製薬会社で買収・売却が相次ぐ理由とは?動向からM&Aを成功させるコツまで解説!

「製薬会社で買収が相次いでいるのはどうして?」

このように考えていませんか?

最近、武田製薬による6兆2000億円をかけたシャイアーの日本企業史上最大の買収が話題を呼びました。

この他にも、製薬業界では買収による統合が進んでいます。

そこで、この記事では製薬会社の買収が相次いでいる理由からうまく買収を行うコツまで詳しく解説していきます。

また、製薬会社におすすめなM&A仲介会社についても紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

「製薬会社の買収」をざっくり言うと
  • 製薬業界では薬価の低下などで生き残り競争が激化している
  • 製薬会社が買収を繰り返す理由は海外進出など
  • 製薬会社の買収を成功させるコツは目的をはっきりさせることなど
  • 製薬会社を売却する理由は後継者不足など
  • 製薬会社の買収事例は武田薬品工業によるシャイアー買収など
  • 製薬会社のM&Aにおすすめな仲介会社は「M&Aアドバイザー

【相談無料!】「M&Aアドバイザー」に相談してみませんか?

  • 「M&Aの知識をイチから教えて欲しい。」
  • 「資金調達の事例も合わせて聞いてみたい。」
  • 「最短最速でM&Aを終わらせたい・最新事例が知りたい。」
  • 「M&Aを最後までしっかりサポートしてもらいたい。」

こうした疑問や悩みをお持ちの方に、M&Aアドバイザーでは、無料相談を実施中です。

M&Aアドバイザーでは、M&Aに関するプロがお相手探しから成約まで一気通貫でサポート致します。

そのため、交渉などにかかる時間が短縮でき、M&A全体をスピード感を持って推進することができます。

スピード感費用を重視されている経営者様は、ぜひ一度お問い合わせください。

M&Aアドバイザーが選ばれる理由とは?

全国でM&Aアドバイザーが選ばれる理由
  1. 完全成功報酬型・着手金無料
  2. 売り手・買い手双方のマッチングスピードの圧倒的な速さ
  3. マッチングから成約までM&Aのプロが徹底サポート

M&Aアドバイザーは、相談から成約完了まで、完全無料のM&A仲介会社です。

所属するM&Aアドバイザリーは、M&Aの豊富な知識や経験を積んでおり、経営者様にM&Aの知識がなくても安心してお任せいただけます。

まずは相談から無料で承っておりますので、下記のフォームから、ぜひお気軽にお問い合わせください。
今すぐM&Aのプロに無料相談!

    会社名(任意)
    お名前必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    ご興味のある内容必須


    ※ご相談は無料です。
    ※いつでも登録解除が可能です。
    ※現在譲渡側のみ相談を受け付けております。

    (お電話番号、メールアドレスは、お申し出に応じて、いつでも登録を解除致します。不要となりました際はご連絡ください。)

    製薬会社とは?

    製薬会社_買収_とは

    製薬会社とは、ざっくり言うと、薬を作っている会社のことです。

    製薬会社は、新しい薬を開発したり、新薬の効果を検証したり、薬を販売したりしています。

    日本で言うと、第一三共、アステラス、武田薬品工業などが代表的な製薬会社になります。

    製薬会社は厚生労働大臣からの許可を得て、薬事法に従って運営しています。

    そんな製薬会社では近年、大型のM&Aを含め、買収が積極的に行われて統合が進められています。

    製薬会社の現状

    製薬会社_買収_現状

    製薬会社が買収を積極的に行っている理由について説明する前提として、まずは製薬会社が置かれている現状について説明します。

    製薬会社の現状には以下のような特徴があります。

    製薬会社の現状について詳しく見ていきましょう。

    日本の市場規模は11兆円超|製薬会社の現状

    製薬会社_買収_市場

    日本の医薬品市場の規模は11兆円を超える程度だと言われています。

    そのうち、約90%が医療用医薬品で、約10%がOTC医薬品と言われています。

    医療用医薬品とは、医師が処方する医薬品で、OTC医薬品は、ドラッグストアで買えるような医薬品のことです。

    そして、医療用医薬品の中で、約90%は新薬であり、約10%はジェネリック医薬品です。

    新薬開発には莫大な研究開発費がかかる|製薬会社の現状

    製薬会社_買収_莫大

    新薬の開発には莫大な研究開発費がかかります。

    具体的には、1つの新薬を開発するのにかかる費用は数百億円以上にものぼります。

    このように巨額の研究開発費がかかるのは、そもそも新薬を開発するのに使える化合物は2万5千分の1の確率でしか見つけられないからです。

    その上、見つかった化合物が薬になり、臨床試験を通り抜けて承認されるまでには9~16年の長い歳月がかかります。

    このような事情から、医薬品業界の参入障壁は極めて高いものになっています。

    新薬開発の難易度は年々上がっている|製薬会社の現状

    製薬会社_買収_開発

    新薬開発の難易度は年々上昇しています。

    新薬が開発されていけば開発されていくほど、まだ見つかっていない薬に使える化合物を見つけるのは大変になっていくからです。

    新薬開発の難易度の上昇から、製薬会社の状況は年々厳しくなってきています。

    医療費削減のため薬価は年々引き下げられている|製薬会社の現状

    製薬会社_買収_薬価

    製薬会社は医療費削減のため、薬価が年々引き下げられていることからも、苦しい状況に置かれていると言えます。

    そもそも、薬の価格は厚生労働省が決定しており、製薬会社はこれより高く売ることはできません。

    そして、高齢者が増えて医療費がふくらんでいることから、薬価は年々引き下げられています。

    薬価が下がればそれだけ利益を出しにくくなるため、製薬会社が置かれる状況は苦しいものになっています。

    ジェネリック医薬品市場が拡大している|製薬会社の現状

    製薬会社_買収_ジェネリック医薬品

    医薬品市場の中でも、近年拡大しているのがジェネリック医薬品市場です。

    ジェネリック医薬品とは、新薬と同様の成分で製造した医薬品のことです。

    医薬品は新しく薬を開発した企業の利益を守るため、一定の期間は特許により他社が同じ成分で医薬品を製造することはできません。

    ですが、特許ができれば同じ成分で医薬品が作れるため、ジェネリック医薬品が登場します。

    ジェネリック医薬品は新薬開発よりコストがかからないため新薬より低い価格で販売されています。

    医療費の負担を抑えるため、国はジェネリック医薬品への切り替えを推奨しており、ジェネリック医薬品の市場は拡大しているのです。

    原薬問題|製薬会社の現状

    製薬会社_買収_原薬

    原薬問題とは、薬を作る原料となる原薬に関して起こっている問題のことです。

    近年、原薬から微量の発ガン性物質が検出されて自主回収が行われたり、原薬にドーピング禁止薬物が混入していて自主回収が行われたりしています。

    このような事件から原薬に対して不信感が広がっているのです。

    談合疑惑|製薬会社の現状

    製薬会社_買収_談合

    2020年には、医薬品卸大手4社が談合を行っていた疑惑が明らかになりました。

    大手4社は独立行政法人に対する医薬品の入札で、確実に受注したい製薬会社を事前に話し合うことで、受注を棲み分けして価格競争を避けていたのです。

    談合は犯罪ですが、談合を行わなければならないほど、医薬品の企業が苦しい状況に置かれていることは確かと言えます。

    巨額の買収が相次いでいる|製薬会社の現状

    製薬会社_買収_巨額

    近年、製薬会社同士の巨額買収が相次いでいます。

    下で説明する武田薬品工業による6兆円超の買収以外にも、世界的に大手製薬会社が買収を行う動きが加速しています。

    このような巨額買収が繰り返されている背景については、次の見出しで詳しく見ていきましょう。

    製薬会社が買収を繰り返す4つの理由と目的

    製薬会社_買収_理由

    どの業種でも買収が行われることはあるのですが、近年、製薬会社は特に積極的な買収を行っています。

    製薬会社が他社を積極的に買収している理由とその目的には、主に以下のようなものがあります。

    それぞれの理由や目的について詳しく見ていきましょう。

    海外に進出するため|買収の理由

    製薬会社_買収_海外

    製薬会社が買収を繰り返す目的としてまず挙げられるのは、海外に進出するためです。

    特に大手の製薬会社は日本の会社を買収するというよりは、海外進出の拠点を作る目的で、海外の会社を買収することが多いです。

    大手の製薬会社にとって、年々薬価が低下している日本市場では大きな利益が得られなくなってきています。

    そのため、海外市場で利益を伸ばそうとしているのです。

    新薬を開発するための資本を確保するため|買収の理由

    製薬会社_買収_資本

    製薬会社の買収の目的として一番大きいのは、新薬を開発するための資本の確保です。

    具体的には、研究開発のための物資や資金を入手します。

    上でも説明したとおり、製薬会社は新薬を開発するために莫大な費用が必要なため、大きな資本を持っていればいるほど有利です。

    その上、新薬を開発する難易度は年々上昇しているため、それだけ新薬の開発に大きな費用が必要になってきます。

    他業種企業が製薬業に乗り出すため|買収の理由

    製薬会社_買収_乗り出す

    他業種企業が製薬業に乗り出すために製薬会社の買収を行う場合もあります。

    薬の研究開発には長い時間がかかるため、1から製薬業に参入するより、すでに研究開発を行っている会社を買収したほうがメリットが大きいのです。

    特に近年市場が拡大しているジェネリック医薬品市場は他業種の企業にとっても魅力的と言えます。

    優秀な人材を確保するため|買収の理由

    製薬会社_買収_買収の理由

    製薬会社が買収を繰り返す理由4つ目としては、優秀な人材を確保するということが挙げられます。

    どの製薬会社も、他の会社より早く新薬を開発したり、契約を取ってきたりしたいと考えているはずです。

    新卒から育てることも長期的にはもちろん大事ですが、短期的に結果を出すためには、良い人材は不可欠です。

    そこで、はじめから経験を積んだ優秀な研究員や、営業の上手な人材がいてくれるとそれらの目標が叶いやすくなるため、買収をしようと考えているのです。

    M&Aによって得られるものは物資や資金だけでなく、「人材」という部分も大きいと言えますね。

    製薬会社の買収を成功させる5つのコツ

    製薬会社_買収_コツ

    製薬会社の買収を成功させるコツとしては、主に以下の5つが挙げられます。

    それぞれのコツについて詳しく見ていきましょう。

    コツ①:買収の目的をはっきりさせる

    製薬会社_買収_目的

    製薬会社の買収を成功させるコツとしてまず挙げられるのは、買収の目的をはっきりさせることです。

    企業の買収には巨額の資金が必要なため、それだけ慎重な決断が必要です。

    買収の目的をはっきりさせておかないと、思うような結果が得られない買収になってしまい、企業の経営に響いてしまう可能性があります。

    コツ②:買収のタイミングを見極める

    製薬会社_買収_タイミング

    製薬会社の買収を成功させるコツとしては、買収のタイミングを見極めることも挙げられます。

    買収には巨額の費用が必要なため、買収の費用は少しでも抑えたいものです。

    また、買収を提案するタイミング次第で売り手が買収に応じるか決まることもあります。

    M&Aは失敗すると大きな損失になるため、買収タイミングを慎重に見極める必要があるでしょう。

    コツ③:買収に有利な制度を活用する

    製薬会社_買収_有利

    製薬会社の買収を成功させるコツとしては、買収に有利な制度を活用することも挙げられます。

    たとえば、下で説明する武田薬品工業によるシャイアー買収では、「産業競争力強化法」に基づく会社法の特例措置を利用しました。

    産業競争力強化法の特例とは

    ・繰越欠損金の控除上限の引き上げ(条件あり)

    ・財政投融資をもとにして、低金利の融資を受けることが可能

    コツ④:お互いが納得するまで交渉する

    製薬会社_買収_交渉

    買収を成功させるコツとしては、お互いが納得するまで交渉することも挙げられます。

    お互いが十分に納得しないまま買収を進めてしまうと、後々厄介なトラブルを招く可能性もあります。

    買収は焦らず、お互いにとって満足できる条件になるまで交渉するべきでしょう。

    コツ⑤:M&Aの専門家に相談する

    製薬会社_買収_専門家

    製薬会社の買収を成功させるコツとしては、M&Aの専門家に相談することも挙げられます。

    企業を買収する時にはさまざまな会計知識や法律の知識などが必要になってきます。

    また、特にM&Aを行った経験が少ない会社にはノウハウがないため、買収で予期しないトラブルが発生する場合もあります。

    企業を買収する時には、豊富なノウハウを持っているM&Aの専門家に相談すると良いでしょう。

    製薬会社を売却する7つの理由

    製薬会社_買収_理由

    製薬会社が買収を繰り返している理由の一端として、製薬会社が売却にも積極的なことが挙げられます。

    製薬会社が自社を売却する理由としては、主に以下の7つが挙げられます。

    それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

    後継者がいないため|製薬会社を売却する理由

    製薬会社_買収_後継者

    製薬会社を売却する理由としてまず挙げられるのは、後継者がいないためです。

    企業内で経営人材が育っていない場合には、会社を売却するか、会社をたたむしかないのです。

    特に現在は会社の経営層の高齢化が進み、後継者不足が深刻になっています。

    薬価が年々引き下げられているから|製薬会社を売却する理由

    製薬会社_買収_薬価

    製薬会社を売却する理由としては、薬価が年々引き下げられていることも挙げられます。

    今の体力では会社を維持できないと考えた企業が会社の売却を考えるのです。

    薬価が引き下げられても、会社を売却して大きな資本の傘下になれば生き残りやすくなります。

    ジェネリック医薬品が奨励されているから|製薬会社を売却する理由

    製薬会社_買収_奨励

    製薬会社を売却する理由としては、ジェネリック医薬品が奨励されていることも挙げられます。

    ジェネリック医薬品が奨励されると、それだけ新薬の売上は落ちるため、新薬を製造販売している企業にとっては逆風になります。

    これにより経営が厳しくなった製薬会社が自社を売却するのです。

    大企業の傘下のほうが研究開発を行いやすいから|製薬会社を売却する理由

    製薬会社_買収_傘下

    製薬会社を売却する理由としては、大企業の傘下のほうが研究開発を行いやすいことも挙げられます。

    新薬の研究開発は基本的に大きな資金をかけられる企業のほうが有利です。

    そのため、大企業の傘下に入ったほうが経営が安定するのです。

    売却により売却益を得られるから|製薬会社を売却する理由

    製薬会社_買収_売却益

    製薬会社を売却する理由としては、単純に売却益を得られることも挙げられます。

    売却益を得ることで、経営者は今後の選択肢が広がるでしょう。

    借入金や担保を解消できるから|製薬会社を売却する理由

    製薬会社_買収_担保

    製薬会社を売却する理由としては、借入金や担保を解消できるというものも挙げられます。

    会社を売却すれば、借入金なども買収先が引き継いでくれるからです。

    企業の経営者は個人保証をかけていることも多いですが、これも解除されるため、多額の借金を背負う不安から解放されます。

    従業員の雇用を守れるから|製薬会社を売却する理由

    製薬会社_買収_雇用

    製薬会社を売却する理由としては、従業員の雇用を守れることも挙げられます。

    会社をたたんでしまうと、従業員は解雇されて職を失ってしまいます。

    一方、会社を売却すれば会社は存続し、従業員は引き続き働けるのです。

    製薬会社を買収する時の相場

    製薬会社_買収_相場

    製薬会社を買収する時の相場は場合によって大きく異なり、一概には言えません。

    ただ、一般的に他の業種の企業よりも高額で買収されることが多いようです。

    製薬会社には特殊な設備、従業員、許認可などが存在するため、高い価値があるのです。

    製薬会社を買収する10個の手順

    製薬会社_買収_手順

    製薬会社は以下の10手順で買収することができます。

    それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

    手順①:M&A会社への相談

    製薬会社_買収_相談

    製薬会社を買収する時には、まずM&A会社に相談しましょう。

    製薬会社の買収には数多くの専門知識とノウハウが必要であり、自社のみで完結させるのは難しいからです。

    手順②:相手の募集

    製薬会社_買収_相手

    次に、買収する製薬会社を探します。

    自社で声をかけるという方法もありますが、基本的にはM&A会社に頼むのがおすすめです。

    M&A会社には会社を売却したい製薬会社を探す幅広いネットワークがあるからです。

    手順③:秘密保持契約の締結

    製薬会社_買収_秘密保持契約

    買収する製薬会社が見つかったら、まずは秘密保持契約を締結することになります。

    会社を売却する側にとって、秘密保持契約を締結しないまま自社の情報を公開することは大きなリスクになるからです。

    手順④:企業概要書の提示

    製薬会社_買収_企業概要書

    次に、売却する側から企業概要書の提示が行われます。

    企業概要書には、会社の非公開情報が含まれます。

    買い手側はこの企業概要書をもとに買収する金額や条件などを決定していくことになります。

    手順⑤:トップ面談

    製薬会社_買収_トップ

    次に、買収する側と売却する側のトップ同士の面談が行われます。

    この面談ではお互いの企業文化などを確認し、企業としての相性が良いかどうか確認します。

    企業を買収する時には、自社の文化との相性も重要になってくるからです。

    手順⑥:基本合意書の締結

    製薬会社_買収_基本合意書

    次に、基本合意書の締結を行います。

    基本合意書では買収側は希望の譲渡価格を記載し、お互いにこれから交渉を進めていく意志確認を行います。

    ちなみに、基本合意書の内容には法的拘束力はありません。

    手順⑦:買い手の希望買取額の提示

    製薬会社_買収_希望買取額

    次に、買い手は売り手から企業についての詳細な情報開示を受けます。

    この情報開示を受けてデューデリジェンスを行い、買収金額や条件を詳細に決定することになります。

    手順⑧:条件交渉

    製薬会社_買収_条件交渉

    次に、条件交渉を行います。

    条件交渉でお互いに納得できる結果が得られたら、企業買収はいよいよ大詰めです。

    手順⑨:契約締結

    製薬会社_買収_契約締結

    条件交渉が終わり、双方が内容に納得すれば、いよいよ契約が締結されます。

    この契約は法的拘束力を持ち、内容に違反すると訴えられる可能性があります。

    手順⑩:買収実行

    製薬会社_買収_買収実行

    最後に、いよいよ買収が実行されます。

    双方が契約を履行し、会社が完全に引き渡された段階で譲渡代金を支払い、買収は完了します。

    製薬会社の買収の成功事例5選

    製薬会社_買収_成功事例

    製薬会社の買収の成功事例としては、主に以下の5つが挙げられます。

    それぞれの事例について詳しく見ていきましょう。

    【話題】武田薬品工業によるシャイアーの買収

    製薬会社_買収_武田

    2018年には、武田薬品工業によるアイルランドのシャイアー買収が注目を集めました。

    この買収は総額6.2兆円に及ぶ日本企業史上最高額での買収だったからです。

    ちなみに、この買収金額は武田薬品工業の時価総額をはるかに超えるものになっています。

    シャイアーは希少疾患の医薬品の開発製造を行っている会社です。

    武田薬品工業はこの買収で巨額の負債を背負う代わりに、世界で戦えるメガファーマの地位を手に入れました。

    塩野義製薬によるTetra Therapeuticsの買収

    製薬会社_買収_シオノギ

    2020年には塩野義製薬がアメリカのTetra Therapeuticsを買収しています。

    塩野義製薬はバイオテクノロジー関連の研究開発企業であるTetra Therapeuticsと以前から出資契約を行っていましたが、今回買収に踏み切りました。

    塩野義製薬はTetra Therapeuticsの中枢神経系の創薬ノウハウを獲得し、この分野に進出する構えを見せています。

    日医工によるエルメッドエーザイの買収

    製薬会社_買収_日医工

    2019年には日医工がエルメッドエーザイを買収しました。

    エルメッドエーザイはエーザイの元子会社でジェネリック医薬品の製薬会社です。

    エルメッドエーザイは社名をエルメッドに変更した上で、ジェネリック医薬品の製造販売を継続するようです。

    小林製薬によるTrue Natureの買収

    製薬会社_買収_小林

    2018年には小林製薬がTrue Natureを買収しました。

    True Natureは化粧品の製造販売を行っている会社です。

    小林製薬は自社のマーケティング力とTrue Natureのブランド力を融合させてシナジーを得ると発表しています。

    杏林製薬によるジェイタスの買収

    製薬会社_買収_杏林製薬

    2017年には杏林製薬がジェイタスを買収しています。

    ジェイタスは5分程度で細菌やウイルスを同定できる超高速遺伝子定量装置 「GeneSoC®」を開発するなど技術力に優れた会社です。

    杏林製薬はジェイタスの技術を幅広い事業に役立てるとしています。

    製薬会社の買収について相談するのにおすすめのM&A会社3選

    製薬会社_買収_MA

    製薬会社の買収には多くの専門知識が必要なため、買収を検討している場合はM&Aの専門家であるM&A会社の協力が不可欠です。

    数あるM&A会社の中でも、特に製薬会社の買収について相談するのにおすすめの会社は以下の3つです。

    製薬会社の買収について相談するのにおすすめのM&A会社3選

    それぞれのM&A会社について詳しく見ていきましょう。

    M&A総合研究所

    MAコンサル_比較_総研

    M&A総合研究所は豊富な候補先から買収する企業を選べるM&A会社です。

    買い手側の企業は中間金と成果報酬のみ支払う必要があり、比較的安価に依頼することができます。

    アドバイザーが買収の最初から最後までサポートしてくれるため安心です。

    M&A総合研究所の詳しい評判・口コミが知りたい方はこちら

    日本M&Aセンター

    MAコンサル_比較_センター

    日本M&Aセンターは知名度が高く、東証一部上場の信頼できるM&A会社です。

    業界や規模の幅が大きいため、さまざまな会社のM&Aを支援することができます。

    M&Aについて高い知見を持っているため、安心して任せることができます。

    日本M&Aセンターのリアルな評判・口コミが気になる方はこちら

    山田コンサルティンググループ

    MAコンサル_比較_山田

    山田コンサルティンググループは専門知識が豊富なM&A会社です。

    公認会計士、税理士、弁護士などが多数在籍し、幅広い支援を受けることができます。

    特に専門家の知識を頼りにしたい場合におすすめのM&A会社と言えます。

    製薬会社の買収のまとめ

    製薬会社_買収_まとめ

    製薬会社とは、簡単に言うと薬を作って売っている会社のことです。

    この記事では、製薬会社のM&Aの相場や動向などについて解説してきました。

    製薬会社のM&Aや事業承継をお考えの方は、完全成功報酬型を採用しているM&Aアドバイザーに、ぜひお気軽にお問い合わせください。

    どんなにささいなことでも、気になることがあれば無料相談を実施しておりますので、ご相談ください。

    下記フォームから申し込みをすることも可能です。

    今すぐM&Aのプロに無料相談!

      会社名(任意)
      お名前必須
      電話番号必須
      メールアドレス必須
      ご興味のある内容必須

      ※ご相談は無料です。
      ※いつでも登録解除が可能です。

      製薬会社は以下のような現状に置かれています。

      製薬会社が買収を繰り返している理由と目的としては、主に以下のものが挙げられます。

      製薬会社の買収を成功させるコツとしては以下のようなものが挙げられます。

      一方で、製薬会社を売却する理由としては主に以下の7つが挙げられます。

      製薬会社を買収する手順としては、以下のようなものが挙げられます。

      製薬会社の買収の成功事例としては主に以下の5つが挙げられます。

      製薬会社の買収について相談するのにおすすめのM&A会社は以下の3社です。

      製薬会社の買収について相談するのにおすすめのM&A会社3選

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。

      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)