2枚目におすすめの最強クレジットカードを紹介|2枚目の最適な選び方や複数枚持つメリットを解説

2枚目のクレジットカードを持つのってあり?
2枚目におすすめのクレジットカードは?

世の中には多くのクレジットカードが存在しており、当然カードごとに強みも違ってきます。

そのため、1枚のカードですべてを補うということは不可能に近いです。

そこで、クレジットカードを2枚以上持つことで、さらに便利にカードを使うことができます。

今回は、2枚目におすすめのクレジットカードカードを複数枚持つメリットなどについて解説していきます。

記事監修者紹介
fp監修_新井智美さん新井智美/トータルマネーコンサルタント公式サイト
コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)やセミナーを行う。豊富な金融知識を活かし、メディアへの執筆及び監修もおこなう。

保有資格
・ファイナンシャルプランナー(CFP®)認定者
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
DC(確定拠出年金)プランナー
住宅ローンアドバイザー住宅金融普及協会金融検定協会認定)
・証券外務員

クレジットカードの平均所有枚数

クレジットカードの平均所有枚数

クレジットカードの平均所有枚数は約2.8枚と言われています。

クレジットカードは日本で約3億枚発行されており、これを日本の人口で割ると2.8枚程度になるからです。

一人あたり、2~3枚ほどクレジットカードを持っているということになります。

しかし、クレジットカードを1枚も持っていない人もいれば、10枚以上持っている人もいるので、「クレジットカードは○○枚持つべき」といった決まりはありません。

日本人のクレジットカード発行枚数の推移グラフ

クレジットカードは何枚持つのがベスト?

クレジットカード_2枚目_何枚

先ほども申し上げたとおり、クレジットカードの所有枚数に決まりはありません。

所有枚数は以下のように決めると良いでしょう。

STEP.1
カードの利用シーンを洗い出す
まずはカードの利用シーンを洗い出します。例えば、どんなお店で使うのか、使う場所は国内か海外かなどです。
STEP.2
どんな機能が欲しいかを考える
利用シーンの洗い出しが終わったら、利用シーンに合った機能を考えましょう。例えば、コンビニでよく使うのであれば、コンビニで還元率がアップする機能などです。
STEP.3
欲しい機能を持ったカードを探す
機能を考えたら、いよいよカードを選ぶ工程です。欲しい機能が少なかったら1枚で済む場合もありますが、欲しい機能が多ければ多いほど適正枚数は多くなります。
STEP.4
適正枚数が決まる
欲しい機能をすべて網羅しているカードは中々ないと思うので、複数枚のカードで機能を網羅できるようにしましょう。欲しい機能を網羅できる組み合わせが見つかった場合、それがあなたのクレジットカードの適正枚数になります。

ちなみに、一般的にクレジットカードは2~3枚程度持っているとベストだと考えられています。

2枚目におすすめのクレジットカード

では2枚目におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

あなたが欲しい機能を持ったクレジットカードを探してみましょう。

クレジットカード名 三井住友カード(NL)
ライフカード【旅行傷害保険付き】
ライフカード
エポスカード
リクルートカード
リクルートカード
dカード
dカード
au PAYカード
au PAY カード
コスモカード・ザ・オーパス
コスモ・ザ・カード・オーパス
ENEOS S カード
ENEOS Sカード
ビックカメラSuicaカード
ビックカメラsuicaカード
年会費 無料 1375円(税込)※1 無料 無料 無料 無料 無料 1375円(税込)※2 524円(税込)※2
ポイント還元率 0.5%~5.0% 0.5%~1.5% 0.5% 1.2%~4.2% 1.0%~2.5% 1.0%~5.0% 0.5%~1.0% 0.5% 0.5%~11.5%
国際ブランド Visa、Mastercard Visa、Mastercard、JCB Visa Visa、Mastercard、JCB Visa、Mastercard Visa、Mastercard Visa、Mastercard、JCB Visa、JCB Visa、JCB
申し込み対象 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上
キャンペーン 最大5500円相当プレゼント なし 2000ポイントプレゼント 最大6000円相当プレゼント 最大8000円相当プレゼント 最大10000ポイントプレゼント なし なし なし
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト
 

スクロールできます

タップで非表示


三井住友カード(NL)

おすすめポイント

  • ナンバーレスでセキュリティ性能抜群
  • コンビニ3社とマックで還元率が5%
  • 申し込み後すぐにカードが使える!
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 0.5%~5.0% 18歳以上

三井住友カード(NL)セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルドで最大5%還元のクレジットカードです。

そのため、日頃からコンビニやマックに行く方には、2枚目として非常におすすめのカードです。

さらに、三井住友カードNLには選んだ3店舗で、常時ポイント還元率を0.5%アップさせることができます。スタバやマツキヨなど多くの店舗から選ぶことができるので、日々の買い物が少しづつお得になります。

貯まったポイントは電子マネーのポイントして使えるので、ポイントの使い道にも困りません。

新井智美

三井住友カードNLはSBI証券で投資信託を積立購入することもできますので、これから資産運用を考えている方にもおすすめのカードといえます。

また、年会費が永年無料で、コンビニエンスストア3社およびマクドナルドでのタッチ決済利用でポイント還元率が5%になるなど、普段の買い物でポイントがどんどんたまります。

>>> 詳細はこちら<<<

三井住友カードNL
公式サイトはこちら

三井住友カード ナンバーレスの口コミ

(20代/男性/会社員)

入会特典が他社よりも多く、お得感満載でした!
また、還元率も高くVISAタッチをコンビニで利用すると還元率がアップするのでとてもおすすめです。
年会費も無料なので末永く持ち続けたい1枚です。

(30代/女性/会社員)

カード情報が記載されていない、「ナンバーレス」なデザインなので、万が一紛失した時にも安心です。
還元率も高く、年会費無料で何よりデザインがいいので気に入っています。

→三井住友カードNLの詳細はこちら


ライフカード【旅行傷害保険付き】

ライフカード

おすすめポイント

  • 国内外旅行保険が自動付帯
  • シートベルト傷害保険が付帯
  • 海外旅行をサポートする「LIFE DESK」
年会費 還元率 申し込み条件
1375円(税込)※ 0.5%~1.5% 18歳以上

※初年度無料

ライフカード【旅行傷害保険付き】は年会費が安い割に、保険が手厚いクレジットカードです。

最高2000万円の海外旅行傷害保険と最高1000万円の国内旅行傷害保険が自動付帯しているので、安心して旅行や出張に行くことができます。

また、最高200万円のシートベルト保険も付帯しており、運転中の事故も補償してくれます。

このように保険が手厚いので、心配を少しでも減らしたい方には、2枚目としておすすめです。

年会費も1375円(税込)と安く、さらに初年度は無料となっています。

>>> 詳細はこちら<<<

ライフカード海外旅行保険付き
公式サイトはこちら

ライフカード【旅行傷害保険付き】の口コミ

ライフカード【旅行傷害保険付き】の口コミはまだありません。


エポスカード

おすすめポイント

  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 10000以上の提携店舗から優待
  • 最短即日発行可能
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 0.5% 18歳以上

エポスカード最高2000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯しているクレジットカードです。

旅行保険には”利用付帯””自動付帯”があり、利用付帯はカードで旅費を支払うことで適用され、自動付帯はカードを持っているだけで適用されます。

エポスカードは自動付帯なので、持っているだけで旅行保険が適用されます。

年会費も永年無料なので、もし海外に1度でも行く予定があるならば、2枚目のカードとしての発行をおすすめします。

柴沼直美

私も実際にエポスカードを使っていますが、最大の魅力は使い方次第でポイントが予想以上にたまるところです。エポスネットに登録しておくと、エポスカードの提携ショップ3か所までポイント還元率が、通常の0.5%に対して3倍にアップするという特典を利用しています。

>>> 詳細はこちら<<<

エポスカード
公式サイトはこちら

エポスカードの口コミ

(20代/女性/会社員)

サービスの幅が非常に豊富で気に入っています。
多くのお店で優待特典を受けられ、海外旅行保険も付帯しています。
年会費も無料で、ゴールドカードのインビも届きやすいので初めてのカードにはいいと思います。

(30代/男性/会社員)

入会から半年間でゴールドカードへのインビテーションが決ました。
毎月20万程度の利用できたので、インビはかなり来やすい方だと思います。
また、年間50万円の利用で年会費が無料になるので、これからもゴールドカードを使っていこうと思います。

→エポスカードの詳細はこちら


リクルートカード

リクルートカード

おすすめポイント

  • 業界最高水準の還元率
  • リクルート系列でポイントアップ
  • 手厚い付帯保険
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 1.2%~4.2% 18歳以上

リクルートカード通常還元率が非常に高いクレジットカードです。

通常還元率が1.2%と高還元なので、公共料金など月々の支払いにあてる2枚目のカードとしておすすめです。

貯まったポイントはPontaポイントに交換でき、ロソーンやゲオなどで利用できます。

>>> 詳細はこちら<<<

リクルートカード
公式サイトはこちら

リクルートカードの口コミ

(20代/女性/会社員)

ポイント還元率が高い点と、当時のキャンペーンに惹かれて利用しました。
たた、カードの券面のデザインが好きになれず、現在は使っていません。
一般カードでステイタスが無いのはしょうがないですが、カードデザインのせいで余計にメインで使う気にならないのが残念な点です。
しかし、一般カードにしてはポイント還元率が高く、今でもいいカードだと思います。

(20代/男性/会社員)

正直なところ、楽天カードのように幅が広いわけではないが、リクルートカードのサイトに行って「この店ってよく使うなー」と思ったら検討の余地がある。私の場合はローソンで帰りに買い物をすることが多いので選択した。ポンタプラスもありだったかもしれないが、今のところは様子見。

→リクルートカードの詳細はこちら


dカード

dカード

おすすめポイント

  • dカード特約店で還元率がアップ
  • 「d払い」の利用でdポイントが3重で貯まる
  • docomo利用料金の割引特典
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 1.0%~2.5% 18歳以上

dカード特約店でポイントがアップするクレジットカードです。

dカード特約店は例えば以下のお店などが挙げられます。

  •  ENEOS
  • メルカリ
  • マツモトキヨシ
  • 紀伊国屋書店

また、スマホ決済アプリ「d払い」を使えば、さらにポイントがアップするので、特約店の中によく行くお店があれば持っておきたいカードです。

>>> 詳細はこちら<<<

dカード
公式サイトはこちら

dカードの口コミ

(30代/女性/会社員)

docomoユーザーにオススメなのはもちろんですが、ノジマ、ローソンをよく使う方にもオススメです

docomoユーザーで、メイン回線+docomo光や配偶者の合計が月に9000円を超えているならゴールドですが
1人で複数回線(スマホ、タブレット、携帯)の場合、メイン回線にしかポイント付与されませんので
1人で複数回線の方はこちらをオススメします

(30代/女性/主婦)

私はケータイ好きなのでポイントでドコモケータイ買い換えの足しにする為に使っています。

Dポイントに価値を見いだせる方なら有益。
他ポイントへの移行はPontaだけのはずなので、無縁の方は使う価値なしですかね。

→dカードの詳細はこちら


au PAY カード

au PAY カード

おすすめポイント

  • au Payにチャージ&利用で1.5%還元
  • ポイントアップ店で200円ごとに1ポイント増量
  • auでんきでポイント最大5%
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 1.0%~5.0% 18歳以上

au PAYカードはau PAYの利用でポイントがアップするクレジットカードです。

スマホ決済アプリ「au PAY」にこのカードからチャージ後、利用すると1.5%還元になります。

また、かっぱ寿司や東宝シネマズなどでさらにポイントがアップします。

>>> 詳細はこちら<<<

auPAYカード
公式サイトはこちら

auPAYカードの口コミ

(20代/男性/会社員)

キャンペーンにつられて申し込みました。
自分はauユーザーでau IDがもともとあったため、
申し込み手続きが簡単でした。
auユーザーであれば、比較的審査は通りやすいかと思います。
しかも、身分証のアップロードも提示も必要ありませんでした。
申し込んでからカードは6日ほどで届きました。

(30代/女性/会社員)

ポイント獲得の上で、高いレベルで非常にバランスのよくとれたカードです。

ポイントアップ店とキャンペーンをうまく活用できれば、他のカードで獲得するポイントよりもお得です。

補償内容も万遍なくゆきわたっており、幅広いので安心度も高いです。
メインカードとして使えるレベルのカードです。
ゴールドカードにしたらこれ以上にポイント獲得できるので、auユーザーはゴールドにランクアップしても損はしません。

→auPAYカードの詳細はこちら


コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ・ザ・カード・オーパス

おすすめポイント

  • コスモ石油で最大500円割引
  • コスモ石油でカード会員価格で給油可能
  • イオングループでポイントアップ
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 0.5%~1.0% 18歳以上

コスモ・ザ・カード・オーパスコスモ石油の利用がお得になる年会費無料カードです。

入会特典として、コスモ石油での燃料油50リットル分(500円分)が割引されます。

また、コスモ石油での燃料油が会員価格でオトクに給油できます。

こちらのカードは、コスモ石油やイオングループをよく使う方に2枚目におすすめのカードです。

>>> 詳細はこちら<<<

コスモ・ザ・カード・オーパス
公式サイトはこちら

コスモ・ザ・カード・オーパスの口コミ

(40代/男性/会社員)

自宅の最寄りのガソリンスタンドがコスモなので、
会員価格で給油するため必然的に申し込みました。
全国のコスモ石油で会員価格になるので便利ですが、
地方で給油する場合、コスモ石油はスタンドが少なくて少し不便。

(30代/女性/主婦)

コスモ・イオンをよく使う人には、とてもお得なカードです。waonも付いています。何より会員サイトが使いやすいです。イオンヘビーユーザーには堪えられないカードです

→コスモ・ザ・カード・オーパスの詳細はこちら


ENEOS Sカード

ENEOS Sカード

おすすめポイント

  • ENEOSでガソリン・軽油が2円/L引き
  • ENEOSロードサービスが付帯
  • 年会費は実質無料
年会費 還元率 申し込み条件
1375円(税込)※ 0.5% 18歳以上

※初年度&年1回以上のご利用で無料

ENEOS SカードENEOSで割引特典があるクレジットカードです。

具体的な内容としては、こちらのカードをENEOSで利用するとガソリンと軽油が2円/L引きとなります。

また、車の故障などトラブルの際にスタッフが対応してくれる、ロードサービスも付帯しています。

年会費は1375円(税込)ですが、初年度無料かつ年1回以上の利用で無料になるので、実質無料と考えてよいでしょう。

ENEOS Sカードの口コミ

(40代/女性/会社員)

年会費はかかりますが、年一回以上の利用で無料になります。一年に一回も給油しない人がこのカードを契約することは考えられないので事実上年会費無料です。エネオスでの給油が2円引きになるので使っているだけで、それ以外は一切使っていません。enekeyに紐づけて、カードは家に置きっぱなしなので財布の邪魔にもなりません。という割り切った使い方であれば、悪くないカードだと思います。

(40代/男性/会社員)

今までeneosではファミマTカードを使って給油していたのですが
自動車保険付帯のロードサービスが無くなる為急遽作成
還元率を考えると給油専用になりますね

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラsuicaカード

おすすめポイント

  • 通勤で使えるクレジットカード
  • ビックカメラでの利用で最大11.5%還元
  • 年会費は実質無料
年会費 還元率 申し込み条件
524円(税込)※ 0.5%~11.5% 18歳以上

※初年度&年1回以上のご利用で無料

ビックカメラSuicaカードSuica機能搭載のクレジットカードです。

Suicaと同じように使え、クレジットカードからSuicaにチャージすると、1.5%還元されます。

また、チャージしたSuicaをビックカメラで使うと、11.5%ものポイントが還元されます。

年会費は524円(税込)ですが、初年度無料かつ年1回以上の利用で無料になるので、実質無料と考えてよいでしょう。※

※クレジットカード機能を利用した場合

ビックカメラsuicaカードの口コミ

(50代/男性/会社員)

Suicaチャージ専用カードとしてしまえば,これ以上に良いカードはない.
Suica自体も多くの場面で使え,また決済速度も速く,非常に使い勝手のいいものであるため,モバイルSuicaとの併用で,便利かつお得な決済手段が手に入る.
このカードなくして,Suicaの魅力は語れないほど,Suicaとの相性は抜群である。

(30代/女性/会社員)

スイカオートチャージできるカードは限られています。
殆どのカードで年会費がかかりますが
このカードだけは年1回使用するだけで年会費が無料になります。
うまい棒買ってもいいですし、オートチャージでもいいです。
こんなゆるい条件で無料になるのはありがたいです。
ビックカメラで買い物をしなくても持っておきたい1枚です。

クレジットカードを2枚持つメリット

クレジットカードを2枚持つメリット

ここではクレジットカードを2枚持ちするメリットについて解説していきます。

カードごとに違ったサービスを受けられる

クレジットカードを2枚持ちする最大のメリットは「カードごとに違ったサービスを受けられる」点です。

クレジットカードを1枚しか持っていない場合、利用できるサービスに限界がありますが、2枚持ちをすれば利用できるサービスの幅が広がります。

クレジットカードを使う機会が多い方ほど、2枚持ちをおすすめします。

違う国際ブランドを持てる

国際ブランドとは、世界中で使える決済システムを提供している会社のことで、VisaやJCBなどのことを言います。

お店によって使える国際ブランドは決まっており、Visaは使えるけどJCBは使えないなんてことも起こり得ます。

そこで、異なる国際ブランドのカードを2枚持ちすることで、場所に合わせてカードを使い分けることができます。

万が一の備えになる

クレジットカードを使っていると、利用限度額に達したり、不正利用の恐れがあり、カードの利用が停止してしまうことがあります。

その時、2枚目を持っていると、一方のカードが利用停止されても、カードを使うことができます。

このように、2枚目のクレジットカードは万が一の備えにもなります。

2枚目におすすめのクレジットカードの特徴

2枚目におすすめのクレジットカードの特徴

実は、2枚目におすすめのクレジットカードには共通の特徴があります。

そちらについて解説していきます。

年会費無料または安い

年会費が無料または安いという点は2枚目を選ぶにおいて非常に重要です。

そもそも2枚目ということは、メインで使っているクレジットカードがあり、2枚目はサブカードという役割になります。

サブカードなので、必然的に使う場面もメインカードと比べ少なくなってきます。

あまり使わないカードなのに高額な年会費をとられてしまったら、損した気分になりますよね。

そのため、2枚目には年会費無料または安いクレジットカードをおすすめします。

特定の分野に強い

特定の分野というのは、言い換えるとそのクレジットカードを使うべき場面があるということです。

例えば、三井住友カードであればコンビニでのお買い物、ENEOSカードであればガソリンスタンドなどです。

日常のお買い物では汎用性の高い楽天カードなどに任せて、特定の分野で活躍できるカードを2枚目におすすめします。

クレジットカードを2枚以上持つときの注意点

クレジットカードを2枚以上持つときの注意点

クレジットカードを2枚以上持つときには注意点もあります。

2枚目を発行する前にチェックしておきましょう。

年会費

クレジットカードには年会費のかかるものとかからないものがあります。

もし、年会費が有料のクレジットカードを何枚も持つと、年会費がかさんでしまう恐れがあります。

そのため、2枚目以降には年会費無料または安いカードを選ぶことをおすすめします。

また、年会費が永年無料なのか初年度だけ無料なのかなどもカードによって異なるので注意しましょう。

カードごとの利用額

2枚以上のクレジットカードを使っていると、ついつい使いすぎてしまい、利用額の合計が高額になってしまう場合があります。

そのため、2枚以上のクレジットカードを使う場合、カードごとの利用額はきちんと確認しておきましょう。

カードごとに利用額が簡単に確認できるアプリなどが用意されていることが多いので、それらをうまく活用してみましょう。

ポイントの有効期限

カードを2枚以上持つ場合、ポイントの有効期限にも注意しましょう。

ポイントごとに有効期限は決まっており、有効期限を過ぎると失効してしまいます。

そのため、貯まったポイントは早めに使い切るようにしましょう。

また、現金と同じように利用できるポイントも多くあるので、ポイントの管理が苦手な方はそちらを選んでみるといいでしょう。

クレジットカードの枚数に関するQ&A

クレジットカードは何枚まで持てる?

クレジットカードに上限枚数はありません。

しかし、持ちすぎても年会費やポイントの管理などが大変になるので、自分に合った枚数を持つことが重要になります。


2枚目のクレジットカードはどうやって選ぶの?

まずは、自分が欲しいと思った機能を持ったカードを探してみましょう。

その上で、年会費や国際ブランドを確認し、必要だと思ったカードを作ってみましょう。

ご自身のライフスタイルに合わせて選んでみるとよいかもしれません。


クレジットカードを2枚持つ場合、どう使い分ければいい?

クレジットカードを2枚持つ場合は、一方を日頃から使うメインカードとし、もう一方を特定の場面で利用するサブカードとして使い分けましょう。

適当に使い分けるのではなく、カードごとに利用場面を決めておくと上手に使い分けができます。

まとめ

今回は2枚目におすすめのクレジットカードや2枚目を持つメリットについて解説してきました。

日頃からクレジットカードを多く使う方は、2枚目のクレジットカードを持つことをおすすめします。

この記事を参考に、2枚目のクレジットカードを作り、さらにお得に生活してみましょう!

  • クレジットカードの平均所有枚数は「2.8枚」
  • クレジットカードの適正枚数はライフスタイルによって異なるので、カードの利用用途を明確にしたうえで2枚目以降を作るのがおすすめ!
コメントをいただいた専門家
fp監修_新井智美さん新井智美/トータルマネーコンサルタント公式サイト
コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)やセミナーを行う。豊富な金融知識を活かし、メディアへの執筆及び監修もおこなう。

保有資格
・ファイナンシャルプランナー(CFP®)認定者
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
DC(確定拠出年金)プランナー
住宅ローンアドバイザー住宅金融普及協会金融検定協会認定)
・証券外務員

fp監修_柴沼さん柴沼直美/ファイナンシャルプランナー公式サイト
大学卒業後、保険会社で2年弱営業に従事したのち渡米。MBA修得後帰国。外資系証券会社でアナリスト、ファンドマネジャーとして勤務。結婚、3人の子育てと親の介護を機にフリーへ。現在はFPとして個別家計相談や執筆と行うと同時に大学等で金融・英語の講師として活動。

保有資格
・ファイナンシャルプランナー(CFP®)認定者
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
日本証券アナリスト協会検定会員
・TOEIC940

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)