プラチナカードおすすめランキング|年収や条件、ステータスを徹底解説

プラチナカードについて詳しく知りたい!

「プラチナカード」はコンシェルジュサービスやプライオリティパスなど、豪華サービスを受けられるハイステータスカードです。

今回はそんなプラチナカードを題材に、当サイト厳選のプラチナカードおすすめランキングを紹介していきます。

他にも、プラチナカードを持てる年収と条件などについても解説していきますので、ぜひ今後にお役立てください。

\豪華な特典付き!/

おすすめのプラチナカードはこちら

記事監修者紹介
fp監修_新井智美さん新井智美/トータルマネーコンサルタント公式サイト
コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)やセミナーを行う。豊富な金融知識を活かし、メディアへの執筆及び監修もおこなう。

保有資格
・ファイナンシャルプランナー(CFP®)認定者
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
DC(確定拠出年金)プランナー
住宅ローンアドバイザー住宅金融普及協会金融検定協会認定)
・証券外務員

プラチナカードおすすめランキング

早速ですが以下のポイントを基にプラチナカードおすすめランキングを紹介していきます。

  • 年会費
  • ポイント還元率
  • サービス・付帯保険
  • ステータス性
  • デザイン

この中からお気に入りのプラチナカードを見つけてみましょう。

クレジットカード名 JCB プラチナ
JCBプラチナ
三井住友カード プラチナプリファード
三井住友カードプラチナプリファード
三井住友カード プラチナ
三井住友カードプラチナ
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
Master Titanium Card(ラグジュアリーカード)
ラグジュアリーカード
アメリカン・エキスプレス・プラチナカード
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス
エポスプラチナカード
エポスプラチナカード
Orico Card THE PLATINUM
Orico Card THE PLATINUM
年会費 無料 無料 無料 無料 無料 1375円(税込)※1 1375円(税込)※1 5500円(税込)※2 11000円(税込)
ポイント還元率 0.5% 1.0% 0.5% 0.4% 1.0% 1.0% 0.75% 0.5% 1.0%~3.0%
キャンペーン内容 ・\新規入会者限定/Amazon利用で最大30000円キャッシュバック
・家族カード入会で最大4000円分プレゼント
 ・抽選でJCBギフトカード10万円プレゼント etc….
・新規入会&ご利用でもれなく最大40,000ポイントプレゼント
・継続利用で毎年 最大40,000ポイントプレゼントetc…
・新規入会&ご利用でもれなく最大40,000ポイントプレゼント
・継続利用で毎年 最大40,000ポイントプレゼントetc…
・\新規入会者限定/最大16,000円分のおトクな入会特典
・三菱UFJ銀行の口座をお支払い口座に設定で1,000Pontaポイントプレゼント
・満足できなければ初年度年会費全額返金保証  etc… ・新規入会&ご利用でもれなく合計50,000ポイントプレゼント
etc…
・新規入会&ご利用でもれなく10,000円分プレゼントetc… ・新規入会&ご利用でもれなく最大2,000円相当プレゼント
etc…
・新規入会&ご利用3,000オリコポイントプレゼント
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト
 

スクロールできます

タップで非表示


JCBプラチナ

JCBプラチナ

おすすめポイント

  • JCBのプロパーカード
  • プライオリティ・パスが無料
  • プラチナ・コンシェルジュデスクが付帯
年会費 還元率 申し込み条件
27500円(税込) 0.5% 25歳以上

JCBプラチナは、株式会社JCBが発行するプロパーカードです。

プロパーカードとはJCBなどの国際ブランドが独自に発行するクレジットカードのことで、ステータス性が保証されています。

また、コンシェルジュサービスプライオリティパスなどプラチナ特有のサービスもあり、満足感のある1枚です。

さらに、新規入会者には「Amazonの利用で最大30,000円キャッシュバック」「家族カード入会で最大4,000円プレゼント」「抽選でJCBギフトカード10万円プレゼント」「友達紹介で最大5,000円相当のポイントプレゼント」などキャンペーンが盛り沢山。

この機会にぜひ、入会してみてはいかがでしょうか。

JCBプラチナの口コミ

(40代/男性/会社員)

JCBコンシュエルジュを使える事が最大のメリット。
家族カードの年会費を考えるとコスパ高いです。
ただ0.5%の還元率だと積極的にはメインに使用しにくいです。
あと欠点とおもわれるのが、Cirrusに非対応。
JALJCBプラチナはCirrus対応だったので、この点はマイナス。コンシェルジュを取るか、還元率を取るかで、JCBプラチナを取るか、JCB Wにするかの2択を迫られます。

(40代/男性/会社員)

T&Eに特化していると思います。
コンシェルジェ・プライオリティパス・グルメベネフィット・高額保険等、まだまだ書けない程の
サービスが。ディズニーやUSJでも。
但し、これらの付帯サービスを使わないのでしたら、持つ意味が無いです。
ポイントは貯まりにくいです。(JCBスターメンバーズにしても大したことないです)

\お得なキャンペーンが盛り沢山/

JCBプラチナ
公式サイトはこちら


三井住友カードプラチナプリファード

三井住友カードプラチナプリファード

おすすめポイント

  • ポイント特化型のプラチナカード
  • プリファードストアで最高10%還元
  • シンプルでスタイリッシュなデザイン
年会費 還元率 申し込み条件
33000円(税込) 1.0% 20歳以上

三井住友カードプラチナプリファードは、ポイント特化型のプラチナカードです。

ポイントが貯まりやすいので、日常利用でもプラチナカードを使いたいという方におすすめです。

還元率が高いだけでなく、サービスや保険も充実しているので、作って損はないプラチナカードです。

三井住友カードプラチナプリファードの口コミ

(30代/男性/会社員)

キャッシュレス比率が高くなっているので、ラグジュアリーさよりも決済の場面でのお得さや安心感を重視したいと思うと割とありです。

様々なカードでポイント還元で釣っておいて後出し改悪が多い中でメリットあるサービスを続けてほしいと願ってます。

\保険・サービス・決済の充実を求めるあなたに/

三井住友プラチナプリファード
公式サイトはこちら


三井住友カードプラチナ

三井住友カードプラチナ

おすすめポイント

  • VISAとMastercardで違ったサービス
  • 豊富なエンターテインメントサービス
  • プライオリティ・パスが無料
年会費 還元率 申し込み条件
55000円(税込) 0.5% 30歳以上

三井住友カードプラチナは、エンターテインメントサービスが豊富なプラチナカードです。

宝塚歌劇優先販売やUSJ特別ラウンジなど他のカードでは中々味わえないサービスを用意しています。

また、VisaとMastercardでサービス内容が違い、より魅力的な方を選ぶことができます。

三井住友カードプラチナの口コミ

(40代/男性/会社員)

1枚は持っておきたいVISA。
国内でVISAを持つなら三井住友Platinum VISAが一番ですかね。
枠は最初から500万つけてくれたので結構余裕があって良いです。
年会費は54,000円(8%税込)ですけど、メンバーズセレクション(選べるギフト)とカードご利用プレゼント(利用額0.5%分のVJAギフトカード)を貰えることを考えるとプラチナカードだけど結構お得なカードですね。

(40代/女性/会社員)

世界中どこに行ってもほとんどの場面で問題なく使える、とっても心強いカードです。キャッシングも同様です。プライオリティパスを家族会員全員に発券していただけるのも嬉しいです。ステータス云々よりも実用性が最も優れているプラチナカードだと思います。

\家族でエンターテイメントを楽しみたいあなたに/

三井住友カードプラチナ
公式サイトはこちら


MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

おすすめポイント

  • 三菱UFJニコスならではの安心感
  • 豊富なポイントアッププログラム
  • プラチナ特有のサービスも付帯
年会費 還元率 申し込み条件
22000円(税込) 0.4% 20歳以上

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、三菱UFJニコスが発行するプラチナカードです。

コンシェルジュサービスが自動付帯しており、旅行や予約のことだけでなく介護のことまでも相談が可能です。

他にもプライオリティパスプラチナ・グルメセレクションなど豪華サービスが用意されています。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの口コミ

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの口コミはありませんでした。

\安心感とラグジュアリ感の両立の1枚/

MUFGアメックスプラチナ
公式サイトはこちら


Mastercard Titanium Card(ラグジュアリーカード)

ラグジュアリーカード

おすすめポイント

  • チタン製のハイステータスカード
  • ラグジュアリーなサービスと補償額
  • 24時間365日のコンシェルジュサービス
年会費 還元率 申し込み条件
55000円(税込) 1.0% 20歳以上

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardは、チタン製のクレジットカードです。

カード番号と名前が職人の手により手作業で彫り出されており、特別感のある1枚に仕上がります。

またスーパーカー優待など、付帯サービスもラグジュアリーになっています。

Mastercard Titanium Card(ラグジュアリーカード)の口コミ

Mastercard Titanium Card(ラグジュアリーカード)の口コミはありませんでした。

\日々の暮らしをプレミアムに/

ラグジュアリーカード
公式サイトはこちら


アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

おすすめポイント

  • トップクラスのステータス性
  • 家族カードが4枚まで無料
  • 日常から旅行まで幅広くサポート
年会費 還元率 申し込み条件
143000円(税込) 1.0% 20歳以上

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは、プラチナカードの中でも最上位のステータス性を誇るカードです。

年会費は143000円(税込)と非常に高額ですが、サービスや保険が非常に充実しています。

ただ、審査が特に厳しいので選ばれた人しか持つことのできないプラチナカードとなっています。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの口コミ

(50代/男性/会社員)

保険がとにかくすごい
あらゆる電化製品に保険が無料付帯する
どんだけお世話になったか、これだけで年会費以上助かっている
さらにスマホも補償がつくようになったの
フリーステイギフトも対象ホテルが増え、除外日が減ったため良くなった
年に数回特定店舗で30%キャッシュバックなどあるので年会費の4分の1くらい元を取れる

(40代/男性/会社員)

旅行 宿泊 外食にすこしこだわりがあってお金を使う方には是非お勧め。
もともと、あまり航空機を使わない 旅行に行かない 予約して少し良い食事をしない と言う方は活かせないカードだと思います。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス

おすすめポイント

  • おしゃれでかっこいいデザイン
  • 永久不滅ポイントが貯まる
  • コンシェルジュサービスが付帯
年会費 還元率 申し込み条件
22000円(税込) 0.75% 20歳以上

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは株式会社クレディセゾンが発行するプラチナカードです。

国内のお買い物でポイントが1.5倍になり、有効期限のない永久不滅ポイントが貯まります。

さらに海外では、最高1億円の海外旅行保険やお買い物でポイント2倍など、国内海外両方で優待を受けられます。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの口コミ

(40代/男性/会社員)

パフォーマンスは最高.
航空機の遅延保証は本家アメックスプラチナにも無い.
24時間デスクも大変丁寧.
ポイントは永久不滅.
JALへのマイル加算も便利.
ショッピング枠,キャッシング枠も驚くほど高い.
個人的には言うことなしのプラチナカード。

エポスプラチナカード

エポスプラチナカード

おすすめポイント

  • ポイントで年会費が支払える
  • 年間最大10万円分のポイントが貰える
  • 招待から作ると年会費が割引
年会費 還元率 申し込み条件
30000円(税込)※ 0.5% 20歳以上

※割引サービス有

エポスプラチナカードは、条件次第で年会費を無料と同等にできるプラチナカードです。

エポスプラチナカードには年間ボーナスポイントというものがあり、年間の利用額に応じてポイントが付与されます。

年100万円の利用で20000pt、200万で30000ptと100万ごとに上がっていき、最大100000ptが貰えます。

また、年会費をポイントで払うことができるので、年間300万円以上使えば、年会費を無料にすることができます。

さらに、カード会社からの招待で発行した場合、年会費が20000円(税込)になるという嬉しいサービスもあります。

エポスプラチナカードの口コミ

(30代/女性/会社員)

スタンダード→ゴールド→プラチナとインビテーションできました、なので年会費は二万円です。
昨年から年会費にポイントを充てることができることになりました(がボーナスポイントがつくより年会費の支払期限のほうが早かった気がする、、)
ポイント充当できるくらいまで年間使うのはしんどいですけどね、、個人的には300万使ってゴールドより優位性があるっていう感想です(ポイント差し引き2万になるので)。

Orico Card THE PLATINUM

Orico Card THE PLATINUM

おすすめポイント

  • オリコカード史上最高のポイント還元率
  • 24時間365日あなたのためのコンシェルジュ
  • 多彩な空港サービス
年会費 還元率 申し込み条件
20370円(税込) 1.0%~3.0% 20歳以上

Orico Card THE PLATINUMは、還元率が高くポイントが貯まりやすいプラチナカードです。

5つのポイント加算特典があり、どこでもポイントが貯まりやすくなっています。

また、コンシェルジュサービスや空港ラウンジサービスも付帯しており、使いやすく便利なカードとなっています。

Orico Card THE PLATINUMの口コミ

(30代/男性/会社員)

海外へ行くことがある人にとっては、便利なカードです。
年会費も税込みで2万円なので、サービスを使い倒せば、年間に2万円分の
価値はあるような気がします。

(40代/男性/会社員)

使い始めて1年半くらいです。アメックスゴールドからの乗り換えで、メインで使用しています。ポイントが貯まりやすく、使いやすいのが特徴だと思います。ネットでの買い物もポイントがプラスになるので、本当にすぐ貯まります。ただプラチナデスクは物足りない感じです。何度か旅行のプランを考えて貰いましたが、結局旅行会社に行きました。

プラチナカードは年収がいくらあれば持てる?

プラチナカードは年収がいくらあれば持てる?

プラチナカードを最高ランクとしているカード会社は多く、それだけ希少性の高いカードとなっています。

また、プラチナカードは一般カードやゴールドカードなどに比べると年会費も高く、審査も厳しい傾向にあります。

審査では申し込み者の年収が参照されるので、ある程度の継続的収入が必要になります。

ただ、クレジットカードの審査は申し込み者の年収だけではなく、利用実績なども参照されます。

クレジットカードの審査で見られるポイント

そのため、年収350万円ほどでプラチナカードを作れる人もいれば、年収1000万円でも審査に落ちる人もいます。

つまり、プラチナカードを持つためには、日頃からクレジットカード決済を行い、利用実績を積み上げていくことが重要となります。

年収は一種の目安であり、「プラチナカードを持つには年収が○○円以上必要」とは言い切れないのです。

プラチナカードを持つためのポイント

プラチナカードを持つためのポイント

プラチナカードは、一般カードやゴールドカードに比べて、審査が厳しく選ばれた人が持てるクレジットカードです。

ここでは、プラチナカードを持つためのポイントを解説します。

利用実績を積む

クレジットカードの審査は、申し込み者の年収や勤続年数だけでなく、いままでの利用実績も大きく関わります。

利用実績はクレジットカード決済を行うことで積み上げることができ、カードを使えば使うほど利用実績の評価点は高くなります。

そのため、日頃からカード払いを意識して、日常生活を送りましょう。

クレジットヒストリーを良好に保つ

クレジットヒストリーとは、クレジットカードの利用履歴のことです。

クレジットヒストリーは審査に大きく影響します。

もし、支払い延滞などの金融事故を起こしてしまうと、プラチナカードを作ることは難しくなってしまうので、クレジットヒストリーは良好に保ちましょう。

ゴールドカードからのランクアップを狙う

プラチナカードを確実に作る方法として、ゴールドカードからのランクアップという方法があります。

例えば、JCBプラチナを作るために、JCBゴールドを使い続け、カード会社からの招待を待つなどです。

招待が届くと、ほぼ確実にプラチナカードを作ることができるので、将来的にプラチナカードを持ちたいという方は、まずはゴールドカードから始めると良いでしょう。

プラチナカードのメリット

プラチナカードのメリット

プラチナカードのメリットについて解説していきます。

ステータスが高い

プラチナカードはクレジットカードの中でも2番目にランクが高いカードであり、ステータスが非常に高いです。

クレジットカードのステータスは社会的身分の証明となり、周囲の人から安心感や信頼感を得られやすくなります。

サービスが豊富

プラチナカードには豊富なサービスが付帯しています。

特に「コンシェルジュサービス」と「プライオリティパス」はプラチナ特有のサービスで、特別感のある内容となっています。

コンシェルジュサービス専属のコンシェルジュが予約代行などを24時間365日対応してくれるサービス。
プライオリティパス140以上の国や地域、500以上の都市で1,200ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるサービス。

他にもグルメベネフィットやポイントの特別加算など、プラチナ特有のサービスが用意されていることが多いです。

手厚い付帯保険

プラチナカードに付帯する保険の補償額は高額です。

例えば、最高1億円の海外旅行傷害保険や、年間500万円のショッピング保険など、日常に関するありとあらゆるトラブルをカバーしてくれます。

そのため、プラチナカードを持っているだけで、安心して日常生活を送ることができます。

プラチナカードの選び方

プラチナカードの選び方

希少性の高いプラチナカードですが、実はかなりの種類が発行されています。

その中から、あなたに合ったプラチナカードの選び方を解説していきます。

年会費

プラチナカードの年会費は比較的高額で、20000円~10万円以上のものまであります。

年会費が高額になる理由は、サービスや保険の質が他ランクのカードに比べて高いからです。

プラチナカードを選ぶ際には、サービスの質と年会費を照らし合わせて、年会費以上の価値があるのかを確認することが重要です。

付帯サービス・付帯保険

プラチナカードには多くのサービスと手厚い保険が付帯します。

自分のライフスタイルを見つめなおし、どんなシーンでどんなサービスがあったら便利かを洗い出しましょう。

そして、それをカバーしてくれるサービスや保険が付帯するプラチナカードを選んでみましょう。

ステータス性

プラチナカードの魅力の一つとしてステータス性というものがあります。

ステータス性は明確な指標として表されてはいませんが、プロパーカードはステータスが高いと言われています。

また、プロパーカードはプラチナのワンランク上であるブラックカードが用意されているので、ステータスの高いカードが欲しいという方は、プロパーカードを選ぶと良いでしょう。

利用限度額

プラチナカードは利用限度額高額に設定されています。

ただ、カード会社によって利用限度額が異なるので、選ぶ際にきちんと確認しましょう。

月にどれくらいお金を使うのかを明確にすることで、利用限度額はいくら必要かが分かります。

プラチナカードを作る際の注意点

プラチナカードを作る際の注意点

プラチナカードはランクが高いカードですので、誰もが作れるという訳ではありません。また、一般カードなどとは違い、作るにあたっての注意点があります。

そこで、プラチナカードを作る上での注意点を解説していきます。

年会費が高額になりがち

プラチナカードは一般カードやゴールドカードと比べて、年会費が高くなりがちです。

中には3000円程度のものもありますが、基本的には20000円~10万円程の年会費がかかります。

そのため、本当にプラチナカードが必要なのかをしっかり考えた上で申し込みましょう。

審査に通るとは限らない

プラチナカードはランクが高く、誰もが気軽に作れるクレジットカードではありません。

そのため、審査に落ちてしまう人も一定数存在します。

プラチナカードの審査に通るためには、クレジットカードの利用実績やある程度の収入が必要になるので、申し込む前に覚えておくと良いでしょう。

申し込み可能年齢に注意

基本的に一般カードは18歳以上の方(高校生を除く)であれば申し込み可能ですが、プラチナカードは違います。

20歳以上や25歳以上など、カードによって申し込み可能年齢も変わってきます。

またプラチナカードは、学生は申し込み対象外の場合が多いので注意しましょう。

プラチナカードに関するQ&A

プラチナカードとは?

プラチナカードとは、クレジットカードの中で2番目にランクが高いカードです。

プラチナカードはステータス性が高いものが多く、サービスも非常に充実しています。

その反面、審査通過が厳しいなどのデメリット存在します。


サラリーマンでもプラチナカードは持てる?

サラリーマンでもプラチナカードを持つことは可能です。

プラチナカードを持つためには、年収や勤続年数の他に利用実績なども参照されます。

そのため、年収が400万円程でも利用実績を積み上げれば、プラチナカードを持つことができます。


年会費が安いプラチナカードはある?

年会費が安いプラチナカードとして「TRUST CLUB プラチナマスターカード」が挙げられます。

年会費はなんと3300円(税込)となっており、サービスや保険も充実しています。

ただし、コンシェルジュサービスやプライオリティパスは付帯しないので注意しましょう。

TRUST CLUB プラチナマスターカード

TRUST CLUB プラチナマスターカード

おすすめポイント

  • プラチナの常識を変える1枚
  • 充実のサービスと付帯保険
  • 家族カードが無料
年会費 還元率 申し込み条件
3300円(税込) 0.5% 22歳以上

プラチナカードのメリット・デメリットは?

プラチナカードのメリットとして、ステータスが高い、サービスが充実しているなどの点が挙げられます。

一方、プラチナカードのデメリットとしては年会費が高い、審査が厳しいなどの点が挙げられます。

メリット・デメリットについて理解した上で、あなたに合ったプラチナカードを発行してみましょう。

まとめ

今回はプラチナカードについて徹底解説していきました。

プラチナカードは高額な年会費の代わりに、高いステータス性や豊富なサービスを兼ね備えた、誰もが憧れるクレジットカードです。

今回の記事を読んで、少しでもプラチナカードを作ってみたいと感じた方は、プラチナカードの発行を検討してみてはいかかでしょうか。