看護師以外の仕事がしたい!他業種に転職したい看護師におすすめの仕事22選

看護師以外の仕事 アイキャッチ

  • 日々の激務で疲弊している
  • 看護師を続けるのがつらい
  • 看護師じゃない仕事に挑戦してみたいけど不安

今回はこんな悩みにお応えします。

看護師として働いていると、日々の激務に嫌気がさして「看護師を辞めたい…」と思う方は多いです。

そこで今回は、他業種に転職したい看護師におすすめの仕事22選に加えて、看護師から他業種への転職を成功させるためのポイントについて解説します。

「看護師を辞めて別の仕事で頑張りたい」と考える人は、ぜひ参考にしてください。

看護師が他職種への転職を考える理由BEST5

厚生労働省の看護職員就業状況等実態調査結果によると、看護師が他職種への転職を考える理由BEST5は以下の通りでした。

それぞれについて解説します。

他分野への興味

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師は学生時代から看護だけに携わることが多いです。

そのため、働く中で他の職業にも興味が湧くのは、自然なことだと言えるでしょう。

看護師免許さえあれば、他の職種を経験したあとでも、再度看護師として復職することは難しくありません。

この「保険」のような特徴があるからこそ、他業種に転職を検討する人が多いと考えられます。

責任の重さ・医療事故への不安があるため

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師は”命を預かる職業”であるため、常に強いストレスに晒されています。

職場は常に緊張感で溢れ、ミスできないプレッシャーに心身ともに疲弊している方も多いでしょう。

一度ミスを犯してしまうと、その経験がトラウマになることも少なくありません。

その責任の重さから転職を考える人が多いと考えられます。

休暇が取れない・取りづらいため

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師は常に人手不足であるため、休みがとりづらい傾向にあります。

体調不良者が出た際には、急に出勤を求められることも少なくありません。

ひどい職場だと有休消化が認められないこともあるようです。

そんな、休暇が取れない・取りづらい環境に嫌気が差して、転職を考える人もいるようです。

夜勤の負担が大きいため

田口 ひづる
田口 ひづる

日勤と比べて、夜勤の負担は非常に大きいです。

特に二交代制の場合は一度に16時間勤務する必要があるため、心身ともに疲弊しやすい環境であると言えるでしょう。

看護師として稼ぎ続けるためには、夜勤が必須であると言っても過言ではありません。

しかし、年齢を重ねれば重ねるほど夜勤が厳しくなることも多く、「もう限界。」と感じて転職を考える人が多いです。

超過勤務が多いため

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師として働いていると、残業を求められることが多いです。

勤務交代時の緊急入院や患者の急変時などが良い例だと言えるでしょう。

加えて、慢性的な人手不足が原因で、日常的に残業時間が多い職場も少なくありません。

度重なる残業に疲弊し、転職を検討する方が多いと考えられます。

看護師が他職種に転職する際の仕事の選び方3選

看護師が他職種に転職する際の仕事の選び方を3つ紹介します。

具体的には以下の通りです。

それぞれについて解説します。

看護師の経験が生かせる仕事を選ぶ

田口 ひづる
田口 ひづる

他職種に転職する際には、看護師の経験を生かせる仕事を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、全く違う分野に転職してしまうと、転職時の負担が非常に大きいからです。

看護師の経験が生かせる仕事につくことができれば、今まで培ってきたコミュニケーション能力や観察力が生かされるため、すぐに活躍できることも多いでしょう。

医療関連の仕事であれば給料が良いことはもちろん、看護師の経験をアピールすれば採用されやすいため、転職時の負担が軽くなります。

未経験でも活躍できる仕事を選ぶ

田口 ひづる
田口 ひづる

医療分野以外の仕事につきたい場合は、未経験でも活躍しやすい職場を探すと良いでしょう。

具体的には「未経験歓迎」「経験不問」と記載されている求人がおすすめです。

看護師から一般職への転職は、ビジネスマナーなど勉強すべきことが多いため、できる限り負担が少ない職種を選ぶのが得策です。

新しい職場に慣れるまでの間、自分のペースで準備を進められるため心にゆとりをもって働くことができます。

他の資格を取得する

田口 ひづる
田口 ひづる

他業種への転職を考える際には、看護師以外の資格を取得するのも1つの手だと言えます。

なぜなら資格を取得することで、給料が高めで安定している職場に就職できる可能性が高まるからです。

一般的な資格を取得するなら、まずはユーキャンなどで興味のある分野を探してみると良いでしょう。

「養護教諭」「ケアマネージャー」など、看護師の知識が生かせる資格を取得するのもおすすめです。

看護師の経験が生かせる仕事22選早見表

本記事で紹介している「看護師の経験がかせる仕事22選」は以下の表の通りです。

あなたが今抱えている不満を解消できそうな職種からチェックしてみてください。

職種おすすめの人
ケアマネージャー命に関わる重圧に疲れた人
病児保育士命に関わる重圧に疲れた人
美容クリニック命に関わる重圧に疲れた人
産業看護師しっかり休暇を取りたい人
行政保育士しっかり休暇を取りたい人
児童福祉師しっかり休暇を取りたい人
献血ルーム残業や夜勤がつらい人
医療事務残業や夜勤がつらい人
コールセンターのオペレーター残業や夜勤がつらい人
臨床開発モニター高収入を狙いたい人
治験コーディネーター(CRC)高収入を狙いたい人
医療情報担当者(MR)高収入を狙いたい人
衛生管理者人間関係に悩みたくない人
イベントナース人間関係に悩みたくない人
健診センター人間関係に悩みたくない人
特定保健指導転職してから後悔したくない人
Webライター転職してから後悔したくない人
Webデザイナー転職してから後悔したくない人
販売職医療業界から離れたい人
営業職医療業界から離れたい人
事務職医療業界から離れたい人
美容関連職医療業界から離れたい人

命に関わらない仕事につきたい方におすすめの仕事3選

ここでは、命に関わらない仕事につきたい方におすすめの仕事を3つ紹介します。

具体的には以下の通りです。

命に関わらない仕事につきたい方におすすめの仕事3選

それぞれについて解説します。

ケアマネージャー

田口 ひづる
田口 ひづる

ケアマネージャー(看護支援専門員)とは、要介護者や要支援者がニーズに合う介護サービスを受けられるよう支援する仕事です。

ケアプランの作成や、市町村・サービス事業・施設・家族との連絡調整に携わります。

★ケアマネージャーの業務内容

  • 利用者との面談・ヒアリング
  • 各所との連絡調整
  • ケアプランの作成

ケアマネージャーになるためには、介護支援専門員の資格が必要になります。

資格の取得は簡単ではありませんが、その分価値は高いと言えるでしょう。

ケアマネージャーは看護師とは違って、命に直接関わる業務がないため安心して働くことができます。

病児保育士

田口 ひづる
田口 ひづる

病児保育士とは、病気の子どもを一時的に保育する保育士を指します。

一般の保育士と比べて、子どもの健康状態により深く注意を向けながら保育に当たる必要があります。

★病児保育士の業務内容

  • 体調不良児の保育
  • 病院の受診の判断
  • 保護者の対応

病児保育士は病気・体調不良の子供を保育しますが、基本的には医療行為を行いません。

そのため、病棟看護師と比べて命に関わるプレッシャーは非常に少ないと言えるでしょう。

なお、病児保育士として働くためには、保育士または看護師の資格を取得する必要があります。

美容クリニック

田口 ひづる
田口 ひづる

美容クリニックは、美容医療を通して「利用者の美の追求をサポート」する職場です。

大きく分けると、

  • 美容皮膚科(脱毛や肌質改善がメイン)
  • 美容外科(美容整形手術がメイン)

の2つがあります。

★美容クリニック看護師の業務内容

  • カウンセリング
  • 医療機器の準備・補助
  • レーザー照射(美容皮膚科)
  • 整形手術の介助(美容外科)
  • 利用者の精神的サポート

美容に興味がある人、美容の知識を身につけて自らもキレイになりたい人におすすめの職場です。

社割を利用して、自ら施術を受けられる所も魅力の1つだと言えるでしょう。

特に美容皮膚科は、侵襲度が高い処置が少ないため「命に関わる重圧」に苦しめられる可能性が低いです。

しっかり休暇を取りたい方におすすめの仕事3選

ここでは、しっかり休暇を取りたい方におすすめの仕事を3つ紹介します。

具体的には以下の通りです。

しっかり休暇を取りたい方におすすめの仕事3選

それぞれについて解説します。

産業看護師

田口 ひづる
田口 ひづる

産業看護師とは、医療機関ではなく一般企業で働く看護師のことです。

企業内の保健室や医務室で勤務し、従業員の健康管理をメインに行います。

★企業看護師の業務内容

  • 健康診断
  • 保健指導
  • 集団教育
  • 日々の健康相談
  • メンタルヘルスケア
  • 過重労働対策
  • 応急処置

産業看護師の特徴として、

  • 残業が少ない
  • 夜勤がない

などが挙げられます。

また、土日祝休みの企業が多いため、ワークライフバランスが整いやすいです。

病院勤務とは違って規則正しい生活を送ることができるため、昼夜逆転などの心配がなく体調も整いやすいと言えるでしょう。

行政保健師

田口 ひづる
田口 ひづる

行政保健師とは、地域の保健センターや保健所、地域包括支援センターなどで「公務員」として働く保健師のことです。

地域住民を対象として、医療・健康・福祉に関する活動を行います。

主な業務内容

★行政保健師の業務内容

  • 健康に関する相談対応
  • 健康教室の開催
  • 母子保健、精神保健、介護に関する相談対応
  • 職員の健康管理

公務員であり、福利厚生が手厚いです。

また、土日祝休みであるため、ワークライフバランスが整いやすいです。

児童福祉司

田口 ひづる
田口 ひづる

児童福祉司とは、家庭等から子どもに関する相談を受け、個々に応じた効果的な援助を行う仕事です。

児童福祉司の資格を取得した後、児童相談所に勤務します。

★児童福祉司の業務内容

  • 子どもの福祉に関する相談対応
  • 必要な援助を明確にするための調査・社会診断
  • 子ども、保護者、関係者等に対する支援・指導
  • 子ども、保護者等の関係調整

公務員であるため、福利厚生が充実しています。

カレンダー通りの勤務となるため、ワークライフバランスが整いやすいです。

残業や夜勤がつらい方におすすめの仕事3選

ここでは、残業や夜勤がつらい方におすすめの仕事を3つ紹介します。

具体的には、以下の通りです。

残業や夜勤がつらい方におすすめの仕事3選

それぞれについて解説します。

献血ルーム

田口 ひづる
田口 ひづる

献血ルームとは、献血をしてもらうための施設です。

★献血ルーム看護師の業務内容

  • 血液検査
  • 採血の実施
  • 採血者の記録
  • 資材の出し入れ・清掃

メイン業務が採血であるため、ルーティンワークで対応可能です。

急な業務の追加がないため、残業がほとんどありません。

日勤のみの勤務となるため、病棟看護師と比べて心身の負担が少ないです。

医療事務

田口 ひづる
田口 ひづる

医療事務とは、病院やクリニックなどの医療機関で、受付・会計・診療報酬請求業務などを担当する仕事です。

景気に左右されず安定したニーズがあるため、どの地域でも採用されやすい傾向にあります。

★医療事務の業務内容

  • 受付・会計
  • レセプト業務
  • クラーク業務

医療関係者の一員として専門性を発揮して働けるため、やりがいを感じやすいです。

残業が少なく、アルバイト・パートなど様々な形で働くことができるため、ワークライフバランスを維持しやすいというメリットがあります。

コールセンターのオペレーター

田口 ひづる
田口 ひづる

コールセンターとは、問い合わせされた相談に対して電話対応する職場です。

  • 医療機関
  • 医療機器メーカー
  • サービス付き高齢者住宅
  • 製薬会社
  • 保険会社

などに設置されていることが多いです。

★コールセンター看護師の業務内容

  • 健康や病気の相談に対する電話対応

残業が少なくデスクワークがメインであるため、体力に自信がない方にもおすすめです。

マニュアルに沿った対応が基本であるため、電話対応に苦手意識がある方でも安心して働けるでしょう。

ただし職場によっては、夜勤があるため注意してください。

高収入を狙いたい方におすすめの仕事3選

ここでは、高収入を狙いたい方におすすめの仕事を3つ紹介します。

具体的には以下の通りです。

それぞれについて解説します。

臨床開発モニター

田口 ひづる
田口 ひづる

臨床開発モニターとは、新薬の有効性や安全性を確かめる治験を円滑に進めるための仕事です。

主に、治験症例データの収集や、進捗管理を行います。

★臨床開発モニターの業務内容

  • 医療機関・医師の選定
  • 実施依頼・契約手続き
  • 医師へのヒアリング
  • 症例報告書のチェック・回収
  • 報告書の作成

臨床開発モニターの平均年収は、約610万円です。

また、管理職まで昇進すれば年収1000万円を超えることも夢ではありません。

そのため、看護師の経験やスキルを生かして大きく稼ぎたい方には、非常におすすめだといえるでしょう。

治験コーディネーター(CRC)

田口 ひづる
田口 ひづる

治験コーディネーターとは、医療機関・製薬会社・患者さんとの間に立って、治験がスムーズに進むようにサポートする仕事です。

看護師の知識や経験を生かしやすいことが特徴で、年収1000万円を目指すことも可能です。

★治験コーディネーターの業務内容

  • スタートアップミーティングの補助
  • 検査機器の管理
  • 被験者募集
  • 治験の説明文書・同意書の作成
  • 被験者のスケジュール管理と対応
  • 症例報告書の作成
  • 有害事象への対応
  • 治験終了報告書の作成

看護とは違った形で医療に貢献できるため、やりがいを持って働きたい方におすすめの仕事です。

医療情報担当者(MR)

田口 ひづる
田口 ひづる

医療情報担当者(MR)とは、医療関係者に対して医薬品の品質・有効性・安全性などを正しく説明し、医療機関に自社の医薬品を採用してもらえるよう働きかける仕事です。

医療関係者と上手くコミュニケーションを取りながら自社商品を売り込むという「営業スキル」が求められます。

★医療情報担当者の業務内容

  • 医薬品情報の提供
  • 医薬品に関するフィードバックの収集
  • 医療従事者向けの講演会の開催

医療情報担当者の給料水準は非常に高く、大手企業に勤められれば年収900〜1000万円を実現することも可能です。

人間関係に悩みたくない方におすすめの仕事3選

ここでは、人間関係に悩みたくない方におすすめの仕事を3つ紹介します。

具体的には以下の通りです。

人間関係に悩みたくない方におすすめの仕事3選

それぞれについて解説します。

衛生管理者

田口 ひづる
田口 ひづる

衛生管理者とは、作業環境の衛生管理や、労働者の健康管理に努める仕事です。

有害業務を含む業種でも働ける「第一種衛生管理者」と、有害業務との関連が少ない業種に限り働ける「第二種衛生管理者」の2種類の資格があります。

★衛生管理者の業務内容

  • 作業環境の衛生管理
  • 労働衛生保護具、救急用具等の点検・整備
  • 労働者に対する衛生教育
  • 労働者の健康の保持・増進
  • 事業所の巡視
  • 衛生日誌の記載

衛生管理者の配置基準は以下の通りです。

事業所の規模衛生推進者の配置人数
50人以上~200人以下  1人以上
201人~500人以下2人以上
501人~1,000人以下3人以上
1,001人~2,000人以下4人以上
2,001人~3,000人以下5人以上
3,001人以上6人以上

病棟のようなピリピリとした緊張感がなく、配置人数も少なめであるため、人間関係に悩みにくいです。

すでに保健師免許を保有している方は、申請するだけで「第一種衛生管理者」の資格を取得することができます。

イベントナース

田口 ひづる
田口 ひづる

イベントナースとは、イベント参加者の応急処置や受診の判断を行う仕事です。

★イベントナースの業務内容

  • 応急処置
  • 受診の判断
  • 救急搬送の要請(必要時)

働ける職場はさまざまで、具体的には以下のような場所が挙げられます。

  • コンサート会場
  • スポーツ大会
  • お祭り
  • 野外ステージ
  • 海辺 など

イベントの雰囲気を味わいながら、楽しく働くことができます。

イベント終了までの「短期間の就労」が基本であるため、人間関係に悩みにくい環境であると言えるでしょう。

健診センター

田口 ひづる
田口 ひづる

健診センターは「健診」を行い、病気の早期発見や生活習慣の見直しに努める施設です。

  • 健康診断
  • 胃がん検診、子宮がん検診など

業務内容が多岐にわたるため、看護師としてスキルアップしたい方にもおすすめの職場です。

★健診センター看護師の業務内容

  • 問診
  • 身体測定
  • 採血
  • バイタルサイン測定
  • 心電図検査
  • 視力・聴力検査、尿検査
  • 各種検診(胃がん、乳がん、内視鏡など)の診療補助・介助
  • 健診結果のチェックやデータ入力、書類作成

ルーティンワークで対応可能であるため、病棟と比べて負担は少なめです。

メイン業務が健診であるため、利用者とのコミュニケーションを積極的に取る必要がありません。

人と深く関わらなくて済むため、人間関係に悩まず気楽に働きたい人におすすめの職場だと言えるでしょう。

転職してから後悔したくない方におすすめの仕事3選

ここでは、転職してから後悔したくない方におすすめの仕事を3つ紹介します。

具体的には以下の通りです。

転職してから後悔したくない方におすすめの仕事3選

上記の仕事は全て”副業から始めやすい”という特徴があります。

そのため、転職してから後悔したくない方は「とりあえず副業で始めて、自分に合っていればそのまま転職する」という選択肢を取ることが可能です。

それぞれについて解説します。

特定保健指導

田口 ひづる
田口 ひづる

特定保健指導とは、生活習慣病の発症リスクが高い人に対して、生活習慣を見直すためのサポートをする仕事です。

医師、保健師、正看護師、管理栄養士のいずれかの資格を保有している人のみ、特定保健指導を実施することができます。

★特定保健指導の業務内容

  • 面談
  • 行動目標・行動計画の作成
  • 行動計画への取り組み状況の確認

対象者が継続的に生活習慣の改善に取り組めているかを確認しながら、適宜助言を行います。

対象者のもとに訪問したり、リモート面談を活用したりして業務にあたることが多いです。

給料相場は時給換算で2000円前後であるため、資格を生かしてしっかり稼ぐことができます。

Webライター

田口 ひづる
田口 ひづる

Webライターとは、インターネット上に掲載される記事を執筆する仕事です。

企業や個人から依頼を受けて、コラム記事やセールス文章を運営者に代わって執筆します。

主な報酬形態は、以下の2種類です。

  • 記事報酬型:1記事あたり〇〇円の報酬がもらえる
  • 文字単価型:1文字あたり〇〇円の報酬がもらえる

パソコンがあれば誰でも挑戦できるため、参入のハードルは低めです。

「文章力に自信がない」と感じる人は多いですが、看護師は看護記録などで文章に慣れているため、問題なく活躍できます。

特に「疾患に関する記事」や「医療記事」を書く際には看護師資格は重宝されており、高い報酬を得やすいです。

Webデザイナー

田口 ひづる
田口 ひづる

Webデザイナーとは、ウェブサイトの見た目である「デザイン」を整える仕事です。

文字のフォントやレイアウトなどを調整し、ウェブサイトを企業の求めるビジュアルに仕上げます。

Webに関する基本的な知識やプログラミングの基礎知識が必要になりますが、上手くいけば月数十万円稼ぐことも可能です。

既存のウェブサイトを参考にしながら仕事を進められるため、基礎能力さえ身についていれば初心者であっても十分に活躍できます。

医療業界から離れて働きたい方におすすめの仕事4選

ここでは、医療業界から離れて働きたい方におすすめの仕事を紹介します。

具体的には以下の通りです。

医療業界から離れて働きたい方におすすめの仕事4選

それぞれについて解説します。

販売職

田口 ひづる
田口 ひづる

販売職とは、自社の商品やサービスを販売する仕事です。

自らが店頭に立ち、衣類・食品・化粧品などの商品を販売します。

自分が好きな商品を扱うことができれば、日々の仕事にやりがいを感じやすいでしょう。

看護師として培ってきたコミュニケーション能力を存分に生かせるため、転職してからすぐに活躍できる可能性が高いです。

営業職

田口 ひづる
田口 ひづる

営業職とは、企業や個人に自社商品を提案・販売する仕事です。

仕草や表情から買い手の考えを予測し、個々に合わせた提案方法で商品をアピールすることが大切です。

そのため、看護師時代に身についた観察力・コミュニケーション能力が非常に役立つ職業だと言えるでしょう。

IT業界や不動産業界など、業界によっては高い報酬を得られるため、転職を機に年収を上げたい方におすすめです。

事務職

田口 ひづる
田口 ひづる

事務職とは、書類の作成や処理、データ入力、来客対応など業務全般を担当する仕事です。

事務職として活躍するためには、一般的なパソコンスキルやスケジュール管理能力などが求められます。

看護師とは違ってデスクワークが中心となるため、体力的に自信がない方でも働きやすいです。

ただし、看護師と比べて年収は低めであるため、収入を下げたくない方にはおすすめできません。

美容関連職

田口 ひづる
田口 ひづる

美容関連職には、美容師、エステティシャン、ネイリストなどが挙げられます。

自分の手で誰かを美しくできるやりがいのある仕事です。

美容関連職で活躍するためには、専門的な知識に加えて高いコミュニケーション能力が求められます。

そのため、質の高いコミュニケースキルを身につけている看護師にとっては、活躍しやすい分野だと言えるでしょう。

看護師から他職種に転職するメリット5選

ここでは、看護師から他職種に転職するメリットを5つ紹介します。

具体的には、以下の通りです。

それぞれについて解説します。

規則正しい生活を送れる

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師を辞めて他職種に転職すれば、夜勤やシフト制勤務から解放されるため生活習慣が整いやすいです。

「急変対応に追われて休憩・仮眠がとれない」ということも無いため、心身ともに負担が軽くなるでしょう。

ルーティンワークでこなせる仕事に就けば、自己研鑽の時間も少なくなります。

看護師と比べて体力の消費が少ないため、健康的な生活を送ることができます。

命に関わる重圧から解放される

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師は人の命を預かる職業であるため、常に過度の緊張に晒されています。

日々のプレッシャーに気持ちが負けて、精神的に病む方も少なくありません。

一般職に転職できれば、”命に関わる重圧”から解放されるため、気持ちが楽になる可能性が高いです。

医療現場特有のピリついた雰囲気に疲れている方ほど、他業種に転職するメリットは大きいと言えるでしょう。

給料アップが狙える

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師の給料は一見高く見られがちですが、実際には基本給が低く、夜勤をしないと収入が安定しません。

その上、経験年数を重ねても給料の上がり幅が少なく、たとえ管理職についても大きく稼ぐことは難しいと言えるでしょう。

一方、一般企業には、

  • 基本給が高い
  • 給料の上がり幅が大きい
  • 管理職手当が多い

などの特徴があります。

そのため、看護師から他職種に転職することで、給料アップが狙える可能性があると言えるでしょう。

視野が広くなる

田口 ひづる
田口 ひづる

医療分野から離れて他業種に転職すれば、看護師のままでは得られなかった経験を積むことができます。

ビジネスマナーやパソコン操作など、どの職場でも役立つスキルを身に付けられるでしょう。

色々な職場で経験を積めば積むほど、視野が広がりキャリアにも幅が生まれます。

そのため「看護師以外の仕事も経験してみたい」と考えるなら、転職を検討してみると良いでしょう。

家族や友人と予定を合わせやすくなる

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師が働く職場は、シフト制であることがほとんどです。

一方、一般企業は土日祝休みの職場が多い傾向にあります。

そのため一般企業に転職すれば、カレンダー通りの規則的な勤務で働ける可能性が高く、友人や家族と予定を合わせやすくなります。

大型連休なども取りやすいため、ワークライフバランスを重視したい人は、転職を考慮してみると良いでしょう。

\派遣や短期の求人も多数!/

>>>レバウェル看護の公式サイトはコチラ<<<

看護師から他職種に転職するデメリット5選

続いて、看護師から他職種に転職するデメリットを5つ紹介します。

具体的には以下の通りです。

それぞれについて解説します。

やりがいを見出せないことがある

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師は人を助ける職業であるため、やりがいを強く感じられる機会が多いです。

★やりがいを感じる瞬間

  • 患者さんから感謝される
  • 患者さんが元気になる姿を間近で見られる
  • 人を救った達成感を得られる

そのため、他業種に転職してしまうと、今までよりもやりがいを上手く見出せない可能性が高いです。

仕事がつまらなく感じて、情熱を失うこともあるでしょう。

日々やりがいを持って働きたい人は、安易に転職を決めないことをおすすめします。

給料が下がる可能性がある

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師の年収は会社員の平均年収よりも「約47万円」高いです。

★平均年収

  • 会社員:約461万円
  • 看護師:約508万円

そのため、安易に転職してしまうと給料が下がる可能性があるため注意が必要です。

給料を下げずに転職するためにも、転職サイトを上手く活用して待遇の良い職場を探すことを心がけましょう。

看護師と比べて安定しない

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師は常に人手不足であるため、どこでも採用されやすい傾向にあります。

一度看護師を辞めても「いつでも復職できる」という強みがあるため、安定した職業だと言えるでしょう。

その一方で、一般職は業績や景気に待遇が影響されやすいため、突然給料が下がり、失業するケースも存在します。

そのため、一般職への転職を検討しているなら「看護師と比べて安定していない」ことを念頭に入れておくのが大切です。

キャリアがリセットされる

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師から他業種に転職すると、キャリアがリセットされてしまうため注意が必要です。

業界知識を1から学び直し、人間関係を再度作り直す必要があるため、大きなストレスを抱えることも少なくありません。

また、

  • 年下の上司に教わる必要がある
  • 知識や経験を無駄にする可能性がある

などのデメリットも存在します。

未経験の職種に転職すると収入が下がるケースもあるため、転職してから後悔する場合もあるでしょう。

ビジネスマナーを学び直す必要がある

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師の仕事は一般職と比べて、ビジネスマナーやパソコンスキルなどが身につきにくい環境だと言えます。

そのため他業種に転職した際には、新しい業種の勉強に加えて、ビジネススキルの獲得にも励む必要があります。

ビジネススキルが身につくまでの間、上司から厳しい指導を受けることもあるでしょう。

就職してから苦労しないためにも、転職する前からビジネススキルを学び始めておくのがおすすめです。

看護師を辞めて他職種に転職するべき人の特徴5選

ここでは、看護師を辞めて他職種に転職するべき人の特徴を5つ紹介します。

具体的には以下の通りです。

それぞれについて解説します。

他にやりたいことがある人

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師に未練がなく、他にやりたいことが明確にある人は、他職種に転職しても問題ありません。

なぜなら、転職してから迷いが生じるリスクが低く、自分の目標に向かってまっすぐ突き進むことができるからです。

看護師の経験で培ったスキルを生かせば、他職種でも活躍できる可能性は十分にあるでしょう。

理想の生活を送るためにも、転職を前向きに検討することをおすすめします。

看護師の仕事にやりがいを感じない人

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師にやりがいを感じないなら、転職することをおすすめします。

なぜなら看護師の仕事は「強いやりがい」がないと、働き続けるのがつらくなる場面が多いからです。

★つらい場面の例

  • 患者さんから強く当たられた
  • 医師から高圧的な態度をとられた
  • 先輩から厳しく叱られた

モチベーションが保てないまま働き続けると、心身ともに疲弊してしまう可能性は高いです。

そのため、興味のある分野で楽しく働くためにも、転職を検討することをおすすめします。

看護師のストレスで心身ともに疲弊している人

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師の仕事は責任が重いです。

命に関わる緊張感やミスが許されないプレッシャーに負けて、心身ともに異常をきたす人も少なくありません。

特に不眠やうつ傾向にある人は、自分を守るためにも早急に転職するべきだと言えるでしょう。

医療分野から離れて自分に合う仕事につくことができれば、心を穏やかにして働くことができます。

経済的に安定している人

田口 ひづる
田口 ひづる

経済的に安定している人は、他職種に転職しても後悔しにくいです。

なぜなら、他職種への転職を機に収入が落ちても生活に困りにくいからです。

逆に、金銭的な余裕がないまま転職活動を始めてしまうと、焦ってしまって転職先を適当に決めてしまう可能性があるため注意してください。

そのため、貯蓄をするなど経済的に安定させてから転職活動を始めることをおすすめします。

再出発に抵抗がない人

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師から他業種に転職すると、いままでのキャリアがリセットされてしまいます。

新しい分野の勉強に励む必要があるだけでなく、年下上司から指導を受けて悔しい思いをすることもあるでしょう。

そのため、他職種への転職を検討するなら「再出発に抵抗がない」ことが大切だと言えます。

新しい環境で1からやり直すことに抵抗がなければ、他業種に転職してからも問題なく活躍できるでしょう。

看護師を辞めて他職種に転職するべきではない人の特徴3選

続いて、看護師を辞めて他職種に転職するべきではない人の特徴を3つ紹介します。

具体的には以下の通りです。

それぞれについて解説します。

看護師に少しでもやりがいを感じる人

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師に少しでもやりがいを感じる人は、転職してから後悔する可能性が高いです。

なぜなら、看護師以上にやりがいを感じられる仕事は他にあまりないからです。

★看護師のやりがいの一例

  • 給料が高い
  • 人の役に立てる
  • 親族や友人から尊敬される
  • 人の笑顔を引き出せる
  • 人を助けられる

他の仕事に就いてみたは良いものの、やりがいを感じられずに仕事への熱意が無くなることがあるため注意してください。

そのため、もしあなたが看護師に少しでもやりがいを感じるなら、転職するかどうかを慎重に判断することをおすすめします。

看護師を勢いで辞めたいだけの人

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師を辞めたい…!!!

と、勢いだけで転職を考えている人は注意が必要です。

なぜなら看護師を辞めた後、自分に合う仕事が見つけられずに後悔することも多いからです。

やりたいことがないまま他の職業についても、楽しく働ける可能性は低いでしょう。

看護師を辞めるなら”勢い”ではなく、目標を持って計画的に辞めることをおすすめします。

職場環境が悪いから辞めたいと考えている人

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師として働いていると「職場環境が悪い」と感じることも多いですが、実際にはそうではありません。

看護師は一般的な会社員と比べて、平均年収が「約47万円」高く福利厚生が手厚いです。

特に女性にとっては、

  • 育児休暇が取りやすい
  • 託児所完備の施設が多い

などのメリットもあります。

そのため、職場環境が悪いから辞めたいと考える人は、転職を慎重に検討するべきだと言えるでしょう。

看護師から別の仕事への転職を成功させるポイント8選

ここからは、看護師から別の仕事への転職を成功させるポイントを8つ紹介します。

具体的には以下の通りです。

それぞれについて解説します。

希望条件を明確にする

田口 ひづる
田口 ひづる

転職活動を成功させるためには、希望条件を洗い出すことが重要です。

なぜなら、希望条件をもとにして求職活動に励めば、満足できる職場が見つかる可能性が高いからです。

ただし、希望条件が”全て”叶う職場を見つけるのは難しいため注意してください。

希望条件に優先順位をつけつつ、時には妥協しながら転職活動を進めることが大切です。

やりたいことを明確にする

田口 ひづる
田口 ひづる

やりたいことを明確にしておけば、転職先で目標を見失うことを未然に防げます。

転職してから「やりたい仕事じゃなかった…」後悔する可能性も低くなるでしょう。

また、面接時に志望動機を明確に答えられるため、採用者に熱意をアピールできます。

前向きな気持ちがしっかりと伝わるため、採用される可能性が高まると言えるでしょう。

退職準備を早めに始める

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師は常に人手不足であるため「辞めたい。」と伝えても、すぐに辞めさせてもらえないことがよくあります。

そのため、予定していたタイミングで退職できずに困らないためにも、退職準備は早めに始めておくと良いでしょう。

退職可能な時期は、勤め先の就業規則によって異なります。

したがって、勤め先の「就業規則」を早めに確認しておくと良いでしょう。

ビジネスマナーを身に付ける

田口 ひづる
田口 ひづる

一般企業で働く際には、質の高いビジネスマナーが要求されることが多いです。

そのため、電話対応やテキストコミュニケーションなど基礎的なスキルを身に付けると良いでしょう。

従業員や来客への礼儀や言葉遣い、立ち振る舞いなど社員として恥ずかしくない行動を取れるよう準備しておくことが大切です。

転職してから困らないためにも、転職前から学び始めておくのがおすすめです。

基本的なパソコン操作を身に付ける

田口 ひづる
田口 ひづる

デスクワークがメインの会社に就職した際には、基本的なパソコン操作を要求されることが多いです。

そのため、就職してから困らないためにも、あらかじめパソコン操作を勉強し始めておくと良いでしょう。

特にWord・Excel・PowerPointなどは、必要となる機会が多いです。

書籍やインターネットを活用しながら、今からスキルを身につけておきましょう。

転職が有利になる資格を取得する

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師から他業種への転職難易度は高いです。

そのため、転職が有利になる資格を取得しておくと良いでしょう。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 金融業界・保険業界 → ファイナンシャルプランナー(FP)
  • 不動産業界 → 宅地建物取引士
  • 産業保健師 → 保健師資格・衛生管理者

資格の取得は簡単ではありませんが、転職を成功させるためにも挑戦することをおすすめします。

看護師のまま転職することも視野に入れる

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師に嫌気がさしている人でも、職場環境を変えれば悩みが解決されることもあります。

そのため、他業種に転職することにこだわり過ぎずに、看護師のまま転職することも視野に入れることをおすすめします。

例えば、

  • 夜勤がつらいなら、クリニックに転職
  • 楽しく働きたいなら、イベントナースに転職

のように、不満に合わせて転職すれば悩みが解決されやすいです。

これまで培ってきたキャリアを無駄にしないためにも、看護師への転職を選択肢として持っておくと良いでしょう。

転職サイトを利用する

田口 ひづる
田口 ひづる

他業種への転職を成功させるためには、転職サイトを利用することが大切です。

なぜなら、一般企業には、

  • 求人が少ない
  • 採用基準が厳しい

という特徴があるからです。

転職サイトを利用すれば、理想の求人をうまく見つけてもらえます。

また、履歴書や面接で使える志望動機・自己PRも一緒に考えてもらうことも可能です。

転職のプロに手厚くサポートしてもらえるため、自分一人で転職活動を行うよりも採用率があがることは間違いありません。

看護師からまったく違う業種に転職する際におすすめの転職サイト3選

他職種として働いてから、また看護師に戻りたくなった時の対処法

ここでは、他職種として働いてから、また看護師に戻りたくなった時の対処法を紹介します。

具体的には、以下の通りです。

それぞれについて解説します。

最新の医療を勉強をする

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師に復帰する際には、最新の医療を勉強することが大切です。

なぜならブランク期間が長ければ長いほど、持っている知識が”古いもの”になっている可能性が高いからです。

看護師として活躍するためには、最新の医療に基づいた根拠ある行動をとることが必須です。

そのため復帰前には、独学または通信講座などを活用しながら、コツコツと勉強を進めておくことが大切だと言えるでしょう。

復職支援制度を活用する

田口 ひづる
田口 ひづる

各都道府県のナースセンター(看護協会)は、しばらく現場を離れていた看護師を対象にして、再就職研修プログラムを開催しています。

研修内容は充実しており、具体的には以下のようなものが挙げられます。

★再就職研修プログラムの内容例

  • 看護の概要
  • 看護展開
  • 看護記録
  • 医療機器の取り扱い、検査データの見方
  • 感染防止対策
  • 医療安全対策
  • 看護技術(採血、注射、輸液、褥創ケア等)

独学で勉強するよりも、効率よく知識を身に付けることができます。

受講料金も無料であるため、気軽に参加してみると良いでしょう。

家族の理解を得る

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師として復帰する際には、家族の理解を得ることも大切です。

なぜなら「夜勤」や「シフト勤務」が始まると、家族全体の生活リズムが変わる可能性があるからです。

例えば、共働きの人だと「夜勤の日は子供を両親に預ける」などの対応が必要になることもあるでしょう。

そのため看護師として復帰するかどうかを、あらかじめ家族と相談しておくことが大切です。

仮に夜勤やシフト勤務が難しい場合は、産業看護師などカレンダー通りに出勤できる職場を探すと良いでしょう。

ブランクがあっても復帰しやすい職場を狙う

田口 ひづる
田口 ひづる

ブランク明けは現場復帰への不安が大きく、看護の知識・技術も不足していることが多いです。

そのため、忙し過ぎない・高度すぎない・のんびり働ける職場を狙って復帰するのがおすすめです。

具体的には、

  • クリニック
  • デイサービス
  • 介護施設

などが挙げられます。

高度医療に携わりたい場合は、現場感覚が戻ってきたタイミングで転職すると良いでしょう。

看護師転職サイトを利用する

田口 ひづる
田口 ひづる

看護師として復帰するなら、看護師転職サイトを利用するのがおすすめです。

なぜなら看護師転職サイトを活用すれば、転職のプロに無料でキャリア相談することができるからです。

理想のキャリアプランに沿ったおすすめの職場を紹介してくれるため、計画性を持って職場復帰することが可能です。

また、”ブランク明けで現場復帰した人の悩み”を実例付きで教えてもらえるため、事前に対策を練ることができます。

看護師資格を生かして転職する際におすすめの転職サイト3選

ここでは、看護師資格を生かして転職する際におすすめの転職サイトを3つ紹介します。

具体的には、以下の5つです。

対応が丁寧な看護師転職サイト5選

それぞれの魅力を解説します。

レバウェル看護(旧看護のお仕事)

出典:レバウェル看護
  • 求人案件数は13万件以上で業界最大級
  • サービス満足度No.1
  • コンサルタントの対応満足度No.1
  • 「1番あう職場」が見つかる
  • 累計利用者数40万人突破の実績あり

レバウェル看護の最大の強みは、全国をカバーするほどの求人数の多さです。

求人案件が13万件以上もあるため、理想の条件を妥協することなく自分に合う職場が見つかるでしょう。

また、キャリアアドバイザーの転職サポートも充実していて丁寧な対応に定評があります。

「サービス満足度No.1」「コンサルタントの対応満足度No.1」の実績があるため、始めて転職する方でも安心して利用可能です。

求人の提案や履歴書の添削、面接の練習などの手厚いサポートをすべて無料で受けられます。

キャリアアドバイザーへの連絡はLINEでできるので、気軽に相談可能です。

\派遣や短期の求人も多数!/

>>>レバウェル看護の公式サイトはコチラ<<<

看護roo!

出典:看護roo!
  • 求人探し~内定までをプロが徹底的にサポート
  • 求人案件数は4万件以上
  • 利用者数NO.1
  • 満足度96.3%
  • 職場のミスマッチが少ない

看護roo!の最大の強みは、手厚いサポート力です。

転職の全てをサポートしてくれるので、本当に楽して転職することが可能です。

「利用者数がNo.1」で多くの看護師に利用されており、利用者満足度も96.3%を誇ります。

キャリアアドバイザーの対応が丁寧だからこそ、これだけ多くの看護師が満足しているのでしょう。

看護roo!では、キャリアアドバイザー自身が病院の調査を行っており職場の内部事情にも詳しいです。

そのため、勤務条件だけでなく自分の性格・看護観・ライフプランにマッチした職場が見つかります。

>>>看護roo!の公式サイトはコチラ<<<

マイナビ看護師

出典:マイナビ看護師
  • 病棟以外の求人が豊富
  • 好条件の求人が多い
  • 求人案件数は5万件以上
  • 5年連続認知度NO.1
  • 対応地域は「全国」

マイナビ看護師の最大の強みは、病棟以外の求人が豊富にあることです。

特に一般企業の求人に関しては、かなりの数が揃っています。

そのため、産業看護師や産業保健師として勤務したい人は登録必須の転職サイトだと言えます。

大手企業である「マイナビ」が運営しており、好条件の求人が集められている所も強みです。

キャリアアドバイザーの対応も丁寧で、「強引に転職を勧めてこない」ことで定評があります。

\求人数は54,000件以上、病院以外の求人も豊富!/

>>>マイナビ看護師の公式サイトはコチラ<<<

看護師からまったく違う業種に転職する際におすすめの転職サイト3選

ここでは、看護師からまったく違う業種の仕事に転職する際におすすめの転職サイトを3つ紹介します。

具体的には以下の通りです。

看護師から一般職に転職する時におすすめの転職サイト3選

それぞれについて解説します。

doda

出典:doda

dodaは、豊富な求人数と丁寧なサポートが特徴で、転職者満足度No.1の実績があります。

完全無料で利用でき、エージェントやスカウトなどの機能を利用すれば在職中でもスムーズに転職活動が進められます。

対応エリアは全国で、どの地域に住んでいても自分の希望条件に合う職場が見つかります。

詳しくは下記の記事で解説しています。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

doda(デューダ)の評判は悪い・ひどい?口コミを元にどんな人におすすめかを解説

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大級の求人数を誇る人気の転職エージェントです。

好条件の非公開求人が多いため、良い条件で転職したい方におすすめです。

丁寧なヒアリングに加えて、提出書類の添削や面接対策など手厚いサポートを受けられます。

看護業界以外に詳しくない方でも、安心して転職活動を進められるでしょう。

詳しくは下記の記事で解説しています。

リクルートエージェントの評判はひどい?リアルな口コミや年代別おすすめ度を解説

ビズリーチ

出典:ビズリーチ

ビズリーチは、即戦力を求める企業が多く集まる転職エージェントです。

経験値の高い人材が求められている分、好条件の求人が多くしっかり稼ぎたい方におすすめです。

スカウト型の転職エージェントなので、毎日が忙しく求人にくまなく目を通せない方でも安心して利用できます。

詳しくは下記の記事で解説しています。

ビズリーチ評判まとめ ビズリーチの口コミ評判は悪い?バレない方法や年代別おすすめな人をご紹介

他職種への転職が不安なら、求人探しだけでも始めよう

今回は、他業種に転職したい看護師におすすめの仕事22選に加えて、看護師から他業種への転職を成功させるためのポイントについて解説してきました。

要点は以下の通りです。

「他職種に転職する勇気が湧かない。」と考える看護師は少なくありません。

しかし、明確な目的を持って転職すれば、新しい職場で充実した日々を過ごせるでしょう。

とはいえ、転職への一歩を踏み出すとなると、大きな不安が付きまとうのもまた事実です。

そのため、焦って転職を決めるのではなく、まずは”あなたに合う求人”を根気よく探すことから始めましょう。

看護師の強みを生かせる仕事を探すなら、レバウェル看護を利用するのがおすすめです。

あなたのスキルや経験に合わせて、理想の職場を提案してくれますよ。

\派遣や短期の求人も多数!/

>>>レバウェル看護の公式サイトはコチラ<<<