ベーシックアテンショントークン(BAT)の今後・将来性はどう?買い方から特徴まで解説!

「ベーシックアテンショントークンの買い方は?」

「ベーシックアテンショントークンは将来性ある?」

という疑問がある方向けに、この記事ではベーシックアテンショントークンの特徴や現在までの価格推移、これからの将来性、国内の取扱取引所について解説していきます。

ベーシックアテンショントークンは次世代ブラウザであるbraveで利用できる通貨で、将来的に様々な場面での活用が期待されている。

投資を検討している方は、この記事を参考に国内取引所を利用して購入してみてください!

ざっくり言うと…
  • ベーシックアテンショントークンはbraveというWebブラウザ上で利用される通貨
  • braveは広告を自動で削除する機能や、広告閲覧でトークンを獲得できる機能がある。
  • 大企業との提携やbrave利用者の増加により、高い将来性が期待できる。
  • 国内では「bitFlyer」や「コインチェック」「GMOコイン」の3つの取引所に上場している。
  • 中でも『bitFlyer』なら、ベーシックアテンショントークンの取引手数料が無料。100円という少額から、仮想通貨を買うことができる。

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerに無料登録する!

ベーシックアテンショントークン(BAT)の特徴

ベーシックアテンショントークンの特徴

ベーシックアテンショントークンの特徴は次の通りです。

ベーシックアテンショントークンの特徴
  • braveというWebブラウザ上で利用される
  • 広告を自動で削除する機能がある
  • 広告を閲覧するとトークンを獲得できる
  • 獲得したトークンを投げ銭として利用できる

ベーシックアテンショントークンは、Brave Software社が開発した仮想通貨です。

イーサリアムのブロックチェーンを利用したトークンの一つで、JavaScriptの作成者であるBrendan Eich氏が成立がBrave Software社を設立しました。

イーサリアムのブロックチェーンで実装されているスマートコントラクトが実現されており、イーサリアムの強みを取り入れた通貨です。

braveというWebブラウザ上で利用される特徴や、投げ銭機能があります。

braveブラウザの月間アクティブユーザー数は2021年5月時点で3,000万人を超えており、半年で約1.5倍になる成長を遂げています。

braveブラウザ利用者の増加に伴い、ベーシックアテンショントークンの注目度も高まっているので、投資を検討している方は以下の特徴を参考にしてください。

通貨名 ベーシックアテンショントークン
シンボル BAT
現在の価格(2021年10月) 1BAT=84円
時価総額(2021年10月) 125,511,376,134円
取扱取引所 bitFlyer
コインチェック
GMOコイン

braveというWebブラウザ上で利用される

braveというWebブラウザ上で利用される

ベーシックアテンショントークンは、braveというWebブラウザ上で使用できる仮想通貨です。

Webブラウザとは、Google ChromeやSafariといった、Webサイトを閲覧するために使用するソフトのことです。

braveは新しく登場したWebブラウザで、Web広告によって発生するユーザーや広告主の課題を解決する目的で作られました。

広告を自動で削除する機能がある

広告を自動で削除する機能がある

braveの1番の特徴としては、広告を自動で削除する機能があることです。

一般的なWebブラウザでは、様々な広告が表示されています。

braveブラウザには、Brave Shieldsという広告ブロック機能があり、広告を閲覧するかどうかは、ユーザー側で決めることができます。

ページを開く度に、画面を占領するような広告にイライラしたことがある人も多いのではないでしょうか?

braveではユーザー自身が広告の閲覧を決められるので、広告を一切見たくない人でも快適にネットを利用できます。

広告が自動で削除されることにより、ページの表示速度を速くしたり、ユーザーの個人情報を保護することが可能になります。

一般的なブラウザと比べると、パソコンで2倍、スマホで最大8倍の読み込み高速化が実現できます。

Google  ChromeやSafariでも拡張機能をインストールすることで、広告をブロックすることは可能ですが、braveのように標準で自動的に広告を削除する機能はありません。

広告を閲覧するとトークンを獲得できる

広告を閲覧するとトークンを獲得できる

広告を削除するBrave Shieldsの他に、Brave Rewardsというプライバシー重視した広告のみを表示する機能があります。

この機能を利用して広告をあえて閲覧することで、ユーザーはBATというトークンを報酬として獲得できます。

brave上で広告を出稿している広告主は、BATを報酬として付与しており、ユーザーは広告を見るだけでBATをもらえます。

獲得したBATは、他の仮想通貨に変換したり、投げ銭として利用できます。

獲得したトークンを投げ銭として利用できる

獲得したトークンを投げ銭として利用できる

Braveブラウザで獲得したBATは、コンテンツ作成者に対して投げ銭として利用したり、毎月少額の課金を行うことが可能です。

YouTubeの生配信やeスポーツの投げ銭に利用できます。

また、コンテンツパブリッシャーとしてbraveに登録すれば、投げ銭を受け取る側として、YouTubeやTwitter、Vimeo、GitHubなどのプラットフォームで活動できます。

広告を閲覧するだけで報酬がもらえる特徴があり、さらにコンテンツパブリッシャーとして投げ銭を受け取ることも可能です。

ベーシックアテンショントークン(BAT)の価格推移

ベーシックアテンショントークンの価格推移

2021年はビットコイン市場の再過熱に釣られて、ベーシックアテンショントークンも価格を上げていき、4月には166円まで上昇しました。

しかし、その後2021年月には51円まで大きく暴落し、10月現在は84円まで回復しています。

現在はbraveブラウザの需要が高まっており、今後さらに利用者が増え投げ銭や広告として活用され始めれば、価格が安定して上昇すると予想できます。

ベーシックアテンショントークンの将来性

ベーシックアテンショントークンの将来性

ベーシックアテンショントークンの将来に関係することは次の通りです。

ベーシックアテンショントークンの将来性
  • braveユーザーの拡大
  • 企業との提携が進んでいる
  • 新規取引所への上場
  • BATウォレットの実装

ベーシックアテンショントークンはまだまだ発展途上の仮想通貨であり、上記のような要素によってこれからの将来性が期待できます。

braveユーザーの拡大

braveユーザーの拡大

braveユーザーが拡大すればするほど、ベーシックアテンショントークンの価格も上昇することが予想できます。

利用者が増えれば、広告閲覧で支払われるBATや投げ銭として利用されるBATが増え、それに伴いBrave上でのコンテンツパブリッシャーも増加します。

現状では、Google  ChromeやSafariと比べるとユーザー数はまだまだ少ないので、これからの成長率は非常に大きいです。

企業との提携が進んでいる

企業との提携が進んでいる

ベーシックアテンショントークンの根幹であるbraveブラウザの機能を活用する目的で、企業との提携が進んでいます。

例えば大手動画配信プラットフォームのYouTubeでは、拡張機能として動画コンテンツにBATを付与できる投げ銭機能を実装しています。

他にも、eスポーツチームやK-POPアイドルと提携し、BATの投げ銭機能を活用したサービスを立ち上げることを発表しています。

今後もbraveブラウザを活用した企業との提携が進んでいくはずなので、ベーシックアテンショントークンの価格にもポジティブな影響を与えることでしょう。

新規取引所への上場

新規取引所への上場

ベーシックアテンショントークンは、Binanceなどの海外取引所にのみ上場していましたが、現在はbitFlyerやコインチェック、GMOコインなどの国内取引所へも上場しています。

国内取引所には、金融庁に認められた通貨しか上場することができません。

国内取引所に上場するということは、ベーシックアテンショントークンに投資する日本人も増えることになり、結果的に日本でのbraveブラウザの利用者も増えます。

将来性の高い通貨が国内取引所に上場すると考えることもできるので、これからも新規取引所の上場が増えれば、価格も上昇していくでしょう。

BATウォレットの実装

BATウォレットの実装

これからBATウォレットの実装が予定されています。

現在、トークンなどのお金を付与することは法律で禁止されているため、国内でbraveブラウザで広告を閲覧した場合、BATトークンではなくBATポイントが付与されます。

BATポイントは換金して利用できないので、現状では国内でbraveブラウザの利用者を増やすことは難しいです。

そこで、BATとbitFlyerが提携し、国内でもbraveブラウザでBATトークンが付与されるプロジェクトを進めています。

BATウォレットが実装されれば、国内でbraveブラウザを使いBATトークンを獲得できるようになります。

ベーシックアテンショントークン(BAT)の買い方

ベーシックアテンショントークンの買い方

ベーシックアテンショントークンを購入できる国内取引所は次の通りです。

ベーシックアテンショントークンの取扱取引所
  • bitFlyer
  • コインチェック
  • GMOコイン

現在国内の取引所でベーシックアテンショントークンを購入できるのは上記の3社のみです。

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerのメリット
  • 顧客の資産を守るコールドウォレット
  • 様々な手数料が無料
  • 簡単操作で取引できる
  • ベーシックアテンショントークンを含めて14種類の通貨に投資できる

bitFlyer』はセキュリティレベルが非常に高く顧客の資産をインタネットと完全に切り離されたコールドウォレットを使用しており安全に保管できます。

他にも様々な手数料が無料で利用でき、入金手数料や取引手数料など無料です。

取引は土日祝日関係なく、いつでもどこでもスマホアプリやパソコンから簡単に行えます。

取り扱い通貨はベーシックアテンショントークンを含めて14種類もあるので、他の通貨に投資したい場合でも非常に便利です。

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerに無料登録する!

コインチェック

コインチェックのメリット
  • 東証一部上場企業「マネックスグループ」による運営!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料!
  • 取り扱い通貨が国内最多!たくさんのアルトコインを取引することができる。

コインチェックは東証一部上場のマネックスグループが運営している大手取引所です。

ステラルーメンを含めて17通貨に投資することができ、最低500円という少額から取引が可能です。

スマホアプリでの取引が行いやすいと人気で、初心者の方でもすぐに使いこなすことができます。

取引手数料と入金手数料が無料で利用できるので、ベーシックアテンショントークンを購入するならコインチェックを活用しましょう!

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのメリット
  • 2021年オリコン顧客満足度1位
  • GMOグループの子会社で安全性抜群
  • 各種手数料が無料でお得
  • ベーシックアテンショントークンを含めて14種類の通貨に投資できる

国内ではNo.1のビットコイン取引量を誇る大手仮想通貨取引所で、GMOグループの子会社としてセキュリティレベルが高く安心して利用できます。

取引手数料や出金・入金手数料、送金手数料が全て無料な点が魅力です。

現物取引とレバレッジ取引どちらも取引でき、豊富なテクニカルツールを使用して売買を行えます。

販売所形式も採用しているので、仮想通貨取引初心者の方でも迷うことなく簡単に購入できるでしょう。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコインに無料登録する!

ベーシックアテンショントークン まとめ

今回はbraveブラウザ上で投げ銭として利用できる、ベーシックアテンショントークンの特徴や、過去の価格推移、これからの将来性、上場している国内取引所を紹介しました。

YouTubeなどbraveブラウザ上でのみ利用できるサービスを始める企業が増えれば増えるほど、braveユーザーが増加し、結果的にベーシックアテンショントークンの価格も上昇していくでしょう。

ベーシックアテンショントークンを購入できるのは、国内取引所では「bitFlyer」「コインチェック」「GMOコイン」の3つです。

中でも『bitFlyer』なら、ベーシックアテンショントークンの取引手数料が無料。100円という少額から、仮想通貨を買うことができるので、活用してみてください!

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerに無料登録する!