おすすめのRPAツール15選徹底比較!自社に合うおすすめツールが見つかる!

「おすすめの自動化ツール(RPAツール)が知りたい!」

このように考えていませんか?

自動化ツールではこれまで人が行っていた作業をロボットがミスなく行ってくれるようになります。

そうすれば社員がより成果に直結する仕事に力を注ぐことができます。

しかし、自動化ツールは数が多すぎてどれを選んで良いか判断できませんよね。

そこで、この記事では自動化ツールを比較し、あなたの会社におすすめのツールを厳選して紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「おすすめの自動化ツール」ざっくり言うと
  • 自動化ツールでは単純作業を削減できる
  • 自動化ツールを選ぶポイントは大手かどうかなど
  • 総合的に見ておすすめのツールはWinActorなど
  • 低価格でおすすめなのはAsteria Warp Coreなど
  • 操作が簡単でおすすめなのはパトロールロボコンなど

自動化ツール(RPAツール)とは?

自動化ツール_おすすめ_とは

自動化ツールはこれまで手作業で行われていた事務作業などの単純で継続的に行われる業務をロボットを使って自動化できるツールです。

RPA(Robotic Process Automation)ツールと呼ばれることも多いです。

自動化ツールでは決められた業務を素早く、しかもミスなくこなせるため、業務の大幅な効率化を図ることができます。

自動化ツールは使える範囲が非常に広いのが特徴で、複数の異なるソフトやシステムをまたいで操作できるため、手順やルールが明確であればどんな業務でも自動化できます。

たとえば、エクセルにあるデータを会計システムに移行するような作業はこれまで手入力で行われていましたが、自動化ツールを使えば簡単に短時間で移行できるようになります。

自動化ツールでできること・できないこと

自動化ツール_おすすめ_できること

この見出しでは、自動化ツールでは何ができて何ができないのか、それぞれ見ていきましょう。

自動化ツールでできること

自動化ツール_おすすめ_できる

自動化ツールでできるのは、「定型業務」と呼ばれるものです。

具体的には、決まった作業を繰り返すような仕事や、マニュアル通りにやればできる仕事などが自動化ツールでできるようになります。

具体的には、以下のような作業を自動化ツールで自動化できます。

自動化できる作業
  • 伝票の入力
  • 請求書の管理や発行
  • データの収集と分析
  • システムのメンテナンス など

自動化ツールでできないこと

自動化ツール_おすすめ_できない

一方、自動化ツールでできないことは主に「発想力が必要なもの」と「臨機応変な対応が必要なもの」です。

自動化ツールが決められたことしかできないため、発想や臨機応変な対応は苦手としています。

具体的には、以下のような作業を自動化するのは難しいでしょう。

自動化できない作業
  • 営業
  • 取引先との交渉や契約
  • クレームへの対応
  • 企画立案
  • デザインなどクリエイティブな仕事 など

ただし、これらの業務は「現時点ではできない」というだけです。

今後、技術が進歩していけば、上記のような業務も自動化できる可能性があります。

自動化ツールを比較する6つのポイント

自動化ツール_おすすめ_ポイント

自動化ツールは数多く存在します。

そんな自動化ツールは以下の6つのポイントで比較するのがおすすめです。

それぞれの比較ポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:大手のツールを選ぶ

自動化ツール_おすすめ_大手

自動化ツールを比較するポイントとしてまず挙げられるのが、大手のツールを選ぶことです。

自動化ツールの中でも、特に多くの人に利用されている大手のツールなら安心して利用することができます。

さまざまな会社に選ばれているツールは総合力が高く、あなたの会社でも役立つ可能性が高いでしょう。

総合力が高い自動化ツールを見に行く

ポイント②:操作の簡単さで選ぶ

自動化ツール_おすすめ_簡単

操作の簡単さで選ぶという方法もあります。

いくら高性能な自動化ツールでも操作が難しく使わなくなってしまっては意味がありません。

特に社内にプログラミングなどの技術に明るい人がいない場合、できるだけ直感的に操作できるようなツールを選ぶと良いでしょう。

たとえば、実際の業務を行うだけで作業の手順をフローチャートにしてくれるようなツールであれば簡単に使いこなすことができます。

操作が簡単な自動化ツールを見に行く

ポイント③:自動化したい業務で選ぶ

自動化ツール_おすすめ_業務

自動化したい業務で選ぶという方法もあります。

自動化ツールによって、何を自動化するのが得意か変わってくるからです。

自動化ツールの中には、特定の業務に特化したものもあります。

たとえば、今回紹介する自動化ツールの中には、コールセンター業務に特化したものや人事の業務に特化したものがあります。

特定の業務におすすめの自動化ツールを選ぶ

ポイント④:価格で選ぶ

自動化ツール_おすすめ_価格

価格で選ぶという方法もあります。

特に中小企業の場合、大企業に比べて自動化できる業務が少なく、予算も限られています。

そのため、できるだけ低価格で導入できたらうれしいですよね。

そんな時には安価で導入できる自動化ツールを検討してみましょう。

価格が低い自動化ツールを見に行く

ポイント⑤:セキュリティの高さで選ぶ

自動化ツール_おすすめ_セキュリティ

セキュリティの高さで選ぶという方法もあります。

自動化ツールは便利ですが、セキュリティのリスクがある場合があります。

たとえば、自動化ツールの中でもクラウド型はインターネット通信を行う必要があるので、比較的セキュリティが弱いと言われています。

セキュリティを重視している企業の場合は、できるだけセキュリティリスクが抑えられる自動化ツールを選ぶと良いでしょう。

ポイント⑥:社内システムとの相性で選ぶ

自動化ツール_おすすめ_社内システム

社内システムとの相性で選ぶという方法もあります。

自動化ツールの中には、あなたの社内システムに対応している場合もあれば、対応していない場合もあります。

自動化ツールを選ぶ時には、社内システムとの相性も確認しておくようにしましょう。

おすすめの自動化ツール5選【総合力が高い!】

自動化ツール_おすすめ_総合力

自動化ツールの中でも、特にシェアが高く、多くの人に支持されているツールは総合力が高くておすすめです。

数ある自動化ツールの中でも、特に総合力が高いものは以下の5つと言えます。

おすすめの自動化ツール5選【総合力が高い!】

それぞれの自動化ツールについて詳しく見ていきましょう。

WinActor

自動化ツール_おすすめ_Winactor

WinActorはNTTグループが提供する自動化ツールです。

実際の操作を録画すればすぐに自動化できて直感的に操作でできるため、技術に明るくない人でも簡単に業務を自動化できます。

柔軟なニーズに答えられるようにNTTに認定された講師や全国のパートナー企業によるサポートを受けることも可能です。

BizRobo!

自動化ツール_おすすめ_BizRobo

BizRobo!はRPAテクノロジーズが提供している自動化ツールです。

これまで10万以上のロボットを開発してきたノウハウが蓄積されているのが強みです。

製品ラインナップが豊富で、小規模に始められるBizRobo! miniや特に人気が高いサーバー型のBizRobo! Basicなどさまざまな種類があります。

また、書類のスキャニングに特化したBizRobo! Documentなど、特定の業務に特化した自動化ツールも揃っています。

UiPath

自動化ツール_おすすめ_Ui

UiPathは特にユーザーからの人気が高い自動化ツールです。

日経コンピュータ 顧客満足度調査 2020-2021のRPAソフト/サービス部門では2年連続で1位を獲得しています。

コーディングが不要で直感的な操作で自動化ツールを導入できるのが魅力的です。

多くの企業から選ばれていて、国内RPA市場の売上シェアで1位を獲得しています。

BluePrism

自動化ツール_おすすめ_Blue

BluePrismは大規模な運用管理に強みがある自動化ツールです。

各部署を横断するような大規模な業務も残さず自動化できます。

ドラッグアンドドロップでシンプルに操作できるのもミリョっく的です。

セキュリティ性にも優れていて、管理者は部署ごとにアクセス権限は作業範囲を定められ、ログイン履歴などを閲覧することもできます。

Automation Anywhere

自動化ツール_おすすめ_AA

Automation Anywhereは90カ国以上で16年以上事業を展開してきた豊富な実績を持つ自動化ツールです。

専門家からの評価も高く、多くの受賞を受けています。

運用中にパフォーマンスの分析もでき、自動化の精度を挙げていけるのも特徴です。

おすすめの自動化ツール5選【低価格で手を出しやすい!】

自動化ツール_おすすめ_低価格

自動化ツールを使い始めたいと思っても、価格が高いと躊躇してしまいますよね。

特に中小企業だと大きな予算はかけられないものです。

数ある自動化ツールの中でも、特に価格が安くて助かるのは以下の5つです。

おすすめの自動化ツール5選【低価格で手を出しやすい!】

それぞれの自動化ツールについて詳しく見ていきましょう。

Asteria Warp Core

自動化ツール_おすすめ_AWC

Asteria Warp Coreは国内でも8,000社以上が導入する自動化ツールです。

初期費用0円、月額3万円の低価格から導入することができます。

直感的な操作が可能で、プログラミングの知識がなくても業務自動化が可能です。

Autoブラウザ名人

自動化ツール_おすすめ_Aブラウザ

Autoブラウザ名人はブラウザ版の自動化ツールとしては最大のシェアを持つツールです。

ブラウザ上での操作を自動化することができます。

ライセンスを最低で年間39,000円、保守料として4,000円とかなりの低価格で導入できる点がうれしいですね。

Autoジョブ名人

自動化ツール_おすすめ_Aジョブ

Autoジョブ名人はブラウザを操作できるだけでなく、Windowsのアプリケーションも操作できる自動化ツールです。

年間18万円から利用開始することができます。

BizteX cobit

自動化ツール_おすすめ_Bc

BizteX cobitは直感的な操作でユーザビリティが高く、2018年にはグッドデザイン賞を受賞しています。

作業を数回行えば、その作業を記憶して自動化することができます。

導入コストも安く、月額10万円、最短即日から利用開始できます。

Robo-Pat DX

自動化ツール_おすすめ_RPD

Robo-Pat DXは中小企業向けに開発された自動化ツールです。

画面設計がわかりやすいため、初心者でも操作しやすくなっています。

料金は月額12万円で、繁忙期のみロボットを追加するなど柔軟な対応ができる点が魅力的です。

導入した企業の満足度は96%と高い評価を得ています。

おすすめの自動化ツール3選【操作が簡単で使いやすい!】

自動化ツール_おすすめ_操作

いくら性能の高い自動化ツールでも、操作が難しくて使いこなせなければ意味がありません。

数ある自動化ツールの中でも、操作が簡単で初心者でも使いやすいものは以下の3つです。

おすすめの自動化ツール3選【操作が簡単で使いやすい!】

それぞれの自動化ツールについて詳しく見ていきましょう。

パトロールロボコン

自動化ツール_おすすめ_パトロール

パトロールロボコンは独自のプログラムで大規模なデータ運用から複雑な処理まで自動化できるツールです。

シナリオ開発を支援するツールがあり、簡単な操作で業務を自動化できます。

これまで多くの企業で作業の無人化を実現してきた実績があります。

ipaS

自動化ツール_おすすめ_ipas

ipaSはサーバー型・デスクトップ型の自動化ツールです。

導入のしやすさと操作の難易度の低さが特徴的です。

直感的に操作できる他、デスクトップ版なら1台のPCから運用することも可能です。

NEC Software Robot Solution

自動化ツール_おすすめ_NEC

NEC Software Robot Solutionは純国産の自動化ツールで簡単な操作で自動化が可能です。

実行状況の確認なども行えるため、安心して自動化することができます。

自社に自動化ツールのノウハウを蓄積したいという企業向けに、技術サポートや教育サービスも提供しています。

おすすめの自動化ツール2選【特定の業務におすすめ!】

自動化ツール_おすすめ_特定

数ある自動化ツールの中でも、特定の業務に特化しているものは以下の2つです。

おすすめの自動化ツール2選【特定の業務におすすめ!】

それぞれの自動化ツールについて詳しく見ていきましょう。

NICE Robotic Process Automation

自動化ツール_おすすめ_NICE

NICE Robotic Process Automationはコールセンター業務に特化した自動化ツールです。

コールセンターでは電話の対応が基本になりますが、それと平行して書類や帳簿への記入、請求、発注などの入力業務や処理業務が多くあります。

NICE Robotic Process Automationではこれらの業務を自動化し、人間によるミスを防ぐことができます。

顧客との会話やチャットの内容を分析してスタッフが必要とする情報を引き出すことまで可能です。

HRRobo For SAP HCM

自動化ツール_おすすめ_HRRobo

HRRobo For SAP HCMは人事部門に特化した自動化ツールです。

人災採用、人事プロセス、福利厚生の管理などの業務を自動化することができます。

導入コンサルティングや運用支援などのサポートも行っているようです。

自動化ツールの3つの種類

自動化ツール_おすすめ_種類

自動化ツールには大きく分けて以下の3つの種類があります。

自動化ツールの3つの種類

それぞれの種類について詳しく見ていきましょう。

デスクトップ型

自動化ツール_おすすめ_デスクトップ

デスクトップ型は1台のパソコンにダウンロード・インストールできる自動化ツールです。

自動化できる業務がごく限られている場合に便利です。

他の自動化ツールに比べて、導入費用も安めに設定されている場合が多いです。

サーバー型

自動化ツール_おすすめ_サーバー

サーバー型はライセンスを使って会社の全体のパソコンで利用できる自動化ツールです。

自動化できる業務が多く、複数のロボットを連携して稼働していきたい場合に便利なタイプです。

インターネット接続を行わないことから、クラウド型に比べてセキュリティが強固なのが魅力的です。

クラウド型

自動化ツール_おすすめ_クラウド

クラウド型は全社で利用でき、機能が更新された時にすぐにアップデートを受けられることが便利なタイプです。

サーバー型に比べて安価に導入できる点も魅力的です。

自動化ツールの3つのメリット

自動化ツール_おすすめ_メリット

自動化ツールを導入することには以下のような3つのメリットがあります。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:単純作業から解放される

自動化ツール_おすすめ_単純作業

自動化ツールの最大のメリットはやはり単純作業から解放される点です。

単純作業は決まりきった仕事で多く時間が取られる分、ミスを防ぐために注意して取り組まなければならず、これまで従業員の大きな負担になってきました。

しかし、自動化ツールを導入すれば、その間従業員は人間にしかできない業務を行うことができます。

自動化ツールは人間がいない間も業務を行ってくれる点も魅力的ですね。

これらの理由から、自動化ツールを導入すれば会社全体の生産性を大きく向上できます。

メリット②:人件費が削減できる

自動化ツール_おすすめ_人件費

人件費を削減できる点もメリットと言えます。

人件費は会社にとって大きな費用になります。

そんな人件費をロボットでもできる単純作業のために使うのはあまりにももったいないです。

自動化ツールでこれまで人が行っていた業務をロボットに行わせれば、より低い費用で業務をこなすことができます。

人間はその間に違う仕事ができるため、人件費をより成果に結びつけることが可能です。

メリット③:ヒューマンエラーを予防できる

自動化ツール_おすすめ_ヒューマンエラー

ヒューマンエラーを予防できる点も自動化ツールのメリットと言えます。

ヒューマンエラーは主に不注意から起こりますが、ロボットに不注意という概念はなく、ルール通りに忠実な仕事を行うため、数値の打ち間違いなどのミスを起こしません。

そのため、ロボットに業務を行わせれば人が業務を行う負担から解放されるだけでなく、よりミスなく業務を行えるのです。

自動化ツールの3つのデメリット

自動化ツール_おすすめ_デメリット

自動化ツールの導入には以下のような3つのデメリットもあります。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:不正利用で情報漏えいする可能性がある

自動化ツール_おすすめ_不正

不正利用によって情報漏えいする可能性がある点については自動化ツールのデメリットと言えます。

特にインターネットに接続する必要があるクラウド型の自動化ツールの場合、インターネット接続経由で侵入される可能性があります。

特に機密性の高いデータを扱っている業務の場合、セキュリティ対策はきちんと行っておく必要があります。

デメリット②:システム障害で業務が停止する可能性がある

自動化ツール_おすすめ_システム障害

システム障害で業務が停止する可能性がある点についても自動化ツールのデメリットと言えます。

たとえばサーバーやパソコンなど、システムに障害が発生してしまうと自動化ツールは動くことができません。

そんな時に誰も業務をどのように行うか把握できてないと、業務に支障が出てしまいます。

自動化する時には、これまで業務をどのように行っていたかマニュアルを作っておく必要があるでしょう。

デメリット③:誤動作の可能性がある

自動化ツール_おすすめ_誤動作

誤動作の可能性がある点もデメリットと言えます。

自動化ツールはルール通りに忠実に業務を行いますが、臨機応変に対応する能力はないため、例外が発生した時に誤動作してしまう可能性があります。

誤動作が起こった時に即時に対応できるよう、自動化について詳しい担当者を置いておくことなどの対応策が必要と言えます。

自動化ツールを実際に導入する7つの手順

自動化ツール_おすすめ_手順

自動化ツールを実際に導入する時には、以下のような手順を踏むのがおすすめです。

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:プロジェクトチームを立ち上げる

自動化ツール_おすすめ_立ち上げ

自動化ツールを実際に導入する時にはまずプロジェクトチームを立ち上げると良いでしょう。

自動化ツールを導入する時にはこれから説明するさまざまな業務を行う必要が出てくるからです。

この時に、プロジェクトを主導する人の他に、自動化する業務を実際に行っていた人を加えるとスムーズな自動化が実現できるでしょう。

手順②:自動化する業務を1つ選択する

自動化ツール_おすすめ_業務

自動化ツールを導入する時には、最初から全業務に適用するのではなく、まずは自動化する業務を1つ選んで自動化してみるのがポイントです。

初めは小規模に自動化ツールを導入すれば、万が一失敗した時のリスクが少ないからです。

最初に選ぶ業務としては、「業務上かならず行わなければならないものの、発生してからすぐ行う必要がないもの」が適切でしょう。

このような業務は自動化に失敗したとしても、人力でカバーしやすいからです。

手順③:自動化ツールの運用ルールを整備する

自動化ツール_おすすめ_ルール

次に、自動化ツールの運用ルールを整備しましょう。

後々の混乱を避けるためにも、「例外が発生した時に誰に報告すれば良いのか」などを決めておく必要があります。

できれば事前に整備しておいたほうが無難ですが、状況が許す場合は自動化ツールを実際に導入しながらどのようなルール作りが必要なのか考えていく手段もあります。

手順④:自動化ツールを導入する

自動化ツール_おすすめ_導入

次に、いよいよ自動化ツールを導入します。

自動化する業務に合わせて導入する自動化ツールを選択し、連絡を取って実際に導入してみましょう。

失敗した時のリスクを抑えるため、最初はトライアル版を導入できるツールを選ぶと良いでしょう。

手順⑤:小規模に運用開始する

自動化ツール_おすすめ_小規模

自動化ツールを導入したら、次はいよいよ小規模な運用を開始します。

まずは手順②で選択した業務を自動化してみましょう。

自動化する方法がわからない場合は、細かなサポートを受けられる自動化ツールを導入するのがおすすめです。

手順⑥:成果を確認する

自動化ツール_おすすめ_成果

次に、自動化によって得られた成果を確認します。

実際に削減できた時間などを計算し、自動化ツールのコスパがどの程度なのか明らかにしましょう。

また、実際に導入することでわかった課題についても整理しておくと良いでしょう。

社内全体に導入する方向になった場合、本格導入するためにかかる費用も計算しておく必要があります。

手順⑦:大規模に導入する

自動化ツール_おすすめ_大規模

最後に、自動化ツールを大規模に導入します。

社内の業務のうち、自動化できそうなものに自動化ツールを使ってみましょう。

最初はさまざまな問題点が出てくる可能性があるので、安定した運用ができるようになるまで定期的に確認しておくべきです。

自動化ツールの比較のまとめ

自動化ツール_おすすめ_まとめ

自動化ツールは単純作業を削減することができるツールです。

自動化ツールを比較するポイントとしては以下のようなものが挙げられます。

おすすめの自動化ツールはポイントごとに以下のようになっています。

おすすめの自動化ツール5選【総合力が高い!】
おすすめの自動化ツール5選【低価格で手を出しやすい!】
おすすめの自動化ツール3選【操作が簡単で使いやすい!】
おすすめの自動化ツール2選【特定の業務におすすめ!】

自動化ツールには以下のような3つの種類があります。

自動化ツールの3つの種類

自動化ツールのメリットは以下の3つです。

一方、自動化ツールには以下のような3つのデメリットもあります。

自動化ツールを実際に導入する手順は以下のとおりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)