。

ちなみにシニアマネージャーとは、一般企業の課長と次長の間のポジションと把握しておきましょう。

シニアマネージャーはマネージャーよりも大規模なプロジェクトのリーダーや、部門のマネジメントを担当します。

リーダーシップやビジョンの明確さ、経験や業績が評価されれば、2,000万円に近づく高収入が見込めます。

マネージングディレクターの年収


アクセンチュアでマネージングディレクターは年次15年以上で、年収は1,800万円から2000万円以上とも言われています。

アクセンチュアの社員の中で一番高い役職がマネージングディレクターで、一般企業の部長クラスです。

企業全体の戦略策定や運営を担当しますが、経営陣としての役割が大きく、重責と牽引力のあるリーダーシップが高い年収に反映されます。

また業績や管理部門の規模が年収に反映されることで、さらなら年収アップも見込めるでしょう。

アクセンチュアのマネージングディレクターは、3,000万円以上が狙える役職です。

アクセンチュアの給与制度とは?

アクセンチュアの給与制度は、高いパフォーマンスを発揮した社員ほど高い報酬を得られる年棒制です。

年俸制の特徴や、初任給や中途採用では実際どのくらいの年収なのか、詳しく解説していきます。

年俸制|成果主義

アクセンチュアは年棒制を採用しており、年間を通じて一定の給与を保証します。

年功序列ではなく成果報酬を基本とした、昇給・昇格を決める評価会議が毎年12月に実施され、年俸額や個人の業績などが評価されます。 

アクセンチュアの給与構成は、以下のとおりです。

年俸+残業代+業績給与ボーナス(年1回)+各種手当

給料日は毎月25日で、入社時または12月に開示された年俸を1ヶ月毎に分割されて支払われます。

ボーナスの支給額も開示され、6月と12月に半分ずつが支払われる計算です。

担当するプロジェクトで特別に評価が高い場合、特別ボーナスが支給される場合があります。

具体的な年収は役職や業界経験、スキルによりますが、能力や貢献度が評価され、適切な報酬を得られるため、やりがいがあるでしょう。

なお若手ほどランクが上がりやすく、報酬アップの見込みが高い点がアクセンチュアの成果主義の特徴となります。

新卒や1年目は初任給いくら?

アクセンチュアの新卒の初任給(コンサルタントやマーケティング職の場合)は、年収430万円です。

大学卒でも大学院卒でも初任給は変わりません。

アクセンチュアではさまざまな職種で新卒採用をしており、それぞれの職種の初任給は以下のとおりです。

職種初任給(年収)
ビジネスコンサルタント430万円
デジタルコンサルタント430万円
エンジニア東京関西採用:350〜430万円
東京関西採用以外:310〜400万円
データサイエンティスト550万円
AIアーキテクト455万円
マーケティング430万円
クリエイティブ430万円

エンジニア以外であれば、どの職種からスタートしても初任給に大きな差はなく、総じて高水準です。

コンサルタント職の初任給430万円の場合、月収に換算すると約35.8万円となります。

厚生労働省の令和4年賃金構造基本統計調査の結果によると、大学卒の初任給は約22.8万円です。

アクセンチュアの平均月収と比較すれば、初任給の高さがわかります。

新卒採用の初任給は基本給のみのため、評価次第ではボーナスが上乗せされ、さらに残業代が付与されれば、大きく増額する可能性があります。

初任給の平均についてはこちらをご覧ください。

中途採用はいくらもらえる?

中途採用でアクセンチュアに転職した場合、自分はいくらくらいの年収になるのか気になりますよね。

中途採用の年収は、前職の給与や経験、スキルによって大きく変動します。

とはいえ、アクセンチュアは個々の能力を高く評価し、見合った報酬を提供することを重視しているため、ベースアップが見込めます。

600万円から1000万円ほどが一般的ですが、特別なスキルや実績がある場合、それ以上の年収が提示されることもあるでしょう。

なお最新の中途採用の年収情報は、転職サイトに掲載されている実際のアクセンチュアの求人情報が参考になります。

人気企業の高年収求人や好条件の非公開求人は、転職サイトのビズリーチ等に多数掲載されています。

アクセンチュアの情報が集めやすい高収入求人が豊富なビズリーチを利用してみましょう。

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

アクセンチュアの年収は高い?同業他社と比較

アクセンチュアの年収は高いとわかっていても、コンサル業界の中ではどうなのか、同業他社の年収も気になるものです。

競合他社となる大手のコンサルティングファームの年収と比較してみると以下のようになります。

平均年収
アクセンチュア867万円
マッキンゼー・アンド・カンパニー1216万円
ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)1353万円
デロイトトーマツコンサルティング922万円
PwCコンサルティング926万円
ベイン・アンド・カンパニー1113万円
KPMGコンサルティング884万円

具体的な数値は役職、業界経験、スキルによって異なりますが、競合他社と比較すると、アクセンチュアの平均年収は少し低い印象があります。

アクセンチュアの年収は、新卒で400万円ほど、経験とスキルによっては中途採用で600万円から1000万円程度です。

対して、マッキンゼー・アンド・カンパニーやBCG、ベイン・アンド・カンパニーなどは、新卒で年収1000万円見込み、中途採用ではそれ以上となる場合もあります。

高い給与水準を維持するトップコンサルティングファームと比較すれば、多少低いと言えるでしょう。

労働環境はヤバい?アクセンチュアの働き方改革を解説

若いうちから経験を積むことができるアクセンチュアですが、「入社してみると激務でヤバい」といったイメージもあります。

10年ほど前まではかなりのハードワークで、「アクセンチュアの1年で他の会社3年分の経験ができる」と言われたこともあるほどです。

現在は「Project PRIDE(プロジェクトプライド)」というアクセンチュア独自の働き方改革を推進し、働きやすい環境が整備されました。

Project PRIDEの取り組みの一例

・ビジネスマナーの徹底

・ハラスメント抑止に向け、社外相談窓口を設置

・残業ルールの見直しにより18時以降の会議は原則禁止

アクセンチュアの公開データによると地道な取り組みにより、現在は残業の減少、離職率の低下、女性比率の向上といった成果が出ているとのことです。

働き方への意識が変わり、激務から脱却されたり離職率が低下したり、労働環境に良い変化が起こっている様子が確認できます。

アクセンチュアの福利厚生の充実度を解説

福利厚生には「法定福利」と「法定外福利」の2種類があり、企業の特徴が濃く現れるのは法定外福利です。

アクセンチュアの法定外福利厚生は、社員の働きやすさと生活の質を高める取り組みとして大変充実しています。

ライフステージの変化やプライベートの時間を大切に使えるよう、配慮された制度が豊富です。

ここではアクセンチュアが完備している法定外福利厚生について紹介していきます。


福利厚生|確定拠出年金制度・割引特典など

主な項目
福利厚生・確定拠出年金制度(401k)
・従業員株式購入プラン
・長期収入所得補償
・法人会員及び契約施設・ホテル等の割引特典
・ポイント・割引サービス
・健康サポート

アクセンチュアでは、従業員の安定した生活と将来の準備を支えるため、確定拠出年金制度や株式購入プランを設けています。

また、契約施設・ホテル等の割引特典やポイントサービスなどもあり、様々な商品やサービスを割引価格で利用可能です。

休暇・手当|有給・時間外手当・リフレッシュ休暇など

休暇・年次有給休暇
・私傷病休暇
・結婚・出産・忌引休暇(ライフ・パートナーの場合を含む)
・リフレッシュ休暇
・ボランティア休暇
手当・時間外勤務手当
・深夜勤務手当
・出張手当
・住宅手当
・交通費支給

アクセンチュアは年次有給休暇の取得を推奨し、時間外手当も支給されています。

長期の勤務に対するリフレッシュ休暇が設けられており、従業員の健康とワークライフバランスを重視した制度が整っています。

出産・育児・介護|配偶者・ライフパートナー出産休暇・介護休暇など


出産
・母体保護休暇
・配偶者・ライフパートナー出産休暇
・出産休暇
育児・子の看護休暇
・育児休憩時間
・ベビーシッター補助
・育児休業
・内閣府ベビーシッター割引券の無料配布
・ベビーシッター法人契約
・育児コンシェルジェサービス
介護・介護休暇

アクセンチュアは、社員が安心して家庭と仕事を両立できるよう、出産・育児・介護に関するサポートも充実しています。

様々なライフスタイルの中で、出産休暇や育児休業、介護休暇などの取りやすさを配慮した制度が魅力です。


働き方|フレックス・在宅・短時間勤務など

主な制度
働き方・フレックス制度
・在宅勤務制度
・短日短時間勤務制度

アクセンチュアにはフレックスタイムや在宅勤務、短時間勤務制度など、多様な働き方を支える制度が整っています。

アクセンチュアは多くの法定外福利が整備されていることで、社員一人ひとりのライフスタイルや生活環境に合わせた働き方が可能です。

アクセンチュアは本当に稼げる?口コミ評判を検証

アクセンチュアは一流のコンサルティングファームとして知られていますが、「本当に稼げるの?」と、その実態に興味がありますよね。

ここからはアクセンチュアに関する口コミ評判を元に、アクセンチュアで働くメリットや実際の収入状況について検証してみます。

アクセンチュア同士で結婚して賃金2,500万を超えたハイスペカップルを。 住みたかった土地に根付き、リモート噛ませながら時間を労働コントロールし、子供を育てながら睦まじく丁寧に生活している何より愛社精神が強い。 先に鼻に付く感じじゃない。 シンプルに勝ち組だよ。

引用:X

NTTとアクセンチュアの夫婦が現代のパワーカップルですね。フルリモートで好きな場所で暮らし、世帯年収2000万円超え。パワーカップル2.0。

引用:X

人材業界に2年以上いますが、 ガチで年収1,000万円×ホワイト企業ならここ。 ・Google(IT) ・ヤフー(IT) ・ブルームバーグ(IT) ・シスコシステムズ(IT) ・日本ロレアル(メーカー) ・ネスレ(メーカー) ・アクセンチュア(コンサル) ・BCG(コンサル) ・PwC(コンサル) 外資しか勝たん。

引用:X

NTTデータを辞めて失ったものは年収900万円、定時帰り、消化率100%の有給、顔採用の美人社員と派遣さん、圧倒的な福利厚生、変態。ただアクセンチュアに転職して得たものは年収1200万円、成果に対する責任感、PJのドライブ力、パワポ資料作成力、ストレス耐性、ブランド、ど変態。どっちが魅力ですか?


引用:X

アクセンチュアでは実際に1,000万円の年収を得ることができ、夫婦共働きともなれば、まさに勝ち組となります。

1,000万円以上を狙うなら、アクセンチュアを含めた外資系企業が現実味があり、高年収への転職を可能にします。

ただしアクセンチュアで「高収入を得る」「維持する」「さらにアップする」ためには、成果に対する責任感や常に攻め続ける努力も必要です。

転職後に後悔しやすい多くの原因は、アクセンチュアのことを理解できていなかったギャップによるものです。

自身にとって最適な転職となるよう、高年収だけではなく、働きやすい環境であるかも大切な選択肢となります。

アクセンチュアで年収を上げる3つのコツ

アクセンチュアで年収を伸ばすためには、スタートダッシュとキャリア形成が欠かせません。

アクセンチュアで年収を上げるコツは主に以下の3つです。

ビジネスコンサルタントとして入社する


アクセンチュアで年収を上げるコツとして挙げられるのは、ビジネスコンサルタントとして入社することです。

ビジネスコンサルタントは、クライアント企業のビジネスのサポートを担い、企業が抱えている課題を分析し、経営戦略を考える業務となります。

ビジネスコンサルタントは業界を横断してプロジェクトを経験でき、コンサルタントとしての基本を業務を通じて身に着けることが可能です。

アクセンチュアのビジネスコンサルタントは比較的評価基準が厳しくなく、キャリア形成についても有利なため、年収アップが狙えるでしょう。

英語力を身につける


アクセンチュアで年収を上げるには、英語力を身につけることも重要です。

入社時点では英語力が問われなくても、マネージャークラスになると英語力は必須となります。

アクセンチュアでは、TOEICスコアによる昇進の条件があります。

また「グローバルプロジェクトに参加して業務の幅を広げたい」など、狙う領域や役職があれば、リスニング・スピーキング・リーディングライティングの英語4技能が必要でしょう。

成果をあげる


アクセンチュアで年収を上げるコツは、ストレートに成果をあげることにつきます。

成果を出し続けていれば、ポジションが上がり年収アップにつながります。

大きな成果を出せれば、職位を1つスキップして昇格も可能です。

経営層のマネージングディレクターを目標に業務に取り組み、切磋琢磨してキャリアアップすることが、年収アップへの秘訣となるでしょう。

アクセンチュアへ転職するのにおすすめの転職サイト・エージェント5選


ここからはアクセンチュアに転職するのにおすすめの転職サイト・エージェントは5社紹介します。

ビズリーチ|求人の33%が年収1000万以上

詳しい口コミは「ビズリーチ 評判」を確認
ビズリーチのおすすめポイント
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円以上
  • 有料プランと無料プランの2つがある
  • 約4,600人の優秀なヘッドハンターが在籍


ビジリーチはハイクラス転職に特化したヘッドハンティング型転職サービスです。

ビズリーチはハイクラスの求人が多いため、給与水準が高いアクセンチュアへの転職であれば、率先して登録すべき転職サイトと言えます。

プロフィールや職務経歴書が充実していれば、ヘッドハンターの目に留まる可能性があり、アクセンチュアのオファーが届く場合もあります。

スカウトを待つだけでなく、自身で企業に応募することも可能です。

運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数約98,000件
非公開求人数非公開
費用無料プラン
有料プラン
・タレント会員:3,278円(税込)/月
・ハイクラス会員:5,478円(税込)/月
対象エリア全国
エージェント機能あり
主なサービス【共通】
求人検索
ヘッドハンターを利用した転職活動
ヘッドハンターへの相談
転職関連のコンテンツ
【無料プラン】
プラチナスカウトのみ閲覧・返信可能
特別な求人のみ応募可能
【有料プラン】
すべてのスカウト閲覧・返信可能
※2023年11月時点

アクセンチュアの情報が集めやすい高収入求人が豊富なビズリーチはおすすめです。

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

アクシスコンサルティング|コンサル専門の転職エージェント

アクシスコンサルティング 公式サイト
アクシスコンサルティングのおすすめポイント
  • 17年間で約20,000人以上の転職志望者を支援
  • 平均支援期間は約3年
  • 転職支援に加えて、独立支援も提供


アクシスコンサルティングはコンサル転職に特化した転職エージェントです。

17年間で約20,000人以上の転職志望者を支援しています。

キャリアアドバイザーがコンサル出身のため、コンサル転職に強みがあります。

一般の転職エージェントと異なり、アクシスコンサルティングは平均して3年間のキャリア支援をしている点が特徴です。

中長期に渡る転職活動をしながらキャリアアップをして、アクセンチュアへの転職を成功させましょう。

運営会社アクシスコンサルティング株式会社
公開求人数非公開
非公開求人数非公開(全求人のうち約77%)
費用無料
対象エリア全国
エージェント機能あり
主なサービス求人紹介から内定までの一貫したサポート
企業別の書類・面談対策
事業計画・経営企画当のキャリアチェンジ支援
企業インタビュー
よくある質問集
コンサル転職・キャリアアップに関するコラム など
※2023年11月時点

レバテックキャリア|ITエンジニアやデザイナー特化型

レバテックキャリア 公式サイト
レバテックキャリアのおすすめポイント
  • ITエンジニア専門の転職エージェント
  • 希望企業への転職成功率は90%以上
  • 実務経験が1年以上あるエンジニア・クリエイターにおすすめ


レバテックキャリアはITエンジニアやデザイナーに特化した転職エージェントです。

実務経験があるエンジニア・クリエイター向けの求人が豊富に揃っています。

非公開求人もあり他にはない高条件の求人を紹介してもらえる可能性もあるため、アクセンチュアでエンジニアになりたい方におすすめできるサービスです。

スキルや経験を活かしエンジニアとして転職を希望する方は、登録すべきエージェントと言えるでしょう。

運営会社レバテック株式会社
公開求人数約21,000件
非公開求人数
費用無料
対象エリア全国
エージェント機能あり
主なサービス個別相談・カウンセリング(平日夜間・土曜も対応)
求人紹介
職務経歴書の添削
模擬面接
年収交渉・入社日調整
LINEでの相談受付など
※2023年11月時点

リクルートエージェント|転職者の60%が年収UP

詳しい口コミは「リクルートエージェント 評判」を確認
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 非公開求人が業界トップクラス
  • コンサル職を含む数多くの業界・職種から求人を比較・検討できる
  • コンサル業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです。

公開求人数・非公開求人数どちらも業界トップクラスのため、様々な求人を比較・検討できます。

コンサル業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍しており、コンサル職への転職に手厚いサポートが受けられます。

リクルートエージェントは幅広い求人情報が得られるため、アクセンチュアと同業他社の求人を比較できるのは魅力です。

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約420,000件
非公開求人数約210,000件以上
費用完全無料
対象エリア全国
エージェント機能あり
主なサービス求人紹介
独自の企業情報を提供
書類添削
応募・書類選考
面接対策
年収交渉や退職交渉 など
※2023年11月時点

求人数が業界トップで同業他社の求人情報がチェックできるリクルートエージェントもおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

doda|公開求人数は20万件以上

詳しい口コミは「doda 評判」を確認
dodaのおすすめポイント
  • 35歳以下が約70%と若手社会人の採用に強い
  • 転職後1年間のフォローアップあり
  • 転職イベントやセミナーなどが豊富

doda(デューダ)は、35歳以下の若手社会人の採用に強みのある転職サイトです。

スカウト機能があり、経歴やスキルに興味を持った企業から直接オファーを受けることができます。

dodaは転職相談から求人紹介、また面接対策や応募書類作成サポートまで、一貫したサポートがあります。

アクセンチュアへの転職は自身の強みをアピールする面接対策が重要です。

特に初めての転職には面接対策のサポートが厚いdodaでしっかり準備をすることをおすすめします。

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約221,000件
非公開求人数約37,000件
費用無料
対象エリア全国
エージェント機能あり
主なサービス【エージェント利用(無料)】
キャリアカウンセリング
職務経歴書の添削・履歴書の添削
面接のマナー指導
面接の対応
面接日程の調整
円満退社のノウハウ
匿名なので安心して利用可能
企業からの直接オファー
面接確約オファー
※2023年11月時点

面接対策や応募書類作成サポートまで、一貫したサポートが受けられるdodaもおすすめです。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

アクセンチュア転職時に注意すべきこととは?

ここからはアクセンチュア転職時に注意すべきこと、選考対策について解説します。

アクセンチュアの選考対策で注意すべきことは、以下の3つです。

・情報収集:コンサル業界や、アクセンチュアについて
・書類対策:「会ってみたい」と思わせる応募書類の作成
・面接対策:なぜコンサル、なぜアクセンチュアなのかをロジカルに回答する準備とケース対策

特に面接対策は入念な準備と対策が必要となります。

応募する職種や部署により、質問や重視される点は異なりますので、深掘り質問に慌てないよう注意しましょう。

面接時の主な質問事項
  • これまでのキャリアについて
  • アクセンチュアに入社して何がしたいのかの将来像
  • 自分のスキルや経験がアクセンチュアでどう活かせるのか

どの質問にも一貫性を持って答える必要があり、そのためにはコンサルについて、そしてアクセンチュアについて理解していることがポイントとなります。

一人では十分な対策は困難だと感じる場合には、転職エージェントのキャリアアドバイザーに書類添削や面接対策など各種サポートを依頼するとよいでしょう。 

面接対策や応募書類作成サポートまで、一貫したサポートが受けられるdodaもおすすめです。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

   

アクセンチュアの転職難易度を解説

人気・業績共に好調で、コンサル業界の中でも転職希望者が多いアクセンチュアは、基本的には転職難易度は高いです。

アクセンチュアの中途採用では、希望職種に特化した実務経験や高度な専門性、知識や論理思考が求められます。

またマインドスタンスなど高い人間性も重要なポイントです。

上記の要件を満たす人材が求められており、転職難易度は一定の高さがあります。

とはいえ、アクセンチュアは業績が好調であり、大量採用方針により社員数を増やしているため、転職のチャンスも増加している傾向です。

ただし採用数が増える一方で、転職希望者も同じように増加するため、選考通過率は依然として高いと言えます。

アクセンチュアは個々の能力を高く評価し、見合った報酬が得られるため、やりがいと成長を求める方にとっては魅力的な選択肢となるでしょう。

アクセンチュア同業他社への転職も検討

アクセンチュアで培った経験やスキルを活かし、同業他社に転職することも検討しましょう。

アクセンチュアのような大手企業より、中小企業など少数精鋭のコンサルティングファームが活躍の場となる場合もあります。

転職を検討する際は、自身のキャリアビジョンと転職先の企業のビジョンが合致しているかを確認しましょう。

特に企業文化や働き方、給与体系は、転職先選びの重要なポイントとなります。

求人数が業界トップで同業他社の求人情報がチェックできるリクルートエージェントを利用してみてください。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

アクセンチュアの年収に関するよくある質問

アクセンチュアの年収が気になる方は、さまざまな疑問があるでしょう。

アクセンチュアの年収に関するよくある質問をQ&Aにまとめましたので、気になる点はチェックしてみてください。

アクセンチュアの年収に関するよくある質問
  • アクセンチュアはどんな会社ですか?
  • アクセンチュアは中途採用でも転職できますか?
  • アクセンチュアのコンサルタントとエンジニアの年収は違いますか?
  • アクセンチュアの35歳の年収はいくらですか?
  • アクセンチュアに転職するおすすめの方法はありますか?
アクセンチュアはどんな会社ですか?
アクセンチュアは、世界50か国以上に拠点のある世界最大の総合型コンサルティングファームです。
主な事業内容として、以下の5つの分野の取引先企業の経営サポートが挙げられます。

ストラテジーコンサルティング: 経営課題への取り組み
アクセンチュアソング: デジタルマーケティング
テクノロジー: クラウドやITシステムの導入
インダストリーX: 製造業のDX化
オペレーションズ: BPO・アウトソーシング
アクセンチュアは中途採用でも転職できますか?
アクセンチュアは積極的に採用を拡大しているため、中途採用でも転職の機会はあります。
ただし中途採用で失敗するケースもあるため注意が必要です。

中途採用で失敗しやすい原因は以下を参考にしてください。

・コンサル特有の仕事に慣れず、求められるクオリティに達していない
・長く働けば評価されると勘違いがある
・事業会社や前職のしきたりに固執しやすい
アクセンチュアのコンサルタントとエンジニアの年収は違いますか?
アクセンチュアのコンサルタント職とエンジニア職では年収は異なります。
求められるスキルが高い、人材としての希少性が高い等の理由から、エンジニアよりコンサルの方が昇給スピードが早く、給与水準も高い傾向があります。
アクセンチュアの35歳の年収はいくらですか?
アクセンチュアの年収は役職によって大きく異なり、35歳の年収幅は広いです。
アクセンチュアの年収を年齢と役職別でまとめると以下のとおりとなります。
・25歳コンサルタント:年収800万
・30歳マネージャー:年収1500万円
・35歳シニアマネージャー:1,800万円
・40歳マネージングディレクター:2,200万円
アクセンチュアに転職するおすすめの方法はありますか?
アクセンチュアに転職を希望する際は、転職エージェントの活用をおすすめします。

企業に適したアピール方法やスケジュール管理、面接対策や応募書類の添削など、キャリアアドバイザーから手厚いサポートが受けられます。

転職が初めての方、優秀なライバルより一歩リードしたい方など、有利に転職活動をするためには、転職エージェントは利用すべきでしょう。

アクセンチュアの年収は一般企業の2倍以上が期待できる転職

アクセンチュアの全年齢層の平均年収は896万円で、日本の給与水準の2倍ほどです。

実力主義の年俸制のため、20代の若手であっても成果次第で早期の昇給や昇格が可能となります。

社員の働きやすさを最大限に活かした福利厚生も充実しているため、長期的なキャリアを目指せるでしょう。

ただしアクセンチュアの面接時には、なぜコンサル職を希望しているのか、なぜアクセンチュアを選択したのかをロジカルに回答する準備やケース対策が必要です。

アクセンチュアの同業界・同職種の高待遇求人を豊富に取り揃えているビズリーチは、応募書類の添削や丁寧な面接対策サポートがあります。

「アクセンチュアの年収」ざっくり言うと

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<