ラグジュアリーカードの審査難易度は?審査落ちの原因や年収の目安について解説

ラグジュアリーカードの審査難易度は?

モダンかつスタイリッシュで洗練されたデザインが人気の「ラグジュアリーカード」

一般的なプラスチックのクレジットカードと違い、チタンという金属で作られる高ステータスカードです。

そんなラグジュアリーカードですが、審査はやはり厳しいのでしょうか?

今回の記事ではラグジュアリーカードの審査について徹底解説。

審査基準審査に落ちる原因などについても触れていくので、ぜひ参考にしてください。

マネーグロース_監修者_新井智美
監修者情報
新井智美/トータルマネーコンサルタント
コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談など)やセミナーを行う。豊富な金融知識を活かし、メディアへの執筆及び監修もおこなう。1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®資格保有。(公式サイト
マネーグロース_監修者_柴沼直美
監修者情報
柴沼直美/ファイナンシャルプランナー
大学卒業後、保険会社で2年弱営業に従事したのち渡米。外資系証券会社でアナリスト、ファンドマネジャーとして勤務後フリーへ。現在はFPとして個別家計相談や執筆と行うと同時に大学等で金融・英語の講師として活動。1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®資格保有。(公式サイト

今回紹介するカード

Mastercard® Titanium Card™(ラグジュアリーカード)
ラグジュアリーカード

 年会費:55000円(税込)

 還元率:1.0%

 発行日数:最短5営業日

 申込条件:20歳以上

海外旅行
国内旅行
ショッピング
航空機遅延

ラグジュアリーカードは全部で4種類!それぞれについて解説

4種類のラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードは以下の4ランクが用意されています。

  1. チタン
  2. ブラック
  3. ゴールド
  4. ブラックダイアモンド

なお、チタン<<ブラック<<ゴールド<<ブラックダイアモンドの順にステータスが高くなっています。

どれも非常に高ステータスなカードですが、サービス内容やデザインに違いがあるので、詳しく見ていきましょう。

チタン製のエントリーカード「Mastercard® Titanium Card™」

Mastercard® Titanium Card™
ラグジュアリーカード

 年会費:55000円(税込)

 還元率:1.0%

 発行日数:最短5営業日

 申込条件:20歳以上

海外旅行
国内旅行
ショッピング
航空機遅延
 ここがポイント
  • チタン製のハイステータスカード
  • ラグジュアリーなサービスと補償額
  • 24時間365日のコンシェルジュサービス

 ラグジュアリーカードの概要

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardは、金属(チタン)製でスタイリッシュなデザインが特徴のクレジットカードです。

カードの薄さ自体はプラスチックカードと同じですが、重さは4~5倍の21gと重厚感があり、デザインと合わせて所有欲を満たしてくれます。

特徴は、日本で初めて採用された、Mastercardの最上位ステータスに当たるワールドエリートの特典を受けられる点。

ワールドエリートには、国際線の手荷物3個まで無料で宅配可能なほか、指定の日本国内の空港と自宅などの無料送迎の際に車種をアップグレードできるといった特典があります。

 ラグジュアリーカードの口コミ

ラグジュアリーカードの口コミ

30代/男性/会社員

チタン製なので高級感があり、ステータス性を感じれる1枚です。デザイン重視のクレカが欲しい方にはぴったりだと思います。

ラグジュアリーカードの口コミ

40代/男性/会社員

コンシェルジュや空港ラウンジ、カードラウンジなどのサービスを考えればコスパは良い方かと思います。ステータス性もアメックスと同等かと思います。

ラグジュアリーカード
公式サイトはこちら

2番目にランクが高いシグネチャーカード「Mastercard® Black Card™」

Mastercard® Black Card™
Mastercard_Black_card

 年会費:110000円(税込)

 還元率:1.25%

 発行日数:約2週間

 申込条件:20歳以上

海外旅行
国内旅行
ショッピング
航空機遅延
 ここがポイント
  • 業界最高レベルのステータス
  • ポイント還元率は1.25%と高還元
  • 人生をより充実させる豊富な優待特典

 Mastercard Black Cardの概要

ラグジュアリーカード Mastercard Black Cardは、Mastercard Titanium Cardよりも1ランク上のクレジットカードです。

券面が黒なのに加え、「BLACK CARD」の文字により一目でブラックカードであることが分かるので、ステータスの高さをさりげなくアピールできます。

サービスをラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardと比較すると、ポイント還元率が1.25%、ハワイアン航空のエリート会員ステータスが付与される、TOHOシネマズの無料鑑賞が毎月最大2回無料になるなど細かい部分で特典がより充実しています。

 Mastercard Black Cardの口コミ

Mastercard Black Cardの口コミ

40代/男性/会社員

厳密にはランクはブラックではないですが、ほとんどブラックと変わらない見た目とサービスなので非常に気にいっています。特に、チタン製で高級感のあるデザインなので、堂々とカードを出せるのが良いです。

Mastercard® Black Card™
公式サイトはこちら

唯一無二の24金コーティング「Mastercard® Gold Card™」

Mastercard® Gold Card™
Mastercard® Gold Card™

 年会費:220000円(税込)

 還元率:1.5%

 発行日数:約2週間

 申込条件:20歳以上

海外旅行
国内旅行
ショッピング
航空機遅延
 ここがポイント
  • 24金コーティングのハイステータスカード
  • ポイント還元率は1.5%と非常に高還元
  • ゴールド会員限定の保険が付帯

 Mastercard gold Cardの概要

ラグジュアリーカード Mastercard gold Cardは、2番目にステータスが高いラグジュアリーカードです。

券面が金色なので一見ゴールドカードに見えますが、こちらのカードは本物の24金で作られており、一般的なゴールドカードとは全く違う代物となっています。

ポイント還元率は1.5%と非常に高還元で、マイル還元率も0.9%と他のカードよりも高くなっています。

ゴールド会員専用の、交通事故傷害保険と個人賠償責任保険が付帯されており、旅行やショッピングだけでなく、幅広い分野をサポートしてくれるカードです。

Mastercard® Gold Card™
公式サイトはこちら

天然ダイヤモンド搭載の最高峰カード「Mastercard® Black Diamond™」

Mastercard® Black Diamond™
Mastercard® Black Diamond™

 年会費:660000円(税込)

 還元率:2.0%

 発行日数:約2週間~1ヶ月

 申込条件:招待制

海外旅行
国内旅行
ショッピング
航空機遅延
 ここがポイント
  • 詳細な情報は謎に包まれた最高ステータスのカード
  • 表面の左上に天然ダイヤモンドをはめ込んだデザイン
  • ポイント還元率は驚愕の2.0%

 Mastercard Black Diamondの概要

ラグジュアリーカード Mastercard Black Diamondは、最高ランクのラグジュアリーカードです。

他のラグジュアリーカードは新規申し込みが可能ですが、こちらのカードは完全招待制で、選ばれた人しか持つことができません。

入会金と年会費を合わせるとなんと176万円と、それだけでも特別なカードであることが分かります。

2.0%の超高還元や、詳細には記載されていない最高レベルのサービスなど、誰もが憧れる最高ステータスの1枚です。

Mastercard® Black Diamond™
公式サイトはこちら

ラグジュアリーカードの3つの審査基準

ラグジュアリーカードの3つの審査基準

ラグジュアリカードの審査基準として挙げられるのは以下の点です。

  1. 年収の目安は500万円
  2. 職業と勤続年数
  3. クレジットヒストリー

以下でそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

年収の目安は500万円

ラグジュアリーカードはチタンカードと呼ばれており、ゴールドやプラチナのように明確なランク付けがされていません。しかし、コンシェルジュなどが付帯することから、プラチナランクと同等と考えてよいでしょう。

ラグジュアリーカードのランク

一般的に、プラチナカードを取得できる年収の目安は500万円と言われています。

そのため、年収が500万円以上あればラグジュアリーカードの審査に通過できる可能性も高いと考えられます。

ただ、ラグジュアリカードの審査では、年収以外にも職業や勤続年数なども深く関係するので、それらの情報によっては年収が300万円でも審査に通る可能性はあります。

逆に、金融事故記録が残っているなど個人情報に問題があれば、年収が1000万円以上でも審査に落ちる可能性はあります。

ラグジュアリーカード
公式サイトはこちら

職業と勤続年数

ラグジュアリーカードの審査では、職業や勤続年数も重要視される傾向にあります。

職業に関しては、公務員などの安定した職業の他、一般的なサラリーマンでも審査に通ることは可能です。逆に、フリーターや個人事業主など、収入が不安定な職業だと審査に通りにくい傾向にあります。

また、勤続年数に関しても長い方が好印象で、最低でも3年以上は必要と言われています。

このことから、年収がいくら高くても、収入が不安定かつ勤続年数が短い場合は審査落ちの原因となるので注意しましょう。

クレジットヒストリー

クレジットヒストリー

クレジットヒストリーとは、申し込み者のクレジットカード履歴のことで、クレヒスとも呼ばれています。

これまでどれくらいの頻度でどれくらいの額のクレジットカード決済を行ってきたのか、毎月期日に遅れずに返済してきたのかなどが見られます。

クレヒスは、信用情報機関(CIC)に保管されており、申し込み者の信用力を判断するための指標となります。

過去5年以内に金融事故を起こしていた場合、クレヒスに履歴が残っているので、審査に通る可能性は限りなく低いと覚えておきましょう。

ラグジュアリーカード
公式サイトはこちら

ラグジュアリーカードの審査難易度

ラグジュアリーカードの審査難易度

高ステータスなラグジュアリカードですが、審査難易度はどうなのでしょうか?

結論から言うと、ラグジュアリーカードの審査難易度はかなり高いでしょう。

審査難易度が高いと推測できる理由は以下の通りです。

  • アプラスが発行する銀行系カードである
  • カードランクが高い
  • 付帯保険の補償額が高額

まず一つ目の理由は、ラグジュアリーカードの発行元が新生銀行グループのアプラスであることです。

このように銀行が発行するクレジットカードは、銀行系クレジットカードと呼ばれ、審査が厳しい傾向にあります。

クレジットカードの5ジャンル

2つ目は、ランクが高い点です。当然ですが、クレジットカードは基本的にランクが高ければ高いほど審査も厳しくなります。

先述したように、ラグジュアリーカードのランクはプラチナと同等ですので、審査も厳しいと考えるのが無難でしょう。

3つ目は付帯保険の補償額が高額であることです。ラグジュアリーカードの補償額は以下の通りです。

付帯保険 補償額(最高)
海外旅行傷害保険 1億2千万円
国内旅行傷害保険 1億2千万円
国内外航空機遅延保険 2万円
ショッピング保険 年間300万円まで

特に注目すべきは旅行保険の補償額です。一般的なプラチナカードの補償額はせいぜい5000万円~1億円ですが、ラグジュアリーカードの補償額は1億2千万円です。

付帯保険は最も重要なサービスの一つであるため、ここまで補償額の大きいラグジュアリーカードの審査は厳しく、価値のあるクレジットカードと考えてよさそうです。

ラグジュアリーカード
公式サイトはこちら

ラグジュアリーカードの審査に落ちる原因

ラグジュアリーカードの審査に落ちる原因

ラフジュアリーカードの審査難易度はかなり高いので、当然審査に落ちてしまう方も多くいます。

そこで、ラグジュアリーカードの審査に落ちる原因を確認して、申し込み前に審査落ち対策をしておきましょう。

  1. クレヒスに傷がついている
  2. 多重申し込みをしている
  3. 返済能力が足りない
  4. 他社からのの借入がある

クレヒスに傷がついている

先述しましたが、ラグジュアリーカードの審査ではクレヒスも重要視されます。

そのため、過去に滞納や自己破産などの金融事故を起こしており、クレヒスに傷がついていると審査に通る可能性が非常に低くなります。

金融事故記録は5年間残り続けるので、金融事故を起こしてしまうと最低でも5年間は審査に通らないと考えておきましょう。

多重申し込みをしている

ラグジュアリーカードの審査が不安で、保険として他のカードも同時に申し込んでしまう人がいます。

このように、同期間に複数枚のクレジットカードを申し込む行為は多重申し込みと呼ばれ、審査に不利に働きます。

多重申し込み

多重申し込みは、「入会キャンペーン目当て」や「不正利用」などを疑われ、カード会社にとって印象の良くない行為ですので、絶対に避けましょう。

返済能力が足りない

ラグジュアリーカードの申し込み条件は、「20歳以上で安定継続収入のある方」です。

安定継続収入が具体的にどの程度なのかは表記されていませんが、少なくともアルバイトや主婦の方が審査に通過するのは難しいでしょう。

審査に通過できる年収の目安は500万円と言われていますが、それ以上の年収があっても勤続年数や借入額などの観点から返済能力が足りないと判断され、審査に落ちてしまう場合もあるので注意が必要です。

他社からの借入がある

他社からの借入も審査落ちの原因になります。特に、年収の3分の1近くの借入がある場合は注意が必要です。

賃金業法の総量規制という仕組みにより、「個人の借入総額は、原則として年収の3分の1まで」と決まっています。

クレジットカード取引も賃金業法に含まれるので、申し込み時点の借入額が年収の3分の1に達しそうな場合は審査に落ちる可能性が高いでしょう。

ラグジュアリーカードと審査に関するQ&A

ラグジュアリーカードの審査難易度は?

ラグジュアリーカードの審査難易度は高いです。ラグジュアリーカードの発行元は新生銀行アルプスなので、銀行系クレジットカードに分類されます。他にもランクが高い、補償額が高いなど、ラグジュアリーカードは誰でも持てるカードではないことが分かります。

ラグジュアリーカードの審査基準は?

ラグジュアリカードの審査では、主に年収、職業、勤続年数、クレヒスなどが見られます。そのため、年収がいくら高くてもクレヒスに傷がついていたりすると、審査に落ちる可能性もあるので注意しましょう。

ラグジュアリカードはサラリーマンでも持てる?

ラグジュアリーカードはサラリーマンでも持つことができます。実際に、年収が300万円でも審査に通ったという口コミも見受けられます。審査では年収の他に、勤続年数なども見られるので、そこでよい印象を与えると審査に通過することができるでしょう。

まとめ

今回はラグジュアリーカードの審査について徹底解説してきました。

ラグジュアリカードは豪華サービスが魅力の高ステータスカードです。そのため、審査難易度も高く、申し込み前にはきちんと準備をする必要があります。

審査通過は簡単ではありませんが、ラグジュアリカードは日常を豊かにしてくれるサービスが揃ったカードです。

この記事でラグジュアリーカードに少しでも興味を持った方は、ぜひ発行を検討してみてくださいね。

Mastercard® Titanium Card™(ラグジュアリーカード)
ラグジュアリーカード

 年会費:55000円(税込)

 還元率:1.0%

 発行日数:最短5営業日

 申込条件:20歳以上

海外旅行
国内旅行
ショッピング
航空機遅延