Amazonでおすすめのクレジットカード9選|Amazonでの支払い方法についても徹底解説

Amazonでよく買い物するから、ポイント還元率が高いクレジットカードがほしい!
Amazonでおすすめの支払い方法は何?

このような疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。

キャッシュレス化が進む現在、さまざまな特徴を持ったクレジットカードがあり、その中からAmazonで得をするカードを見つけるのは至難の技です。

そこで今回は、当サイトが厳選したAmazonにおすすめのクレジットカードをご紹介します。

またおすすめの支払い方法も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Amazonでおすすめのクレジットカード 9選

amazonロゴ

それでは、Amazonでおすすめのクレジットカードを9枚に厳選してご紹介します。

それぞれのカードに特徴があるので、自分の利用用途に合ったカードを探してみてください。


JCB CARD W

JCB CARD W

おすすめポイント

  • 18歳から39歳までが申し込み対象
  • 還元率が常に2倍で高還元
  • Amazonやスタバでポイントアップ
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 1.0%~5.0% 18歳~39歳

JCB CARD Wは、39歳までの入会で年会費が永年無料になるクレジットカードです。

年間4,900円のAmazonプライム会員に加入しなくてもJCBのポイント優待サイト「Oki Dokiランド」経由でAmazonで利用すると還元率が2%~になるのが最大の特徴。

付与される「Oki Dokiポイント」はAmazonで利用できます。

なお、Amazon Mastercardクラシックカードの還元率は、Amazonプライム会員に未加入の場合JCB CARD Wよりも低い1.5%。

Amazonプライム会員に加入せずにAmazonで高還元なクレジットカードが希望なら、JCB CARD Wがおすすめです。


Amazon Mastercard ゴールド

Amazon Mastercard ゴールド

おすすめポイント

  • Amazonで最大2.5%還元
  • Amazonプライム会員の年会費が無料
  • 年会費の割引サービスも用意
年会費 還元率 申し込み条件
11000円(税込) 1.0%~2.5% 20歳以上

Amazon Mastercard ゴールドは、Amazonでの利用でポイントが2.5%還元されるクレジットカードです。

年会費は11,000円ですが、Amazonプライム会員の年会費4,900円が無料になるので実質5,100円。

また、カードの利用明細をWEBで確認する「WEB明細」やリボ払いの「マイ・ペイすリボ」を選択すると、初年度の年会費が実質600円に、翌年度以降の年会費は実質無料になります。

Amazonでのショッピングはもちろん、Prime VideoやPrime Music、Amazon PhotosなどAmazonプライムのサービスをたくさん利用する、Amazonヘビーユーザーに最適です。


Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

おすすめポイント

  • 入会後6ヵ月間は還元率が2倍
  • iDとQUICPayをダブル搭載
  • オリコモールの利用で0.5%が特別加算
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 1.0%~2.0% 18歳以上

Orico Card THE POINTは、ネットショッピングでAmazon以外も利用する方におすすめのクレジットカードです。

オリコカード会員限定の「オリコモール」経由でショッピングすると、Amazonのポイント還元率が1.5%~になります。

また、楽天市場とYahoo!ショッピングでも1.5%など、その他のショッピングサイトも高還元率です。

さらに、カード入会から半年間は還元率が2.5%~にアップ。

日々の買い物でAmazonはもちろん、楽天市場やYahoo!ショッピングなども利用する方におすすめです。


dカード

dカード

おすすめポイント

  • dカード特約店で還元率がアップ
  • 「d払い」の利用でdポイントが3重で貯まる
  • docomo利用料金の割引特典
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 1.0%~2.5% 18歳以上

dカードは、ドコモを契約していてAmazonでもよく買い物する方におすすめのクレジットカードです。

dカード契約者のみが利用できるポイント優待サイト「dカード ポイントUPモール」を経由してAmazonで買い物すると、dポイントの還元率が1.5%~になります。

また、楽天市場とYahoo!ショッピングが1.5%、じゃらんnetが2%、さとふるが2.5%など、アマゾン以外のオンラインショップの還元率も高いです。

dポイントはドコモで機種変更の際の端末代金や毎月の利用料金にあてることができるので、ドコモを契約していてネットショッピングをよくする方は検討してみるといいでしょう。


三井住友カードデビュープラス

三井住友カードデビュープラス

おすすめポイント

  • 18歳~25歳専用のクレジットカード
  • 年会費は実質無料
  • いつでもポイント2倍で高還元
年会費 ポイント還元率 申し込み条件
1375円(税込)※ 1.0%~3.0% 18歳~25歳

※初年度&年1回以上の利用で無料

三井住友カード デビュープラスは、18歳~25歳限定のクレジットカードです。

三井住友カードの「ポイントUPモール」を経由してAmazonを利用すると、還元率が1.5%~になります。

また、dカードと同じく楽天市場とYahoo!ショッピングが1.5%、じゃらんnetが2%、さとふるが2.5%などその他のネットショッピングサイトも高い還元率となっています。

さらに、三井住友カードはマクドナルドとセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートでの利用で、還元率がなんと3%にアップ。

年齢が25歳以下で、Amazonの他にもマクドナルドやコンビニでよく買い物する方に特におすすめです。


Amazon Mastercard クラシック

Amazon Mastercardクラシック

おすすめポイント

  • Amazonで最大2%還元
  • 年会費は実質無料
  • 貯まったポイントはそのままAmazonで使える
年会費 還元率 申し込み条件
1375円(税込)※ 1.0%~2.0% 18歳以上

※初年度無料かつ年1回以上の利用で無料

Amazon Mastercard クラシックは、Amazon利用時の還元率が最大2%のクレジットカードです。

Amazonを利用した際の通常の還元率は1.5%ですが、年間4,900円のAmazonプライム会員に入会していると2%にアップします。

獲得したポイントは自動的にAmazonのアカウントに加算。交換忘れを防げるのもメリット。

また、無料の即時審査サービスを利用すると、利用可能枠が3万円に設定された仮カード「Amazonテンポラリーカード」が発行され、申し込んだ当日から高還元率でAmazonの買い物ができます。

Amazonプライム会員に加入もしくは加入予定で、できるだけ早く多く還元されるクレジットカードを使いたい方におすすめです。


JCB一般カード

JCB一般カード

おすすめポイント

  • JCBのプロパーカード
  • 条件クリアで年会費無料
  • 海外利用で還元率が2倍
年会費 還元率 申し込み条件
1375円(税込)※ 0.5%~5.0% 18歳以上

※MyJチェックの登録と年間50万円以上の利用で無料

JCB一般カードは、Oki Dokiランド経由のAmazon利用でポイント還元率が1.5%になるクレジットカードです。

JCB CARD Wに比べると還元率は落ちますが、40歳以上でも申し込めるのがJCB一般カードのメリット。

また、JCB一般カードはJCB CARD Wよりも海外旅行傷害保険が充実していて、国内旅行傷害保険もついています。

旅行保険がしっかりしていてAmazonの還元率もそこそこ高いクレジットカードが希望の40歳以上の方は、検討してみるといいでしょう。


Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

おすすめポイント

  • 年会費が安くお得なゴールドカード
  • 入会後6ヵ月間は還元率が2.0%
  • オリコモール経由でAmazonでのポイントがアップ
年会費 還元率 申し込み条件
1986円(税込) 1.0%~2.5% 20歳以上

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは、格安の1,986円で持てるゴールドカードです。

オリコモール経由でAmazonの商品を購入すると、還元率はトップクラスの2.5%~。

また、カード入会後6ヶ月間は3.5%と、他のカードにはない高い還元率となります。

Orico Card THE POINTとの大きな違いは、iDとQUICPayの利用でも0.5%加算される点と海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が付帯する点です。

特に海外旅行傷害保険は、旅費の支払いにカードを利用しなくても最高2,000万円補償されます。

海外旅行保険が自動付帯する、Amazonの還元率が高いカードが希望の方に最適です。


JALカード

JALカード

おすすめポイント

  • 日々のお買い物でマイルが貯まる
  • 国内外旅行傷害保険が付帯
  • フライトでも大量のマイルが貯まる
年会費 還元率 申し込み条件
2200円(税込)※ 0.5% 18歳以上

※American Express は6600円(税込)

JALカードは、ポイントの代わりにJALマイルが貯まるクレジットカードです。

通常の還元率は1%ですが、「JALマイレージモール」を経由してAmazonで買い物するとJALマイルの還元率が1.5%となります。

またJALカードには特約店があるのが特徴で、イオンやファミリーマート、マツモトキヨシで決済すると2%の還元率。

スターバックスやモスバーガーにチャージ(オンライン入金)すると同じく2%還元されます。

Amazonなどで獲得したポイントを、JALマイルで貯めたい方はJALカード一択です。

Amazonでの支払い方法

Amazonでの支払い方法

Amazonでは、さまざまな支払い方法が用意されています。

各支払い方法について、詳しく解説していきます。

クレジットカード

この記事の初めにも紹介した通り、Amazonではクレジットカードを使った決済が可能です。

Amazonの商品代金をクレジットカードで支払うメリットは、ポイントが貯まる点です。

ポイントの分だけ得することになるので、特にこだわりがなければクレジットカードでの支払いがおすすめです。

\Amazonでお得!/

おすすめのクレジットカードはこちら

Paidy翌月払い

Paidyは、翌月にまとめて代金を支払うサービスです。

毎月の利用分を、翌月の10日までに口座振替や銀行振込、コンビニで支払います。

PaidyをAmazonで利用するメリットは、手数料無料で3回分割の後払いができる点。口座振替もしくは銀行振込で分割手数料が無料になります。

Amazonで一括で支払うのが難しい高額な商品を購入する場合は、Paidyを検討してみるといいでしょう。

携帯決済

携帯決済は、Amazonの利用代金を携帯電話の料金と一緒に支払うことができるサービスです。

一般的にはキャリア決済とも呼ばれています。

Amazonで携帯決済するメリットは、クレジットカードなど他の支払い方法がなくても、携帯を契約していれば商品を購入できる点です。

携帯決済は自分で上限額を設定できるので、心配ならあらかじめ設定しておくことをおすすめします。

コンビニ払い

コンビニ払いは、商品代金をコンビニで支払えるサービスです。

セブンイレブンやローソンなどがAmazonでの支払いに対応しています。

コンビニ払いの支払い方法は、2パターンあります。

  • 店頭端末でバーコードを発券する
  • オンライン決済番号(振込票番号)を店頭で伝える

手数料はどちらもかからないので、自分がやりやすい方法で支払いましょう。

ATM払い

ATM払いは、代金を銀行のATMで支払えるサービスで、現金もしくはキャッシュカードを使って口座残高から支払うことが可能です。

Pay-easy(ペイジー)のロゴがある銀行のATMでのみ利用できます。

ATM払いを利用する際は、以下の情報を入力する必要があります。

  • 収納機関番号:58021
  • 確認番号:8888
  • お客様番号:支払い番号をお知らせするメールのリンクに含まれている11桁の番号

ネットバンキング払い

ネットバンキング払いは、Amazonが指定するネットバンクで利用できる支払い方法です。

対象のネットバンクは以下の通りです。

  • PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)
  • 住信SBIネット銀行
  • auじぶん銀行

ネットバンクでの支払いと聞くと、ネットバンクのウェブサイトから直接支払うイメージがある方もいるかもしれません。

実際は、Amazonで商品購入後に届く、支払い番号のお知らせメールに記載されているリンクから手続きする必要があります。

電子マネー払い

電子マネー払いは、Amazon指定の電子マネーで利用できる支払い方法です。

対象の電子マネーはこちら。

  • 楽天Edy
  • モバイルSuica
  • JCB PREMO
  • 支払秘書

ただし、楽天Edyでは「PaSoRi」というカードリーダーが必要になるなど、注意点もあるので支払い方法をよく確認しておきましょう。

代金引換

代金引換は、商品が届いた時に配送業者に代金を支払う方法。「代引き」と表現されることも多いです。

Amazonで支払い方法を代金引換にした場合、必ず現金で支払う必要があります。

また、代金引換手数料として最低でも330円の追加費用かかるので、あまりおすすめしません。その他の方法の検討をおすすめします。

Amazonギフト券

Amazonギフト券は、Amazonの商品購入時にあらかじめ購入しておいたギフト券の残高を適用して支払う方法です。

Amazonギフト券は、クレジットカードのポイントと交換したり、キャンペーンに応募することで貰えます。

Amazonギフト券+クレジットカードというような払い方もできるので、柔軟に活用しましょう。

Amazonとクレジットカードに関するQ&A

Amazonでクレジットカードを使う方法は?

Amazonでクレジットカードを使うには、まずカード情報をAmazonに登録します。

一度カード情報を登録すれば、商品購入の際に自動的に登録したカードが参照されるので、簡単にお買い物ができます。


Amazon以外のショッピングサイトでおすすめのカードは?

利用するショッピングサイトのポイント還元率を最大限アップさせたい場合は、各ネットショップ専用のクレジットカードを活用しましょう。

AmazonはAmazon Mastercardで、楽天市場は楽天カードで、Yahoo!ショッピングはYahoo!カードで支払うのが最もポイントが貯まります。


Amazon Mastercard クラシックとゴールドの違いは?

両カードの違いを分かりやすく表にしてみました。

年会費 通常還元率 Amazonでの還元率 申し込み条件 付帯サービス
Amazon Mastercard クラシック 1375円(税込)※1 1.0% 2.0% 18歳以上 ・初年度年会費無料
・入会で5000ポイントプレゼント
Amazon Mastercard ゴールド 11000円(税込)※2 1.0% 2.5% 20歳以上 ・Amazonプライム特典が使い放題
・国内空港ラウンジが無料
・最大5000万円の国内外旅行保険

※1初年度無料かつ年1回の利用で無料 ※2条件クリアで年会費割引

表を見て分かるように、ゴールドはクラシックの上位互換です。

ただし、ゴールドはサービスの質が上がる分、年会費も高くなるので注意しましょう。

まとめ

今回は「Amazonでおすすめのクレジットカード」をご紹介しました。

気軽に外でお買い物ができない現代、ネットショッピングは非常にありがたい存在です。

そんなネットショッピングをお得にするためにも、Amazonで還元率がアップするお得なクレジットカードを発行してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)