M&Aで事業を再生する方法|メリット・デメリットから具体的な手順まで解説!

「M&Aで事業を再生するにはどうしたら良いの?」

このように考えていませんか?

M&Aでは事業再生を行うこともできますが、具体的にどのように取り組んだら良いかわからないと感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではM&Aで事業を再生する具体的な方法と手順について詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「M&Aでの事業再生」をざっくり言うと
  • 事業再生とは、うまく行っていない事業を立て直すこと
  • M&Aで事業再生をする手法は会社分割、事業譲渡、第二会社方式の3つ
  • 事業再生のメリットは事業を第三者の手で再生してもらえることなど
  • 事業のデメリットは専門知識が必要なことなど
  • M&Aで事業再生を行う時にはM&Aの専門家に相談するのがおすすめ
  • おすすめのM&A会社はM&A総合研究所など

【相談無料!】「M&Aアドバイザー」に相談してみませんか?

  • 「M&Aの知識をイチから教えて欲しい。」
  • 「資金調達の事例も合わせて聞いてみたい。」
  • 「最短最速でM&Aを終わらせたい・最新事例が知りたい。」
  • 「M&Aを最後までしっかりサポートしてもらいたい。」

こうした疑問や悩みをお持ちの方に、M&Aアドバイザーでは、無料相談を実施中です。

M&Aアドバイザーでは、M&Aに関するプロがお相手探しから成約まで一気通貫でサポート致します。

そのため、交渉などにかかる時間が短縮でき、M&A全体をスピード感を持って推進することができます。

スピード感費用を重視されている経営者様は、ぜひ一度お問い合わせください。

M&Aアドバイザーが選ばれる理由とは?

全国でM&Aアドバイザーが選ばれる理由
  1. 完全成功報酬型・着手金無料
  2. 売り手・買い手双方のマッチングスピードの圧倒的な速さ
  3. マッチングから成約までM&Aのプロが徹底サポート

M&Aアドバイザーは、相談から成約完了まで、完全無料のM&A仲介会社です。

所属するM&Aアドバイザリーは、M&Aの豊富な知識や経験を積んでおり、経営者様にM&Aの知識がなくても安心してお任せいただけます。

まずは相談から無料で承っておりますので、下記のフォームから、ぜひお気軽にお問い合わせください。
今すぐM&Aのプロに無料相談!

    会社名(任意)
    お名前必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    ご興味のある内容必須


    ※ご相談は無料です。
    ※いつでも登録解除が可能です。
    ※現在譲渡側のみ相談を受け付けております。

    (お電話番号、メールアドレスは、お申し出に応じて、いつでも登録を解除致します。不要となりました際はご連絡ください。)

    事業再生とは? 4つの種類を解説

    MA_事業再生_とは

    事業再生とは、企業の中でうまく行っていない事業の立て直しを行うことです。

    企業全体の経営がうまく行っていない場合ではなく、事業の一部がうまく行っていない時に用いられます。

    具体的に事業を再生する方法には、主に以下の4つがあります。

    それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

    自力での事業再生

    MA_事業再生_自力

    事業再生を行う方法としてまず挙げられるのは、自力で事業を立て直す方法です。

    この方法では他社の力は借りず、企業の内部で事業の整理や改革を行い、きちんと収益を挙げられる事業に成長させます。

    自力での事業再生は比較的時間がかかる方法です。

    しかし、事業再生に成功すれば企業内に事業を立て直すノウハウが貯まるため、今後に活かしやすいのがメリットです。

    また、経営者が他者からの介入を受けることなく事業を立て直せるのもメリットと言えるでしょう。

    金融支援による事業再生

    MA_事業再生_金融支援

    金融支援による事業再生では、債務整理などにより債務を減らしたり、返済期限を伸ばしてもらったりして事業に使う資金が底をつくのを防ぎます。

    この方法は直接的に事業を立て直せるわけではありませんが、資金が尽きるまでの時間を稼ぐことができます。

    そして、時間を稼いている間に自力、もしくは第三者の支援を受けて事業を立て直すことで事業を存続させることができます。

    金融支援による事業再生は「私的整理」「法的整理」「事業再生ADR」に分けることができます。

    それぞれについて詳しく解説しています。

    私的整理

    私的整理とは、債権者と交渉して債務の返済時期を伸ばしてもらったり、債務の額を減らしてもらったりすることです。

    債務者とそれぞれ個別に交渉するため、債務者との交渉が難航しやすいのがデメリットと言えます。

    一方、債権者との協議は非公開で行われ、外部に公開することはないので外部の人に知られることなく事業再生を行えます。

    そのため、経営状態が悪化していることを世間に知られることはなく、企業の評判を保ちやすいのがメリットです。

    法的整理

    法的整理では裁判所に関与してもらって、法的な手続きで債務を減額したり返済期限を延長したりすることです。

    法的整理を行っているという情報は外部に公開されるため、経営状況が悪化していることを世間に知られてしまいます。

    一方、法的整理は債権者の同意がなくても進められるので比較的少ない手間で行えるのがメリットと言えます。

    事業再生ADR

    事業再生ADR債務者と債権者の間に公正な第三者が入って債務を減額したり、返済期限を伸ばしたりする手続きです。

    裁判所が間に入るわけではありませんが、法令により制度化された手続きで公平性や信頼性があります。

    私的整理と法的整理を足して2で割ったような債務整理の方法と言えるでしょう。

    第三者の支援による事業再生

    MA_事業再生_第三者

    第三者の支援によって事業を再生するという方法もあります。

    ここで登場する第三者とは、金融機関とM&Aで買収先を探している企業です。

    具体的には、金融機関からの借り入れを受けて資金面で余裕を持たせたり、企業にM&Aで事業を売却して再生してもらったりします。

    第三者の支援により事業再生を行う方法のうち、M&Aを使った手法については下で詳しく解説していきます。

    廃業による事業再生

    MA_事業再生_廃業

    ここまでに説明した選択肢がすべて取れない場合、廃業を行ったり倒産手続きを行ったりして事業をたたむことになります。

    特に債務を抱えておらず、ただ事業をやめるのであれば解散登記などを行って廃業することになります。

    一方、現在債務を抱えている場合は破産や特別清算などの倒産手続きを行うことになります。

    M&Aで事業再生をする3つの手法

    MA_事業再生_手法

    M&Aで事業再生をする方法は第三者の支援による事業再生の一種です。

    M&Aで事業を売却し、事業の再生をM&A先の企業に任せることで他の事業に経営資源を集中させることができます。

    実際にM&Aで事業再生をする手法には主に以下の3つがあります。

    M&Aで事業再生をする3つの手法

    それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

    会社分割

    MA_事業再生_会社分割

    会社分割では、事業やその一部をすでにある別の会社に移転してからM&A先に売却したり、会社を新しく作ってそこに移転したりしてからM&A先に売却したりします。

    下で解説する事業譲渡と似た方法ですが、労働承継法が適用されるかと、売却代金の支払い方法が異なります。

    まず、会社分割では労働承継法が適用されるため、これまで譲渡する事業に関わっていた従業員の転籍手続きを個別に行う必要がなく、手間が少ないというメリットがあります。

    ただし、これを行うためには事前に労働者と協議し、事前に通知を行う必要があります。

    また、会社分割では売却代金が株式で支払われることになります。

    そのため、非上場企業の場合、換金性が低いというデメリットがあります。

    事業譲渡

    MA_事業再生_事業譲渡

    事業譲渡は、事業やその一部をそのままM&A先に売却する方法です。

    譲渡する事業の範囲を自由に決めることができます。

    会社分割と比べて、従業員の転籍手続きに手間がかかるのはデメリットと言えますが、売却によって得られた利益が現金で支払われ、他の事業に資金を回しやすいのがメリットと言えます。

    第二会社方式

    MA_事業再生_第二会社

    第二会社方式は事業譲渡、もしくは会社分割でコアとなる事業を別の会社に移転させておき、旧会社の特別清算などを行って会社をたたむ方法です。

    この方法の大きなメリットは、旧会社が抱えていた債務や利益が出ていない事業など手放したいものを整理できるところです。

    また、コア事業は残るため雇用や技術をそのまま継続させることもできます。

    基本的に経営者が経営に携わらなくなることが前提となる方法です。

    M&Aで事業再生を行う3つのメリット

    MA_事業再生_メリット

    M&Aで事業再生を行うメリットには主に以下の3つがあります。

    それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

    メリット①:事業を第三者の力で再生してもらえる

    MA_事業再生_第三者の力

    M&Aで事業再生を行うメリットとしてまず挙げられるのは、事業を第三者の手で再生してもらえる点です。

    自力で事業を再生できればベストですが、そうではない場合は第三者の力を借りて客観的な目線から事業を運営してもらうことにより、事業を再生できる可能性があります。

    これまで育ててきた事業をたたまずに済むのはうれしいポイントと言えるでしょう。

    メリット②:経営を効率化できる

    MA_事業再生_効率化

    経営の効率化を達成できるのもM&Aで事業再生を行うメリットのひとつです。

    M&Aにより不採算事業を切り離すことで会社の資源をコア事業に集中させることができます。

    これにより、不採算事業を立て直そうとした時よりも会社を成長させられる可能性があります。

    メリット③:廃業せずに済む

    MA_事業再生_廃業

    廃業をせずに済むのもM&Aで事業再生を行うメリットと言えます。

    廃業や倒産は経営者にとってデメリットが多く、できれば回避しておきたいところです。

    廃業や倒産を行うと会社の資産を売却しても会社の負債をカバーしきれず、経営者が債務を抱えてしまう場合が多くあります。

    また、従業員の雇用を守ることもできず、再就職手当を出したり再就職をあっせんしたりする必要もあります。

    一方、M&Aを行えば廃業や倒産を行う原因になりかねなかった事業を手放せるだけでなく、事業を売却することによる売却益まで得ることができます。

    従業員もコア事業に従事していた場合は会社のそのまま残ってもらうことができますし、M&Aされる事業に従事していた場合もM&A先でそのまま働き続けることができます。

    M&Aは大きなメリットがあるため、廃業・倒産する前にぜひ検討しておきたいところです。

    M&Aで事業再生を行う2つのデメリット

    MA_事業再生_デメリット

    M&Aで事業再生を行うデメリットには主に以下の2つがあります。

    M&Aで事業再生を行う2つのデメリット

    それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

    デメリット①:専門知識が必要

    MA_事業再生_専門知識

    M&Aで事業再生を行うデメリットとしてまず挙げられるのは、専門知識が必要な点です。

    M&Aには法務面、財務面などを中心に幅広い専門知識が必要なので、専門知識がないままM&Aに踏み切ってしまうと思うような結果が得られない場合があります。

    ちなみに、このデメリットを解消するならM&Aの専門家であるM&A会社に依頼するのがおすすめです。

    M&A会社はM&Aを専門的に取り扱っている会社であるため、幅広い専門知識を備えており、M&Aを効率的に行うノウハウや、少しでも高価格で事業を売却するノウハウも提供してくれます。

    M&A会社に依頼するともちろん報酬が必要になりますが、M&Aに頼ることにより得られる利益はM&A会社への依頼費用よりも大きくなることが多いです。

    デメリット②:M&A先を見つけるまでに時間がかかる

    MA_事業再生_時間

    M&A先を見つけるまでに時間がかかる点もM&Aのデメリットです。

    特にM&A先を見つけるためのノウハウを持っていない会社の経営者にとって、M&A先を見つけるのはかなり大変な作業です。

    たとえ見つけられても、他のM&A先が見つからない状態では足元を見られて安く買い叩かれてしまう可能性もあります。

    このデメリットを解消するためにも、M&A会社に頼るのがおすすめです。

    M&A会社は幅広いM&A先のネットワークを持っているため、優良なM&A先を短期間でいくつも見つけてくる能力に長けています。

    優良なM&A先を複数見つけられれば交渉でも有利になりやすく、より高い金額で事業を売却することができるでしょう。

    M&Aで事業再生を行う時の8つの手順

    MA_事業再生_手順

    M&Aで実際に事業再生を行う時には、以下の8つの手順を取ることが多いです。

    それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

    手順①:M&Aの専門家に相談する

    MA_事業再生_専門家

    M&Aで事業再生を行う時には、まずM&Aの専門家に相談するようにしましょう。

    M&Aの専門家に相談すればM&Aに関わる実務の多くを代行してくれますし、多くのノウハウを提供してもらうことができます。

    また、M&A会社はM&A先を探してくる能力にも優れています。

    M&A会社に相談することによって得られる利益は安くないので、積極的に活用すると良いでしょう。

    手順②:M&A先を募集する

    MA_事業再生_募集

    M&Aを行うことが決定し、M&Aの専門家への相談もできたら、次はM&A先を募集することになります。

    M&A先の募集は基本的にはM&A会社にまかせておけば問題ありませんが、自力で探すこともできます。

    知り合いなどでM&A先になりそうな会社がある場合はM&Aを打診してみるのも良いでしょう。

    手順③:秘密保持契約を締結する

    MA_事業再生_秘密保持契約

    M&A先の募集が終わり、優良なM&A先候補が見つかった場合は、まず最初に秘密保持契約を締結するようにしましょう。

    秘密保持契約とは、M&Aの交渉で得た情報を外部にもらさないと約束する契約のことです。

    もし秘密保持契約を締結しないままM&Aの交渉を進めた場合、外部に自社の非公開情報が公開されてしまうリスクがあるため注意しましょう。

    その上、契約を結んでいないのであれば社外秘の情報を公開されたとしても文句を言えません。

    たとえ相手を信頼していたとしても、ビジネスですからきちんと秘密保持契約を結んでおくようにしましょう。

    手順④:基本合意書を締結する

    MA_事業再生_基本合意書

    秘密保持契約を結んだら、次はこちらから企業概要書を提示して売却先に基本的な情報を通知してから、基本合意書を締結します。

    ちなみに、企業概要書にはM&A先が買収金額の目安や基本的な条件を決める根拠となるような情報が記載されています。

    また、基本合意書は売り手と買い手がお互いにこれから交渉を続けることを示す書類です。

    基本合意書には想定される買収金額が記載されていますが、これに法的拘束力はありません。

    ただ、基本合意書を締結したタイミングで、売り手は1つの買い手と独占的に交渉を続けることになります。

    手順⑤:デューデリジェンスが実施される

    MA_事業再生_デューデリジェンス

    基本合意書の締結が終わったら、次はデューデリジェンスが行われます。

    デューデリジェンスとは、買収される事業の価値やリスクを調査し、買収金額を細かく決定する活動のことです。

    具体的には、提出された資料と実際の事業の状況に差がないか、思わぬところにリスクがあったりしないか、専門家により徹底的に調査が行われます。

    手順⑥:条件交渉を行う

    MA_事業再生_条件交渉

    デューデリジェンスが終わったら、次は条件交渉が行われます。

    具体的には、まずM&A先がデューデリジェンスの結果から導き出された詳細な買取希望額や条件が提示されます。

    ここから譲渡金額や条件の交渉が行われます。

    ちなみに、条件の交渉とは具体的には、M&Aを行った後の従業員の雇用などさまざまなものが含まれます。

    そして、条件交渉が終了し、お互いが納得できる内容に落ち着いたら、いよいよM&Aは大詰めです。

    手順⑦:契約を締結する

    MA_事業再生_契約締結

    お互いに譲渡金額や条件に納得できたら、いよいよ法的拘束力がある契約を行うことになります。

    契約内容には法的拘束力があるため、お互い契約内容を守らなかった場合には、相手が法的手段に訴える可能性があるので注意しましょう。

    具体的には、契約内容を守らなかった場合は損害賠償をされる可能性があります。

    最終決定となる契約であるため、契約の締結は慎重に行うようにしましょう。

    最終契約書には不備がないか、専門家に相談するなどして確認してもらうのがおすすめです。

    手順⑧:事業の引き渡しを行う

    MA_事業再生_引き渡し

    最後に、いよいよ事業の引き渡しを行います。

    契約の内容どおりに事業を引き渡しましょう。

    事業の引き渡しが一通り完了したタイミングでM&A先から譲渡金額が支払われ、M&Aが完了します。

    事業再生のM&Aを依頼するのにおすすめのM&A会社を選ぶ3つのポイント

    MA_事業再生_ポイント

    M&Aで事業再生をしてもらいたい時には、上でも述べたとおりM&Aの専門家であるM&A会社に依頼するのがおすすめです。

    そして、M&A会社を選ぶ時のポイントには主に以下の3つがあります。

    事業再生のM&Aを依頼するのにおすすめのM&A会社を選ぶ3つのポイント

    それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

    ポイント①:M&A先のネットワークが豊富なM&A会社を選ぶ

    MA_事業再生_ネットワーク

    M&A会社を選ぶポイントとしてまず挙げられるのは、M&A先のネットワークが豊富な会社を選ぶことです。

    上でも述べたとおり、M&Aを行う時に最大のネックになるのはM&A先を探すことです。

    M&Aでは専門知識が必要な分野は専門家に任せれば良いですし、その他多くの業務も手間がかかるだけでそこまで難易度の高いことではありません。

    しかし、M&A先を探す作業だけは自社で行うのが難しいです。

    多くの経営者は日頃からM&Aを行うためにM&Aで事業を買収したいと考えている会社との幅広いネットワークがあるわけではないからです。

    その上、M&A先の候補の質や量は、事業の譲渡金額を左右する重要な要素です。

    一方、M&A会社ならM&Aを専門していますから質が高いM&A先を見つけるノウハウが溜まっていますし、M&A先の幅広いネットワークを持っており、M&A先の質も量も確保できるのです。

    ポイント②:担当者との相性で選ぶ

    MA_事業再生_相性

    見逃されがちなポイントですが、担当者との相性で選ぶのもかなり大切です。

    担当者との相性が良くないとM&Aがうまく行かない可能性もあるからです。

    M&Aは多くのお金がかかり、多くの手間がかかります。

    その分何回も担当者と接触する機会があります。

    担当者の仕事能力や人格面での相性は、M&Aを行うにあたってかなり大事になってきます。

    担当者との相性が悪いと感じたらすぐに変えてもらう対応を取ってもらったほうが良いです。

    逆に、相性の良い担当者との間であれば、スムーズに事業再生を進めることができるでしょう。

    ポイント③:依頼するコストで選ぶ

    MA_事業再生_依頼

    M&A会社は依頼するコストで選ぶのも重要です。

    M&Aではかなりのお金が動くため、M&Aを依頼するならできるだけ安価な会社が望ましいところです。

    M&Aで取られる報酬は会社によって異なるので、実際にどのくらいのお金がかかるのかきちんと調査しておいたほうが良いでしょう。

    M&A会社に依頼した時に取られる報酬の種類には以下のようなものが挙げられます。

    M&A会社で取られる報酬
    •  着手金
      売り手のサポートを開始する時に支払う手数料。M&A会社がM&Aに関連した業務を行う費用として発生します。作業代金となるため、M&Aが成立しなかった場合でも返金される場合はありません。
    • 月額報酬
      M&A会社が売り手にアドバイス・サポートする対価として支払う手数料。毎月固定で費用が発生します。
    • 中間金
      買い手との条件の交渉がまとまり、基本合意書を締結したタイミングでかかる費用。固定費用の場合もありますが、売却予想金額の数%を徴収する場合もあります。
    • 相談料
      M&A会社に相談する時に発生する費用です。相談時間に応じて料金が発生するケースがあれば、何回相談しても無料なケースもあります。近年では相談料がかからないM&A会社が増えています。
    • 成果報酬
      M&Aが完了し、買い手が売り手に譲渡費用を支払う時にかかる費用です。近年では成果報酬しかかからないM&A会社も増えています。
    • その他費用
      上記以外にも費用がかかる場合があります。たとえば、外部の専門家と連携してM&Aを行った場合、依頼量が別途でかかる場合があります。

    事業再生のM&Aを依頼するのにおすすめのM&A会社5選

    MA_事業再生_会社

    事業再生のM&Aを依頼するのにおすすめのM&A会社は主に以下の5つです。

    事業再生のM&Aを依頼するのにおすすめのM&A会社5選

    それぞれのM&A会社について詳しく見ていきましょう。

    M&A総合研究所

    会社売却_メリット_総研

    M&A総合研究所はM&Aアドバイザリー会社のひとつです。

    M&Aアドバイザリー会社とは、売り手もしくは買い手の片方についてM&Aのサポートを行ってくれる会社のことです。

    M&A総合研究所はM&Aアドバイザリー会社の中でも、常に5,000社以上の豊富な売却候補先から選べるのが大きなメリットです。

    完全成果報酬制になっているため、低リスクでM&Aをサポートしてもらえるのもメリットと言えるでしょう。

    会社名 M&A総合研究所
    会社のタイプ アドバイザリー型
    得意な業種 非特化型
    対応地域 日本国内
    報酬体系 完全成功報酬型

    インターリンク

    会社売却_メリット_インターリンク

    インターリンクは顧客の利益を第一に考える、東京近辺の会社に対応しているM&A会社です。

    納得してM&Aできるように経営者との話し合いを重視し、なおかつスピーディーにM&Aをサポートしてもらえます。

    秘密保持を徹底しているため安心してM&Aのサポートを任せることができます。

    会社名 インターリンク
    会社のタイプ アドバイザリー型
    得意な業種 非特化型
    対応地域 東京近辺
    報酬体系 着手金・成功報酬

    中小企業M&Aサポート

    会社売却_メリット_中小

    中小企業M&AサポートはM&A仲介会社のひとつです。

    M&A仲介会社とは、売り手と買い手の双方について、M&Aを仲介してくれる会社のことです。

    中小企業M&Aサポートは名前のとおり中小企業のM&Aに特化した会社で、会社の規模が小さくても安心して任せられます。

    会社名 中小企業M&Aサポート
    会社のタイプ 仲介系型
    得意な業種 非特化型
    対応地域 日本国内
    報酬体系 着手金・月額報酬・企業価値算定が無料

    TRANBI

    会社売却_メリット_TRANBI

    TRANBIは売却側の報酬が無料なのが魅力的なM&Aアドバイザリー会社です。

    TRANBIではM&Aが成立した時に報酬を支払うのは買収側なので、売却側はお得に利用できます。

    会社名 TRANBI
    会社のタイプ アドバイザリー型
    得意な業種 非特化型
    対応地域 日本国内
    報酬体系 売却側:無料
    買取側:成約の際、成約価格の3%

    クラリスキャピタル

    会社売却_メリット_クラリス

    クラリスキャピタルはM&A仲介会社のひとつです。

    丁寧でスピード感のある対応が魅力的で、顧客からの満足度が高くなっています。

    大規模な会社から個人の店舗まで幅広い案件を扱っています。

    会社名 クラリスキャピタル
    会社のタイプ 仲介型
    得意な業種 非特化型
    対応地域 日本国内
    報酬体系 着手金なし・完全成功報酬型

    M&Aでの事業再生のまとめ

    MA_事業再生_まとめ

    事業再生とは企業の中でうまく行っていない事業の立て直しを行うことです。

    事業再生を行う方法には主に以下の4つがあります。

    M&Aで事業再生を行う手法には、主に以下の3つが挙げられます。

    M&Aで事業再生をする3つの手法

    M&Aで事業再生を行うメリットとしては主に以下の3つが挙げられます。

    M&Aで事業再生を行うデメリットとして挙げられるのは主に以下の2つです。

    M&Aで事業再生を行う2つのデメリット

    M&Aで事業再生を行う時には、以下の8手順を取る必要があります。

    事業再生を行う時にはM&A会社に相談するのがおすすめですが、M&A会社は以下の3つのポイントで選ぶのがおすすめです。

    事業再生のM&Aを依頼するのにおすすめのM&A会社を選ぶ3つのポイント

    事業再生のM&Aを依頼するのにおすすめのM&A会社は主に以下の5社です。

    事業再生のM&Aを依頼するのにおすすめのM&A会社5選

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)