会社の資金繰りがやばい時や厳しい・苦しい時にやるべきこと・やってはいけないこと

「会社の資金繰りがやばい時にやるべきことは何?」
「会社の資金繰りがやばい時にやってはいけないことは?」

このように考えていませんか?

会社にとって資金繰りは重要です。

資金繰りが良くない時にも、対策を打って会社を存続させたいですよね。

そこで、この記事では会社の資金繰りがやばい時にやるべきことややってはいけないことについて解説していきたいと思います。

「会社の資金繰りがやばい」ざっくり言うと
  • 会社の資金繰りがやばい時にやるべきことは理由を突き止めることなど
  • 会社の資金繰りがやばい時にやるべきではないのは融通手形で資金調達をすることなど
  • 会社の資金繰りがやばくなる理由は入ってくるお金が少なくなることなど
  • 会社の資金繰りがやばい時に使える資金調達手段はファクタリングなど

ぜひ最後まで読んでいただきたのですが、資金繰りに困っているときは低リスク・即日で資金調達ができるファクタリングが非常におすすめです。

ファクタリングは、会社のキャッシュフローを大幅に改善し、貸し倒れリスクを回避することができるため、近年利用されることの増えてきた資金調達方法です。

ファクタリングで調達できる金額を複数のファクタリング業者に連絡や訪問をしたり、調達額を試算する手間がハードルとなり、諦めてしまうケースも見られます

このファクタリング30秒診断を使えば、たった6項目を選択するだけで調達額の目安がわかり、必要に応じて申し込みをすることも可能です。

ファクタリングを検討する場合は、まず初めに30秒診断を利用することが大切です。

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

会社の資金繰りがやばい時にやるべき8つのこと

会社_資金繰り_やばい_やるべき
会社の資金繰りがやばい時にやるべきこととしては、主に以下の8つがあります。

それぞれの資金繰りがやばい時にやるべきことについて詳しく見ていきましょう。

やるべきこと①:資金繰りが悪化した理由を突き止める

会社_資金繰り_やばい_資金繰り
会社の資金繰りがやばい時にまずやるべきなのは資金繰りが悪化した理由を突き止めることです。

資金繰りが悪化した理由がわからなければ対策が立てづらいですし、何より再発を防止することができません。

今後に活かすためにも、資金繰りが悪化した理由は必ず突き止め、資金繰りの悪化を乗り切れたら再発防止策も打つようにしましょう。

やるべきこと②:無駄な経費を削減する

会社_資金繰り_やばい_経費
会社の資金繰りがやばい時にやるべきこととしては、無駄な経費を削減することが挙げられます。

会社の資金繰りを改善するためには、基本的にはコストを減らすか利益を増やすかするしかありません。

すぐに利益を増やすのは大変ですから、まずは確実にコストカットを行うべきです。

この機会に会社が使っている経費を見直し、無駄な経費は削減するようにしましょう。

やるべきこと③:人件費を削減する

会社_資金繰り_やばい_人件費
会社の資金繰りがやばい時にやるべきこととしては、人件費を削減することも挙げられます。

これまで一緒に働いてきた従業員を解雇するのは辛い決断ですが、会社が潰れてしまっては、全従業員が雇用を失ってしまいます。

人件費の削減は慎重に行うべきですが、会社の資金繰りがやばくなった時には有効な手立てです。

やるべきこと④:事業を縮小する

会社_資金繰り_やばい_事業
会社の資金繰りがやばい時にやるべきこととしては、事業を縮小することも挙げられます。

特に採算が取れていなくて、赤字が続いている事業の場合には、縮小してコストを下げるべきでしょう。

会社の資金繰りがやばい時には、安定して成果を出せている事業に注力すべきです。

そのような事業がない場合には、単純に事業の規模を縮小することでコストを抑えることができます。

やるべきこと⑤:なるべく早く売掛金を回収する

会社_資金繰り_やばい_売掛金
会社の資金繰りがやばい時にやるべきこととしては、売掛金をなるべく早く回収することも挙げられます。

売掛金を早く回収できれば現金を手に入れることができるため、会社の資金繰りを改善することができます。

売掛金の早期回収を行うと取引先に資金繰りのやばさがバレてしまう可能性が高い点については抑えておきましょう。

やるべきこと⑥:買掛金の支払いを待ってもらう

会社_資金繰り_やばい_支払い
会社の資金繰りがやばい時にやるべきこととしては、買掛金の支払いを待ってもらうことも挙げられます。

資金繰りがやばい時には、お金の入りはできるだけ早くする一方、お金が出ていくのはできるだけ遅らせるべきです。

こちらも取引先に資金繰りのやばさがバレてしまう懸念はありますが、実際に資金繰りがやばい以上、仕方ないでしょう。

やるべきこと⑦:資金調達する

会社_資金繰り_やばい_資金調達
会社の資金繰りがやばい時にやるべきこととしては、資金調達をすることも挙げられます。

資金調達をすれば会社のお金に余裕を持たせることができます。

資金繰りがやばくなってから資金調達先を見つけるのは大変なので、常日頃からもしもの時の資金調達先を用意しておくべきでしょう。

やるべきこと⑧:法的再建を検討する

会社_資金繰り_やばい_法的債権
これまで説明したような方法を使って自主的に資金繰りを再建できれば問題ありません。

しかし、自力での再建が不可能となった場合には、法的再建を検討することになります。

法的再建とは、裁判所が関与して会社の債務整理を行い、経営の再建を目指す手続きです。

法的再建には以下のような種類があります。

法的再建の種類
  • 民事再生
    裁判所の監督のもと、今の経営者のもとで再生計画を作り、関係者の利害を調整しながら事業の再建を目指す手続き
  • 会社更生
    裁判所の監督のもと、現経営陣は退任して新たな体制のもとで会社の事業の再建を目指す

民事最背や会社更生を使えば、9割以上の債務をカットできたり、債務の返済期間を長期の分割払いにできたりします。

会社の資金繰りがやばい時にしてはいけない3つのこと

会社_資金繰り_やばい_してはいけない
会社の資金繰りがやばい時にしてはいけないこととしては、主に以下の3つがあります。

それぞれのやってはいけないことについて詳しく見ていきましょう。

やってはいけないこと①:融通手形で資金調達をする

会社_資金繰り_やばい_融通手形
会社の資金繰りがやばい時にやってはいけないこととしてまず挙げられるのは、融通手形で資金調達をすることです。

融通手形とは、現実の商取引がないのに振り出される約束手形のことです。

取引先などに頼んで融通手形を振り出してもらい、その融通手形を金融機関で現金化してもらうことにより、資金調達を行います。

融通手形は手軽に資金調達のような効果を得られる仕組みではありますが、決済の日までにお金を用意できなければ取引先に迷惑がかかります。

連鎖倒産につながる可能性もあるので、資金繰りがやばい時にはやってはいけません。

やってはいけないこと②:消費者金融や商工ローンから借り入れをする

会社_資金繰り_やばい_消費者金融
会社の資金繰りがやばい時にやってはいけないこととしては、消費者金融や商工ローンから借り入れをすることも挙げられます。

理由は簡単で、消費者金融や商工ローンのような金利が高い融資を受けてしまうと、「そんなに資金繰りがやばいのか」と思われて、銀行などからの融資を受けるのが難しくなってしまいます。

これは結果的に自分の首を締めることになるので、できるだけ消費者金融や商工ローンからは借りないようにしましょう。

やってはいけないこと③:税金を滞納する

会社_資金繰り_やばい_税金
会社の資金繰りがやばい時にやってはいけないこととしては、税金を滞納することも挙げられます。

税金は資金繰りがやばくなってくると滞納しがちになるかもしれませんが、これではやがて資産を差し押さえられてしまいます。

差し押さえのタイミングは選べるわけではないので、取引先などへの大事な支払いがある時に口座が差し押さえられてしまう可能性もあります。

税金は優先して支払っておくようにしましょう。

会社の資金繰りがやばくなる5つの理由

会社_資金繰り_やばい_理由
会社の資金繰りがやばくばる理由としては、主に以下の5つがあります。

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

理由①:入ってくるお金が少ないから

会社_資金繰り_やばい_入ってくる
会社の資金繰りがやばくなる理由としてまず挙げられるのは、入ってくるお金が少ないことが挙げられます。

これにはさまざまな原因がありますが、要は収益が上がっていないということです。

過度な安売りをしていたり、少量しか販売できていなかったりする場合には、コストのほうが高くなって資金繰りがやばくなってしまう可能性があります。

また、未回収の売掛金がある場合にも入ってくるお金は少なくなってしまうでしょう。

理由②:お金が入るまでの時間が長いから

会社_資金繰り_やばい_入るまで
会社の資金繰りがやばくなる理由としては、お金が入るまでの時間が長いことも挙げられます。

お金が入ってくるまでの時間が長い場合、お金がない状態が長く続いてしまうため、資金繰りが悪化する可能性があります。

たとえば、売掛金の支払期日が遠くに設定されている場合には、お金が入るまでの時間が長いと言えます。

また、手形で取引している場合にも、お金が入るまでの時間は長くなりがちでしょう。

理由③:出ていくお金が多いから

会社_資金繰り_やばい_出ていく
会社の資金繰りがやばくなる理由としては、出ていくお金が多いことも挙げられます。

単純な話ですが、入ってくるお金よりも出ていくお金が多い場合、赤字ですからやがて資金繰りはやばくなってしまいます。

たとえば、社員の生産性が低かったり、無駄なコストや無駄な資産を持っている場合には、出ていくお金が多くなりがちです。

上でも説明しましたが、会社の資金繰りがやばくなった時には、まずは出ていくお金を減らすべきでしょう。

理由④:お金が出ていくまでの時間が短いから

会社_資金繰り_やばい_時間
会社の資金繰りがやばくなる理由としては、お金が出ていくまでの時間が短いことも挙げられます。

お金が出ていくまでの時間は長いほど、資金繰りが悪化しにくいです。

たとえば、買掛金の支払期日が短い場合には、これを長くすると資金繰りが良くなるでしょう。

また、借入金の返済期日も可能であれば長くしたいところです。

理由⑤:資金繰りをきちんと管理できてないから

会社_資金繰り_やばい_管理
会社の資金繰りがやばくなる理由としては、資金繰りをきちんと管理できていないことも挙げられます。

資金繰りを管理できていないと、気づかないうちに資金繰りがやばくなってしまう可能性があります。

資金繰りの悪化に早めに気づければより有効な手立てを打てるため、資金繰りはきちんと管理しておくべきでしょう。

具体的には、資金繰り表や月次決算書などを作成すると資金繰りを管理しやすくなるでしょう。

会社の資金繰りがやばい時の11個の資金調達法

会社_資金繰り_やばい_資金調達法
会社の資金繰りがやばい時に使える資金調達法としては、主に以下の11個があります。

それぞれの資金調達法について詳しく見ていきましょう。

資金調達法①:ファクタリング

会社_資金繰り_やばい_ファクタリング
会社の資金繰りがやばい時に使える資金調達法としてまず挙げられるのはファクタリングです。

ファクタリングとは、売掛債権を支払期日が来る前に買い取ってもらえるサービスのことです。

他の資金調達手段と比べて手数料は高めですが、最短即日で資金調達ができます。

さらに、ファクタリングでは売掛債権を出した取引先の信用力が重要で、あなたの会社の信用力はあまり関係ないため、資金繰りがやばい時にも活用しやすくなっています。

資金調達法②:ビジネスローン

会社_資金繰り_やばい_ビズネスローン
会社の資金繰りがやばい時に使える資金調達法としては、ビジネスローンも挙げられます。

ローンの中では審査が甘めで保証人も求められないのがうれしいポイントです。

金利は高く、あくまで借金ですが、資金繰りの改善に役立つでしょう。

資金調達法③:公的融資

会社_資金繰り_やばい_公的融資
会社の資金繰りがやばい時に使える資金調達法としては、公的融資も挙げられます。

公的融資とは、国や地方公共団体から借金をする方法のことです。

公的融資は手間と時間がかかり、急な資金調達には向きませんが、金利が安いのがメリットと言えます。

資金繰りがやばくても、時間に余裕がある場合には検討すると良いでしょう。

資金調達法④:助成金

会社_資金繰り_やばい_助成金
会社の資金繰りがやばい時に使える資金調達法としては、助成金も挙げられます。

助成金は給付されるものであるため、返済する必要がない点が優れています。

ただ、あなたの会社が受けられる助成金があるかはわからず、また手間や時間がかかる点はデメリットと言えます。

資金調達法⑤:銀行融資

会社_資金繰り_やばい_銀行融資
会社の資金繰りがやばい時に使える資金調達法としては、銀行融資も挙げられます。

銀行からの融資は審査が厳しく、審査に時間がかかるため、すぐにお金がほしい時んいは適していません。

しかし、金利が安く多くのお金を借りれるため、多くの会社が利用しています。

資金調達法⑥:手形割引

会社_資金繰り_やばい_手形割引
会社の資金繰りがやばい時に使える資金調達法としては、手形割引も挙げられます。

手形割引とは、企業間のやり取りで使われる手形を早めに引き取ってもらう方法のことです。

早めに引き取ってもらう分、受け取れる額は減りますが、早く現金を用意できるので急な資金不足にも対応できます。

手形を持っている場合には活用してみると良いでしょう。

ただ、手形が不渡りになった場合にはあなたに支払い義務が移転し、損になってしまうので注意しましょう。

資金調達法⑦:投資家からの投資

会社_資金繰り_やばい_投資家
会社の資金繰りがやばい時に使える資金調達法としては、投資家からの投資を受ける方法も挙げられます。

投資してくれる投資家を見つけるのは大変ですが、担保不要でお金を借りれるのは大きなメリットと言えます。

また、投資家はこれまで事業で成功してきた人が多く、投資家から貴重なアドバイスをもらえる場合があります。

資金調達法⑧:VCからの出資

会社_資金繰り_やばい_VC
会社の資金繰りがやばい時に使える資金調達法としては、ベンチャーキャピタル(VC)からの出資も挙げられます。

特に将来性があるベンチャー企業の場合にはVCからの支援を受けやすいでしょう。

VCからの出資は借金ではなく、事業で得られた利益を分配すれば問題ないため、資金繰りが厳しい場合にも利用しやすいです。

ただ、出資割合によっては経営権を握られてしまう場合もあるので注意しておきましょう。

資金調達法⑨:クラウドファンディング

会社_資金繰り_やばい_クラウド
会社の資金繰りがやばい時には、クラウドファンディングでお金を集める方法もあります。

クラウドファンディングとは、ネット上などで不特定多数の人に事業への投資を呼びかける方法です。

クラウドファンディングで得た資金は返済する必要はなく、商品などで返礼すれば良いのが魅力的です。

事業の魅力をうまくアピールできないと資金が集まりませんが、事業の宣伝にも使える優れた資金調達手段と言えます。

資金調達法⑩:資産の売却

会社_資金繰り_やばい_売却
会社の資金繰りがやばい時に使える資金調達法としては、資産を売却することも挙げられます。

自社が持っている不動産や証券などの資産を売却して現金化することで、資金を得られます。

換金に時間がかかることもありますが、確実に資金を得られるのは大きなメリットと言えるでしょう。

資金調達法⑪:株式発行

会社_資金繰り_やばい_株式発行
会社の資金繰りがやばい時に使える資金調達法としては、株式を発行することも挙げられます。

株式を発行する時にはやるべきことがたくさんあるので手間がかかり、すぐにお金を用意したい場合には向きません。

また、株式を発行すると既存の株式の価値が落ちやすいので、株主からの反発がある場合もあります。

しかし、借金にはならないため資金を用意しやすいというメリットはあります。

会社の資金繰りがやばい時に頼れるファクタリング会社3選

会社_資金繰り_やばい_会社
会社の資金繰りがやばい時に頼れるファクタリング会社としては、主に以下の3つが挙げられます。

会社の資金繰りがやばい時に頼れるファクタリング会社3選

それぞれのファクタリング会社について詳しく見ていきましょう。

ビートレーディング

ファクタリング_審査_ビート

ビートレーディングは最大買取額に制限がないところが魅力的なファクタリング会社です。

ビートレーディングは累計買取債務額が409億円であり、ファクタリング会社の中でも大規模な会社になっています。

これまで多くのファクタリングを行ってきたため、信頼して依頼することができます。

さらに、最短12時間で入金できるため、すぐにお金が必要な場合に最適です。

アクセルファクター

ファクタリング_審査_アクセル

アクセルファクターは手数料の安さが魅力的なファクタリング会社です。

手数料は2%~と業界でもかなり低いレベルになっています。

また、アクセルファクターはスピードも優れていて、半分以上の場合に即日での入金を行っている実績があります。

トップマネジメント

ファクタリング_メリット_トップ

トップマネジメントは特に2社間ファクタリングが得意なファクタリング会社です。

2社間ファクタリングはファクタリング会社と、ファクタリングを利用したい会社のみで取引を行い、売掛先にファクタリングの事実を知られない方法です。

トップマネジメントは2社間ファクタリングでの手数料が最高でも12.5%となっており、低い手数料で2社間ファクタリングを実現できます。

会社の資金繰りをやばくしないための8つの予防策

会社_資金繰り_やばい_予防策
会社の資金繰りをそもそもやばくしないための予防策としては、主に以下の8つが挙げられます。

それぞれの予防策について詳しく見ていきましょう。

予防策①:資金管理では長期的な利益を優先する

会社_資金繰り_やばい_長期的
会社の資金繰りをやばくしないための予防策としてまず挙げられるのは、資金管理では長期的な利益を優先することです。

実際に資金繰りがやばくなった時には今の状況を乗り越えるのが最優先です。

しかし、資金繰りがやばい時には長期的な目線で考えて、ずっと安定した資金繰りをできるようにしましょう。

予防策②:無理な設備投資はしない

会社_資金繰り_やばい_無理
会社の資金繰りをやばくしないための予防策としては、無理な設備投資はしないことも挙げられます。

会社の売上が順調に伸びていても、今後も順調に伸び続ける確証はありません。

適度な設備投資は必要ですが、過剰な設備投資にはならないようにしましょう。

具体的には、見栄のために家賃が高いオフィスを借りたりするのはおすすめできません。

設備投資をする時には費用対効果を考えて、適切な投資をするようにしましょう。

予防策③:広告費は増やしすぎない

会社_資金繰り_やばい_広告費
会社の資金繰りをやばくしないための予防策としては、広告費を増やしすぎないことも挙げられます。

まず大切なのは、広告を打つ時には必ず費用対効果を検証することです。

極端な話、広告を打っても誰も会社の商品を買わないのであれば無駄な広告になってしまいます。

効果が出ていないなら広告費は減らすべきでしょう。

予防策④:損益を頻繁に確認する

会社_資金繰り_やばい_損益
会社の資金繰りをやばくしないための予防策としては、損益を頻繁に確認することも挙げられます。

資金繰りがやばくなる予兆を正確に捕らえられれば、より先手に回って対策をすることができます。

特に決算書については必ず確認するようにしましょう。

予防策⑤:銀行との関係を良好に保つ

会社_資金繰り_やばい_銀行融資
会社の資金繰りをやばくしないための予防策としては、銀行との関係を良好に保つことも挙げられます。

会社として資金繰りを良好に保つためには、銀行との良好な関係が欠かせません。

資金調達をする時には、銀行が一番の助けになるからです。

普段から銀行から融資を受けるなどして、双方に利益がある関係を目指すと良いでしょう。

予防策⑥:在庫を抱えすぎない

会社_資金繰り_やばい_在庫
会社の資金繰りをやばくしないための予防策としては、在庫を抱えすぎないことも挙げられます。

在庫を用意するにもお金がかかりますし、保管にもお金はかかります。

そして、在庫は売れなければ何の利益も生み出せません。

会社の資金繰りを悪化させないために、在庫は適切な量を用意するようにしましょう。

予防策⑦:売上が伸びている時に資金を投下しすぎない

会社_資金繰り_やばい_資金投下
会社の資金繰りをやばくしないための予防策としては、売上が伸びている時に資金を投下しすぎないことも挙げられます。

売上が伸びている時にはさらに売上を伸ばそうと資金を投下しがちです。

しかし、これは無駄な資金投下が許されるというわけではありません。

資金投下は費用対効果を考えた上で行うべきでしょう。

予防策⑧:会社のお金と社長個人のお金は区別する

会社_資金繰り_やばい_伸びている
会社の資金繰りをやばくしないための予防策としては、会社のお金と社長個人のお金を区別することも挙げられます。

オーナー社長として経営をしていると、会社のお金と社長が個人として持っているお金の区別があいまいになりがちです。

正確に会社の資金繰りを把握するためにも、法人と個人のお金は明確に区別するようにしましょう。

会社の資金繰りがやばい時のまとめ

会社_資金繰り_やばい_まとめ
会社の資金繰りがやばい時にやるべきこととしては以下のようなものがあります。

会社の資金繰りがやばい時にしてはいけないこととしては、以下のようなことがあります。

会社の資金繰りがやばくなる理由としては、以下のようなものがあります。

会社の資金繰りがやばい時の資金調達法としては主に以下のものが挙げられます。

会社の資金繰りがやばい時に頼れるファクタリング会社としては、主に以下の3社が挙げられます。

会社の資金繰りがやばい時に頼れるファクタリング会社3選

会社の資金繰りをやばくしないための予防策としては、以下のようなものがあります。