【初心者必見】クレジットカードの選び方や基礎知識を専門サイトが徹底解説!

クレジットカードってどう選んだらいいの?

キャッシュレス化が進み、社会人の8割以上が所有している「クレジットカード」。

そんなクレジットカードを選ぼうにも、数が多すぎてどれを選べばいいのか困っている方も多いと思います。

そこで、この記事ではクレジットカードの選び方についてじっくりしっかり解説していきます。

初めてクレジットカードを作るという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

マネーグロース_監修者_新井智美
監修者情報
新井智美/トータルマネーコンサルタント
コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談など)やセミナーを行う。豊富な金融知識を活かし、メディアへの執筆及び監修もおこなう。1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®資格保有。(公式サイト
マネーグロース_監修者_柴沼直美
監修者情報
柴沼直美/ファイナンシャルプランナー
大学卒業後、保険会社で2年弱営業に従事したのち渡米。外資系証券会社でアナリスト、ファンドマネジャーとして勤務後フリーへ。現在はFPとして個別家計相談や執筆と行うと同時に大学等で金融・英語の講師として活動。1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®資格保有。(公式サイト

クレジットカードとは?

クレジットカード

クレジットカードの選び方について確認する前に、前提知識としてクレジットカードとは何か説明します。

クレジットカードとは、月の決済額の合計を翌月または翌々月にまとめて支払う、後払い式の決済カードです。

クレジットカードで決済を行うと、一旦カード会社が決済額を立て替えて、後々カード会社が利用者に対して請求を行うという仕組みになっています。

そのため、クレジットカードはカード会社と契約を結ぶことで利用できるようになります。

クレジットカードの仕組み

クレジットカード選びにおいて重要な8つのポイント

クレジットカード選びにおいて重要なポイント

クレジットカードを選ぶポイントとしては、主に以下の8つが挙げられます。

  1. 年会費
  2. ポイント還元率
  3. 特典
  4. 付帯保険
  5. 入会キャンペーン
  6. 審査の難易度
  7. セキュリティ
  8. デザイン

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

年会費

年会費

クレジットカードを選ぶうえで、まず重要になるポイントが年会費です。

クレジットカード年会費は、

  • 年会費無料
  • 初年度年会費無料
  • 条件クリアで年会費無料
  • 年会費有料

の4つのタイプに大別できます。

年会費が高いクレジットカードは特典が充実していたり、ステータス性が高かったりする場合が多いです。

ただ、年会費が高額でステータスの高いカードは審査が厳しい傾向にあるので、初めてクレジットカードを作る方には年会費無料のクレジットカードがおすすめです。

以下の記事では、年会費無料のクレジットカードを紹介しているので、興味のある方はご覧ください。

ポイント還元率

ポイント還元率

ポイント還元率とは、カード利用額に応じて付与されるポイントの割合のことです。

クレジットカードを選ぶ時には、ポイント還元率が高いものにすると良いでしょう。

 ポイント還元率はカードによって異なり、1%以上が高還元と呼ばれています。

クレジットカードを選ぶ際は、還元率「1%」を基準にして選ぶようにしましょう。

以下の記事ではポイント高還元のクレジットカードを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

特典

特典

クレジットカードの特典には、カードの提示やカード払いをすることにより、提携店舗で割引や無料サービスを受けることができます。

そのため、特典を重視して選ぶ場合には、

  • どこの会社や店舗と提携しているのか
  • そこが普段よく利用している店舗なのか

などの点に注目してみるのも良いでしょう。

ただし、特典を重視しすぎると、年会費が高額になってしまう場合もあるので、注意しましょう。

付帯保険

海外旅行保険

クレジットカードには、以下のような付帯保険がついている場合があります。

  • 旅行中に携行品の盗難を補償する「盗難保険
  • 旅行中のケガや入院などによる医療費を補償する「旅行傷害保険」
  • カード払いで購入した商品の破損などを補償する「ショッピング保険

これらは、どのクレジットカードを使用しているかによって、その補償額が異なるものです。

そのため、どういった補償をしてほしいのかによっても選ぶべきカードは変わるでしょう。

入会キャンペーン

入会キャンペーン

クレジットカードの中には、入会キャンペーンを実施しているカードもあります。

例えば、楽天カードは入会&利用で5000ポイントプレゼントといった入会キャンペーンを実施しています。

そのためクレジットカードを選ぶ際には、入会キャンペーンを実施しているかを確認しておくと良いでしょう。

また、カードによってキャンペーンの適用条件が異なるので、事前に確認してから申し込みましょう。

審査難易度

審査難易度

クレジットカードを発行するには、審査に通過する必要があります。

希望するクレジットカードを持ちたくとも、審査に通らなければクレジットカードの発行はされません。

たとえば、過去のローンの支払いなどで3カ月以上滞納した経験がある場合、クレジットカードの発行審査では悪影響が出るものです。

そういった場合は、審査が通りやすいといわれるクレジットカードへの申し込みが無難でしょう。

セキュリティ

クレジットカードのセキュリティ

クレジットカードを選ぶ時には、セキュリティ面も見逃せません。

クレジットカードを盗まれたり、不正利用されたりすると、大金が失われてしまう可能性があるからです。

クレジットカードの中には、

  • ナンバーレスデザイン
  • 不正利用検知システム
  • 3Dセキュア(本人認証サービス)

などのセキュリティ対策を実施しているものもあるので、セキュリティ面が心配な方は、そちらを選ぶと良いでしょう。

デザイン

デザイン

クレジットカードを選ぶ時には、デザインを重視するのもよいでしょう。

良いデザインのカードであれば、持っているだけでテンションが上がりそうです。

特に機能や特典に差がないと思える時には、デザインを決め手にしても良いでしょう。

【よく使うシーン別】クレジットカードの選び方

クレジットカード_選び方_選び方

クレジットカードの選び方はよく使うシーン別で異なります。

この見出しでは、よく使うシーン別にクレジットカードの選び方を見ていきましょう。

よく海外に行く場合

海外では、国内と比べてもクレジットカードで支払いたいと考える人が多いですよね。

海外によく行くのであれば、世界的によく使われているVISAやMasterCardなどの国際ブランドを利用するのがおすすめです。

他にも、

  • 海外旅行保険
  • 空港ラウンジサービス
  • 海外アシスタンスデスク

などの海外向けサービスが付帯しているカードを選ぶのがおすすめです。

ネットショッピングを頻繁にする場合

ネットショッピングを頻繁に利用する場合は、よく使うネットショッピングサイトでお得になるクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

ネットショッピングでお得になるカードとしては、例えば以下のカードが挙げられます。

カード お得になるネットショッピングサイト
JCB CARD W
JCB CARD W
Amazon、メルカリ
楽天カード
楽天カード
楽天市場
Pay Payカード
PayPayカード
Yahoo!ショッピング
au PAYカード
au PAY カード
au Payマーケット

実店舗での買い物でも使いたい場合

実店舗での買い物でも使いたい場合には、ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

クレジットカードを使う機会が多ければ多いほど、ポイント還元率によって還元される金額が異なるからです。

特によく利用する店舗でお得にポイントが貯まるクレジットカードを選べばベストです。

\年会費・発行手数料無料/

おすすめのクレジットカードはこちら

オートチャージを利用したい場合

オートチャージができるクレジットカードを利用したいのであれば、オートチャージ機能付きのカードを用いると良いでしょう。

オートチャージでももちろんポイントは貯まるので、オートチャージができるクレジットカードを持てば効率的にポイントを貯められるでしょう。

 オートチャージしたSuicaなどでお買い物をすれば、ポイントが2重で貯まります。

ゲームやアプリの課金で使いたい場合

ゲームやアプリの課金でクレジットカードを使いたい場合には、各アプリゲームと提携しているクレジットカードをチェックしてみましょう。

クレジットカードへの入会で、ゲーム内のお得なアイテムをゲットできる場合もあります。

【属性別】クレジットカードの選び方

【属性別】クレジットカードの選び方

この見出しでは、以下の属性別にクレジットカードの選び方を見ていきましょう。

学生

学生であれば、まずは学生向けのクレジットカードを持ってみるのがおすすめです。

学生向けのカードは年会費が無料で、ポイント還元率がお得に設定されている場合が多いです。

学生向けカードの中には、卒業と同時に自動でランクアップできるものもあります。

初めてクレジットカードを持つ人

初めてクレジットカードを持つ時には、まずは年会費無料の一般カードを持つと良いでしょう。

特にVISAやJCBなど、多くの場所で利用できるクレジットカードを作ると無難です。

また、慣れないことも多いでしょうから、セキュリティ性能が高いクレジットカードを選んだほうが安心です。

\年会費・発行手数料無料/

おすすめのクレジットカードはこちら

新社会人

新社会人の場合、年会費が無料、もしくは安いカードやポイント還元率が高いカードがおすすめです。

仕事で飛行機に乗ることが多いのであれば、マイルが貯まるクレジットカードも選択肢に入ってくるでしょう。

主婦

主婦の場合、ポイント還元率を重視してクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

主婦は普段の買い物でクレジットカードを使えば、かなりのポイントを貯めることができるからです。

ちなみに、夫婦でクレジットカードを発行し、片方が家族カードを作るようにすると、ひとつのクレジットカードを2人以上で持つことができるのでお得です。

2枚目のクレジットカードを持ちたい人

2枚目のクレジットカードを持ちたい場合には、1枚目とは異なる国際ブランドのカードを選ぶのが大前提になります。

各国際ブランドで使える店舗は異なるため、複数の国際ブランドを持っておくと安心です。

また、特典や付帯サービスが1枚目のクレジットカードとできるだけかぶらないようにすると、よりお得に利用できるでしょう。

法人や個人事業主の場合

法人や個人事業主の場合には、法人向けのクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

法人向けのクレジットカードでは、支払口座に会社名義の口座を指定できます。

また、利用限度額をかなり引き上げられる点もメリットです。

クレジットカードを選ぶ時の3つの注意点

クレジットカード_選び方_注意点

クレジットカードを選ぶ時には注意点もあります。それらについて以下で解説していきます。

保険の自動付帯と利用付帯

保険の自動付帯と利用付帯の違いに注意しましょう。

クレジットカードには旅行傷害保険が付帯していることがほとんどです。

その付帯の種類には、所持しているだけで効果を発揮する「自動付帯」と、旅行費の一部をクレジットカードで支払った場合のみに効果を発揮する「利用付帯」の2種類が存在します。

自動付帯と利用付帯

ここで注意すべきは、利用付帯においての適用条件である「旅行費の一部をクレジットカードで支払う」とは具体的に何を指すのか、という点です。

この適用条件の範囲はとても狭く、たとえば現地の宿泊費や、飲食代などはこの条件に当てはまらないことがほとんどでしょう。

適用条件として認められる支払いは、主に以下のようなものとなります。

利用付帯の適用条件例
  • 「出国前の公共の交通費(電車・バスなど)」
  • 「旅行会社が企画した募集型ツアー」などが挙げられます。

これらの条件はカード会社によっても異なりますので、各公式HPで確認するようにしましょう。

こういった心配をしたくないのであれば「自動付帯」をおすすめします。

初期設定でのリボ払い

クレジットカードの中には、支払い方法が初期設定でリボ払いになっているカードも存在します。

リボ払いの仕組み

リボ払いは、月々の支払いが安く抑えられる利点こそありますが、利用残高の金額に比例して手数料も増えていきます。

そのため、使い方によっては「元本が減らない」といった事態になりかねません。

こうした不測の事態を招かないためにも、リボ払いが不必要だという方は、あらかじめ初期設定でリボ払いになっていないかをしっかりと確認するようにしましょう。

クレジットカードの手数料

クレジットカード払いでは、基本的に一括払いや2回払いでは手数料がかかることはありません。

しかし、3回以上となると、どのクレジットカードでも手数料が発生してきます。

その場合では、たいてい以下のような年率となり、少し高くついてしまいます。

そのため、なるべくは手数料のかからない2回払いまでで、支払いは終わるようにしておきましょう。

  • 3回払い:12%程度の手数料
  • 10回払い:14%程度の手数料
  • 24回払い:15%程度の手数料

ポイントの有効期限

クレジットカードにはポイントが貯まるという利点がありますが、このポイントには有効期限が設けられていることがほとんどです。

せっかくポイントを貯めても、使用せずに失効させてしまっては、クレジットカードの魅力を半減させてしまいます。

そうならないために、ポイントの有効期限がどの程度設けられているのかは、しっかりと確認するようにしましょう。

確認頻度としては、最低でも月に一度は行うようにしてください。

またクレジットカードによっては、有効期限がないものもありますので、ポイントが無駄にならないか不安な方は、そういったクレジットカードを選択するのがいいかもしれません。

おすすめのクレジットカード5選

この見出しでは、これまで紹介した選び方で選んだおすすめのクレジットカードを紹介していきます。

ちなみに、より多くのクレジットカードについて知りたい場合は、以下の記事が参考になります。

ナンバーレスで安心のセキュリティの「三井住友カードNL」

三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)

 年会費:永年無料

 還元率:0.5%~5.0%

 発行日数:最短翌営業日

 申込条件:18歳以上

海外旅行
国内旅行
ショッピング
航空機遅延
 ここがポイント
  • コンビニ3社とマクドナルドでポイント最大5%
  • ナンバーレスでセキュリティ性能抜群
  • 審査時間は最短5分ですぐにカードが使える

 三井住友カード(NL)の概要

三井住友カード(NL)は大手コンビニ3社とマクドナルドで還元率が最大5%になる、年会費永年無料のクレジットカードです。

また、カード情報が記載されていないナンバーレスデザインなので、紛失による不正利用を防ぐことができます。

審査完了後、専用アプリでカード番号が表示されるので、ネットショッピングやスマホ決済がすぐに利用可能になります。

 三井住友カード(NL)の口コミ

三井住友カード(NL)の口コミ

20代/男性/会社員

入会特典が他社よりも多く、お得感満載でした!
また、還元率も高くVISAタッチをコンビニで利用すると還元率がアップするのでとてもおすすめです。
年会費も無料なので末永く持ち続けたい1枚です。

三井住友カード(NL)の口コミ

30代/女性/会社員

カード情報が記載されていない、「ナンバーレス」なデザインなので、万が一紛失した時にも安心です。
還元率も高く、年会費無料で何よりデザインがいいので気に入っています。

三井住友カードNL
公式サイトはこちら

  • ※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
  • ※一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

18歳から39歳以下が申し込み対象の高還元カード「JCB CARD W」

JCB CARD W
JCB CARD W

 年会費:永年無料

 還元率:1.0%~5.0%

 発行日数:最短3営業日

 申込条件:18歳~39歳

海外旅行
国内旅行
ショッピング
航空機遅延
 ここがポイント
  • 18歳から39歳までが申し込み対象
  • 還元率が常に2倍で高還元
  • Amazonやスタバでポイントアップ

 JCB CARD Wの概要

JCB CARD Wは18歳から39歳が申し込み対象の年会費無料カードです。

もちろん40歳以降も継続利用可能なので、長く利用することができます。

ポイント還元率は1%と高還元で、AmazonやスタバなどJCB提携店舗でポイントがさらにアップします。

また、OkiDokiランド経由でネットショッピングをしてもポイントがアップするので、非常にポイントが貯まりやすくなっています。

 JCB CARD Wの口コミ

JCB CARD Wの口コミ

30代/男性/会社員

年会費が無料で、39歳までしか作れないクレジットカードで、入会特典のポイントアップが
とても魅力に感じたので申込みをした、JCBブランドなのでスーパーやコンビニなど
国内での利用に強いと思う。実店舗、ネットショッピング含めて日常的に使って行きたいと思う。
JCB CARD Wの口コミ20代/男性/会社員
ポイント還元、サービスでいうとそれぞれよりよいものがありますが、そういった還元率競争から降りたいという方に「丁度いい」カードです。
applePayとgooglePayの両方に登録でき、ETCも無料。このカード一枚ですべて完結します。
「あのカードは○○に使う」「このカードは△△専用」みたいなことに疲れた方にジャストフィットするのではないでしょうか。

JCB CARD W
公式サイトはこちら

海外旅行保険が自動付帯の「エポスカード」

エポスカード
エポスカード

 年会費:永年無料

 還元率:0.5%

 発行日数:約1週間

 申込条件:18歳以上

海外旅行
国内旅行
ショッピング
航空機遅延
 ここがポイント
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 10000以上の提携店舗から優待
  • 最短即日発行可能

 エポスカードの概要

エポスカードを持つことの一番の魅力は、なんといっても特典の多さでしょう。

全国10000以上のレストランや遊園地などさまざまな提携店舗から優待を受けることができます。

また、海外旅行保険も自動付帯しているので、安心して海外旅行を楽しむことができます。

エポスカード
公式サイトはこちら

いつでもどこでも高還元の「リクルートカード」

リクルートカード
リクルートカード

 年会費:永年無料

 還元率:1.2%~4.2%

 発行日数:最短3営業日

 申込条件:18歳以上

海外旅行
国内旅行
ショッピング
航空機遅延
 ここがポイント
  • 業界最高水準の還元率
  • リクルート系列でポイントアップ
  • 手厚い付帯保険

 リクルートカードの概要

リクルートカードは、業界最高水準のポイント還元率を誇っています。

幹事を任されることの多い大学生や20代の社会人にとって、HOT PEPPERグルメでの利用特典は特にうれしい内容となるでしょう。

また、旅行保険やショッピング保険も付帯しているので、1枚あれば安心のカードです。

リクルートカード
公式サイトはこちら

楽天経済圏で特にお得な「楽天カード」

楽天カード
楽天カード

 年会費:永年無料

 還元率:1.0%~3.0%

 発行日数:通常1週間

 申込条件:18歳以上

海外旅行
国内旅行
ショッピング
航空機遅延
 ここがポイント
  • 13年連続顧客満足度第1位
  • 楽天市場でポイントアップ
  • 貯まったポイントはそのまま使える

 楽天カードの概要

楽天カードの公式HPにある「よくあるご質問」では「主婦・パート・アルバイト」でも申し込みができる旨が記載されています。

クレジットカードの中には「年収200万以上の定職者」という制限を設けている場合もあり、それらを踏まえると、楽天カードは比較的審査に通りやすいクレジットカードだといえるでしょう。

また特典については、ポイント還元率が加算されるものが多く、楽天が提供するサービスをよく利用する方にとっても、おすすめのクレジットカードとなります。

楽天カード
公式サイトはこちら

まとめ

今回は「クレジットカードの選び方」について詳しく解説してきました。

クレジットカードの選び方は人それぞれです。例えば、無駄な出費を減らしたい方は年会費を重視してみたり、節約をしたい方は還元率を重視してみたり…

そのため、クレジットカードを選ぶ際には、自分がクレジットカードに何を求めるかを明確にしたうえで選んでみましょう。

これだけ押さえておけば、あなたに合ったクレジットカードが見つかるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)