JCBカードの審査難易度は?ランク別に審査の通りやすさについて徹底解説

JCBカードの審査って厳しいの?

日本発のクレジットカードの国際ブランドである「JCB」

国際ブランドが発行するクレジットカードはプロパーカードと呼ばれ、ステータスが高いことで有名です。JCBカードもプロパーカードのひとつで、幅広い世代から支持を得ているクレジットカードです。

そんなJCBカードですが、やはり審査は厳しいのでしょうか?

今回は、JCBカードの審査難易度をランク別に解説していきます。その他、JCBカードのメリットやおすすめのJCBカードも紹介していきます。

記事監修者紹介
fp監修_新井智美さん新井智美/トータルマネーコンサルタント公式サイト
コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)やセミナーを行う。豊富な金融知識を活かし、メディアへの執筆及び監修もおこなう。

保有資格
・ファイナンシャルプランナー(CFP®)認定者
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
DC(確定拠出年金)プランナー
住宅ローンアドバイザー住宅金融普及協会金融検定協会認定)
・証券外務員

JCBカードの種類

JCBのロゴ

JCBカードには合計160種類ものクレジットカードがあります。

この記事では、代表的な6つのJCBカードについて解説していきます。

代表的な6つのJCBカード

代表的なJCBカードとして以下の6種類のカードが挙げられます。

  1. JCB一般カード
  2. JCB CARD W
  3. JCB GOLD EXTAGE
  4. JCBゴールド
  5. JCBプラチナ
  6. JCBザ・クラス

この他にも申し込み者のニーズにマッチする、多くのJCBカードが存在します。

他のJCBカードも見てみたいという方はこちらのリンクから確認してみましょう。

JCBカード比較表

上記で紹介した6つのJCBカードを分かりやすく比較表にして紹介していきます。

以下の表をご覧ください。

クレジットカード名 JCB一般カード
JCB一般カード
JCB CARD W
JCB CARD W
JCB GOLD EXTAGE
JCB GOLD EXTAGE
JCBゴールド
JCBゴールド
JCBプラチナ
JCBプラチナ
JCBザ・クラス
JCBザ・クラス
年会費 1375円(税込)※1 永年無料 3300円(税込)※2 11000円(税込)※2 27500円(税込) 55000円(税込)
ポイント還元率 0.5% 1.0% 0.5% 0.5% 0.5% 0.5%
国際ブランド JCB JCB JCB JCB JCB JCB
申し込み対象 18歳以上 18歳~39歳 20歳~29歳 20歳以上 25歳以上 招待制
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト
 

スクロールできます

タップで非表示

※1…初年度無料&条件クリアで無料
※2…初年度無料

ランクは、JCB一般カード→JCBゴールド→JCBプラチナ→JCBザ・クラスの順となっています。

また、JCB CARD Wは若者に向けに発行されているJCBカードで、JCB GOLD EXTAGEは若者向けに発行されているJCBゴールドカードです。

6種類のJCBカード

JCBカードの審査で見られるポイント

JCBカードの審査で見られるポイント

次にJCBカードの審査で見られるポイントについて解説していきます。

これらのポイントは全カード共通で見られるポイントなので、しっかりチェックしておきましょう。

属性情報

属性情報とは、住所や年収、勤続年数などのパーソナルな情報のことです。

申し込み者の情報が本当に正しいのかどうかがチェックされます。

このような属性情報は信用できる相手なのかを判断するために重要な情報です。

いくら審査に通りたいからと言って虚偽の申告をするのは絶対にやめましょう。申告内容と実際の情報に違いがあった場合、審査通過は厳しくなります。

クレジットカードの利用履歴(クレジットヒストリー)

クレジットヒストリー_イメージ画像

クレジットカードの利用履歴も、JCBカードの審査には影響します。

これは自己申告するものではなく、JCB側が信用情報機関から参照します。

この際に、申し込み者の金融事故(支払い延滞や自己破産など)が発覚した場合、審査通過は厳しくなります。

自分の利用履歴が知りたいという方は、信用情報機関などに問い合わせてみましょう。

現在の借入状況

現在の借入状況も審査で見られるポイントのひとつです。

申し込み時点で、何社から借り入れがあり、総額はいくらなのかを自己申告する必要があります。

この際にも、虚偽の申告は絶対に避けましょう。

仮に故意でなくとも、申告した内容と実際の借入状況が異なっていたら、JCBからの信用を失ってしまいます。

また、借入件数や借入額が多すぎる場合も、審査に落ちる可能性が高まるので、できるだけ借入は減らしてから申し込みましょう。

JCBカードの審査難易度をランク別に解説

JCBカードの審査難易度

JCBカードには、一般・ゴールド・プラチナ・ブラックの4種類のランクのカードが用意されています。

ここでは、該当カードと共に、JCBカードの審査難易度をランク別に解説していきます。

JCBカード(一般)の審査難易度

以下2種類のカードが一般ランクのJCBカードに該当します。

  • JCB一般カード
  • JCB CARD W

JCB一般カード

JCB一般カード

おすすめポイント

  • JCBのプロパーカード
  • 条件クリアで年会費無料
  • 海外利用で還元率が2倍
年会費 還元率 申し込み条件
1375円(税込)※ 0.5%~5.0% 18歳以上

※MyJチェックの登録と年間50万円以上の利用で無料

JCB一般カードの申し込み対象は18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方(高校生を除く)となっています。

そのため、学生や主婦の方でも申し込みが可能になっており、入会のハードルは低く設定されています。

また、本人に収入がなくても配偶者に安定継続収入があれば申し込み可能なので、専業主婦の方でも審査に通る可能性は十分にあります。

こちらのカードは、JCBカードの中でも比較的審査難易度が低いカードであることが分かります。


JCB CARD W

JCB CARD W

おすすめポイント

  • 18歳から39歳までが申し込み対象
  • 還元率が常に2倍で高還元
  • Amazonやスタバでポイントアップ
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 1.0%~5.0% 18歳~39歳

JCB CARD Wの申し込み対象は18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方(高校生を除く)となっています。

先程紹介したJCB一般カードよりもさらに、対象年齢が若くなっています。

比較的収入が少なくなりがちな年代を対象にしているカードですので、審査難易度も低いということが予想できます。

特に、収入が少ない学生におすすめのJCBカードです。

JCBカード(ゴールド)の審査難易度

以下2種類のカードがゴールドランクのJCBカードに該当します。

  • JCB GOLD EXTAGE
  • JCBゴールド

JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGE

おすすめポイント

  • 20代限定のゴールドカード
  • 空港ラウンジサービスが付帯
  • 入会後3か月間はポイントが3倍
年会費 還元率 申し込み条件
3300円(税込)※ 0.75% 20歳~29歳

※初年度無料

JCB GOLD EXTAGEは20代向けに発行されているJCBゴールドカードです。

申し込み対象は、学生を除く20歳以上29歳以下で、ご本人に安定継続収入のある方となっています。

ランクはゴールドランクにあたるので、先程紹介した一般ランクのJCBカードよりは審査難易度は上がります。

しかし、20代向けに発行されているゴールドカードですので、新卒社員でも安定した収入があれば、問題なく審査に通過できるでしょう。


JCBゴールド

JCBゴールド

おすすめポイント

  • ラウンジ・キーで世界中のラウンジが利用可能
  • 最高1億円の海外旅行保険
  • 最短当日発行・翌日お届け
年会費 還元率 申し込み条件
11000円(税込)※ 0.5% 20歳以上

※初年度無料

JCBゴールドの申し込み対象は、学生を除く20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方となっています。

本人に安定継続収入がなければ申し込みができないので、残念ながら専業主婦の方などは申し込みができません。

JCBゴールドはプロパーカードでステータス性が高いカードですので、審査難易度も少し厳しくなります。

しかし、初年度年会費無料キャンペーンを実施しており、会員数の増加を図っているので、安定継続収入と良好なクレジットヒストリーがあれば審査に通過できるでしょう。

JCBカード(プラチナ)の審査難易度

プラチナランクのJCBカードは「JCBプラチナ」のみとなります。

では、JCBプラチナの審査難易度について以下で解説していきます。


JCBプラチナ

JCBプラチナ

おすすめポイント

  • JCBのプロパーカード
  • プライオリティ・パスが無料
  • プラチナ・コンシェルジュデスクが付帯
年会費 還元率 申し込み条件
27500円(税込) 0.5% 25歳以上

JCBプラチナの申し込み対象は、25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方となっています。

一般的なクレジットカードは18歳以上から申し込み可能なことを考えると、申し込み対象年齢だけ見ても審査難易度はかなり高いということが予想できます。

また、JCBプラチナはゴールドよりもステータス性が高く、サービスも非常に充実しています。

基本的には高ステータスでサービスが充実しているカードほど審査難易度は高くなるため、JCBゴールドからの招待で作るのが無難でしょう。

ただ、こちらのカードは新規入会も可能なため、自身がある方は申し込んでみても良いかもしれません。

JCBカード(ブラック)の審査難易度

JCBザ・クラス

JCBザ・クラス

おすすめポイント

  • 最上位のサービスとステータス
  • 会員限定カタログギフト「メンバーズセレクション」
  • グルメ関連のサービスが充実
年会費 還元率 申し込み条件
55000円(税込) 0.5% 招待のみ

JCBザ・クラスJCBカードで一番ランクの高いクレジットカードです。

申し込みは招待制なので、審査はありません。JCBプラチナの利用実績を重ねることで、JCB側から招待が届き、当カードを発行することができます。

ステータス性とサービス内容は、クレジットカードの中でも最高峰で、誰もが憧れるカードとなっています。

JCBカードの審査に通るコツ

JCBカードの審査に通るコツ

JCBカードの審査難易度について分かったところで、JCBカードの審査に通るコツについて解説していきます。

キャッシング枠は0に設定

キャッシングとは、クレジットカードを使って現金を引き出せる機能のことです。

またキャッシング枠とは、キャッシングで引き出せる現金の限度額のことで、申し込み時にキャッシング枠の希望額を申請します。

キャッシング枠は高ければ高いほど、JCB側からすると貸し倒れのリスクが上がるため、審査に不利に働きます。

そのため、特段必要がない場合は、キャッシング枠は0に設定しましょう。

多重申し込みは避ける

審査に通るか不安で、ついつい何枚ものクレジットカードを同時に申し込んでしまう方がいます。

このように多重申し込みをすると、「申し込みブラック」に認定され、審査通過が難しくなる恐れがあります。

また、多重申し込みは入会キャンペーン目当てや不正利用を疑われてしまうこともあります。

さらに、JCB側からしても、他に申し込んでいるカードをメインに使うのではないかと思われ、その点でもよくない印象を与えてしまいます。

利用実績を積み重ねる

JCBカードの審査では、クレジットカードの利用実績も大きく影響します。

特にランクの高いJCBカードの審査において、今までJCBカードをどれだけ使ってきたかという点は重要視されます。

そのため、JCBゴールドやJCBプラチナなど、ランクの高いJCBカードの発行を検討している方は、申し込みの前にJCBカードの利用実績を積み重ねることで、審査通過の可能性がかなり上がるでしょう。

JCBカードの審査に落ちる原因

JCBカードの審査に落ちる原因

「JCBカードに申し込んだけど、審査に落ちてしまった」という方もいると思います。

審査に落ちた原因を知ることで、次の申し込みの際に役立てましょう。

過去に金融事故を起こしている

過去に支払い滞納や自己破産などの金融事故を起こしている、審査通過が難しくなります。

クレジットカードの審査において信用情報は非常に重要です。

金融事故を起こしてしまうと、信用情報に傷がついてしまい、その情報は信用情報機関に残ります。

JCBカードの審査に落ちてしまった方は、自分の信用情報に傷がついていないか、信用情報機関に情報開示請求をして確かめてみましょう。

多重申し込みをしている

先程記述したように、多重申し込みは審査に落ちる原因となります。

いくら審査が不安だからといって、同時期に何枚ものカードを申し込むのは避けましょう。

もし「申し込みブラック」に認定されてしまうと、しばらくの期間クレジットカードの審査に不利に働いてしまいます。

虚偽の申告をしている

虚偽の申告がばれると、審査に落ちてしまいます。

たとえそれが故意でなくとも、虚偽の申告はJCB側の信用を大きく失う要因となります。

そのため、記述した内容が本当に間違っていないのかをきちんと確認してから申し込みましょう。

現在の借入額が多い

現在の借入額も審査に大きく影響します。

例えば、10社以上から100万円以上の借入をしている方には、お金を貸したくないという方が多いと思います。

このように、多くの借入をしている方は信用に値しないと判断され、審査に落ちてしまうことがあります。

そのため、できるだけ借入額を減らしてから申し込みましょう。

JCBカードのメリット

JCBカードのメリット

次にJCBカードのメリットについて解説していきます。

プロパーカードなのでステータスが高い

JCBカードは国際ブランドであるJCBが発行するプロパーカードです。

プロパーカードとは

国際ブランドが独自で発行しているクレジットカードのこと。

一般的にプロパーカードはステータス性が高いと言われています。

ステータス性が高いカードを持つことで、第三者からの社会的信用を得られやすくなるというメリットがあります。

また、ステータスの高いカードには、利用者の生活を豊かにしてくれる、多くのサポートサービスが用意されています。

ランクアップを狙える

JCBカードは、一般→ゴールド→プラチナ→ブラックとランクアップが狙えます。

特に、ブラックカードが用意されているカードは少なく、将来的にブラックカードを持ちたいとお考えの方にはぴったりです。

また、ランクアップをすることでサービスの質やステータス性が向上し、さらに充実した生活を送ることができます。

JCB original seriesパートナーで還元率がアップ

JCB original seriesパートナー

「JCB original seriesパートナー」とは、JCBが提携している店舗やサービスのことです。

コンビニやカフェ、スーパー、ネットショッピングサイトなど様々な店舗が対象となっています。

また、こちらの提携店舗でJCBカードを使うと、ポイント還元率がアップします。還元率が10倍になる店舗もあるので、非常にお得になっています。

おすすめのJCBカード

ここまでJCBカードについて詳しく解説してきました。

ここでは、当サイトが特におすすめするJCBカードを紹介していきます。


JCB CARD W

JCB CARD W

おすすめポイント

  • 18歳から39歳までが申し込み対象
  • 還元率が常に2倍で高還元
  • Amazonやスタバでポイントアップ
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 1.0%~5.0% 18歳~39歳

JCB CARD W18歳以上39歳以下の方が申し込み対象のJCBカードです。

JCBカードのポイント還元率は0.5%ですが、こちらのカードは常に2倍の1.0%となっています。

もちろん、JCB提携店舗では還元率がアップするので、さらにポイントが貯まります。

年会費無料かつポイント高還元で、特に若者に大人気のクレジットカードです。

JCB CARD Wの口コミ

(30代/男性/会社員)

年会費が無料で、39歳までしか作れないクレジットカードで、入会特典のポイントアップが
とても魅力に感じたので申込みをした、JCBブランドなのでスーパーやコンビニなど
国内での利用に強いと思う。実店舗、ネットショッピング含めて日常的に使って行きたいと思う。

(20代/男性/会社員)

ポイント還元、サービスでいうとそれぞれよりよいものがありますが、そういった還元率競争から降りたいという方に「丁度いい」カードです。
applePayとgooglePayの両方に登録でき、ETCも無料。このカード一枚ですべて完結します。
「あのカードは○○に使う」「このカードは△△専用」みたいなことに疲れた方にジャストフィットするのではないでしょうか。

JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGE

おすすめポイント

  • 20代限定のゴールドカード
  • 空港ラウンジサービスが付帯
  • 入会後3か月間はポイントが3倍
年会費 還元率 申し込み条件
3300円(税込)※ 0.75% 20歳~29歳

※初年度無料

JCB GOLD EXTAGE20代向けに発行されているゴールドカードです。

年会費は3300円(税込)と、ゴールドカードにしては非常に安価にもかかわらず、付帯サービスが非常に充実しています。

空港ラウンジサービスや最高5000万円の旅行傷害保険など、年化費以上のサービスを堪能できます。

また、利用実績を重ねることでさらにランクの高いJCBカードにランクアップも可能となっています。

JCB GOLD EXTAGEの口コミ

(20代/男性/会社員)

年会費は安いが、通常のゴールドカードとほとんど遜色ないサービスが受けられます。
例えば、ショッピング保険や旅行保険などです。
デザインは賛否分かれていますが、カードに詳しい方でなければ通常のゴールドと見分けがつかないので、それなりのステータスにもなると思います。

(20代/男性/会社員)

社会人一年目、上場企業勤務で審査通りました。学生時代からJCBプロパー持っていたからか、職場への在籍確認や本人確認はありませんでした。
コストパフォーマンスは高いのではないでしょうか。ゴールドにしてはポイントも貯めやすいと思います。空港ラウンジ(大したことはありませんが)利用可能です。
5年後は審査次第でゴールドへアップグレードです。
日常的に利用できる気軽なゴールドです。

JCBゴールド

JCBゴールド

おすすめポイント

  • ラウンジ・キーで世界中のラウンジが利用可能
  • 最高1億円の海外旅行保険
  • 最短当日発行・翌日お届け
年会費 還元率 申し込み条件
11000円(税込)※ 0.5% 20歳以上

※初年度無料

JCBゴールドは、ステータス性が高いJCBのゴールドカードです。

世界1100ヵ所以上の空港ラウンジが利用可能な「ラウンジ・キー」や最高1億円の海外旅行保険などが用意されています。

また、利用実績を重ねることで招待制カードである「JCBゴールドザ・プレミア 」にランクアップが可能です。

JCBゴールドの口コミ

(30代/男性/会社員)

保険とか充実してますしプロパーカードなのでどこで使っても恥ずかしくは無いですね。ポイントがもう少し高ければ良いかなと思います。カードのデザインは好みが分かれるでしょうけれど悪くは無いですね。只プロパーカードなので右下のJCBのロゴが無い方がクールだと思います。

(40代/男性/会社員)

ゴールドザプレミア、プラチナ、ザ・クラスなど上位グレードの道を開けるカードなので「国産ブランドを応援したい」「ゆっくりカードランクを育てていきたい」「ポイントはさほど気にしない」というように当てはまるなら発行しても良いカードと思います。
15日締め10日払いというサイクルが中途半端で管理し辛いのでこれだけは何とかしてくれないかと思っているのですが、国産ブランドを応援したい身としては、グレードを変えつつこれからも使っていくであろうカードです。

JCBカードの申し込みから発行の流れ

JCBカードの申し込みから発行の流れは以下の通りです。

JCBカード発行の流れ

出典:JCBカード

インターネットで申し込み後、口座設定をしたのち審査が行われます。審査が完了したら、最短3営業日でカードが発行されます。(約1週間で到着)

他にも、運転免許番号で本人確認をしたのち口座振替依頼書で口座を設定する方法や、必要書類を郵送して申し込む方法などがあります。

どの申し込み方法もさほど難しいものではないので、興味がある方はぜひJCBカードを発行してみましょう。

JCB CARD W

JCB CARD W

おすすめポイント

  • 18歳から39歳までが申し込み対象
  • 還元率が常に2倍で高還元
  • Amazonやスタバでポイントアップ
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 1.0%~5.0% 18歳~39歳

JCBカードに関するQ&A

JCBってなに?

JCBとは日本発の国際ブランドです。

国際ブランドとは、世界中の国や地域で利用できるクレジットカードのブランドのことです。

JCBは日本発の国際ブランドですので、日本でクレジットカードを使える店舗であれば、ほとんどの場所で利用できます。


JCBカードの締め日と支払日は?

JCBカードの締め日、支払日は、公式サイトを参照ご参照ください。


もし支払いが遅れたら、いつからJCBカードを使える?

毎月10日の支払い日から20日以内に支払いが完了した場合、入金確認した翌日からカードを利用できます。

もし支払い後もカードを利用できない場合は、JCBに問い合わせてみましょう。


JCBカードは申し込みから到着までどれくらいかかる?

カードの種類にもよりますが、基本的には申し込みから3営業日以内にカードが発行されます。

中には、JCB一般カードのように即日中に発行され、翌日には自宅に届くJCBカードもあります。

まとめ

今回はJCBカードの審査について徹底解説しました。

JCBカードはランクごとに審査難易度が異なり、ランクが低いカードほど審査難易度は低くなります。

ただ、いくら審査難易度が低いといっても、過去に金融事故などを起こしている方は審査に落ちてしまうことがあるので注意しましょう。

この記事を読んで、JCBカードに少しでも興味を持った方は、ぜひ発行を検討してみてくださいね。

初めての方におすすめのJCBカード

JCB CARD W

JCB CARD W

おすすめポイント

  • 18歳から39歳までが申し込み対象
  • 還元率が常に2倍で高還元
  • Amazonやスタバでポイントアップ
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 1.0%~5.0% 18歳~39歳