投資ファンドにM&Aされるべき? メリット・デメリットを詳しく解説!

「投資ファンドへのM&Aはおすすめできる?」
「投資ファンドへのM&Aにはどんなメリット・デメリットがある?」

このように考えていませんか?

投資ファンドはM&Aをすることがありますが、そのイメージはあまり良いものではありません。

しかし、それはテレビドラマなどの影響で、投資ファンドのM&Aはドラマで描かれるものとは大きく異なるものなのです。

そこで、この記事では投資ファンドのM&Aについて詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「投資ファンドのM&A」をざっくり言うと
  • 投資ファンドは企業を買収して企業価値を高めた後に売却して利益を得ることがある
  • M&Aを行う投資ファンドにはバイアウトファンドなど4つの種類がある
  • 投資ファンドにM&Aされるメリットは資金が獲得できることなど
  • 投資ファンドにM&Aされるデメリットは人員削減が行われる可能性があることなど
  • 投資ファンドにM&Aされやすい会社は大規模で成長していることが多い

【相談無料!】「M&Aアドバイザー」に相談してみませんか?

  • 「M&Aの知識をイチから教えて欲しい。」
  • 「資金調達の事例も合わせて聞いてみたい。」
  • 「最短最速でM&Aを終わらせたい・最新事例が知りたい。」
  • 「M&Aを最後までしっかりサポートしてもらいたい。」

こうした疑問や悩みをお持ちの方に、M&Aアドバイザーでは、無料相談を実施中です。

M&Aアドバイザーでは、M&Aに関するプロがお相手探しから成約まで一気通貫でサポート致します。

そのため、交渉などにかかる時間が短縮でき、M&A全体をスピード感を持って推進することができます。

スピード感費用を重視されている経営者様は、ぜひ一度お問い合わせください。

M&Aアドバイザーが選ばれる理由とは?

全国でM&Aアドバイザーが選ばれる理由
  1. 完全成功報酬型・着手金無料
  2. 売り手・買い手双方のマッチングスピードの圧倒的な速さ
  3. マッチングから成約までM&Aのプロが徹底サポート

M&Aアドバイザーは、相談から成約完了まで、完全無料のM&A仲介会社です。

所属するM&Aアドバイザリーは、M&Aの豊富な知識や経験を積んでおり、経営者様にM&Aの知識がなくても安心してお任せいただけます。

まずは相談から無料で承っておりますので、下記のフォームから、ぜひお気軽にお問い合わせください。
今すぐM&Aのプロに無料相談!

    会社名(任意)
    お名前必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    ご興味のある内容必須


    ※ご相談は無料です。
    ※いつでも登録解除が可能です。
    ※現在譲渡側のみ相談を受け付けております。

    (お電話番号、メールアドレスは、お申し出に応じて、いつでも登録を解除致します。不要となりました際はご連絡ください。)

    M&Aにおける投資ファンドとは?

    そもそも投資ファンドとは、投資家からの資金を集めて、資金運用のプロがさまざまな投資対象に投資を行い、運用して利益を得る組織のことです。

    運用することによって得られた利益は一部が投資ファンドの利益になり、残りは資金を提供した投資家に分配されます。

    そんな投資ファンドは会社をM&Aで買収し、経営に深く関わって企業価値を高めた後で売却して利益を得る場合があります。

    特に「プライベートエクイティファンド(PEファンド)」と呼ばれる投資ファンドはベンチャー企業をM&Aして利益を得ていきます。

    M&Aを行う投資ファンドの4つの種類

    投資ファンドにはさまざまなものがありますが、その中でもM&Aを行う投資ファンドには以下のようなものがあります。

    それぞれの投資ファンドについて詳しく見ていきましょう。

    バイアウトファンド

    バイアウトファンドとは、投資家から集めた資金で企業の株式を半分以上取得して会社の経営権を取得し、経営に介入して企業価値を高めてから売却して利益を得る投資ファンドです。

    最後に「バイアウト(売却)」して利益を得ることからバイアウトファンドと呼ばれています。

    下で解説する再生ファンドやMBOファンドは広い意味ではバイアウトファンドの一種とされる場合があります。

    ちなみに、バイアウトファンドが企業の経営権を取得してから売却するまでの期間は一般的に5年前後のことが多いです。

    再生ファンド

    再生ファンドは業績が良くない企業や事業に対して投資し、企業や事業の価値を向上させてから売却する投資ファンドのことです。

    再生ファンドが投資するような会社は現在の状況が良くないため、うまく業績を回復できないと大きな損失を出してしまうためハイリスクです。

    しかし、その分、業績を回復させた時のインパクトは大きいため、ハイリスク・ハイリターンを目指すファンドと言えます。

    ちなみに、再生ファンドはコスト削減のためにリストラや事業の売却など厳しい対応を取ることが多いため、「ハゲタカファンド」という不名誉なあだ名がついています。

    ベンチャーキャピタル

    ベンチャーキャピタルはまだ創業してからあまり時間が経っていないベンチャー企業やスタートアップに投資を行い、企業価値を高めた後に売却します。

    事業の成長可能性が高いものの、まだ体制が整っておらず人的資源やノウハウが不足している会社に投資することで大きな利益を狙います。

    ベンチャーキャピタルから投資を受けると会社の知名度が上がったり、対外的な信用力が上がって銀行からの借り入れを行いやすくなったりするので、ベンチャーキャピタルからの出資を歓迎するベンチャー企業は多いです。

    また、ベンチャーキャピタルはベンチャー企業に不足しがちな経営に関するノウハウまで提供し、経営に深く関与する場合もあります。

    MBOファンド

    MBOファンドはMBOを行う時に資金を提供する投資ファンドのことです。

    MBO(management buyout)とは、経営を安定化するために企業の経営陣が自社の株式を取得して買収を行うことです。

    MBOには多額のお金が必要な場合が多く、経営陣が自己資金でMBOを行うのは多くの場合困難です。

    そこで、MBOファンドが出資してMBOをサポートするのです。

    企業価値が向上したタイミングで保有株式を手放し、収益を上げる点は他の投資ファンドと同じです。

    投資ファンドにM&Aされる7つのメリット

    投資ファンドにM&Aされるメリットには主に以下の7つがあります。

    それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

    メリット①:資金が獲得できる

    投資ファンドにM&Aされるメリットとしてまず挙げられるのは、資金が獲得できるという点です。

    投資ファンドはもちろんお金を出してM&Aを行うため、資金繰りが安定することになります。

    特に業績不振に陥っている企業にとって、資金を投下してくれる存在はとてもありがたいものでしょう。

    メリット②:高く売れる

    投資ファンドにM&Aされるメリットとしては、M&Aで会社を高く売れることも挙げられます。

    投資ファンドは会社を買収して事業を行いたいわけではなく、純粋に企業価値を高めて利益を得ることが目的です。

    そのため、多少買収資金が高くても、高い成長性が見込まれる企業であれば積極的に買収を行います。

    このような事情から、事業を拡大するためにM&Aを行う企業よりも高値でM&Aを行いやすいのです。

    メリット③:経営ノウハウを得られる

    経営ノウハウを得られる点も投資ファンドからのM&Aを受けるメリットと言えます。

    会社によっては経営ノウハウの不足により事業が停滞していたり、事業の拡大スピードが思ったより遅くなったりしている場合があります。

    投資ファンドは経営に深く関与して経営ノウハウを提供し、ともに企業価値を上げるために努力してくれるので経営ノウハウを得ることができます。

    経営ノウハウの獲得により、企業価値が向上するだけでなく、社員のモチベーションが上がるなどの良い効果が得られる場合もあるでしょう。

    メリット④:短時間で規模を拡大できる

    短時間で規模を拡大できる点も投資ファンドからのM&Aを受けるメリットのひとつです。

    投資ファンドによるM&Aでは同じ事業を行う複数の企業を合併させて規模を大きくする場合があります。

    短時間で規模を拡大できればマーケットでの競争力が高まり、企業価値を急速に高めることができるでしょう。

    メリット⑤:会社の信用力が高くなる

    会社の信用力が高くなる点も投資ファンドのM&Aを受けるメリットと言えます。

    投資ファンドが資金を出すということは、それだけ企業価値が高まる見込みが高い企業ということです。

    そのため、対外的な信用度が上がり、銀行などからの借り入れを行いやすくなります。

    また、会社の知名度を向上できる場合もあります。

    メリット⑥:経営陣に残れる可能性が高い

    経営陣に残れる可能性が高い点も投資ファンドによるM&Aのメリットと言えます。

    通常のM&Aでは他者に経営権が移る場合が多いですが、投資ファンドによるM&Aでは代表権はともかく経営陣になら残れる可能性が高いです。

    経営者にはこれまで企業を運営してきたノウハウや知見などがあるため、投資ファンドが企業価値を向上させていくために欠かせない人材だからです。

    メリット⑦:個人保証を外せる

    個人保証を外せる点も投資ファンドにM&Aされるメリットと言えます。

    経営者は会社の借金について自分に連帯保証を掛けている場合が多いと思います。

    それが、M&Aにより経営権が移ることで外れるのです。

    個人保証を外せることで肩の荷を下ろすことができます。

    投資ファンドにM&Aされる6つのデメリット

    投資ファンドにM&Aされるデメリットには主に以下の6つがあります。

    それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

    デメリット①:人員削減が行われる可能性がある

    投資ファンドにM&Aされるデメリットとしてまず挙げられるのが、人員削減が行われる可能性がある点です。

    投資ファンドは経営を徹底的に合理化する傾向があるため、人件費を削るためにリストラを行ったり、人員の再配置を行ったりする場合があります。

    ただ、人員削減が行われるかどうかは契約次第であり、行われない場合もあります。

    社員の雇用を守りたい場合はM&Aの成立要件として、従業員の雇用と待遇の維持を設けるとM&Aによる人員削減が行われにくいでしょう。

    デメリット②:事業の削減が行われる可能性がある

    事業の削減が行われる可能性がある点も投資ファンドにM&Aされるデメリットのひとつです。

    投資ファンドはM&Aした後、徹底して経営の合理化を行うため、コア事業に注力する代わりに、事業の一部を売却する場合があります。

    ひとつの事業に集中したほうが規模の拡大やコストの削減を行いやすく、企業価値を向上させやすいからです。

    デメリット③:企業文化が変化する可能性がある

    企業文化が変化する可能性がある点も投資ファンドにM&Aされるデメリットと言えます。

    投資ファンドにM&Aされると経営権は投資ファンドの人間に移るため、企業文化が急激に変化する可能性があります。

    特に投資ファンドがM&Aを行った後に同じ事業を行っている別の会社と合併させた場合、企業文化が別の会社のものに影響されて大きく変わる可能性があります。

    デメリット④:シナジーが失われる可能性がある

    シナジーが失われる可能性がある点も投資ファンドにM&Aされるデメリットのひとつです。

    特に投資ファンドが会社の事業のひとつのみを買い取ったり、グループ会社から分離独立する結果になったりした場合は、これまであったシナジーが解消されて収益性が低下する可能性があります。

    投資ファンドはもちろん企業価値を高めるために企業のM&Aを行うので、シナジーの解消による影響は軽微なものである場合が多いですが、心には留めておきましょう。

    デメリット⑤:社員の離職が相次ぐ可能性がある

    社員の離職が相次ぐ可能性がある点も投資ファンドにM&Aされるデメリットと言えます。

    投資ファンドはあくまで短期的に企業価値を向上させるのが目的なので、社員への配慮は二の次になってしまう場合が多いです。

    また、経営の合理化のために異なる仕事を行わなければならなかったり、これまで心地よかった企業文化が変化してしまう場合も多いでしょう。

    また、長く会社に在籍していた社員は突如やってきた投資ファンドの経営陣に反発を覚えることもあるかもしれません。

    このような事情から、投資ファンドにM&Aされた後には社員が大量離職してしまう可能性があります。

    デメリット⑥:短期的な利益が重視される

    短期的な利益が重視される点も投資ファンドにM&Aされるデメリットのひとつです。

    投資ファンドの目的はあくまで短期的に企業価値を高めて売却することです。

    そのため、従業員の福利厚生など長期的な利益が得られる施策は行われにくく、すぐに利益が出ることばかり行われがちです。

    そのため、投資ファンドが手放した後に経営状態が悪化する場合もあります。

    投資ファンドにM&Aされやすい会社の3つの特徴

    投資ファンドにM&Aされやすい会社の特徴としては主に以下の3つが挙げられます。

    投資ファンドにM&Aされやすい会社の3つの特徴

    それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

    特徴①:大規模

    大規模な会社は投資ファンドによるM&Aの対象になりやすいです。

    規模が大きいほど経営を再建することで得られる利益が大きくなる傾向があるからです。

    大規模な会社とは、具体的には特定のマーケットで大きなシェアを持っている会社のことです。

    一般的に、事業は規模が大きくなっていくほど、生産にかかるコストが低下していくため利益を得やすくなります。

    これを規模の経済と呼びます。

    規模の経済の効果を活かすため、投資ファンドは大規模な会社のM&Aに手を出すことが多いのです。

    特徴②:成長している

    成長している会社も投資ファンドによるM&Aの対象になりやすいです。

    一般的に、収益が停滞している会社よりも成長している会社のほうがこれから企業価値を高めていくことが簡単だからです。

    成長している会社とは、具体的には収益が伸びてきている会社や高い技術を持つ人材が多い会社などのことを表します。

    特徴③:他社とのシナジーが期待できる

    他社とのシナジーが期待できる会社も投資ファンドによるM&Aの対象になりがちです。

    投資ファンドはM&Aを行う時に他社との合併を行う場合があります。

    そのような時に大きなシナジーが得られる会社を買収することが多いのです。

    投資ファンドにM&Aされる時の9つの手順

    投資ファンドにM&Aされる時には以下の9つの手順を取ります。

    それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

    手順①:投資ファンドと接触する

    投資ファンドにM&Aされる時には、まず最初に投資ファンドと接触する必要があります。

    投資ファンドの側からアプローチがあった場合には、買収に応じる意向があることを示しましょう。

    一方、こちらから買収を依頼する場合はM&A会社に依頼してM&Aのサポートをしてもらうとスムーズでしょう。

    双方にM&Aに応じる意向があることが確認できた場合には、まず会社の基礎情報を提供しましょう。

    ちなみに、この時に同時に秘密保持契約を結んでおくと安心してM&Aを進めることができます。

    手順②:企業価値の算定が行われる

    双方にM&Aに応じる意志があることが確認できた場合、投資ファンドが企業価値の算定を行うことになります。

    そして、買収希望価格の提示が行われます。

    この価格はまだ概算であり、買収希望価格には法的根拠もありませんが、どのくらいで買い取ってもらえるかの目安にはなるでしょう。

    手順③:売買スキームが決定される

    次に、売買スキームが決定されます。

    M&Aと言ってもその売買スキームは以下のとおりさまざまです。

    M&Aの売買スキーム
    • 株式譲渡
    • 事業譲渡
    • 合併
    • 会社分割
    • 新株引受
    • 株式交換 など

    投資ファンドは必要な資金、得られるシナジー効果などさまざまな点から検討を行い、最適な売買スキームを決定します。

    手順④:基本合意を行う

    売買スキームが決定されたら、次は基本合意が行われます。

    買収金額や、その他買収する時に考える必要があるさまざまな条件について交渉を行い、双方が納得できるような結論を出せたところで基本合意契約が行われます。

    基本合意契約の内容に法的拘束力はありませんが、基本合意を行った投資ファンドと独占的に交渉を進めることになります。

    複数の交渉先がある場合は、ここでどの買収先候補に買収してもらうのがベストか決定し、交渉を続ける企業を選ぶことになります。

    手順⑤:デューデリジェンスを受ける

    基本合意が行われたら、次はデューデリジェンスを受けることになります。

    デューデリジェンスとは、買収先の企業の価値やリスクなどを詳細な情報をもとに調査することです。

    デューデリジェンスの結果をもとに、最終的な買収金額や条件などが決定されることになります。

    手順⑥:M&Aが決定される

    デューデリジェンスの結果をもとに投資ファンドが最終的な条件を提示し、最後の交渉が行われます。

    そして、双方が全ての条件に対して合意したタイミングで最終契約書を締結し、M&Aが決定されます。

    なお、最終契約書には法的拘束力があるため、最終契約書に書かれた内容は双方に履行義務が生じます。

    手順⑦:経営者が派遣されてくる

    M&Aが終わると、投資ファンドは企業の経営権を持つことになるため、社外取締役を派遣します。

    ちなみに、投資ファンドが買収した企業について経営権を握って企業価値の向上に務めることはハンズオンと言います。

    手順⑧:事業の再編が行われる

    次に、投資ファンドは企業の価値を高めるために事業の再編を行います。

    派遣された社外取締役などを中心にして企業の中身を改善してより企業価値を高められるようにします。

    手順⑨:投資ファンドが会社を売却する

    事業の再編を行い、企業価値を向上させることができたら、投資ファンドは会社を売却して利益を得ます。

    投資ファンドが会社を売却する時に使うのは企業を上場させて、市場で株式を売却する方法か、他の会社に株式の譲渡を行う方法です。

    いずれにしろ、投資ファンドが会社を売却したタイミングで別の誰かに経営権が移ることになります。

    投資ファンドへのM&AではM&A仲介会社に頼るのがおすすめ!

    投資ファンドに企業を売却したい時には、M&A会社を頼るのがおすすめです。

    M&A会社は売却先を探すことなど、M&Aについて総合的にサポートしてくれます。

    M&Aにはさまざまな専門知識が必要ですが、M&Aでは社内にM&Aのノウハウが蓄積されており、外部の専門家とのつながりも強いので、さまざまなサポートが受けられます。

    M&A会社はより適した投資ファンドにより高く企業を売却するためにも欠かせない存在と言えます。

    投資ファンドへのM&Aで頼れるM&A会社5選

    投資ファンドへのM&Aを検討している時には以下の5つのようなM&A会社が頼りになります。

    それぞれのM&A会社について詳しく見ていきましょう。

    M&A総合研究所

    会社売却_メリット_総研

    M&A総合研究所は常に5,000以上の豊富な売却候補先の中からどこに売却するか選べるM&Aアドバイザリー会社です。

    M&Aアドバイザリー会社とは、売り手もしくは買い手の片方についてM&Aについて総合的にサポートしてくれる会社のことです。

    M&A総合研究所は完全成果報酬制の会社ですので、売却が実際に成功するまでお金を支払う必要はありません。

    会社名 M&A総合研究所
    会社のタイプ アドバイザリー型
    得意な業種 非特化型
    対応地域 日本国内
    報酬体系 完全成功報酬型

    インターリンク

    会社売却_メリット_インターリンク

    インターリンクは顧客第一主義を掲げているM&Aアドバイザリー会社です。

    経営者とじっくり話し合いながら、スピーディーな会社売却が実現できるようにサポートします。

    東京近辺の会社のM&Aを専門に取り扱っています。

    会社名 インターリンク
    会社のタイプ アドバイザリー型
    得意な業種 非特化型
    対応地域 東京近辺
    報酬体系 着手金・成功報酬

    中小企業M&Aサポート

    会社売却_メリット_中小

    中小企業M&Aサポートは中小企業のM&Aに特化した会社です。

    M&Aと聞くと大規模な会社が行うイメージがあるかもしれませんが、中小企業M&Aサポートであれば、小規模な会社でも気軽に売却相談を行えます。

    約80%の高い成約率を持っているのが強みです。

    会社名 中小企業M&Aサポート
    会社のタイプ 仲介系型
    得意な業種 非特化型
    対応地域 日本国内
    報酬体系 着手金・月額報酬・企業価値算定が無料

    TRANBI

    会社売却_メリット_TRANBI

    TRANBIは低価格で利用できるM&Aアドバイザリー会社です。

    TRANBIは報酬を買収側から徴収するため、売却側は手数料を支払う必要がありません。

    お金をかけずに会社売却が可能なのがうれしいですね。

    会社名 TRANBI
    会社のタイプ アドバイザリー型
    得意な業種 非特化型
    対応地域 日本国内
    報酬体系 売却側:無料
    買取側:成約の際、成約価格の3%

    クラリスキャピタル

    会社売却_メリット_クラリス

    クラリスキャピタルは幅広い規模の会社の売却に対応したM&A仲介会社です。

    M&A仲介会社とは、売り手と買い手のどちらとも契約を行ってスムーズなM&Aが行えるようにサポートしてくれる会社のことです。

    丁寧でスピード感のある対応を行ってくれます。

    会社名 クラリスキャピタル
    会社のタイプ 仲介型
    得意な業種 非特化型
    対応地域 日本国内
    報酬体系 着手金なし・完全成功報酬型

    投資ファンドのM&Aのまとめ

    投資ファンドの中には、M&Aをするところもあります。

    M&Aを行う投資ファンドは具体的には以下の4つの種類です。

    そして、投資ファンドにM&Aされるメリットには以下のようなものがあります。

    一方、投資ファンドにM&Aされるデメリットとしては以下のようなものがあります。

    投資ファンドにM&Aされやすい会社には以下のような特徴があります。

    投資ファンドにM&Aされやすい会社の3つの特徴

    投資ファンドにM&Aされる時の手順は以下のとおりです。

    投資ファンドへのM&Aを行う時に頼れるM&A会社には主に以下の5つが挙げられます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)