飲食店のM&A・事業承継の相場は?売却側と買収側のメリット・デメリットを完全網羅

飲食店を譲り受けたい・売却したいと思い、飲食店のM&Aを検討されている方が多いのではないでしょうか?

飲食店のM&Aは参考となる相場事例も豊富で、手につけやすい傾向にあります。

しかし、飲食店のM&Aには事前準備が必要な上、多少のデメリットを伴います。

以上を考慮しながら、買収・売却を進める必要があります。

「飲食店のM&Aってメリットはあるの?」
「飲食店のM&Aの相場はどのくらいなの?」

そこで、この記事では飲食店のM&Aの買収の流れ・メリット・デメリットをわかりやすくご説明いたします。

飲食店のM&Aをスムーズ且つ失敗せずに進めるために、ぜひご参考ください。

「飲食店のM&A」をざっくり言うと
  • 飲食店のM&Aの相場は一概には言えない
  • 飲食店をM&Aで買収するメリットはノウハウを獲得できることなど
  • 飲食店をM&Aで買収するデメリットは運営方針を変えにくいことなど
  • 飲食店をM&Aで買収する時の注意点は交渉を早めに進めることなど
  • 飲食店のM&AにおすすめのM&Aの仲介会社は「M&Aアドバイザー

【相談無料!】「M&Aアドバイザー」に相談してみませんか?

  • 「M&Aの知識をイチから教えて欲しい。」
  • 「資金調達の事例も合わせて聞いてみたい。」
  • 「最短最速でM&Aを終わらせたい・最新事例が知りたい。」
  • 「M&Aを最後までしっかりサポートしてもらいたい。」

こうした疑問や悩みをお持ちの方に、M&Aアドバイザーでは、無料相談を実施中です。

M&Aアドバイザーでは、M&Aに関するプロがお相手探しから成約まで一気通貫でサポート致します。

そのため、交渉などにかかる時間が短縮でき、M&A全体をスピード感を持って推進することができます。

スピード感費用を重視されている経営者様は、ぜひ一度お問い合わせください。

M&Aアドバイザーが選ばれる理由とは?

全国でM&Aアドバイザーが選ばれる理由
  1. 完全成功報酬型・着手金無料
  2. 売り手・買い手双方のマッチングスピードの圧倒的な速さ
  3. マッチングから成約までM&Aのプロが徹底サポート

M&Aアドバイザーは、相談から成約完了まで、完全無料のM&A仲介会社です。

所属するM&Aアドバイザリーは、M&Aの豊富な知識や経験を積んでおり、経営者様にM&Aの知識がなくても安心してお任せいただけます。

まずは相談から無料で承っておりますので、下記のフォームから、ぜひお気軽にお問い合わせください。
今すぐM&Aのプロに無料相談!

    会社名(任意)
    お名前必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    ご興味のある内容必須


    ※ご相談は無料です。
    ※いつでも登録解除が可能です。
    ※現在譲渡側のみ相談を受け付けております。

    (お電話番号、メールアドレスは、お申し出に応じて、いつでも登録を解除致します。不要となりました際はご連絡ください。)

    M&Aアドバイザー公式サイトはこちら

    飲食店はM&Aできる?

    飲食店_MandA_可能

    結論から言うと、飲食店をM&Aすることは可能です。

    飲食店には店内で食事を提供する店舗からテイクアウトのお店、食事をデリバリーしてくれるサービスまで含みますが、これらどのようなサービスでもM&Aは可能です。

    そして、詳しくは下で解説しますが、実は飲食店のM&Aにはメリットも多くあります。

    しかし、飲食店のM&Aにはデメリットは注意点もありますので、これから詳しく見ていきましょう。

    M&Aの成功事例について詳しく知りたい方はこちら↓
    M&Aの成功事例14選!大企業・中小企業・海外企業の例と失敗しないための対策を徹底解説

    飲食店のM&Aの相場

    飲食店_MandA_相場_金額相場

    飲食店のM&Aの相場は、残念ながら「場合により大きく異なる」というのが答えになります。

    飲食店のM&Aの相場には以下のようなさまざまな要素が絡み合ってくるからです。

    飲食店のM&Aの相場を決める要素
    • 売上高
    • 店舗の広さ
    • 店舗の数
    • ジャンル
    • 付帯設備
    • 立地
    • ブランド力 など

    ただ、一から飲食店を開業するよりも、M&Aで買収してしまったほうが低コストなのは明らかです。

    M&Aで買収してしまえば店舗の設備をそのまま利用できますし、従業員まで含めて買収すれば採用コストもかからないからです。

    飲食店をM&Aで買収する6つのメリット

    飲食店_MandA_買収側_メリット

    飲食店をM&Aで買収するメリットには主に以下の6つがあります。

    それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

    コロナ禍で注目が集まる「IT業界」のM&Aを知りたい方はこちらから↓
    IT業界のM&A事例10選|IT業界の動向や現状、M&Aにおすすめの仲介会社6選もご紹介!

    買収側のメリット①:ノウハウを獲得できる

    飲食店_MandA_買収側_メリット_ノウハウ

    飲食店をM&Aで獲得するメリットとしてまず挙げられるのが、ノウハウを獲得できることです。

    M&Aではただ店舗を獲得できるだけでなく、これまでお店を運営してきたノウハウを獲得することができます。

    飲食店を1から開業する場合は何も知識がないところから始めなければなりませんが、M&Aで獲得すればノウハウを身につける時間や手間を削減できます。

    そのため、飲食について詳しい知識がなくても飲食店を運営しやすいのです。

    買収側のメリット②:従業員まで確保できる

    飲食店_MandA_買収側_メリット_従業員_確保

    飲食店をM&Aで獲得するメリットとしては、従業員まで確保できる点も挙げられます。

    1から飲食店を開業する場合、従業員を採用する必要があります。

    採用にはそれなりのコストがかかりますし、採用した上できちんと働けるように教育する必要まであります。

    このように、従業員を1から採用するとかなりのお金と時間がかかります。

    一方、M&Aで従業員を確保できれば、採用・育成にほとんど手間がかからないのです。

    買収側のメリット③:営業権を獲得できる

    飲食店_MandA_買収側_メリット_営業権_獲得

    営業権を獲得できる点も、飲食店をM&Aで獲得するメリットとして見逃せません。

    飲食店を経営するためには、資格を取得した上で所轄の機関に届出・申請を行う必要があります。

    これを新しく行うためには、それなりの時間と手間がかかります。

    一方、M&Aで買収してしまえば営業権をすべて取得できるので、スピーディーに飲食店の経営を始められます。

    買収側のメリット④:店舗拡大を加速できる

    飲食店_MandA_買収側_メリット_店舗拡大_加速

    店舗拡大を加速できる点も飲食店をM&Aで獲得するメリットと言えます。

    飲食店をM&Aで獲得するのがおすすめなのはこれから飲食店の経営を始めようと考えている人だけではありません。

    すでに飲食チェーンを持っている経営者の方にとってもメリットの大きな話です。

    飲食店をM&Aで買収すればより短時間、なおかつ少額で店舗を獲得できます。

    そのため、飲食チェーンを大きく拡大していきたい時にも役に立つのです。

    買収側のメリット⑤:好立地の店舗を獲得できる

    飲食店_MandA_買収側_メリット_好立地店舗_獲得

    好立地の店舗を獲得できる点も、M&Aで飲食店を買収するメリットと言えます。

    私達は出かけた時、見かけたお店にそのまま入ることも多いです。

    そのため、飲食店にとって立地はかなり重要です。

    しかし、1から飲食店を開業する場合、立地が良い場所に店舗を構えるのは簡単なことではありません。

    好立地な場所はすでに店舗が入っていることが多いからです。

    一方、飲食店をM&Aで買収すれば、すでにある程度利益が出ることが保証された場所で飲食店の運営を始められます。

    好立地の店舗を獲得しやすいのもM&Aのメリットと言えます。

    買収側のメリット⑥:低コストで飲食店を始められる

    飲食店_MandA_買収側_メリット_低コスト

    低コストで飲食店を始められる点が、飲食店をM&Aで獲得する最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

    飲食店のM&Aでは営業権もすぐ取得できますし、従業員もついてきますし、飲食店の運営に必要な設備は一通り揃っているため、1から飲食店を開業するよりもずっと低コストでの運営が可能です。

    そのため、飲食店のM&Aは業界全体としてかなり注目されています。

    飲食店をM&Aで買収する2つのデメリット

    飲食店_MandA_買収側_デメリット

    飲食店をM&Aで買収するデメリットには以下の2つがあります。

    飲食店をM&Aで買収する2つのデメリット

    それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

    買収側のデメリット①:運営方針を変えにくい

    飲食店_MandA_買収側_デメリット_運営方針

    飲食店をM&Aで買収するデメリットとしてまず挙げられるのが、運営方針を変えにくいことです。

    経営者にとっては「これから飲食店を新しく開店する」という感覚ですが、これまでお店で働いてきた従業員にとっては経営者が変わっただけなので「できるだけ業務内容が変わらないまま働いていきたい」と考えています。

    そのため、急に運営方針を変えると従業員が反発し、辞めてしまう可能性があります。

    そうなっては従業員までまとめて確保できるM&Aをした意味が半減してしまいます。

    そして、特に変えるのが難しいのがお店のコンセプトです。

    お店の内装や席の配置、立地などはこれまでの店のコンセプトに沿って設計されています。

    そのため、別のコンセプトで運営を始めると、「お店の様子とコンセプトがマッチしてない」という事態が起こりがちです。

    するとお店に来たお客様に良い印象を与えられず、運営がうまく行かない場合があります。

    買収側のデメリット②:思わぬリスクが発覚する場合がある

    飲食店_MandA_買収側_デメリット_リスク

    買収した後に思わぬリスクが発覚する場合がある点についてもデメリットと言えます。

    単純な話ですが、これまで飲食店のオーナーが店を手放すことにはそれなりの理由があります。

    それが「歳だし引退を考えている」などの理由であれば良いのですが、「経営がうまく行かなかった」という場合も十分考えられます。

    そして、店舗自体が経営がうまく行かない原因を抱えていることもあります。

    その理由がM&Aした後に発覚すると、かなりのリスクになります。

    オーナーには、店を手放そうと考えている理由を事前にきちんと聞いておくようにしましょう。

    飲食店をM&Aで買収する時の5つの注意点

    飲食店_MandA_買収側_注意点

    飲食店をM&Aで買収する時の注意点としては以下の5つがあります。

    それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

    買収側の注意点①:交渉は早めに進める

    飲食店_MandA_買収側_注意点_交渉 width=

    飲食店をM&Aで買収する時の注意点としてまず挙げられれるのが、交渉を早めに進めることです。

    その飲食店をM&Aで買収しようか迷っているうちに、他社に先に買収されてしまう可能性があるからです。

    魅力的だと考えている飲食店には早めに声をかけて条件の交渉に入ると良いでしょう。

    交渉を早めに進めるとは言っても、最終的な判断を急ぐ必要はありません。

    早めに交渉を進め、独占的に交渉できる段階になってから本当にその飲食店を買収するか判断すると良いでしょう。

    買収側の注意点②:デューデリジェンスを怠らない

    飲食店_MandA_買収側_注意点_デューデリジェンス

    デューデリジェンスを怠らないのも大切です。

    デューデリジェンスとは、専門家に依頼して、その飲食店のリスクおw洗い出したり、債務などの監査を行ったりすることです。

    いくら良い飲食店だと思っても、実は重大なリスクを抱えているかもしれません。

    そのリスクを避けるために、必ずデューデリジェンスを行いましょう。

    買収側の注意点③:相性の良い飲食店を買収する

    飲食店_MandA_買収側_注意点_相性

    相性の良い飲食店を買収するようにしましょう。

    上でも述べたとおり、飲食店のコンセプトや運営方針を変更するのはそれなりに大変です。

    それならば、最初から自分が考えている店の運営方針やコンセプトに合った飲食店を買収すればよいのです。

    最低限、飲食店のジャンルや価格帯は自分が考えるものに近いものにしたほうが良いでしょう。

    買収側の注意点④:希望の条件を明確にする

    飲食店_MandA_買収側_注意点_希望条件

    希望の条件を明確にするのも大切です。

    飲食店のM&Aでは売り手と買い手が交渉して買収するか決定することになりますが、買い手の要求が100%叶えられることはほぼないでしょう。

    交渉でお多大に歩み寄って妥協点を見つけることになります。

    そのため、あらかじめ自分の中で譲れない条件と妥協しても問題ない条件を整理しておくと交渉がスムーズでしょう。

    買収側の注意点⑤:M&Aの専門家に相談する

    飲食店_MandA_買収側_注意点_専門家

    飲食店のM&AではM&Aの専門家に相談するのも大切です。

    飲食店のM&Aには専門知識が必要な場面が多数存在します。

    そんな時にM&Aの専門家に相談すれば、大きな助けになることでしょう。

    飲食店のM&Aを考えているなら、まずはM&Aの専門家、M&A会社に相談してみましょう。

    M&A仲介会社は具体的には以下のようなことを行ってくれます。

    M&A仲介会社が行ってくれること
    • 売り手の募集
    • 売り手との条件交渉
    • 契約書など、書類の作成のサポート
    • デューデリジェンスを行う専門家の紹介 など

    飲食店のM&Aのおすすめは、「M&Aアドバイザー」

    飲食店のM&Aを考えているが、どのような会社が良いのか分からない…
    他の事業に力を入れるため飲食店の事業売却と考えているが、相手探しに難航している

    このようにお考えの飲食店経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    「M&Aアドバイザー」では、飲食店M&Aの知見と実務経験豊富なM&Aアドバイザリーが、お相手探しから成約に至るまで、徹底的にサポート致します。

    無料相談も受け付けておりますので、下記のフォームから、是非お気軽にお問合せください。

    【お問い合わせフォーム】

      会社名(任意)
      お名前必須
      電話番号必須
      メールアドレス必須
      ご興味のある内容必須

      M&Aアドバイザーへのお問い合わせはこちら【無料】

      飲食店をM&Aする時の8手順

      飲食店_MandA_買収側_手順

      飲食店をM&Aする時には以下の8手順があります。

      それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

      手順①:本当に買収するべきか考える

      飲食店_MandA_買収側_手順_検討

      飲食店をM&Aする時には、最初に本当に買収すべきか考えておきましょう

      飲食店の買収にはやはりそれなりのお金がかかりますから、後悔しないように本当に買収すべきなのかしっかり考えてみましょう。

      具体的には、そもそも飲食店を経営すべきなのか、M&Aではなく1から飲食店の経営を始めたほうが良いのではないか、などを考える必要があります。

      また、買収することに決めた後は、どのようなお店を経営するのか、どうやって利益を出していくのか、どのような層を顧客にするのか、基本的な戦略を決めておくようにしましょう。

      基本的なな戦略を決めておかないと、どのような飲食店をM&Aすれば良いのかもわからないからです。

      手順②:M&A会社に相談する

      飲食店_MandA_買収側_手順_MandA会社

      飲食店をM&Aで買収することに決めたら、次はM&A会社に相談します

      上でも説明したとおり、M&Aでは専門知識やノウハウが必要な部分が多くあるので、M&Aを専門に扱っている会社を利用すると安心です。

      資料作成などの基本的な部分から、専門知識の提供までM&Aを全面的にサポートしてくれます。

      その上、M&A会社によっては、買い手はお金を払わなくて良い場合もあります。

      手順③:売り手を募集する

      飲食店_MandA_買収側_MandA_手順_売り手

      次に、売り手の募集を行います

      ここでは、あらかじめ決めた、どのような店を経営したいかに沿って、買収候補となるお店を探していきましょう。

      ここでもM&A会社は役に立ってくれますので、まずは希望条件を伝えるようにしましょう。

      すると、M&A会社は希望に合う飲食店を探し、提案してくれます。

      売り手を探す時には、実際に買収候補の飲食店に出向いて売り手の案内を受けたりすることになります。

      手順④:売却条件を交渉し、基本合意書を締結する

      飲食店_MandA_買収側_手順_交渉_基本合意書

      買収したい売り手が見つかった場合、次に売り手との条件交渉が始まります

      譲渡金額、買収後の従業員の扱いなど、さまざまな面について交渉を重ねます。

      ここで詳細な条件まで検討しておくことで、後々のトラブルを防ぐことができます。

      条件の交渉がまとまり、双方が納得したら、基本合意書を締結します。

      手順⑤:デューデリジェンスを実施する

      飲食店_MandA_買収側_手順_デューデリジェンス

      次に、デューデリジェンスを実施します

      デューデリジェンスでは専門家に依頼して、その飲食店が抱えているリスクを調査したり、財務、法務などの面について監査したりします。

      専門家もM&A会社が紹介してくれるので安心です。

      ちなみに、デューデリジェンスで問題が発見された時には、M&Aを白紙に戻すことができますし、譲渡金額を減額することもできます。

      手順⑥:店舗資産譲渡契約を提携する

      飲食店_MandA_買収側_手順_店舗資産譲渡契約_締結

      デューデリジェンスが問題なければいよいよ売買が成立します。

      買収の第一歩として、店舗資産譲渡契約を結びましょう

      店舗資産譲渡契約は備品のリストなど、店舗内で譲渡する資産について細かい条件を決めた契約書です。

      手順⑦:買い手が貸借契約の締結、売り手が解約手続きを行う

      飲食店_MandA_買収側_手順_貸借契約

      売買が成立した時には、賃貸契約の引き継ぎも行う必要があります。

      飲食店では経営者が毎月賃貸オーナーに賃料を支払うことになっています。

      そのため、飲食店をM&Aする時には、買い手と賃貸オーナーの間で契約を取り交わす必要があります

      一方、売り手の側も賃貸オーナーとの間で解約手続きを行うことになります。

      ちなみに、もし店舗が売り手が所有しているものだった場合、この手続きは必要ありません。

      手順⑧:店舗の引き渡しと買収金額の振り込みが行われる

      飲食店_MandA_買収側_手順_店舗_引き渡し_買収金額_振り込み

      最後に、いよいよ店舗の引き渡しと、買収金額の振り込みが行われます。

      きちんと公正な引き渡しが行われるように、店舗の引き渡しでは売り手、買い手、M&A会社の人が立ち会って、売却する物品の確認を行います。

      これに問題がないことが明らかになれば、買い手が買収料金を支払って、いよいよM&Aは完了です。

      飲食店をM&Aで売却する時の4つのメリット

      飲食店_MandA_売却側_メリット

      飲食店をM&Aで売却する時のメリットとしては主に以下の4つがあります。

      それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

      売却側のメリット①:撤退金額を削減できる

      飲食店_MandA_売却側_メリット_撤退金額

      飲食店をM&Aで売却するメリットとしてまず挙げられるのは、撤退金額を削減できる点です。

      通常、飲食店を廃業する時には原状回復費と解約予告家賃がかかってしまいます。

      まず、飲食店は入居する前の状態に戻して賃貸オーナーに引き渡す必要があります。

      この原状回復をするための工事費用は1坪あたり5~10万円程度かかると言われています。

      また、解約予告家賃として、賃貸オーナーに解約を宣告してから半年程度の家賃は支払う必要があります。

      このような撤退金額がM&Aではかからないため、飲食店の経営から手を引きやすくなっているのです。

      売却側のメリット②:譲渡益を獲得できる

      飲食店_MandA_売却側_メリット_譲渡益_獲得

      譲渡益を獲得できる点もメリットと言えます。

      飲食店をM&Aで売却する時には店舗をそのまま引き渡すので、撤退金額が減ることはすでに述べたとおりですが、譲渡利益まで手にすることができます。

      M&Aでの売却には金銭的に大きなメリットがあるのです。

      売却側のメリット③:従業員の雇用を守れる

      飲食店_MandA_売却側_メリット_従業員_雇用

      従業員の雇用を守れる点も飲食店をM&Aで売却するメリットと言えます。

      飲食店をただ廃業する場合は、従業員の仕事がなくなるため、新たに別の仕事を探してもらう必要があります。

      一方、M&Aなら新たな雇用主の下でそのまま働いてもらうことができます。

      そのため、従業員も雇用が失われる心配がありません。

      売却側のメリット④:個人保証から解放される

      飲食店_MandA_売却側_メリット_個人保証_解放

      個人保証から解放される点も飲食店をM&Aで売却するメリットと言えます。

      飲食店のオーナーは事業としてお金を借りる時に、事業の資金がなくなったらポケットマネーから返済するという個人保証をつける場合が多いです。

      M&Aで飲食店を売却し、買い手に個人保証を引き継げば個人保証から解放されて安心して生活できます。

      飲食店をM&Aで売却する時の2つのデメリット

      飲食店_MandA_売却側_デメリット

      飲食店をM&Aで売却する時のデメリットとしては主に以下の2つがあります。

      それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

      売却側のデメリット①:買い手が現れない可能性もある

      飲食店_MandA_売却側_デメリット_買い手

      飲食店をM&Aで売却する時のデメリットとしてまず挙げられるのは、買い手が現れない可能性です。

      飲食店のM&Aは活発ですが、買いたいと思う人がいなければ、当然売ることはできません。

      そのため、M&Aでの売却を検討しても、結局廃業せざるを得ない可能性もあります。

      売却側のデメリット②:店舗のコンセプトが大きく変わる可能性がある

      飲食店_MandA_売却側_デメリット_コンセプト

      店舗のコンセプトが大きく変わる可能性がある点が飲食店のM&Aのデメリットと言えるでしょう。

      飲食店の経営者の中には、売却後もできればそのままのコンセプトで営業してほしいと考えている方もいるのではないでしょうか。

      しかし、買収側に同じコンセプトで営業し続ける義務はないため、まったく別の店になってしまう可能性は高いです。

      飲食店のM&Aをする時のおすすめのM&Aサービス3選

      飲食店_MandA_おすすめ_MandAサービス_MandA仲介会社

      飲食店のM&Aをする時におすすめのM&Aサービスは以下の3つです。

      飲食店のM&Aをする時のおすすめのM&Aサービス3選

      それぞれのサービスについて詳しく見ていきましょう。

      他のM&A仲介会社・企業を知りたい方はこちらから↓
      【2021年最新】M&A仲介会社・企業おすすめ比較ランキング!実績と選び方、特徴を徹底解説

      TRANBI

      飲食店_MandA_おすすめ_MandAサービス_MandA仲介会社_TRANBI

      TRANBIは日本最大級のM&Aマッチングサービスです。

      国内外の豊富な案件の中から買収先を探すことでき、M&Aの専門家を無料で紹介してもらうこともできます。

      TRANBIには飲食店も多数掲載されており、売却先を探している飲食店をオンライン上で簡単に見つけられます。

      飲食M&A

      飲食店_MandA_おすすめ_MandAサービス_MandA仲介会社_飲食MandA

      飲食M&Aは飲食業界に特化したM&A仲介サイトです。

      飲食店に特化しているだけあって、飲食店のM&A案件を豊富に見られるのが大きな特徴です。

      完全成果報酬制なので低リスクで飲食店のM&Aが可能です。

      M&A成立までが速いという評判が多いです。

      バトンズ

      飲食店_MandA_おすすめ_MandAサービス_MandA仲介会社_バトンズ

      バトンズはM&A仲介大手の日本M&Aセンターのグループ会社です。

      オンライン上で飲食店を売りたい人と買いたい人をマッチングするサービスを運営しています。

      M&Aを仲介するサービスの中でもマッチング数やM&Aの案件として成立したものが多いという特徴があります。

      飲食店のM&Aの事例3選

      飲食店_MandA_事例_3選

      飲食店のM&Aは盛んにおこなわれていますが、どのような会社がどのような会社をM&Aしているのか、具体例を紹介していきます。

      飲食店のM&Aは、日本企業同士に限らず、海外の飲食店ともM&Aが積極的に行われています。

      レインズインターナショナルがフレッシュネスバーガーの事業を買収

      2016年、コロワイド株式会社の子会社で、牛角やしゃぶしゃぶ温野菜などのブランドを運営しているレインズインターナショナルがフレッシュネスバーガー事業の全株式を取得しました。

      これによって、フレッシュネスバーガーはレインズインターナショナルの完全子会社ということになります。

      目的としては、フレッシュネスバーガーをハンバーガー業界の中でさらなる拡大を目指すために、自社のプラットフォームを活用することが考えられます。

      木曾路による大将軍のM&A

      2021年1月に、しゃぶしゃぶ店の中でも業界トップを走る「木曾路」が、焼き肉チェーン「大将軍」の全株式を取得して、完全子会社化しました。

      コロナ禍でも、換気が通常の飲食店の7倍もできると言われ人気の「焼き肉」を事業として取り込むことで、しゃぶしゃぶと合わせた新しい価値の提供を目指しています。

      ゼンショーホールディングスによる米寿司チェーン店のM&A

      日本でも人気の大手牛丼チェーン「すき家」などを運営するゼンショーホールディングスでは、アメリカを中心に、4,000店舗ほど経営している持ち帰り寿司チェーン「アドバンスド・フレッシュ・コンセプツ」を約288億円で子会社化しました。

      このM&Aの目的は、持ち帰りの専門店を傘下に入れることで、「中食」の分野に参画することにあります。

      ゼンショーホールディングスでは、海外進出は進めているものの、北米にはこれまで店舗を持っていなかったので、このM&Aをきっかけにアメリカでへの進出を本格化していくと思われます。

      飲食店のM&Aと居抜きの違い

      飲食店_MandA_居抜き_違い

      飲食店のM&Aと似た飲食店の引き継ぎ方法として、居抜きが挙げられます。

      居抜きとは、建物の設備は備品などを現在のままの状態にすることです。

      居抜き案件を買う側にとっては新しく工事を行うことなく飲食店を始められるメリットがあり、売り側にとっては撤退費用を削減できるメリットがあります。

      飲食店のM&Aと居抜きでは、事業を売買するかが異なります。

      居抜きでは事業自体の売買は行われないため、ノウハウを獲得したり、従業員を確保したりすることはできません。

      しかし、コンセプトやジャンルなどを変更して出店しやすいというメリットもあります。

      飲食店のM&Aのまとめ

      飲食店_MandA_まとめ

      飲食店はM&Aできます。

      飲食店のM&Aの相場は場合にとってさまざまで、一概には言えません。

      飲食店をM&Aで買収するメリットとしては主に以下の6つがあります。

      飲食店をM&Aで買収するデメリットは主に以下の2つです。

      飲食店をM&Aで買収する2つのデメリット

      飲食店をM&Aで買収する時の注意点としては主に以下の5つが挙げられます。

      飲食店は以下の8手順でM&Aすることが可能です。

      一方、飲食店をM&Aで売却する時のメリットとしては主に以下の4つが挙げられます。

      飲食店をM&Aで売却する時のデメリットは主に以下の2つです。

      飲食店のM&Aをする時におすすめのサービスは主に以下の3つです。

      飲食店のM&Aをする時のおすすめのM&Aサービス3選

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。

      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)