千葉でのM&A・事業承継・会社売却におすすめできる仲介会社10選|千葉のM&Aの動向や現状も解説

「千葉県内でM&Aをしたい!」
「千葉県内のM&Aに強いM&A仲介会社が知りたい

このように考えていませんか?

現在、主に中小企業のM&A市場が活発になっていますので、千葉県でM&Aをしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では千葉県でM&Aを行う方法からおすすめのM&Aサービスまで詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「千葉県でのM&A」をざっくり言うと
  • 千葉県でもM&A・事業承継・会社売却が活発になっている
  • 千葉県でM&Aを行う方法はM&A会社に相談することなど
  • 千葉県のM&Aで使えるサービスは日本M&Aセンターなど
  • 千葉県でのM&AでM&A会社を選ぶ時のポイントは同じ業界のM&A実績があるかなど

【相談無料!】「M&Aアドバイザー」に相談してみませんか?

  • 「M&Aの知識をイチから教えて欲しい。」
  • 「資金調達の事例も合わせて聞いてみたい。」
  • 「最短最速でM&Aを終わらせたい・最新事例が知りたい。」
  • 「M&Aを最後までしっかりサポートしてもらいたい。」

こうした疑問や悩みをお持ちの方に、M&Aアドバイザーでは、無料相談を実施中です。

M&Aアドバイザーでは、M&Aに関するプロがお相手探しから成約まで一気通貫でサポート致します。

そのため、交渉などにかかる時間が短縮でき、M&A全体をスピード感を持って推進することができます。

スピード感費用を重視されている経営者様は、ぜひ一度お問い合わせください。

M&Aアドバイザーが選ばれる理由とは?

全国でM&Aアドバイザーが選ばれる理由
  1. 完全成功報酬型・着手金無料
  2. 売り手・買い手双方のマッチングスピードの圧倒的な速さ
  3. マッチングから成約までM&Aのプロが徹底サポート

M&Aアドバイザーは、相談から成約完了まで、完全無料のM&A仲介会社です。

所属するM&Aアドバイザリーは、M&Aの豊富な知識や経験を積んでおり、経営者様にM&Aの知識がなくても安心してお任せいただけます。

まずは相談から無料で承っておりますので、下記のフォームから、ぜひお気軽にお問い合わせください。
今すぐM&Aのプロに無料相談!

    会社名(任意)
    お名前必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    ご興味のある内容必須


    ※ご相談は無料です。
    ※いつでも登録解除が可能です。
    ※現在譲渡側のみ相談を受け付けております。

    (お電話番号、メールアドレスは、お申し出に応じて、いつでも登録を解除致します。不要となりました際はご連絡ください。)

    千葉県のM&A・事業承継・会社売却の現状

    千葉_M&A_現状

    M&Aは、千葉県でも活発化しています。

    M&Aは経営者の高齢化から、日本全体で増加していますが、これは千葉県も同じです。

    その証拠に、千葉県内の企業の高齢者のうち、約7割は経営上の課題として事業承継を挙げているようです。

    しかし、すでに事業承継の手続きを進めている経営者は少数派で、これから増えていくものと予想されています。

    ちなみに、千葉県では多くのM&Aが行われていますが、このうち売り手も買い手も千葉県の案件はほとんどありません。

    中には、売り手や買い手が海外の企業の場合もあるようです。

    千葉県でM&A・事業承継・会社売却を行う5つの方法

    千葉_M&A_方法

    千葉県でM&Aを行う方法としては、主に以下の5つがあります。

    それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

    千葉でのM&Aの方法①:M&A会社に相談する

    千葉_M&A_会社

    千葉県でM&Aを行う方法としてまず挙げられるのは、M&A会社に相談することです。

    M&A会社とは、M&Aに関する業務を代行してくれたり、M&A相手を見つけてくれたりして、M&Aを支援してくれる会社のことです。

    M&Aには法務、会計など多くの専門知識が必要であるため、専門家との強いネットワークがあるM&A会社は良い味方になってくれます。

    また、M&A会社では、自社で見つける場合と比べてかなり幅広いM&A先を見つけることができます。

    特に中小企業の場合には、M&A会社に依頼してM&Aを助けてもらうと安心です。

    なお、M&A会社には主に以下の2種類があります。

    M&A会社の種類
    • M&A仲介会社
      売り手と買い手の双方について、M&Aを円滑に進めてくれる会社
    • M&Aアドバイザリー会社
      売り手もしくは買い手の片方だけについて、よりよいM&Aをサポートしてくれる会社

    M&A会社を見に行く

    千葉でのM&Aの方法②:公的機関に相談する

    千葉_M&A_公的機関

    千葉県でM&Aを行う時には、公的機関に相談することもできます。

    千葉県も経営層の高齢化は課題に感じており、M&Aに関する公的な支援を行ってくれます。

    公的機関ではM&Aの中でも、事業承継についてアドバイスやM&A先とのマッチングなどを行ってくれるようです。

    公的機関を見に行く

    千葉でのM&Aの方法③:地元の金融機関に相談する

    千葉_M&A_地元

    千葉県でM&Aを行う時には、地元の金融機関に相談する方法も取れます。

    銀行を始めとした金融機関は多くの企業とつながりがあるため、M&Aの部門を持っていることがあります。

    地元の金融機関であれば、地元の情報にも精通しているため、安心して相談することができます。

    ちなみに、特に大企業がM&Aをする時には金融機関が大きな助けになるでしょう。

    地元の金融機関を見に行く

    千葉でのM&Aの方法④:M&Aマッチングサイトを活用する

    千葉_M&A_マッチング

    千葉県でM&Aを行う時には、M&Aマッチングサイトを利用するのも良い方法です。

    M&Aマッチングサイトとは、M&Aの売り手と買い手をオンライン上で結びつけるサービスです。

    M&Aマッチングサイトでは多くの売却案件が掲示されているため、多くの候補の中から選ぶことができます。

    また、手厚いサポートがない分、比較的安価な手数料で利用することができます。

    自社にM&Aの専門知識があり、M&A先を探す能力のみが不足している場合には、特に大きな助けになるでしょう。

    M&Aマッチングサイトを見に行く

    千葉でのM&Aの方法⑤:自力でM&Aを行う

    千葉_M&A_自力

    千葉県でM&Aを行う時には、自力でM&Aを行うという選択肢もあります。

    自力でM&Aを行えば、外部に依頼する費用はかかりませんので、もっともコストがかかりません。

    ただ、M&Aには多くの専門知識が必要であり、M&A先も見つける必要があり、自力で行うのはかなり難しいです。

    千葉県でのM&AでM&A会社を選ぶ時の6つのポイント

    千葉_M&A_ポイント

    千葉県でM&A会社を選ぶ時のポイントとしては、主に以下の6つがあります。

    それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

    千葉でM&A会社を選ぶポイント①:同じ業界のM&A実績があるか

    千葉_M&A_同じ

    M&A会社を選ぶ時のポイントとしてまず挙げられるのは、同じ業界のM&A実績があるかどうかです。

    いくらM&Aで豊富な実績があったとしても、同じ業界でもM&Aの実績がないのであれば、その業界特有の情報に疎い可能性があります。

    それでは安心して任せられないので、M&Aを依頼しようか検討しているM&A会社には、自社と同じ業界でM&Aを成立させたことがあるか聞いてみましょう。

    千葉でM&A会社を選ぶポイント②:千葉県でのM&A実績があるか

    千葉_M&A_千葉県

    M&A会社を選ぶ時のポイントとしては、千葉県でもM&A実績があるかも挙げられます。

    これは上記の理由と同じで、千葉県でのM&A実績があれば、千葉県ならではの特徴も理解している可能性が高いからです。

    また、千葉県の会社のネットワークが広く、より多くの候補先から選べるかもしれません。

    千葉でM&A会社を選ぶポイント③:専門家とのネットワークが広いか

    千葉_M&A_ネットワーク

    M&A会社を選ぶ時のポイントとしては、専門家とのネットワークが広いかも挙げられます。

    M&Aではさまざまな法務、会計知識が必要になるため、どうしても専門家の助けを借りる必要があります。

    そして、M&Aに詳しい、法律や会計の専門家は希少です。

    そのため、専門家とのネットワークが広ければ、よりあなたの会社のM&Aを成功に導ける可能性が高いと言えるでしょう。

    千葉でM&A会社を選ぶポイント④:自社の規模と合っているか

    千葉_M&A_自社

    M&A会社を選ぶ時のポイントとしては、自社の規模と合っているかも挙げられます。

    M&A会社では、各社でどの程度の規模の会社のM&Aが得意か決まっています。

    会社の規模によってM&A先も変わってくるため、あなたの会社と同じ規模のM&Aが得意でなければ、少ない候補先の中から選ぶことになってしまう可能性があります。

    ちなみに、M&Aサービスによって、得意な規模は以下のように異なるとされています。

    M&Aマッチングサイト 小規模な企業に最適
    M&A会社 中小規模の企業に最適
    金融機関 大規模な企業に最適

    千葉でM&A会社を選ぶポイント⑤:手数料が明快で安いか

    千葉_M&A_手数料

    M&A会社を選ぶ時のポイントとしては、手数料が明快で安いかも挙げられます。

    M&A会社への依頼にはそれなりの費用がかかりますから、その費用はできれば安いほうが良いですよね。

    手数料の金額を記載しているM&A会社も多いので、事前に確認しておくと良いでしょう。

    ちなみに、M&A会社への依頼でかかる費用には、主に以下のようなものが挙げられます。

    M&A会社で取られる報酬
    •  着手金
      売り手のサポートを開始する時に支払う手数料。M&A会社がM&Aに関連した業務を行う費用として発生します。作業代金となるため、M&Aが成立しなかった場合でも返金される場合はありません。
    • 月額報酬
      M&A会社が売り手にアドバイス・サポートする対価として支払う手数料。毎月固定で費用が発生します。
    • 中間金
      買い手との条件の交渉がまとまり、基本合意書を締結したタイミングでかかる費用。固定費用の場合もありますが、売却予想金額の数%を徴収する場合もあります。
    • 相談料
      M&A会社に相談する時に発生する費用です。相談時間に応じて料金が発生するケースがあれば、何回相談しても無料なケースもあります。近年では相談料がかからないM&A会社が増えています。
    • 成果報酬
      M&Aが完了し、買い手が売り手に譲渡費用を支払う時にかかる費用です。近年では成果報酬しかかからないM&A会社も増えています。
    • その他費用
      上記以外にも費用がかかる場合があります。たとえば、外部の専門家と連携してM&Aを行った場合、依頼量が別途でかかる場合があります。

    千葉でM&A会社を選ぶポイント⑥:担当者との相性が良いか

    千葉_M&A_担当者

    実は、M&A会社を選ぶ時のポイントとしては、担当者との相性が良いかも挙げられます。

    むしろ、担当者との相性は特に重要と言えるでしょう。

    なぜなら、いくら良いM&A会社でも、担当者との相性が悪いとM&Aがうまくいかない可能性があるからです。

    担当者がきちんと仕事ができる人物かも重要ではありますが、それ以上に性格面で相性が良いかが重要です。

    M&Aは長期間にわたって行われる重要な業務であるため、担当者との相性で失敗したくないですよね。

    もし担当者との相性が良くないと感じたら、すぐに担当者を変えてもらうと良いでしょう。

    また、最初に複数のM&A会社に相談しに行き、その中から最終的に相談するM&A会社を決めると、より良い選択ができるでしょう。

    千葉県でのM&Aで使えるM&Aサービス10選

    千葉_M&A_サービス

    千葉県でのM&Aで使えるM&A仲介会社・サービスには主に以下の10個があります。

    それぞれのサービスについて詳しく見ていきましょう。

    【M&A会社】日本M&Aセンター

    MAコンサル_比較_センター

    日本M&AセンターはM&A会社として最大手の企業です。

    東証一部上場企業であり、M&A会社の中でも特に知名度が高く、安心して相談することができます。

    日本M&Aセンターは扱っている企業の幅が広く、これまでさまざまな業種、規模の企業のM&Aを支援してきた実績があります。

    なお、その中でも特に中小企業の事業承継には強みを持っています。

    【M&A会社】中小企業M&Aサポート

    千葉_M&A_中小

    中小企業M&Aサポートは文字通り中小企業のM&Aを中心を行ってきたM&A会社です。

    M&A仲介会社であるため、売り手と買い手の間に立ち、M&Aを円滑に行う手助けをしてくれます。

    中小企業M&Aサポートは充実したサービスを提供してくれる上、成功報酬が150万円~と業界でも最安水準になっています。

    そのため、特に小さな企業がM&Aのサポートをしてもらうのに適した会社と言えます。

    【M&A会社】M&Aキャピタルパートナーズ

    MAコンサル_比較_キャピタルパートナーズ

    M&Aキャピタルパートナーズは東証一部上場のM&A会社のひとつです。

    日本M&Aセンターと同じく、中小企業の事業承継が特に得意な会社です。

    M&Aキャピタルパートナーズでは中間報酬と成功報酬のみがかかり、幅広くM&Aのサポートを行っている会社野中では報酬が低めなのが魅力的です。

    社員のレベルも高く、きっとあなたの会社のM&Aを成功に導いてくれるでしょう。

    【M&A会社】M&A総合研究所

    MAコンサル_比較_総研

    M&Aは(売り手の場合)完全成果報酬制なのが魅力的なM&A会社です。

    完全成果報酬制とは、料金が成果報酬しかかからず、M&Aが成立しなければ一切の費用がかからない形式です。

    また、ネットワークが広いため、豊富な候補先からM&A先を選ぶことができます。

    経験豊富なアドバイザーが最初から最後まで丁寧にサポートしてくれるのも魅力的です。

    【公的機関】千葉県事業引継ぎ支援センター

    千葉_M&A_引き継ぎ

    千葉県事業引継ぎ支援センターは千葉市商工会議所内に設置されている施設です。

    千葉県事業引継ぎ支援センターでは、事業承継のアドバイス、後継者とのマッチング、専門家の紹介などさまざまなサービスを受けることができます。

    相談だけなら無料でしてもらうことが可能です。

    【金融機関】千葉銀行

    千葉_M&A_千葉銀行

    千葉銀行は千葉県が主要な営業基盤である地方銀行です。

    千葉銀行では、経営承継サポートサービス、M&Aアドバイザリーサービスなどを行っています。

    千葉銀行は千葉を代表する金融機関であり、多くの企業と関わりを持っているため、M&Aの大きな助けになるでしょう。

    ビズリーチと業務提携を行い、事業承継M&Aプラットフォームを活用したサービスも展開しています。

    【金融機関】千葉興業銀行

    千葉_M&A_興業

    千葉興業銀行はもともと千葉銀行から派生してできた銀行で、みずほ銀行との関係が深い銀行です。

    千葉興業銀行では、外部の専門家と提携して、事業承継やM&Aのサポートを行っています。

    千葉興業銀行では事業承継の支援を強化するために、2021年までに全店舗にM&Aアドバイザーの資格を持った相談員を配置する計画を進行させています。

    【M&Aマッチングサイト】Batonz

    千葉_M&A_Batonz

    Batonzは株式会社バトンズが運営するM&Aマッチングサイトです。

    BatonzはM&Aのスピード感に定評があり、通常のM&Aが平均して11ヶ月かかるのに対して、Batonzでは平均3.5ヶ月で成約しています。

    また、Batonzは売り手は完全に無料な上、成約サポーターが無料で支援してくれます。

    ちなみに、買い手は2%の報酬がかかります。

    【M&Aマッチングサイト】TRANBI

    千葉_M&A_TRANBI

    TRANBIは株式会社トランビが運営するM&Aマッチングサイトです。

    日本最大級の案件数を誇り、常時2,000件以上の中から選べるのが魅力的です。

    また、売り手の場合には成約手数料もなく、無料で利用できます。

    案件掲載は匿名で行えるので、M&Aをすることが周りにバレたくない場合もおすすめです。

    【M&Aマッチングサイト】飲食M&A

    千葉_M&A_飲食

    飲食M&Aは株式会社シンクロ・フードが運営する、飲食業界に特化したM&Aマッチングサイトです。

    飲食店舗を買いたい人や売りたい人に特におすすめです。

    飲食M&Aにはいくつかプランがあり、M&Aを本格的に代行してもらうプランから、すべて自分で行う代わりに無料のプランまであります。

    自分の状況に合ったプランを選べるのがうれしいですね。

    千葉県で行われたM&A・事業承継・会社売却の事例5選

    千葉_M&A_事例

    千葉県で行われたM&Aの事例としては、主に以下の5つです。

    それぞれの事例について詳しく見ていきましょう。

    千葉のM&A事例①:イオン / ビオセボン

    千葉_M&A_イオン

    イオンは千葉県千葉市に本社がある大手流通グループです。

    イオンはフランスでオーガニック専門スーパーを展開しているビオセポンに資本参加し、シナジーを生み出しています。

    2016年には千葉市にビオセポン・ジャポンが設立され、オーガニック専門スーパーを展開しています。

    千葉のM&A事例②:K&Oエナジーグループ / WELMA

    千葉_M&A_KO

    K&Oエナジーグループは千葉県茂原市に本社がある、ガス事業やヨード事業などを行っている会社です。

    K&Oエナジーグループは地熱調査井、蒸気井などを扱っている、WELMAを買収しています。

    これは、K&Oエナジーグループが新規事業として再生可能エネルギー事業に進出するためです。

    千葉のM&A事例③:バインド・ギアコーポレーション / 熊谷製作所

    千葉_M&A_バインド

    バインド・ギアコーポレーションは千葉県松戸市にある会社で、世界最大手のバインダー金具メーカー国際文具製造厰の総代理店として、製品の輸入販売を行っています。

    バインド・ギアコーポレーションはバインダー用金具製造を行う熊谷製作所を買収することで、製品開発力の向上を図っています。

    千葉のM&A事例④:ZOZO / カラクル

    千葉_M&A_ZOZO

    ZOZOはファッションショッピングサイトZOZOTOWNを運営する会社で、千葉市稲毛区にあります。

    ZOZOは2017年に、ソフトウェア開発などを行っているカラクルを買収しています。

    カラクルは機械学習アルゴリズム開発や大規模データ解析で高い専門性を持っています。

    ZOZOはZOZOTOWNをシステム面でサポートしてもらうために、カラクルを買収したようです。

    千葉のM&A事例⑤:明治物産 / Sailor Automation, Inc.

    千葉_M&A_明治物産

    明治物産は千葉県松戸市にある会社で、産業用ロボットに関する事業を行っている会社です。

    明治物産は2017年にもともと45%の出資を行っていた米Sailor Automation, Inc.を買収しました。

    これは、もともと55%の出資を行っていたセーラー万年筆が北米戦略の見直しを行ったことが関係しているようです。

    M&Aを行う時の10手順

    千葉_M&A_手順

    M&Aを行う時には、以下の10手順を踏みます。

    それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

    M&Aの手順①:必要な資料の準備

    製薬会社_買収_相談

    会社を売却する時には、まず必要な資料を準備しましょう。

    必要な書類は、この段階でM&A会社などに相談しておけば、あなたの会社の状況に合わせて教えてくれます。

    最低限、過去三期分の決算資料は用意しておきたいですね。

    M&Aの手順②:売却相手の募集

    製薬会社_買収_相手

    次に、売却相手の募集を行いましょう。

    M&A会社に依頼した場合には、あなたは何もしなくても最適な売却候補先を探してくれます。

    そうでない場合には、自分で営業活動を行ったり、オンラインのM&Aプラットフォームを利用したりすると良いでしょう。

    M&Aの手順③:秘密保持契約の締結

    製薬会社_買収_秘密保持契約

    売却候補先が見つかったら、最初に秘密保持契約を締結する必要があります。

    秘密保持契約を締結しないと、他社や自社の従業員にM&Aのことが発覚してしまい、混乱してしまう可能性があります。

    安心して交渉を行うために、必ず秘密保持契約を締結しましょう。

    M&Aの手順④:企業概要書の提示

    製薬会社_買収_企業概要書

    秘密保持契約を締結した後には、企業概要書の提示を行います。

    企業概要書には、会社の情報のうち、公開されていないような詳細な情報が含まれています。

    買い手企業はここに書かれている情報をもとに、想定価格や基本的な条件を決定します。

    M&Aの手順⑤:トップ面談

    製薬会社_買収_トップ

    企業概要書の提示を行った後にはトップ面談を行います。

    トップ面談では、売り手企業の経営者と買い手企業の責任者が面談を行い、企業文化や経営に対する考え方などの共有を行います。

    ここで相手に聞きたいことは聞いておくと良いでしょう。

    M&Aの手順⑥:基本合意書の締結

    製薬会社_買収_基本合意書

    次は、基本合意書の締結を行います。

    基本合意書では、交渉を続けるという意志をお互いに示し、より詳細に売却価格を決定していくことを確認し合います。

    基本合意書では想定価格や基本的な条件も記載されていますが、これは特に法的な拘束力があるものではないので注意しましょう。

    M&Aの手順⑦:デューデリジェンスの実施

    千葉_M&A_デューデリジェンス

    次に、買い手によるデューデリジェンスが実施されます。

    デューデリジェンスとは、売り手企業の価値やリスクなどを正確に把握するため、専門家が調査を行うことです。

    デューデリジェンスをもとに買い手が希望の買取額などを提示することになります。

    M&Aの手順⑧:条件交渉

    製薬会社_買収_条件交渉

    買い手が希望買取額や条件の提示を行ったら、売り手と買い手の間で条件交渉が行われます。

    条件交渉の結果、最終的な価格や条件が決定されます。

    M&Aの手順⑨:契約締結

    製薬会社_買収_契約締結

    条件交渉が終わり、両者が内容に合意したら、最後に契約が締結されます。

    ここで契約された内容は法的拘束力があります。

    M&Aの手順⑩:売却実行

    製薬会社_買収_買収実行

    最後に、売却が実行されます。

    契約書に記されたとおり、双方が売却のために必要な作業を行っていきます。

    必要な作業が完了すると、いよいよ譲渡が行われ、売り手側に譲渡代金が支払われます。

    千葉県のM&Aのまとめ

    千葉_M&A_まとめ

    M&Aは、千葉県でも活発化しています。

    千葉県でM&Aを行う方法としては、主に以下の5つがあります。

    千葉県でのM&Aで使えるM&Aサービスには、主に以下のものがあります。

    千葉県でのM&AでM&A会社を選ぶ時のポイントとしては、主に以下の6つがあります。

    千葉県で行われたM&Aの事例については、主に以下の5つがあります。

    M&Aを行う時の手順としては主に以下の10手順を踏みます。