今後1000倍になる仮想通貨10選!伸びる銘柄選びの注意点も解説!【2022最新】

1000倍になる仮想通貨銘柄のアイキャッチ画像
  • 今後1000倍に値上がる可能性がある仮想通貨銘柄は、どれ?
  • これから伸びる銘柄の選び方や注意点も広く知りたい……

仮想通貨の中には、過去に1円以下から1000倍以上に高騰した銘柄が存在します。

そのため、価格が安いくこれから伸びそうな銘柄を買うことで、今後に大きな利益が期待できます。

しかし、仮想通貨銘柄は約1万種類も存在するため、適当に選んで購入しても価格が高騰する可能性は低いでしょう。

そこで本記事では、将来1000倍に伸びる可能性がある仮想通貨銘柄の選び方や注意点、おすすめの取引所などを徹底解説していきます。

この記事をざっくり言うと……
  • 将来1000倍になる可能性が高い仮想通貨銘柄は10銘柄あり、サンド(SAND)パレットトークン(PLT)などがある
  • 銘柄の選び方として「目的や用途の将来性」「企業との出資・提携」などに注目する
  • 売買方法として「複数銘柄を買ってチャンスを増やす」「目標倍率に達したら売る」などがある
  • 注意点として「国内取引所で購入しづらい」「詐欺目的の仮想通貨も紛れている」などがある
  • 1000倍に伸びるかもしれない仮想通貨銘柄が買える取引所は3社
  • 中でも『Coincheck』なら、ビットコイン1,500円相当をもらいながら口座開設できるのでオススメ
コインチェックバナー

最短5分で口座開設してBTCを無料で貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

目次

【2022年】将来1000倍になる可能性が高いおすすめ仮想通貨銘柄10選

2022年将来1000倍になるおすすめ仮想通貨銘柄10選の画像

仮想通貨は本当に価格が高騰するのかと疑問に思う方もいるでしょう。

過去には本当に1000倍になった仮想通貨銘柄があるのです。

ここでは2022年11月現在、今後1000倍になる可能性が高いおすすめの仮想通貨銘柄10選をご紹介します。

仮想通貨銘柄:サンド(SAND)

サンド(SAND)公式サイトのトップ画像
出典:サンド(SAND)公式サイト
通貨名(通貨単位)サンド(SAND)
時価総額ランキング44位
価格¥121.14
発行上限30億SAND
購入できる取引所Coincheck
公式サイト公式HP
コミュニティ
Twitter
サンド(SAND)のデータ

将来1000倍になる可能性が高いおすすめ仮想通貨銘柄の1つ目は「サンド(SAND)」です。

2022年5月にコインチェックで国内初上場した、メタバース関連の仮想通貨になります。

サンド(SAND)はNFTゲーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」のネイティブトークンで、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンを基に開発されています。

ネイティブトークンとは、ブロックチェーンで使える独自トークンのこと。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)のユーザーは、メタバース上でLAND(土地)の購入やレンタルをし、キャラクターの作成、アイテムの販売などができるゲームです。

ピーク時の月間アクティブユーザー数は100万人ダウンロード数は4,000万回を超えている人気NFTゲームとして成長しています。

2021年の秋にはメタバース人気の影響でメタバース銘柄が一気に高騰し、サンド(SAND)も2021年11月には前月比の10倍にまで価格が上昇しました。

サンド(SAND)の2021年11月の高騰画像
サンド(SAND)の2021年11月の高騰

また2020年3月にはスクウェア・エニックスが約2.2億円を出資したり、エイベックス・テクノロジーズがゲーム内でテーマパークをオープンしたりなど、企業との提携も進んでいます。

今後のメタバースやNFTに期待するなら、投資したい仮想通貨銘柄です。

仮想通貨銘柄:シータ(THETA)

シータ(THETA)の公式サイトのトップ画像
出典:シータ(THETA)公式サイト
通貨名(通貨単位)シータ(THETA)
時価総額ランキング47位
価格¥154.16
発行上限10億THETA
購入できる取引所Binance
gate.io
OKEx
公式サイト公式HP
コミュニティ
Twitter
シータ(THETA)のデータ

将来1000倍になる可能性が高いおすすめ仮想通貨銘柄の2つ目は「シータ(THETA)」です。

シータ(THETA)は、分散型の動画配信サービス「Theta Network」のガバナンストークンです。

ガバナンストークンとは、運営や開発方針を決定する投票に参加できる仮想通貨のこと。

Sony、Google、Samsungなどの大手IT企業のノードを使用し、ビデオ配信を容易に行えることを目標に開発されています。

ノードとは、仮想通貨のネットワーク上につながれたパソコンやスマホなどの端末機器のこと。

アドバイザーとしてYouTubeの共同経営者であるSteve Chen氏を迎えており、既存の動画配信サービスよりも低コストで管理者のいないサービスを実現しています。

次期YouTubeとも言える仮想通貨なので、動画配信サービスに興味があるなら、ぜひ購入しておきましょう。

仮想通貨銘柄:ビットトレント(BTT)

ビットトレント(BTT)の公式サイトのトップ画像
出典:ビットトレント(BTT)の公式サイト
通貨名(通貨単位)ビットトレント(BTT)
時価総額ランキング59位
価格¥0.0001129
発行上限990兆BTT
購入できる取引所Bybit
公式サイト公式HP
コミュニティ
Twitter
ビットトレント(BTT)のデータ

将来1000倍になる可能性が高いおすすめ仮想通貨銘柄の3つ目は「ビットトレント(BTT)」です。

ビットトレント(BTT)は、ユーザー20億人超えで、世界最大のファイル共有ソフト「BitTorrent」で利用される仮想通貨です。

「世界最大の分散ネットワーク」を掲げ、膨大なデータを安全にかつ高速にストリーミングやダウンロードできることを目指しています。

2019年には仮想通貨TRONの発行元である「TRON Foundation」が買収しており、TRONと共同で開発をしています。

そのため、TRONの価格に連動する可能性が高いです。

膨大なデータを安全にストリーミングしたりダウンロードしたりできる点から、WEB3.0狙いで参入する企業での利用が期待されています。

WEB3.0とは、ブロックチェーン技術により構築された「次世代の分散型インターネット」のこと

仮想通貨銘柄:ヘリウム(HNT)

ヘリウム(HNT)の公式サイトのトップ画像
出典:ヘリウム(HNT)公式サイト
通貨名(通貨単位)ヘリウム(HNT)
時価総額ランキング65位
価格¥668.99
発行上限2.23億HNT
購入できる取引所BINANCE
FTX
Gate.io
公式サイト公式HP
コミュニティ
Twitter
ヘリウム(HNT)のデータ

将来1000倍になる可能性が高いおすすめ仮想通貨銘柄の4つ目は「ヘリウム(HNT)」です。

ヘリウム(HNT)は、ブロックチェーン技術を使って作られた「The People’s Network」で利用される仮想通貨です。

「The People’s Network」とは、IoTデバイスのデータを安全に、かつ低コストな方法で送受信する為に開発された世界初のワイヤレスネットワークのこと。

従来のIoTでは、モノとインターネットをつないで便利に使える一方、ハッキングによる乗っ取りやプライバシーを侵害されるという問題点がありました。

しかしヘリウム(HNT)を使えば、従来のネットワークよりも強固なセキュリティを構築できるため、安全に利用できるようになれます。

ブロックチェーン技術とIoTの融合による未来の発展を期待するなら、ヘリウム(HNT)を今のうちに購入しておきましょう。

仮想通貨銘柄:ネクソ(NEXO)

ネクソ(NEXO)公式サイトのトップ画像
出典:ネクソ(NEXO)公式サイト
通貨名(通貨単位)ネクソ(NEXO)
時価総額ランキング71位
価格¥127.68
発行上限10億NEXO
購入できる取引所BINANCE
Huobi Global
UPEX
公式サイト公式HP
コミュニティ
Twitter
ネクソ(NEXO)のデータ

将来1000倍になる可能性が高いおすすめ仮想通貨銘柄の5つ目は「ネクソ(NEXO)」です。

ネクソ(NEXO)は、仮想通貨のレンディングプラットフォーム「NEXO」で利用される仮想通貨です。

レンディングとは、保有している仮想通貨を使いたい人に貸し出して、利息を得ること。

NEXOでは、使っていない仮想通貨をレンディングすることによって、最大20%の利息を受け取れます。

さらにネクソ(NEXO)を保有することによって、利息を最大50%まで引き上げることも可能です。

NEXOは200以上の国と地域で500万人以上のユーザーを抱え、過去4年以上で処理額800億ドルを超える巨大市場です。

最近では、2022年7月5日にネクソ(NEXO)のCEOが「仮想通貨Vauldのプラットフォーム買収に乗り出している」と、発表しています。

米暗号資産(仮想通貨)レンディング企業Nexoは5日、財務リストラの危機に瀕している仮想通貨プラットフォームのVauld 買収に向けたタームシートを提示したことを発表した。

出典:COINPOST

買収が成功すれば、レンディングサービスとしての地位を拡大させて、価格上昇することが見込まれます。

仮想通貨銘柄:フラックス(FLUX)

フラックス(FLUX)公式サイトのトップ画像
出典:フラックス(FLUX)公式サイト
通貨名(通貨単位)フラックス(FLUX)
時価総額ランキング126位
価格¥117.42
発行上限4.4億FLUX
購入できる取引所BINANCE
Gate.io
KuCoin
公式サイト公式HP
コミュニティ
Twitter
フラックス(FLUX)のデータ

将来1000倍になる可能性が高いおすすめ仮想通貨銘柄の6つ目は「フラックス(FLUX)」です。

フラックス(FLUX)は、Web3.0で利用されることを想定して作られた、分散型クラウドインフラストラクチャのガバナンストークンです。

Web3.0アプリがネットワーク上のパソコンやサーバーを簡単に利用できるインフラサービスを提供する目的で、開発されています。

AmazonのAWSのようにインフラ系のサービスは幅広く活用されることが多いので、WEB3.0のインフラ系で投資したいなら、買っておきましょう。

AWSとは「Amazon Web Services」の略で、Amazonが提供するサーバーやデータベースなど200以上のクラウドサービスが利用できるサービスのこと。

仮想通貨銘柄:シアコイン(SC)

シアコイン(SC)公式サイトのトップ画像
出典:シアコイン(SC)公式サイト
通貨名(通貨単位)シアコイン(SC)
時価総額ランキング140位
価格¥0.5099
発行上限約52億SC
購入できる取引所BINANCE
Bybit
Kraken
公式サイト公式HP
コミュニティ
Twitter
シアコイン(SC)のデータ

将来1000倍になる可能性が高いおすすめ仮想通貨銘柄の7つ目は「シアコイン(SC)」です。

シアコイン(SC)は、PCの空き容量を貸し出す分散型ストレージサービスの「Sia」で利用される仮想通貨です。

例えばPCの空き容量を誰かに貸し出すことによって、報酬としてシアコイン(SC)がもらえます。

対して「Googleドライブ」や「Dropbox」だと、使用者がサービス料を支払う必要がありました。

ですがSiaなら、上記のサービス料を10分の1に削減できるとしています。

Googleドライブなら最安「100GB:月額250円」、Dropboxなら最安「2TB:月額1,200円」から提供している。

貸し出す容量はブロックチェーンで暗号化しているので、安全性は高いです。

Siaは貸し出す相手を企業に絞っているので、未来のストレージサービスに興味があるなら、今のうちに購入しておきましょう。

仮想通貨銘柄:ベータファイナンス(BETA)

ベータファイナンス(BETA)の公式サイトのトップ画像
出典:ベータファイナンス(BETA)公式サイト
通貨名(通貨単位)ベータファイナンス(BETA)
時価総額ランキング330位
価格¥14.30
発行上限10億BETA
購入できる取引所BINANCE
Biconomy
Exchange
公式サイト公式HP
コミュニティ
Twitter
ベータファイナンス(BETA)のデータ

将来1000倍になる可能性が高いおすすめ仮想通貨銘柄の8つ目は「ベータファイナンス(BETA)」です。

ベータファイナンス(BETA)は、仮想通貨の金融マーケットである「Beta Finance」が発行している仮想通貨です。

Beta Financeでは、仮想通貨を貸し借りしたり、空売りしたりできます。

空売りとは、仮想通貨を取引所などから借りて売り、その後、買い戻して返却する取引方法のこと。

特に仮想通貨を空売りできる点は、他のプラットフォームには無いサービスです。

他の仮想通貨よりも「空売りできる」という点で優位性があるので、興味があるなら買っておきましょう。

仮想通貨銘柄:ビーム(BEAM)

ビーム(BEAM)の公式サイトのトップ画像
出典:ビーム(BEAM)公式サイト
通貨名(通貨単位)ビーム(BEAM)
時価総額ランキング572位
価格¥25.68
発行上限約2.63億BETA
購入できる取引所BINANCE
Gate.io
MEXC
公式サイト公式HP
コミュニティ
Twitter
ビーム(BEAM)のデータ

将来1000倍になる可能性が高いおすすめ仮想通貨銘柄の9つ目は「ベータファイナンス(BETA)」です。

ビーム(BEAM)は、「LelantusMW」と「Mimblewimble」と呼ばれる2つのブロックチェーンプロトコルを組み合わせて開発された、DeFi系の仮想通貨です。

DeFiとは「Decentralized Finance(分散型金融)」の略で、管理者がいない金融システムのこと。

仮想通貨の匿名性を高くできる「Mimblewimble」を使った世界初の仮想通貨なので、個人情報を含む重要な取引での利用が期待されています。

近年では、AppleやGoogleなどが「個人情報の収集を制限する」と発表しています。

米アップルは7日、スマートフォン「iPhone」などの次期OS(基本ソフト)に、各種のアプリが収集する個人情報の種類や頻度をユーザーが監視できる機能を導入すると発表した。アプリに提供する個人情報をユーザーが自ら制限できるようにして、ネット広告業界における行き過ぎた個人情報の活用に歯止めをかける。

出典:日本経済新聞

スマートフォンのアプリの利用情報を外部企業が把握して、広告配信に使うことを制限する動きが広がってきた。米グーグルが関連企業と協力して代替技術を開発し、導入を目指す方針を示した。プライバシー意識の高まりに対応する狙いだが、広告業界や規制当局の支持を得ることが導入の前提となる。

出典:日本経済新聞

企業が個人情報を保護する動きを加速させているので、今後、匿名性に特化したビーム(BEAM)の活用が進めば、価格上昇が期待できます。

仮想通貨銘柄:パレットトークン(PLT)

パレットトークン(PLT)公式サイトのトップ画像
出典:パレットトークン(PLT)公式サイト
通貨名(通貨単位)パレットトークン(PLT)
時価総額ランキング5373位
価格¥13.09
発行上限10億PLT
購入できる取引所Coincheck
OKCoinJapan
公式サイト公式HP
Twitter
パレットトークン(PLT)のデータ

将来1000倍になる可能性が高いおすすめ仮想通貨銘柄の10つ目は「パレットトークン(PLT)」です。

パレットトークン(PLT)は、NFTプラットフォーム「Palette」で利用されている日本発の仮想通貨です。

開発元のHashpalette社は、日本が誇る文化である漫画やアニメ、ゲームなどをNFT化して流通・管理する目的で、Paletteをリリースしています。

また、2021年7月に国内初のIEOを実施した仮想通貨として、注目を浴びました。

IEOとは「Initial Exchange Offeringの略で、取引所が責任を持って先行販売すること。

ICOよりも安全性が高い先行販売方法として、注目されている。

コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:蓮尾 聡、以下当社)は、2021年7月1日にIEOプラットフォームである「Coincheck IEO」の提供を開始いたします。加えて、Coincheck IEOの第一弾として、かねて準備を進めてきました株式会社Hashpalette(本社:東京都港区、代表取締役:吉田 世博、松原 裕樹)の発行するPalette Token(PLT)の購入申込みを2021年7月1日より実施いたします。なお、IEO(Initial Exchange Offering)による資金調達は、国内初の試みです。

引用:PRTIMES

日本の漫画やアニメなどは世界的に人気があるので、今後開発が進むことによって利用者が増え、価格上昇する可能性があります

これから伸びる仮想通貨銘柄の選び方5つ|より儲けたいなら必見!

これから伸びる仮想通貨銘柄の選び方5つの画像

これから伸びる仮想通貨銘柄の選び方は、全部で5つあります。

簡単に1000倍になるかもしれない仮想通貨を選びたいなら、これらの特徴に合うものを探してみましょう。

公式サイトで情報が公開されている

仮想通貨の公式サイトでは、下記のような情報が公開されています。

仮想通貨の公式サイトで公開されている情報
  • 開発者や開発メンバーの詳細
  • 目的や用途
  • 開発の予定や進捗(ロードマップの公開)
  • 最新ニュース など

仮想通貨は企業や国がバックアップしているものもあれば、話題にならずに消えていくものまで様々です。

ですが、仮想通貨の公式サイトを見れば、これから伸びる仮想通貨なのかどうかをある程度予想できます。

理由は仮想通貨の情報が公開されていなければ機能や将来性などで共感が得られないため、ユーザーが増えず、いつまでも価格が上昇しないからです。

ユーザーは、自分で使いたいと思えるような銘柄を購入します。

その判断は公式サイトを中心に判断するため、公式サイトで情報がどれだけ公開されているのかが重要なのです。

そのため、これから買うか考えている銘柄があったら、一度公式サイトを確認しておきましょう。

仮想通貨の公式サイトにアクセスするなら、「CoinMarketCap」で銘柄検索すれば見つけやすいです。

目的や用途に将来性がある

仮想通貨の公式サイトには、目的や用途が記載されています。

もし目的や用途に将来性があれば、今後価格が伸びる可能性が高いです。

というのも、仮想通貨のほとんどは日々開発されているため、技術的に優れたものであれば、他の銘柄よりも優位性があるという認識から購入者が増えるからです。

購入者が増えれば価格上昇が期待できるので、銘柄の目的や用途に将来性があるかチェックしておきましょう。

将来性があるかどうかの判断は、「メタバース」や「WEB3.0」などのトレンドに沿っているかで判断します。

技術的に優れた機能を持っている

2022年10月現在、値付けされている仮想通貨だけでも約1万種類もあります。

その中で注目されるには、他の銘柄よりも優れた技術に裏打ちされた機能を持っていることが重要です。

なぜなら、他と似たような機能を持つ銘柄と差別化されないからです。

差別化されていなければ他銘柄とシェアを分散するため、時価総額ランキングは上がらず注目もされにくいと言えます。

時価総額とは「現在価格×供給枚数」で計算されるもので、仮想通貨の規模を表す指標のこと。

銘柄を検討する際には、他と比べて技術的に優れた機能を持っているかチェックしておきましょう。

そのため、1つの銘柄のみではなく他のものに目を通したり、公式サイトでチェックすることが好ましいです。

他の銘柄と比較することで、欲しい銘柄のメリットや、検討をしていなかった銘柄に魅力を感じるかもしれません。

ロードマップが順調

ロードマップ通りに開発が進んでいる銘柄なら、将来性が高いと言えます。

ロードマップとは、プロジェクトの目標達成のために記した行程表や進行計画案のこと。

ロードマップを見れば、

「XX月YY日までにAを実行」

「VV月WW日にBをリリース」

という形で、いつまでに何をするかが分かります。

ロードマップ通りに開発が完了すれば、大型アップデートやバーションアップなどが実装されるので、それに合わせて価格上昇も期待できるのです。

逆にロードマップ通りでない銘柄は、何かしらの問題を抱えている可能性があります。

よって銘柄を選ぶ際には、公式サイトなどでロードマップの進行状況を確認しておきましょう。

企業との提携や出資がある

企業との提携や出資があれば、それだけ期待が高い銘柄と言えます。

というのも、企業と提携すれば共同研究によって開発が進みますし、また資金提供があればプロジェクト管理がスムーズになる場合が多いからです。

例えばイーサリアム(ETH)は「EEA」と呼ばれる企業連合から出資を受けることで、2017年に時価総額ランキング2位まで浮上した経緯があります。

EEAとは「Enterprise Ethereum Alliance(イーサリアム企業連合)」の略で、イーサリアム(ETH)のビジネス活用を目指してプロジェクトを後押しする企業団体のこと。

EEAの参加企業
  • JPモルガン
  • Microsoft
  • intel
  • NTT Data
  • KDDI
  • トヨタ
  • MUFGグループ

企業からの提携や出資がある銘柄なら、それだけ期待されている銘柄と言えるので、注目して損はありません。

また、大手企業との連携・出資がある場合はより期待が出来るでしょう。

利益を最大化するための仮想通貨銘柄売買の方法とポイント

仮想通貨銘柄の売買方法5つの画像

ここからは、仮想通貨銘柄の売買方法を5つご紹介します。

こちらの5つのポイントを抑えることで仮想通貨銘柄が1000倍になるチャンスが広がります。

高値は避けて安値で買う

仮想通貨を買う場合は、高値は避けてできるだけ安値で買うようにます。

高値で買ってしまうと、上昇しても大きな利益が見込めないからです。

また高値だと、下落する確率が高いです。

高値で買った後に下落すると、含み損の増加でロスカットされる可能性があるので、気をつけましょう。

ロスカットとは、一定水準の含み損が発生したときに強制的に損を確定する形で決済すること。
ただし、レバレッジをかけない「現物取引」なら発生しない。

高値かどうかの確認はチャート期間を1年以上にし、価格が高値更新中かどうかをチェックします。

イーサリアム(ETH)の直近2年間の価格推移の画像
イーサリアム(ETH)の直近2年間の価格推移

例えば、上記はイーサリアム(ETH)の直近2年のチャートですが、赤枠で囲んだ部分は高値更新中です。

高値更新した後は下落しやすいので、高値更新中は買わないようにすることで利益を得やすくなります。

価格が低く知名度も低いアルトコイン草コインから将来性のあるものを探すのも良いでしょう。

複数銘柄を買ってチャンスを増やす

銘柄を購入する際は、1銘柄よりも複数銘柄を買うようにしましょう。

なぜなら複数銘柄に投資することでどれか1つだけでも高騰すれば莫大な利益が手に入るからです。

あまりにも銘柄数が多いとチェックが大変になるので、銘柄数の上限は「5銘柄」に厳選しておきましょう。

未来は誰にも分かりませんが、利益を出すための工夫なら誰でもできます。

よって利益を出す確率を上げるために、複数銘柄を購入した方が合理的と言えます。

買う時は少額にする

銘柄を買う時は大金をはたいて一気に買うのではなく、少額から始めましょう。

なぜなら、買った銘柄が必ずしも上昇するとは限らないからです。

また他に有望な銘柄が登場したときに、いつでもそれを購入できるよう資金を残しておく方がいいからです。

購入金額は、「100-年齢の法則」で決めるといいでしょう。

「100年齢の法則」とは、100から自分の年齢を差し引いた数字割合だけ投資するという考え方のこと。

例えば、あなたが20代なら「10020=80」となり、資金の80%まで投資できます。

ただしこの数値は投資できる最大額なので、理想としては更に5で割った16%に収めた方がいいでしょう。

仮想通貨投資はリスクが高いので、大金をつぎ込まず、少しだけ買うのがベストと言えます。

リスクを考えたうえで投資するようにしましょう。

定期的にチャートをチェックする

仮想通貨を買った後は、定期的にチャートをチェックしましょう。

理由は、仮想通貨の価格は一気に高騰する傾向があるからです。

シバイヌ(SHIB)の高騰の画像
柴犬コイン(SHIB)の高騰

上図は2021年10月初旬から高騰した柴犬コイン(SHIB)ですが、月末には約150倍まで一気に高騰しています。

柴犬コイン(SHIB)とは、柴犬をモチーフに作られたミームコイン(冗談で作られた仮想通貨)のこと。

売り時を逃さないためにも、購入銘柄が高騰していないか定期的にチャートをチェックしましょう。

目標倍率に達したら売る

仮想通貨は高騰した後に、一気に下落することが多いです。

そのため、目標倍率に達したら売るようにしましょう。

目標倍率の目安
  • 10倍
  • 100倍
  • 1,000倍
  • 1,000倍以上

過去に1度も高騰していない銘柄は、キッカケさえあれば価格が10倍以上になることが多いです。

うまく行けば、100倍、1,000倍以上も夢ではありません。

ですが、価格が大きくなればなるほど一気に急落する確率も高くなります。

なぜなら下落が始まれば、大多数のユーザーが利益確定や損切りで売るからです。

そのため、購入前にいくらになったら売るかを検討しておき、その価格や倍率になったら売るようにしましょう。

過去に1000倍になったことのある仮想通貨銘柄

実際に価格が高騰し1000倍になったことがある仮想通貨の銘柄を紹介したいと思います。

過去に1000倍になったことがある仮想通貨銘柄
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • カルダノ(ADA)

ビットコインやイーサリアム、カルダノは過去に1000倍、それ以上に価格が高騰したことがあります。

イーサリアムはなんと運営当初は1ETH=100円程でしたが、50万円台になり約5,000倍にもなっています。

カルダノは1ADA=0.2円でしたが、300円台になり1,500倍まで高騰した経験があります。

さらに、1000倍まではいきませんでしたがソラナ(SOL)はなんと1年間で100倍になった過去があります。

このように、過去に価格が何倍にもなっている銘柄は本当に存在するのです。

また、1度価格が高騰した仮想通貨銘柄に将来性はあるのかと疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

結論から申し上げますと、再び1000倍になる可能性があると断言するのは難しいですが、価格が再び上昇する望みはあると言えるでしょう。

定期的になチャートのチェックを怠らないことが大切です。

仮想通貨銘柄を取引する上での注意点は5つ

仮想通貨銘柄を取引する上での注意点5つの画像

ここからは、仮想通貨銘柄を取引する上で気をつけたい注意点を5つご紹介します。

これから紹介する注意点をしっかりと意識することで、1000倍になる仮想通貨を見つける可能性が上がります。

ビットコイン(BTC)の影響を受けやすい

ほとんどの仮想通貨は、ビットコイン(BTC)の影響を受けます。

なぜなら、ビットコイン(BTC)は「仮想通貨=ビットコイン(BTC)」というイメージが強いため、他の銘柄も影響を受けるからです。

実際、時価総額ランキングで長年上位をキープしている

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • バイナンスコイン(BNB)
  • リップル(XRP)

で直近30日の価格推移を比較してみました。

ビットコイン(BTC)と他の銘柄の価格推移画像
ビットコイン(BTC)と他の銘柄の価格推移

上図からビットコイン(BTC)が下落した局面では、リンクするように他の銘柄も下落しています。

よって、仮想通貨を取引するなら、ビットコイン(BTC)の価格に気を配る必要があります。

ただし銘柄によっては、必ずしもビットコイン(BTC)の影響を受けるわけではないので、注意しましょう。

流動性の低さから好きなタイミングで売買できない

仮想通貨銘柄によっては、流動性の低さから好きなタイミングで売買できない場合があります。

流動性とは、売買のしやすさのこと。

というのも、銘柄の知名度が低いと売買するユーザーも少ないからです。

特に時価総額ランキングが低い銘柄は、流動性も低い傾向があります。

そのため高騰や急落している最中は、希望通りの価格で売買できないことがあります。

そんな時は、指値注文ではなく成行注文なら比較的素早く決済できるので、覚えておきましょう。

指値注文とは、売買する価格を指定する注文方法のこと。

成行注文とは、売買する価格を指定しない注文方法のこと。

国内取引所で購入しづらい

メジャーでない仮想通貨は、国内の取引所では購入しづらいことがあります。

理由は、暗号資産取引業協会(JVCEA)が認めた安全性の高い銘柄でないと、国内取引所では上場できないからです。

日本暗号資産取引業協会(JVCEA)とは、暗号資産(仮想通貨)利用者の利益保護を目的として、暗号資産業界の自主規制ルールの整備を行う一般社団法人のこと。

国内取引所が新規銘柄を上場するには、下記のプロセスを経る必要があります。

国内取引所が暗号資産取引業協会(JVCEA)で行う新規銘柄の上場プロセス
  1. 取引所自身が新規銘柄の審査を実施する
  2. 審査報告書などをまとめて、暗号資産取引業協会(JVCEA)へ提出する
  3. 暗号資産取引業協会(JVCEA)が自主規制規則に則って、②の内容に問題がないかチェックする

もし国内取引所で扱っていないマイナー銘柄を購入したい場合は、海外の取引所で口座開設して購入する必要があります。

詐欺目的の仮想通貨も紛れている

仮想通貨の中には詐欺目的の銘柄が紛れていることもあるので、注意が必要です。

詐欺はICOで発生することが多く、これで支払った資金は自己責任扱いとなります。

ICOとは「Initial Coin offering(新規通貨公開)」の略で、プロジェクトに賛同する人から資金提供を受けて仮想通貨を発行すること。

国民生活センターから発表された「PIO-NETに登録された相談件数の推移」によると、2019年から2021年までの3年間は増加傾向にあります。

年度相談件数
2019年2,801
2020年3,347
2021年6,350
2022年927(前年同期1,248)
出典:国民生活センター「PIO-NETに登録された相談件数の推移(2022年6月30日時点)」

詐欺に遭わないためにも、下記のことをチェックするよう心掛けましょう。

詐欺に遭わないためにチェックすること
  • 取引所に上場しているか
  • 公式サイトで開発者や開発方針が公開されているか
  • 公式サイトの情報が更新されているか など

これらのことをチェックすることで詐欺目的の銘柄だと分かる可能性が高いです。

高騰や暴落は一瞬なのでチェックは怠らない

仮想通貨の銘柄によっては高騰や暴落が一瞬な時があるので、チェックを怠らないようにしましょう。

高騰や暴落は、銘柄への過熱投資や取引所への新規上場、著名人の発言などで起こります。

例えばチタン(TITAN)は、2021年6月16日に史上最高値を付けた後、そこからわずか1日で約40億分の1にまで急落しました。

チタン(TITAN)とは、仮想通貨IRONの価値を担保するために発行された仮想通貨のこと。

チタン(TITAN)の暴落画像
チタン(TITAN)の暴落

チタン(TITAN)は下記のように荒稼ぎする方法が確立していたため、高騰していました。

チタン(TITAN)の荒稼ぎ方法
  1. チタン(TITAN)を購入
  2. 0.75USDC+0.25TITANで、1IRONと交換
  3. IRONとUSDCを預けて、利息としてチタン(TITAN)を受け取る
  4. ②→③を繰り返して、チタン(TITAN)を受け取り続ける

USDCとは「USD Coin」の略で、米ドルのステーブルコイン(価格安定通貨)のこと。

しかし1IRONが1ドル以下になると、上記の方法では利益が出せなくなるため、1TITAN=約64ドルを付けた時点で暴落しています。

このように、仮想通貨は一瞬で高騰や急落をする時があるので、定期的にチェックしておきましょう。

1000倍に伸びるかもしれない仮想通貨銘柄が買える取引所ランキングトップ3

1000倍に伸びる仮想通貨銘柄が買える取引所3選の画像

ここからは、1000倍に伸びるかもしれない仮想通貨銘柄が買える取引所を3つご紹介します。

1000倍に伸びるかもしれない仮想通貨銘柄が買える取引所3選

第1位:Coincheck | 取引手数料無料で仮想通貨銘柄が扱える

Coincheckのおすすめポイント
  • 「取引手数料」無料で、500円からサンド(SAND)パレットトークン(PLT)などが購入できる
  • 仮想通貨の取扱数は17種類
  • DL数476万回を突破したスマホアプリが高機能で使いやすい

1000倍に伸びるかもしれない仮想通貨銘柄が買える取引所の第1位は『Coincheck』です。

Coincheckなら、サンド(SAND)やパレットトークン(PLT)を含めた17種類もの銘柄を「取引手数料」無料で、500円から購入できます。

また、470万DLを達成したスマホアプリも使いやすいです。

Coincheck_アプリの画像

スマホアプリのチャートは見やすく取引しやすいため、初心者でも迷わずかんたんに操作できます。

コインチェックバナー

最短5分で口座開設してBTCを無料で貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

Coincheckの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
  • サンド(SAND)
取引手数料 無料
入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770円~1,018円
クイック入金 770円~1,018円
出金手数料 407円
借入手数料 0.05%/円
スワップ手数料 ロングポジション 約定金額(円)×0.04%
ショートポジション 取引約定数量×0.05%
Coincheck(コインチェック)では、取引手数料と入金手数料が無料です。 出金手数料に関しては一律で「400円」が取られますので、利益がまとまってから一度に出金をした方がおトクですね。
通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 0.15 XRP
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001 BCH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.01 ETC
ネム(NEM/XEM) 0.5 XEM
サンド(SAND) 21.0 SAND
リスク(LSK)  0.1 LSK
モナコイン(MONA) 0.001 MONA
ステラルーメン(XLM) 0.01 XLM
クアンタム(QTUM) 0.01 QTUM
ベーシックアテンショントークン(BAT) 63.0 BAT
アイオーエスティー(IOST) 1.0 IOST
エンジンコイン(ENJ) 30.0 ENJ
オーエムジー(OMG) 11.0 OMG
パレットトークン(PLT) 139.0 PLT
  • コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • アカウントログイン時の2段階認証
  • SSL暗号化通信
他の国内取引所と比較しても、Coincheck(コインチェック)は抜群の使いやすさを誇っています。 スマホアプリの使いやすさに定評があり、スマホアプリのダウンロード数は470万を既に突破済。 ウィジェット機能を用いれば、スマホのロックを解除せずとも暗号資産の価格変動をチェックすることが可能です。
取引所形式 販売所形式 レバレッジ取引
ビットコイン ×
イーサリアム × ×
リップル × ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ × ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
リスク × ×
サンド × ×
モナコイン ×
ステラルーメン × ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン × ×
アイオーエスティー × ×
エンジンコイン × ×
オーエムジー × ×
パレットトークン × ×
Coincheckの取引形式は基本的に「販売所形式」となっています。 「取引所」でトレードを行うことができるのはビットコインやモナコインで、大半の通貨は販売所での購入になります。 また、パレットトークンに関しては、取引所のみでしか売買できません。

第2位:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
取引手数料 無料
Lightning FX 約定数量×0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込 振込手数料のみ
クイック入金 住信SBIネット銀行なら無料、住信SBIネット銀行以外なら330円(税込み)/件
出金手数料 三井住友銀行 220円〜440円
その他銀行 550円〜770円
bitFlyer(ビットフライヤー)では、住信SBIネット銀行ならクイック入金の入金手数料が無料になっています。 また、送金手数料に関しては通貨ごとに異なり、以下の通りとなります。
暗号資産名 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0004 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 無料
イーサリアムクラシック(ETC) 0.005 ETC
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0002 BCH
リスク(LSK) 0.1 LSK
モナコイン(MONA) 無料
ベーシックアテンショントークン(BAT) 5 BAT
ステラルーメン 無料
ネム 3 XEM
テゾス 0.1 XTZ
ポルカドット 0.1 DOT
チェーンリンク 1 LINK
シンボル 2 XYM
  • SSL暗号化通信
  • SHA-2(SHA-256)の採用
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • パスワードの強度チェック
  • アカウントロック機能
  • 2段階認証
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト
  • マルチシグネチャ
  • コールドウォレット
  • 顧客資産との分別管理
  • ウイルスチェックとハッキングテスト
bitFlyerも他の取引所と同様に、とても強固なセキュリティ対策を導入しています。 まずbitFlyerは「JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)」のプラチナメンバーに属しており、プラチナメンバーの基準もしっかりと満たしています。 基本的な対策である「2段階認証」や「マルチシグ」の導入に加え「顧客資産の分別管理」等も積極的に行っています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00003号
bitFlyer(ビットフライヤー)は、暗号資産を管理するための専用ウォレットもリリースしています。 ビットコインの送金/受金はもちろんのこと、実店舗での決済まで、アプリから行うことができます! もちろん、スマホアプリからはとっても簡単にビットコインの取引を行うこともできます。 決済から取引まで、まさに超万能で便利なスマホアプリです!
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ ×
イーサリアムクラシック × ×
リスク × ×
モナコイン ×
ベーシックアテンション トークン × ×
ステラルーメン ×
ネム × ×
テゾス × ×
ポルカドット × ×
チェーンリンク × ×
シンボル × ×
bitFlyer(ビットフライヤー)は、主に現物取引(販売所)でのトレードに特化した取引所です。 ビットコインであれば、独自プラットフォーム「Lightning FX」を用いてレバレッジ取引を行うことも可能です。 販売所は「簡単に暗号資産を売買できる」という特徴がありますので、まさに初心者の方にぴったりな取引所であると言えますね!
bitFlyerのメリット
  • 顧客の資産を守るコールドウォレット
  • 簡単操作で取引できる
  • ビットコインのレバレッジ取引ができる

bitFlyer』はセキュリティレベルが非常に高く、顧客の資産をインタネットと完全に切り離されたコールドウォレットを使用しており安全に保管できます。

取引は土日祝日関係なく、いつでもどこでもスマホアプリやパソコンから簡単に行えます。

ビットコインのレバレッジ取引は2倍まで可能です。

取引所の種類ビットコイン売買手数料
ビットコイン簡単取引所約定数量 × 0.01~0.15% (単位:BTC)
Lightning現物(BTC/JPY)約定数量 × 0.01~0.15% (単位:BTC)
ビットコイン販売所無料
Lightning FX/Futures無料
bitFlyerのキャンペーン
  • bitFlyer Lightning において ETH/BTC ペアの取引手数料が無料

1円からビットコインを購入できる

>>> bitFlyerの公式サイトはコチラ <<<

第3位:DMM Bitcoin | FX口座開設数が国内No.1で安心

DMM Bitcoinのトップ画像
出典:DMM Bitcoin
DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • DMM FXやDMM 株を展開している「DMMグループ」のため安心。
  • 現物取引はもちろん、22種類もの銘柄で「レバレッジ取引」が可能
  • 取引手数料や入金・出金・送金手数料も全て無料 ※BitMatch手数料は除く
DMM Bitcoinの取引ツール画像

1000倍に伸びるかもしれない仮想通貨銘柄が買える取引所の第3位はDMM Bitcoinです。

数々の事業を展開する「DMM.comグループ」を親会社に持ち、FX口座開設数国内No.1を誇るため、安心して利用できます。

また現物取引はもちろん、22種類もの銘柄でレバレッジ取引ができます。

さらに取引手数料に加えて、「出入金手数料」や「送金手数料」まで全て無料です。※BitMatch手数料を除く

今なら、2023年2月1日(水)6時59分まで「新規口座開設完了で、全員にもれなく”即時”2,000円プレゼント!」を実施中です。

DMM Bitcoin キャンペーン

手数料無料でお得に仮想通貨取引を始める

>>> DMM Bitcoinの公式サイトはコチラ <<<

DMM Bitcoinの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM/XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XML)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
  • トロン(TRX)
  • ジパングコイン(ZPG)
  • カルダノ(ADA)
  • ポルカドット(DOT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • アバランチ(AVAX)
  • チリーズ(CHZ)
  • メイカー(MKR)
  • トロン(TRX)
取引手数料 無料※BitMatch手数料を除く
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
DMM Bitcoinは、取引手数料・出金・入金・送金手数料まで、ほとんどの手数料が無料。 ※BitMatch手数料を除く ただし、レバレッジ取引を行う際には「レバレッジ手数料」が必要になりますので、注意しましょう。
  • オフラインウォレットでの顧客資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別
  • 2段階認証と生体認証の導入
  • 不正アクセスへの監視
  • マルチシグネチャ対応
  • SSL暗号化通信
※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00010号
DMM Bitcoinは、他の取引所と同様に取引用のスマホアプリをリリースしています。 iOSとアンドロイドの両方に対応しており、ブラウザを開かずとも、簡単に暗号資産のトレードを行うことが可能です。 また、DMM Bitcoinでは、以下のような様々な注文方法を用いて、暗号資産のトレードを行うことができます。
  • ストリーミング注文
  • 指値注文・逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFD-OCO注文
販売所(現物) 取引所(現物) レバレッジ
ビットコイン ×
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン ×
ビットコインキャッシュ ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
ステラルーメン ×
モナコイン ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン ×
オーエムジー ×
テゾス × ×
エンジンコイン ×
シンボル × ×
トロン ×
カルダノ × ×
ポルカドット × ×
アイオーエスティー × ×
ジパングコイン ×
アバランチ ×
チリーズ ×
メイカー ×
トロン ×
DMM Bitcoinはレバレッジ取引に特化している取引所ですが、主要通貨である「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「ビットコインキャッシュ」「ステラルーメン」の現物取引にも対応しています。 現物取引とレバレッジ取引を並行して行うことができるので、使い勝手が非常に良いですね。

第4位:GMOコイン | 大きな利益を狙った取引ができる

GMOコインのおすすめポイント
  • 国内最多22種類の銘柄が購入できる
  • 販売所だけでなく取引所も利用できる
  • 10種類の銘柄で「レバレッジ取引」が可能

1000倍に伸びるかもしれない仮想通貨銘柄が買える取引所の第2位は『GMOコイン』です。

国内の取引所で最多クラスとなる、22種類の銘柄が購入できます。

また、東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を、親会社に持つ取引所でもあります。

「販売所」「取引所」の両方で取引できるため、自由度が高いです。

さらに10種類の銘柄で「レバレッジ取引」が可能なため、大きな利益を狙った取引もできます。

今なら、「暗号資産の購入で毎日10人に1,000円が当たる」キャンペーンを実施中です。

GMOコインキャンペーンバナー

取扱銘柄数No.1

>>> GMOコインの公式サイトはコチラ <<<

GMOコインの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)
取引手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
GMOコインでは、取引手数料から出金・入金・送金手数料まで、ほとんどが無料になっています。 DMM Bitcoinと同様に、レバレッジ取引を行う場合のみ「レバレッジ手数料」が必要となります。 レバレッジ手数料を節約したい方は、日を跨ぐ前にポジションを一旦決済するように心がけましょう!
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産の分別管理
  • 2段階認証
  • マルチシグネチャ
  • サイバー攻撃対策
  • システムの24時間365日監視
  • SSL暗号化通信
GMOグループが展開しているネット証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウが導入されているので、安全性はバッチリです。 「コールドウォレット」「マルチシグ」などの基本的なセキュリティ対策に加え、「システム24時間監視」や「専門家による定期的なシステムの脆弱性診断」などが導入されています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
GMOコインは、現物取引専用のスマホアプリをリリースしています。 このアプリを使えば、暗号資産の購入・売却はもちろんのこと、暗号資産の送付やお知らせの確認まで行うことができるので、非常に便利です。 ウィジェット機能を用いれば、スマホを開かなくてもスライド1つでリアルタイムの価格を確認することができてしまいます! 24時間の価格変動が一目瞭然ですので、当日の相場観をパッと見て把握することが可能です。
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ネム
ステラルーメン
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー ×
テゾス ×
クアンタム(QTUM) ×
エンジンコイン(ENJ) × ×
ポルカドット(DOT) × ×
コスモス(ATOM) × ×
シンボル(XYM) ×
モナコイン(MONA) ×
カルダノ(ADA) × ×
メイカー(MKR) × ×
ダイ(DAI) × ×
チェーンリンク(LINK) × ×
FCRコイン(FCR) × ×
ドージコイン(DOGE) × ×
GMOコインは、22種類の暗号資産の現物・暗号資産FXに対応しています! 取引形態を制限されずにトレード可能なのは、GMOコインの大きな魅力。 現物取引に加え、ビットコイン・アルトコイン共に2倍レバレッジ取引にも対応しています。

1000倍になる仮想通貨銘柄のQ&A

1000倍になる仮想通貨銘柄Q&Aの画像

1000倍になる仮想通貨銘柄に関する質問を5つまとめました。

1000倍になる仮想通貨銘柄に関するQ&A
  1. 仮想通貨の次のバブルはいつ?
  2. 過去に高騰した最高倍率の仮想通貨銘柄は?
  3. 価格が伸びた仮想通貨銘柄の特徴は?
  4. 詐欺を回避する方法は?
  5. オススメの取引所は?

Q.仮想通貨の次のバブルはいつ?

仮想通貨の次のバブルがいつになるかは専門家でも予想が難しいので、分かりません。

しかし、ほとんどの仮想通貨はビットコイン(BTC)に連動しているため、ビットコイン(BTC)に注目して情報収集するといいでしょう。

また、2021年末からGoogleで「WEB3.0」の検索数が上がっていることが、Googleトレンドから確認できます。

そのため、WEB3.0が次のバブルのキッカケになる可能性が高いので、こちらも注目するといいでしょう。

GoogleトレンドでWEB3.0を検索した画像
出典:Googleトレンド

Q.過去に高騰した最高倍率の仮想通貨銘柄は?

過去に高騰した最高倍率の仮想通貨銘柄は、柴犬コイン(SHIB)です。

シバイヌ(SHIB)の高騰画像
柴犬コイン(SHIB)の高騰

柴犬コイン(SHIB)は、2021年10月28日に史上最高値を記録し、1年前の価格から計算して約80万倍まで高騰しました。

高騰のきっかけは、2021年10月7日頃にTwitterでつぶやかれた、テスラ社CEOイーロン・マスク氏の発言です。

コインゲッコーの価格データによると、SHIBは香港時間7日午前10時55分(日本時間同11時55分)までの24時間で70%余り上昇した。
電気自動車メーカー、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は数日前に、自分の柴犬フロキの写真をツイッターに投稿。これが柴犬のミームを使用しているSHIBへの熱狂をあおり、急激な値上がりにつながっている。

出典:Bloomberg

イーロン・マスク氏は、かつて15億相当のビットコイン(BTC)を購入したため、仮想通貨で影響力が強い人物の一人です。

そのため、Twitterでの柴犬コイン(SHIB)に関する発言が当時話題となり、高騰したとされています。

Q.価格が伸びた仮想通貨銘柄の特徴は?

NFTやDeFi、メタバースなど、ここ数年で話題になった技術関連の銘柄が過去に伸びています。

これから投資するなら、WEB3.0銘柄もオススメと言えます。

Q.詐欺を回避する方法は?

詐欺を回避する方法として、ホワイリストに登録されている銘柄から選ぶのがオススメです。

ホワイリストとは、金融庁に登録を済ませて国内の取引所で取り扱っている安全性の高い銘柄のことです。

2022年8月現在、ホワイトリストには53銘柄が登録されています。

  • ADA
  • ATOM
  • AVAX
  • BAT
  • BCC/BCH
  • BOBA
  • BSV
  • BTC/XBT
  • CICC
  • CMS:ETH
  • CMS:XEM
  • COT
  • DAI
  • DEP
  • DOGE
  • DOT
  • ETC
  • ETH
  • ENJ
  • FCR
  • FSCC
  • FTT
  • HT
  • IOST
  • JMY
  • KLAY
  • LINK
  • LN
  • LSK
  • LTC
  • MATIC
  • MKR
  • MONA
  • MV
  • NCXC
  • OKB
  • OMG
  • ONT
  • PLT
  • QASH
  • QTUM
  • RYO
  • SAND
  • SOL
  • TRX
  • XCP
  • XEM
  • XLM
  • XRP
  • XTZ
  • XYM
  • ZAIF
  • ZPG
  • BCY
  • FCT
  • PEPECASH
  • SJCX

Q.おすすめの仮想通貨取引所は?

1000倍に伸びるかもしれない仮想通貨銘柄を購入するなら、『Coincheck』がオススメです。

Coincheckなら「取引手数料」無料で、500円からサンド(SAND)やパレットトークン(PLT)など17種類の銘柄を購入できます。

仮想通貨取引所によって異なるお得なキャンペーンが開催されています。

自分に合った仮想通貨取引所を利用することでより大きな利益が得られるでしょう。

仮想通貨銘柄で将来1000倍になるのは?|まとめ

この記事をまとめると……
  • 将来1000倍になる可能性が高い仮想通貨銘柄として、サンド(SAND)パレットトークン(PLT)などがある
  • 公式サイトやロードマップを確認して、用途や目的に将来性があるかを見定めるのが重要
  • 5銘柄を上限として複数銘柄を少額購入し、定期的に価格チェックしながら、目標倍率に達したら売る
  • 詐欺が気になるなら、ホワイトリスト53銘柄から選んで購入する
  • 1000倍に伸びるかもしれない仮想通貨銘柄が買える取引所として、オススメは『Coincheck
コインチェックバナー

最短5分で口座開設してBTCを無料で貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

仮想通貨は、キッカケさえあれば1000倍まで高騰することがあるので、他の投資よりも資産を爆発的に増やせる可能性があります。

DeFiやNFT、メタバース、WEB3.0など、まだまだ伸び代が多い分野が多いため、関連銘柄なら技術の発展と共に価格上昇が期待できます。

現在は仮想通貨全体が低価格で停滞気味だからこそ、価格が上昇する前に購入しておきましょう。

よって、低価格な今のうちからしっかりと見極めることが大切になります。

仮想通貨を購入するなら、国内大手取引所の『Coincheck』がオススメです。

Coincheck』で口座開設すれば、「かんたん本人確認&入金完了で1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン」で、ビットコイン(BTC)が無料でもらえます。

口座開設は数分で完了するので、キャンペーンが終わる前に口座開設しておきましょう。