リクルートエージェントはフリーターでも利用可能!おすすめの活用方法を紹介

転子
転子

フリーターだけどリクルートエージェントは使ってもいいの?

職男
職男

どんな使い方をすればいいんだろう?

転子
転子

何をしてもらえるのか知りたいわ

フリーターが転職活動を行うときに「どのエージェントを使えばよいのか」「どのように活用すれば良いのか」悩むのではないでしょうか?

リクルートエージェントは圧倒的な求人数を誇り、多種多様な求人を有しているため、どのようなバックグラウンドの人にもおすすめです。

ここでは、リクルートエージェントの「メリット」「デメリット」から「フリーターがエージェントを活用するときの10のポイント」まで紹介します。

ぜひ最後まで目を通してください。

この記事でわかること!

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

目次 開く

  1. リクルートエージェントはフリーター・既卒でも利用できる
  2. リクルートエージェントをフリーターが利用する6つのメリット
  3. リクルートエージェントをフリーターが利用する注意点・デメリット
  4. リクルートエージェントをフリーターが利用するときの10のポイント
  5. リクルートエージェントをフリーターで利用した人の口コミ
  6. 【簡単5STEP】リクルートエージェントを利用する流れ
  7. フリーター向けおすすめ転職エージェント5選
  8. リクルートエージェントをフリーターが利用する際のよくある質問
  9. リクルートエージェントをフリーターが利用すると正社員の可能性が高まる
目次へ

リクルートエージェントはフリーター・既卒でも利用できる

リクルートエージェントは、フリーターや既卒者など幅広い人たちが利用できるサービスです。

公開・非公開求人の数は60万件以上保有しており、業界内で圧倒的な求人数となっています。

そのため、未経験者でも応募できる案件も多いエージェントです。

転職者の8割が活用するサービスですので、登録して損はないと言えます。

転職実績も業界No1と、転職支援の豊富なアドバイザーに担当してもらえることも心強いでしょう。

リクルートエージェントをフリーターが利用する6つのメリット

ここでは、フリーターがエージェントを利用する6つのメリットを紹介します。

求人数が圧倒的に多く探しやすい

リクルートエージェントの魅力はなんといっても圧倒的な量の保有求人数です。

公開・非公開合わせて60万件もの求人があるので、フリーターから正社員を目指せる求人も探しやすいでしょう。

フリーターの正社員就職は、以下の理由から難航する可能性も高いです。

  • フリーターでも応募できる求人が見つからない
  • 書類選考になかなか通らない

保有求人数が多ければ多いほど、挑戦できる求人も増えるためフリーターの人が利用するメリットは大きいでしょう。

担当アドバイザーが親身にキャリア相談に乗ってくれる

リクルートエージェントの強みの一つとして、担当アドバイザーの対応力の高さがあげられます。

転職活動やキャリアの悩みを業界の内部事情を踏まえて相談に乗ってくれるので、安心して転職活動が可能です。

特にフリーターの人は、以下のような悩みも抱えやすいでしょう。

自分に合う職種ってなんだろう?

自分の強みや弱みって何??

リクルートエージェントではキャリアのプロの目線から、こうした悩みを丁寧に解決してくれます。

自己分析のやり方や面談を通じて見えてきたあなたの強みなどもシェアしてくれるので、キャリアプランも立てやすいでしょう。

書類添削や面接対策を実施してくれる

リクルートエージェントでは、求人の紹介だけでなく書類添削や面接対策も実施してくれます。

以下のような就職に必要なサポートを個別に行ってくれるので、初めての転職もスムーズに進められるでしょう。

リクルートエージェントで受けられるサポート例
  • 自己分析のやり方を紹介
  • 職務経歴書やエントリーシートの添削
  • 面接対策・模擬面接の実施

フリーターからのはじめての就職や転職活動は戸惑いも大きいため、担当アドバイザーが手取り足取り教えてくれるのは大変心強いです。

担当アドバイザーが対策を取ってくれるので、書類や面接の通過率も高められますよ

職務経歴書エディターなどツールが充実している

リクルートエージェントでは、転職活動に役立つツールが充実しています。

特に職務経歴書エディターは質問に答えていくだけで職務経歴書が作成できるため、初めて作成する人でも安心です。

担当アドバイザーとの面談前に作成しておけば、面談までに目を通しておいてくれるのでスムーズに求人紹介も受けられるでしょう。

入力例なども紹介してくれるので、書けるか不安という人でも参考にしながら書き進められるでしょう。

スマートフォンからでも入力可能なので、パソコンが苦手な人でも安心です

面接スケジュールなどを調整してくれる

リクルートエージェントを利用すると、以下のようにスケジュールなどを調整してくれます。

  • 書類提出の代行
  • 面接日程の調整
  • 入社時期の交渉
  • 年収交渉

フリーターで転職活動をする場合は、現職のアルバイトを続けながら面接などのスケジュールを組まなければいけません。

リクルートエージェントでは予定を伝えておけば、担当アドバイザー側で日程調整を行ってくれます。

自分で企業側とやり取りする必要がないので、効率よく転職活動を進めていけるでしょう。

面接のダブルブッキングや書類の未提出なども防げるので安心です。

企業に推薦文を書いてくれる

リクルートエージェントを活用するメリットとして、担当アドバイザーが推薦文を書いてくれることがあげられます。

推薦状とは、担当アドバイザーが「求職者の強みやスキル・人柄・転職理由」などを企業側にアピールするものです。

推薦状があることで書類選考の通過率を飛躍的に高めることが可能です。

特にフリーターの人の場合は、残念ながら書類選考で落とされてしまうケースが非常に多くあります。

しかし、推薦文が添えられていることで、担当アドバイザー側からもあなたの魅力をアピールしてくれるのです。

社会人経験は少ないけど、アドバイザーが推薦しているから面接してみるか

上記のように思ってもらえることもあるので、利用しない手はありません。

リクルートエージェントをフリーターが利用する注意点・デメリット

リクルートエージェントは、転職エージェントの中では、圧倒的な求人数と転職実績を誇りますが、デメリットも存在します。

リクルートエージェントをフリーターが利用する注意点・デメリット

自分のペースで転職活動ができない

リクルートエージェントを利用すると、自分のペースで転職活動がしにくいことがあります。

リクルートエージェントに限らず転職エージェントでは、担当アドバイザーが選んだ求人に応募して転職活動を進めます。

自分で自由に企業を選んで選考を受けることはできないので、じっくりと考える間もなく選考が進んでいくこともあるでしょう。

また、転職サポートが3か月と限られていることもあり、サポートを活用する場合、一定期間内に転職を決めなければなりません。

ある程度早いペースで転職活動を進める必要があるため、自分のペースで進めたい場合は合わないと感じるでしょう。

紹介できる求人がない可能性もある

転職の場合、多くの企業は即戦力となる人材を求めているケースが多いでしょう。

そのため、フリーターの期間が長くなると、エージェントから紹介してもらえる求人がない可能性があります。

リクルートエージェントは多岐にわたる求人を扱っていますが、フリーターの転職を専門にしているわけではありません。

そのため、フリーターの転職に特化した転職エージェントを併用するのもおすすめです。

担当アドバイザーが合わないケースもある

担当アドバイザーと相性が悪く就職活動が上手く進まない可能性があります。

担当アドバイザーが以下のような場合は、自己開示もしにくく転職活動も進めにくくなるでしょう。

  • 的を射ていないアドバイスをされる
  • 気持ちに寄り添ってもらえない
  • 的外れな求人ばかり紹介される
  • コミュニケーションがうまく取れない

担当アドバイザーによっても紹介してくれる求人は変わってきますので「合わない」と感じたら、早めにアドバイザーの変更を申し出ましょう。

ただし、アドバイザーとの相性はリクルートエージェントに限らず、どの転職エージェントでも起こりうることです。

一人と相性が悪かっただけで利用を諦めず、利用者側も粘り強く使ってみることが大切です。

リクルートエージェントをフリーターが利用するときの10のポイント

ここでは、リクルートエージェントをフリーターが利用するときの10のポイントを紹介します。
1つずつ確認してください。

面接対策を徹底して行う

リクルートエージェントをフリーターが利用する際は、面接対策を徹底して行いましょう。

リクルートエージェントでは、担当アドバイザーが過去データに基づいて模擬面接を行ってくれます。

模擬面接行うことで以下のようなメリットが得られるので、必ず利用してください。

  • 頻出の質問や質問の意図などを詳しく教えてもらえる
  • 面接時の雰囲気や受け答えを客観的にアドバイスしてくれる
  • 練習を繰り返すことで本番時に緊張しない

フリーターからの就職の場合、アルバイトと正社員の面接の違いに圧倒されることも多いです。

事前に練習を積んでおくことで、落ち着いて面接に臨めるようになるでしょう。

フリーター向けの転職エージェントも併用する

リクルートエージェント以外に、フリーター向けの転職エージェントを併用するのもおすすめです。

どこのエージェントでもフリーター向けの求人は少ない傾向にあるため、専門の転職エージェントも利用することでより求人に出会える可能性を高められます。

具体的には以下のような、フリーターや第二新卒専門の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

転職エージェント名特徴・強み公開求人(非公開求人数)公式サイト
mynabi20
マイナビジョブ20’s
20代都市部の未経験求人が中心約5,900件マイナビジョブ20’s

ハタラクティブ
3人に2人が正社員未経験から転職成功約3,833件ハタラクティブ

UZUZ
一人当たり12時間にわたるサポート非公開UZUZ

ジェイック
就活研修プログラム受講後の書類選考なしの求人非公開ジェイック

キャリアスタート
驚異の定着率92%を叩き出すマッチング力非公開キャリアスタート

上記の転職エージェントは、どれもフリーターからの正社員転職に関する多くの求人やノウハウを保有しています。

フリーター向けのキャリア相談を得意としているので、併用すればより転職の可能性を高められるでしょう。

転職時期はすぐにでもと答える

転職時期に関して「転職時期はすぐにでも転職できる」旨を伝えましょう。

担当アドバイザーは常に複数人の求職者を抱えているため、転職する可能性が高い人から優先的に求人を紹介する傾向にあります。

転職サポート期間が3か月であることを考慮しても、すぐに転職できる旨を伝えておくとサポート期間を有意義に活用できるでしょう。

経歴やスキルを偽らない

フリーターをしていると、自信がなく自分自身の経歴やスキルを偽りたくなるかもしれません。

しかし、正直に伝えることで、担当アドバイザーから適切なアドバイスをもらうことができます。

経歴詐称を行ったことが後々明らかになった場合、内定取り消しになる可能性があります。

自分の経験やスキルを偽っても入社後にばれてしまう可能性が高いため、正直に伝えた方が結果的に自分のためになるでしょう。

前職の経歴は入社後に提出する税金関連の種類などから簡単にわかってしまいます

紹介された求人は自分でも調べる

担当アドバイザーから紹介された求人は、自分でも調べるようにしましょう。

担当アドバイザーはヒアリングした内容から求人紹介をしてくれますが、その求人が必ずしもあなたにとって合うとは限らないからです。

自分でも求人や会社の実情を調べることで、より納得して転職を決意できるでしょう。

紹介された求人を調べる際は、以下のような会社の口コミサイトを利用するのがおすすめです。

上記口コミサイトでは、会社の社風や評価制度、人間関係やライフワークバランスなどを確認できます。

実際に入ってからでないとわからない情報を得られるので、企業研究に役立つでしょう。

担当アドバイザーにすべてを任せようとしない

担当アドバイザーにすべてを任せるのではなく、主導権は自分が握るようにしましょう。

「企業側にアピールしたい自分の強み」「譲れないこと」「転職活動を進めるペース」など、自分の思いはしっかり伝えるようにしましょう。

すべてを任せて流れのままに転職活動を進めてしまうことには気を付けてください。

納得のいく転職活動にするためにも自分主導で進めましょう。

自己分析に挑戦してみる

転職活動を行う上で、まずは自己分析をしっかり行うことが重要です。

リクルートエージェントでは、担当アドバイザーが「自己分析のやり方」を教えてくれるほか「自己分析セミナー」が定期的に開催されています。

自分の性質にはどのような仕事が向いているのか分からない場合には「適職診断セミナー」を受けられます。

「自己分析」や「適職診断」を積極的に活用して、企業選びの参考にしてください。

身だしなみを整える

フリーターから転職を成功させるためには、身だしなみを整えることも大切です。

メラビアンの法則であるように人の印象は会って3秒で決まると言われており、第一印象は以下の要素によって決まります。

  • 言語情報:7%
  • 聴覚情報:38%
  • 視覚情報:55%

上記のとおり、第一印象の多くは視覚情報によって決まるため、身だしなみを整えることが重要です。

また一度、相手に与えた印象を覆すには半年ほどの時間が必要なので、第一印象で悪印象を与えてしまった場合、面接中にその印象を覆すのは不可能だと言えるでしょう。

内面を見てもらうためにも、身だしなみを整えて、第一印象で良い印象を与えられるように心がけることが大切です。

社会人マナーを自分でも調べる

社会人マナーについて自分でも調べるようにしましょう。

フリーターの採用において、「社会人としてのマナーが身についてない」点を気にする採用担当者は多いです。

そのため、面接の際に以下のような社会人マナーが身についていることをアピールできれば、採用される可能性を大きく高められるでしょう。

  • サイズの合ったスーツを着用している
  • 時間の確認は腕時計でする
  • 5分前までには面接会場について受付を済ませる
  • 入室前のノックやドアの開け方・締め方
  • 社会人として丁寧な言葉遣い

上記のような社会人マナーは、転職エージェント側でもアドバイスがもらえますが自分自身でも確認しておくことが大切です。

面接時に緊張しないためにも、事前に準備しておきましょう。

資格取得を目指すのもおすすめ

フリーターの人は業務に関連のある資格取得を目指すのも良いでしょう。

資格を取得しておくことで、採用担当者に転職の意識の高さや前向きな勤労意欲をアピールできます。

例えば、以下のような資格は業務未経験者でも取得できるためおすすめです。

日商簿記3級

基本情報技術者試験

TOEIC

ファイナンシャルプランナー3級

上記以外にも目指す業界の初級資格を取得しておけば、採用の可能性を高められるでしょう。

リクルートエージェントをフリーターで利用した人の口コミ

リクルートエージェントをフリーターで利用した人の口コミ

リクルートエージェントをフリーターで利用した人から、以下のような評判が見られます。

【良い口コミ・評判】

私は直近フリーターで、しかも未経験の経理を探していました。
的確な求人を投げてくれるだけでなく、遠方であるため、最終面接以外をWeb面接でしてくれるよう打診してくれました。
面接の前に、企業の雰囲気やどんな人を求めているのか教えてくれ、その上での話の展開方法を具体的に助言してくれました。(一部抜粋)

他の候補者の面接日程をみて他の候補者に内定が決まりかけていたところ、面接の日程を前倒ししませんかと提案してくれ、結果そこから内定をもらいました。希望の職種、給料満たしています。(一部抜粋)

【悪い口コミ・評判】

担当どころか、登録した時点で、紹介できる職がないと断られました。
なんの対応も受けられることができなかったです。最悪でした。(一部抜粋)

営業や工場、施工管理といった職種なら一応紹介してくれるにはしてくれます。(一部抜粋)

引用:みん評

リクルートエージェント評判のまとめ
  • 親身になって話を聞いてくれて、的確な求人を紹介してもらえた
  • 臨機応変な対応をしてもらえたことで内定が決まった
  • 状況によっては、紹介する求人がない場合や希望に添った求人がない場合もある

上記以外にフリーター以外の利用者全般の口コミは、リクルートエージェント評判の記事を参考にしてください。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

【簡単5STEP】リクルートエージェントを利用する流れ

リクルートエージェントを利用する際は、以下の流れで行います。

STEP.1
会員登録

まずはリクルートエージェントのHPから会員登録を行います。

Web版だけでなくアプリ版もあります。

登録後登録完了後、電話またはメールで連絡があるので、面談の日程調整を行ってください。

STEP.2
2.キャリアアドバイザーとの面談

面談までに以下の準備を行っておくと、面談をスムーズに進められます。

・事前に履歴書や職務経歴書の記入を行う

希望条件(職種・業界・年収・勤務地・転職希望時期など)を伝える

STEP.3
求人の紹介

面談の内容をもとに、求人を紹介してもらえます。

希望に添わないものがある場合は、より適した求人を紹介するために、必ず伝えるようにしましょう。

STEP.4
提出書類の添削(職務経歴書・自己PR・志望動機など)

提出書類の添削を行ってもらい、書類提出を行います。

担当アドバイザーは応募先の企業を熟知しているため、添削してもらうことで、選考通過率を上げられます。

書類添削と併せて、推薦状も提出してもらいましょう。

STEP.5
面接対策(模擬面接・マナーなど)

模擬面接を行うことで、面接での受け答えや社会人としてもマナーも確認してもらえます。

よく聞かれる質問や傾向など過去データがあるので、適切なアドバイスがもらえるでしょう。

面接対策をしっかり行い、面接に臨みましょう。

フリーター向けおすすめ転職エージェント5選

フリーター向けおすすめ転職エージェント5選を紹介します。

「各社の特徴」や「良い評判」「悪い評判」をまとめて確認しましょう。

転職エージェント名特徴・強み公開求人(非公開求人数)公式サイト
mynabi20
マイナビジョブ20’s
20代都市部の未経験求人が中心約5,900件マイナビジョブ20’s

ハタラクティブ
3人に2人が正社員未経験から転職成功約3,833件ハタラクティブ

UZUZ
一人当たり12時間にわたるサポート非公開UZUZ

ジェイック
就活研修プログラム受講後の書類選考なしの求人非公開ジェイック

キャリアスタート
驚異の定着率92%を叩き出すマッチング力非公開キャリアスタート

マイナビジョブ20’s|大手マイナビの若手向けサービス

マイナビジョブ20’s|大手マイナビの若手向けサービス

出典:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sおすすめポイント
  • 求人を厳選しているため転職後の定着率93.6%
  • 適性診断を実施したあと、適職を理解したうえで職業を紹介
  • 大手マイナビの20代を対象にした若手向けサービス 

マイナビジョブズ20’sは大手マイナビの20代を対象にした若手向けサービスです。

完全に20代に特化した転職支援サービスになるので、30代の人は登録ができません。

都市部に強く、地方の求人は少ない傾向にあります。

未経験歓迎求人は保有する求人の75%ですので、一度も就職したことのない人も活用できます。

対応勤務形態正社員・派遣社員・パートなど
公開求人数6,000件以上
対応エリア全国(全国各地に支店あり)
料金完全無料
(登録後も費用は一切かかりません。)
運営会社株式会社マイナビ

【良い口コミ・評判】

スクロールできます

専任のキャリアアドバイザーが個別キャリアカウンセリングから入社に至るまでを完全サポートしてくれるので、安心感があります。(一部抜粋)

引用:みん評

転職のプロによるカウンセリングや自己分析に役立つ適正診断を行ってくれたので、自分のことがよくわかり大変役に立ちました。おかげで、理想的な仕事に就くことができましたから、利用して良かったです。(一部抜粋)

引用:みん評

【悪い口コミ・評判】

スクロールできます

電話の頻度がかなり多く、夜遅く電話がかかってきたこともあり、こちらの都合を考えていないと感じた。LINEをエージェントと交換しているのだから、重要でない連絡や夜遅く連絡する場合はLINEに送って欲しかった。(一部抜粋)

引用:みん評

内定承諾までに十分な期間を設けてもらえず、一度承諾した後の取り消しは無理だと言われ、法的拘束が無いはずなのにとても怖かった。二度と利用したくありません。(一部抜粋)

引用:みん評

転職エージェント選びに迷ったら、若手の転職活動に強いマイナビジョブ20’sもおすすめです。

\履歴書から面接練習まで徹底サポート!/

>>>マイナビジョブ20’sの公式サイトはコチラ<<<

ハタラクティブ|フリーター・既卒専門転職エージェント

ハタラクティブ|フリーター・既卒専門転職エージェント

出典:ハタラクティブ

ハタラクティブおすすめポイント
  • 保有求人は中卒・高卒・フリーターの転職実績豊
  • 最短2週間で内定
  • 3人に2人が正社員経験がない状態から転職に成功

ハタラクティブは「中卒」「高卒」「フリーター」「既卒」などを専門とする転職エージェントです。

取り扱う求人は「20代の若手を採用して長期的に育てていきたい」「経歴より人柄を重視する」企業が多く、経験は問われません。

そのため3人に2人が正社員経験がない状態から転職に成功しています。

書類通過率90%・内定率80%と高い実績があります。

【良い口コミ・評判】

スクロールできます

フリーターやニートでとりあえず働きたいという方には、自分で求人探すより内定貰いやすいと思ったのでほんとにオススメです。(一部抜粋)

引用:みん評

カウンセリングではしっかりとどんなことをしたいのか何ができるのか自分自身がどういう性格でどういう働き方を求めているのか話をした上で判断して頂けました。
自己分析って自分が思う人物像を理論的に自分で考えるだけだと思うので、客観的な目線からの意見は自分にとって凄くありがたかったです。(一部抜粋)

引用:みん評

担当者のカウンセリングはハローワークよりとても頼りになる。悩みや希望することなど様々な事情を聞いてくれ精神的なケアをしてくれた。面接対策もしっかりzoomででき紹介された企業と自分で探した企業に内定をもらうことができた。(一部抜粋)

引用:みん評

【悪い口コミ・評判】

スクロールできます

受けた企業いくつか内定頂けたのですが、自分が行きたいと思った企業ではないところをゴリ押しされました。(一部抜粋)

引用:みん評

ハタラクティブを通して受かった求人に勤務地や待遇の面で気が進まなくなり辞退したいと担当者に伝えたところ、面接後に辞退するのは失礼だとか言われなじられたり、無理やりその企業にねじ込もうとあれこれ説得させられたりして感じがすごく悪かったです。(一部抜粋)

引用:みん評

20代の中卒・高卒・フリーターの就職に強いハタラクティブもおすすめです。

UZUZ|同じ目線に立った提案をしてくれる

UZUZ|同じ目線に立った提案をしてくれる

出典:UZUZ

UZUZおすすめポイント
  • 12時間に渡る手厚いサポート
  • IT系就職に強い
  • 同じ目線で話ができるように、キャリアアドバイザーも第二新卒・既卒・フリーター経験者

UZUZはWeb・IT業界への就職に強いエージェントです。(1か月でJavaを習得できる有料コース有)

担当アドバイザーのサポートは通常5時間程度とされている中で、UZUZでは、12時間に渡る手厚いサポートを受けられるのも特徴です。

同じ目線に立って支援ができるように、担当アドバイザーも第二新卒・既卒・フリーター経験者を採用しています。

書類選考通過率87%、内定率86%の高さも定評の一つです。

【良い口コミ・評判】

スクロールできます

就活の経験があまりなかったので、面接の対策をしました。これは、とても良かったです。自身の書いた内容を深掘りする質問をしてくれたり、ここはこうした方が伝わると思いますなどとアドバイスしてくれます。(一部抜粋)

引用元:みん評

面接対策は本当に手厚いです。1企業ごとにやってくれます。その企業ならではの特徴や受ける職種のポイントを教えてくれます。ここまでやってくれるところって他にはあまりないんじゃないかと思います。(一部抜粋)

引用元:みん評

【悪い口コミ・評判】

スクロールできます

求人はパッとしない企業ばかり、アドバイザーは基本的に説明不足で、どういったサポートをどのような流れでしてもらえるのか最後までよくわからなかった。全て自分から尋ねないと詳しく話してこず、表面的な感じがした。(一部抜粋)

引用元:みん評

営業職に関しては利用者が個人的に調べて出てくるもの以下の求人しか握っていないことが分かった。(一部抜粋)

引用元:みん評

1人あたり12時間にもわたる手厚いサポートを受けられるUZUZもおすすめです。

ジェイック|就活研修プログラムを受けられる

出典:ジェイック

ジェイックおすすめポイント
  • ビジネスマナー・履歴書・面接対策を行う就活研修プログラム
  • 書類選考なし
  • 就職後1年間のサポート

ジェイックの一番の強みは「就活研修プログラム」を受講できることです。

求人紹介の前に必ず受講しなければならないプログラムですが、約1週間に渡って社会人マナー・書類の書き方・面接対策を行ってくれます。

研修を修了後には、書類選考なしで選考を受けられるのも特徴です。

就職をした後も、1年間は担当アドバイザーからのサポートを受けることができます。

困ったときには気軽に相談できる環境が整っていることから、就職成功率81.1%、入社後定着率91.5%と高い実績となっています。

【良い口コミ・評判】

スクロールできます

面接の場数を踏む機会としては良かった。1からビジネスマナーや、マイナス職歴の伝え方等を教えてくれる所も、不安を払拭できて自信がついた。(一部抜粋)

引用元:みん評

ジェイック利用者は大学中退者や、フリーターが多いので学ぶ内容は基本的なことも多いですが、面接に役立つことはたくさん教えてもらえました。履歴書や中退理由、早期退職理由等も、担当の講師の方々が一人一人丁寧に添削してくれました。(一部抜粋)

引用元:みん評

【悪い口コミ・評判】

スクロールできます

紹介される求人は飛び込み研修(今は無いらしい?)が一通り終わってから発表されるのですが、建設系や激務、斜陽など興味の無い業界ばかりで頑張った末に紹介されるのがこれか…とモチベーションが下がります。(一部抜粋)

引用元:みん評

講師によっては価値観の押し付けだったりマインドコントロールなんじゃないかと思わずにはいられない部分があった。企業紹介が営業に傾いており、過酷な研修の割には求人の質もかなり酷かったです。(一部抜粋)

引用元:みん評

研修を積んで就職活動に臨みたい人にはジェイックもおすすめです。

キャリアスタート|定着率が驚異の92%

キャリアスタート|定着率が驚異の92%

出典:キャリアスタート

キャリアサポートおすすめポイント
  • 学歴フィルターがない(学歴経験不問の正社員求人)
  • ブラック企業求人を排除している
  • マッチング分析力による入社後の定着率が92%

正社員採用でも、学歴フィルターがなく経験も問われないので、経歴に不安な人も活用しやすいでしょう。

「企業調査や取材」を徹底的に行い・「求職者の性格やスキルや性質」を考慮したうえで求人紹介を行っているため、入社後の不一致が生じずらいのが特徴です。

そのため、入社後の定着率が92%と驚異の数値を叩き出しています。

ブラック企業を排除しているので、安心して面接を受けられることもポイントです。

【良い口コミ・評判】

スクロールできます

大手に比べて利用者が少ないためか、時間をかけて丁寧なサポートをしてもらえました。たとえば、履歴書の書き方や面接対策についても、具体的なアドバイスがありました。そのおかげで、無事に内定をいただくこともできました。(一部抜粋)

引用元:みん評

企業の善し悪しを隠さず教えていただき、信頼できる方で、私の得意分野ややりたい業界を探して何社か紹介していただきました。その会社の社長の意向と、自分の性格や意思が合っているかなど説明していただけたので、入社してからのギャップが少なくて良いと思います。(一部抜粋)

引用元:みん評

いくつかの転職サービスを試しましたが、アドバイザーの対応と知識量やアドバイスの質が良く、特に第二新卒の転職についてもたくさん相談にのっていただきました。(一部抜粋)

引用元:みん評

【悪い口コミ・評判】

スクロールできます

希望条件を相談する中で、担当の方から「その条件はムリですよ」とはっきり言われてびっくりしました笑 背もたれにもたれかかりだるそうに面談されていたので、こちらが申し訳なくなる感じでした。(一部抜粋)

引用元:みん評

ちゃんとした人に当たれば良かったのかもしれませんが、私が当たった人は正直適当すぎて、イライラしました。(一部抜粋)

引用元:みん評

ブラック企業を避けたい人にはキャリアスタートもおすすめです。

リクルートエージェントをフリーターが利用する際のよくある質問

Q1.リクルートエージェントは学生でも利用できる?
リクルートエージェントは一般転職者向けの総合型転職サービスですが、第二新卒であれば状況次第でサポートしてもらえます。
Q2.リクルートエージェントは30代のフリーターの利用は難しい?
利用自体は可能ですが、30代は即戦力を求められるので、受けられる求人があるかは状況次第です。
フリーター向けはリクルートエージェントより、リクナビNEXTのほうが多くの求人を扱っています。
Q3.リクルートエージェントで未経験職種の正社員求人は探せる?
リクルートエージェントでは、未経験可の公開求人が33,314件(2024/04/24時点)あります。
非公開求人を入れるとさらに多くの求人数があります。
Q4.リクルートエージェントの正社員経験なしでも使える?
初めて正社員を目指す既卒者のサポートも行っています。
求人数は少なくはなりますが、誰でも登録できるサービスです。
Q5.リクルートエージェントに登録したら絶対に転職しないといけない?
登録したからと言って、転職しなくてはならないわけではありません。
求人情報閲覧および紹介のみの利用にも使えます。
リクルートエージェントで適した就職先が決まったときのみ転職を行ってください。

リクルートエージェントをフリーターが利用すると正社員の可能性が高まる

フリーターの人が転職活動を行うときに、まずは、求人数が圧倒的に多いリクルートエージェントを登録しましょう。

求人数が多い分、自分に合った企業をみつけられる可能性が高まります。

リクルートエージェントは、担当アドバイザーの質が高く、転職実績も業界No.1です。

書類の添削や面接対策はもちろんですが、エントリーシート提出時に推薦状を書いてもらえることはとても心強いでしょう

担当アドバイザーを味方につけて、転職活動を成功させてください。

どこのエージェントを使うか迷ったときには、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。

フリーターの転職活動にはリクルートエージェントがおすすめ

未経験で転職エージェント選びに迷ったら、圧倒的な求人数があるリクルートエージェントがおすすめです。

\転職者の60%が年収UP!/

>>>リクルートエージェントの公式サイトはコチラ<<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA