M&Aコンサル13社を種類別に徹底比較! あなたにあった会社が見つかる!

「M&Aコンサルってどう選んだら良いの?

このように感じていませんか?

M&Aコンサルは会社を売却したり、買収したりする時の力強い味方です。

しかし、そう何度も会社を売ったり買ったりするものではないですから、どう選んだら良いかわからないという方が多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではM&Aコンサルの比較方法からおすすめのM&Aまで詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「M&Aコンサル」ざっくり言うと
  • M&Aコンサルは会社売却・買収のサポートをしてくれる会社
  • 金融系のM&Aコンサルは、戦略立案や日本政策投資銀行との連携など
  • 仲介系のおすすめM&AコンサルはM&A総合研究所など
  • アドバイザリー系のおすすめM&Aコンサルは山田ビジネスコンサルティングなど
  • 銀行・証券系のおすすめM&Aアドバイザリー業務の取り扱いは野村證券など
  • M&Aコンサルを比較するポイントはこれまでの実績など

【相談無料!】「M&Aアドバイザー」に相談してみませんか?

  • 「M&Aの知識をイチから教えて欲しい。」
  • 「資金調達の事例も合わせて聞いてみたい。」
  • 「最短最速でM&Aを終わらせたい・最新事例が知りたい。」
  • 「M&Aを最後までしっかりサポートしてもらいたい。」

こうした疑問や悩みをお持ちの方に、M&Aアドバイザーでは、無料相談を実施中です。

M&Aアドバイザーでは、M&Aに関するプロがお相手探しから成約まで一気通貫でサポート致します。

そのため、交渉などにかかる時間が短縮でき、M&A全体をスピード感を持って推進することができます。

スピード感費用を重視されている経営者様は、ぜひ一度お問い合わせください。

M&Aアドバイザーが選ばれる理由とは?

全国でM&Aアドバイザーが選ばれる理由
  1. 完全成功報酬型・着手金無料
  2. 売り手・買い手双方のマッチングスピードの圧倒的な速さ
  3. マッチングから成約までM&Aのプロが徹底サポート

M&Aアドバイザーは、相談から成約完了まで、完全無料のM&A仲介会社です。

所属するM&Aアドバイザリーは、M&Aの豊富な知識や経験を積んでおり、経営者様にM&Aの知識がなくても安心してお任せいただけます。

まずは相談から無料で承っておりますので、下記のフォームから、ぜひお気軽にお問い合わせください。
今すぐM&Aのプロに無料相談!

    会社名(任意)
    お名前必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    ご興味のある内容必須


    ※ご相談は無料です。
    ※いつでも登録解除が可能です。
    ※現在譲渡側のみ相談を受け付けております。

    (お電話番号、メールアドレスは、お申し出に応じて、いつでも登録を解除致します。不要となりました際はご連絡ください。)

    M&Aコンサルとは?

    MAコンサル_比較_とは

    M&Aコンサルとは、M&A、つまり会社を売ったり買ったりする時に売り手と買い手をマッチングしたり、アドバイスをしたりする会社のことです。

    具体的には、以下のような作業を売り手や買い手の会社の代わりに行ってくれます。

    M&A会社の業務
    • 買収・売却の戦略の立案
    • M&Aの実際の手続きや契約作業
    • (会社によっては)M&Aの後の組織の再編

    M&Aの業務には基本的には誰でも携わることができます。

    しかし、これでは担当者が依頼者の信頼を得られない場合があるため、M&Aエキスパート認定制度やM&Aスペシャリスト資格などの民間資格を取得している人もいます。

    そんなM&Aコンサルは以下の2つの種類に分けることができます。

    M&Aコンサルとは?

    それぞれの種類について詳しく見ていきましょう。

    M&A仲介

    MAコンサル_比較_仲介

    M&A仲介とは、買収したい企業と売却したい企業を仲介するサービスのことです。

    買収したい企業と売却したい企業を相互に紹介し合うマッチングプラットフォームを展開しています。

    どちらの仲介も行っているため、条件が合う相手とM&Aを行うのが容易になります。

    両方の仲介を行っているため、あなたの企業だけに味方してくれるわけではなく、あくまで中立的な立場ですが、その分料金は安めに設定されています。

    このようない事情から、M&A仲介は比較的規模の小さな中小企業のM&Aに用いられる場合が多いです。

    目安としては、1案件あたりの売却金額が20億円程度の案件が多いです。

    M&Aアドバイザリー

    MAコンサル_比較_アドバイザリー

    M&Aアドバイザリーは買い手もしくは売り手の会社と専属契約を行い、M&Aについてサポートしてくれます

    片方にだけM&Aのサポートを行うので、自社が得られる利益を最大化してもらうことができるのが最大の特徴です。

    M&Aアドバイザリーの報酬はM&A仲介よりも高めに設定されていますが、一般的にM&A仲介よりも売り手なら高価格で売るサポート、買い手なら低価格で買うサポートなどを行ってくれます。

    しかし低価格のM&Aでは割りに合わないため、M&Aアドバイザリーは上場企業の買収など1案件あたりの規模が大きい場合に用いられることが多いです。

    M&Aコンサルを行う会社の3つの種類

    MAコンサル_比較_種類

    M&Aコンサルを行う会社には以下の3つの種類があります。

    M&Aコンサルを行う会社の3つの種類

    それぞれの種類について詳しく見ていきましょう。

    M&A仲介会社

    MAコンサル_比較_仲介会社

    M&A仲介会社は上でも紹介したとおり、企業を売りたい人と買いたい人をマッチングしてくれるサービスです。

    報酬が比較的低価格なのが特徴で、中小企業のM&Aに利用されることが多いです。

    M&A仲介会社の中でもおすすめの会社は、以下のリンクから探すことができます。

    おすすめのM&A仲介会社を見に行く

    M&Aアドバイザリー会社

    MAコンサル_比較_アドバイザリー会社

    M&Aアドバイザリー会社は上でも紹介したとおり、企業を売りたい人、もしくは買いたい人の側に立ってM&Aをサポートしてくれるサービスです。

    M&A仲介会社と比べて報酬はやや高いですが、その分、自分たちの側に立ってM&Aをサポートしてくれます。

    M&Aアドバイザリー会社の中でもおすすめのものは以下のリンクから探すことができます。

    おすすめのM&Aアドバイザリー会社を見に行く

    銀行・証券会社

    MAコンサル_比較_銀行

    銀行・証券会社はM&Aを専門に扱っている会社ではありませんが、社内にM&A部門があり、M&Aのサポートを行ってくれる場合があります。

    まず、銀行は多数の企業に融資しているため、M&Aで買い手や売り手を探すのに長けています。

    特にメガバンクはM&Aについて手厚く支援を行ってくれるので注目です。

    また、外資系投資銀行は日本国内だけでななく、海外の企業を相手に会社を売ったり買ったりできるのが特色です。

    一方、証券会社では上場企業の公開買付(TOB)で企業を買収することも可能です。

    上場会社を買収する場合には特に役に立つでしょう。

    M&A業務を行っている銀行・証券会社の中でもおすすめのものは以下のリンクから探すことができます。

    おすすめの金融系M&Aコンサルを見に行く

    おすすめのM&Aコンサル5選【仲介系】

    MAコンサル_比較_仲介

    仲介系のM&Aコンサルは売り手と買い手をマッチングしてくれる便利なサービスです。

    仲介手数料が安いのが大きなメリットと言えます。

    仲介系のM&Aコンサルの中でも特におすすめのサービスは以下の5つです。

    それぞれのサービスについて詳しく見ていきましょう。

    M&A総合研究所

    MAコンサル_比較_総研

    M&A総合研究所は幅広い範囲のM&A案件を取り扱っているのが特徴的なM&A仲介会社です。

    具体的には、数千万円規模から数十億円規模までのM&Aを仲介しています。

    M&A総合研究所の報酬は完全成果報酬制な上、業界でも安い方なので低コストでM&Aを行うことができます。

    M&Aにかかる期間は場合によりまちまちですが、最短3ヶ月でM&Aが成約した実績があります。

    日本M&Aセンター

    MAコンサル_比較_センター

    日本M&Aセンターは特に知名度の高い東証一部上場のM&A仲介会社で、案件数も多く安定感がある会社です。

    色々なM&Aを仲介してきた実績がありますが、特に中小規模の案件を多く取り扱っています。

    業界の幅も広く、特定の業界を専門にしているわけではありません。

    相談だけなら無料で行うことができます。

    ストライク

    MAコンサル_比較_ストライク

    ストライクはオンラインM&Aのパイオニア的な会社です。

    日本で初めてオンラインでのM&A仲介を始めた会社になっています。

    オンライン上で簡単に手軽に買い手企業を探すことができます。

    売上100億円規模までの中堅企業のM&A案件まで取り扱っています。

    M&Aキャピタルパートナーズ

    MAコンサル_比較_キャピタルパートナーズ

    M&Aキャピタルパートナーズは東証一部上場の完全成果報酬型M&A仲介会社です。

    完全成果報酬型で着手金が無料なので、たとえ結局M&Aが失敗して白紙になってもコストがかからないのがうれしい特徴です。

    ただ、中間報酬は取られます。

    レコフ

    MAコンサル_比較_レコフ

    レコフは1987年創業の老舗M&A仲介会社です。

    山一證券から派生してできたルーツがあります。

    上場企業同士のM&Aまで幅広く扱ってきた実績があります。

    そのため、上場企業に会社を売りたい場合などに力強い味方になってきます。

    レコフはなんと、上場企業の9割と関わりがあるとされています。

    おすすめのM&Aコンサル4選【アドバイザリー系】

    MAコンサル_比較_アドバイザリー

    アドバイザリー系ではM&Aコンサルが売り手、もしくは買い手についてM&Aについて総合的にサポートしてくれます。

    売り手か買い手の片方にだけつくので、よりあなたの会社に寄り添ったサービスをしてくれるのが特徴です。

    そんなアドバイザリー系M&Aコンサルの中でも特におすすめなのは以下の4つのサービスです。

    それぞれのサービスについて詳しく見ていきましょう。

    山田ビジネスコンサルティング

    MAコンサル_比較_山田

    山田ビジネスコンサルティングは公認会計士・税理士事務所にルーツがあるM&A会社です。

    そのため、公認会計士や税理士など数多くの専門家が在籍しており、きめ細かいサポートを受けられます。

    これまでに1,200件以上のM&Aを行ってきた実績があります。

    買い手・売り手のネットワークが幅広く、スピード感のあるM&Aを実現できます。

    ホームページ上で実績案件を多数紹介しているので、安心して相談することが可能です。

    みそうパートナーズ

    MAコンサル_比較_みそう

    みそうパートナーズは大手監査法人にルーツがあるM&A会社です。

    2016年8月に事業を開始した比較的新しい会社になります。

    案件は中堅企業や中小企業が中心で、M&Aはもちろんのこと、事業再生、経営革新、事業承継など幅広いサービスを展開しています。

    大手法律事務所や税理士法人、投資ファンドなどとの提携もしているため、幅広い支援を受けられます。

    辻・本郷税理士法人

    MAコンサル_比較_辻

    辻・本郷税理士法人はあらゆるM&Aに対応するM&A会社でM&Aの相手を見つけるところからM&Aの後の会計コンサルティングまで幅広いサービスを提供してくれます。

    独立系のM&A会社のため、中立的な視点でM&Aをサポートしてくれます。

    その上、監査法人、コンサルティング会社、投資ファンド、法律事務所など幅広いネットワークを持っていて、顧客のさまざまな悩みに対応してくれます。

    フロンティアマネジメント

    MAコンサル_比較_フロンティア

    フロンティアマネジメントはM&Aアドバイザリー業務と経営コンサルティング業務を行っている会社です。

    M&Aについてアドバイスをしてくれるだけでなく、企業再生や経営支援の手伝いまで行ってくれます。

    フロンティアマネジメントには経営コンサルタントなどビジネスの専門家から、弁護士、公認会計士、税理士などの専門家まで在籍しています。

    本社は東京ですが、長野、名古屋、大阪にも支店が存在します。

    おすすめのM&Aコンサル4選【金融系】

    MAコンサル_比較_金融

    M&Aを扱っているのはM&Aが専門の会社だけではありません。

    銀行や証券会社などの金融機関もM&Aのコンサル業務を行ってくれます。

    金融系M&Aコンサルの中でも特におすすめなのは以下の4社です。

    おすすめのM&Aコンサル4選【金融系】

    それぞれの会社について詳しく見ていきましょう。

    野村證券

    MAコンサル_比較_野村

    野村證券はM&Aの助言業務を扱っている金融機関の中でも最大手の会社です。

    日本の店舗型証券会社の中でも最大手の会社になっています。

    野村證券はこれまで大型のM&A案件に携わってきた実績があります。

    このような大型の案件に携われるのは、野村證券に圧倒的な顧客ネットワークがあるからです。

    上場企業を中心に幅広いネットワークがあり、上場企業のM&Aについてのアドバイスが得意な会社です。

    中規模・小規模のM&A案件を手掛けることは少ないです。

    MUFG

    MAコンサル_比較_MUFG

    MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)は銀行ですが、M&Aアドバイザリー業務も取り扱っています。

    企業や事業の買収、売却、合併、合弁、資本提携など幅広い種類の案件のアドバイスを行っており、また幅広い分野に専門知識を持ったアドバイザーが在籍しているため、高度なノウハウが蓄積されています。

    東京だけでなく、名古屋、大阪にもM&Aを取り扱う専門スタッフが在籍していることも特徴です。

    みずほ銀行

    MAコンサル_比較_みずほ

    みずほ銀行は銀行でM&Aアドバイザリー業務を行っている会社のひとつです。

    本業は銀行ですがM&A業務も取り扱っています。

    M&Aの取扱数も豊富です。

    みずほ銀行のM&Aの特徴は新興国へ進出するためのクロスボーダーM&Aに強いということです。

    特に海外進出を考えている会社にとっては力強い味方になることでしょう。

    SMBC日興証券

    MAコンサル_比較_SMBC

    SMBC日興証券は証券系のM&A会社です。

    三井住友グループに所属しているため、金融などについて幅広いネットワークがあり、幅広いサポートを受けることができます。

    金融系巨大グループに所属しているため、信頼性も抜群です。

    特に売上100億円以上の大企業におすすめのM&A会社と言えます。

    M&Aコンサルを比較する5つのポイント

    MAコンサル_比較_ポイント

    M&Aコンサルは以下の5つのポイントで比較するのがおすすめです。

    それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

    ポイント①:これまでのM&A実績

    MAコンサル_比較_実績

    M&Aコンサルを比較する時、まず大事になってくるのがこれまでのM&A実績です。

    実績が豊富なM&A会社ならM&Aについて良質なノウハウが溜まっており、良いアドバイスを受けることができるでしょう。

    特に自社の業種のM&Aを扱ったことがあるか、自社が検討しているものと同程度のM&Aを扱った実績があるかは慎重に確認する必要があるでしょう。

    ポイント②:専門家のネットワークの広さ

    MAコンサル_比較_ネットワーク

    M&Aコンサルを比較する時には、専門家のネットワークの広さも重要な判断材料になります。

    M&Aを行う時には幅広い分野の専門知識が必要になります。

    必要になる知識は場合によりますが、特に税務関係の知識や法律関係の知識は必要になることが多いです。

    そのような時に頼りになる専門家のネットワークが広ければ、M&Aのサポートを任せても安心です。

    特に小規模なM&A会社の場合は専門家のネットワークが広くない可能性があるので注意が必要です。

    ポイント③:担当者との相性

    MAコンサル_比較_担当者

    M&Aコンサルを比較する時に盲点になりがちなのが担当者との相性です。

    盲点でありながら、担当者との相性は特に重要なポイントです。

    いくら良いM&Aコンサルであっても、担当者が良くなければ、M&Aがうまく行かない可能性があるからです。

    担当者の仕事能力はもちろんのこと、安心して任せられるかなど人格面での相性も重要です。

    M&Aは長期間にわたって行われる大規模な業務なので、担当者との相性が悪かったらすぐに変えてもらう判断が重要です。

    何も無料相談だけであれば、最初にひとつのM&A会社だけにしぼる必要はありません。

    担当者との相性を確認するためにも、最初は複数のM&A会社に相談しに行き、その中から最終的にどの会社にM&Aのサポートを行ってもらうか考えると良いでしょう。

    ポイント④:報酬体系

    MAコンサル_比較_報酬体系

    M&A会社を選ぶ時には報酬体系も確認しておきましょう。

    M&Aは多額のお金が動く業務ですので、できれば安価な料金でM&Aのサポートをお願いしたいですよね。

    どのような報酬を取られるかはM&A会社によって違うので事前に確認しておきましょう。

    ちなみに、M&A会社で取られることが多い報酬は以下のようなものです。

    M&A会社で取られる報酬
    •  着手金
      売り手のサポートを開始する時に支払う手数料。M&A会社がM&Aに関連した業務を行う費用として発生します。作業代金となるため、M&Aが成立しなかった場合でも返金される場合はありません。
    • 月額報酬
      M&A会社が売り手にアドバイス・サポートする対価として支払う手数料。毎月固定で費用が発生します。
    • 中間金
      買い手との条件の交渉がまとまり、基本合意書を締結したタイミングでかかる費用。固定費用の場合もありますが、売却予想金額の数%を徴収する場合もあります。
    • 相談料
      M&A会社に相談する時に発生する費用です。相談時間に応じて料金が発生するケースがあれば、何回相談しても無料なケースもあります。近年では相談料がかからないM&A会社が増えています。
    • 成果報酬
      M&Aが完了し、買い手が売り手に譲渡費用を支払う時にかかる費用です。近年では成果報酬しかかからないM&A会社も増えています。
    • その他費用
      上記以外にも費用がかかる場合があります。たとえば、外部の専門家と連携してM&Aを行った場合、依頼量が別途でかかる場合があります。

    これらの費用がどのくらいかかるか、最初に確認しておく必要があります。

    特におすすめなのは成果報酬しかかからない、完全成果報酬型のM&A会社です。

    完全成果報酬型であれば、M&Aが成功した場合にのみ料金がかかるため、損をすることがありません。

    料金も明快でわかりやすいためおすすめです。

    ポイント⑤:自社の規模に合っているか

    MAコンサル_比較_規模

    M&A会社を選ぶ時には、自社の規模に合っているかも地味に重要なポイントです。

    M&A会社は大規模な案件が得意なところもあれば、小規模な案件が得意なところもあります。

    自社の規模に近い案件を多く扱っているM&A会社なら安心して任せることができるでしょう。

    ちなみに、傾向としては金融系のM&A会社は大規模な案件のみ扱っている場合が多いです。

    一方、M&Aを本業にしている会社は中小規模のM&Aを中心に扱っている場合が多いです。

    M&Aコンサルが必要な5つの理由

    MAコンサル_比較_理由

    会社を売りたい人、会社を買いたい人にとってM&Aコンサルが必要な理由としては、主に以下の5つが挙げられます。

    それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

    理由①:関係法令の知識が豊富だから

    MAコンサル_比較_法令

    M&Aコンサルが必要な理由としてまず挙げられるのが、関係法令の知識が豊富だからです。

    M&Aには実に多くの法令に関する知識が必要になります。

    多くの会社にとってM&Aはめったに行うことではないですから、そのような法令の知識を持っている人がいる場合は少ないでしょう。

    そのため、M&Aを専門に扱っているM&Aコンサルに頼る必要があるのです。

    理由②:契約に関する知識が豊富だから

    MAコンサル_比較_契約

    M&Aコンサルが必要な理由として、契約に関する知識が豊富である点も挙げられます。

    こちらも同じように、社内にM&Aに関する契約をしたことがある社員がいる場合は少ないでしょう。

    M&Aコンサルでは契約に関する知識も豊富です。

    M&Aコンサルに依頼すれば契約に関するサポートも行ってくれます。

    理由③:M&A後の人事や組織編成に関する知識が豊富だから

    MAコンサル_比較_人事

    M&Aコンサルが必要な理由として、M&A後の人事や組織編成に関する知識が豊富である点も挙げられます。

    M&Aはただやって終わりというわけではありません。

    M&Aの後には新たに加わった社員の人事を決定したり、組織編成を行ったりする必要があります。

    そんな時にもM&Aコンサルは役に立ってくれます。

    理由④:経営に集中できるから

    MAコンサル_比較_経営

    M&Aコンサルが必要な理由として、M&Aコンサルを利用すれば経営に集中できるから、というものもあります。

    M&Aではさまざまな業務が発生し、経営者はそれに携わらなくてはいけない場合が多いため、経営に集中するのが難しくなってしまいます。

    一方、M&Aコンサルに依頼すれば多くの作業を代行してくれるため、経営者は引き続き経営に集中することが可能です。

    経営者は経営者としての仕事をし、M&Aに関する仕事は専門家のM&Aコンサルに任せてしまうのがおすすめです。

    理由⑤:売り手・買い手を見つけやすいから

    MAコンサル_比較_売り手

    M&Aコンサルが必要な理由として、売り手や買い手を見つけやすいから、というものも挙げられます。

    M&AコンサルはM&Aのプロですので、当然売り手や買い手のネットワークも広くなっています。

    そのため、M&Aの相手を探すのに長けています。

    売り手や買い手が多ければ、それだけ交渉で有利となるため、M&AコンサルはM&Aにとって不可欠な存在と言えるでしょう。

    M&Aコンサルの比較のまとめ

    MAコンサル_比較_まとめ

    M&Aコンサルとは、M&Aについて総合的にサポートしてくれるサービスです。

    そして、以下の3つの種類の会社がM&Aコンサルを行ってくれます。

    M&Aコンサルを行う会社の3つの種類

    おすすめのM&Aコンサルの中でも仲介系のものは以下の5つです。

    おすすめのM&Aコンサルの中でもアドバイザリー系は以下の4つです。

    おすすめのM&Aコンサルの中でも金融系は以下の4つです。

    おすすめのM&Aコンサル4選【金融系】

    M&Aコンサルを比較する時には以下の5つのポイントを比較するのがおすすめです。

    M&Aコンサルが必要な理由は主に以下の5つです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)