転職エージェントの面談って何話すの?最適な準備や聞かれることなど詳しく解説

職男
職男

転職エージェントの面談って何話すの?

転子
転子

転職エージェントの面談が怖い

色男
色男

転職エージェントの面談で用意しておくことを知りたい

転職エージェントの面談は、あなたが希望通りの求人を紹介してもらうために、エージェントの担当者と転職の条件を共有する場所です。

とはいえ、面談では何を話したらいいのかわからなくて不安だという人もいるでしょう。

そこで本記事では、面談の流れや想定される質問、好印象になる服装や持ち物など、面談を受ける心構えや事前準備について詳しく解説します。

この記事でわかること
親身な面談ならマイナビAGENT
  • 利用者の9割以上が20代で転職未経験者が利用しやすい
  • 各業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが在籍
  • 親身な面談で担当者と信頼関係を築ける

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

目次 開く

  1. 【6ステップ】転職エージェントの面談の流れ
  2. 転職エージェントの面談は電話・オンラインでもできる
  3. 転職エージェントの面談所要時間は約1時間
  4. 転職エージェントの面談場所は?
  5. 転職エージェントと面談するときの服装は?
  6. 転職エージェントと面談する目的・メリット4つ
  7. 転職エージェントの面談でよく聞かれる6つのこと
  8. 転職エージェントの面談で質問すべきことは?
  9. 今すぐできる面談に必要な5つの事前準備
  10. 転職エージェントの面談を成功させる10のポイント
  11. 転職エージェントとの面談で絶対にしてはいけないこと9選
  12. 転職エージェントとの面談はどこまで話すべきかケース別に解説
  13. 転職エージェントとの相性の良さを確認するチェックポイント6つ
  14. 面談の評価が高いおすすめ転職エージェント5選
  15. 転職エージェントと併用すべき転職サイト3選
  16. 転職エージェントの面談に関するよくある質問
  17. 転職エージェントの面談は自分の準備も大切
目次へ

【6ステップ】転職エージェントの面談の流れ

転職エージェントの面談は、基本的には同じ流れで進みます。

具体的な面談の流れや内容を、6つのステップで順を追って解説します。

転職エージェントの面談の流れ
  • お互いに自己紹介
  • 経験やスキルの棚卸
  • 転職理由やキャリアプランの説明
  • 転職先の条件のすり合わせ
  • 求人紹介を受けるケースも
  • 次回の予定や面談などの確認
お互いに自己紹介

最初に、転職エージェントの担当者・キャリアアドバイザーと転職希望者との間で挨拶と自己紹介を行います。

転職エージェントの特徴やサポート内容の説明を受けます。

サポートに関して不明な点は、遠慮せずに質問しましょう。

担当のキャリアアドバイザーに聞いておきたい項目は、以下を参考にしてください。

担当者に聞いておきたい項目
  • 担当者のこれまでのキャリア
  • 転職体験談
  • 転職支援実績
  • 得意な業界・職種
  • 希望の業界の最新情報
  • 転職市場の動向
経験やスキルの棚卸

提出した履歴書と職務経歴書を元に、あなたの職務経歴やスキルのヒアリングがあります。

面談でヒアリングされる主な項目は以下のとおりです。

面談でヒアリングされることは?
  • 今までの業務
  • 身につけたスキル
  • これまでの実績
  • あなたの強み
  • 仕事で意識していること
  • 仕事への意欲など

キャリアアドバイザーとあなたのキャリアの棚卸しをすることで、仕事に対する価値観や向き・不向きが把握できます。

よりマッチする求人を紹介するために、面談は欠かせません。

転職理由やキャリアプランの説明

仕事の悩みや不満」「転職を考えた理由」など、あなたの転職への率直な気持ちを伝えましょう。

また「転職で重視したいこと」や「仕事への考え方」などのキャリアプランを共有します。

「専門スキルを上げてキャリアアップしたい」「いずれはコンサルとして活躍したい」など、長期的なプランを伝えておくのも有効です。

転職先の条件のすり合わせ

キャリアプランを伝えたら、いよいよ転職先の条件をすり合わせていきます。

転職先に求める条件は職場の環境・収入・働き方など人それぞれ違います。

新しい職場に求める条件
  • 給料
  • 労働時間
  • 休暇
  • 通勤時間
  • 福利厚生

まずは希望条件を伝え、できる限り条件に合う求人を探してもらいましょう。

希望条件が高くて選択の幅が狭くなる場合には、譲れない条件や妥協できる点などから優先順位をつけてみてください。

キャリアアドバイザーと条件を細かくすり合わせていくと良いでしょう。

求人紹介を受けるケースも

ヒアリングがすべて終わると、希望条件にマッチする求人を紹介してくれます。

転職エージェントによっては、面談当日に紹介してくれるケースもあります。

一度に10〜20社だったり、絞り込んだ1〜3社を提案してくれたりと様々です。

面談内容を持ち帰って、後日求人を紹介してくれる転職エージェントもあります。

気に入った求人があれば応募に進みましょう。

紹介される求人が希望にそぐわなければ、キャリアアドバイザーに申し出ましょう。

次回の予定や面談などの確認

次回の予定や次の面談の確認をして、面談は終了となります。

今後の連絡方法や連絡が可能な時間帯、進め方などの確認を行っておくとスムーズです。

特にサポートしてほしいことや苦手分野があれば、面談時に伝えておくと、今後のサポートを融通してもらえます。

あなたが受けたいサポートは?
  • 職務経歴書の添削
  • 面接前の対策
  • 模擬面接
  • スキルアップの手段

転職エージェントの面談は電話・オンラインでもできる

転職エージェントの面談は、対面以外にも電話やオンラインも可能です。

面談の流れは基本的には変わりません。

しかし、オンラインではヘッドセットやzoomの環境など多少の準備が必要です。

以下に電話とオンライン面談のメリットとデメリットをまとめました。

面談の方法メリットデメリット
電話・どこでも対応可能 
・会話だけであれば簡単
・サービスの説明は口頭では理解しにくい 
求人紹介など込み入ったサービスは受けにくい
オンライン・ネット環境があればOK 
画面共有で説明を理解しやすい 
・チャット機能が使えると求人紹介がスムーズ
・ZoomやSkypなどの使い方に手間取る場合がある 
・WiFiなどネット環境が必要になる

電話やオンライン面談は、場所にとらわれる必要がないので、転職エージェントの拠点から遠方に住んでいる人でも利用可能です。

メリット・デメリットを確認した上で、電話とオンライン面談を選択して、意義のある面談にすることが大事です。

転職エージェントの面談所要時間は約1時間

面談の所要時間は転職エージェントによって多少異なりますが、約1時間が一般的です。

面談に集中できるよう、日程調整の段階で面談時間の目安を聞いておくことをおすすめします。

在職中の転職活動は、平日時間が取りづらい人もいるでしょう。

転子
転子

「夕方以降しか時間が取れない」「土日祝日にしか面談を受けられない」という方のために、平日の夕方以降や土日祝日に面談を実施しているエージェントもあります。

面談時間や営業時間・営業日はエージェントによって異なるため、面談時間に制限がある場合は事前に確認してから登録すると安心です。

転職エージェントの面談場所は?

転職エージェントの面談は「どこまで出向かなくてはいけないの?」「プライバシーは守られる?」と少し気が重いという人もいるでしょう。

ここからは転職エージェントの面談の実施場所について解説します。

対面の場合はエージェントの拠点またはカフェ

基本的に、対面面談はエージェントの拠点またはカフェで受けられます。

一般的には、個室やプライバシーに配慮した面談ブースがある、エージェントの社内で面談が可能です。

周囲に気を遣うことなくリラックスして相談ができ、キャリアアドバイザーとコミュニケーションが取りやすいでしょう。

一方カフェでの面談は、雑音で聞き取りづらかったり、周囲が気になって集中できなかったりと多少のリスクがあります。

転職エージェントの登録時には、面談の場所を確認しておくことをおすすめします。

電話・zoomの場合は自宅でも可能

電話やzoomなどによるオンライン面談は、自宅で受けられます。

時間の都合がつかない」「転職エージェントの拠点が遠い」などの理由があれば、電話やzoom面談が便利でしょう。

移動に時間がかからないため、すきま時間を利用できたり、交通費の節約ができたり、メリットがあります。

とはいえ、便利な半面、実際に対面する面談より、十分に人柄が伝わらない可能性があることを理解しておきましょう。

転職エージェントと面談するときの服装は?

転職エージェントと面談するときの服装は、特に縛りがないからこそ、迷ってしまう方もいるでしょう。

対面やオンライン面談のときの服装や電話面談時の装いについて詳しく解説します。

オフィスカジュアルを意識した服装

転職エージェントの面談の場合、私服と記載があればオフィスカジュアルがおすすめです。

あなたのありのままの姿を知ってもらい、マッチする転職先を紹介してもらうことが本来の面談の目的です。

堅苦しく考える必要はありません。

とはいえ カジュアル過ぎると、スーツを着用しているキャリアアドバイザーとのバランスが合わず、悪い印象を与える可能性があります。

転子
転子

企業に紹介したくなる人材と思ってもらうためにも、好感度が高いオフィスカジュアルの着用が望ましいです。

電話面談の場合は派手な格好を避ける

相手に姿は見えない電話面談の場合でも、派手な格好で受けるのは避けましょう。

電話面談は、対面やオンラインほど緊張感は少ないとは言え、気持ちの準備は必要です。

見えないからと派手な服やルーズな格好では集中力や緊張感に欠けてしまいます。

電話面談を成功させるためにも、派手さやルーズさが際立たない服装で受けることをおすすめします。

転職エージェントと面談する目的・メリット4つ

転職エージェントの面談は、転職活動をスタートする際に受けるべき目的やメリットがあります。

こからは、面談の目的とメリットを4つご紹介します。

担当エージェントと信頼関係を築く

面談は担当のキャリアアドバイザーとの信頼関係を築けるメリットがあります。

面談では、転職者の経歴やスキル・希望条件を知るだけでなく、転職をスムーズにするためにどんなサポートが必要なのかの洗い出しも可能です

担当のキャリアアドバイザーが転職者の可能性や能力を把握することがとても重要です。

信頼関係を築き上げ、希望や実績・スキルにマッチした非公開求人など、あなたの転職に有利な情報を共有してもらいましょう。

転職の方向性を明確にする

面談を通じて、あなたはキャリアビジョンを整理し、転職の方向性を明確にすることができます。

面談で話すことで自己分析ができるため、転職活動の進め方や対策などが具体的になります。

転職エージェントは市場のトレンドや企業の求める人材を理解しているため、市場価値を知ることも可能です。

転子
転子

面談は転職の方向性を明確にし、将来の可能性を広げるきっかけにもなります。

希望条件を明確に伝えられる

あなたの転職先に求める希望条件や転職で実現したいことを伝えられるのもメリットです。

希望条件が明確に担当者に伝われば、より希望にマッチした求人を紹介してもらえます。

ちなみに面談時に伝えるべき希望条件は以下のとおりです。

面談で伝えたい希望条件は?
  • 年収 業界
  • 職種
  • 勤務地
  • 会社の規模
  • 就業時間
  • 休日 など

なお、譲れない条件があれば、希望条件に優先順位をつけて伝えましょう。

転職に対する漠然とした不安を解消できる

特に初めての転職活動はわからないことが多く、漠然とした不安もあるでしょう。

不安なことや疑問点は相談したり質問したり、個別に支援してもらえるのが面談のメリットです。

転職への漠然とした不安を解消するためにも、自信がない分野はサポートを依頼することも重要です。

主なサポート内容
  • 転職相談
  • 職務経歴書の添削
  • 模擬面札など面接対策
  • 企業情報の共有
転子
転子

モヤモヤとした不安は面談で解消し、スッキリした気持ちで転職活動をスタートしましょう。

転職エージェントの面談でよく聞かれる6つのこと

転職エージェントとの面談は、転職者を深く理解し、より適切なサポートをするためのキャリアカウンセリングでもあります。

あなたの理解を深めるために面談でよく聞かれることを6つご紹介します。

転職活動の進捗状況

転職活動の進捗状況は、面談で必ず聞かれます。

他の企業も受けていますか?」「選考は進んでいますか?」などと質問された場合、正直にこたえるのが大事です。

転職者が何に期待して面談に来たのかを知ることで、今後サポートがしやすくなります。

また、「御社でできれば決めたいと考えている」などの一言を添えましょう。

キャリアアドバイザーのモチベーションが上がり、あなたへのサポートを強化してくれるはずです。

転職したいと思った理由

面談では転職の理由についても聞かれます。

「なぜ転職したいのか」「現職の仕事内容に対する不満は何か」など現職の不安や不満要素を洗い出すことが大事です。

また今後のキャリアプランについても、「収入アップの見込みがないため」など具体的な理由を伝えましょう。

転子
転子

転職理由を伝えることで、転職の方針を見極めることができ、今後の求人紹介やサポート体制に活かされます。

現職を選んだきっかけ

現職を選んだ理由やきっかけを質問される場合もあります。

一度は自身で選択して入社している以上、選んだ理由はあるはずです。

どんなやりがいをもって入社したかを振り返ることで、次の転職先選びの失敗を未然に防げます。

転子
転子

担当のキャリアアドバイザーと今の会社を選んだ背景や趣向を共有し、次の転職で活かしましょう。

転職で目指したい業界や会社

転職で目指したい業界や会社があるのか質問されるケースも多いです。

どんな業界や会社への転職を目指しているのか、転職者の希望条件をヒアリングしていきます。

希望している業界や会社の求人を確かめ、あなたと転職エージェントとのマッチングを確認します。

希望している業界の求人が「少ない」「取り扱っていない」となれば、求人紹介はできません。

ヒアリングによって、転職エージェントがあなたに向かないと判断される場合もあるのです。

仕事内容や経験の深堀・成功体験の有無

現在までの仕事内容や経験、成功体験の有無など、さらに深堀りした質問もあります。

ヒアリングの内容とは?
  • 今はどんな仕事をしているのか
  • 何か目標を達成した実績はあるか
  • 達成のためにどんな工夫をしてきたか

質問をされることを前提に、事前に要点をまとめておきましょう。

たとえば、「目標120%達成率3年連続」など、具体的な数字で伝えることをおすすめします。

数字に置き換えられる実績は、あなたの転職活動時の強みになります。

転職エージェントへの質問はあるか

転職エージェントの面談では、あなたからの質問を受けてくれます。

自分が高望みしすぎていないか」「自分の望む求人はあるのか」「目指す業界の業績は今後どうか」など、不安や疑問を投げかけましょう。

あなたの現在の市場価値や転職市場の動向は、転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談することが大事です。

転職エージェントの面談で質問すべきことは?

転職エージェントの面談では、質問に答えるばかりではなく、転職者からも質問すべきポイントがあります。

具体的な質問例は以下のとおりです。

面談で質問すべきこととは?
  • 自分がどんな企業からニーズがありそうか
  • 希望条件が近い人の転職事例
  • 紹介された求人をなぜおすすめするのか
  • 職務経歴書から読み取れる強みは何だと思うか
  • 求人の社風や職場環境

上記のような質問は自身を俯瞰で判断したり、自分に合う職場環境の分析に役立ちます。

また「提示された求人をおすすめする理由」を聞ければ、あなたをサポートするキャリアアドバイザーの真剣度を図ることができるでしょう。

今すぐできる面談に必要な5つの事前準備

転職はキャリアを見つめ直し、理想の将来に向けた大きな決断の場です。

面談を成功させることが転職成功の近道とも言えます。

面談に必要な事前準備について5つご紹介しますので、さっそく準備を始めましょう。

自己分析して転職の軸を決めておく

自己分析をすると自分の仕事選びの軸が明確になります。

自己分析とは、自分の特徴や強み・弱みを理解するため、これまでの経験や考え方を振り返り、整理することを指します。

自己分析によって得意・不得意、価値観などを客観的に理解できるようになるため、仕事選びの軸を明確にするために大変有効です。

転子
転子

転職時の自己分析では、就業経験のエピソードを深堀りしてみてください。

「会社にどんな貢献ができるのか」「スキルをどう生かせるのか」など、アピールできるエピソードを整理することが、自己分析のポイントです。

希望条件の優先順位をつけておく

給与や職場環境、仕事内容、勤務時間、通勤時間など、重視する条件は人それぞれ異なります。

希望条件を優先順位をつけておくことは大切です。

あなたの希望する条件をまずはリストアップし、譲れない条件の順に並べ替えましょう。

優先順位を明確にすることで、希望の条件が絞り込まれ、より希望に近い求人を紹介してもらえます。

履歴書や職務経歴書を準備しておく

履歴書や職務経歴書は事前に作成し、面談前にキャリアアドバイザーに送っておきましょう。

経歴やスキルを事前に共有することで、アドバイザーはあなたに適した求人を紹介しやすくなります。

履歴書には学歴や職歴を詳細に、職務経歴書には各職種での具体的な業績や経験を記載しておきましょう。

また、応募書類の添削を希望するなど、特出すべきサポート内容は事前に伝えておくとさらに面談はスムーズに進められます。

面談場所や方法・日時を確認しておく

面談の予約を済ませたら、面談の場所や方法・日時を確認しておきます。

対面面談であれば、面談場所への交通手段や所要時間を確認します。

対面の他にも電話やオンラインでの面談も可能なため、間違いのないようにしてください。

指定日時に遅れないよう、対面やオンラインすべて余裕を持って10分前には準備を整えておくと安心です。

転職エージェントに質問すべきことをまとめておく

転職エージェントに質問すべきことは事前にまとめておくことをおすすめします。

疑問や不安、知りたい情報等をあらかじめリストアップしておけば、聞き忘れることがなく、一つ一つ確認できます。

転子
転子

面談の時間を有意義に使うことができるため、より深い情報交換ができるでしょう。

転職エージェントの面談を成功させる10のポイント

これからスタートする転職活動を、幸先よく進めるためには面談の成功は欠かせません。

ここからは、転職成功への具体的なコツを10個ご紹介します。

転職エージェントには本音で話す

担当のキャリアアドバイザーには、常に本音で話しましょう。

無理に転職理由をポジティブに言い換えず、本音で臨むことが大事です。

「残業時間などの不満」を、「もっとプラスになる仕事がしたい」などと置き換えると、本当の転職で叶えたい目的が伝わらないものです。

面談は面接と異なり合否を判定される場ではないため、本音を伝えてもサポートの質に影響はありません。

転子
転子

むしろ弱みを見せることでより深いサポートをしてもらえるかもしれません。

身だしなみを整えておく

面談時の服装は基本的に自由ですが、社会人のマナーとして、清潔感のある服装や髪型など、身だしなみを整えましょう。

面談はあなたを理解して適したサポートをすることが目的であり、服装や髪型で評価をすることはありません。

相手に不快と感じさせないように、身なりだけでなく言葉遣いにも気を配ると良いでしょう。

転職希望日はすぐにでもと答えるのがおすすめ

転職希望日を聞かれたら、「すぐにでも転職したい」と答えましょう。

転職の意欲を伝えることで、他の転職者より優先した転職サポートが受けられる可能性があります。

転職エージェントは転職が決まれば企業から報酬がもらえますから、サポートに熱が入るのは当然でしょう。

転子
転子

また求人の多くは3ヶ月経過すると引き下げられてしまうため、今ある求人で応募する・しないの影響は大きいです。

担当エージェントとの相性をチェックする

担当のキャリアアドバイザーと相性が合う・合わないは転職活動に影響します。

一般的に担当の指名はできないため、「転職の知識が浅い」「サポート力が低い」など相性が合わないと感じたら担当を変更してもらうことをおすすめします。

「自分のわがままなの?」と迷ったら、以下の相性を知るチェックリストを使って確認してみてください。

相性を知るチェックリスト
  • 転職活動の的確なアドバイスがもらえない
  • 自分の希望業界に精通していない
  • 上から目線で接してくる
  • やたら希望と異なる求人案件を出してくる
  • 話が一向に噛み合わない

担当の変更は、メールや電話など、各転職エージェントの窓口から依頼してください。

転職エージェントとの相性の良さを確認するチェックポイント6つはこちらからご覧いただけます。

複数の転職エージェントを利用している場合は正直に伝える

複数の転職エージェントを同時に利用している場合は、面談時に伝えましょう。

複数のエージェントを併用するのは一般的で問題ありません。

ただし伝えておかないと、応募先がバッティングし、キャリアアドバイザーとの信頼関係を壊してしまう可能性があります。

転子
転子

「より多くの求人から適した企業を探したい」と強い転職の意思を伝えることで、キャリアアドバイザーのやる気が倍増する場合もあるでしょう。

応募は積極的にしてみる

興味のある企業には積極的に応募をしてみましょう。

転職エージェントの規模や専門性、保有している求人数により、紹介してもらえる求人の数はさまざまです。

大手の場合、30〜100件ほど紹介される場合があります。

対して、中小規模のエージェントであれば、2〜3社程度まで絞り混んで提案してくれることもあります。

気になる企業には積極的に応募をして書類通過率を上げると良いでしょう。

転子
転子

なお、求人提案に納得できなければ、具体的な不満点や希望を明確にして、再提案を依頼してください。

紹介された求人は自分でも企業研究する

転職エージェントの多くは、各企業の内部事情や業界動向に精通しています。

紹介された企業の内部情報を教えてもらうことは可能です。

しかし、与えられた情報を鵜呑みにせず、「どんな会社なのか」を自分でも研究する姿勢は大事です。

職場や社員の雰囲気、労働環境などは口コミサイトを利用して確認してみてください。

おすすめの口コミサイト
  • 転職会議」はたくさんの掲載企業数から口コミを探せる
  • キャリコネ」は給与明細の例を確認できる
  • OpenWork」は20代など若い世代の口コミをチェックできる
  • en Lighthouse」は新着の口コミをチェックできる

社会人としてのマナーを守る

転職エージェントの面談では、社会人としてのマナーを守ることが大事です。

「約束の時間を守る」「礼儀正しく振る舞う」などの基本的なマナーを意識することは基本です。

たとえば横柄な態度を取ってしまうと印象が悪くなり、「求人を紹介してもらえない」「支援してもらえない」など弊害が生じる可能性があります。

転子
転子

転職先で同じような対応をするのではないかと不審に思われるのは当然といえます。

転職を成功させるためにも、面談では社会人としてのマナーは必須です。

困っていることや悩んでいることは質問してみる

困っていることや悩んでいることは事前に整理して、面談時に質問しましょう。

キャリアアドバイザーは多くの転職者を支援してきたノウハウがあり、転職活動中のつまずきやすい点や困りごと・悩みごとを熟知しているものです。

また、同じ悩みを持っている転職者の情報を共有してもらえるため、一人で悩みを抱え込まずに済みます。

不安や悩みを吐き出すことで意外とスッキリする場合もありますが、その場で解決ができない場合には、持ち帰って後日回答してもらいましょう。

とりあえず相談という使い方でもOK

転職を迷っているけれど「とりあせず相談したい」という方も、転職エージェントの面談を受けて問題ありません。

話を聞くだけ」「情報収集したい」などの要望に対応してくれます。

「まだスキルや経験がなく、転職が可能かわからない」「転職はしたいけれど向いている業種や職種がわからない。」といったキャリア相談も可能です。

現時点での転職への気持ちを伝えて、今後のキャリア形成を相談しながら転職に向けて準備を進めましょう。

転職エージェントとの面談で絶対にしてはいけないこと9選

意識せずにやってしまう行動が、転職の場でマイナスに働いてしまう場合があります。

ここからは、転職エージェントとの面談で絶対にしてはいけない9つの行動をご紹介します。

経歴などで嘘をつく

経歴やスキルに嘘をつくのはやめましょう。

経歴の嘘は、キャリアアドバイザーとの信頼関係を損なうだけでなく、経歴詐称の罪に問われる場合があります。

そもそも嘘をついて良い条件の企業に転職したとしても、期待通りの業務ができず、嘘を見破られてしまうでしょう。

企業にとって「不利益な人材を紹介した」と、転職エージェントに迷惑がかかり、評判を落とすこととなります。

転子
転子

虚偽の申告は転職エージェントの利用規約でも禁止されている条項です。面談では絶対に嘘をつかないようにしてください。

連絡や面談を無視する

転職エージェントとの連絡や面談を無視するのはNGです。

連絡や面談などの約束を守るのはビジネスパーソンとして当たり前のことです。

連絡や面談をすっぽかすと、信頼できない人とレッテルを貼られてしまう可能性があります。

企業の面接日は大丈夫?などと、紹介を敬遠してしまうかもしれません。

転子
転子

約束の日程に無理が生じた場合には、できる限り早く別日への変更を申し出ましょう。

終了時間を意識しないで話す

面談の終了時間を意識せずに、いつまでも話し続けるのはやめましょう。

ビジネスパーソンとしての常識が薄く、時間にルーズな印象を与えてしまいます。

仮に採用面接であればダラダラと要点を絞れずに話していては、自己アピールができません。

企業面接のリハーサルのような気持ちで多少の緊張感をもつことが大事です。

転子
転子

面談の時間を短くするためにも、質問したい内容を事前にメールなどで知らせておくと良いでしょう。

要求が過剰すぎる

転職エージェントが提供するサービス以上の要求をするのもNGです。

現職が多忙で面談の時間が合わないなど、転職者にも様々な事情はあります。

しかし、各エージェントごとにサービスは限定される場合があるため、無理を言ってはいけません。

過剰な要求と思われる例
  • プライベートに関わる情報の開示を求める
  • 紹介できない求人を要求する
  • 営業時間外の面談を希望する
転子
転子

自分が求めるサービスをしている転職エージェントであるかを登録前に確認することをおすすめします。

自分の市場価値を理解せず上から目線で話す

自分の市場価値を理解せずに、上から目線で話すのもだめな行動です。

自分の希望の職種や業種にこだわりすぎると、実際の市場価値とかけ離れてしまう場合があります。

転子
転子

プロのアドバイザーからの助言を素直に受け取らず、上から目線で対応すると、高圧的だと思われがちでおすすめできません。

面談には謙虚な気持ちで、意見を素直に受け取ることが、転職成功への近道と言えるでしょう。

転職の熱意が低い発言や態度を繰り返す

キャリアアドバイザーは一人で何人もの転職者を担当しています。

転職の熱意が低い発言や態度を繰り返していては、協力を得られない可能性があるため、注意が必要です。

すぐに転職する予定がなくても、興味がないそぶりなど、転職意欲が低い態度は見せないようにしましょう。

常識に欠ける態度や身だしなみ

初対面の場である面談で、常識に欠ける態度や身だしなみで参加するのはやめましょう。

社会人としての常識は、「時間を守る」「身だしなみを整える」と、いたってシンプルです。

男性ならひげを剃ったり、女性なら派手目なメイクを控えたり、清潔感を心がけましょう。

転子
転子

将来を決める岐路である転職活動の場は、常識に欠ける態度や身だしなみに気をつけて望むことが重要です。

他の転職エージェントを悪く言う

他の転職エージェントを悪く言うのも、評価を下げるため注意が必要です。

たとえば以前に嫌な思いをしたり、使いにくい記憶があったりすると、不平不満を言いたくなるでしょう。

とはいえ、悪口はネガティブな印象を与えてしまい、場合によっては好条件の求人を紹介してもらいにくくなります。

転子
転子

話しだしたらついつい必要以上に熱くなってしまうこともあるため、他の転職エージェントの悪口は控えましょう。

今の職場の悪口を永遠と話し続ける

今の職場の悪口をいつまでも話し続けるのも控えるべきです。

職場の悪口や文句ばかり言う人は、現在置かれている自分の立場に納得していないことが多い傾向にあります。

転子
転子

転職先でもまた同じ状態になることを予想させるため、職場に問題点があったとしても、延々と職場の悪口は控えたほうが懸命です。

転職エージェントとの面談はどこまで話すべきかケース別に解説

転職エージェントとの面談では、何をどこまで正直に話すべきなのかがわからずに迷う人もいるでしょう。

ここからはケース別で、具体的にどこまで話すべきかを解説します。

転職回数や職歴が多い|経歴書などを前もって提出しておく

転職回数や職歴が多い場合、面談前に経歴書を提出し、事前に目を通してもらうと良いでしょう。

転職回数が多いと選考が不利になると思われがちですが、経歴書の書き方次第でポジティブに伝えることが可能です。

「どのような経験をして、どのようなスキルを持っているか」をわかりやすく記載しましょう。

以下のポイントに気をつけて経歴書を作成してください。

経歴書作成時のポイント
  • 時系列ではなく、業務内容別に書く
  • 培ったスキルを明確に伝える
  • 資格を取得した経緯や理由をアピールする
  • キャリアに一貫性をもたせる
  • 業務に対する姿勢を書く

転職理由が話しづらい場合|包み隠さずすべて話す

「人間関係がうまくいかなかった」「給与が低かった」など、転職理由を話しづらくても、包み隠さず伝えることが大切です。

面談を数こなしている担当者は、転職者のうその転職理由に違和感を感じるものです。

本音と建前が異なると、信頼性を損ねたりトラブルにつながったり、ミスマッチを起こす可能性があります。

エージェントと転職者双方の条件をすり合わせる面談の場では、正直に本音を伝えましょう。

実績や経験に自信がない場合|アピールポイントを一緒に探す

実績や経験に自信がない人は、経験やスキル以外のアピールポイントをキャリアアドバイザーと一緒に探してみてください。

コミュニケーション能力やチームでの協働力、問題解決能力など、日常業務での小さな成功体験を振り返ってみることが大切です。

業務の中で自分がレベルアップしたと感じるエピソードがあれば、書き出してみましょう。

エージェントはあなたの経験やスキルを客観的に評価し、あなた自身が見落としている強みやアピールできるポイントを見つけ出すサポートをしてくれます。

転職エージェントとの相性の良さを確認するチェックポイント6つ

転職エージェントとの相性が良いことが転職成功への近道と言えます。

ここからは、エージェントとの相性を判断する6つのチェックポイントを解説します。

親身になってキャリア相談に乗ってくれているか

「親身になってキャリア相談に乗ってくれているか」に注目すれば、転職エージェントとの相性は判断できます。

転職を迷っていても、「否定せずに話を聞いてくれる」「考えや気持ちを理解してくれる」と感じるのなら、相性は良いと言えます。

キャリア相談を気軽にできれば、将来のキャリアプランを形成するなど、安心して転職活動を進められるでしょう。

条件に合う求人情報を紹介してくれるか

希望条件に合う求人情報を紹介してくれるかも、相性をチェックするポイントです。

転職エージェントには総合型と専門型に二分されますが、どちらがあなたの希望条件に合うかは大事です。

また保有している非公開求人など、好条件の求人を紹介してくれるのであれば、相性の合うエージェントとして信頼して間違いないでしょう。

ちなみに非公開求人とは、効率よく採用を進めるために、転職エージェントにのみ求人を出す、一般的には公開されない求人のことです。

業界や職種に対する専門的な知識を有しているか

あなたが目指す業界や職種に対する専門的な知識を有していることも、相性の良さを見極める大切なポイントです。

転子
転子

たとえば、IT業界への転職を考えている場合、エージェントはIT業界の動向や需要の高いスキルに精通していなければなりません。

転職エージェントを選ぶ際は、特に専門性の高い業種や職種へ転職希望があれば、専門性の高い特化型の転職エージェントが向いている場合があります。

転職市場の動向などキャリア事情に詳しいか

転職市場の動向などキャリア事情に詳しいかも、転職エージェントとの相性を見極めるポイントの一つです。

求人票だけではわからない、業界の動向のより詳細な情報を持ち合わせているかをチェックしましょう。

転子
転子

ハイクラス転職を目指す場合には、特に転職市場やキャリア事情に詳しい転職エージェントを利用すべきでしょう。

企業の内部事情を教えてくれるか

企業の内部事情など、公には出ていない情報を持っているかも、相性の良さのチェックポイントです。

あなたが目指す企業の内部事情に詳しい転職エージェントなら、転職の不安を払拭できるでしょう。

企業の社風や雰囲気、入社後のキャリアパスや働き方、書類選考・面接選考通過の難度など、より詳細な情報もアドバイスしてもらえます。

推薦文は正しく書いてくれているか

あなたのアピールに欠かせない推薦文を正しく書いてくれるかをチェックしましょう。

推薦文には、履歴書や職務経歴書だけでは伝えきれない、あなたの経験、スキル、達成した業績などが具体的に記載されます。

推薦文は、あなたの経歴や人となりを正しく理解してこそ作成できるものです。

推薦文は正確に作成され、企業に対してあなたの強みを的確に伝えてくれているのかをしっかりチェックしましょう。

面談の評価が高いおすすめ転職エージェント5選

面談についておおよその流れや対策を理解できたら、さっそく実際に利用する転職エージェントを選びましょう。

面談の評価が高くおすすめの転職エージェントを5社ご紹介します。

顧客満足度が高いマイナビエージェントや求人数が圧倒的に多いリクルートエージェントなど、あなたに合う転職エージェントに登録してみてください。。

転職サイト名強み・特徴公開求人数
(非公開求人数)
公式サイト

マイナビAGENT
9割以上が20代で利用者の満足度が高い約57,000件マイナビAGENT

doda
老舗エージェントとしての豊富なノウハウでサポート約240,000件doda
type転職エージェント
type転職エージェント
書類添削から給与交渉まで手厚い転職サポートが受けられる約10,000件
(約17,300件)
type転職エージェント

リクルートエージェント
求人数が”圧倒的に多い約382,600件
(約212,60
0件)
リクルートエージェント

エンエージェント
安心サポートで転職初心者も使いやすい約6,050件エンエージェント
2024年4月時点(→スライド可能)

マイナビAGENT|顧客満足度が高い

詳しい口コミは「マイナビエージェント 評判」を確認
マイナビAGENTのおすすめポイント
  • 各業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが在籍
  • 大手・優良企業の求人が豊富
  • 9割以上が20代で転職未経験者が利用しやすい

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

各業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが在籍しており、自己PRの書き方や面接対策など手厚い転職サポートが受けられます。

ベンチャーから大手企業まで優良企業の求人が豊富です。

利用者の9割以上が20代で、顧客満足度の高さに定評があります。

マイナビエージェントは、転職未経験者が利用しやすい転職エージェントのため、初めての転職でも安心して取り組めます。

基本情報
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約57,000件
非公開求人数約14,600件
対応エリア全国
対応職種IT系技術職
営業職
機械・電気系技術職
金融系
不動産・建築職
医薬・医療系職
販売・サービス系職
クリエイティブ職
企画・管理系職など
実績2023年オリコン顧客満足度®︎調査 転職エージェント第1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月時点
良い口コミ

マイナビの人との面談はめっちゃ好感触だった ES全部見てもらって添削して貰えたし悩み事も全部解消して貰えた 就活は何とか光が見えてきた(一部抜粋)

引用:X

今日もマイナビ面談私に喋らせてくれて頭の整理と自分の思ってることと向き合えたな(一部抜粋)

引用:X

悪い口コミ

まず登録をし、担当者アドバイザーと面談をしたのですが、初対面から妙に馴れ馴れしくて不快でした。(一部抜粋)

「これから一緒に頑張っていきましょう!今後のサポートについては後日連絡します!」と言ったっきり一切連絡なく、こちらから気になる求人について質問しても返答無し。ただの時間の無駄でした。(一部抜粋)

引用:みん評

9割以上が20代で転職未経験者が利用しやすいマイナビエージェントもおすすめです。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

doda|老舗エージェントとしての豊富なノウハウ

詳しい口コミは「doda 評判」を確認
dodaのおすすめポイント
  • 老舗エージェントとしての豊富なノウハウでサポート
  • 公開求人数は24万件以上
  • 転職市場に精通したキャリアアドバイザーが在籍

dodaは、パーソルキャリア株式会社が運営する転職サイトで、老舗エージェントとしての豊富なノウハウを持ち合わせています。す。

公開求人数は24万件以上保有しており、様々な業種・職種に対応します。

転職市場に精通した専任のキャリアアドバイザーがマッチングを行うため、ミスマッチが少ないと人気があります。

自分で求人を探すサイト型と、エージェントがマッチングを行うエージェント型の両方を利用できる点が特徴です。

面談では、親身になって相談に乗ってくれるだけでなく、論理的なアドバイスも受けられます。

基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約240,000件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業職
企画・管理
事務・アシスタント
技術職
専門職
販売・サービス職
クリエイター・クリエイティブ職
公務員・教員・農林水産関連職など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月時点
良い口コミ

担当者は親身になって相談に乗ってくれるだけでなく、論理的なアドバイスも提供してくれました。 求人紹介や面接練習なども手厚く、電話やWEBでの相談もしやすかったです。(一部抜粋)

引用:みん評

使い心地メモDODA

• 面談で深いニーズを聞いてくれる

• エージェントが選ぶ求人が自分の興味に合致

• 無闇に電話かけて来ない&電話する時間は事前に決めてくれる(一部抜粋)

引用:X

dodaと面談。若めお姉さん。 転職相談みたいになったけど、自分の希望を言葉にできるようになってよかった。(一部抜粋)

引用:X

悪い口コミ

転職に向け登録し、Web上の面談を何度かするも、見当違いなアドバイスや求めていない求人が届いた。(一部抜粋)

転職で叶えたい要点を最初の面談からお伝えしているにも関わらず、要望とは異なるものばかり。(一部抜粋)

引用:みん評

転職サイトとエージェンのサービスが同時に利用できるdodaもおすすめです。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

type転職エージェント|女性の転職にもおすすめ

詳しい口コミは「type転職エージェント 評判」を確認
type転職エージェントの強み・特徴
  • IT・営業・ハイクラスの転職支援に強い
  • 転職支援25年以上の実績がある
  • 書類添削から給与交渉まで手厚い転職サポートが受けられる

type転職エージェントは株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職エージェントです。

サービス開始から25年以上の実績を誇り、特にIT・営業・ハイクラスの転職支援に強みがあります。

応募書類の添削や面接対策などの手厚いサポートで書類通過や面接突破を目指せます。

type転職エージェントの求人数は大手ほど多くはありませんが、面談では親身になってサポートしてもらえると、信頼性があります。

基本情報
運営会社株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数約10,000件
非公開求人数約17,300件
対応エリア全国
対応職種システムエンジニア
Webエンジニア・クリエイター
営業
販売・接客・コールセンター
管理・マーケティング・経営
事務・オフィスワーク
専門職
クリエイティブ
医薬・化学・素材・食品
電気・電子・機械・自動車
建築・土木・設備
教育・保育・医療・福祉・その他
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月時点
良い口コミ

type転職エージェントさんとの面談終わったけど、今までで1番対応が丁寧だったな。(一部抜粋)

引用:X

今日はタイプ転職エージェントの方との初回面談。印象としてはとても親身になってサポートしてくださった先生でした。(一部抜粋)

引用:X

悪い口コミ

ネットで高評価だったtype転職エージェントさんなんか、最初の電話面談以降連絡ねえぞ(一部抜粋)

引用:X

「応募の用意が出来ましたらこちらから連絡します」と言っているのに2日間で「担当者との面談はいかがでしょうか?」「その後応募はどうなりますか?」 「転職はスピードが命です」「担当者変更しますか?」と連投してきて捲し立てられている気がするが嫌で応募すら辞退した…(一部抜粋)

引用:X

書類添削から給与交渉まで手厚い転職サポートが受けられるtype転職エージェントもおすすめです。

\対面での面談ができ安心!/

>>>type転職エージェントの公式サイトはコチラ<<<

リクルートエージェント|豊富な求人数から選べる

詳しい口コミは「リクルートエージェント 評判」を確認
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 転職支援実績No.1のエージェント
  • 好条件の非公開求人が豊富
  • 職務経歴書の書き方や面接のコツをアドバイス

リクルートエージェントは、業界最大級の求人数と転職支援実績のある転職エージェントです。

一人一人の適性に合った求人紹介と、専属キャリアアドバイザーによる転職サポートが受けられます。

職務経歴書の書き方や面接対策、また応募先企業との条件交渉や面談調整も任せることが可能です。

リクルートエージェントの面談は、個室で十分な時間を取って相談に乗ってもらうことができ、20件以上の紹介を受けられるなど、良い評判があります。

リクルートエージェントは、好条件の非公開求人も多数保有しており、転職が未経験の方から40~50代まで、幅広い年齢層の方におすすめできる転職エージェントです。

リクルートエージェントの基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約382,600件
非公開求人数約212,600件
対応エリア全国
対応職種営業・販売・カスタマーサービス
企画・マーケティング・経営
管理・事務 物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ
SE・ITエンジニア
エンジニア(設計・生産技術・品質管理)
建築・土木・設備
医療・医薬・化粧品
その他(講師・調理師・介護など)
実績転職支援実績No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月時点
良い口コミ

面談前に担当者から電話があり、面談のポイントなどを教えてもらいました。面談終了後もすぐにフィードバックをくれたので、とても嬉しかったです。(一部抜粋)

担当の方と何度も面談しましたが、毎回個室で十分な時間を取って丁寧に話を聞いてくださいました。(一部抜粋)

面談では、年齢が高いため、20件程度は常時応募しておくべきとアドバイスを頂き、紹介を頻繁に頂きました。(一部抜粋)

引用:みん評

悪い口コミ

電話面談がマニュアル通りで棒読み。応募したくない企業にいつの間にか応募されていた。とりあえず面接慣れしましょう!って感じ。(一部抜粋)

最初の面談で書類の通過率は10%と言われていたので、言われるがままに大量応募したところ40%くらい通ってしまい、一次面接の日程調整や面接対策にかなり苦労しました。(一部抜粋)

引用:みん評

転職エージェント選びに迷ったら、圧倒的な求人数を保有するリクルートエージェントもおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

エンエージェント|はじめての転職も安心サポート

出典:エンエージェント
エンエージェントのおすすめポイント
  • 適性診断×キャリア面談ではじめての転職をサポート
  • 業界・職種を熟知したキャリアパートナーが在籍
  • 転職サイトにはない限定非公開求人15,000以上

エン・エージェントはエン・ジャパン株式会社が運営する転職エージェントです。

非公開求人数は15,000以上あり、適性診断×キャリア面談で導き出された条件とマッチする求人を選択できます。

転職サイトのエン転職と同様に、求人の幅が広いのが魅力です。

面談では、未経験分野でもどんな職種が向いているかなど深堀りした相談が可能で、多数の求人を紹介してくれます。

基本情報エンエージェント
運営会社エン・ジャパン株式会社
公開求人数約6,050件
非公開求人数15,000件以上
対応エリア全国
対応職種経営・経営企画・事業企画
管理部門
SCM・ロジスティクス・物流・購買・貿易
営業
マーケティング・販促企画・商品開発
コンサルタント
金融・不動産
IT・Web・通信
電気・電子・半導体
機械・メカトロ・自動車
化学・素材・食品・衣料
建築・設備・土木・プラント
メディカル
サービス・流通
クリエイティブ
実績2023年度オリコン満足度調査転職エージェントNO.1
(利用のしやすさ/女性)
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月時点
良い口コミ

エン・エージェント→〇 →めっちゃ求人持ってきてくれる。エージェント申し込んだら専用のマイページが出来て、そこで紹介とか応募とかのやり取り可能で、面談以降もちょこちょこ求人紹介してくれるから今のところ頼りになるエージェントその1。(一部抜粋)

引用:X

悪い口コミ

採用情報に対し、応募する・しないを返信していくのですが、初回の面談で避けたいと言った業種の案件もあったりして、返信が作業のようになっていきます。(一部抜粋)

引用:みん評

はじめての転職支援に強いエンエージェントもおすすめです。

転職エージェントと併用すべき転職サイト3選

たくさんの求人情報から自分に合う求人を自ら探したり、スカウトサービスでオファーを受けたり、転職サイトには転職エージェントにはない強みがあります。

あなたにぴったりの求人探しに以下の転職エージェントと併用すべき転職サイトを利用してみてください。

転職サイト名強み・特徴公開求人数公式サイト

リクナビNEXT
無料の自己分析診断を受けられる約152,000件以上リクナビNEXT

ビズリーチ
自分の市場価値を知ることができる約112,400件ビズリーチ
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
登録後はスカウトを待つだけで多忙な方におすすめ約266,000件リクルートダイレクトスカウト
2024年4月時点(→右にスライド可能)

リクナビNEXT|転職者の8割が利用

詳しい口コミは「リクナビNEXT 評判」を検索
リクナビNEXTのおすすめポイント
  • 幅広い業界の求人が豊富
  • AIによるマッチング機能で求職者の希望に合った求人を紹介
  • 無料の自己分析診断を受けられる

リクナビNEXTは業界最大手のリクルートが運営する転職サイトで、転職者の8割が利用している実績があります。

業界・職種を問わず幅広い求人を取り扱っており、AIによるマッチング機能で求職者の希望に合った求人を紹介してもらえます。

転職活動に必要な情報を網羅できたり、無料の自己分析診断を受けられたり、転職が初めての方も使いやすい転職サービスです。

リクナビNEXTにはスカウト機能があり、自分の職務経歴や希望条件、語学力、今後のキャリアプランなどを匿名で登録しておくと、オファーのメールが届きます。

幅広い業界の求人が豊富にあり、登録しておくだけで、スカウトが来る可能性があるため、登録しておきたい転職サイトです。

基本情報リクナビNEXT
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約152,000件以上
対応エリア全国
対応職種営業・販売・カスタマーサービス
企画・マーケティング・経営
管理・事務 物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ
SE・ITエンジニア
エンジニア(設計・生産技術・品質管理)
建築・土木・設備
医療・医薬・化粧品
その他(講師・調理師・介護など)
実績
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月時点
良い口コミ

求人数および、情報量はかなり膨大です。比較的、希望する細かい内容まで検索条件を指定でき、検索できます。(一部抜粋)

大手リクルートが運営している求人サイトなだけあって、求人数がとにかく多かったです。(一部抜粋)

引用:みん評

悪い口コミ

関係ない職種ばっかり表示されて探しにくいので、他のサイトを利用するようになりました。(一部抜粋)

引用:みん評

転職しようか迷ってるからリクナビNEXT登録したらやたら面談の予約しろって電話かかってきたりメール送ってくるしちょっとやめて(一部抜粋)

引用:X

登録するだけでオファーが届くリクナビNEXTもおすすめです。

ビズリーチ|自分の転職市場が理解できるリクナビNEXT|転職者の8割が利用

詳しい口コミは「ビズリーチ 評判」を確認
ビズリーチの強み・特徴
  • 高年収の求人案件が豊富にある
  • 市場価値を知ることができる
  • 優良企業からスカウトされる可能性がある

ビズリーチは「年収600万円以上」のハイクラス層をターゲットにした、ヘッドハンティンング型の転職エージェントです。

購入週の求人を取り扱っており、金融系・コンサルタント系・外資系企業などの求人に強みがあります。

「管理職」「役員」クラスの優良求人のスカウトを受けられる可能性が高く、転職を機に年収の大幅アップが目指せます。

有料のプレミアムプランに登録すると、「年収1,000万円以上」の求人紹介や、ヘッドハンターへのキャリア相談も受けられます。

ビズリーチは優良企業からスカウトされる可能性があるだけでなく、スカウトを受けることで自身の市場価値を知るのにも有益な転職サイトです。

基本情報
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数約112,400件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種経営管理
マーケティング
営業
コンサルタント
ITコンサルタント
専門職
IT技術職
ゲーム電気・電子半導体
機械化学金融研究
臨床開発
治験建築
土木人事
サービスプロジェクト管理
Webサービス・制作
デジタルマーケティング広告
新聞・出版
テレビ・放送・映像・音響デザイン
素材食品
化粧品
日用品
不動産
施工管理
医療営業
生産管理
薬事医療
看護など
料金無料プラン(スタンダードステージ)
「プラチナスカウト」のみ閲覧・返信が可能。
応募は、公募・特集求人などの特別な求人のみ可能。

有料プラン(プレミアムステージ)
30日間コース 5,478円(税込)
全てのスカウトの閲覧・返信、全ての求人の検索・閲覧、応募が可能。
ビズリーチプレミアムの各種コンテンツの利用が可能。
2024年4月時点
良い口コミ

求人数はあまり多くないですが、求人はハイクラスに寄ってます。 自分の実力に自信がある方はおすすめです。(一部抜粋)

転職活動を進めていく上で参考になる求人や業界の情報が豊富ですので、実際に応募する企業の判断材料として欠かせない情報がすぐに見つかるところが大きな強みでした。(一部抜粋)

引用:みん評

悪い口コミ

高学歴・高収入の方には良いサイトなんだろうけど、日本人の平均年収程度の人間は相手にされないようです。 ビズリサーチに登録すると必要ない大量のメールが毎日来て仕事にならん。(一部抜粋)

引用:みん評

スカウトを受けることで自身の市場価値も知ることができるビズリーチもおすすめです。

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

リクルートダイレクトスカウト|豊富なスカウトメールが届く

詳しい口コミは「リクルートダイレクトスカウト 評判」を確認

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス向けに転職支援を行うスカウト型転職エージェントです。

年収800万円~2,000万円という好条件の求人を多数掲載しているため、年収アップを目指せます。

スカウト型の転職エージェントは、一度登録した後は「スカウトを待つだけ」で、多忙で転職活動に時間を避けない方に特におすすめします。

また、年収がアップした事例や大手企業への転職成功例なども多数紹介されており、信頼性も高いでしょう。

サービスは完全無料で利用できるため、登録を済ませておけば、あなたの実績を見た企業の人事担当から、好条件でスカウトされる可能性があります。

基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約266,000件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種経営ボード
経営企画・事業企画
管理
人事
マーケティング
広告
マスコミ・メディア・出版
クリエイティブ
営業
サービス
コンサルタント
ITコンサルタント
専門職
IT技術職
Webサービス・制作
ゲーム
電気・電子
半導体
機械
組み込み制御
化学
化粧品・食品
金融
メディカル
不動産
建設・施工管理など
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月時点
良い口コミ

履歴書ダウンロードのために登録しました、リクルートダイレクトスカウト、メール止まらんやん。なんじゃこれ。気づいたら10件以上メール来てる

引用:X

さすがにリクルートダイレクト登録しよかなって思うぐらい時給の良い案件が多数

引用:X

悪い口コミ

リクルートダイレクトからスカウト来てるけど、スペック過大評価じゃね?と思うのだな(一部抜粋)

引用:X

企業の人事担当からスカウトが届くリクルートダイレクトスカウトもおすすめです。

転職エージェントの面談に関するよくある質問

転職エージェントの面談で泣いたらどうなる?
面談で泣くこと自体が転職を不利にさせることはありません。
職場に悩みがあり、感情が溢れて泣いてしまうこともあるかもしれません。
泣いてしまったら、必要以上に取り乱さずに、状況に応じて適切に対応しましょう。
次に会ったら「先日はありがとうございました」と普段通りに接して構いません。
大事なことは、転職後に泣かないことです。
転職エージェントの面談で見捨てられることはある?
転職エージェントは、理由なく求職者を見捨てることはありません。
しかし、「紹介できる求人がなさそう」「サポートできない」と判断された場合には、見捨てることがあります。
サポートや求人を紹介してもらえなければ、利用を続ける必要はないため、 見捨てられたと感じた場合には、次の代替法でを先に進みましょう。

転職エージェントに見捨てられたときの代替法
・担当者変更を申し出る
・別の転職エージェントを利用する
・転職サイトやハローワークなどを利用する
転職エージェントの面談ではどこまで話す?

転職エージェントの面談では担当者と信頼関係を築くためにもすべて本音で話しましょう。
退職理由や希望条件・サポートしてほしい内容は素直に伝えてください。
面談は評価される場所ではないため、的確なサポートやアドバイスを受けるためにも、本音で話すことが大事です。
転職エージェントの面談がめんどくさいときは?
転職エージェントの対面面談がめんどくさいときは、オンラインや電話面談へ変更してください。
面談自体を断りたい、受けたくないという方は、面談をキャンセルし、転職サイトに登録しましよう。
ただし、転職エージェントの面談を断ると、魅力的な求人を見逃したり、サポートを受けられなかったり、デメリットがあります。
転職を成功させるためには面談を受けることをおすすめします。
転職エージェントのzoom面談での服装は?
Zoom面談の服装は、対面と同じように身だしなみを整える必要があります。
スーツやオフィスカジュアルが好感度はあがりますが、カメラに映る上半身の身だしなみに重点を置くことが大事です。
清潔感のあるヘアスタイルに整えておきましょう。
面談に遅刻しそうな場合はどうすべき?
何らかの事情で面談に遅刻しそうなときには、前もって連絡をしてください。
「間に合うかも?」と思っても、念のため伝えておくことが大事です。
メールでの連絡は、速やかに相手に伝わらない可能性があるため、基本的には電話で伝えましょう。
転職エージェントの面談はキャンセルできる?
転職エージェントの面談はキャンセルが可能です。
曜日や日時の変更はできるため、都合が悪い場合は早めに連絡しましょう。
転職エージェントは求職者の意思を尊重しており、基本的には面談のキャンセルがマイナスな印象を与えることはないでしょう。

転職エージェントの面談は自分の準備も大切

あなたの転職を成功させる一つの手段が転職エージェントの面談です。

担当のキャリアアドバイザーに本音で話すことで、転職の希望条件やあなたの転職意欲・強みを共有できます。

マッチした求人紹介や応募書類の作成サポートなど、転職エージェントのサポートをフル活用するために、しっかり準備をして、面談に臨みましょう。

この記事でわかること

面談の評価が高いおすすめ転職エージェント5社は以下の比較表でチェックしてみてください。

転職サイト名強み・特徴公開求人数
(非公開求人数)
公式サイト

マイナビAGENT
9割以上が20代で利用者の満足度が高い約57,000件マイナビAGENT

doda
老舗エージェントとしての豊富なノウハウでサポート約240,000件doda
type転職エージェント
type転職エージェント
書類添削から給与交渉まで手厚い転職サポートが受けられる約10,000件
(約17,300件)
type転職エージェント

リクルートエージェント
求人数が”圧倒的に多い約382,600件
(約212,60
0件)
リクルートエージェント

エンエージェント
安心サポートで転職初心者も使いやすい約6,050件エンエージェント
2024年4月時点(→スライド可能)

自分で求人を検索したり、スカウトを待ってみたいという方は、転職エージェントと併用すべき転職サイトも利用してみましょう。

転職サイト名強み・特徴公開求人数公式サイト

リクナビNEXT
無料の自己分析診断を受けられる約152,000件以上リクナビNEXT

ビズリーチ
自分の市場価値を知ることができる約112,400件ビズリーチ
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
登録後はスカウトを待つだけで多忙な方におすすめ約266,000件リクルートダイレクトスカウト
2024年4月時点(→右にスライド可能)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA