リクルートエージェントの面談ってどんな感じ?流れや準備など徹底解説

職男
職男

リクルートエージェントの面談は受けなくちゃいけないの?

転子
転子

面談の雰囲気ってどんな感じ?

職男
職男

面談で良い印象をもたれるための準備をしたい…

リクルートエージェントは、キャリアアドバイザーとの面談が必要ですが、「実は面談は苦手」という人もいるのではないでしょうか。

そこで本記事ではリクルートエージェンの面談の流れや準備すべきこと、好印象を持ってもらう方法をわかりやすく解説します。

面談のノウハウを知ることで、キャリアアドバイザーとの関係を良好に保ち、転職活動に活かせます。 

リクルートエージェントの面談をざっくり言うと

圧倒的な求人数を誇るリクルートエージェントはおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

目次 開く

  1. リクルートエージェントの面談はキャリア相談
  2. リクルートエージェントの面談の雰囲気はどんな感じ?【評判・口コミ】
  3. リクルートエージェントの面談場所を一覧で紹介
  4. リクルートエージェントは電話・オンラインでも面談できる
  5. リクルートエージェントの電話・オンライン面談に必要な準備
  6. 【9ステップ】リクルートエージェントの面談の流れ
  7. 面談に必要な4つの持ち物と事前準備
  8. リクルートエージェントの面談の服装のポイント2つ
  9. リクルートエージェントで面談を成功させる6つのコツ
  10. リクルートエージェントの面談で絶対にやってはいけない6つのこと
  11. リクルートエージェントで面談を受ける6つのメリット
  12. リクルートエージェントで面談を受ける4つのデメリット
  13. リクルートエージェント以外でおすすめな転職エージェント3選
  14. 面談が苦手な人は転職サイトやスカウトサイトもおすすめ
  15. リクルートエージェントの面談に関するよくある質問
  16. 事前準備をしてリクルートエージェントで内定を取りに行きましょう
目次へ

リクルートエージェントの面談はキャリア相談

リクルートエージェントの面談は、「自分を知ってもらう」「転職の不安や疑問を解消する」など、転職をスタートさせるためのキャリア相談の場です。

リクルートエージェントを最大限活用するために、だれでも初回面談を受ける必要があります。

面談の主な目的は、あなたの希望やスキル、経歴や強みなどを明確にすることです。

また、あなたの現状や転職理由を伝えることで、「転職の方向性が決まる」とても大切なコミュニケーションの場となります。

「求める人物像にマッチするか」などと試される企業面接とは違い、リクルートエージェントの面談に合否は関係ありません。

面談は無料のため、躊躇せず、まずはリクルートエージェントをフル活用するためにも面談の予約からスタートしましょう。

リクルートエージェントの面談の雰囲気はどんな感じ?【評判・口コミ】

リクルートエージェントの面談はどんな雰囲気で進められるのか気になるものです。

対面面談の場合、基本的には面談用の専用ブースにて実施されます。

遠方の方や時間の都合がつかない方はWebや電話面談が可能です。

実際に面談に臨んだ方のリアルな口コミ・評判は以下のとおりです。

職男
職男

面談前に担当者から電話があり、面談のポイントなどを教えてもらいました。面談終了後もすぐにフィードバックをくれたので、とても嬉しかったです

転子
転子

担当の方と何度も面談しましたが、毎回個室で十分な時間を取って丁寧に話を聞いてくださいました。

職男
職男

面談では、年齢が高いため、20件程度は常時応募しておくべきとアドバイスを頂き、紹介を頻繁に頂きました。

「丁寧な対応だった」「面談のポイントを教えてもらえた」など、キャリアアドバイザーに良い印象を持つ方が多いです。

キャリアアドバイザーの経験値や性格、態度などにより、多少のバラツキはあっても、おおむね安心して面談を受けられるようです。

リクルートエージェントの面談場所を一覧で紹介

リクルートエージェントの対面面談は、プライバシーが守られる個室で実施されます。

面談拠点は全国に16ヵ所あるため、気になる方は下記拠点一覧から確認してみてください。

拠点名住所
東京本社東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
北海道支社北海道札幌市中央区北四条西5-1 アスティ45ビル 10階
東北支社北海道札幌市中央区北四条西5-1 アスティ45ビル 10階
宇都宮市社栃木県宇都宮市宮みらい2番15号宮みらいスクエア2F
さいたま支社埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル 25階
千葉支社千葉県千葉市中央区新町1000番地 センシティタワー 7階
西東京市社東京都立川市曙町2-34-7 ファーレイーストビル7F
横浜支社神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル 16階
金沢支社石川県金沢市本町1-5-2 リファーレ10F
新潟支社新潟県新潟市中央区東大通1-3-10 大樹生命新潟ビル3F
長野支社長野県長野市南千歳1-12-7 新正和ビル5F
静岡支社静岡県静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡 5階
名古屋支社愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4JRセントラルタワーズ42階、43階
(受付は42階)
京都支社京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町88 K・I四条ビル 4階
大阪支社大阪府大阪市北区角田町8-1 大阪梅田ツインタワーズ・ノース 31F
神戸支社兵庫県神戸市中央区磯上通8-3-10 井門三宮ビル 4階 
※神戸国際会館の南隣(海側)のビル
岡山支社岡山県岡山市北区駅元町1-6 岡山フコク生命駅前ビル 4階
広島支社広島県広島市中区八丁堀14-4 JEI広島八丁堀ビル 10階
高松支社香川県高松市磨屋町3‐1 合田不動産磨屋町ビル6F
福岡支社福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-3 リクルート天神ビル 7階
リクルートエージェントの拠点一覧

対面による面談は、キャリアアドバイザーと直接顔を合わせて話ができるため、コミュニケーションが取りやすく、熱意が伝わりやすいでしょう。

対面面談のメリットは以下のとおりです。

対面面談のメリット
  • 直接話しができて転職への意気込みを伝えやすい
  • 求人を直接見ながら条件を擦り合わせできる
  • 履歴書・職務経歴書のアドバイスを受けられる

とはいえ、デメリットもあります。

対面面談のデメリット
  • 本社や支社などに出向く必要がある
  • 緊張しやすい
  • 面談時間の都合がつきにくい

お住まいのエリアに拠点がない場合には、長時間かけて移動しなくてはならない点は、対面面談のデメリットと言えるでしょう。

リクルートエージェントは電話・オンラインでも面談できる

電話面談・オンライン面談は場所を選ばずに実施できます。

また平日の夜・土日に面談を希望する方は、電話・オンライン面談がおすすめです。

ただしオンラインと電話面談それぞれにはメリットとデメリットがあるため、利用するには注意が必要です。

オンライン面談のメリット
  • ネット環境があればOK 画面共有で説明を理解しやすい 
  • チャット機能が使えると求人紹介がスムーズ
オンライン面談のデメリット
  • ZoomやSkypeなどの使い方に手間取る場合がある 
  • WiFiなどネット環境が必要になる

一方、電話面談は、どこでも対応が可能で、会話だけであればとても簡単です。

ただし、サービスの説明は口頭では理解しにくく、デメリットとなります。 

また、画面を共有することができないため、求人紹介などのサービスは受けにくいでしょう。

オンライン・電話のどちらを利用するかは、個人の環境によりますが、求人紹介を希望する場合は、情報交換がスムーズなオンライン面談がおすすめです。

リクルートエージェントの電話・オンライン面談に必要な準備

電話やオンラインでスムーズに面談を行うため、電話とオンラインそれぞれに必要な準備について解説します。

電話面談ではスマホの充電や電波状況を確認しておく

電話面談の場合、スマホが充電されているか、電波状態は良好であるかを確認しましょう。

通話中に充電が切れたり、電波状況が悪くなったりしては、面談が中断されてしまいます。

電話面談をスムーズにするために以下を準備してください。

電話面談で心がけるべきこと
  • 静かな場所で待機する
  • 電波の良い環境を整える
  • スマホやパソコンの通知音を停止する
  • メモを取る準備をする
  • スケジュールを確認できるようにする
  • 話すスピードや聞きやすい声量を意識する
  • 聞き取れない場合は遠慮せずに聞き返す
  • 都度反応を返す

集中できる環境を整えて面談に臨みましょう。

なお、服装は普段着でも問題ありません。

オンライン面談ではzoomをダウンロードしておく

オンライン面談では、事前にZoomなどのビデオ通話アプリを、スマホやパソコンにダウンロードしておきます。

必ず通信環境をチェックし、必要であればWi-Fi環境を整えましょう。

カメラやマイク、ヘッドセットの設定を確認し、スムーズに面談が進行できるよう準備します。

面接開始時刻の5~10分前にはビデオ通話システムにアクセスしてください。

時間に余裕を持って、カメラの画角やマイクのチェック、座る位置や身だしなみを整えておきましょう。

ちなみにオンラインは、PC、スマホ、タブレットいずれでも利用できます。

【9ステップ】リクルートエージェントの面談の流れ

転職エージェントにより多少異なる場合がありますが、面談の流れは基本的には同じです。

ここからは、リクルートエージェントの転職の流れを9つのステップで解説します。

リクルートエージェントの面談の流れ
  1. 公式サイトから申し込み・日程調整
  2. 担当者と顔合わせ・自己紹介
  3. 転職活動の状況確認
  4. 職歴や経験のヒアリング
  5. アピールポイントや強みの深堀り
  6. 転職理由やキャリアプランの確認
  7. 希望条件のすり合わせ
  8. 求人紹介
  9. 連絡可能時間帯や進め方の確認
公式サイトから申し込み・日程調整

まずは、リクルートエージェントの公式サイトの「転職支援サービスお申し込み (無料)」から登録をします。

公式サイトから申し込み・日程調整

出典:リクルートエージェント

転職希望時期や希望勤務地、職種や年収などを入力し、申し込みを完了させましょう。

登録を完了すると、電話・メールにて連絡があり、初回の面談の日程調整を行います。

面談希望日は、複数候補を提示すると、調整がスムーズです。

担当者と顔合わせ・自己紹介

面談当日は担当者と初顔合わせとなり、お互いの自己紹介からスタートします。

キャリアアドバイザーの経歴などの紹介後に、名前を名乗り挨拶をしましょう。

自己紹介は緊張をほぐす意味合いもあり、気負わずに接するのがおすすめです。

ただし第一印象や性格、コミュニケーション能力を見ている場合もあるため、相手に合わせたコミュニケーションは必要です。

キャリアアドバイザーが世間話をしてくる場合は、臨機応変に対応すると良いでしょう。

転職活動の状況確認

自己紹介を終えた後には、求職者の転職活動の確認があります。

転職活動をスタートしたばかりなのか、別の転職エージェントを併用しているかなどを聞かれた際は、正直に答えましょう。

包み隠さず現状を申し出たほうが正直な人という印象を残せます。

また、「できれば御社で決めたいと考えている」と一言添えることが大事です。

最終的にリクルートエージェントで転職したい意思を伝えることで、キャリアアドバイザーのモチベーションが上がり、あなたの味方について十分なサポートをしてくれるでしょう。

職歴や経験のヒアリング

引き続き、職務経歴や経験についてのヒアリングがあります。

職歴や経験、スキル、実績等は求職者のレベルを知るための重要な情報です。

ヒアリング前にまとめておくべきことは?
  • 直近の業務経歴
  • 経歴の詳細
  • 仕事を通じて得た実績
  • 自身で工夫したこと
  • やりがいが感じた業務


キャリアアドバイザーの質問に想定される項目は、面談前に整理して、正確に伝えることが大事です。

特に経験・実績などはなど、数字を用いて伝えることをおすすめします。

アピールポイントや強みの深堀り

職務経歴やスキルの確認が終了したら、求職者のアピールポイントや強みを深堀りしていきます。

転職活動を進めるうえで、自己PRはとても重要です。

アピールポイントや強みを知っておくメリット
  • 履歴書や職務経歴書で自己アピールできる
  • 面接時に強みがあると面接官を説得できる


転職が初めてで、自身のアピールポイントや強みがわからない方は、素直に話して自己分析のサポートを依頼しましょう。

転職理由やキャリアプランの確認

続いて、求職者の転職理由や将来のキャリアプランの確認をします。

なぜ転職したいのか」「会社を辞める具体的な事情は何か」など、現状の不安や不満要素の洗い出しをします。

また、キャリアプランを確認し、求職者の考えや転職で実現したいことを明確にしていきます。

転職理由やキャリアプランによって、これから進めていく転職の方針を見極めることが可能です。

希望条件のすり合わせ

必要な情報の確認が終了すると、いよいよ希望条件のすり合わせへと進みます。

希望条件の優先順位の確認
  • 希望の職種
  • ゆずれない条件
  • 希望の年収


希望する条件が経歴やスキルに適切であるかをチェックしてもらいましょう。

希望条件にこだわりすぎてしまうと、紹介してもらう求人の幅が狭くなるため注意が必要です。

どの程度の条件なら好条件の求人を紹介してもらえるかも合わせて相談してみてください。

求人紹介

リクルートエージェントの面談では、希望条件にマッチする求人があればその場で紹介してもらえます。

提案してもらった求人が気になった場合は応募も可能です。

また面談後にはさらに求人を紹介してもらえるため、焦らずに決める必要はありません。

連絡可能時間帯や進め方の確認

面談の最後には、今後の連絡方法や連絡が可能な時間帯、進め方などの確認を行います。

転職活動をスムーズにするためにも、すれ違いのないように確認をしておきましょう。

その他、サポートしてもらいたいことがあれば伝えておくことをおすすめします。

今後受けたいサポートは?
  • 職務経歴書の添削
  • 面接前の対策
  • 模擬面接
  • スキルアップの手段



事前に希望を伝えることで、実際の転職活動中に優先してサポートしてもらいやすくなります。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

面談に必要な4つの持ち物と事前準備

面談で良い結果を得るには、事前準備が必要です。

ここからは、面談に必要な持ち物と事前準備について4つご紹介します。

スキルや経験の棚卸をしておく

スキルや経験の棚卸とは、社会人になってからの経験を振り返り、職務内容や実績などを整理することです。

キャリアの棚卸しとも言われており、あなたの強みを見出すことができると共に、適した仕事・やりがいのある仕事が明確になります。

キャリアの棚卸しのメリットとは?
  • アピールできる得意なことや強みが明確になる
  • キャリアの幅が広がる
  • 転職のミスマッチを未然に防げる
  • 応募書類がスムーズに書ける


「アピールすることがない」と悩んでいる場合でも、これまでの仕事の取り組み方や仕事を通じて得たことを整理すると、自分の強みや弱み、得意や苦手なことに気づけるようになります。

履歴書や職務経歴書は事前に送付

履歴書や職務経歴書は、面談前に担当者に送付しておきましょう。

事前に伝えてあれば、面談の場で一から経歴を説明する必要がなく、面談は効率よく進みます。

ちなみにリクルートエージェントには「職務経歴書エディター」という簡単に職務経歴書が作れるツールがあります。

職務経歴書の作成が苦手な方はぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントにログイン後、ホーム画面上部の『レジュメ作成』タブから利用可能です。

職務経歴書エディターがおすすめな理由
  • ガイドに沿って入力するだけで簡単
  • 職務経験・自己PRは職種ごとのテンプレート入力で済む


なお、完成した書類はWordファイルでダウンロードできるため、他の転職エージェントにも提出できます。

希望条件なども前もって伝えておく

転職先に求める希望条件や、転職で実現したいことは、面談前に伝えておきましょう。

担当者は希望条件に合わせた求人を事前にピックアップし、面談当日に紹介してくれます。

希望に合った求人を紹介してもらうために以下の条件を伝えましょう。

事前に伝えておくべき希望条件
  • 年収
  • 業界
  • 職種
  • 勤務地
  • 会社の規模
  • 就業時間
  • 休日 など

面談時には、実際の求人票を見て相談ができるため、具体的な条件をさらに絞って求人を選択することがが可能です。

絶対にゆずれない条件は、早めにキャリアアドバイザーに伝えておくことをおすすめします。

伝えることや確認することをチェックしておく

面談では、自分の経歴や転職の意欲、求める条件などをエージェントに伝える以外にも、疑問や確認したいこともあるはずです。

事前に項目をチェックリストにまとめておくと、面談中に忘れることなく全て伝えることができます。

以下は面談で活用できるチェックリストです。

面談チェックリスト
  • 自己紹介
  • 転職活動状況
  • 職務経歴の確認
  • 希望の業界・職種等や方向性
  • 転職市場の共有
  • 今後の進め方
  • 連絡手段
  • 求人紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 疑問点
  • 不安な点等


面談の事前準備に活用してみてください。

リクルートエージェントの面談の服装のポイント2つ

リクルートエージェントとの面談を前に、服装に迷ってしまう方もいるでしょう。

面談は第一印象が非常に大切です。

ここからは面談時の服装とバッグを選ぶポイントについて解説していきます。

服装はスーツもしくはオフィスカジュアル

面談の服装には決まりはありませんが、スーツもしくはオフィスカジュアルをおすすめします。

基本的には誰に見られても問題ない服装が好ましいです。

通常キャリアアドバイザーはスーツを着用しています。

カジュアル過ぎる服装では、キャリアアドバイザーとのバランスが合わず、悪い印象を与えるかもしれません。

企業に紹介しても問題ない人材であるかを見極める面談の場であるため、服装は自由と言われても信用を得られるようなスーツかオフィスカジュアルを意識してください。

またオンライン面談の場合でも、何かの動作で下半身が見えることもあるため、上下とも身だしなみを整えておきましょう。

対面の場合はA4の書類が入るバッグを持参

リクルートエージェントの対面面談の場合は、A4の書類が入るバッグを持参することをおすすめします。

面談では、事前に提出した履歴書や職務経歴書の写し・求人票などを渡されるケースが多いため、A4サイズの書類がすっぽり納まるバッグがあると安心です。

ちなみに面談の持ち物は以下を参考にしてください。

面談の主な持ち物
  • 筆記用具
  • ノートなどメモができるもの
  • スケジュールを確認できるもの
  • A4サイズのクリアファイル
  • キャリアアドバイザーから依頼されたもの


渡された書類を折りたたむような事をせず、A4ファイルに納め、持ち帰ると良いでしょう。

リクルートエージェントで面談を成功させる6つのコツ

リクルートエージェントとの面談を成功させるためには、コミュニケーションの取り方など適切な行動が求められます。

ここでは、面談を成功させるための6つのコツをご紹介します。

すぐにでも転職したいと伝える

面談を成功させるためには、「すぐにでも転職したい」と転職意欲の高さを示すのがポイントです。

あなたの転職への熱意や真剣さを伝えることが重要となります。

転職エージェントは、求職者の転職が決まれば、企業から報酬が貰える仕組みのため、早く転職を成功させて売上を上げたいこともあり、熱心なサポートが受けられます。

キャリアアドバイザーに早く転職をしたい意思を伝え、強力なサポートで伴走してもらうことで転職成功へ近づきます。

担当者には本音で話す

担当のキャリアアドバイザーには、常に本音で話すことが大切です。

たとえば「残業時間などに不満がある」のに対し、「もっとプラスになる仕事がしたい」など、無理に転職理由を印象が良いように言い換えてしまうことはNGです。

本音と建前で答えると、キャリアアドバイザーは本来のあなたの転職で叶えたい目的を知ることができません。

面談は合否のある面接とは異なるため、包み隠さず話し、アドバイザーを味方につけて、有利に転職を進めましょう。

不安なことは積極的にサポートしてもらう

不安なことや疑問点があれば積極的に質問し、サポートを求めるのが面談成功のコツです。

不安や疑問は求職者一人ひとり異なるため、実際に声をあげなければ、あなたの悩みやつまずきやすい点を知ってもらえません。


リクルートエージェントが提供しているサポートを確認して、必要に応じてして利用しましょう。

主なサポート内容
  • 転職相談
  • 職務経歴書の添削
  • 模擬面札など面接対策
  • 企業情報の共有

転職活動は受け身ではなく求職者自身が積極的に動き、転職サポートを受けながら内定獲得に向かって進むべきです。

連絡はすぐ返すことを意識する

キャリアアドバイザーからの連絡はすぐに返すことを意識しましょう。

レスポンスが早いと転職に対する伝達事項の漏れが防げるだけでなく、転職への意欲が伝わります。

多くの求職者の中で「この人をサポートしたい」と思ってもらえれば、好条件の求人を紹介してもらえる可能性があります。

連絡は後回しにせず、「すぐ返す」を心がけ、転職成功に近づきましょう。

備考欄も上手に活用する

リクルートエージェントの登録時の「備考欄」は、上手に活用することをおすすめします。

備考欄は、マネージャークラスの目に触れるため、担当のキャリアアドバイザーを選択する際の判断材料となります。

キャリアアドバイザーと相性が合わないと転職活動はスムーズに進みません。

キャリアアドバイザーのミスマッチを防ぐためにも、「備考欄」に「IT業界に精通している人」「女性の転職に詳しい人」など、あなたの希望を記載しておきましょう。

面談時の求人も一度検討する

面談で紹介してくれた求人も選択肢として一度は検討してください。

事前に渡した履歴書や職務経歴書から、今まで考えもしなかった求人を紹介される場合があります。

自分の思い込みや先入観により、求人の希望を絞り込んでしまい、適性のある求人を見逃してしまうケースがあるのは事実です。

キャリアアドバイザーの視点から、自分では見逃していた求人を発見するケースも有るため、一見すると自分に合わないと思える求人でも、一度は検討してみることをおすすめします。

リクルートエージェントの面談で絶対にやってはいけない6つのこと

面談時の対応によっては、自身の評価を下げてしまい、転職のチャンスを逃してしまうことがあります。

面談でやっていはいけない注意点を6つご紹介します。

希望条件は現実的に出す

希望条件は現実的に出し、自身のスキルや経験に見合った求人を提案してもらいましょう。

理想の希望条件を100%満たす求人を探すことは、選択の幅が少なく、現実的には難しいものです。

転職の成功には条件の取捨選択が欠かせません。

具体的な希望条件を洗い出す際は、譲れない条件と妥協できる条件を整理していくと、希望条件を絞りやすくなります。

過度に自己評価を高くすることはやってはいけません。

上から目線で対応しない

上から目線で対応すると、態度が横柄な人と思われる可能性があります。

たとえキャリアアドバイザーが年下であっても、上から目線で対応するのはやめましょう。

態度が悪い印象があると、紹介先の企業でも同じ対応をすると思われがちです。

紹介した後で「なぜあんな人を紹介したの?」と企業側に言われる恐れから、紹介を敬遠される可能性が高いです。

キャリアアドバイザーを伴走者にして転職活動をするのであれば、上から目線での対応には注意しましょう。

経歴や実績の嘘は処分の対象になることも

経験や実績の嘘は、キャリアアドバイザーとの信頼関係を損なうだけでなく、処分の対象となる場合があるため注意が必要です。

特に、経歴・職歴・年収の詐称は、経歴詐称の処分対象となるため、絶対にやってはいけません。

嘘をついてたとえ転職に成功したとしても、結局スキルがなく、バレてしまい転職エージェントと企業の関係を悪化させる事態に発展するケースもあります。

大した経歴がない」「自分のスキルでは紹介されなそう」と不安であっても、良く見せようと安易な気持ちで嘘をついたり、誇張したりするのはやめましょう。

虚偽の申告はリクルートエージェントの 利用規約でも禁止されています。

やってはいけない行為についてはしっかり確認しておきましょう。

予定時間を意識せず話し続けない

面談は基本的には1時間程度と時間が限られているため、時間を意識せずにいつまでも話し続けないようにしてください。

事前に聞きたいことや話す内容を整理しておきましょう。

面談のブースはスケジュールで組まれており、次の求職者の予約が入っている可能性があります。

またキャリアアドバイザーのスケジュールを無視することになりかねません。

面談の予定は1時間〜1時間半と事前に確認し、話したいことは整理して、感情に任せて話し続けることがないようにしましょう。

他の転職エージェントを悪く言わない

リクルートエージェントの面談で、他のエージェントを悪く言ってはいけません。

転職エージェントは数社を併用しても問題ありません。

しかし、「担当者から連絡が来ない」「良い求人を紹介してくれない」など、他社の不満を口にするのは危険です。

どんな理由であれ、悪口を言う傾向のある人は、自身に強い劣等感がある人など、ネガティブな印象を与えがちです。

自分の視点で物事を決めつけてしまう人に、好条件の求人を紹介してもらえるケースは少ないでしょう。

同様に、前職や現職の会社の悪口も避けてください。

リクルートエージェントの面談無視は最もNG

リクルートエージェントで実施される面談を無視するのは、絶対にやってはいけない行為です。

面談を無視すること自体がペナルティとなる訳ではありませんが、先々の信頼関係を築くことは難しいでしょう。

「常識がない」と思われ、トラブルを避けるために求人紹介を避けられるかもしれません。

転職の意志が弱いと判断されて、積極的なサポートを受けられなくなる可能性があります。

リクルートエージェントで面談を無視しないための対処法として以下を試してみてください。

対面面談を受けたくない!主な対処法
  • 日時の変更を早めに申しでる
  • 対面をオンライン・電話面談に変更してもらう
  • 転職サイトに登録して、面談を回避する



面談をしなければ、魅力的な求人を見逃したり、サポート力を存分に活かせないなど、転職活動に支障が出る場合があります。

面談無視は絶対に避け、参加できない旨を必ず連絡しましょう。

リクルートエージェントで面談を受ける6つのメリット

リクルートエージェントの面談は、求職者にとってさまざまなメリットがあります。

ここからは6つのメリットをご紹介します。

自己分析を深められる

リクルートエージェントの面談では、自己分析を深められるメリットがあります。

あなたの経歴やスキルを伝えても、自己分析が足りないと感じれば、さらに深堀り自己分析の方法をアドバイスしてもらえます。

転職のプロであるキャリアアドバイザーから直接フォローしてもらえるため、面談は貴重な機会です。

転子
転子

面談の他にも自己分析セミナーもあるため、アピールポイントが弱いと感じる方は、リクルートエージェントのサービスを積極的に活用しましょう。

弱みをポジティブに言い換えてくれる

求職者の弱みをポジティブに変換してくれるのはメリットです。

たとえ転職理由が「残業が多すぎる」「上司と合わない」といったネガティブなものであっても、選考通過しやすいようにポジティブに置き換えサポートしてくれます。

また、転職回数が多い場合は、「またすぐに辞める人では?」と企業から疑われないために、求職者の強みをアピールしてくれるでしょう。

転子
転子

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、説得力のある転職理由に変換するなど、あなたの転職活動において頼りになる存在です。

キャリアプランを固められる

リクルートエージェントの面談は、求職者のキャリアプランを固めるのにも有効です。

キャリアプランが定まっていない求職者には、具体的なキャリアプランを立てる方法をアドバイスしてもらえます。

キャリアプランが固まると将来の目標が明確になります。

その目標を達成するために、今何をすべきなのかを考え、行動していくことが可能です。

転子
転子

面談後には自身でキャリアプランを立てやすくなるため、ぜひ面談で相談してみましょう。

スピーディに最適な求人を得られる

求職者の希望条件が確認出来次第、キャリアアドバイザーはあなたの希望条件に合う求人を探してくれます。

自分で求人情報を探す手間や時間がかからず、スピーディーに希望に合った求人がみつかります。

面談では実際に求人情報を見ながら、理想や希望に近い求人を探していくため、効率的です。

また、提案してもらう求人が希望と異なる場合は、「どの部分が希望にそわないのか」など、応募しない理由を共有することが大事です。

転子
転子

より希望に適した求人を紹介してもらうためのすり合わせをしていきましょう。

企業の情報を共有してもらえる

リクルートエージェントは、各企業の内部情報や業界動向など、一般公開されていない情報に精通しています。

あなたが興味をもった企業の内部情報を教えてもらえる場合があり、選考対策を十分にできるのがメリットです。

大手のリクルートエージェントだからこその強みでもあるため、気になる企業情報は共有してもらいましょう。

他の転職エージェントで断られた人も利用しやすい

リクルートエージェントは他の転職エージェントで断られた人も利用しやすいのはメリットです。

リクルートエージェントは広範囲の業種や職種の求人を揃えており、最大級の求人数を取り扱っています。

未経験職種に挑戦したい」「年齢が高い」など他社では断られることがあっても、リクルートエージェントでは求人紹介やサポートを受けられる可能性が高いです。

20代~50代などの幅広い年齢層のニーズに応えられるだけの求人を保有しているため、他社で断られてしまった方も、ぜひ前向きに面談を受けてみてください。

リクルートエージェントで面談を受ける4つのデメリット

リクルートエージェントとの面談は、多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。

適切な対策を立てて転職を進めるためにも、以下の4つのデメリットを理解しておきましょう。

担当者との相性が合わない場合も

リクルートエージェントでは、担当のキャリアアドバイザーと相性が合わないケースがあります。

基本的には担当を指名することができないため、「転職の知識が浅い」「サポート力が低い」といったアドバイザーが付いてしまう場合があります。

「相性が合わない」「質が悪い」と感じた場合は、担当を変更してもらいましょう。

キャリアアドバイザー変更は、お問い合わせ窓口から依頼が可能です。

転子
転子

画面下部の「問い合わせる」ボタンより、お問い合わせ窓口へ、変更の希望を添えて、連絡しましょう。

急かされていると感じるケースもある

リクルートエージェントは対応にスピード感があるため、急かされると感じるケースがあります。

リクルートエージェントの転職サポート期間は3ヶ月が目安です。

キャリアアドバイザーはスピード感を持ってサポートを進める傾向があります。

応募や内定の決断を迫られると、焦ってしまうこともあるでしょう。

無理に応募や内定を決める必要はありません。

転子
転子

不安や気がかりな点があれば、急いで判断せずに、キャリアアドバイザーに相談をし、解決してから決めてください。

ただし、人気のある求人は他の求職者が狙っている場合もあるため、後悔のない判断をすることをおすすめします。

土日は予約が取りにくい可能性がある

リクルートエージェントは登録者が大変多く、土日などは面談の予約が取りにくい場合があります。

現職で多忙な求職者が、会社を休める土日は予約が集中しがちです。

面談予約が取れない場合は、求職を急いでいる旨をメールで担当者に伝えてみてください。

なお、リクルートエージェントでは、土日以外にも、平日夜間の面談など、求職者の都合のつく時間を調整して面談を受け付けています。

転子
転子

全国16カ所のオフィスの他、電話・オンライン面談も可能なため、利用しやすい方法で面談の予約を取りましょう。

転職意欲が低い場合は後回しにされることも

リクルートエージェントでは、求職者の転職意欲が低い場合、後回しにされることもあるため注意が必要です。

キャリアアドバイザーは多くの求職者の担当を掛け持ちしています。

「レスポンスが遅い」「やる気が見られない」など、今転職する気がないのだと判断されてしまうと、サポートする必要がないと後回しにされてしまうでしょう。

「レスポンスを早くする」「応募書類は早く提出する」など、転職活動への意欲を見せ、優先的にサポートしてもらうように意識しましょう。

リクルートエージェント以外でおすすめな転職エージェント3選

リクルートエージェント一社に絞って転職活動を進めることは充分に可能です。

しかし他の転職エージェントが保有している非公開求人や独自のサービスを併用すれば、さらに転職活動の効率はアップします。

転職サイト名強み・特徴公開求人数
(非公開求人数)
公式サイト

doda
老舗エージェントとしての豊富なノウハウでサポート約240,000件doda

マイナビAGENT
9割以上が20代で利用者の満足度が高い約57,000件マイナビAGENT
type転職エージェント
type転職エージェント
書類添削から給与交渉まで手厚い転職サポートが受けられる約10,000件
(約17,300件)
type転職エージェント
2024年4月時点(→スライド可能)

doda|豊富な求人と実績

doda|豊富な求人と実績
詳しい口コミは「doda 評判」を確認
dodaのおすすめポイント
  • 転職のプロが内定まで徹底サポート
  • 公開求人数は24万件以上
  • 転職市場に精通したキャリアアドバイザーが在籍

dodaは、パーソルキャリア株式会社が運営する転職サイトです。

公開求人数は24万件以上保有しており、様々な業種・職種に対応します。

転職市場に精通した専任のキャリアアドバイザーがマッチングを行うため、ミスマッチが少ないと人気があります。

自分で求人を探すサイト型と、エージェントがマッチングを行うエージェント型の両方を利用できる点が特徴です。

転職のプロが求人紹介から内定決定までサポートしてくれるため、転職が初めての方も安心でしょう。

良い口コミ

担当者は親身になって相談に乗ってくれるだけでなく、論理的なアドバイスも提供してくれました。 求人紹介や面接練習なども手厚く、電話やWEBでの相談もしやすかったです。

引用:みん評

使い心地メモDODA

面談で深いニーズを聞いてくれる

• エージェントが選ぶ求人が自分の興味に合致 (一部抜粋)

• 無闇に電話かけて来ない&電話する時間は事前に決めてくれる(一部抜粋)

引用:X

悪い口コミ

転職で叶えたい要点を最初の面談からお伝えしているにも関わらず、要望とは異なるものばかり。(一部抜粋)

転職に向け登録し、Web上の面談を何度かするも、見当違いなアドバイスや求めていない求人が届いた。(一部抜粋)

引用:みん評

転職サイトと転職エージェンのサービスを同時に利用できるdodaもおすすめです。

\求人数26万件以上、転職者満足度No.1!/

>>>dodaの公式サイトはコチラ<<<

マイナビAGENT|利用者の満足度が高い

マイナビAGENT|利用者の満足度が高い
詳しい口コミは「マイナビエージェント 評判」を確認
マイナビAGENTのおすすめポイント
  • 各業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが在籍
  • 大手・優良企業の求人が豊富
  • 9割以上が20代で転職未経験者が利用しやすい

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

各業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが在籍しており、自己PRの書き方や面接対策など手厚い転職サポートが受けられます。

ベンチャーから大手企業まで優良企業の求人が豊富です。

利用者の9割以上が20代で転職未経験者が利用しやすい転職エージェントのため、初めての転職でも安心して取り組めます。

良い口コミ

今日もマイナビ面談私に喋らせてくれて頭の整理と自分の思ってることと向き合えたな(一部抜粋)

引用:X

マイナビの人との面談はめっちゃ好感触だった ES全部見てもらって添削して貰えたし悩み事も全部解消して貰えた (一部抜粋)

引用:X

悪い口コミ

「これから一緒に頑張っていきましょう!今後のサポートについては後日連絡します!」と言ったっきり一切連絡なく、こちらから気になる求人について質問しても返答無し。ただの時間の無駄でした。(一部抜粋)

引用:みん評

まず登録をし、担当者アドバイザーと面談をしたのですが、初対面から妙に馴れ馴れしくて不快でした。(一部抜粋)

9割以上が20代で転職未経験者が利用しやすいマイナビエージェントもおすすめです。

\アドバイザーが企業人事と直接交渉してくれる!/

>>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ<<<

type転職エージェント|女性の転職にも強み

type転職エージェント|女性の転職にも強み
詳しい口コミは「type転職エージェント 評判」を確認
type転職エージェントのおすすめポイント
  • IT・営業・ハイクラスの転職支援に強い
  • 転職支援25年以上の実績がある
  • 書類添削から給与交渉まで手厚い転職サポートが受けられる

type転職エージェントは株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職エージェントです。

サービス開始から25年以上の実績を誇り、特にIT・営業・ハイクラスの転職支援に強みがあります。

応募書類の添削や面接対策などの手厚いサポートで書類通過や面接突破を目指せます。

type転職エージェントの求人数は大手ほど多くはありませんが、企業に直接交渉しにくい給与交渉なども代行してくれるため、頼りになる転職エージェントと言えるでしょう。

良い口コミ

type転職エージェントさんとの面談終わったけど、今までで1番対応が丁寧だったな。(一部抜粋)

引用:X

今日はタイプ転職エージェントの方との初回面談。印象としてはとても親身になってサポートしてくださった先生でした。(一部抜粋)

引用:X

悪い口コミ

「応募の用意が出来ましたらこちらから連絡します」と言っているのに2日間で「担当者との面談はいかがでしょうか?」「その後応募はどうなりますか?」 「転職はスピードが命です」「担当者変更しますか?」と連投してきて捲し立てられている気がするが嫌で応募すら辞退した…(一部抜粋)

引用:X

ネットで高評価だったtype転職エージェントさんなんか、最初の電話面談以降連絡ねえぞ(一部抜粋)

引用:X

書類添削から給与交渉まで手厚い転職サポートが受けられるtype転職エージェントもおすすめです。

\対面での面談ができ安心!/

>>>type転職エージェントの公式サイトはコチラ<<<

面談が苦手な人は転職サイトやスカウトサイトもおすすめ

「面談が苦手でできれば避けたい」と思う方は、転職サイトやスカウトサイトを利用しましょう。

転職サイトは求人情報を自身で探せる自由度があります。

スカウトサイトに登録すれば思わぬオファーが受けられるかもしれません。

あなたの転職を成功させるためにも、様々な方法を試してみることをおすすめします。

転職サイト名強み・特徴公開求人数公式サイト

リクナビNEXT
無料の自己分析診断を受けられる約152,000件リクナビNEXT

ビズリーチ
自分の市場価値を知ることができる約112,400件ビズリーチ
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
登録後はスカウトを待つだけで多忙な方におすすめ約266,000件リクルートダイレクトスカウト
2024年4月時点(→右にスライド可能)

リクナビNEXT|転職者の8割が利用

リクナビNEXT|転職者の8割が利用
詳しい口コミは「リクナビNEXT 評判」を検索
リクナビNEXTのおすすめポイント
  • 幅広い業界の求人数が豊富
  • AIによるマッチング機能で求職者の希望に合った求人を紹介
  • 無料の自己分析診断を受けられる

リクナビNEXTは業界最大手のリクルートが運営する転職サイトで、転職者の8割が利用している実績があります。

業界・職種を問わず幅広い求人を取り扱っており、AIによるマッチング機能で求職者の希望に合った求人を紹介してもらえます。

転職活動に必要な情報を網羅できたり、無料の自己分析診断を受けられたり、転職が初めての方も使いやすい転職サービスです。

リクナビNEXTにはスカウト機能があり、自分の職務経歴や希望条件、語学力、今後のキャリアプランなどを匿名で登録しておくと、オファーのメールが届きます。

自身で求人情報を探すだけでなくスカウトが届くのもリクナビNEXTの魅力です。

基本情報リクナビNEXT
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約152,000件
対応エリア全国
対応職種営業・販売・カスタマーサービス
企画・マーケティング・経営
管理・事務 物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ
SE・ITエンジニア
エンジニア(設計・生産技術・品質管理)
建築・土木・設備
医療・医薬・化粧品
その他(講師・調理師・介護など)
実績
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
2024年4月時点
良い口コミ

大手リクルートが運営している求人サイトなだけあって、求人数がとにかく多かったです。(一部抜粋)

求人数および、情報量はかなり膨大です。比較的、希望する細かい内容まで検索条件を指定でき、検索できます。(一部抜粋)

引用:みん評

悪い口コミ

関係ない職種ばっかり表示されて探しにくいので、他のサイトを利用するようになりました。(一部抜粋)

引用:みん評

転職しようか迷ってるからリクナビNEXT登録したらやたら面談の予約しろって電話かかってきたりメール送ってくるしちょっとやめて(一部抜粋)

引用:X

登録するだけでオファーが届くリクナビNEXTもおすすめです。

ビズリーチ|自分の市場価値を知れる

ビズリーチ|自分の市場価値を知れる
詳しい口コミは「ビズリーチ 評判」を確認
ビズリーチのおすすめポイント
  • 高年収の求人案件が豊富にある
  • 市場価値を知ることができる
  • 優良企業からスカウトされる可能性がある

ビズリーチは「年収600万円以上」のハイクラス層をターゲットにした、ヘッドハンティンング型の転職エージェントです。

購入週の求人を取り扱っており、金融系・コンサルタント系・外資系企業などの求人に強みがあります。

「管理職」「役員」クラスの優良求人のスカウトを受けられる可能性が高く、転職を機に年収の大幅アップが目指せます。

有料のプレミアムプランに登録すると、「年収1,000万円以上」の求人紹介や、ヘッドハンターへのキャリア相談も受けられます。

ビズリーチはスカウトを受けることで自身の市場価値を知るのにも有益な転職サイトです。

良い口コミ

転職活動を進めていく上で参考になる求人や業界の情報が豊富ですので、実際に応募する企業の判断材料として欠かせない情報がすぐに見つかるところが大きな強みでした。(一部抜粋)

求人数はあまり多くないですが、求人はハイクラスに寄ってます。 自分の実力に自信がある方はおすすめです。(一部抜粋)

引用:みん評

悪い口コミ

高学歴・高収入の方には良いサイトなんだろうけど、日本人の平均年収程度の人間は相手にされないようです。 ビズリサーチに登録すると必要ない大量のメールが毎日来て仕事にならん。(一部抜粋)

引用:みん評

スカウトを受けることで自身の市場価値も知ることができるビズリーチもおすすめです。

\ハイクラス求人が多く、年収UPが狙える!/

>>>ビズリーチの公式サイトはコチラ<<<

リクルートダイレクトスカウト|ハイクラス求人と出会える

詳しい口コミは「リクルートダイレクトスカウト 評判」を確認
リクルートダイレクトスカウトのおすすめポイント
  • 年収800万円~2000万円の好条件の求人を多数保有
  • 登録後はスカウトを待つだけで多忙な方におすすめ
  • 年収がアップした事例が多数紹介されており、信頼性が高い

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス向けに転職支援を行うスカウト型転職エージェントです。

年収800万円~2,000万円という好条件の求人を多数掲載しているため、年収アップを目指せます。

スカウト型の転職エージェントは、一度登録した後は「スカウトを待つだけ」で、多忙で転職活動に時間を避けない方に特におすすめします。

また、年収がアップした事例や大手企業への転職成功例なども多数紹介されており、信頼性も高いでしょう。

サービスは完全無料で利用できるため、登録を済ませておけば、あなたの実績を見た企業の人事担当から、好条件でスカウトされる可能性があります。

良い口コミ

履歴書ダウンロードのために登録しました、リクルートダイレクトスカウト、メール止まらんやん。なんじゃこれ。気づいたら10件以上メール来てる

引用:X

公務員からの転職ならリクルートダイレクト、地元から近いところを希望ならリクルートエージェントが良さげ

引用:X

悪い口コミ

リクルートダイレクトからスカウト来てるけど、スペック過大評価じゃね?と思うのだな(一部抜粋)

引用:X

企業の人事担当者からスカウトが届くリクルートダイレクトスカウトもおすすめです。

リクルートエージェントの面談に関するよくある質問

リクルートエージェントは面談を断られることもある?
希望条件を全て満たす求人がない場合には、紹介が難しいと判断され断られるケースはあります
希望条件を見直してもう一度依頼してみてください。
また、1社に断られたとしても、全てのエージェントが対応してくれない訳ではないため、他の転職エージェントにも登録してみましょう。
リクルートエージェントの面談を断ることは可能?
リクルートエージェントの面談は辞退することは可能です。
面談を辞退する場合は早めにキャリアアドバイザーに連絡をしてください。
ただし、内定受諾後の辞退は避けるようにしましょう。
リクルートエージェントは転職サポートに期限がある?
リクルートエージェントの転職支援のサポート期間は、面談から転職先が決まるまでの約3カ月が目安です。
転職予定が3ヶ月以上先の場合には、応募をする時期になってから面談をすることをおすすめします。
リクルートエージェントの面談に遅刻しそうな場合は?
リクルートエージェントとの面談に遅刻しそうな場合は電話で連絡しましょう。
遅れる理由やおおよその到着時間を伝えてください。
遅刻の時間によっては当日面談が受けられない場合もあるため、変更を相談しましょう。

事前準備をしてリクルートエージェントで内定を取りに行きましょう

転職を成功させるためには、リクルートエージェントの面談を有効活用して転職活動をスムーズにスタートするのがポイントです。

対面面談が苦手ならオンラインや電話でも受けられます。

以下の面談のコツをおさえ、めんどくさがらずにキャリアアドバイザーを味方につけて内定を取りに行きましょう。

この記事でわかったこと

圧倒的な求人数を誇るリクルートエージェントはおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<