ブラックカードは年収いくらあれば持てる?おすすめのブラックカードも紹介

ブラックカードって年収がいくらあれば持てるの?

クレジットカードの中でも最高ランクに君臨する「ブラックカード」。ステータスが高いカードとして一度は聞いたことのある方が多いのではないでしょうか。

そんなブラックカードですが、持てる条件や年収がいくら必要なのかなどの情報については、掲載がされておらず謎に包まれたカードです。

そこで今回は、ブラックカードが持てる条件について解説していきます。

ブラックカードが持てる年収の目安などについても触れていくので、ぜひ参考にしてください。

記事監修者紹介
fp監修_新井智美さん新井智美/トータルマネーコンサルタント公式サイト
コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)やセミナーを行う。豊富な金融知識を活かし、メディアへの執筆及び監修もおこなう。

保有資格
・ファイナンシャルプランナー(CFP®)認定者
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
DC(確定拠出年金)プランナー
住宅ローンアドバイザー住宅金融普及協会金融検定協会認定)
・証券外務員

ブラックカードとは?

ブラックカード

クレジットカードのランクは一般的に以下4つのランクに分別されます。

  1. 一般
  2. ゴールド
  3. プラチナ
  4. ブラック

クレジットカードのランク

中でもブラックカードは最高ランクのクレジットカードで、サービスや保険が非常に充実しています。

また、ステータスも非常に高いため、多くの人が憧れるカードとなっています。

ただ、ブラックカードは全てのカード会社が発行しているわけではなく、限られたカードのみブラックカードにランクアップすることができます。

おすすめのブラックカードはこちら

ブラックカードが持てる条件

ブラックカードが持てる条件

ブラックカードが持てる条件について解説していきます。将来的にブラックカードが持ちたいとお考えの方は確認してみましょう。

ブラックカードは招待制

招待_イメージ画像

ほとんどのブラックカードは招待(インビテーション)制となっており、自分から申し込むことができません。

そのため、ブラックカードを作りたいと思っても、すぐに作ることはできません。カード会社からの招待を待つ必要があります。

では、何をすればブラックカードの招待が届くのでしょうか。事項で解説していきます。

ブラックカードの招待が届く条件

ブラックカードの招待が届く条件はカード会社によって異なり、公表されていません。

しかし、以下の条件を満たす人にブラックカードの招待が届く可能性があると言われています。

  • 年間利用額が高額
  • 継続して同じカードを使っている
  • 金融事故がない

つまり、同じクレジットカードを長い期間利用し続け、高額決済を頻繁に行うと、ブラックカードの招待が届くということです。

また、支払い延滞などの金融事故を起こしてしまうと、ブラックカードを作るのが難しくなります。

ブラックカードをの招待を待つ上で注意したいのが以下の2点です。

注意点
  1. プラチナカードを使う
  2. ブラックカードが用意されているカードを使う

プラチナカードを使う

ブラックカードはプラチナカードのワンランク上のカードです。そのため、プラチナカードで利用実績を積む必要があります。

もし、ゴールドカードで利用実績を積むと、プラチナカードの招待が届いてしまいます。

ただ、将来的にブラックカードを持ちたいという方は、ゴールドカードから利用実績を積み上げていくのもよいでしょう。

ブラックカードが用意されているカードを使う

前述しましたが、ブラックカードは全てのカード会社が発行しているわけではありません。

例えば、三井住友カードをいくら使い続けてもプラチナランクまでしかないため、ブラックカードの招待は届きません。

そのため、ブラックカードが用意されているカードを使いましょう。

おすすめのブラックカードはこちら

ブラックカードは年収がいくらあれば持てる?

ブラックカードは年収がいくらあれば持てる?

一般的には、ブラックカードを持てる年収の目安は1000万円以上と言われています。

しかし、ブラックカードを持つには年収が○○円以上必要という決まりはありません。

前述したように、ブラックカードの招待を貰うには利用実績を積むことが大切です。そのため、長年同じカードを使い続け、高額決済を重ねていれば、年収が1000万円以下でもブラックカードを持つことは可能です。

ブラックカードの審査において、年収は一つの目安になりますが、利用実績の方が重要であるということを覚えておきましょう。

年収が1億円以上あっても、クレジットカードの利用実績がないと招待は届きません。

ブラックカードおすすめ4選

では、おすすめのブラックカードを4枚厳選して紹介していきます。

ほとんどのカードが招待制ですので、まずは下位カードの利用実績を積み上げることから始めましょう。


JCBザ・クラス

JCBザ・クラス

おすすめポイント

  • 最上位のサービスとステータス
  • 会員限定カタログギフト「メンバーズセレクション」
  • グルメ関連のサービスが充実
年会費 還元率 申し込み条件
55000円(税込) 0.5% 招待のみ

JCBザ・クラスは最高ランクのJCBカードです。

年会費は55000円とブラックカードにしてはかなり安く、今回紹介するカードの中では一番入手しやすいカードとなっています。

年会費が比較的安いにもかかわらず、サービスが非常に豊富で、中でも会員限定カタログギフトである「メンバーズセレクション」は他のカードにはないサービスとなっています。

まずは、JCBゴールドやJCBプラチナの利用実績を積み上げてから招待を待ちましょう。

JCBプラチナ
公式サイトはこちら


Mastercard Black Card

ラグジュアリーカード Mastercard Black Card

おすすめポイント

  • 業界最高レベルのステータス
  • ポイント還元率は1.25%と高還元
  • 人生をより充実させる豊富な優待特典
年会費 還元率 申し込み条件
110000円(税込) 1.25% 20歳以上

Mastercard Black Card新規入会が可能なブラックカードです。

公式サイトにはマスターカードブランドの中で一番ステータスがあるカードと明記されており、ステータス性は保証されています。

金属製で重厚感のあるデザインのため、デザイン重視の方にもおすすめです。

また、ポイント還元率が1.25%と非常に高く、日常利用でもお得に使えるブラックカードとなっています。


アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

アメックスセンチュリオン

おすすめポイント

  • クレジットカードの中でも最高峰のステータス性
  • 詳細情報が記載されていない謎に包まれたカード
  • 年会費と入会金合わせて93.5万円
年会費 還元率 申し込み条件
385000円(税込) 1.0% 招待制


アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
ブラックカードの中で最もステータスが高いと言われているカードです。

そのため入手は非常に困難で、年会費と入会金だけでなんと約100万円かかります。

サービスや保険内容は明らかにされておらず、入会者のみ知ることができる謎に包まれたカードとなっています。

こちらのカードのワンランク下である「アメックスプラチナ」も審査が非常に厳しいので、まずは「アメックスゴールド」から始めるのがおすすめです。

アメックスゴールド
公式サイトはこちら


ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースクラブ プレミアムカード

おすすめポイント

  • 24時間対応のコンシェルジュ
  • 銀座の会員専用ラウンジが使い放題
  • 2名以上の利用で1名分のコース料理が無料に
年会費 還元率 申し込み条件
143000円(税込) 0.4%~1.0% 招待制

ダイナースクラブプレミアムカードは、世界初のクレジットカードであるダイナースクラブカードの招待制カードです。

ダイナースクラブカードは、名前の通り食に関するサービスが豊富で、2名以上の利用で1名分の料金が無料になる「プレミアム エグゼクティブ ダイニング」というサービスがあります。

また、世界初のカードということもありステータス性も保証されています。

こちらは招待制のカードですので、まずはダイナースクラブカードの実績を積み上げましょう。

ダイナースクラブカード
公式サイトはこちら

ブラックカードへのランクアップを狙えるクレジットカード6選

クレジットカード_イメージ画像 width=

ブラックカードをいきなり持つのは難しいので、ブラックカードへのランクアップを狙えるクレジットカードを紹介します。


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

おすすめポイント

  • 抜群のステータス性
  • プラチナ級の充実したサービス内容
  • 最高1億円の海外旅行保険
年会費 還元率 申し込み条件
31900円(税込) 1.0% 20歳以上

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードアメックスセンチュリオンの下位カードにあたるカードです。

こちらのカードは、ステータス性が非常に高いので、高ステータスのカードが欲しい方にはぴったりです。

しかし、アメックスは審査が厳しい傾向にあるので、しっかりと準備をしてから申し込みましょう。


アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

おすすめポイント

  • プラチナカードの中でもトップクラスのステータス性
  • 家族カードが4枚まで無料
  • 日常から旅行まで幅広くサポート
年会費 還元率 申し込み条件
143000円(税込) 1.0% 20歳以上

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは上記で紹介したアメックスゴールドの上位ランクに当たるカードです。

こちらのカードで利用実績を積むことで、アメックスセンチュリオンの招待が届きます。

ただ、143000円(税込)という高額な年会費からも分かるように、審査が非常に厳しくなっています。

そのため、まずはアメックスゴールドから始めてみるのが良いでしょう。


JCBプラチナ

JCBプラチナ

おすすめポイント

  • JCBのプロパーカード
  • プライオリティ・パスが無料
  • プラチナ・コンシェルジュデスクが付帯
年会費 還元率 申し込み条件
27500円(税込) 0.5% 25歳以上

JCBプラチナはJCBザ・クラスのワンランク下にあたるクレジットカードです。

こちらのカードはプライオリティパスやコンシェルジュデスクなど、サービスが非常に充実しています。

こちらのカードで利用実績を積めば、JCBザ・クラスの招待を受けることができます。


JCBゴールド

JCBゴールド

おすすめポイント

  • ラウンジ・キーで世界中のラウンジが利用可能
  • 最高1億円の海外旅行保険
  • 最短当日発行・翌日お届け
年会費 還元率 申し込み条件
11000円(税込)※ 0.5% 20歳以上

※初年度無料

JCBゴールドはJCBザ・クラスの下位カードにあたるクレジットカードです。

こちらのカードはラウンジ・キーや海外旅行保険などサービスも充実しています。

JCBゴールドはJCBプラチナに比べて、審査に通りやすい傾向にあります。そのため、プラチナカードの審査に通る自信のない方は、こちらに申し込んでみましょう。


JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGE

おすすめポイント

  • 20代限定のゴールドカード
  • 空港ラウンジサービスが付帯
  • 入会後3か月間はポイントが3倍
年会費 還元率 申し込み条件
3300円(税込)※ 0.75% 20歳~29歳

※初年度無料

JCB GOLD EXTAGEは株式会社JCBが発行するゴールドカードです。

こちらのカードは20代専用ですので、20代でブラックカードが欲しいとお考えの方におすすめです。

他のカードと比べて審査に通りやすい傾向にあるので、まずはこちらのカードから始めてみるのも良いでしょう。


ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

おすすめポイント

  • 日本で最初のクレジットカード
  • 「食」に関する豊富なサービス
  • 旅行やエンターテインメントサービスも充実
年会費 還元率 申し込み条件
24200円(税込) 0.4%~1.0% 27歳以上

ダイナースクラブカードは世界で最初のクレジットカードです。そのため、ステータス性は高く、サービスも非常に充実しています。

ただ、審査はかなり厳しい傾向にあります。

申し込み条件は27歳以上で年収の目安は500万円以上とされているため、他カードで実績を積んでから申し込むことをおすすめします。

こちらのカードで利用実績を積めば、ダイナースプレミアムカードの招待が届きます。

ブラックカードの年会費の目安

ブラックカードの年会費の目安

ブラックカードの年会費は5万円~40万円程度となっています。

編集部

ブラックカードの中には入会金と年会費を合わせて100万円近く必要になるカードもあります。

クレジットカードの中には年会費無料のカードも存在するので、それらに比べると年会費は非常に高額になります。

しかし、年会費は高額ですが、サービスや保険内容、高いステータス性など、他のカードでは受けられない特別な待遇が用意されているのがブラックカードです。

ただし、高額なブラックカードの年会費を払い続けられる経済力が必要なのは覚えておきましょう。

ブラックカードのサービス内容

ブラックカードのサービス内容

ブラックカードのサービス内容については非公開な部分もありますが、一例として以下のようなサービスが挙げられます。

ブラックカードのサービス内容の例
  • コンシェルジュデスク
  • プライオリティパス
  • ギフトサービス(厳選された商品のプレゼント)
  • 有名レストランのコース無料サービス
  • 各種イベント優待サービス
  • 会員限定ラウンジ利用し放題

上記で挙げられている以外にもブラックカードには多くのサービスがあります。

年会費は高額ですが、年会費以上の満足感を得られる点がブラックカードの強みとなっています。

ブラックカードに関するQ&A

ブラックカードとは?

ブラックカードとは、クレジットカードの中で最もランクが高いカードです。
多くのブラックカードが招待制なので、ブラックカードを持つには、一つのカードを使い続け利用実績を積み上げる必要があります。

ブラックカードの申し込み条件は?

多くのブラックカードは招待(インビテーション)制となっています。
そのため、自分から申し込むことはできない場合が多いです。招待を受けるためには、一つのカードを長年使い続け、カード会社の優良顧客になる必要があります。

ブラックカードのサービス内容は?

ブラックカードのサービス内容として、コンシェルジュデスクやレストラン優待などが挙げられます。
しかし、ブラックカードのサービス内容については明らかになっていない部分も多いので、所有して初めてわかる上質なサービスなどもあります。

ブラックカードの年会費は?

ブラックカードの年会費の目安は、5万円~40万円程度です。
ブラックカードはクレジットカードの中でも年会費が高額ですので、ある程度の経済力を持った方でないと保有することができません。

まとめ

今回は謎に包まれたブラックカードについて解説してきました。

ブラックカードは高額な年会費の代わりに、上質なサービスを受けられる特別なカードです。

多くのブラックカードは、自分から申し込むことはできませんが、一つのカードを長期間使い続け、利用実績を積み上げることで、ブラックカードの招待が届く可能性があります。

そのため、ブラックカードを持ちたいという方は、まずはカードの利用実績を積み上げることから始めてみましょう。