クレジットカードの使い方|場面ごとに使い方の手順を分かりやすく徹底解説

「クレジットカードってどうやって使うの?」

クレジットカード初心者の方は、このような疑問を持つこともあるのではないでしょうか。

クレジットカード初心者はクレジットカードの使い方から気をつけなければいけないポイントまでわからないことだらけですよね。

そこで、この記事ではクレジットカードの使い方から使う時の注意点まで詳しく解説しています。

クレジットカードの使い方(実店舗の場合)

クレジットカード_使い方_実店舗

コンビニなど実店舗では、クレジットカードは以下のような手順で用います。

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:持っているクレジットカードが使えるか確認する

クレジットカード_使い方_持っている

店舗でクレジットカードを使う場合は、まず、その店舗であなたのクレジットカードが使えるかどうか確認しましょう。

カード表面に記載がある、国際ブランドのロゴマークが店舗に表示がされていれば使えます。

また、ログマークが表示されていなくても使える場合があるので、店員に聞いてみても良いでしょう。

手順②:店員にクレジットカード払いをしたいと申告する

クレジットカード_使い方_申告

店舗でクレジットカードを使う時には、店員にクレジットカード払いをしたいと申告します。

ちなみに、店舗によっては支払い方法を以下の中から選べる場合もあります。

支払い回数例
  • 1回払い
  • 2回や3回払い
  • ボーナス払い
  • リボ払い

詳細は下で解説しますが、基本的には1回払いにしておくと無難です。

1回払いでは支払えない場合のみ、その他の支払い方法を選択します。

手順➂:クレジットカードを渡して認証する

クレジットカード_使い方_認証

次に、クレジットカードを店員に渡します。

クレジットカードを店員に渡すと、クレジットカードをレジに通し、サインか暗証番号の入力(認証)を求められます。

基本的に購入金額が少額であれば、暗証番号の入力だけとなりますが、金額が大きい場合では暗証番号とサインの両方が求められる場合もあります。

サインを求められた場合には、クレジットカード裏面の署名欄と同じサインを書きましょう。

たとえば、

  • ローマ字で署名したのなら「ローマ字」でサイン
  • 漢字で署名したのなら「漢字」でサイン

といった具合です。

サインは、レシートや伝票に書く場合もあれば、タブレット画面に指で書く場合もあります。

暗証番号を求められた場合には、クレジットカード発行時に設定した4桁の暗証番号を入力しましょう。

注意

暗証番号は3回連続で間違えるとロックされてしまい、クレジットカードが使えない状態になります。

暗証番号の入力を求められた場合でも、サインに変更することができます。

もし、設定した暗証番号に自信がない場合は、サインに変更しましょう。

また、暗証番号を2回間違えても3回目に正しい暗証番号を入力することができれば、間違えた回数はリセットされます。

クレジットカードの処理が正常に完了すれば、支払い控えのレシートを渡されます。

処理が正常に完了しない場合は、店舗スタッフから別のクレジットカードや現金、電子マネーでの支払いをするように求められます。

クレジットカードの使い方(ネットショップの場合)

クレジットカード_使い方_ネットショップ

ネットショップでクレジットカードを使う場合は、そのネットショップがクレジットカード払いに対応しているかどうかを確認する必要があります。

店舗と同様、使うことができる国際ブランドのロゴが表示されていますので確認してみましょう。

サイトによって手順は変わりますが、クレジットカード払いを選択すると、以下のような情報の入力を求められます。

  • カード番号
  • 利用者名
  • 有効期限

あなたのクレジットカードに記載された内容に従って、正しい内容を入力しましょう。

セキュリティが重視されたサイトでは、セキュリティコードの入力を求められることもあります。

必要な項目をすべて入力し、「申込」「支払」などのボタンをクリックすると、入力した情報をもとに、カード会社でチェック処理が行われます。

正常に処理が完了すれば手続きは完了です。

クレジットカードの使い方(サインレス決済の場合)

クレジットカード_使い方_サインレス

店舗によっては、クレジットカードのサインレス決済が利用できる場合があります。

サインレス決済の場合には、店舗で支払う時にサインや暗証番号の入力が不要になって便利です。

ただ、支払回数は自動的に1回になり、分割払いやリボ払いはできないので注意しましょう。

また、サインレス決済ができる利用額には上限があります。

Visaタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスとは?

一部の店舗では、Visaタッチ決済やMastercard®コンタクトレスを利用できる場合があります。

Visaタッチ決済やMastercard®コンタクトレスの場合、決済端末にカードをタッチするだけで支払いが完了します。

クレジットカードの使い方(海外の場合)

クレジットカード_使い方_海外

海外の場合も、クレジットカードの使い方に大きな違いはありません。

ただし、海外では正規の料金に加えて、チップの支払いが求められる場合もあります。

クレジットカードでチップを支払う時には、伝票のGratuity(Tip)の欄にチップの金額を記入することでチップを支払えます。

ちなみに、海外でクレジットカード払いをした時にはサインを求められる場合もありますが、この時にはわざわざローマ字にする必要はありません。

日本で使っているものと同じ文字で記入すれば問題ありません。

【基礎知識】クレジットカードに書かれている情報

クレジットカード_使い方_情報

この見出しでは、初心者向けにクレジットカードに書かれている情報について解説していきます。

それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

【表面】ロゴマーク

クレジットカード_使い方_ロゴマーク

クレジットカードでまず、目に留まるのがロゴマークでしょうか。

ロゴマークには、「クレジットカードを発行する会社のロゴマーク」と「国際ブランドのロゴマーク」の2つのロゴがあります。

多くのクレジットカードではこの2つが記載されています。

クレジットカード発行会社には、たとえば以下のようなものがあります。

発行会社の例
  • クレディセゾン
  • UCカード
  • 三井住友カード

クレジットカードには、この発行会社のロゴマークが記載されています。

発行会社のロゴマークとは別に、国際ブランドのロゴが記載されています。

多くのクレジットカードでは右下部分に記載されています。

国際ブランドとは、VISA、MasterCard、JCBなどのこと指しています。

クレジットカード発行会社に関わらず、国際ブランドのロゴが記載されたクレジットカードは、該当する国際ブランドの加盟表示がある店舗やサイトで使うことができます。

【表面】カード番号

クレジットカード_使い方_番号

クレジットカードの表面にはカード番号も記載されています。

カード番号は全16桁の番号で、4桁ずつ区切られて記載されています。

先頭4桁は、カード発行会社や国際ブランドごとに決まっています。

カード番号は、クレジットカードに含まれる情報の中で最も重要な情報ですので、不用意に他人に教えることはせず、大切に管理しましょう。

【表面】有効期限

クレジットカード_使い方_有効期限

カード番号の下には、有効期限が記載されています。

「VALD THRU」と記載されている場合もあります。有効期限は「数字2桁/数字2桁」で記載されていて、前半部分が有効期限月、後半部分が有効期限年です。

注意
日本では「年/月」で記載することが多いので、注意しましょう

【表面】利用者名

クレジットカード_使い方_利用者名

利用者名は、あなたの姓名が「名/姓」の形式で記載されています。クレジットカードは利用者本人しか利用できません。

他人のクレジットカードを利用したり、あなたが他人にクレジットカードを貸したりすることは、トラブルの原因になりますので避けましょう。

【表面】ICチップ

クレジットカード_使い方_ICチップ

左中央部にICチップがついています。

ICチップはクレジットカードの偽造や、不正利用を防止するためにつけられており、現在ではほぼすべてのクレジットカードについています。

【裏面】署名欄

クレジットカード_使い方_署名欄

クレジットカードの裏面には署名欄があります。

署名欄はカード発行直後は空欄です。クレジットカードを受け取ったら、すぐに自筆で署名を書き入れます。

書き入れた署名が、クレジットカードを使った時の署名の確認として使われます。

字の上手い下手は関係ありませんが、丁寧に書き入れましょう。

【裏面】セキュリティコード

クレジットカード_使い方_セキュリティコード

署名欄の右にはセキュリティコードとなる数字が表示されています。

以下のように表示形式は以下のようにさまざまです。

  • 「4桁 3桁」
  • 「16桁 3桁」

後半の3桁の数字がセキュリティコードと呼ばれています。

AMEXなど一部のクレジットカードでは、4桁の場合もあります。

セキュリティコードは、ネットショップでクレジットカードを利用するときなどに、入力を求められることがあります。

カード番号とともに重要な情報ですので、不用意に他人に教えることなどなく、大切に管理しましょう。

【裏面】クレジット発行会社の連絡先

クレジットカード_使い方_連絡先

カード下部には、クレジット発行会社の連絡先が記載されています。

この連絡先は、クレジットカードを紛失した場合や、盗難にあった場合など、不正利用を防ぐために利用停止する場合に必要になります。

手帳などに控えておくことをおすすめします。

【裏面】磁気ストライプ

クレジットカード_使い方_磁気ストライプ

カード裏面には、磁気ストライプが入っています。カード番号などが記憶されている部分で、磁気に弱い部分です。

注意
磁気ストライプの情報が失われることがないように、磁石やピップエレキバンなど、磁気を発するものに近づけないように注意しましょう。

クレジットカード4つの支払い方法

クレジットカード_使い方_方法

クレジットカードには以下のような4つの支払い方法があります。

クレジットカード4つの支払い方法

それぞれの支払い方法について詳しく見ていきましょう。

方法①:一括払い

クレジットカード_使い方_一括払い

一括払いとは、その月に使った金額を翌月の支払日に一括で支払う方法です。

一番スタンダードな支払い方法で、特に指定していない場合は一括払いに設定されている場合が多いです。

特に手数料は発生しません。

方法②:ボーナス一括払い

クレジットカード_使い方_ボーナス

ボーナス一括払いは夏や冬のボーナスが入った翌月に利用料金を一括で支払う方法です。

会計で申告することで利用することができます。

ボーナス一括払いでは手数料が発生しない場合が多いです。

方法③:分割払い

クレジットカード_使い方_分割払い

分割払いでは、利用料金を複数回にわけて支払うことができます。

支払った時に分割回数を指定することで利用できます。

また、買い物をした後に、支払い方法を分割に変更するサービスを提供しているカード会社も多いです。

分割払いは月々の支払いを軽くできますが、その分手数料が発生するので注意が必要です。

方法④:リボ払い

クレジットカード_使い方_リボ払い

リボ払いとは、クレジットカードの利用件数・金額に関係なく、毎月の支払額が一定になる支払い方法です。

後からでもリボ払いに変更できる場合があります。

リボ払いでは分割払いよりもさらに月々の負担を減らせますが、より多くの手数料がかかります。

クレジットカードが使えない4つの場合とその対処法

クレジットカード_使い方_対処法

クレジットカードが使えないというトラブルが発生する場合があります。

その主な場合とその対処法について詳しく見ていきましょう。

カード情報を読み込めない

クレジットカード_使い方_情報

カード情報を読み込めず、クレジットカードを使えない場合があります。

この場合はクレジットカード読み取り機の不調であり、店員が解決してくれるので特に私達が対処する必要はありません。

クレジットカードを差し直すことでカード情報を読み込めるようになる場合が多いです。

カードの有効期限が切れている

クレジットカード_使い方_有効期限

カードの有効期限が切れていてカードを使えない場合もあります。

この場合はいくら工夫してもそのクレジットカードは利用できないため、他のクレジットカードを利用するか他の支払い方法に変更するしかありません。

カードを限度額まで使っている

クレジットカード_使い方_限度額

 

カードを限度額まで使っている場合にもクレジットカードを使えません。

クレジットカードによって違いがありますが、クレジットカードには以下のよう

にさまざまな限度額が設定されています。

  • 1回払いの限度額
  • 分割払いの限度額
  • すべての支払いの限度額
  • 1回あたりの支払いの限度額

この場合もいくら工夫してもクレジットカードは使えないため、他の支払い手段に切り替えるしかありません。

なお、車など大きな買い物をする場合や、海外旅行をする場合など、一時的に限度額を超える支払いが必要な場合もあるでしょう。

その場合では、あらかじめカード発行会社に申請することで、限度額を一時的に引き上げてもらえる可能性もあります。

注意

クレジットカードの利用歴が浅い人や、利用履歴に信用がない場合などは断られることもあります。

店がその国際ブランドに対応していない

クレジットカード_使い方_ブランド

店がその国際ブランドに対応していない場合にも、クレジットカードを利用できません。

店が対応している国際ブランドのカードを使うか、他の支払い方法に切り替えましょう。

ちなみに、日本ではVISAのカードを持っていると、多くの場所で用いることができます。

入力項目を間違えた

クレジットカード_使い方_入力項目

入力項目を間違えてしまった場合にもクレジットカードを利用できません。

入力項目の中でも特に間違えやすいのは有効期限とセキュリティコードです。

入力間違えがないかよく確認するようにしましょう。

有効期限の表記

クレジットカードに記載されている有効期限は「月/年」の形式です。

 

セキュリティコードの表記

セキュリティコードは、3桁もしくは4桁の数字です。

署名欄に記載されている数字をよく確かめましょう。

クレジットカードの使い方の3つの注意点

クレジットカード_使い方_注意点

クレジットカードの使い方には主に以下の3つの注意点があります。

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

注意点①:クレジットカードを手に入れたらすぐに署名する

クレジットカード_使い方_署名

クレジットカードで支払いをする場合、サインか暗証番号の入力が必要です。

ただ、暗証番号の入力は断ることができるため、クレジットカードに記載した署名はかなり重要です。

店舗スタッフやサインの入力機器は、署名欄の記載内容とサインの筆跡や内容を比べて、クレジットカードを利用しているのが本人かどうか確認しています。

また、署名をしないままで紛失や盗難にあってしまうと、不正利用される可能性が高まります。

カード会社によって異なりますが、署名がないクレジットカードを不正利用された場合、利用停止連絡を受けるまでの間の補償を受けることができない場合もあります。

注意点②:代金の支払日を意識する

クレジットカード_使い方_支払日

クレジットカードで支払った代金は、月末などの締め日にまとめられ、翌月以降にあなたの銀行口座から引き落とされます。

締め日以降に利用明細が送られてくるので、明細内容を確認し、銀行口座に引き落とされる金額以上のお金を入金しておく必要があります。

引き落としができなかった場合

もし支払い日に、銀行口座から引き落とされなかった場合は、クレジットカードが一時的に利用停止される恐れがあります。

カード会社によっては、数日後に再引き落としが行われる場合もありますが、カード会社が指定する口座に自分で振り込みを求められる場合もあります。

支払いが確認されれば、利用停止は解除されますが、支払いまでの期間が長引いたり、何か月も連続で引き落とせないことが続くことは避けなければいけません。

支払いが滞っているとペナルティも

クレジットカードの限度額が減額されたり、有効期限以降にクレジットカードが更新できなかったり、最悪の場合は、クレジットカードの没収になることもあります。

クレジットカードの利用明細は必ず確認し、支払い日には銀行口座から確実に引き落としできるようにしておきましょう。クレジットカードは計画的に利用しましょう。

注意点③:紛失・盗難の場合はすぐにクレジットカード会社に連絡する

クレジットカード_使い方_紛失

クレジットカードを紛失したり、盗難にあった場合は、すぐにカード会社に連絡しましょう。

連絡先は、カードの裏面に記載があるので、あらかじめ手帳などにメモしておくことをおすすめします。

メモしていない場合は、「カード会社名 紛失」などで検索して、連絡先を調べましょう。

紛失・盗難の受付窓口は、365日24時間連絡できます。

あとで見つかっても問題ないので、紛失や盗難の可能性がある場合は、すみやかに連絡しましょう。

カード会社に連絡後は、交番で紛失・盗難届を申請すると、万が一、不正利用された場合でも、その代金が補償されます。

基本的には、カード会社の指示に従いましょう。

クレジットカードの知られざる4つのお得な使い方

クレジットカード_使い方_知られざる

クレジットカードは以下の4つの方法でお得に利用できます。

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

光熱費や通信費をクレジットカードで支払う

クレジットカード_使い方_通信費

光熱費や通信費など毎月発生する費用をクレジットカードで支払うとポイントが貯まりやすくお得です。

また、光熱費や通信費などの支払いをまとめることで、支払日を同日にできることもメリットとなるでしょう。

しかし、意外とこれらの費用を、口座振替のままにしている方は多いものです。

一度設定すればいいだけなので、すぐにでも実践していきましょう。

またその辺の内容については、以下の記事でふれていますので、節約に興味のある方は参考にしてみてください。

生活費を節約するには?具体的な方法や手順を徹底解説!生活費を節約するには?具体的な方法や手順を徹底解説!

クレジットカードを複数枚持つ

クレジットカード_使い方_複数

クレジットカードを上手く使いこなすためには、1枚のカードではなく3枚程度のカードを持つといいでしょう。

それぞれの役割は、それぞれ以下のとおりです。

  1. メインカード(ポイント還元率や特典目的)
  2. サブカード(旅行の保険目的)
  3. 補強カード(1、2で足りないものを補う目的)

こういったカードを使い分けることで、割引できる店が増え、トータルすれば「月に数千円もお得になっていた!」ということもあります。

中には数万円の得をする人もいるでしょう。

以下の記事でもクレジットカードの使い分けや、特徴別の厳選したクレジットカードを紹介していますので、サッと目を通してみてください。

【初心者必見】クレジットカードの選び方を専門サイトが徹底解説!おすすめのクレジットカードも紹介【初心者必見】クレジットカードの選び方や基礎知識を専門サイトが徹底解説!

ポイントを倍増させて節約する

クレジットカード_使い方_倍増

ネットショプを利用する場合には、クレジットカード会社が運営しているポイントモールを経由することでポイントを倍増させることができます。

ポイントが倍増すれば、その分が節約になっているので、これを活用しない手はありません。

具体的な方法については、以下の記事を参考にしてみましょう。手順が紹介されています。

クレジットカードのポイント交換を徹底解説!おすすめカードも紹介!クレジットカードのポイント交換を徹底解説!おすすめカードも紹介!

利用明細を家計簿にする

クレジットカード_使い方_家計簿

毎日の買い物で支払い方法をクレジットカードにまとめることで、クレジットカードの利用明細を家計簿にすることができます。

すると月々の利用料金がわかりやすく、支出を減らす工夫を行いやすいです。

クレジットカードの使い方のまとめ

クレジットカード_使い方_まとめ

クレジットカードは以下の手順で簡単に使うことができます。

クレジットカードが使えない場合としては、主に以下の4つの場合が考えられます。

また、クレジットカードを使う時には、以下の3つの注意点に気をつけましょう。

そして、クレジットカードは以下の4つのお得な使い方ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)