ビットコインキャッシュ(BCH)の今後がガチやばい|将来性から価格予想・おすすめ取引所まで徹底解説!

ゴリわかくん

ビットコインキャッシュの今後が知りたいウホぉぉぉ!
ビットコインキャッシュに投資して、大儲けしたいウホ!

ゴリ美ちゃん

ビットコインキャッシュは、ビットコインを基にして誕生した仮想通貨です。

ビットコインよりも多くの優れた機能を持っており、AI、著名人、大手企業も期待する将来性があります。

今回の記事では、ビットコインキャッシュの今後について、具体的な価格予想と合わせて解説していきます!

本記事を読めば、ビットコインキャッシュの価格上昇が期待できる根拠まですべて理解することができますよ!

>>>ビットコイン(BTC)の今後についてはコチラ

ざっくり言うと…
  • ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインのハードフォークで誕生した仮想通貨。ブロックサイズや送金速度、送金手数料などにおいてBTCよりも優れている。
  • 将来性の高さから、数倍〜数十倍の価格予想を打ち出している著名人も数多い。
  • 決済通貨として普及すれば、ビットコインを凌駕する通貨になる可能性も高い!
  • ビットコインキャッシュを購入する際は、取引所への登録が必須。手数料の安さと安全性を総合的に評価すると「CoinCheck」や「DMM Bitcoin」が最もおすすめ。

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

ビットコインキャッシュ(BTC)って?特徴をざっくりおさらい!

ビットコインキャッシュ

仮想通貨名 ビットコインキャッシュ
トークン名 BCH,BCC
取引開始日 2017年8月1日
アルゴリズム SHA256
承認アルゴリズム Proof of Work
発行上限 21,000,000 BCH
ブロック生成速度 約10分
公式サイト https://www.bitcoincash.org/
公式twitter @BITCOlNCASH
価格  約10万円

ビットコインキャッシュは、2017年8月1日に取引が開始された仮想通貨です。

改めて、ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴をおさらいしていきましょう!

>>>【厳選】ビットコインキャッシュを扱うおすすめ取引所はこちら

ビットコインからハードフォーク(分裂)した通貨

ビットコインキャッシュの誕生は、ビットコインのハードフォークがきっかけです。

ハードフォークとは?

機能の改善を目的として行われるアップデートのこと。

ハードフォークでは、過去に使っていたネットワークから、新しい別のネットワークに移行します

ビットコインキャッシュの場合は、2017年8月1日にビットコインからハードフォーク(分岐)されました。

ハードフォークによって、ビットコインキャッシュはビットコイン以上の性能を手にすることができました。詳しくは以下の表をご覧下さい。

ビットコイン(BTC) ビットコインキャッシュ(BCH)
ブロックサイズ 1MB 32MB
取引承認速度 10分 10分
マイニング難易度調節機能 なし あり

ビットコインキャッシュ(BCH)の最も大きな特徴は、ビットコインと比較してブロックサイズが大きい点です。

ブロックサイズとは?

取引を記録・収納するための、1ブロックあたりの容量のことです。

両者ともブロックは10分間隔ごとに生成され、そのブロックの中に取引記録が格納されます。

ブロックサイズはビットコインが1MBに対して、ビットコインキャッシュはなんと8MBです。

つまり、ビットコインの約8倍の量の取引を処理できることになるんです!

また、2018年5月のハードフォークにより、さらに大きい32MBまでブロックサイズが拡充されました。

ビットコインのハードフォークで誕生したこともあり、ビットコインの機能を大きく上回っているのです!

ブロックサイズの拡大に加えて、ビットコインキャッシュには「マイニング難易度調節機能」というものも備わっています。

マイニングの難易度を調節できるようになることで、マイナーたちにより積極的に取引承認が行われるようになり、承認速度の向上に繋がります!

ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生した経緯

ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生する前、ビットコインは「スケーラビリティ問題」という大きな課題を抱えていました。

スケーラビリティ問題って?

取引者数の増加に伴って、取引データがブロック内に格納しきれなくなり、送金遅延が発生してしまうこと。

ビットコインの取引処理速度は、一般的に多くても10件程度だと考えられています。

対して、VISAなどのクレジットカードの場合は、毎秒数百〜数千件の取引を処理することができますので、圧倒的にクレジットカードの方が実用的です。

それに加え、ビットコインの利用者が増加すればするほど、送金時間に遅れが生じてしまう「スケーラビリティ問題」も発生していました。

ビットコインは「決済手段」に重きをおいている通貨ですので、送金遅延は致命的です。

送金遅延問題を解決するために考えられたのが、ビットコインのハードフォークなのです。

ビットコイン(BTC)のハードフォークに関しては、2つの派閥に分かれていました。

2つの派閥
  • segwit(セグウィット)派→取引データを圧縮して、ブロックの空き容量を増やす
  • ビッグブロック派→ブロック自体を拡大して、容量を拡大する

ハードフォークに関して様々な議論が行われましたが、結果的にハードフォーク(分岐)する運びとなり、ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しました。

ビットコインキャッシュ(BTC)の今後の価格予想!2021年にはどうなる?

ゴリわかくん

ビットコインキャッシュ は、これからどこまで価格上昇するのかウホォぉぉ?
ビットコインキャッシュ の価格予想について知りたいウホォ!

ゴリ美ちゃん

先述した通り、ビットコインキャッシュはビットコインを凌駕する性能を持ち合わせており、決済通貨などとして普及する可能性が高いです。

数々の著名人がビットコインキャッシュの価格予想を行なっているので、それぞれについて見ていきましょう。

ビットコインキャッシュの価格予想
  1. webbot(ウェブボット)
  2. ロニーモアス氏

webbot(ウェブボット)

webbotの価格予想
  • 2018年5月にビットコインキャッシュの価格は大きく上がる
  • 2019年内には200万ドル(約214万円)に到達する

webbot(ウェブボット)はSNSなどの情報を基にして、仮想通貨などの価格を予想するAIです。

マイクロソフトの元社員であるクリフ・ハイ氏と、そのサポートを行うジョージ・ユーロ氏によって開発されました。

webbotの予想は非常に正確で的中率が高いことから、仮想通貨界隈でも大きな話題を集めています。

webbotは、2018年5月にビットコインキャッシュの価格が大きく上がると予想していました。

実際に、2018年5月には一時的に大きな価格上昇を記録しました

ただ一時的に価格は上昇したものの、その後価格は横ばいに。

2021年時点では「1BCH=16万円」まで価格上昇したものの、2018年時点での予想価格にはまだ達していません。

ただし、2024年にはビットコインの「半減期」が控えています。

ビットコインキャッシュは、ビットコインと相関性が高いことでも有名です。

半減期では、マイニングによるビットコインの発行量が半減するので、ビットコインの希少価値が高まります。

そのため、相関性のあるビットコインキャッシュも、今後数年間のスパンで価格上昇する可能性が高いと考えられます!

ロニーモアス氏

ロニー・モアス氏の価格予想
  • 2018年内に14,000ドル(約149万円)に到達する

ロニー・モアス氏は、Standpoint Researchという企業の創設者です。

同社では、投資家向けに株価などの予想サービスを提供しています。

モアス氏は自身のビットコインキャッシュの価格予想を、2018年内に11000ドル(約117万円)としていました。

ただし2018年に予想価格に達することはなく、予想は外れる結果となりました。

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

ビットコインキャッシュ(BCH)が今後上がる根拠!

webbotやモアス氏は、どちらも価格の上昇を予想していましたね。

それでは、なぜ両者は価格が上昇すると考えたのでしょうか。

ここからは、ビットコインキャッシュの価格が上昇するであろう根拠を確認していきましょう

ビットコインキャッシュの今後・将来性
  1. 基軸通貨としての需要
  2. 決済通貨としての需要
  3. 決済可能店舗の拡大
  4. スマートコントラクトの実装
  5. 大手企業のマイニング参入

今後の将来性① 基軸通貨としての需要がある

ビットコインキャッシュは、基軸通貨としての需要もあります。

現在、ほとんどの取引所でビットコインが基軸通貨となっています。

一方で下記のように、ビットコインキャッシュを基軸通貨として採用している取引所も存在しているんです!

基軸通貨に採用している取引所
  • CoinEx
  • OKEx
  • KuCoin

基軸通貨になるということは、他のアルトコインを取引する際には必然的に「ビットコイキャッシュ」を保有する必要があり、一定数の需要が発生します。

基軸通貨として機能することで安定した需要が見込まれるため、価格上昇のきっかけとなる可能性が高いのです!

今後の将来性② 決済通貨としての需要がある

ビットコインキャッシュ ビットコイン
送金時間 約3分 約15分
送金手数料 数円〜数十円 数百円〜数千円

ビットコインキャッシュには、決済通貨としての需要もあります。

ビットコインキャッシュには「送金速度が速く手数料も安い」というメリットがあるので、ビットコインと比較しても送金時間や手数料を大幅に削減することが可能です。

そのため、決済通貨として今後普及する可能性が高く、将来的な価格上昇も期待できるのです!

今後の将来性③ 決済可能な店舗が増えている

ビットコインキャッシュは、世界中で決済利用できる店舗が増えています。

下記の画像は、各国のビットコインキャッシュ決済の受け入れ数を示したものです。

アジアだけでも、90軒の店舗で利用することができますね。

欧州では、500以上の店舗で利用することが可能です。

店舗決済の数が増えることで、ビットコインキャッシュの実需が生まれます

決済店舗の拡大によって、ビットコインキャッシュの価格上昇も期待することができるのです!

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

今後の将来性④ スマートコントラクトを実装している

スマートコントラクト(自動契約技術)を実装している点も、見逃せないポイントです。

スマートコントラクトとは?

さまざまな契約を自動で実行してくれる仕組みのことです。

ブロックチェーンに契約情報をあらかじめプログラムしておいて、条件が揃ったら自動で契約を履行することができる。

スマートコントラクトは、既存のビジネスへの応用が期待されている機能の1つです

仲介者がいる分野において、顧客同士の直接取引を実現し、手数料の削減などを行うことができます

ビットコインキャッシュでは、2018年5月のハードフォークでスマートコントラクトが実装されました。

スマートコントラクトの実装によって、ビットコインキャッシュの実用性がさらに高まり、価格の上昇も期待できるのです。

スマートコントラクトを実装している通貨としては「イーサリアム(ETH)」が最も有名ですね!

イーサリアムのスマートコントラクトに関しては、既に「不動産業界」「自動車業界」などで実用化に成功しているので、注目すべきですよ!

今後の将来性⑤ 大手企業がマイニングに参入している

価格上昇が期待できる理由には、大手企業がマイニングに参入していることも挙げられます

中国大手のBitmain社をはじめ、あのAmazonなど大手企業が続々と参入してきているのです。

マイニングが盛んになることで、採掘難易度が上昇し、ネットワークの安定・セキュリティの向上を促します。

それだけでなく、ビットコインキャッシュへの注目度が高くなっていることも読み取ることができます

つまり、大手企業もビットコインキャッシュの将来性を見込んでいるということですね。

こうした事実を踏まえると、今後の価格の上昇も大いに期待できるでしょう。

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違いは?

ビットコインとビットコインキャッシュの違いも、気になるポイントの1つです。

ここからは、両者の違いを改めて確認していきましょう。

ブロックサイズ

ビットコインキャッシュ ビットコイン
ブロックサイズ 32MB 1MB
1度に処理できる取引数 多い 少ない

まずは、ブロックサイズを比較してみましょう。

ビットコインは1MBであるのに対し、ビットコインキャッシュは32MBとなっています。

ブロックサイズは、大きければ大きいほど、ネットワークの処理能力が高くなります

結果的に、送金速度が速くなり手数料も安くなるメリットが生まれます

ビットコインキャッシュのブロックサイズは、ビットコインの約8倍です。

ビットコインよりも、さらに優れた機能を持っていることがわかりますね。

マイニング難易度調節機能

ビットコインキャッシュ ビットコイン
難易度調整アルゴリズム DAA NDA
難易度調整の頻度 10分に1回 2週間に1回
ネットワークの安定

ビットコインキャッシュではマイニングの難易度調整に、DAAというアルゴリズムを使っています。

ビットコインと比較しても、難易度調整の頻度が多い点が特徴です

難易度調整の頻度が多いことで、報酬の偏りが減少したり、ネットワークの安定性も高まります。

これによって、安定した送金の実現や、悪意ある攻撃を防ぐことにもつながります

こうした面でも、ビットコインより優れていることがわかりますね。

Segwit(セグウィット)

ビットコインキャッシュ ビットコイン
Segwit(セグウィット) 非対応 対応

Segwitとは、送金データの容量を小さくする技術です

Segwitによって、送金の詰まりが起こりづらくなり、ネットワークの安定化につながります

一方、この技術にはASICというマイニング機器が使えなくなるデメリットもあります。

ビットコインでは、Segwitが採用されています。

対して、ビットコインキャッシュではASICを使うマイナーが多いので、Segwitは採用されていません。

ビットコインキャッシュ(BCH)を購入する際のおすすめ取引所

続いて、ビットコインキャッシュを実際に購入する際の「おすすめ取引所」についてご紹介します。

ビットコインキャッシュ(BCH)を購入する場合は「仮想通貨取引所」で購入するのが一般的です。

利用する取引所をしっかりと品定めしないと、高額な手数料を取られてしまったり、ハッキングによってあなたの資産に危険が及ぶことも考えられます…。

「どの取引所を使えば良いか分からない…」という方に向けて、実際にアルトコインを取引している編集部が、安全で良質な取引所を厳選しました!

おすすめ取引所第1位:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の特徴
  • 東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っているので安全性抜群
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料なので、無駄なコストがかからない
  • スマホアプリが使いやすく、累計ダウンロード数は「280万」を突破!
  • 金融庁から「仮想通貨交換業者」としての認可もバッチリ!

ビットコインキャッシュ(BCH)を購入する際に最もおすすめなのが、マネックスグループを親会社に持っているCoincheck(コインチェック)です。

ネット証券である「マネックス証券」を展開している企業が親会社なので、万全のセキュリティノウハウを持ち合わせています!

Coincheck(コインチェック)のスマホアプリは、初心者の方でも使いやすくて操作性抜群です!

使いやすさの証拠に、スマホアプリのダウンロード数は既に「280万」を突破しているんです!

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

おすすめ取引所第2位:DMM Bitcoin

DMM_Bitcoinの特徴
  • 幅広いジャンルの事業を展開している「DMMグループ」の傘下にある取引所
  • レバレッジ取引に特化しており、12種類の通貨の仮想通貨FXに対応!
  • キャンペーン中の今なら、無料登録するだけで「2,000円キャッシュバック」を受けることができる!

DMM Bitcoinは、様々な分野において事業展開している大手企業「DMMグループ」を親会社にもつ仮想通貨取引所。

レバレッジ取引に特化しており、ビットコインキャッシュを含む「12種類」の暗号資産のレバレッジ取引に対応していますよ!

さらに、キャンペーン期間中の今無料登録を行えばもれなく「2,000円キャッシュバックキャンペーン」を受けることができます!

もちろん、キャンペーンで受け取った2,000円を、ビットコインキャッシュ購入費用の足しにすることも可能。

キャンペーンは予告なく終了する可能性がありますので、今のうちにサクッと登録しておきましょう!

(キャンペーン期間:2021年6月1日(火)7時00分~2021年7月1日(木)6時59分)

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

5分でできる!DMM Bitcoinの無料登録はこちら

おすすめ取引所第3位:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerの特徴
  • bitFlyerは、国内でバツグンな知名度を誇っている取引所。
  • ビットコイン/アルトコインの取引手数料が無料なので圧倒的におトク
  • ビットコインの取引量はなんと「国内No.1」を誇っている

bitFlyerは、2014年からサービスを開始している、国内でもバツグンの知名度を誇る取引所。

ビットコインやアルトコインの取引手数料が無料なので、とってもおトクに仮想通貨のトレードを行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)