調剤薬局のM&Aでかかる手数料を徹底比較! 仲介会社の選び方や相場まで解説

「調剤薬局のM&Aはどこに頼むのが良いの?」
「調剤薬局のM&Aでかかる手数料を比較したい!」

このように感じていませんか?

M&Aを仲介してくれる会社はたくさんありますから、少しでも高く売れて、手数料が安いM&A仲介会社を選びたいですよね。

しかし、M&A仲介会社の手数料は複雑なことも多いです。

そこで、この記事では調剤薬局のM&Aでかかる手数料について詳しく解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

「調剤薬局のM&Aでかかる手数料の比較」ざっくり言うと
  • 調剤薬局のM&Aでかかる手数料は着手金、成果報酬など
  • 調剤薬局のM&Aの仲介会社を選ぶポイントは手数料が明確な会社を選ぶことなど
  • 調剤薬局では経営層の高齢化などでM&Aが増えている
  • 調剤薬局のM&Aにおすすめなのは「M&Aアドバイザー」など

【相談無料!】「M&Aアドバイザー」に相談してみませんか?

  • 「M&Aの知識をイチから教えて欲しい。」
  • 「資金調達の事例も合わせて聞いてみたい。」
  • 「最短最速でM&Aを終わらせたい・最新事例が知りたい。」
  • 「M&Aを最後までしっかりサポートしてもらいたい。」

こうした疑問や悩みをお持ちの方に、M&Aアドバイザーでは、無料相談を実施中です。

M&Aアドバイザーでは、M&Aに関するプロがお相手探しから成約まで一気通貫でサポート致します。

そのため、交渉などにかかる時間が短縮でき、M&A全体をスピード感を持って推進することができます。

スピード感費用を重視されている経営者様は、ぜひ一度お問い合わせください。

M&Aアドバイザーが選ばれる理由とは?

全国でM&Aアドバイザーが選ばれる理由
  1. 完全成功報酬型・着手金無料
  2. 売り手・買い手双方のマッチングスピードの圧倒的な速さ
  3. マッチングから成約までM&Aのプロが徹底サポート

M&Aアドバイザーは、相談から成約完了まで、完全無料のM&A仲介会社です。

所属するM&Aアドバイザリーは、M&Aの豊富な知識や経験を積んでおり、経営者様にM&Aの知識がなくても安心してお任せいただけます。

まずは相談から無料で承っておりますので、下記のフォームから、ぜひお気軽にお問い合わせください。
今すぐM&Aのプロに無料相談!

    会社名(任意)
    お名前必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    ご興味のある内容必須


    ※ご相談は無料です。
    ※いつでも登録解除が可能です。
    ※現在譲渡側のみ相談を受け付けております。

    (お電話番号、メールアドレスは、お申し出に応じて、いつでも登録を解除致します。不要となりました際はご連絡ください。)

     

    M&A仲介会社を詳しく比較したい方はこちら!

    M&A仲介会社14社を徹底比較!比較ポイントやおすすめM&A会社の実績・特徴を解説

    調剤薬局のM&Aでかかる手数料の6つの種類

    調剤薬局_M&A_手数料_種類

    調剤薬局のM&Aでは以下のような手数料がかかります。

    調剤薬局のM&Aでかかる手数料の6つの種類

    会社によってはかからない手数料もあるので、M&A仲介会社を選ぶ時には、どこにどのくらい手数料がかかるのか確認しておくのが大切です。

    それぞれの手数料について詳しく見ていきましょう。

    着手金

    調剤薬局_M&A_手数料_着手金

    着手金はM&A仲介会社が売り手のサポートを開始する時に支払う手数料です。

    この手数料はM&A仲介会社がM&Aに関係する資料を作成したり、企業価値を評価するために情報を集めて分析したり、買い手を探したりするために用いられます。

    このような作業を売り手に代わって行う費用として支払うため、たとえM&Aが成立しなかったとしても返金されることはありません。

    近年では着手金を取らないM&A仲介会社も増えています。

    月額報酬

    調剤薬局_M&A_手数料_月額報酬

    月額報酬はM&A仲介会社が売り手にアドバイスしたりサポートしたりする対価として支払われる毎月固定で発生する報酬です。

    仕組み上、M&Aまでにかかる期間が長くなるほど支払う費用は多くなります。

    金額が固定されていてわかりやすい点はメリットと言えます。

    中間金

    調剤薬局_M&A_手数料_中間金

    中間金は買い手との条件交渉がまとまり、基本合意書を締結した時に支払う費用です。

    買い手がついた場合に成功報酬として支払われることが多いですが、交渉が決裂してしまった時に返金されるかどうかは会社によって異なります。

    中間金は固定費用の場合もありますが、売却予想金額から算出した金額になる場合もあります。

    中間金はかからないM&A仲介会社も多くあります。

    相談料

    調剤薬局_M&A_手数料_相談料

    相談料とは、M&A仲介会社にM&Aについて相談する時に発生する費用のことです。

    弁護士に相談する時の費用と同じようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。

    相談料の料金体系は会社によって異なります。

    相談時間に応じて料金が発生するケースがあれば、初回の相談だけ無料のケースがあれば、何回相談しても無料のケースもあります。

    最近では何回相談しても無料のことが多いようです。

    成果報酬

    調剤薬局_M&A_手数料_成果報酬

    成果報酬はM&Aが完了し、売り手が買い手から譲渡費用を受け取った時点でかかる費用です。

    現在ではこの成果報酬のみかかり、他の手数料は一切かからない完全成果報酬型のM&A仲介会社も増えています。

    成果報酬の計算方法は場合によって異なりますが、多くの場合、レーマン方式が採用されています。

    レーマン方式では譲渡金額が大きくなるほど、かかる手数料の割合が小さくなります。

    ただし、成果報酬は最低報酬金額が設定されている場合があります。

    これは、小規模なM&Aを仲介しても、M&A仲介会社が赤字にならないようにするためにあるものです。

    その他費用

    調剤薬局_M&A_手数料_その他

    M&A仲介会社では上記以外にも費用がかかる場合があるので注意が必要です。

    たとえば、外部の専門家と連携してM&Aを行った場合、依頼料がかかる場合があります。

    調剤薬局のM&Aの手数料の相場

    調剤薬局_M&A_手数料_相場

    調剤薬局のM&Aの手数料の相場は薬局の規模や立地などにもよるため一概には言えません。

    ただ、ざっくり言うと合計1,000~2,000万円程度かかることが多いようです。

    ちなみに、調剤薬局の売却の相場は以下の式で計算できます。

    完全成果報酬制の会社であれば、売却の相場から手数料を大まかに計算できるでしょう。

    調剤薬局売却の相場 = 時価純資産(修正純資産) + 単年度利益 × 3~5

    要は、調剤薬局が現在持っている資産と、この先3~5年で得られると予想される利益を足し合わせて算出されるのです。

    たとえば、完全成果報酬制(レーマン式)で、報酬が以下のように設定されていた場合について考えてみましょう。

    取引金額が5億円までの部分 5%
    取引金額が5億円を超え10億円までの部分 4%
    取引金額が10億円を超え50億円までの部分 3%
    取引金額が50億円を超え100億円までの部分 2%
    取引金額が100億円を超える部分 1%

    上の式から計算された売却金額が7億円だったとします。

    すると、M&Aの手数料は5億円×5%+(7億円-5億円)×4%で3,300万円になります。

    会社売却の相場についてもっと詳しく知りたい方はこちら↓

    会社売却の相場はどのくらい? 相場の計算方法から高く売るコツまで徹底解説

    調剤薬局のM&Aにおすすめの5社の手数料を徹底比較

    調剤薬局_M&A_手数料_比較

    数あるM&A仲介会社の中でも、調剤薬局のM&Aにおすすめの会社は以下の5社です。

    調剤薬局のM&Aにおすすめの5社の手数料を徹底比較

    それぞれのM&A仲介会社について詳しく見ていきましょう。

    M&A総合研究所

    調剤薬局_M&A_手数料_総研

    M&A総合研究所は完全成果報酬制のM&A仲介会社です。

    しかも、M&A総合研究所では移動総資産ベースではなく、譲渡価格ベースの成功報酬になっているのでかなり安い手数料でのM&Aが可能です。

    M&A総合研究所では豊富な仲介実績を持つアドバイザーがM&Aをサポートし、調剤薬局のM&Aならではの対応も細やかに行うことが可能です。

    相談料 無料
    着手金 無料
    中間報酬 無料
    月額報酬 無料
    成功報酬 レーマン方式(譲渡価格ベース)

    MACアドバイザリー

    調剤薬局_M&A_手数料_MAC

    MACアドバイザリーは調剤薬局のM&Aに特化したM&A仲介会社です。

    譲渡価格ベースの完全成果報酬制で安い手数料を実現し、柔軟な価格提示を行ってくれます。

    MACアドバイザリーでは自社でも調剤薬局を運営しているため、運営側に立った専門性の高いアドバイスが可能です。

    相談料 無料
    着手金 無料
    中間報酬 無料
    月額報酬 無料
    成功報酬 レーマン方式(譲渡価格ベース)

    東京MAパートナーズ

    調剤薬局_M&A_手数料_東京

    東京MAパートナーズは1~2店舗程度の小規模な調剤薬局に特化したM&A仲介会社です。

    小規模な案件に柔軟に対応しており、1店舗の場合、売却にかかる手数料はなんと無料になっているため、小規模の調剤薬局が相談しやすい環境になっています。

    一方、2店舗以上の場合は500万円の固定報酬がかかります。

    1店舗であってもきちんと売り手の側に立ったアドバイスを行ってくれるので安心です。

    相談料
    着手金 1店舗の場合:無料
    2店舗以上の場合:500万円
    中間報酬
    月額報酬
    成功報酬

    ユニヴ

    調剤薬局_M&A_手数料_ユニヴ

    ユニヴは調剤薬局向けの総合的なサービスを行っている会社で、M&Aの仲介も行っています。

    具体的には、調剤薬局向けのM&Aの仲介に加えて、薬学生の就活サポート、薬剤師の転職サポートなどまで行っています。

    報酬は譲渡金額に応じて設定される完全成果報酬制で、小規模の調剤薬局の場合、手数料が無料になる場合があります。

    相談料 無料
    着手金 無料
    中間報酬 無料
    月額報酬 無料
    成功報酬 譲渡金額に応じる

    CBパートナーズ

    調剤薬局_M&A_手数料_CB

    CBパートナーズは医療系の業界を専門にしているM&A仲介会社です。

    医療、介護、福祉業界を中心にサポートしており、もちろん調剤薬局のM&Aにも精通しています。

    レーマン方式による手数料がかかり、小規模案件の場合には下限報酬が発生することがあります。

    相談料 無料
    着手金 無料
    中間報酬 無料
    月額報酬 無料
    成功報酬 ~5億円:5%
    5~10億円:4%
    10~20億円:3%
    20億円~:2%

    調剤薬局のM&A仲介会社おすすめ5社手数料比較表

    調剤薬局_M&A_手数料_比較表

    ここまでに紹介した5社のM&A仲介会社の手数料を比較すると以下のようになります。

    M&A総合研究所 MACアドバイザリー 東京MAパートナーズ ユニヴ CBパートナーズ
    相談料 無料 無料 無料 無料
    着手金 無料 無料 1店舗の場合:無料
    2店舗以上の場合:500万円
    無料 無料
    中間報酬 無料 無料 無料 無料
    月額報酬 無料 無料 無料 無料
    成功報酬 レーマン方式
    (譲渡価格ベース)
    レーマン方式
    (譲渡価格ベース)
    譲渡金額に応じる ~5億円:5%
    5~10億円:4%
    10~20億円:3%
    20億円~:2%

    調剤薬局のM&A仲介、事業継承ならM&Aアドバイザー

    M&Aアドバイザー

    調剤薬局のM&Aに興味はあるが具体的なことが分からず困っている…
    黒字経営なのにも関わらず、事業継承者がおらず悩んでいる…
    会社を売却すると、従業員はどうなってしまうのか…

    このようにお悩みの経営者の方も多いのではないでしょうか。

    株式会社ゼロテクノロジーが提供するM&A仲介事業「M&Aアドバイザー」なら、このようなお悩みを解決することが可能です!

    M&Aアドバイザーの特徴

    M&Aアドバイザーの特徴

    M&Aアドバイザーには、以下のような特徴があります。

    M&Aアドバイザーの特徴
    1.  完全成功報酬型
    2. マッチングのスピードが早い
    3. 安心のサポート体制
    4. 着手金無料

    \手数料無料!サポート体制も手厚いのはM&Aアドバイザー/
    M&Aアドバイザー

      M&Aのプロに相談する

    完全成功報酬型

    M&Aアドバイザーでは、中間金や月間報酬などのM&Aの途中でかかる報酬を一切いただいておりません。

    例え、M&Aが成約しなかった場合でも、無駄に支払う報酬などはございません。

    そのため、安心してご利用いただくことが可能です。

    マッチングのスピードが早い

    弊社では、日本でもトップレベル規模の金融サイトを運営しています。

    そのため、プラットフォームを活かした譲渡企業・譲受企業双方の即時マッチングが可能となっています。

    安心のサポート体制

    事業M&Aの仲介を行っているため、M&Aマッチングサービスなどと異なり、譲渡までしっかりアドバイザーがサポート致します。

    着手金無料

    中間金や月間報酬に加えて、着手金も無料となっております。

    そのため、M&A成約に至るまで報酬はいただきません。

    M&Aアドバイザーへの無料相談はこちら!

      会社名(任意)
      お名前必須
      電話番号必須
      メールアドレス必須
      ご興味のある内容必須

      調剤薬局のM&Aの仲介会社の5つの選び方

      調剤薬局_M&A_手数料_選び方

      調剤薬局のM&A仲介会社は以下の5つのポイントで選ぶのがおすすめです。

      それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

      選び方①:手数料が明確な会社を選ぶ

      調剤薬局_M&A_手数料_明確

      調剤薬局向けのM&A仲介会社を選ぶ時にまず大切なのが、手数料が明確な会社を選ぶことです。

      上でも紹介したとおり、M&Aでは以下のような手数料がかかり、料金体系が複雑な場合もあります。

      調剤薬局のM&Aでかかる手数料の6つの種類

      手数料を比較しないまま依頼してしまうと、思ったより高額の手数料を取られてしまう場合があります。

      このような事態を防ぐためにも、手数料がわかりやすく計算しやすいように設定されているM&A仲介会社を選ぶのが大切です。

      特に完全成果報酬制でその他の手数料がかからず、しかもかかる金額が明確に提示されているM&A仲介会社は手数料の安さに自信を持っています。

      そのため、手数料を抑えながらM&Aの仲介を依頼することができます。

      選び方②:調剤薬局のM&Aの実績がある会社を選ぶ

      調剤薬局_M&A_手数料_実績

      調剤薬局のM&Aの実績がある会社を選ぶのも大切です。

      M&A仲介会社の中には、M&A自体は数多く行ってきたものの、調剤薬局のM&Aは行ったことないところもあります。

      確かに調剤薬局のM&Aでも基本的な手順は他の業界と変わらないのですが、調剤薬局だからこそ注意しなければならない点もあります。

      それは、具体的には以下のような点です。

      調剤薬局のM&Aで注意すべき点
      • 調剤薬局が許認可制である点
      • M&A後も薬剤師が継続して所属してくれるかが特に重要な点

      調剤薬局のM&Aを豊富に行ってきたM&A仲介会社であればノウハウがあるため、成功確率をより高くすることができるでしょう。

      選び方③:担当者との相性が良い会社を選ぶ

      調剤薬局_M&A_手数料_選ぶ

      担当者との相性も地味に重要なポイントです。

      担当者との相性が悪いとうまく意思疎通が取れずにM&A先にうまく自社の魅力を伝えられなかったり、スムーズなM&Aが行えなかったりします。

      調剤薬局のM&A実績が豊富で、なおかつ担当者との相性が良いM&A仲介会社であればM&Aをスムーズに進められるでしょう。

      もし担当者との相性が良くないと感じた場合には、まずは担当者の交代を打診してみましょう。

      もしくは、仲介してもらうM&A会社自体を変えてしまうのも一つの手です。

      選び方④:M&Aの知識が豊富な会社を選ぶ

      調剤薬局_M&A_手数料_知識

      M&Aの知識が豊富な会社を選ぶのも大切なポイントです。

      いくら調剤薬局に詳しくても、M&Aの知識に乏しく、実績がない会社であればうまくM&Aを仲介してもらえない場合があります。

      良い売却先があまり見つからなかったり、本来なら受けられるサポートが受けられなかったりするのです。

      M&Aの相談は金融機関など、M&Aを専業としていなくても受けられるのでM&A仲介会社の見極めは重要です。

      選び方⑤:サポートが手厚い会社を選ぶ

      調剤薬局_M&A_手数料_サポート

      M&A仲介会社は、サポートが手厚い会社を選ぶのがおすすめです。

      正確に言えば、支払う手数料の安さとサポートの手厚さが両立されていればベストでしょう。

      サポートが手厚い会社ならM&Aについて不安なことがあればいつでも相談できますし、M&Aの専門的な作業について代行してもらうことが可能です。

      調剤薬局のM&Aの10個の手順

      調剤薬局_M&A_手数料_手順

      調剤薬局がM&Aを行う時には、以下のような10手順を踏みます。

      それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

      手順①:必要な資料の準備

      調剤薬局_M&A_手数料_資料

      M&Aで調剤薬局を売却したい時には、まず必要な資料の準備を行います。

      詳細な必要資料はM&A仲介会社に確認してみるのが得策ですが、最低でも過去三期分の決算資料は用意しておきましょう。

      手順②:売却相手の募集

      調剤薬局_M&A_手数料_募集

      次に売却相手の募集を行います。

      M&A仲介会社に依頼した場合は、仲介会社が売却先を探してくれます。

      ちなみに、M&A仲介会社に頼らず自力で売却相手を募集する時には公共施設の事業引継ぎ支援センター、オンラインのM&Aプラットフォームなどを利用するのがおすすめです。

      手順③:秘密保持契約の締結

      調剤薬局_M&A_手数料_締結

      売却相手候補が見つかったら、次は秘密保持契約を締結しましょう。

      売却の交渉を行う時には本来社外秘の情報まで売却候補に見せる必要があるため、外に広まらないよう秘密保持契約の締結が必要です。

      秘密保持契約を締結して初めて、安心して自社の詳細な情報を開示することができます。

      手順④:企業概要書の提示

      調剤薬局_M&A_手数料_提示

      秘密保持契約を交わしたら、次に企業概要書の提示を行います。

      企業概要書には、外部に公開していない、詳細な企業の情報が掲載されています。

      買い手は企業概要書をもとに想定金額や基本条件などを決定知るため、かなり重要な書類です。

      手順⑤:トップ面談

      調剤薬局_M&A_手数料_トップ

      次に、トップ面談を行います。

      トップ面談では売り手と買い手が自社の文化や経営の考え方などの確認を行います。

      お互いに価値観を共有することで、お互いを信頼して売却交渉を続けることができます。

      手順⑥:基本合意書の締結

      調剤薬局_M&A_手数料_基本合意書

      次は基本合意書の締結を行います。

      基本合意書の締結では、お互いに交渉続行の意志があることを確認します。

      そして、買い手から仮の譲渡価格が提示されますが、まだこの譲渡価格に法的な拘束力はありません。

      買い手がまだ売り手の詳細な情報を知ることができていないからです。

      手順⑦:買い手の希望買取額の提示

      調剤薬局_M&A_手数料_希望買取額

      次に、買い手企業は売り手から会計、税務、法務などに関わる重要かつ詳細な情報の開示を受けて希望受け取り額を計算します。

      そして、買い手から売り手に希望買取額が提示されます。

      手順⑧:条件交渉

      調剤薬局_M&A_手数料_条件交渉

      次に、最終的な条件交渉を行います。

      そして、交渉の結果をもとに、最終的な売却価格が決定されます。

      手順⑨:契約締結

      調剤薬局_M&A_手数料_契約締結

      条件交渉が終わり、売却価格まで決定されたら、いよいよ契約書を取り交わし、売却価格や条件が決定されます。

      この契約の締結は法的拘束力を持つものになります。

      手順⑩:売却実行

      調剤薬局_M&A_手数料_売却実行

      最後に、いよいよ売却が実行されます。

      契約書のとおりに、双方が売却に必要な作業を行います。

      必要な作業が完了した段階で、買い手から売り手に譲渡代金が支払われ、売却は完了します。

      調剤薬局とは?

      調剤薬局_M&A_手数料_調剤薬局

      調剤薬局とは、医師が発行した処方箋をもとに薬剤師がお薬を調剤し、患者にお薬を提供するとともに、その薬を正しく使うために情報を提供する医療施設です。

      ただお薬を提供するだけでなく、患者ごとにお薬のカルテを作成して重複投与や飲み合わせの悪い薬になっていないかなどを確認します。

      調剤薬局では薬剤師しか行えない業務が多く、なおかつ薬剤師1人あたりが業務を行える処方箋の枚数が決まっています。

      日本では家族経営などを行っている小規模な調剤薬局が多くありますが、利益を出しにくい構造になっています。

      そのため、調剤薬局を売りたいと考えている人は多くいます。

      M&Aとは?

      調剤薬局_M&A_手数料_MA

      M&AはMerger and Acquisitionの略で、合併と買収という意味です。

      企業が他の企業を買い取って事業基盤を強化したり、新しい領域に進出したりします。

      広い意味では企業同士の提携まで指す場合もありますが、この記事では2つ以上の企業が1つになったり、企業が企業を買う行為のことを指します。

      M&Aでは買い手企業には低リスクで新しい事業を始められるというメリットがあります。

      一方、売り手側にとっても後継者問題を解決でき、社員の雇用を守りながら創業者としての責務から解放されるというメリットがあります。

      M&Aの理由に多い「事業承継」を詳しく知りたい方はこちら!

      事業承継を成功させる秘訣とは?事業承継成功のポイントや課題についても徹底解説

      調剤薬局のM&Aが増えている5つの理由

      調剤薬局_M&A_手数料_理由

      近年、調剤薬局のM&Aは増加傾向にあります。

      その理由としては主に以下の5つが挙げられます。

      それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

      理由①:経営層の高齢化と跡継ぎの不在

      調剤薬局_M&A_手数料_高齢化

      調剤薬局のM&Aが増えている理由としてまず挙げられるのが、経営層が高齢化しており、なおかつ跡継ぎが不在なことが多いことです。

      調剤薬局のオーナーは現在、60~80歳の人が多く、経営層の高齢化が進んでいます。

      これは、1980年から日本で医薬分業が急速に進んだことが関係しています。

      医薬分業とは、薬の処方を行う医師の仕事と薬を調合する薬剤師の仕事を分離する考え方のことです。

      日本では以前、医師が薬を調合していることが多かったため、必要以上に薬を処方してボロ儲けできることが問題視されていました。

      これを是正するため、薬の調合を薬剤師に任せる医薬分業が進み、日本では1980年代から調剤薬局が爆発的に増加しました。

      この時期に調剤薬局を開業した人が現在引退を考える時期に差し掛かっているのです。

      そして、そもそも薬剤師が少ないこと、薬剤師なるのが大変なことから、子どもが継げないケースが多く、M&Aをするケースが増えているのです。

      理由②:薬剤師の不足

      調剤薬局_M&A_手数料_薬剤師

      薬剤師の不足も調剤薬局のM&Aの増加の原因のひとつです。

      日本では薬剤師になるためには大学や大学院の薬学部で6年間学び、さらに合格率が70%程度の国家試験に通過する必要があります。

      毎年1万人程度の薬剤師が生まれていますが、薬剤師の独占業務が多いこと、調剤薬局で1人の薬剤師が調剤できる処方箋の上限が決められていることから薬剤師の不足は深刻です。

      以前と比べれば不足は解消されているものの、薬剤師の有効求人倍率は5倍程度あり、医師や介護職とほとんど変わりません。

      このように、求人倍率が高いことから、採用したくても薬剤師を採用できない調剤薬局が多くあります。

      そして、薬剤師は独占業務が多いですから、事業を継がせる人は薬剤師の資格を持っていることが望ましいです。

      このような現状から、事業を継がせる人がいないケースが増えているのです。

      薬剤師を採用できないのは大手調剤薬局も同じなので、大手調剤薬局は薬剤師を確保するためにも、積極的にM&Aを行って事業の拡大を目指しています。

      よって、M&Aで調剤薬局を売りたい人も、買いたい人も多い状況になっているのです。

      理由③:経営の厳しさ

      調剤薬局_M&A_手数料_経営

      M&Aが増えている背景として、調剤薬局の経営の厳しさも挙げられます。

      そもそも、薬の価格は厚生労働省が決定していて、値下げを行うことができません。

      そのため、調剤薬局として利益を出すためには仕入れ値を下げるしかないのですが、大量に仕入れたほうが当然仕入れ値は下がるため、個人で経営している調剤薬局は大手調剤薬局に勝てません。

      そして、所属している薬剤師の数に応じて調剤できる処方箋の数には上限があります。

      このような構造から、特に小規模な調剤薬局は利益を出しにくくなっています。

      その上、薬の価格は厚生労働省により年々引き下げられているため、今後はさらに利益を出しにくくなると予想されています。

      そのため、たとえ事業を継げる人がいても、継がせることをためらってしまう経営者が多いのです。

      理由④:コストの低さ

      調剤薬局_M&A_手数料_コスト

      買い手側としては、コストの低さもM&Aを増加させている原因になります。

      調剤薬局を一から出店するためには、実はかなりコストがかかります。

      そもそも開設許可を取る必要がありますし、調剤室も設置する必要があるからです。

      その上、薬剤師不足が深刻なので、採用コストも高いです。

      一方、M&Aであれば買い取るだけで店舗を増やすことが可能で、時間的にも金銭的にもお得です。

      薬剤師にそのまま在籍してもらえば、新たに採用する必要もありません。

      このように、調剤薬局ではM&Aに大きなメリットがあるため、利用している企業が多いのです。

      理由⑤:地域性の強さ

      調剤薬局_M&A_手数料_地域性

      買い手側としては、調剤薬局の地域性の強さもM&Aを加速させている原因のひとつです。

      調剤薬局を利用する客はほとんど医師から処方箋をもらった人なので、調剤薬局は病院の目の前にあることが多いです。

      そして、毎回同じ調剤薬局を利用するリピーターが多いという特徴があります。

      一から客を集めるのは大変なので、既存の店舗の顧客をそのまま獲得したほうがメリットが大きいのです。

      調剤薬局のM&Aの手数料比較のまとめ

      調剤薬局_M&A_手数料_まとめ

      今回の記事では、調剤薬局のM&Aの手数料についてお伝えしてきました。

      調剤薬局だけでなく、ドラッグストアのM&Aの動向や手数料について気になる方はこちら

      調剤薬局のM&Aでは以下のような手数料がかかる場合があります。

      調剤薬局のM&Aでかかる手数料の6つの種類

      調剤薬局のM&Aの手数料は一概には言えませんが、一般的には1,000~2,000万円程度かかることが多いようです。

      調剤薬局のM&AにおすすめのM&A仲介会社は以下のとおりです。

      調剤薬局のM&Aにおすすめの5社の手数料を徹底比較

      調剤薬局のM&A仲介会社は以下のような5つのポイントで選ぶのがおすすめと言えます。

      調剤薬局は以下の10手順でM&Aを行うことができます。

      調剤薬局とは、医師が発行した処方箋をもとに薬剤師がお薬を調剤し、患者にお薬を提供するとともに、その薬を正しく使うために情報を提供する医療施設です。

      M&Aとは、企業が他の企業を買い取って事業基盤を強化したり、新しい領域に進出したりすることを指します。

      調剤薬局のM&Aが近年増えている理由としては以下の5つのものが挙げられます。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。

      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)