年収300万円の手取りは〇〇万円!生活レベルの実態からおすすめ節約術まで徹底解説

年収300万の手取りはどのくらい?

年収300万ってどんな生活ができる?

年収300万で厳しいならどうしたら・・・

年収300万円の手取り額は約240万円、換算すると約20万円が月々の手取りです。

年収300万の生活レベルはどうか、余裕はあるのか厳しいのか、実情が気になるのではないでしょうか。

そこで本記事では、年収300万の生活レベルの実態や家賃・貯蓄額の目安、結婚や子育てはできるかなどを解説します。

収入アップするための転職ノウハウや現状を楽にする節約方法なども紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

年収300万の手取り ざっくり言うと

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

年収300万の手取りと月給【ボーナスなしとありで解説】

基本的に300万という年収には、税や社会保険料が含まれおり、実際に支給される手取り額とは異なります。

そもそも手取り額はどうやって決まるのか、またボーナスありなしで年収300万の手取り額はどう違ってくるのか、詳しく解説します。

手取りと月収と月給の違いを解説

給与は手取り・月収・月給と、さまざまな用語があり、わかりにくものです。

それぞれの特徴を下記にまとめました。

月給・1ヶ月間にもらえる固定的な給与
・基本給や固定の手当を含む
税金や社会保険料が引かれる前の金額
月収・月給+残業代や賞与などの一時的な給与も含まれる金額
・税金や社会保険料が引かれる前の総額
手取り・月収から税金や社会保険料などが引かれた後の、実際に支給される金額
月々使えるお金、生活費の元となる

月給を元に算出され、実際に使える金額として支給されるのが手取り額となります。

ちなみに、月給から引かれる税や社会保険料の主な項目は以下です。

所得税・住民税・健康保険・厚生年金・雇用保険・介護保険(40歳以上)

自身の給与状況が適切に把握したり、今後の生活設計や財務計画に役立つため、しっかりおさえておきましょう。

ボーナスなし|手取り約238万円・月給約20万円

年収300万円の年間の手取り額は約237万円、ひと月あたり約20万円となります。

国税庁日本年金機構全国健康保険協会の情報を元に、年収300万で計算した結果が以下のとおりです。

項目月額
手取り額2,368,520
手取り月給197,376円
所得税54,000円
住民税118,000円
健康保険156,000円
厚生年金285,480円
雇用保険18,000円
介護保険(40歳以上)0円
※ボーナスなし年収300万 東京都在住 30歳の場合で計算

ボーナスがない場合には、毎月均等に支給されるため、月給は高くなります。

ただしボーナスがないため、臨時の出費に備えた貯蓄は必要でしょう。

ボーナスあり|手取り約238万円・月給約16万円

年収300万(ボーナス60万込み)の場合、手取り額は約238万円、ひと月あたり約16万円となります。

国税庁日本年金機構全国健康保険協会の情報を元に計算した結果が以下です。

項目月額
手取り額2,383,000円
手取り月給158,867円
所得税54,800円
住民税119,700円
健康保険150,000円
厚生年金274,500円
雇用保険18,000円
介護保険(40歳以上)0円
※年収300万(ボーナス60万円込み) 東京都在住 30歳の場合で計算

ボーナス込みの手取りの月給は、ボーナスなしの場合より減少します。

月々の生活に余裕がなくなるため、年2回支給されるボーナスで生活費を補填したり、貯金に回したりすることが一般的でしょう。

ちなみにボーナスなしの手取り年収2,368,520円、ボーナスありの手取り年収2,383,000円と差(14,480円)があるのは、所得税や社会保険料の負担額のちがいによるものです。

年収300の男女割合はどのくらい?

国税庁の令和3年度の民間給与実態統計調査によると、年収300万円台(年収300万円超400万円以下)は、日本国内の給与所得者数全体の17.4%です。

年収300万円台(年収300万円超400万円以下)の割合は、男性が16.9%、女性が18.0%の割合となります。

年収ごとの男女の割合は以下を参考にしてください。

男女総合男性女性
~100万円8.1%3.5%14.3%
101~200万円13.3%6.7%22.5%
201~300万円14.8%10.5%20.9%
301~400万円17.4%16.9%18.0%
401~500万円15.0%17.5%11.4%
501~600万円10.5%13.8%5.9%
601~700万円6.7%9.4%3.0%
701~800万円4.6%6.8%1.7%
参考:厚生労働省 令和3年民間給与実態統計調査

なお、男性の場合は、400万円台(401〜500万円)の17.5%、女性では、100万円台(101〜200万円)の22.5%が、割合が多い年収となっています。

なお、国税庁の令和4年 民間給与実態統計調査の最新情報によると、日本の平均給与は458万円とされており、年収300万は平均年収より低いことがわかります。

年収別の手取り額を比較

年収別の手取り年額と手取り月給を年収10万円単位で比較表にしました。

年収300万円前後10万円単位で、手取り月額を比較できます。

額面年収手取り年額手取り月給
250万円202万円17万円
260万円208万円17万円
270万円217万円18万円
280万円223万円18.5万円
290万円232万円19万円
300万円238万円20万円
310万円247万円20.5万円
320万円256万円21.5万円
330万円262万円22万円
340万円271万円22.5万円
350万円277万円23万円
360万円286万円24万円
370万円294万円24.5万円
380万円300万円25万円
390万円309万円25.7万円
400万円315万円26万円
※独身で扶養家族なし、介護保険料の支払いなしで算出

年収300万は手取り238万となりますが、もし手取りで300万が必要な場合は、年収380万円稼ぐ必要があります。

なお、上記の試算は、独身で扶養家族なし、40歳になる前の介護保険料がかからない方を想定しています。

扶養家族の有無、年齢や居住地により金額は多少異なるため、注意してください。

年収300万手取り20万はやばい?生活レベルを解説


年収300万円の生活レベルはどの程度なのでしょうか。

配偶者や子供の人数で生活レベルは異なり、家族構成次第ではかなりやばいと考えられるケースもあります。

ここからは5つのケース別に、生活レベルの実情を詳しく解説していきます。

実家暮らしの場合


実家暮らしの場合、年収300万円あれば余裕があり、多くの金額を貯金に回すことが可能です。

たとえ毎月お金を入れても、家賃や光熱費など支出が少ない点がメリットです。

手取り額が20万円の場合の実家暮らしの支出の例は以下を参考にしてください。

支出の目安
家賃0円
家に入れるお金4万円
食費2万円
水道光熱費0円
通信費1万円
交際費2.5万円
雑費2万円
貯金8.5万円
トータル20万

実家にどのくらいお金を入れるのか、車を持つか、などにより異なるものの、総じて生活は余裕があるでしょう。

家族との共同生活は多少窮屈とはいえ、お金の負担は軽減できるため、実家暮らしの間に貯金を増やしておくことをおすすめします。

一人暮らしの場合


一人暮らしの場合は、家賃がいくらかによりますが、年収300万円は十分に生活していける収入です。

手取り額が20万円でひとり暮らしの出費の目安は、以下を参考にしてください。

支出の目安
家賃6万円
食費3万円
水道光熱費1万円
通信費1万円
交際費2.5万円
雑費2万円
貯金4.5万円
トータル20万円

一般的に、家賃は手取り額の約3分の1程度が相場のため、5〜6万程度で抑えるのが妥当でしょう。

特に都心の人気エリアの賃貸は高額なため、手取り20万であれば、広さ・築年数・駅からの距離など妥協が必要となります。

ひとり暮らしは余裕を感じられますが、光熱費や食費など一定の固定費がかかるため、計画性を持って貯金をする必要があります。

カップル・夫婦のみの場合


夫婦で300万の年収の場合、2人分の食費を含めた固定費が上がるため、一人暮らしのような余裕はないでしょう。

手取り額が20万円でカップルや夫婦のみの場合の家計の例は以下を参考にしましょう。

支出
家賃7万円
食費5.5万円
水道光熱費1.5万円
通信費2万円
交際費1.5万円
教育費0.5万円
雑費2万円
貯金0万円
トータル20万円

2人で生活をすれば家賃が1世帯分で済み、夫婦で共有できる部分も多くあるため、支出が2倍になることはありません。

配偶者とダブルインカムであれば、かなり余裕のある暮らしができます。

また、配偶者がパートの場合には、配偶者控除が適用されるなど、税負担を軽減することが可能です。

ただし、世帯の合計が年収300万であれば、冠婚葬祭などの特別な出費がかかる月など、赤字になる場合もあるでしょう。

配偶者あり子供がいる場合


家族が増えれば、住居を広くする、水道光熱費や食費の負担が増えるなどの変化があり、年収300万で家族を養うのはかなり厳しくなります。

手取り額が20万円で配偶者と子どもがいる世帯の家計の例は以下をご覧ください。

支出
家賃7万円
食費6万円
水道光熱費1.5万円
通信費2.5万円
交際費1.5万円
雑費2万円
貯金0円
トータル20.5万円

節約は配偶者のみであれば可能でも、子どもがいる家庭は養育費や教育費などさらに出費が増える傾向にあります。

乳児ベビー用品等
幼児子供用の衣類や生活用品等
幼稚園・小学校入学費用や習い事・塾の月謝等

年収300万手取り20万で家族を養い、生活を維持するのは大変厳しいと言えます。

ダブルインカムで余裕があった家庭も、子どもが小さい間は働き方を制限されやすいのが現状でしょう。

子育てに関する自治体の支援についてはこちらをご覧ください。

ひとり親で子供がいる場合


ひとり親で子供がいる場合の家計は厳しくなります。

手取り額が20万円でひとり親世帯の家計の例は以下を参考にしてください。

支出
家賃6万円
食費5万円
水道光熱費1.5万円
通信費2.5万円
交際費2.5万円
雑費2万円
貯金-1.5万円
トータル21.5万円

子どもの養育費や教育費は負担が大きいものです。

配偶者がいれば、どちらかが仕事であれば、どちらかが子供と過ごすことができます。

しかし、ひとり親の場合には保育園などに預けなければならず、高額な負担となります。

ひとり親世帯で生活が厳しいと感じる場合には、ひとり親世帯を支援する制度を利用しましょう。

居住地の自治体によって補助制度などが異なるため、ホームページを参照するなど利用できる制度の情報を確認してください。

年収300万の将来像!結婚や貯金はできる?

年収300万円と聞くと、将来的に厳しい生活を想像するかもしれません。

実際にはしっかりと生活設計を立てていけば、結婚や貯金、賃貸生活なども十分可能です。

結婚や貯金など、年収300万円で実現可能か詳しく見ていきます。

結婚|十分可能


年収300万円でも結婚は十分可能です。

結婚生活は、収入だけではなく、パートナーとの協力や理解、ライフスタイルの調整などが重要になります。

二人で生活することで、一人暮らしよりも生活費を抑えられる場合もあります。

年収300万円の人が収入のないパートナーと結婚して養う場合には、節約して貯蓄をするなどの工夫が必要です。

貯金|貯金額5〜10%を目指せる


年収300万円あれば、毎月の支出を管理し、無駄な出費を削減すれば、収入の5〜10%を貯金に回すことが可能です。

とはいえ、配偶者がいるか、子供がいるかなどにより異なるため、それぞれの生活レベルでの調整が必要です。

ボーナスが支給される場合には、月々貯蓄ができなくても、ボーナスの3分の1もしくは半分程度貯金に回せると良いでしょう。

ちなみに収入の5〜10%は、年間15〜30万の預貯金となります。

賃貸|郊外や地方エリアは十分可能


年収300万円で賃貸の部屋を借りるなら、郊外や地方エリアであれば十分可能です。

住みたいエリアや仕事との兼ね合いはありますが、都心部と比べて家賃や生活費が安い郊外や地方エリアが現実的でしょう。

一般的に、家賃の目安は手取りの1/3程度までと言われています。

年収300万円であれば、手取りは月収にして20万円程度ですので、家賃の目安はおおよそ6万円です。

クレジットカードやカードローン審査|利用は可能

年収300万円ある方は、クレジットカードやカードローンの審査を通ることは可能です。

たとえば、クレジットカードの普通カードであれば、年収200万円が審査通過の基準のラインとされています。

また、貸金業者からお金を借りる場合は、総量規制により年収の3分の1までとなります。

「残高不足で返済日に引き落としできなかった」などの事態にならないよう、カードの利用や借入れは計画的に行いましょう。

年収300万だと慎重になることとは?

車の購入|慎重に検討する

年収300万円の場合、車の購入はリスクがあるため、慎重な検討が必要です。

現金が用意できる場合を除き、車はローンでの購入が一般的です。

たとえ車を購入できても、以下のような維持費がかかります。

・月々のガソリン代(約1万円)

・オイル交換(3〜6ヶ月に3,000〜6,000円)

・2年に一度の車検(10~20万円)

・月々の駐車場(5,000〜1万円)

収入が少ない間は必要に応じてレンタカーを借りたり、コストがかからないカーシェアで代用したり、方法はあります。

車はあると便利ですが、なくてもなんとかなるものと割り切るなど、コスパ面でも慎重に検討しましょう。


家の購入|返済計画を元に検討する

年収300万円であれば、住宅ローンを活用することでマイホームは購入可能です。

ただし、住宅ローンの目安は世帯年収の5~7倍程度が目安です。

年収300万円の場合には、住宅ローンで借りられる金額は約2,000万円となります。

ただし近年は不動産価格が高騰の傾向があり、立地や広さなど、購入できる物件は限られてくる可能性があります。

また、住宅ローンの支払いで生活に余裕がなくなるケースもあるため、返済計画を元によく検討することが重要です。

子育て|支援活動を積極的に利用する


年収300万円でも子育てはできますが、支援制度を積極的に活用することをおすすめします。

所得制限を超えなければ利用できる児童手当があります。

児童手当の詳細は以下をご覧ください。

支給対象年齢月あたり支給額
0~3歳未満1.5万円
3歳~小学校修了前第2子まで:1万円 第3子以降:1.5万円
中学生1万円

ちなみに、年収300万円の場合には全額支給が適用されます。

また、ひとり親世帯に対しては、さまざまな支援制度が整っています。

寡婦(夫)控除・夫や妻と死別・離婚しており、一定の条件を満たしていれば所得の27万円が控除される
児童扶養手当(母子手当) ・所得額の条件付きで支給される給付金
・支給額は場合によって異なるため市区町村に確認が必要
住宅手当・自分で家賃を払っている場合に支給される手当
・支給額や条件は市区町村により異なる
ひとり親家庭等医療費助成制度 ・認定された世帯の保護者や児童の医療費自己負担分を市区町村が助成する制度

この他にも、子育てを優遇する制度は多くあります。

まずは居住している自治体によって異なる場合もあるため、どのような制度を利用できるか相談してみてください。

年収300万円がきつい人におすすめの節約術5選


年収300万円で生活に余裕があるという方は実は少数派かもしれません。

年収300万円がきついと感じている人向け、おすすめの節約術を紹介します。

年収300万円が余裕を増やすためにおすすめの節約術10選

家計簿をつける


家計簿を使って収入と支出を明確にしましょう。

何にどれだけのお金を使っているのかを把握することで、不必要な出費を見つけることが節約の第一歩です。

家計簿をつけていない場合には、計画のない浪費を繰り返している可能性があります。

家計簿をつけることで、支出の詳細を把握でき、ムダな出費を抑えることが可能になります。


通信費を見直す

スマホのプランを見直したり、格安SIMに変えたりすることで、通信費を抑えることができます。

選択次第では、月々のスマホ料金を半分以下に抑えられる可能性があります。

自分の使用状況やライフスタイルに合わせたプランに変更しましょう。

通信費の見直しは、固定費の節約に直結するため、おすすめの節約法です。

光熱費を見直す

節電や節水を心掛けることで、光熱費を削減することができます。

またLED電球を使用したり、冷暖房の設定温度を調整したり、毎日意識的に実行すれば確実に節約できます。

電力自由化により電力会社を選べるようになっているため、電力会社やガス会社を見直すのもおすすめです。

保険を見直す


保険は必要な保障を得るためのものですが、過剰な保険は無駄な出費となります。

自身のライフスタイルに合わせた保険を選ぶためにも、定期的に見直すことがおすすめです。

特に結婚したり、子どもが生まれたりしたタイミングは、保険の必要性や保険料を見直す時期にあたります。

ファイナンシャルプランナーなど専門家に相談するなど、適切な保険へ加入しましょう。

自炊する

節約には自炊もおすすめです。

外食やコンビニ食は便利ですが、週に何回も利用する外食をやめるだけで大きなコスト削減になります。

特に2人以上で生活している場合には、自炊をするとかなりの食費を抑えられ、習慣化すればさらに節約につながります。

年収300万円以上を目指す3つの方法


年収300万円を目指すためには、現状に満足せず、次のステップへ進むことが大事です。

スキルアップして現職で昇進・昇給を目指す、また副業や思い切って給料の高い会社転職する方法が近道でしょう。

こここからは年収300万円以上を目指す方法を紹介ます。

スキルアップして昇進・昇給する

現職に必要なスキルを身につけることで、収入を増やすことが可能です。

専門性やスペシャリスト性を高めるなど、スキルアップすることが昇進につながり、役職手当や昇給が見込めるでしょう。

また、資格や語学を極めることで、収入を上げる方法もあります。

資格取得はスキルや経験の裏付けとなり、昇進や昇給の交渉材料に効果があるでしょう。

給料交渉のテクニックに関してはこちらをご覧ください。

すきま時間を活かして副業する


収入を増やす方法としては、副業も挙げられます。

近年は副業を解禁している会社が増えていますから、本業に支障の出ない範囲で積極的に行動することをおすすめします。

ただし、副業を禁止している企業も少なからずあるため、就業規則は事前に確認しましょう。

自分の興味やスキルを活かして、インフルエンサーとして活躍したり、すきま時間にプログラミングスキルを使って副業したり、方法は様々です。

副業の経験次第では、いずれフリーランスとして独立できる可能性もあるでしょう。

給料の高い会社へ転職する


「給料が上がる見込みがない」「仕事にやりがいがない」という方は、転職も一つの方法です。

特に、自分のスキルが高く評価されているにもかかわらず、「給与がそれに見合っていないと感じる場合には、転職により収入アップが見込めます。

また「会社の業績がよくない」「自身の社内評価が低い」場合にも、転職により給料が大幅に上昇する可能性があります。

自分のスキルを活かせる、より高い給与を提供してくれる会社を探すために転職を検討してみましょう。

なお転職する際は、自身の市場価値を知る上でも、転職エージェントや転職サイトを活用することをおすすめします。

転職エージェントのおすすめ28選はこちらをご覧ください。


年収300万円以上が狙える職業


転職を検討する際には、年収300万円以上が狙える職業に転職すべきでしょう。

年収アップを狙うには、専門的な知識やスキル、資格が必要となることはあります。

まずは、高収入が狙えるのは、どんな職業があるのか紹介していきます。

営業職|歩合制度で稼げる

営業成績次第で高い評価を得やすく、昇給や昇進のチャンスも多い営業職は、年収300万以上を狙う人におすすめです。

特に、IT、製薬、不動産などの業界では、高額な商品を扱うため、高収入が期待できます。

営業職は基本的には成果型の歩合制度を採用しており、ノルマを超えた分の10〜20%がインセンティブ収入となります。

ただし、ハイリスク・ハイリターンの職業とも言えるため、向いていない人もいるため注意が必要です。

営業職におすすめの転職サイトについてはこちらをご覧ください。

ITエンジニア|需要が多い

ITエンジニアは現代社会に欠かせない職業であり、その需要はますます増えています。

プログラミングスキルやシステム設計などの実績があれば、多くの企業から求められるでしょう。

さらにAIやブロックチェーンなどの新技術に関するスキルがあれば、売り手市場です。

現在の職場の給料アップが見込みがない方は、ITエンジニアのスキルがあれば、収入アップが狙えます。

ITエンジニアにおすすめの転職サイトについてはこちらをご覧ください。

経理職|大企業が狙い目

経理職は企業の財務状況を管理し、適切な経済判断を下す重要な役割を担います。

実際には、経理職は年収が高い職業ではありません。

しかし大企業の場合には、規模と複雑な業務が混在するため高収入が狙えます。

経理に強いおすすめの転職エージェントについてはこちらをご覧ください。

医療・福祉関連職|安定した収入が得られる

医療・福祉関連職は、人々の健康や生活を支えるという社会的な役割があります。

薬剤師、看護師といった医療関連職や、介護職などの福祉関連職は、人々の健康と直結した仕事であり、安定した需要が見込まれます。

さらに専門的な資格を有すれば、一定以上の収入を得ることが可能です。

看護師の平均年収が気になる方はこちらをご覧ください。

公務員|福利厚生が手厚い

地方公務員や国家公務員などは、安定した収入と待遇、福利厚生が得られる職業です。

特に、警察官や消防士、教員などは専門性が求められ、比較的高収入を得やすいでしょう。

また福利厚生や労働時間等の待遇は民間企業より有利なため、長期的な視点でキャリアを考える方におすすめです。

企業別・業種別・職種別年収ランキングについてはこちらをご覧ください。

年収300万円台の転職に役立つ転職サイト・エージェント3選


年収300万円を目指す・超えたい場合に役立つ転職エージェントは主に以下の3つです。

リクルートエージェント|転職者の60%が年収UP

詳しい口コミは「リクルートエージェント 評判」を確認
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 転職後年収アップした方が約60%
  • 書類添削や面談対策など手厚い転職サポートが受けられる
  • 業界最大級の求人数を保有

リクルートエージェントは株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。

転職後に年収アップした方が約60%で、保有求人数と転職成約の実績どちらも国内No.1を誇ります。

書類添削や面談対策など手厚い転職サポートが受けられます。

基本情報
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約382,000件
非公開求人数約334,000件
対応エリア全国
対応職種営業・販売・カスタマーサービス
企画・マーケティング・経営
管理・事務 物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ
SE・ITエンジニア
エンジニア(設計・生産技術・品質管理)
建築・土木・設備
医療・医薬・化粧品
その他(講師・調理師・介護など)
実績転職支援実績No.1
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月時点

転職者の60%が年収アップしているリクルートエージェントがおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

doda|転職後1年間のフォローアップあり

詳しい口コミは「doda 評判」を確認
dodaのおすすめポイント
  • 35歳以下が約70%と若手社会人の採用に強い
  • 転職イベントやオンラインセミナーが豊富
  • 転職後1年間のフォローアップあり

doda(デューダ)は、35歳以下が約70%と若手社会人の採用に強みがある大手転職エージェントです。

転職相談はじめ、求人紹介・面接対策・応募書類作成サポートなど、貫したサポートがあります。

オンラインを利用した転職セミナーもあるため、転職活動に時間を避けない多忙な方におすすめできる転職エージェントです。

dodaの基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約221,400件
非公開求人数不明
対応エリア全国
対応職種営業職
企画・管理
事務・アシスタント
技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)
技術職(組み込みソフトウェア)
技術職(機械・電気)
技術職・専門職(建設・建築・不動産・プラント・工場)
技術職(化学・素材・化粧品・トイレタリー)
技術職(食品・香料・飼料)
医療系専門職
金融系専門職
専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)
販売・サービス職
クリエイター・クリエイティブ職
公務員・教員・農林水産関連職など
実績なし
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年11月時点

年収500万以上の求人も豊富にみつかるdodaもおすすめです。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

マイナビエージェント|中小企業や第二新卒向けの求人が豊富

詳しい口コミは「マイナビエージェント 評判」を確認
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20〜30代の転職に強い
  • 業界専任アドバイザーによる丁寧な転職サポートあり
  • 中小企業や第二新卒向けの求人が豊富

マイナビエージェントは2023年オリコン顧客満足度®︎調査1位を取得している転職エージェントです。

第二新卒向けの求人が豊富に揃っており、中小企業の独占案件も多数保有しています。

求人の紹介から内定が決まった後のフォローもあり、第二新卒など転職未経験者は登録すべきエージェントです。

マイナビエージェントの基本情報
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約67,000件
非公開求人数約18,700件
対応エリア全国
対応職種IT系技術職
営業職
機械・電気系技術職
金融系
不動産・建築職
医薬・医療系職
販売・サービス系職
クリエイティブ職
企画・管理系職など
実績2023年オリコン顧客満足度®︎調査 転職エージェント第1位
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2023年11月時点

キャリアアドバイザーの手厚いサポートが受けられるマイナビエージェントがおすすめです。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

年収300万手取りに関するよくある質問

年収300万の手取りに関するよくある質問
  • 年収300万の人の月給はいくらですか?
  • 年収300万円は高いですか?
  • 年収300万は少ないですか?
年収300万の人の月給はいくらですか?
年収300万円の手取りは、約240万円です
月給に換算すると20万円程度となります。
ボーナス支給がある場合、月給は約16万円です。
年収300万円は高いですか?
国税庁の令和4年 民間給与実態統計調査によると、日本の給与所得者の平均給与は458万円です。
年収300万円は日本の平均年収より160万円ほど低い水準であるため、高くはありません。
年収300万は少ないですか?
日本の平均年収458万円(国税庁の令和4年 民間給与実態統計調査)と比較すると、年収300万は少ないです。
年収300万以下の人口は34.6%で、300万以下の人は3人に1人の割合となります。

スキルアップや転職で年収300万以上を目指して安定しよう

年収300万は手取りにすると、約240万で月額約20万円です。

日本の平均年収458万円という結果からみても、年収300万は平均以下の水準です。

一人暮らしなら十分余裕がありますが、家族を養うのには厳しさを感じる年収でしょう。

節約など生活を見直すことも重要ですが、高収入の会社へ転職する方法もあります。

転職サービス選びに迷ったら、書類添削や面談対策など手厚い転職サポートが受けられるリクルートエージェントがおすすめです。

年収300万円手取り ざっくり言うと

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<