\9月17日(金)21時〜予約開始/
iPhone13を最速で予約する方法

【2021年・最新比較】ゴールドカードおすすめ人気ランキング|ゴールドカードの基礎知識についても解説

おすすめのゴールドカードが知りたい!

一般カードよりも、ワンランク上のサービスを受けられる「ゴールドカード」

社会人になり収入も安定してくると、ステータス性のあるゴールドカードが欲し

くなる方も多いと思います。

そこで今回は、当サイト厳選のおすすめゴールドカードをご紹介します!

また、この記事では、以下のようなゴールドカードの疑問について、わかりやすく解説していきます。

  • ゴールドカードってどういうもの?
  • ゴールドカードメリットとデメリットは?
  • どういう選び方をすれば失敗しないの?
記事監修者紹介
fp監修_新井智美さん新井智美/トータルマネーコンサルタント公式サイト
コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)やセミナーを行う。豊富な金融知識を活かし、メディアへの執筆及び監修もおこなう。

保有資格
・ファイナンシャルプランナー(CFP®)認定者
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
DC(確定拠出年金)プランナー
住宅ローンアドバイザー住宅金融普及協会金融検定協会認定)
・証券外務員

おすすめ人気ゴールドカード比較表

ますは、当サイトが厳選したおすすめゴールドカードを比較表にして分かりやすく紹介します。

この中から気になるゴールドカードを見つけてみましょう。

各カードについては、次章で詳しく解説していきます。

クレジットカード名三井住友カードゴールド(NL)
三井住友カードゴールド(NL)
JCB GOLD EXTAGE
JCB GOLD EXTAGE
JCBゴールド
JCBゴールド
三井住友カードプライムゴールド
三井住友カードプライムゴールド
dカードGOLD
dカード GOLD
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
楽天ゴールドカード
楽天カードゴールド
MUFGカードゴールド
MUFGカードゴールド
MUFGカードゴールドプレステージ
MUFGカードゴールドプレステージ
au PAY ゴールドカード
au PAY ゴールドカード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ライフカードゴールド
ライフカードゴールド
ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード
エポスゴールドカード
エポスゴールドカード
年会費5500円(税込)※13300円(税込)※211000円(税込)※25500円(税込)※211000円(税込)31900円(税込)2200円(税込)2095円(税込)※211000円(税込)※211000円(税込)34100円(税込)11000円(税込)24200円(税込)5000円(税込)※3
ポイント還元率0.5%~5.0%0.75%0.5%0.5%~2.5%1.0%~10.0%1.0%1.0%~3.0%0.5%0.5%1.0%~11.0%1.0%~2.0%0.5%0.4%~1.0%0.5%~1.5%
申し込み条件20歳以上20歳~29歳20歳以上20歳~29歳20歳以上20歳以上20歳以上18歳以上20歳以上20歳以上20歳以上20歳以上27歳以上20歳以上
キャンペーン最大13000円相当プレゼントもれなく5000円キャッシュバックもれなく5000円キャッシュバック最大13000円相当プレゼント最大18000ポイントプレゼント入会後3か月間、ポイントが10倍もれなく7000ポイントプレゼント最大5000円キャッシュバック最大11000円分プレゼント最大20000ポイントプレゼント合計80000マイル獲得可能なし初年度年会費半額なし
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
 

スクロールできます

タップで非表示

※1…初年度無料&年間100万円以上の利用で翌年以降永年無料
※2…初年度無料
※3…招待&年間50万円以上の利用で無料

ゴールドカードおすすめランキング

では、おすすめのゴールドカードをランキング形式でご紹介していきます

年会費が安く持ちやすいカードから、高ステータスでかっこいいカードまで厳選しているので、この中からお気に入りのゴールドカードを見つけてみましょう。


三井住友カードゴールド(NL)

三井住友カードゴールド(NL)

おすすめポイント

  • 年間100万円以上の利用で年会費永年無料
  • 毎年年間100万円の利用で10000ポイント還元
  • コンビニ3社とマックで最大5%還元
年会費還元率申し込み条件
5500円(税込)※0.5%~5.0%20歳以上

※初年度無料(~9/30)&条件クリアで無料

三井住友カードゴールド(NL)は2021年7月に発行が開始された、新しいゴールドカードです。

このカードの最大の特徴は、年100万円の利用で翌年以降の年会費が永年無料になる点です。

また、年100万円の利用で10000ポイントが還元されます。そのため、年間で100万以上利用する方であれば、絶対に持っておきたいゴールドカードとなります。

さらに、コンビニ3社とマックで最大5%還元なので、メインカードとしても優秀なゴールドカードです。

三井住友カードゴールド(NL)の口コミ

三井住友カードゴールド(NL)の口コミはまだありません。


JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGE

おすすめポイント

  • 20代限定のゴールドカード
  • 空港ラウンジサービスが付帯
  • 入会後3か月間はポイントが3倍
年会費還元率申し込み条件
3300円(税込)※0.75%20歳~29歳

※初年度無料

JCB GOLD EXTAGEは株式会社JCBが発行する20代専用のゴールドカードです。

年会費は3300円(税込)とゴールドカードにしては非常に安く、最高5000万円の国内外旅行保険と保険内容も手厚くなっています。

また、ゴールド会員専用デスク空港ラウンジサービスなど、ゴールドカード特有のサービスも付帯しています。

JCB GOLD EXTAGEの口コミ

(20代/男性/会社員)

年会費は安いが、通常のゴールドカードとほとんど遜色ないサービスが受けられます。
例えば、ショッピング保険や旅行保険などです。
デザインは賛否分かれていますが、カードに詳しい方でなければ通常のゴールドと見分けがつかないので、それなりのステータスにもなると思います。

(20代/男性/会社員)

社会人一年目、上場企業勤務で審査通りました。学生時代からJCBプロパー持っていたからか、職場への在籍確認や本人確認はありませんでした。
コストパフォーマンスは高いのではないでしょうか。ゴールドにしてはポイントも貯めやすいと思います。空港ラウンジ(大したことはありませんが)利用可能です。
5年後は審査次第でゴールドへアップグレードです。
日常的に利用できる気軽なゴールドです。

JCBゴールド

JCBゴールド

おすすめポイント

  • ラウンジ・キーで世界中のラウンジが利用可能
  • 最高1億円の海外旅行保険
  • 最短当日発行・翌日お届け
年会費還元率申し込み条件
11000円(税込)※0.5%20歳以上

※初年度無料

JCBゴールド「ラウンジ・キー」が付帯しているゴールドカードです。

ラウンジ・キーとは、世界1100ヵ所以上のラウンジをUS32ドルで利用できるサービスのことです。

ラウンジでは、飲料や軽食の提供、インターネット接続のサービスが用意されており、海外旅行をさらに快適にしてくれます。

その他、最高1億円の海外旅行保険など、嬉しい特典も付帯しています。

JCBゴールドの口コミ

(30代/男性/会社員)

保険とか充実してますしプロパーカードなのでどこで使っても恥ずかしくは無いですね。ポイントがもう少し高ければ良いかなと思います。カードのデザインは好みが分かれるでしょうけれど悪くは無いですね。只プロパーカードなので右下のJCBのロゴが無い方がクールだと思います。

(40代/男性/会社員)

ゴールドザプレミア、プラチナ、ザ・クラスなど上位グレードの道を開けるカードなので「国産ブランドを応援したい」「ゆっくりカードランクを育てていきたい」「ポイントはさほど気にしない」というように当てはまるなら発行しても良いカードと思います。
15日締め10日払いというサイクルが中途半端で管理し辛いのでこれだけは何とかしてくれないかと思っているのですが、国産ブランドを応援したい身としては、グレードを変えつつこれからも使っていくであろうカードです。

三井住友カードプライムゴールド

三井住友カードプライムゴールド

おすすめポイント

  • 20代専用のゴールドカード
  • 年会費以上の充実したサービス
  • 空港ラウンジサービスが付帯
年会費還元率申し込み条件
5500円(税込)※0.5%~2.5%20歳~29歳

※初年度無料

三井住友カードプライムゴールド20代専用のゴールドカードです。

20代専用なので、年会費は5500円と安くさらに初年度年会費が無料となっています。

空港ラウンジサービスをはじめ、最高5000万円の国内外旅行保険など、年会費以上のサービスを展開しているゴールドカードです。

30歳以降は後述する「三井住友カードゴールド」に切り替わります。

三井住友カードプライムゴールドの口コミ

(20代/男性/会社員)

年会費5000円あたりなので、20代なら作っても損しないゴールドカード。
ポイントを期待せず淡々と使うだけのスタイルなら合うはず。

(20代/女性/会社員)

申込は簡単でしたが受取まではとても時間がかかりました。
内定者・新社会人向けの、年会費が安いお手軽ゴールドカード、というところでしょうか。内容も発行元もしっかりしていますので、安心して使えるカードです。

dカードGOLD

dカード GOLD

おすすめポイント

  • docomo携帯料金の支払いで10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円
  • 国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用可能
年会費還元率申し込み条件
11000円(税込)1.0%~10.0%20歳以上

dカードGOLDdocomoユーザーに非常におすすめのゴールドカードです。

理由は、dカードGOLDでdocomo利用料金を支払うとポイントが10%還元されるからです。

例えば、月々の携帯料金が10000円の場合、1か月で12000ポイント還元され、年会費以上のポイントが貰えます。

また、携帯電話の紛失・盗難などによる再購入費用を負担してくれる「ケータイ補償」空港ラウンジサービスなど、多くのサービスが用意されています。

dカードGOLDの口コミ

(30代/女性/会社員)

ドコモ光を4月から開始したので再契約しました
ネットショップでこのカード使用は使えない店舗があり、全ては賄えません。
スカパーの光TVとひかり電話、Ahamoで月額1万中頃になるでしょうから、あとd払いを当分予定しています。
まだスタート段階ですが年会費分の価値があることを期待してます。

(30代/男性/会社員)

ポイント特典が楽天に並んで強いと思いますので、特典目当てで作っても良いとは思います。
ただ、近頃会員の急増に対応できないのか、サポートには全然つながりません。ゴールドカード専用ダイヤルでもそうです。
ここだけでも改善されればと思います。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

おすすめポイント

  • 抜群のステータス性
  • プラチナ級の充実したサービス内容
  • 最高1億円の海外旅行保険
年会費還元率申し込み条件
31900円(税込)1.0%20歳以上

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは日本で初めて発行されたゴールドカードです。

魅力は何といっても「ステータス性」で、このカードを持っていれば社会的身分の証明にもなります。

年会費は少々高額ですが、プラチナ級のサービスが展開されており、高ステータスのゴールドカードが欲しい方には最もおすすめの1枚です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの口コミ

(30代/男性/会社員)

ステータスを感じる1枚!
昔、かなり審査が厳しかったのでステータスの1枚と尊重されていたゴールドカード。
ネットではモテるクレジットカードとも言われ、レジでカードを出すと驚かれるのが嬉しいです。
僕はこのカードを持つことでステータスを感じています。
米国の紙幣のようなデザインが特にお気に入りです。

(40代/男性/会社員)

デザインはクレカ界でもトップクラスです。
ただ、利用頻度がどんどん減っているので、次回更新は悩んでいます。
ゴールド帯と考えると年会費は高いです。
比較対象はSPGだと思いますが、SPGの方が付帯サービスなどは良いと感じます。

楽天ゴールドカード

楽天カードゴールド

おすすめポイント

  • 国内空港ラウンジが年間2回無料
  • ETCカードの年会費が無料
  • 楽天市場でポイント3倍
年会費還元率申し込み条件
2200円(税込)1.0%~3.0%20歳以上

楽天ゴールドカードは人気クレジットカード「楽天カード」の上位ランクにあたるカードです。

楽天カードとの違いは以下の通りとなります。

  • 国内空港ラウンジや一部海外空港ラウンジが年間2回まで無料
  • ETCカードの年会費が無料
  • トラベルデスクが無料で利用可能
  • お誕生月サービスでポイントが+1.0%
  • 限度額が200万円

楽天カードでは物足りないという方にはおすすめのゴールドカードです。

楽天ゴールドカードの口コミ

(30代/女性/会社員)

楽天はもちろん、街でもメインカードとして使っています。
楽天ポイントの使いやすさが決め手です。

(20代/男性/会社員)

楽天市場での買物も楽天モバイルの支払いもショップの支払いや保険料の支払いなどメインカードにしてポイントを獲得してます。
セゾンはポイント期限が永久みたいでいいのですが、ポイント還元手続きが面倒。
他のカード会社のポイントは気付いたら期限切れ。
その点、楽天カードで支払えばポイント上乗せされ使い道もマクドナルドやファミマなど楽天ポイントが使える店が沢山有るので期限が短くても直ぐに使える。毎月のカード利用の支払いにもポイントが使える。楽天Edyにもポイントチャージ出来る等、ポイントの使い道が多く、ポイント上乗せが有るので、メインカードにしてます。

MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールド

おすすめポイント

  • 年会費が2095円(税込)と非常に持ちやすい
  • 初年度年会費が無料
  • 最短翌営業日発行ですぐ届く
年会費ポイント還元率申し込み条件
2095円(税込)※0.5%18歳以上(学生除く)

※初年度無料

MUFGカードゴールド年会費が非常に安く、持ちやすいゴールドカードです。

基本的にゴールドカードの年会費は1万~3万円ですが、こちらのカードはなんと2095円(税込)となります。

初年度年会費は無料かつ最低限のサービスは用意されているので、ゴールドカードを持ってみたいという方にはおすすめです。

MUFGカードゴールドの口コミ

(30代/男性/会社員)

とりあえずお手頃年会費で見栄を張りたい人には良いカードです。
本カードはデュアルスタイルで持つことで価値があると思います。
楽天KOBO、ひかりTVブックのような電子書籍ストアはAMEX不可の場所もありますし、VISA/MasterをAMEXのサブでデュアル発行してセットで持ち歩くと、銀聯がデフォである中国以外では世界中で困る事余り無いのではと?

(20代/男性/会社員)

まだ(恐らく)普通のゴールドを作れる身分では無いので、作っておいて良かったと思っています。
せっかく年会費を払っているので、サービスを有効活用したいと思います。

MUFGカード ゴールドプレステージ

MUFGカードゴールドプレステージ

おすすめポイント

  • ポイントがザクザク貯まるゴールドカード
  • プレミアムスタープログラムでボーナスポイントが貰える
  • 国内32空港ラウンジサービス・旅行保険などが充実
年会費還元率申し込み条件
11000円(税込)※0.5%20歳以上

※初年度無料

MUFGカード・ゴールドプレステージは旅行向けのサービス・保険もかなり充実しており、以下のサービスが無料でついてきます。

旅行向けサービス一覧
  • 国内主要の32空港に加えて、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)のラウンジも無料で利用できる
  • 海外旅行傷害保険(自動付帯・家族特約付)最高5,000万円
  • 国内旅行傷害保険(利用付帯・家族特約付)最高5,000万円
  • ショッピング保険(年間補償限度額300万円)
  • 国内・海外渡航便遅延保険 最高2万円(国内は利用付帯)
  • 宿泊予約サービス「Relux for Gold」の提供する宿泊プランより、5%割引の優待価格で利用できる。初回限定の3,000円割引優待もあり
  • 現地での観光案内や各種予約、トラブル時などに日本語で対応してくれる「ハローデスク」が利用できる

また、厳選された高級レストランでのお食事が1名分安くなる「グルメセレクション」や、ゴルフ場の予約を手数料なしで代行してくれる、「ゴルフデスク」を利用することもできます。

健康や介護の相談が無料でできる「24時間健康・介護相談サービス」を利用することもできます。

ラグジュアリーなサービスだけでなく、健康や旅行でのトラブルからも守ってくれる心強いカードです。

さらに今なら、web入会で初年度年会費無料&最大1,1000円のお得なキャッシュバックキャンペーンを行っています!mufgカード_プレステージ

海外旅行を楽しみたい・ポイントを貯めやすいゴールドカードが欲しい・初めてのゴールドカードを悩んでいる!という方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

>>>詳しくはコチラ<<<

MUFGカード ゴールドプレステージ
公式サイトはこちら

MUFGカード ゴールドプレステージの口コミ

(20代/男性/会社員)

まだ(恐らく)普通のゴールドを作れる身分では無いので、作っておいて良かったと思っています。
せっかく年会費を払っているので、サービスを有効活用したいと思います。
海外旅行全力で楽しみます!

(50代/男性/会社員)

こんな方にはお奨めでしょうか?

・高い年会費払ってまで上質なサービスは不要だけど、ゴールドは欲しい人
・カード1枚分の与信枠で複数ブランドを持てる事(包括支払可能見込額が低めの人)
・一般ゴールドの申し込み資格が無い人でも持てる可能性がある事

現在、働く人の10人に4人が非正規雇用の時代です。
非正規雇用の人であっても、包括支払可能見込額が低くても、2枚持ちできるのですから。
非正規雇用の人にとっては、最高の「見栄カード」になるかもしれませんね。


au PAY ゴールドカード

au PAY ゴールドカード

おすすめポイント

  • au利用料金のお支払いで11%還元
  • au PAY残高チャージ&コード払いで2.5% 還元
  • 空港ラウンジサービス付帯
年会費還元率申し込み条件
11000円(税込)1.0%~11.0%20歳以上

au PAYゴールドカードau利用料金を支払うと、最大11%が還元されます。

また、auでんきやauひかりなどの支払いでも還元率がアップします。

さらに、スマホ決済アプリ「au PAY」にチャージ&決済することで2.5%が還元されます。

携帯電話のプロバイダや公共料金をauに統一してる方には必須のゴールドカードです。

au PAYゴールドカードの口コミ

(40代/女性/会社員)

家族でau、固定電話もでんきもauです。
以前、au WALLET クレジットカードのシルバーのカードを持っていましたが、今年ゴールドカードにランクアップしました。
年会費10,000円払ってもポイントやクーポンでおつりがくるので、もっと早く替えておけばよかった。
普段使いのカードとして、重宝しています。

(40代/男性/会社員)

・支払いはほぼカードにしていてるのでこのカードに切り替えてから結構ポイントが貯まりました。
・年間の利用金額にも拠りますが一般カードよりゴールドのほうがお得かも知れないですね。
ちなみに今年度に関しては年会費をはるかに上回るポイントゲット出来ました。
・ただゴールドカードのデザインはいただけない…個人的にはステータスにはこだわりは無いので一般カードのデザインもチョイス出来る様にして欲しい。
・マスターカードなので使えるお店が多いのも助かります。

 ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

おすすめポイント

  • 入会で2000マイル、継続で2000マイルが貰える
  • ANAグループでの利用でポイント2倍
  • ポイントが無期限で貯まる
年会費還元率申し込み条件
34100円(税込)1.0%~2.0%20歳以上

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードマイルが非常に貯まりやすいゴールドカードです。

まず、新規入会で2000マイル、利用継続で2000マイルが貰えます。

また通常還元率が1.0%高還元にも関わらず、ANAグループでの利用で還元率が2倍になります。

その他、フライトマイルやボーナスマイルなどマイルがザクザク貯まります。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの口コミ

(30代/男性/会社員)

月1回以上ANA便を利用される方には、満足感があると思います。年会費は高いですけど、その分は付帯サービスを活用すれば、問題なしです。

(40代/男性/会社員)

アメックスの優遇サービスを受けることができるのが嬉しい。ANAのマイルも貯めることができるので海外旅行に行く私は非常に助かっております。入会した際にマイルの贈呈があったのも結構嬉しかったです。飛行機に乗る機会がある方にお勧めしたいクレジットカードです。

ライフカードゴールド

ライフカードゴールド

おすすめポイント

  • 最高1億円の国内外旅行保険が自動付帯
  • GOLD会員専用サービス
  • 最高レベルのポイントサービス
年会費還元率申し込み条件
11000円(税込)0.5%23歳以上

ライフカードゴールド最高1億円の国内が旅行保険が自動付帯しているゴールドカードです。

自動付帯ですので、こちらのカードを持っているだけで保険が適用されます。

そのため、海外旅行や海外出張によく行く方には非常におすすめです。

また、弁護士相談サービスやロードサービスなどユニークで嬉しいサービスも複数付帯しています。

ライフカードゴールドの口コミ

(40代/男性/会社員)

枠はしっかり取ってくれる。保険付帯も良い。サブカードとしては優秀ですかね。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

おすすめポイント

  • 日本で最初のクレジットカード
  • 「食」に関する豊富なサービス
  • 旅行やエンターテインメントサービスも充実
年会費還元率申し込み条件
24200円(税込)0.4%~1.0%27歳以上

ダイナースクラブカードは、カード名が「食事を楽しむ人のためのクラブ」の通り、グルメに関する優待が充実している高ステータスなクレジットカードです。

例えば、提携店舗の料理料金が無料になるサービスや会員限定メニューを注文できるサービスなどがあります。

見た目はシルバーでプラチナカードに見えますが、れっきとしたゴールドカードです。

ダイナースクラブカードの口コミ

(30代/男性/会社員)

初年度年会費無料ということで申し込み。
以前コーポレートカードとして持っていた時にラウンジでの使いやすさや海外旅行保険に強いなと思っていました。

(30代/男性/会社員)

以前までは年会費無料のカードしか使っていませんでしたが、年2~3回は海外旅行に行くことがあるので、プライオリティパスが使えるダイナースを申し込みました。
結果としては、旅行関連の特典も豊富で暫く使えそうですが、スマホ決済に対応していないので普段使いはしていません。このあたりに対応してくれれば、満足できるカードです。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

おすすめポイント

  • 年会費無料で持てるゴールドカード
  • 有効期限なしの永久ポイント
  • 年間のご利用額に応じて最大1万円分プレゼント
年会費還元率申し込み条件
5000円(税込)※0.5%~1.5%20歳以上

※招待&年間50万円以上の利用で無料

エポスゴールドカード条件次第で年会費無料で持てるゴールドカードです。

年会費無料になる条件は、以下の通りです。

  • カード会社の招待から作る
  • エポスゴールド・プラチナ会員の招待から作る
  • 年間50万円以上の利用→翌年以降年会費無料

初めから年会費無料で持ちたいという方は、「エポスカード」で利用実績を積み、カード会社からの招待を待つことが確実です。

また、年間100万円以上の利用で10000ポイントがプレゼントされるなど、魅力的なサービスが多く用意されています。

エポスゴールドカードの口コミ

(40代/男性/会社員)

昨年の8月末に新規でカードを申し込んで、2/13に専用アプリの方に招待状が届いていました、過去の書き込み等を見て様々なタイミングで招待状が届いたという話しを拝見していましたが、私の場合、たまたま家のエアコン2台交換等、高額な買い物が数件あり、半年で100万利用したのですが、きっちり半年で招待状が届きました、大方は一年後くらいというのが多かったので、今年の8月くらいに届けばいいなくらいに思っていたのですが。

(30代/男性/会社員)

年会費無料で持てるゴールドカードで、年間100万円程度の利用に調整すればポイント還元も1.5%ほどになるので、満足度高いです。
ゴールドカードのメリットが稀で、でもいざとなったら助かる程度の自分にとって、他のゴールドカードはありえないです。

【年代別】おすすめゴールドカード8選

年代別_おすすめゴールドカード

ゴールドカードは、カードによって年会費やサービス、ステータス性などがかなり変わります。そのため、年齢や収入など、申し込み者の属性情報により、おすすめできるゴールドカードは変わってきます。

そこで、ここでは各年代におすすめのゴールドカードを紹介していきます。

どのゴールドカードを作ればいいか分からないという方は、ぜひ参考にしてみてください!

20代におすすめのゴールドカード

ゴールドカードの中には、20代向けの「ヤングゴールドカード」というカードがあります。

ヤングゴールドカードは年会費が安く、サービスも充実しているので、20代の方に非常におすすめです。

以下で、20代におすすめのヤングゴールドカードを2枚紹介していきます。


JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGE

おすすめポイント

  • 20代限定のゴールドカード
  • 空港ラウンジサービスが付帯
  • 入会後3か月間はポイントが3倍
年会費還元率申し込み条件
3300円(税込)※0.75%20歳~29歳

※初年度無料

JCB GOLD EXTAGEは、国際ブランドであるJCBが発行する20代限定のゴールドカードです。

年会費は3300円(税込)と安く、サービスや付帯保険も非常に充実しています。

また利用実績を積み上げると、よりハイステータスなJCBゴールドやJCBゴールドプレミアなどにランクアップができるので、20代の方には非常におすすめです。


三井住友カードプライムゴールド

三井住友カードプライムゴールド

おすすめポイント

  • 20代専用のゴールドカード
  • 年会費以上の充実したサービス
  • 空港ラウンジサービスが付帯
年会費還元率申し込み条件
5500円(税込)※0.5%~2.5%20歳~29歳

※初年度無料

三井住友カードプライムゴールドも上記で紹介したカード同様、20代専用のゴールドカードです。

年会費は5500円(税込)と三井住友カードゴールドの半額ですが、同等のサービスや保険内容となっています。

また、毎月のお買い物金額5万円ごとにボーナスポイントが貰えるなど、ポイントも貯まりやすくなっています。

30代におすすめのゴールドカード

30代になると、収入も安定してきて、そこそこの年会費を払ってでも充実したサービスを受けたいという方が多くなります。

そこで、充実したサービスが魅力のおすすめゴールドカードを紹介していきます。


三井住友カードゴールド(NL)

三井住友カードゴールド(NL)

おすすめポイント

  • 年間100万円以上の利用で年会費永年無料
  • 毎年年間100万円の利用で10000ポイント還元
  • コンビニ3社とマックで最大5%還元
年会費還元率申し込み条件
5500円(税込)※0.5%~5.0%20歳以上

※初年度無料(~9/30)&条件クリアで無料

三井住友カードゴールド(NL)はお買い物好きな方におすすめのゴールドカードです。

このカードの最大の特徴は、年間100万円以上の利用で翌年以降の年会費が永年無料になる点です。

月々9万円以上の出費で年会費が無料になるので、何かと出費が多くなりがちな30代の方にはおすすめです。


dカードGOLD

dカード GOLD

おすすめポイント

  • docomo携帯料金の支払いで10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円
  • 国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用可能
年会費還元率申し込み条件
11000円(税込)1.0%~10.0%20歳以上

dカードGOLDドコモ料金の支払いで10%還元になるので、ドコモユーザーに特におすすめです。

ただ、ドコモユーザーでなくとも、空港ラウンジサービスや最高1億円の海外旅行保険など豪華サービスが付帯しているので、便利に使えます。

d払いとの併用でポイントも貯まりやすくなっているので、お買い物をよくする方にもおすすめの1枚です。


ライフカードゴールド

ライフカードゴールド

おすすめポイント

  • 最高1億円の国内外旅行保険が自動付帯
  • GOLD会員専用サービス
  • 最高レベルのポイントサービス
年会費還元率申し込み条件
11000円(税込)0.5%23歳以上

ライフカードゴールド最高1億円の国内外旅行保険が自動付帯しているので、海外に行く機会が多い方に特におすすめです。

旅行保険の他に、ショッピング保険やシートベルト保険が付帯しているので、1枚あれば安心して日常生活を送ることができます。

ポイントプログラムも多く用意されており、誕生月や初年度はポイントがアップします。

40代におすすめのゴールドカード

40代になると、ステータス性も気になってくると思います。

一般的に、ゴールドカードは一般カードよりもステータスは高い傾向にあります。ただ、ゴールドカードの中でも高ステータスのものとそうでないものがあるので、ここでは40代向けの高ステータスのゴールドカードを紹介します。


JCBゴールド

JCBゴールド

おすすめポイント

  • ラウンジ・キーで世界中のラウンジが利用可能
  • 最高1億円の海外旅行保険
  • 最短当日発行・翌日お届け
年会費還元率申し込み条件
11000円(税込)※0.5%20歳以上

※初年度無料

JCBゴールドは、国際ブランドJCBのプロパーカードですので、ステータス性は抜群です。

また、利用実績を積むことで、JCBゴールドプレミア、JCBプラチナ、JCBザ・クラスへとランクアップが可能です。

機能面においても、提携店舗での還元率アップや旅行保険など非常に優れているゴールドカードです。


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

おすすめポイント

  • 抜群のステータス性
  • プラチナ級の充実したサービス内容
  • 最高1億円の海外旅行保険
年会費還元率申し込み条件
31900円(税込)1.0%20歳以上

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードステータスが非常に高いゴールドカードです。

日本で初めて作られたゴールドカードであり、ステータスカードと言えばこのカードを上げる方も多いのではないでしょうか。

年会費は少々高めですが、空港ラウンジサービスや各種保険、会員専用デスクなど豪華特典が用意されています。


 ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

おすすめポイント

  • 入会で2000マイル、継続で2000マイルが貰える
  • ANAグループでの利用でポイント2倍
  • ポイントが無期限で貯まる
年会費還元率申し込み条件
34100円(税込)1.0%~2.0%20歳以上

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは航空会社ANAとアメリカン・エキスプレスの提携カードです。

ステータス性もさることながら、航空マイルが非常に貯まりやすくなっています。

入会で2000マイル、継続で2000マイルなどマイルがとにかく貯まるので、飛行機の利用が多い方には特におすすめです。

ゴールドカードの基礎知識(FAQ形式)

ゴールドカードの基本

ゴールドカード(クレジットカード)の基礎知識を質問形式(FAQ)で答えていきます。

ゴールドカードとは?

ゴールドカードとは、一般カードよりも一つ上のランクのクレジットカードのことで、付帯サービスや保険が充実しています。

基本的には色がゴールドなので「ゴールドカード」と呼ばれています。

それに対して一般カードは「シルバーカード」と呼ばれることもあります。


ゴールドカードの年会費はどれくらい?

基本的には1万円前後と考えるのが無難でしょう。

しかし、20代専用のゴールドカードや年会費が安いゴールドカードも増えてきています。

また、初年度無料や年会費の割引サービスを設けているゴールドカードもあります。

そのため、ゴールドカードは年収の高い人しか持てないカードではなく、一般の人でも持てるカードだということが分かります。


ゴールドカードの審査基準は?

ゴールドカードの審査基準は公表されていません。

ただし、年収や年齢、過去のカード利用履歴などが審査基準となり審査が行われます。

基本的には一般カードよりも審査は厳しい傾向にありますが、年会費が安いゴールドカードや20代向けのゴールドカードなど、比較的持ちやすいゴールドカードもあります。

一方、アメックスゴールドなどステータスの高いカードは、審査が厳しくなっています。


20代でもゴールドカードは持てる?

20代でもゴールドカードは持てます。

最近では20代向けのゴールドカードが発行され、20代でもゴールドカードは持てるようになってきています。

しかし、学生はゴールドカードを作れない場合が多いので注意しましょう。


ゴールドカードよりランクが高いカードはあるの?

クレジットカードのランクは以下画像のように4種類に分けられます。

クレジットカードのランク

つまり、ゴールドカードよりランクが高いランクはプラチナとブラックになります。

ランクが上がることで、ステータス性が高くなり、サービスや保険もさらに豊富になります。

しかし、年会費が高額になり審査が厳しくなるので「プラチナカード」や「ブラックカード」は限られた人しか持てないカードとなっています。

ゴールドカードの上手な選び方

ゴールドカードの選び方

充分に利用実績があり、審査も通る見込みがあるなら、ゴールドカードを申し込みましょう。

どのゴールドカードを作るか迷うかもしれませんが、以下の3つは確認しておきましょう。

  1. 年会費
  2. 付帯サービス
  3. デザイン

年会費

ゴールドカードの年会費は、2,000円や3万円などと幅があります。

年会費を見極める際には、

  • 限度額の増加
  • 付帯しているサービス
  • 社会的信用

など、自分にとってゴールドカードがどの程度の価値があるのか考えてみましょう。

まだ20代前半で、年収も少ないのであれば、一般のカードでも十分かもしれません。

また、年間の利用料に応じて、年会費が無料になるカードもあります。

付帯しているサービス

空港ラウンジの利用やホテル・レストランの割引などのサービスはチェックしておきましょう。

色々サービスがあっても実際に利用しなければ意味がありません。

自分が利用するものがあるのかを確認しておくことが大切です。

とくに以下の保険については、補償額の上限や適用条件などはしっかりと確認しておくようにしましょう。

  • 旅行傷害保険
  • 盗難保険
  • ショッピング保険

また旅行傷害保険については、国内と海外両方で適用されるのか、「自動付帯」なのか「利用付帯」なのかについても確認するようにしてください。

万が一の際に役不足では、持っていてもさほど意味がありません。

INFO

自動付帯

そのカードを持っていることで保険が適用されること。

利用付帯

持っているだけで適用されることはなく、旅行代金や旅行中の公共交通機関の代金を、クレジットカード払いとすることで適用されること。

デザイン

ステータスが高いカードを持っていても、デザインが一般のカードと変わらないと、見せるためのカードとしては成立しません。

支払いのときに、「部下や後輩は、上司や先輩の手元を見ている」というデータもあるので、ひと目でゴールドカードと分かるデザインも大切です。

ステータスを重視したい人は、デザインにも注目してみましょう。

ゴールドカードのメリット

ゴールドカードのメリット

年会費無料で利用できる一般のクレジットカードもあるなかで、年会費のかかるゴールドカードを持つことのメリットとは一体なんなのでしょうか。

主なメリットは以下の通りです。

利用限度額が高くなる

一般的なカードでは、30万円~100万円が限度額の場合が多いですが、ゴールドカードなら200万円程度まで増やせます。

もちろん利用頻度にもよりますが、もっと限度額を増やしたいと思っている人にはゴールドカードがおすすめです。

社会的な信用になる

カードがステータスになる、という考え方は古いといわれることもありますが、今でもカードのランクを気にしている人がいるのも事実です。

そのため、会計時にゴールドカードを使うことで、信用性が高まる可能性があります。

手厚い付帯保険

保険が付帯している年会費無料のクレジットカードも多くありますが、補償額がかなり低めに設定されています。

例えば、楽天カードには最高2000万円の海外旅行傷害保険が付帯しています。

それに比べてゴールドカードは、補償額がかなり高額で、最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯しているものもあります。

また、ショッピング保険も高額なものが多く、年間300万円まで補償してくれるものもあります。

空港ラウンジが利用できる

空港ラウンジとは、フライト前の時間に利用できる会員専用の待合室のことです。

空港ラウンジは、無料で新聞や雑誌が読めたり、ソフトドリンクが飲み放題であったりと、快適に過ごせるサービスが充実しています。

空港ラウンジサービスは一般カードにはないサービスですので、こちらもゴールドカードならではのメリットとなります。

家族カードも特典を受けられる

ゴールドカードも通常のクレジットカードと同様に、家族カードが発行できます。

家族カードとは

本会員の家族に対して発行されるクレジットカードのこと。

また中には、無料で家族カードを発行しているケースもありますので、気になるカードあれば確認してみるといいでしょう。

ゴールドカードの家族カードでは、契約者本人が所有しているカードと同じ特典を受けることができます。

また、通常なら発行の難しい学生や主婦の方であっても、ゴールドカードを持てるという点もメリットとなるでしょう。

その他にもさまざまなサービスが付帯

その他にも、ポイント還元率のアップや高級ホテルへの宿泊料金の割引などがサービスされます。

サービスの内容は、各カード会社によって異なります。

なかには、レストランやゴルフ場の優待などもあるので、自分に合ったサービスのあるゴールドカードを選択しましょう。

ゴールドカードのデメリット

ゴールドカードのデメリット

ゴールドカードには、限度額やサービスが充実するなどのメリットがある一方で、デメリットも存在します。

主なデメリットは、以下の通りです。

年会費がかかる

ゴールドカード最大のデメリットは、やはり年会費がかかるということです。

カードの決済機能だけを求めるのであれば、年会費無料カードでも事足ります。

年会費のもとを取るだけサービスを利用できればいいのですが、サービスを利用していくのは意外に難しいものです。

自分にはどんなサービスが必要なのかを考えておくことで、最適なゴールドカードが選べるでしょう。

カードを使いすぎる可能性がある

限度額が上がることで、カードを使いすぎてしまう可能性があります。

しっかり管理できるのであれば問題ありませんが、過去に支払いで困ったことがある人は注意しましょう。

もし使い過ぎが怖い場合は、自分で限度額を設定できるゴールドカードもあるので、そちらがおすすめです。

審査が厳しい

限度額が大きく、付帯しているサービスも豊富なので、一般のカードよりも審査は厳しくなります。

初めてで、いきなりゴールドカードを申し込んでも、審査は通らない可能性が高いです。

審査が不安な方は、一般カードで実績を積み上げ、ランクアップを狙ってみましょう。

ゴールドカードを作って上手に活用しよう

クレジットカードは無料で充分と思っている人も多いかもしれませんが、年会費がかかるゴールドカードでも、活用法を知り、自分に合ったカードを選択すれば節約にも繋がります。

また、空港ラウンジや海外旅行傷害保険など、快適で安全な旅行のサポートにもなるでしょう。

その他にも、利用限度額も増え、社会的な信用も付きます。

そして、将来的に年収が上がった際には、「プラチナカード」や「ブラックカード」を手に入れることにも繋がっていきます。

ぜひ、今回の記事を参考にして、ゴールドカードの作成に役立ててください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)