年収500万の生活水準はどのくらい?手取り額や貯金とローンの目安、節税方法まで解説

国税庁の民間給与実態統計調査によると、平均年収は458万円であるため、年収500万円は高収入であると言えます。

年収500万円の生活レベルはどのくらい?

年収500万は手取りいくらもらえるのかな?

貯金したりローンを組んだり、ゆとりのある暮らしがしたい…

年収500万の生活は余裕なのか、ローンを組んだり貯蓄を増やしたり、家族が増えても大丈夫かなど、将来に心配がありますよね。

そもそも「年収500万円は簡単になれないのでは?」と考えてしまいますが、収入を増やすポイントを理解して取り組めば、年収500万は目指すことは可能です。

そこで本記事では、年収500万の生活レベルや貯金・ローンの目安、年収500万を達成する方法などを詳しく解説します。

500万円を狙える職種や転職エージェントの活用方法も紹介します。

「年収500万」ざっくり言うと

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

年収500万円の手取りはいくら?


年収500万円の手取りを知っておくことはとても重要です。

一般的に年収は社会保険料や源泉所得税、住民税や積立金などが引かれる前の総支給額を指します。

またボーナスの支給あるなしによって手取り額は異なります。

まずは年収500万円の場合の、手取り額について詳しく解説します。

【ボーナスありなし】年収500万円の手取り額

年収500万には社会保険料や税金等が含まれているため、ボーナスなしの場合に実際に支給される手取りは389万円、月額の手取りは32.4万円です。

またボーナスが支給される場合は、ボーナスを含む金額が年収となります。

仮に 「年収500万円・賞与(ボーナス)あり」といった求人募集の場合、500万円にボーナスは含まれます。

ボーナスが支給されるかされないかによって手取り額は異なるため、以下の比較表にまとめました。

ちなみにボーナスなしの手取り額が高い理由は、社会保険料等の負担額の違いによるものです。

ボーナス年収
(手取り)
月収
(総支給額)
月収
(手取り)
なし389万円33.3万円32.4万円
1ヶ月分388.8万円38.5万円30.1万円
2ヶ月分387.3万円35.7万円28万円
参考:国税庁日本年金機構全国健康保険協会

なお、ボーナスの支給の基準や支給額は企業によって異なるため、勤務先または転職する際に確認しておきましょう。

【税金・保険料】年収500万円の内訳

手取りは社会保険料などの負担額を天引きされた後の金額であることを理解したところで、実際にどんな項目が対象なのかチェックしてみましょう。

法律で支払いが決められている、天引きされる項目は以下のとおりです。

項目種類特徴
所得税給料にかかる税金・所得控除を差し引いた課税所得に対して決定する
・税率は5~45%の間で7段階
住民税居住地の自治体に納める税金・市民税と県民税合計10%
・課税所得により決定する
雇用保険料失業給付や就職支援を受けるための保険料・事業の種類によって保険料率や会社の負担額が変わる
厚生年金保険料年金を受給するための掛け金
(負担額は会社と折半)
・毎月の給与と賞与に共通の保険料率を掛けて算出
健康保険料医療保険の保険料
(負担額は会社と折半)
・毎月の給与と賞与によって決まる
介護保険料介護を必要とする人を支えるための保険料・健康保険組合によって保険料率は異なる
・40歳以上になると加入が義務づけられる
総支給額から引かれる税金と社会保険料の項目

扶養家族の人数によって所得税や住民税にかかる税率が変わったり、40歳未満は介護保険がかからなかったりと、手取り額は一人ひとり異なります。

年収500万円の割合はどのくらい?

国税庁の民間給与実態統計調査による結果から日本の平均年収は約458万円とわかり、年収500万円は平均よりやや上の給与となります。

同じく民間給与実態統計調査によると、年収500万円台の人は全体の10.9%です。

また、年収が500万円を超えている人は約30%ほどになります。

全体の構成割合から見ると、年収500万円は十分高いと言えるのではないでしょうか。

ただ、給与は以下のような要素で大きく変わります。

ここからはさらに年齢別・男女別・業種別に年収500万円の価値を深掘りして解説します。

【男女別】年収500万円の割合


年収を男女で比較すると、一般的に女性は男性よりも給与が少ない傾向にあります。

男女別の年収の割合は以下を参考にしてください。

年収男性女性
〜200万円未満9.6%35.5%
200〜300万円未満9.8%20.0%
300〜400万円未満15.5%17.9%
400〜500万円未満17.7%12.1%
500〜600万円未満14.2%6.4%
600〜700万円未満9.5%3.4%
700〜800万円未満7.1%1.7%
800〜900万円未満5.0%1.0%
900万円以上11.8%2.1%
参考:国税庁:令和4年分民間給与実態統計調査

男性では400〜500万円の年収で17.7%、女性では300〜400万円で17.9%がピークという結果です。

年収500万円以上を稼ぐ男性の割合は47.8%で2~3人に1人、女性は14.6%で約8人に1人と激減します。

特に年収500万円を稼いでいる女性は勝ち組と言えます。

【年代別】年収500万円を超える割合


続いて年代別にみた平均年収の推移を見ていきましょう。

年代平均年収男性女性
全年代458万円563万円314万円
20代331万円355万円301万円
30代444万円517万円335万円
40代506万円622万円340万円
50代541万円693万円334万円
参考:国税庁:令和4年分民間給与実態統計調査

年収500万円に達する年代は40代で平均年収506万円、40代で541万円です。

全年代で年収が500万円を超えている人は約30%ほどになります。

ただし、男女別で比較してみると、男性は30代で平均年収500万円に達するのに対して、女性で平均年収500万円を越えている年代はありません。

【業種別】年収500万円の実態調査


年収は、業種によっても変わってきます。

利益を出しやすい業種ほど、当然ながら給与は高くなる傾向があります。

以下は民間給与実態調査結果の業種別の平均年収を多い順に並べてみた結果です。

業種全体平均年収
電気・ガス・熱供給・水道業747万円
金融・保険業656万円
情報通信業632万円
学術研究・専門・技術サービス・教育544万円
製造業533万円
建設業529万円
複合サービス事業477万円
参考:国税庁:令和4年分民間給与実態統計調査

給料が最も高い業界は、景気に左右されにくいインフラ業界の電気、ガス、水道業です。

続いて金融・保険業界である銀行や証券会社、保険会社も給料が高い業界の代表でしょう。

給料が多い少ないは、会社の規模にもよりますが、業種に影響されることがわかります。

企業別・業種別・職種別年収ランキングについてはこちらをご覧ください。

年収500万円の生活レベルを解説


年収500万円の生活レベルは一人ひとり異なり、また家族構成や地域によっても違うため、目安を知っておくことは大切です。

ここからは家族構成によってどのように生活レベルが異なるのか、紹介していきます。

【独身・ひとり暮らし】余裕あり貯蓄可

年収500万円で独身・ひとり暮らしをしている場合、比較的余裕を持って生活できます。

年収500万円の家賃相場は、手取りの1/3~1/4が目安です。

手取り400万円とした場合、1ヶ月8万円~10万円程度となります。

その他、光熱費、食費など生活費や、趣味やエンターテイメント、預貯金も十分に確保できます。

20代独身のひとり暮らしの出費の目安は以下を参考にしてください。

支出項目目安経費(月額)
家賃8〜10万円
食費3万円
水道光熱費1万円
交際費2万円
通信費1万円
雑費3万円
貯蓄・投資等10万円
合計30〜32万円

【カップル・夫婦】浪費しなければ安定した暮らし

年収500万円でカップル・夫婦の場合、浪費を避ければ安定した暮らしができます。

特に、食費や光熱費などの共有費用は二人で分けることが可能なため、一人暮らしより負担額は軽減されます。

ただし、余裕があると感じてしまった場合の浪費癖には注意が必要です。

年収500万あっても無駄遣いを抑え、共有の目標に向けて貯蓄をすることが重要となるでしょう。

支出項目目安経費(月額)
家賃8〜10万円
食費5万円
水道光熱費2万円
交際費3万円
通信費2万円
雑費4万円
貯蓄・投資等6万円
合計30〜32万円

【家族・子どもあり】教育費増加で節約が必要

家族・子どもがいる場合、教育費や家族全員の生活費を考慮すると、年収500万円でも厳しい経済状況になる可能性があります。

食費や日用費が増えると同時に、子どもの教育費が大きな負担となるでしょう。

子どもがいる世帯は、教育費増加や突発的な出費に備え、節約と計画的な貯蓄が必要です。

年収500万といえども、夫婦共働きや副業などで収入源を増やす工夫をすることをおすすめします。

支出項目目安経費(月額)
家賃8〜10万円
食費6万円
水道光熱費3万円
交際費3万円
通信費2万円
教育費3万
雑費4万円
貯蓄・投資等1万円
合計31〜33万円

年収500万をシミュレーションしてみると?

ここからは年収500万の世帯の家族構成の変化や将来の計画に向けて、どのような経費がかかるのかシミュテーションしていきます。

結婚、子育て、マイホーム購入などのライフイベントごとの経費についても解説します。

年収500万のシミュレーション

貯金 

貯金額は、家族構成や家賃などの経費、住宅ローンの有無により大きく変動します。

しかし500万円の年収であれば、金額に差はあるものの、貯金は可能です。

仮に年間の賞与額が約100万円、月の手取り額が25万円の単身世帯の貯蓄額をシミュレーションしてみると…

月ごとに5万円程度、ボーナス支給月にはボーナスの手取りの半分程度は貯蓄できるでしょう。

結婚 

年収500万円で結婚するのは可能です。

家賃などの必要経費や支払いのあるローンなどによりますが、ダブルインカムでなくても年収500万あれば、十分な生活はできます。

ちなみに、40歳未満で500万円の年収は平均よりも高いため、婚活市場でも余裕はあります。

結婚後の子どもの教育資金を考慮して、無駄使いは控え余剰金があれば貯金や投資に回しておくと安心です。

子育て 

500万円の年収があれば子育てをしながら生活することは可能です。

総務省統計局の調査(2022年8月)によると、世帯2.91人の月平均の支出は29.0万円です。

年収500万の場合、ボーナスなしの1ヶ月の手取り額は33万円程度、賞与額が約125万円の場合は1ヶ月あたりの手取り額は約25万円となります。

夫婦と子どもの3人世帯で、手取り額が25万円あれば、多少の節約は必要ですが、家計をまかなうことは可能です。

ただし教育資金のための預貯金は十分に確保できない点は注意が必要です。

マイカー購入 

マイカー購入が可能な年収であり、現金一括が厳しい場合にはオートローンを利用することもできます。

ただし車は購入費用以外に維持費がかかるため、事前に確認しておくことが重要です。

・月々のガソリン代(1〜2万円)

・オイル交換(3〜6ヶ月に3,000〜6,000円)

・2年に一度の車検(10~20万円)

・月々の駐車場(6,000〜1万円)

年間50万円程度のコストがかかることを考慮する必要があり、別途駐車場代がかかる場合には月々の支出がさらに増加します。

今が買う時期なのか、コストがかからないカーシェアで代用できないかなど、検討することをおすすめします。

マイホーム購入 

マイホームの購入には住宅ローンを利用するのが一般的ですが、基本的には年収500万円あれば住宅ローンを組むことが可能です。

住宅ローンの借入可能額は、返済負担率を年収の35%~40%に定めている金融機関が多いです。

返済に余裕を持つのであれば、返済負担率を手取り20~25%以下に抑えましょう。

少しでも頭金を準備して、無理なく月々の返済ができるよう、計画を立てると良いでしょう。

なおボーナス併用で返済した場合、万が一ボーナスなしの企業に転職すると返済計画が崩れる場合があるため、注意が必要です。

年収500万円を達成する5つの方法


年収500万円という目標は、大きなチャレンジとなるかもしれません。

しかし、着実な計画と的確な方法で行動をすれば、決して手の届かない金額ではありません。

ここからはキャリアアップや投資など年収500万円を達成する方法を紹介していきます。

資格を取得してキャリアアップする

専門分野や得意分野の資格を取得することは、年収500万円により近づくために有効です。

資格は自身の実績や専門知識、能力を証明することができ、適正に評価する判断材料となります。

資格はスキルや経験の裏付けとなり、昇進や給与アップの交渉材料に効果的です。

ただし、資格を取得する時間や労力は必要となるため、キャリアアップと市場価値に直結する資格を見極めて取得すると良いでしょう。

給料交渉のテクニックに関してはこちらをご覧ください。

副業で収入を増やす

副業で収入を増やす方法も有効です。

特に元々のスキルや趣味を活かせる副業は、無理せず収入を得られるためおすすめです。

ただし、副業が許されていない企業もあるため、就業規則は事前に確認してください。

インフルエンサーとして活躍しSNSで副収入を得たり、プログラミングスキルを使って副業したり、フリーランスで稼げる可能性もあります。

本業と並行して行うため、時間や場所が不特定で体力を過度に使わない副業が実現しやすいでしょう。

起業・独立する

ビジネスを立ち上げる、フリーランスとして独立する選択肢もあります。

成功すれば働いた分がすべて収入となるため、大幅な収入アップが見込めます。

ただし、5年後に会社が生き残る確率は10~15%、10年後はわずか5%前後と、起業は高いリスクを伴うことも事実です。

初期投資や独立セミナー等で綿密な準備を進めるなど、事業を成功させるための入念な計画をたてて実行しましょう。

投資をする

年収を増やす手段として、投資信託や不動産投資などの投資も有効です。

ただし、投資は元金を減らしてしまうリスクや、短期での収入アップは期待できないなど、デメリットがあります。

余剰資金がない」「リスクは最低限に抑えたい」場合には、月々数千円でスタートできる投資信託から始めることが可能です。

近年は各地で投資関連のセミナーなど開催されているため、資産を守るための知識として学んでおくと良いでしょう。

転職する

「給与が上がらない」「昇給の見込みがない」といった場合には、新しい職場に転職することも一つの選択肢です。

スキルや経験を適切に評価してくれる企業への転職や、転職先で新たな経験やスキルを身につけることが、大幅な年収アップにつながる可能性があります。

ただし日々の業務をこなしながらの転職活動は、時間や体力的に困難と感じる場合もあります。

転職を検討する際は、自分の市場価値を確かめると共に、多くの求人情報を収集することが大事です。

転職サイトや転職エージェントを活用し、500万の年収に近づくために、効率のよい転職活動を行いましょう。

年収500万以上の企業を探すなら、ハイクラス求人が多いビズリーチは非常におすすめです。

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

年収500万以上が狙える職業

「転職には失敗したくない」「転職するなら500万円以上の職種を狙いたい」と思いますよね。

需要の高い仕事であったり、経験を活かせる仕事だったり、選ぶ基準がポイントです。

ここからは転職しやすく年収500万を狙える仕事を4種ピックアップしてご紹介します。

IT・Web業界|エンジニア職の需要が多い

IT・Web業界は、常に高度な技術力を持つエンジニアを求めているため、年収500万が狙える職種です。

AIやビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの技術進化に伴い、エンジニアの需要はますます高まっています。

さらに、IT技術はどの業界にも浸透しており、エンジニアのスキルは幅広い分野で活かすことが可能です。

また、フリーランスとして活動するエンジニアも増えており、エンジニアは年収500万円以上を狙える職業と言えます。

ITエンジニアにおすすめの転職サイトについてはこちらをご覧ください。

営業職|歩合制度で稼げる

営業職は努力やスキルが直接給料に反映するため、年収500万は狙いやすいでしょう。

営業職の場合、基本的には成果に応じて報酬が決まる歩合制度を採用しています。

ノルマを超えた分の10〜20%がインセンティブの相場です。

盛業成績が明確なため、高い評価を得やすく、昇給や昇進のチャンスも多いでしょう。

営業として成果を出しやすい業界は、不動産業界・保険業界・自動車業界などです。

営業職は、自身のキャリアやスキル、コミュニケーション能力で成果を出しやすい職種のため、やりがいもあります。

営業職におすすめの転職サイトについてはこちらをご覧ください。

製造業|夜勤や交代勤務で稼げる

製造業は生産量に直結する仕事であり、労働した分が直接給与に反映されるため、年収アップが可能な職種です。

特に、夜勤や交代勤務がある場合、深夜手当や休日手当などの加算があり、収入を上げることができます。

製造業の主な手当は以下のとおりです。

特殊勤務手当特殊な条件(交代勤務、単独勤務等)で勤務する際の手当
技能(資格)手当企業が必要とする特別な技能(資格)の保有者に支給される手当
特殊作業手当特殊な作業環境(危険、高熱、低温等)で勤務する際に支給される手当

製造業は安定した需要があるため、特殊技術を身につけ手当がつけば、年収500万を狙えるでしょう。

中小企業|実績を活かして管理職になる

中小企業では30代前半で役職に就けるケースもあり、収入アップが狙えます。

中小企業の賃金水準は大企業の85%程度のため、大企業より年収は低いですが、大企業より管理職になれる傾向があります。

管理職になると、自分の指示や決定が組織全体に影響を与えるため、重責の対価として、高い報酬が得られるでしょう。

ただし多くの企業では、役職に就くと残業代が支給されないケースが多く、残業代で稼ぐことは期待できません。

今まで残業代を多くもらっていた方は、役職が就いたことにより、年収が下がる場合もあるため、注意が必要です。

年収500万円を目指す方におすすめの転職サービス

年収500万を目指す方向けの転職サイトや転職エージェントを紹介します。

目指す職種や業界がすでに決まっている方、新たに異業種に挑戦したい方など、様々な要望に応える転職サービスをピックアップしています。

年収500万を目指し、経験やスキルを活かした転職活動にぜひ役立ててみてください。

ビズリーチ|求人の33%が年収1000万以上

詳しい口コミは「ビズリーチ 評判」を確認
ビズリーチのおすすめポイント
  • 国内最大級のヘッドハンター型ハイクラス転職サイト
  • 年収1,000万円以上のハイクラス求人が3分の1以上
  • スカウトを受け取ることで自分の市場価値がわかる

ビズリーチはヘッドハンター型のハイクラス転職サイトです。

転職後の年収が500万を有に超える平均840万円という高い実績があり、年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占めています。

質の高い求人が多く、中途採用市場での高年収求人が豊富です。

スカウトを受け取ることで自分の市場価値を確認できるため、まずは登録すべき転職サイトと言えます。

ビズリーチの基本情報
運営会社株式会社ビズリーチ
求人数公開:約9.8万件
対象エリア全国
費用・Web版からアップグレードする場合(Web決済)
30日間5,478円(税込)
・アプリからアップグレードする場合(App Store決済)
月額 5,500円(税込)
利用可能なサービス・公式アプリあり
・登録するだけでスカウトが届く
・ハイクラスの特別求人
【有料プラン】
・すべての求人へ返信・閲覧可能
・ヘッドハンターと面談可能
・面接日時の調整や年収交渉
※2023年11月時点

ヘッドハンターや企業から直接スカウトが受けられるビズリーチがおすすめです。

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

リクルートエージェント|転職者の60%が年収UP

詳しい口コミは「リクルートエージェント 評判」を確認
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 業界最大級の求人数を保有
  • 転職後年収アップした方が約60%
  • 書類添削や面談対策など手厚い転職サポートが受けられる

リクルートエージェントは株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。

保有求人数と転職成約の実績どちらも国内No.1を誇ります。

転職後に年収アップした方が約60%の実績があることからも、年収500万を目指すなら登録しておきたいエージェントでしょう。

書類添削や面談対策など手厚い転職サポートが受けられることもあり、転職が初めての方に特におすすめです。

リクルートエージェントの基本情報
運営会社株式会社リクルート
求人数公開:約45万件非公開:約20万件
対象エリア全国
費用完全無料
利用可能なサービス・求人紹介
・独自の企業情報を提供
・各種セミナーの開催
・書類添削
・応募・書類選考
・面接対策
・年収交渉や退職交渉など

転職者の60%が年収アップしているリクルートエージェントがおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

マイナビエージェント|各業界・職種の専任アドバイザーが在籍

詳しい口コミは「マイナビエージェント 評判」を確認
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20〜30代の転職に強い
  • 中小企業や第二新卒向けの求人が豊富
  • 業界専任アドバイザーによる丁寧な転職サポートあり

マイナビエージェントは株式会社マイナビが運営している転職エージェントです。

中小企業や第二新卒向けの求人が豊富に揃っており、中小企業の独占案件も多数保有しています。

業界専任アドバイザーが在籍しているため、希望の職種や業種が決まっている方は、業界の内情についても相談しやすいでしょう。

求人の紹介から内定が決まった後のフォローもあるため、第二新卒など転職未経験者は登録すべきエージェントと言えます。

マイナビエージェント
基本情報
運営会社株式会社マイナビ
求人数公開:6.8万件非公開:1.8万件
対象エリア全国
費用完全無料
利用可能な
サービス
・業界に特化したアドバイザーのサポート
・求人紹介から内定までの一貫した支援
・スケジュール管理や企業との交渉の代行
・転職成功ノウハウの記事の公開
・専門サイトあり
・休日での面談も実施など
※2023年11月時点

キャリアアドバイザーの手厚いサポートが受けられるマイナビエージェントがおすすめです。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

年収500万におすすめの節税・節約方法

500万の年収があっても、世帯によっては余裕が感じられない場合はあります。

節税や節約癖をつけておくべきでしょう。

すぐに実行に移せる節税や節約方法を紹介しますので、日々の暮らしに取り入れてみてください。

ふるさと納税を利用する

ふるさと納税は、自分が選んだ自治体へ寄付を行い、寄付金の一部を所得税や住民税から控除できる制度です。

寄付した自治体からは生活必需品や食品などの返礼品が届き、生活費や食費を抑えることができます。

節税・節約にふるさと納税を賢く利用しましょう。

ただし控除限度額を超えると自己負担になること、税金控除のための申請が必要なことなど、制度については理解しておきましょう。

NISAやiDeCoで資産運用する

NISAやiDeCoは、税制上の優遇措置を活用した資産運用方法で、投資による収益が非課税になる制度です。

NISA少額投資非課税制度投資利益が非課税
iDeCo個人型確定拠出年金運用利益が非課税

投資による資産運用を行いつつ、税金を節約できます。

運用する資産をコツコツと増やすために利用することをおすすめします。

格安SIMなど通信費を見直す

スマホやインターネットの通信費は、見直すことで毎月の固定費は節約できます。

自分の使用状況やライフスタイルに合わせたプランに変更することで、出費を減らすことが可能です。

格安SIMなど格安で利用できるプランが提供されているため、最新情報を確認してみましょう。

電力会社やガス会社を見直す

電力やガスの料金は毎月の固定費となるため、節約する方法を検討しましょう。

電力自由化により、電力会社を選べるようになったため、自分の使用状況に合った会社を選ぶことができます。

また日々のエアコンの設定や、シャワーの時間短縮など、率先して節約することも大切です

保険を見直す

ライフスタイルの変化に合わせて、保険の見直しも必要です。

例えば、「結婚した」「子供が生まれた」などライフイベントがあった場合は、保険の必要性や保険料を見直すタイミングです。

保険の見直しはファイナンシャルプランナーなど専門家に相談し、適切な保険への加入をおすすめします。

年収500万に関するよくある質問

年収500万の収入について、さまざまな疑問があるでしょう。

年収500万円に関するよくある質問をQ&Aにまとめましたので、気になる点はチェックしてみてください。

年収500万に関するよくある質問
  • 年収500万は普通ですか?
  • 日本人で年収500万の人はどれくらいいますか?
  • 年収500万円は少ないですか?高いですか?
年収500万は普通ですか?
国税庁の民間給与実態統計調査によると、日本の平均年収は約458万円です。
つまり年収500万円は平均よりやや上の給与となります。
日本人で年収500万の人はどれくらいいますか?
国税庁の民間給与実態統計調査によると、年収500万円台の人は労働者全体の10.9%です。
また、年収が500万円を超えている人は約30%ほどになります。
年収500万円は少ないですか?高いですか?
年収500万円以上を稼ぐ男性の割合は47.8%で2~3人に1人、女性は14.6%で約8人に1人と激減します。
年収500万円は平均より多く稼いでいることとなり、特に女性で500万を稼いでいる人は高いと言えます。

労働者の30%は年収500万以上転職で成功させよう

年収500万は全労働者の平均以上、また500万円以上の年収を得ている人は全体の30%という結果です。

年収500万円はハードルが高いと考えてしまいますが、実績を重ねたり、資格を取得したり、収入を増やす方法はあります。

また年収を上げやすい職種や業種がある点に注目しましょう。

将来を見据えて収入500万を目指すのであれば、転職が近道となる場合もあります。

後悔しないためにも早期のうちに転職サービスを利用して、転職を有利に進めましょう。

「年収500万」ざっくり言うと

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<